海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・映画音響協会賞(CAS)2014 受賞結果!

<<   作成日時 : 2014/02/23 16:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第21回米・映画音響協会賞の結果が発表になりました。(2月22日)

 【米・映画音響協会(CAS:Cinema Audio Society)】
 1964年創立という歴史あるアメリカのミキサーの団体で、550名のミキサーが所属しています。
 アメリカの映画・テレビ業界の約半数がここに属していて、映画のエンドロールで、名前の後に「,CAS」とあるミキサーさんが、米・映画音響協会会員です。
 米・映画音響協会賞自体は、1994年に設けられた賞で、今年で21年目になります。公式サイトには「50th」と記されていますが、これは創立から数えた回数で、「年次」というような意味合いのようです。
 賞は、会員・非会員の別なく選ばれています。

 もう1つ、これに似た賞で、ゴールデン・リール賞という映画賞がありますが、これとどう違うかというと、CASがアカデミー賞録音賞に対応し、ゴールデン・リール賞がアカデミー賞音響編集賞に対応するといえばわかりやすいでしょうか。
 もっと端的に言うと、CASが録音技師の賞、ゴールデン・リール賞が音響編集者の賞ということになります。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【実写映画部門】(Motion Picture – Live Action)

 ・『キャプテン・フィリップス』
 プロダクション・ミキサー:Chris Munro, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Michael Prestwood Smith
 リ・レコーディング・ミキサー:Chris Burdon
 リ・レコーディング・ミキサー:Mark Taylor
 スコアリング・ミキサー:Al Clay
 ADR ミキサー:Howard London, CAS
 Foley ミキサー:Glen Gathard

 ◎『ゼロ・グラビティ』
 プロダクション・ミキサー:Chris Munro, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Skip Lievsay, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Niv Adiri
 リ・レコーディング・ミキサー:Christopher Benstead
 スコアリング・ミキサー:Gareth Cousins
 ADR ミキサー:Thomas J. O’Connell
 Foley ミキサー:Adam Mendez

 ・『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
 プロダクション・ミキサー:Peter F. Kurland, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Skip Lievsay, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Greg Orloff, CAS
 ADR ミキサー:Bobby Johanson, CAS
 Foley ミキサー:George A. Lara

 ・『アイアンマン3』
 プロダクション・ミキサー:Jose Antonio Garcia
 リ・レコーディング・ミキサー:Michael Prestwood Smith
 リ・レコーディング・ミキサー:Michael Keller, CAS
 スコアリング・ミキサー:Joel Iwataki
 ADR ミキサー:Gregory Steele, CAS
 Foley ミキサー:James Ashwill

 ・『ローン・サバイバー』
 プロダクション・ミキサー:David Brownlow
 リ・レコーディング・ミキサー:Andrew Koyama, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Beau Borders, CAS
 スコアリング・ミキサー:Satoshi Mark Noguchi
 ADR ミキサー:Gregory Steele, CAS
 Foley ミキサー:Nerses Gezalyan

 Chris Munro, CASとSkip Lievsay, CASとGregory Steele, CASは、それぞれ2作品でノミネートされています。
 George A. Laraは、TVカテゴリーの1時間番組部門でもノミネートされています。

 【アニメーション部門】(Motion Picture—Animated)

 ・『クルードさんちのはじめての冒険』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Tighe Sheldon
 リ・レコーディング・ミキサー:Randy Thom, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Gary A. Rizzo, CAS
 スコアリング・ミキサー:Dennis Sands, CAS
 Foley ミキサー:Corey Tyler

 ・『怪盗グルーのミニヨン危機一発』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Charleen Richards
 リ・レコーディング・ミキサー:Tom Johnson
 リ・レコーディング・ミキサー:Gary A. Rizzo, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Chris Scarabosio
 スコアリング・ミキサー:Alan Meyerson, CAS
 Foley ミキサー:Tony Eckert

 ◎『アナと雪の女王』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Gabriel Guy
 リ・レコーディング・ミキサー:David E. Fluhr, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Gabriel Guy
 スコアリング・ミキサー:Casey Stone
 Foley ミキサー:Mary Jo Lang

 ・『モンスターズ・ユニバーシティ』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Doc Kane
 リ・レコーディング・ミキサー:Michael Semanick, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Gary Summers
 スコアリング・ミキサー:David Boucher
 Foley ミキサー:Corey Tyler

 ・『ウォーキング with ダイナソー』
 オリジナル・ダイアログ・ミキサー:Chris Navarro, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Andrew Koyama, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Martyn Zub
 スコアリング・ミキサー:Rupert Coulson
 Foley ミキサー:Sam Rogers

 Gary A. Rizzo, CASは、2作品でノミネートされています。

 【TV映画/ミニシリーズ部門】(Television Movie Or Mini-Series)

 ・“American Horror Story:Coven”-‘The Replacements’
 プロダクション・ミキサー:Bruce Litecky, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Joe Earle, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Doug Andham, CAS
 スコアリング・ミキサー:James Levine
 ADR ミキサー:Judah Getz
 Foley ミキサー:Kyle Billingsley

 ・『バトルスター・ギャラクティカ』“Battlestar Galactica”-‘Blood and Chrome’
 プロダクション・ミキサー:Ric Bal, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:John W. Cook II, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Peter J. Nusbaum, CAS

 ◎『恋するリベラーチェ』
 プロダクション・ミキサー:Dennis Towns
 リ・レコーディング・ミキサー:Larry Blake
 スコアリング・ミキサー:Thomas Vicari
 Foley ミキサー:Scott Curtis

 ・“Bonnie and Clyde”-‘(Night Two) Part Two’
 プロダクション・ミキサー:Erik H. Magnus, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:R. Russell Smith
 リ・レコーディング・ミキサー:Robert Edmondson, CAS
 スコアリング・ミキサー:Shawn Murphy
 ADR ミキサー:David Weisberg
 Foley ミキサー:Jeff Gross

 ・“Phil Spector”
 プロダクション・ミキサー:Gary Alper
 リ・レコーディング・ミキサー:Michael Barry, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Roy Waldspurger
 スコアリング・ミキサー:Christopher Fogel, CAS
 ADR ミキサー:Michael Miller, CAS
 Foley ミキサー:Don White

 【テレビ・シリーズ 1時間番組部門】(Television Series – 1 Hour)

 ・『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』-‘Erlkönig’
 プロダクション・ミキサー:Franklin D. Stettner, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Tom Fleischman, CAS
 ADR ミキサー:Mark DeSimone, CAS
 Foley ミキサー:George A. Lara

 ・『ブレイキング・バッド』-‘Felina’
 プロダクション・ミキサー:Darryl L. Frank, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Jeffrey Perkins
 リ・レコーディング・ミキサー:Eric Justen
 ADR ミキサー:Kathryn Madsen

 ◎『ゲーム・オブ・スローンズ』-‘The Rains of Castamere’
 プロダクション・ミキサー:Ronan Hill, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Onnalee Blank, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Mathew Waters, CAS
 Foley ミキサー:Brett Voss

 ・『HOMELAND』-‘Good Night’
 プロダクション・ミキサー:Larry Long
 リ・レコーディング・ミキサー:Nello Torri, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Alan M. Decker, CAS
 ADR ミキサー:Paul Drenning, CAS
 Foley ミキサー:Shawn Kennelly

 ・『ウォーキング・デッド』-‘Home’
 プロダクション・ミキサー:Michael P. Clark, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Daniel J. Hiland, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Gary D. Rogers, CAS
 ADR ミキサー:Greg Crawford

 George A. Laraは、映画部門でもノミネート。

 【テレビ・シリーズ 30分番組部門】(Television Series – 1/2 Hour)

 『カリフォルニケーション』-‘I’ll Lay My Monsters Down’
 プロダクション・ミキサー:Daniel Church
 リ・レコーディング・ミキサー:Todd Grace, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Edward Charles Carr III, CAS

 ◎『モダン・ファミリー』-‘Goodnight Gracie’
 プロダクション・ミキサー:Stephen A. Tibbo, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Dean Okrand
 リ・レコーディング・ミキサー:Brian Harman, CAS

 ・『ナース・ジャッキー』-“Teachable Moments‘
 プロダクション・ミキサー:Jan McLauglin, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Peter Waggoner

 ・『The Office』-‘Finale’
 プロダクション・ミキサー:Benjamin A. Patrick, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:John W. Cook II, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Robert Carr, CAS

 ・“Parks and Recreation”-‘Leslie and Ben’
 プロダクション・ミキサー:Steven Michael Morantz, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:John W. Cook II, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Kenneth Kobett, CAS

 【ノンフィクション番組−バラエティー、音楽シリーズ、特別番組部門】(Television Non-Fiction, Variety Or Music Series or Specials)

 ・2013 ロックの殿堂 就任セレモニー(Rock and Roll Hall of Fame Induction Ceremony)
 ダイアログ&音楽 ミキサー:Michael Minkler, CAS
 FX ミキサー:Greg Townsend

 ・“Deadliest Catch”-‘The Final Battle’
 リ・レコーディング・ミキサー:Bob Bronow, CAS

 ◎『駆け足の人生~ヒストリー・オブ・イーグルス』“History of the Eagles – Part One”
 リ・レコーディング・ミキサー:Tom Fleischman, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Elliot Scheiner

 ・『リンカーンを殺した男』“Killing Lincoln”
 プロダクション・ミキサー:William Britt
 リ・レコーディング・ミキサー:Stanley Kastner

 ・“Mike Tyson:Undisputed Truth”
 プロダクション・ミキサー:Mathew Price, CAS
 リ・レコーディング・ミキサー:Michael Barry, CAS

 【第10回技術貢献賞】(10th Annual Cinema Audio Society Technical Achievement Award)

 ◆プロダクション(Production)
 ・K-Tek/M. Klemme Technology Corp. – Nautilus Microphone Suspension Mount
 ・PureBlend Software – Movieslate 7.0
 ・Sound Devices, LLC – PIX 260i
 ◎Sound Devices, LLC – 633 Mixer/Recorder
 ・Zaxcom – Maxx – Mixer / Recorder / Transmitter

 ◆ポスト・プロダクション(Post Production)
 ・Avid – Pro Tools 11
 ・Exponential Audio – PhoenixVerb
 ・FabFilter – Pro-DS
 ◎iZotope – RX 3 Advanced
 ・Zynaptiq – Unfilter

 【特別賞・名誉賞】

 ◆キャリア貢献賞(Career Achievement Award)
 ◎Andy Nelson(リ・レコーディング・ミキサー)
 Andy Nelsonは、70年代末から、TVを中心に活動を始め、『シンドラーのリスト』『フック』『LAコンフィデンシャル』『フェイス/オフ』『プライベート・ライアン』『シン・レッド・ライン』『シュレック』『マイノリティ・リポート』『カンフー・パンダ』『アバター』『リンカーン』『戦火の馬』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『やさしい本泥棒』など数多くの作品を手がけています。
 昨年、『レ・ミゼラブル』で米・映画音響協会(CAS)と米国アカデミー賞録音賞を受賞。

 ◆フィルムメーカー賞(The CAS Filmmaker Award)
 ◎エドワード・ズウィック

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門について―

 録音賞を持つ映画賞は多くはありません。
 発表されているノミネーション&受賞結果は、以下の通りです。

 ◆BAFTA英国アカデミー賞 録音賞
 ・『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜』  Richard Hymns、Steve Boeddeker、Brandon Proctor、Micah Bloomberg、Gillian Arthur
 ・『キャプテン・フィリップス』 Chris Burdon、Mark Taylor、Mike Prestwood Smith、Chris Munro、Oliver Tarney
 ◎『ゼロ・グラビティ』 Glenn Freemantle、Skip Lievsay、Christopher Benstead、Niv Adiri、Chris Munro
 ・『ラッシュ プライドと友情』 Danny Hambrook、Martin Steyer、Stefan Korte、Markus Stemler、Frank Kruse
 ・『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 Peter F. Kurland、Skip Lievsay、Greg Orloff

 ◆サテライト・アワード 録音賞(音響編集&ミキシング)ノミネーション
 ・『オール・イズ・ロスト〜最後の手紙〜』 Steve Boeddeker、Richard Hymns、Brandon Proctor
 ・『キャプテン・フィリップス』 Brandon Proctor、Chris Burdon、Mark Taylor
 ・『エリジウム』 Craig Berkey、Dave Whitehead、David Husby、Christopher Scarabosio
 ・『ゼロ・グラビティ』 Glenn Freemantle、Niv Adiri、Skip Lievsey
 ・『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 Skip Lievsay、Paul Urmson、Igor Nikolic
 ・『ラッシュ プライドと友情』 Danny Hambrook、Frank Kruse、Markus Stemler

 ◆米国アカデミー賞 録音賞 ノミネーション
 ・『ゼロ・グラビティ』 Skip Lievsay、Niv Adiri、Christopher Benstead、Chris Munro
 ・『ホビット 竜に奪われた王国』 Christopher Boyes、Michael Hedges、Michael Semanick、Tony Johnson
 ・『キャプテン・フィリップス』 Chris Burdon、Mark Taylor、Mike Prestwood Smith、Chris Munro
 ・『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』 Skip Lievsay、Greg Orloff、Peter F. Kurland
 ・『ローン・サバイバー』 Andy Koyama、Beau Borders、David Brownlow

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 米・映画音響協会(CAS )とアカデミー賞録音賞の過去の受賞結果を比較してみると、以下のようになっています。

 2014年(4/5) CAS:『ゼロ・グラビティ』 AA:
 2013年(3/5) CAS:『レ・ミゼラブル』 AA:『レ・ミゼラブル』
 2012年(2/5) CAS:『ヒューゴの不思議な発明』 AA:『ヒューゴの不思議な発明』
 2011年(3/5) CAS:『トゥルー・グリット』 AA:『インセプション』
 2010年(4/5) CAS:『ハート・ロッカー』 AA:『ハート・ロッカー』
 2009年(3/5) CAS:『スラムドッグ&ミリオネア』 AA:『スラムドッグ&ミリオネア』
 2008年(3/5) CAS:『ノーカントリー』 AA:『ボーン・アルティメイタム』
 2007年(4/5) CAS:『ドリームガールズ』 AA:『ドリームガールズ』
 2006年(4/5) CAS:『ウォーク・ザ・ライン』 AA:『キング・コング』
 2005年(3/5) CAS:『アビエイター』 AA:『レイ』
 2004年(5/5) CAS:『マスター・アンド・コマンダー』 AA:『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』
 2003年(4/5) CAS:『ロード・トゥ・パーディション』 AA:『シカゴ』
 2002年(4/5) CAS:『ロード・オブ・ザ・リング』 AA:『ブラックホーク・ダウン』
 2001年(5/5) CAS:『グラディーター』 AA:『グラディーター』
 2000年(2/5) CAS:『マトリックス』 AA:『マトリックス』
 1999年(3/5) CAS:『プライベート・ライアン』 AA:『プライベート・ライアン』
 1998年(4/5) CAS:『タイタニック』 AA:『タイタニック』
 1997年(4/5) CAS:『イングリッシュ・ペイシェント』 AA:『イングリッシュ・ペイシェント』
 1996年(3/5) CAS:『アポロ13』 AA:『アポロ13』
 1995年(3/5) CAS:『フォレスト・ガンプ』 AA:『スピード』
 1994年(4/5) CAS:『許されざる者』 AA:『ジュラシック・パーク』

 年の後の数字は、ノミネーションの合致度です。

 受賞作品の合致度は、11/20(55%)で、数字だけ見るとそんなに高いものではありません。
 ただし、受賞作品が異なる年も、ノミネーション段階では、1994年以外すべて、双方の受賞作をそれぞれのノミネーションに確実にエントリーさせていて、全く異なる性質を持っている賞ではないことがわかります。

 米・映画音響協会(CAS)に比べて、米国アカデミー賞録音賞は、明らかに音楽ものを評価する傾向が強く、米・映画音響協会(CAS)が「ドラマ」作品をも評価してきているのに対して、米国アカデミー賞録音賞は、よりスペクタクルものを好むようです。

 音楽ものであれば、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』が選ばれ、スペクタクルものだと『ゼロ・グラビティ』が選ばれることになりそうですが、今回は、技術部門を『ゼロ・グラビティ』が総なめにしそうな勢いがあり、また、英国アカデミー賞も今回の映画音響協会(CAS)も『ゼロ・グラビティ』が受賞しているので、米国アカデミー賞録音賞も『ゼロ・グラビティ』が受賞することになりそうです。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・映画音響協会賞(CAS)2014 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_46.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_20.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_30.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_37.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_32.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_16.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_38.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_2.html
 ・米・映画音響協会賞(CAS)2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_19.html

 ・ゴールデン・リール賞(MPSE)2014 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_52.html
 ・ゴールデン・リール賞(MPSE)2014 映画部門 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201402/article_34.html

 ・全米映画賞レース2013の結果をまとめてみました(前編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_23.html
 ・全米映画賞レース2013の結果をまとめてみました(後編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_24.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月〜2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・映画音響協会賞(CAS)2014 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる