海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS サプライズ! 米・製作者組合賞(PGA)2014 結果発表!

<<   作成日時 : 2014/01/20 18:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第25回米・製作者組合賞(PGA)の結果が発表されました。(1月19日)

 【映画部門】

 ◆ダリル・F・ザナック賞/劇場公開映画プロデューサー賞(The Darryl F. Zanuck Award For Outstanding Producer of Theatrical Motion Pictures)

 ・『アメリカン・ハッスル』(コロンビア・ピクチャーズ)
 プロデューサー:ミーガン・エリソン、ジョン・ゴードン、チャールズ・ローヴェン、リチャード・サックル

 ・『ブルージャスミン』(ソニー・ピクチャーズ・クラシックス)
 プロデューサー:レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム

 ・『キャプテン・フィリップス』(コロンビア・ピクチャーズ)
 プロデューサー:デイナ・ブルネッティ、マイケル・デ・ルカ、スコット・ルーディン

 ・『ダラス・バイヤーズクラブ』(フォーカス・フィーチャーズ)
 プロデューサー:ロビー・ブレナン、レイチェル・ウィンター

 ◎『ゼロ・グラビティ』(ワーナー・ブラザーズ映画)
 プロデューサー:アルフォンソ・キュアロン、デイヴィッド・ハイマン

画像

 ・『her/世界でひとつの彼女』(ワーナー・ブラザーズ映画)
 プロデューサー:ミーガン・エリソン、スパイク・ジョーンズ、ヴィンセント・ランディ

 ・『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(パラマウント映画)
 プロデューサー:アルバート・バーカー、ロン・イェルザ

 ・『ウォルト・ディズニーの約束』(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ)
 プロデューサー:イアン・コリー、アリソン・オーウェン、フィリップ・ステュアー

 ◎『それでも夜は明ける』(フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)
 プロデューサー:アンソニー・カタガス、ジェレミー・クライナー、スティーヴ・マックイーン、ブラッド・ピット、デデ・ガードナー

画像

 ・『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(パラマウント映画)
 プロデューサー:リザ・アジズ、エマ・コスコフ、ジョーイ・マクファーランド

 史上初の2作品同時受賞!
 米国アカデミー賞作品賞ノミネーションとは、『ブルージャスミン』&『ウォルト・ディズニーの約束』が、『あなたを抱きしめる日まで』と入れ替わっています。

 ◆ドキュメンタリー劇場公開作品 プロデューサー賞(The Award for Outstanding Producer of Documentary Theatrical Motion Pictures)

 ・“A Place At The Table”(米) 監督:Lori Silverbush、Kristi Jacobson
 プロデューサー:ジュリー・ゴールドマン、Ryan Harrington、Kristi Jacobson、Lori Silverbush

 ・“Far Out Isn’t Far Enough: The Tomi Ungerer Story”(米) 監督:Brad Bernstein
 プロデューサー:Brad Bernstein、Rick Cikowski

 ・“Life According to Sam”(米) 監督:ショーン・ファイン(Sean Fine)、アンドレア・ニックス・ファイン(Andrea Nix Fine)
 プロデューサー:アンドレア・ニックス・ファイン、ショーン・ファイン、Miriam Weintraub

 ◎“We Steal Secrets: The Story Of Wikileaks”(米) 監督:アレックス・ギブニー
 プロデューサー:Alexis Bloom、アレックス・ギブニー、マーク・シュミューガー

 ・“Which Way Is The Front Line From Here? The Life And Time Of Tim Hetherington”(米) 監督:セバスチャン・ユンガー(Sebastian Junger)
 プロデューサー:James Brabazon、ニック・クエステッド

 米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネーションとは1本も重なっていません。

画像

 ◆最優秀アニメーション・プロデューサー賞(The Award For Outstanding Producer of Animated Theatrical Motion Pictures)

 ・『クルードさんちのはじめての冒険』(ドリームワークス・アニメーション)
 プロデューサー:クリスティン・ベルソン、ジェーン・ハートウェル

 ・『怪盗グルーのミニヨン危機一発』(ユニバーサル映画)
 プロデューサー:ジャネット・ヒーリー、クリス・メレダンドリ

 ・“Epic”(20世紀フォックス映画)
 プロデューサー:ジェリー・デイヴィス、ロリー・フォート

 ◎『アナと雪の女王』(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ)
 プロデューサー:ピーター・デル・ヴェッチョ

 ・『モンスターズ・ユニバーシティ』(ピクサー・アニメーション)
 プロデューサー:コーリー・レイ

 ディズニーのプロデューサーが米・製作者組合賞(PGA)を受賞するのは、これが初めて!
 米国アカデミー賞長編アニメーション賞ノミネーションとは、“Epic”&『モンスターズ・ユニバーシティ』が、『風立ちぬ』&『アーネストとセレスティーヌ』と入れ替わってします。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【テレビ部門】

 ◆ノーマン・フェルトン賞/最優秀テレビ-ドラマ・プロデューサー賞(The Norman Felton Award for Outstanding Producer of Episodic Television、Drama)

 ◎『ブレイキング・バッド』(AMC)
 プロデューサー:Melissa Bernstein、Sam Catlin、ブライアン・クランストン、ヴィンス・ギリガン(Vince Gilligan)、ピーター・グールド(Peter Gould)、Mark Johnson、Stewart Lyons、ミシェル・マクラレン(Michelle MacLaren)、George Mastras、Diane Mercer、トーマス・シュノーズ(Thomas Schnauz)、Moira Walley-Beckett

 ・『ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜』(ITV(英)、PBS(米))
 プロデューサー:ジュリアン・フェロウズ(Julian Fellowes)、Nigel Marchant、ギャレス・ニーム(Gareth Neame)、Liz Trubridge

 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 プロデューサー:デイヴィッド・ベニオフ(David Benioff)、バーナデッド・コールフィールド(Bernadette Caulfield)、フランク・ドールガー(Frank Doelger)、Carolyn Strauss、D・B・Weiss、Christopher Newman、Greg Spence

 ・『Homeland』“Homeland”(Showtime)
 プロデューサー:Henry Bromell、Alexander Cary、マイケル・クエスタ(Michael Cuesta)、アレックス・ガンサ(Alex Gansa)、ハワード・ゴードン(Howard Gordon)、チップ・ヨハンセン(Chip Johannessen)、Michael Klick、メレディス・スティーム(Meredith Stiehm)

 ・『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(Netflix)
 プロデューサー:カリン・マッカーシー(Karyn McCarthy)、ボー・ウィリモン(Beau Willimon)、ジョン・メルフィ(John Melfi)、ケヴィン・スペイシー、ジョシュア・ドネン(Joshua Donen)、エリック・ロス、デイヴィッド・フィンチャー

 『MAD MEN マッドメン』と『ハウス・オブ・カード 野望の階段』が入れ替わっただけで、あとは前回と同じ顔ぶれです。(ノミネートされているプロデューサーは、多少入れ替わったりしています。) 『ゲーム・オブ・スローンズ』は3年連続ノミネート。
 前回は、『Homeland』が受賞。
 エミー賞もゴールデン・グローブ賞も米・俳優組合賞(SAG)も『ブレイキング・バッド』が受賞。

画像

 ◆ダニー・トマス賞/最優秀コメディー番組プロデューサー賞(The Danny Thomas Award for Outstanding Producer of Episodic Television、Comedy)

 ・『30 ROCK/サーティー・ロック』(NBC)
 プロデューサー:Jack Burditt、ロバート・カーロック(Robert Carlock)、Luke Del Tredici 、ティナ・フェイ、Matt Hubbard、マーシ・クライン(Marci Klein)、ジェリー・カプファー(Jerry Kupfer)、Colleen McGuinness、ローン・マイケルズ(Lorne Michaels)、デイヴィッド・マイナー(David Miner)、Dylan Morgan、ジェフ・リッチモンド(Jeff Richmond)、Josh Siegal、Tracey Wigfield

 ・『ブル〜ス一家は大暴走!』(Netflix)
 プロデューサー:John Foy、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード、ミッチェル・ハーウィッツ、ディーン・ローリー、トロイ・ミラー、Richard Rosenstock、Jim Vallely

 ・『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
 プロデューサー:ビル・パラディ(Bill Prady)、チャック・ロリー(Chuck Lorre)、Steve Molaro、Faye Oshima Belyeu

 ◎『モダン・ファミリー』(ABC)
 プロデューサー:Paul Corrigan、Abraham Higginbotham、ベン・カーリン(Ben Karlin)、エレイン・コー(Elaine Ko)、スティーヴン・レヴィタン、クリストファー・ロイド、ジェフ・モートン(Jeff Morton)、Dan O’Shannon、Jeffrey Richman、Chris Smirnoff、Brad Walsh、ビル・ウルベル(Bill Wrubel)、Danny Zuker

 ・“VEEP”(HBO)
 プロデューサー:Simon Blackwell、クリストファー・ゴッドシック(Christopher Godsick)、アーマンド・イヌアッチ(Armando Iannucci)、Stephanie Laing、ジュリア・ルイス=ドレイファス、Frank Rich、トニー・ローチ(Tony Roche)

 『モダン・ファミリー』は4年連続ノミネートで4連覇!『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』は3年連続ノミネート。 『30 ROCK/サーティー・ロック』は7年連続ノミネートで、2008年〜2010年まで3連覇しています。
 エミー賞と俳優組合賞(SAG)は『モダン・ファミリー』が受賞。ゴールデン・グローブ賞では、“Brooklyn Nine-Nine”が作品賞受賞。

画像

 ◆David L. Wolper賞/ロングフォーム番組プロデューサー賞(The David L. Wolper Award for Outstanding Producer of Long-Form Television)
The David L. Wolper Award for Outstanding Producer of Long-Form Television:

 ・『アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟』(FX)
 プロデューサー:ブラッドリー・ビューカー、ダンテ・ディ・ロレート、ブラッド・ファルチャック、Alexis Martin Woodall、ライアン・マーフィー、Chip Vucelich

 ◎『恋するリベラーチェ』(HBO)
 プロデューサー:スーザン・イーキンス、グレゴリー・ジェイコブズ、マイケル・ポレール、ジェリー・ワイントロープ

 ・『リンカーンを殺した男』(ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル)
 プロデューサー:メアリー・リシオ、ラリー・ラパポート、リドリー・スコット、Teri Weinberg、デイヴィッド・W・ザッカー

 ・“Phil Spector”(HBO)
 プロデューサー:マイケル・ハウスマン、バリー・レヴィンソン

 ・『トップ・オブ・ザ・レイク〜消えた少女〜』(サンダンス・チャンネル)
 プロデューサー:Philippa Campbell、ジェーン・カンピオン、イアン・カニング、エミール・シャーマン

 エミー賞もゴールデン・グローブ賞も、『恋するリベラーチェ』が受賞。

 ◆ノンフィクション番組プロデューサー賞(The Award for Outstanding Producer of Non-Fiction Television)

 ・“30 for 30”(ESPN)
 プロデューサー:Bill Simmons、John Dahl、Erin Leyden、Connor Schell

 ◎“Anthony Bourdain: Parts Unknown”(CNN)
 プロデューサー:Anthony Bourdain、Christopher Collins、Lydia Tenaglia、Sandra Zweig

 ・“Duck Dynasty”(A&E)
 プロデューサー:Deirdre Gurney、Scott Gurney、Mike Odair、Hugh Peterson、Adam Saltzberg、Charlie Van Vleet

 ・“Inside The Actors Studio”(Bravo)
 プロデューサー:ジェームズ・リプトン(James Lipton)、Shawn Tesser、ジェフ・ビュルツ(Jeff Wurtz)

 ・“Shark Tank”(ABC)
 プロデューサー:Mark Burnett、Becky Blitz、Bill Gaudsmith、Yun Lingner、Clay Newbill、Jim Roush、Laura Skowlund、Max Swedlow

 “Anthony Bourdain:No Reservations”は4年連続ノミネート、2011年に受賞。“Inside The Actors Studio”と“Shark Tank”は2年連続ノミネート。前回は、“American Masters”(PBS)が受賞。
 エミー賞のノミネーションとは全く重なっていません。“Shark Tank”がOutstanding Reality Programにノミネートされています。

 ◆オーディション番組プロデューサー賞The Producer Guild Award for Outstanding Producer of Competition Television)

 ・“The Amazing Race”(CBS)
 プロデューサー:ジェリー・ブラッカイマー、Elise Doganieri、ジョナサン・リットマン、Bertram van Munster、Mark A. Vertullo

 ・“Dancing with the Stars”(ABC)
 プロデューサー:Ashley Edens Shaffer、Conrad Green、Joe Sungkur

 ・“Project Runway”(Lifetime)
 プロデューサー:Jane Cha Cutler、Desiree Gruber、Tim Gunn、Heidi Klum、Jonathan Murray、Sara Rea、Colleen Sands

 ・“Top Chef”(Bravo)
 プロデューサー:Daniel Cutforth、Nan Strait、Jane Lipsitz、Casey Kriley、Tom Colicchio、Andrew Wallace、Erica Ross

 ◎“The Voice”(NBC)
 プロデューサー:Stijn Bakkers、Mark Burnett、John de Mol、Chad Hines、Lee Metzger、Audrey Morrissey、Jim Roush、Kyra Thompson、Nicolle Yaron、Mike Yurchuk、Amanda Zucker

 すべて連続ノミネート。“The Voice”は2年連続ノミネート。“Top Chef”は6年連続ノミネート、“The Amazing Race”と“Project Runway”は7年連続ノミネート。前回は“The Amazing Race”が受賞。
 エミー賞でも“The Voice”が受賞。

画像

 ◆ライブ・エンタテインメント番組&トーク番組プロデューサー賞(The Award for Outstanding Producer of Live Entertainment & Talk Television)

 ◎“The Colbert Report”(Comedy Central)
 プロデューサー:Meredith Bennett、Stephen T. Colbert、Richard Dahm、Paul Dinello、Barry Julien、Matt Lappin、Emily Lazar、Tanya Michnevich Bracco、Tom Purcell、Jon Stewart

画像

 ・“Jimmy Kimmel Live”(ABC)
 プロデューサー:David Craig, Ken Crosby, Doug DeLuca, Gary Greenberg, Erin Irwin, Jimmy Kimmel, Jill Leiderman, Molly McNearney, Tony Romero, Jason Schrift, Jennifer Sharron, Josh Weintraub

 ・“Late Night with Jimmy Fallon”(NBC)
 プロデューサー:Michael Shoemaker、ローン・マイケルズ(Lorne Michaels)、Gavin Purcell、Hillary Hunn

 ・“Real Time with Bill Maher”(HBO)
 プロデューサー:Scott Carter、Sheila Griffiths、Marc Gurvitz、Dean Johnsen、Bill Maher、Billy Martin、Matt Wood

 ・『サタデー・ナイト・ライブ』“Saturday Night Live”(NBC)
 プロデューサー:Ken Aymong、Erin Doyle、Steve Higgins、Erik Kenward、ローン・マイケルズ(Lorne Michaels)、Lindsay Shookus

 “The Colbert Report”は5年連続ノミネートで5連覇。
 すべて連続ノミネート。“Late Night with Jimmy Fallon”は2年連続ノミネート、『サタデー・ナイト・ライブ』は3連連続ノミネート、“Real Time with Bill Maher”は4年連続ノミネート。
 エミー賞でも“The Colbert Report”が受賞。

 ◆スポーツ番組部門(The Award for Outstanding Sports Program)

 ・“24/7”(HBO)

 ・“Hard Knocks”(HBO)

 ・“Monday Night Football”(ESPN)

 ・“Real Sports With Bryant Gumbel”(HBO)

 ◎“SportsCenter”(ESPN)

 “24/7”は2年連続ノミネート、“Real Sports With Bryant Gumbel”は3年連続ノミネートで前回受賞。

 ◆子供番組部門(The Award for Outstanding Children’s Program)

 ・『ドーラといっしょに大冒険』“Dora the Explorer”(Nickelodeon)

 ・『iカーリー』“iCarly”(Nickelodeon)

 ・『ファニアスとハーブ』“Phineas and Ferb (Disney Channel)

 ◎『セサミ・ストリート』(Sprout)

 ・『スポンジ・ボブ』(Nickelodeon)

 『セサミ・ストリート』が3連覇。
 2年前(新設時)と全く同じ顔ぶれです。『iカーリー』と『セサミ・ストリート』と『ファニアスとハーブ』は3年連続ノミネート。
 エミー賞のノミネーションと重なっているのは、『iカーリー』だけです。

 ◆デジタル・シリーズ部門(The nominees of the Award for Outstanding Digital Series)

 ・“Burning Love”(http://screen.yahoo.com/burning-love/)

 ・“Epic Rap Battles of History”(www.epicrapbattlesofhistory.com)

 ・“The Lizzie Bennet Diaries”(www.youtube.com/lizziebennet)

 ・“Video Game High School”(http://www.rocketjump.com/category/vghs)

 ◎“Wired: What’s Inside”(http://video.wired.com/series/what-s-inside)

 すべて前回とは違う顔ぶれです。

 【名誉賞】

 ◆ヴァンガード賞(Vanguard Award)
 ニューメディアや技術の部門で著しい貢献をした人物に贈られる。
 ◎ピーター・ジャクソン
 ◎ジョー・レッテリ

画像

 ◎Weta Digital

 ◆ヴィジョナリー賞(Visionary Award)
 物語やパフォーマンスを通して、文化にユニークな貢献をしたテレビや映画やニューメディアのプロデューサーに贈られる。
 ◎クリストファー・メレダンドリー(Christopher Meledandri)
 クリストファー・メレダンドリーは、Illumination Entertainmentの創立者/CEOで、『アイス・エイジ』『ロボッツ』から『怪盗グルーのミニオン危機一発』などのアニメーションを手がけているプロデューサー。

画像

 ◆デイヴィッド・O・ゼルズニック賞/映画部門名誉賞(David O. Selznick Achievement Award)
 ◎バーバラ・ブロッコリ(Barbara Broccoli)、マイケル・G・ウィルソン(Michael G. Wilson)
 2人は、007シリーズを手がけるEON Productionsのプロデューサー。父親違いの兄妹で、父親は007シリーズのプロデューサーであるアルバート・R・ブロッコリ。『007 ゴールデンアイ』以降の007シリーズの製作を手がけている。

画像

 ◆ノーマン・リア賞/テレビ部門功労賞(Norman Lear Award)
 ◎チャック・ロリー(Chuck Lorre)
 チャック・ロリーは、『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』などを手がける脚本家。

画像

 ◆マイルストーン賞(Milestone Award)
 エンタテインメント産業に歴史的な貢献をした人物に贈られる。米・製作者組合賞(PGA)の最高賞。
 ◎Robert A. Iger
 Robert A. Igerは、ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長/CEO。

画像

 ◆スタンリー・クレイマー賞
 社会問題にスポットライトを当てた作品に贈られる。
 ◎『フルートベール駅で』
 プロデューサー:フォレスト・ウィテカー、Nina Yang Bongiovi

画像画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門における、米国アカデミー賞との関係】

 ◆作品賞部門

 受賞結果では、過去24回で、米国アカデミー賞と一致したのは17回で、この回数を一致度が高いと見るか、それほどでもないと見るかは、微妙なところですが、実は、2008年以降、連続してすべて一致していて、そのデータの方がより重要視されるかもしれません。

 過去3年間における、PGAの受賞結果の意味を振り返ってみると―

 2010年度は、PGA発表前は、『ソーシャル・ネットワーク』が文句なしに作品賞の本命でしたが、PGAで『英国王のスピーチ』が受賞したことで流れががらっと変わってしまっています(というか、流れが変わったことをPGAが教えてくれたと言うべきかもしれません)。

 2011年度は、『アーティスト』が作品賞に本命視されていながら、外国映画であることで本当に受賞できるかどうか確信が持てなかったところ、PGAを受賞したことで、作品賞受賞をより確実なものにしました。

 2012年度は、有力視された『アルゴ』と『ゼロ・ダーク・サーティ』が米国アカデミー賞監督賞にノミネートされなかったことで、作品賞の行方がどうなるのか注目されましたが、PGAで『アルゴ』が受賞して、米国アカデミー賞作品賞受賞への流れを作っています。

 本年度は、『それでも夜は明ける』がずっと映画賞レース作品賞部門のトップを走ってきたわけですが、振り返ってみて、米・製作者組合賞(PGA)で2作品同時受賞した時が、『それでも夜は明ける』と『ゼロ・グラビティ』が作品賞で並び、そして『ゼロ・グラビティ』が追い抜いていった瞬間だった、ということになるかもしれません。

 ◆長編アニメーション部門

 PGAのノミネーションでは、外国映画である『風立ちぬ』がノミネートされず、代わりに“Epic”がノミネートされています。

 受賞結果に関しては、過去8年のデータでは、米国アカデミー賞長編アニメーション賞とは、5回一致しています。

 現在の全米映画賞レースでは、アニメーション部門は、『風立ちぬ』から『アナと雪の女王』へと完全にシフトしていて、『風立ちぬ』がこの流れを変えることはもうほぼ不可能な状況で、米国アカデミー賞長編アニメーション賞も『アナと雪の女王』がさらっていくことになりそうです。ちなみに、『風立ちぬ』の全米での劇場公開は、アカデミー賞授賞式の9日前である2月21日です。

 ◆長編ドキュメンタリー部門

 PGAと米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞のノミネーションは、今回全く重ならず、参考データになり得ません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *毎日毎日、お疲れさまと思ったら―
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・製作者組合賞(PGA)2014 長編映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_3.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2014 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_39.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2014 TV部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_11.html

 ・米・製作者組合賞2013 ドキュメンタリー部門&テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_2.html
 ・米・製作者組合賞2013 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_2.html
 ・米・製作者組合賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_63.html
 ・米・製作者組合賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_4.html
 ・米・製作者組合賞2012 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_5.html
 ・米・製作者組合賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_43.html
 ・米・製作者組合賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_8.html
 ・米・製作者組合賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_42.html
 ・米・製作者組合賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_4.html
 ・米・製作者組合賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_40.html
 ・米・製作者組合賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_4.html
 ・米・製作者組合賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_32.html

 ・全米映画賞レース2013の結果をまとめてみました(前編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_23.html
 ・全米映画賞レース2013の結果をまとめてみました(後編):http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_24.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月〜2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サプライズ! 米・製作者組合賞(PGA)2014 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる