海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・製作者組合賞(PGA) 映画部門ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2014/01/03 05:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第25回米・製作者組合賞(PGA)の映画部門のノミネーションが発表されました。(1月2日)

画像

 ◆ダリル・F・ザナック賞/劇場公開映画プロデューサー賞(The Darryl F. Zanuck Award For Outstanding Producer of Theatrical Motion Pictures)

 ・『アメリカン・ハッスル』(コロンビア・ピクチャーズ)
 プロデューサー:ミーガン・エリソン、ジョン・ゴードン、チャールズ・ローヴェン、リチャード・サックル

 ・『ブルージャスミン』(ソニー・ピクチャーズ・クラシックス)
 プロデューサー:レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム

 ・『キャプテン・フィリップス』(コロンビア・ピクチャーズ)
 プロデューサー:デイナ・ブルネッティ、マイケル・デ・ルカ、スコット・ルーディン

 ・『ダラス・バイヤーズクラブ』(フォーカス・フィーチャーズ)
 プロデューサー:ロビー・ブレナン、レイチェル・ウィンター

 ・『ゼロ・グラビティ』(ワーナー・ブラザーズ映画)
 プロデューサー:アルフォンソ・キュアロン、デイヴィッド・ハイマン

 ・“Her”(ワーナー・ブラザーズ映画)
 プロデューサー:ミーガン・エリソン、スパイク・ジョーンズ、ヴィンセント・ランディ

 ・『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(パラマウント映画)
 プロデューサー:アルバート・バーカー、ロン・イェルザ

 ・『ウォルト・ディズニーの約束』(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ)
 プロデューサー:イアン・コリー、アリソン・オーウェン、フィリップ・ステュアー

 ・『それでも夜は明ける』(フォックス・サーチライト・ピクチャーズ)
 プロデューサー:アンソニー・カタガス、ジェレミー・クライナー、スティーヴ・マックイーン、ブラッド・ピット、デデ・ガードナー

 ・『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(パラマウント映画)
 プロデューサー:リザ・アジズ、エマ・コスコフ、ジョーイ・マクファーランド

 ◆最優秀アニメーション・プロデューサー賞(The Award For Outstanding Producer of Animated Theatrical Motion Pictures)

 ・『クルードさんちのはじめての冒険』(ドリームワークス・アニメーション)
 プロデューサー:クリスティン・ベルソン、ジェーン・ハートウェル

 ・『怪盗グルーのミニヨン危機一発』(ユニバーサル映画)
 プロデューサー:ジャネット・ヒーリー、クリス・メレダンドリ

 ・“Epic”(20世紀フォックス映画)
 プロデューサー:ジェリー・デイヴィス、ロリー・フォート

 ・『アナと雪の女王』(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ)
 プロデューサー:ピーター・デル・ヴェッチョ

 ・『モンスターズ・ユニバーシティ』(ピクサー・アニメーション)
 プロデューサー:コーリー・レイ

 【テレビ部門】

 ◆David L. Wolper賞/ロングフォーム番組プロデューサー賞(The David L. Wolper Award for Outstanding Producer of Long-Form Television)
The David L. Wolper Award for Outstanding Producer of Long-Form Television:

 ・『アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟』(FX)
 プロデューサー:ブラッドリー・ビューカー、ダンテ・ディ・ロレート、ブラッド・ファルチャック、Alexis Martin Woodall、ライアン・マーフィー、Chip Vucelich

 ・『恋するリベラーチェ』(HBO)
 プロデューサー:スーザン・イーキンス、グレゴリー・ジェイコブズ、マイケル・ポレール、ジェリー・ワイントロープ

 ・『リンカーンを殺した男』(ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル)
 プロデューサー:メアリー・リシオ、ラリー・ラパポート、リドリー・スコット、Teri Weinberg、デイヴィッド・W・ザッカー

 ・“Phil Spector”(HBO)
 プロデューサー:マイケル・ハウスマン、バリー・レヴィンソン

 ・『トップ・オブ・ザ・レイク〜消えた少女〜』(サンダンス・チャンネル)
 プロデューサー:Philippa Campbell、ジェーン・カンピオン、イアン・カニング、エミール・シャーマン

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆映画部門について

 映画部門のノミネーションに関して、米国アカデミー賞との関連性を見てみると、ノミネート作品数が10本(〜最大10本)になったこの4年について見てみると、2009年度は10本中8本が同じで、2010年度は10本中9本が同じ、2011年度は9本中7本が同じ(PGAのノミネーションは10本)、2012年度は9本中8本が同じになっています。

 本年度も8〜9本くらいのノミネーションが重なるはずですが、有力作品の中では、“Inside Llewyn Davis”と『大統領の執事の涙』がノミネートされておらず、その代わりに『ブルージャスミン』と『ダラス・バイヤーズクラブ』がノミネートされています。このあたりが、アカデミー賞では入れ替わる可能性があります。

 受賞結果では、過去24回で、米国アカデミー賞と一致したのは17回で、この回数を一致度が高いと見るか、それほどでもないと見るかは、微妙なところですが、実は、2008年以降、連続してすべて一致していて、そのデータの方がより重要視されるかもしれません。

 2010年度は、PGA発表前は、『ソーシャル・ネットワーク』が文句なしに作品賞の本命でしたが、PGAで『英国王のスピーチ』が受賞したことで流れががらっと変わってしまっています(というか、流れが変わったことをPGAが教えてくれたと言うべきかもしれません)。

 2011年度は、『アーティスト』が作品賞に本命視されていながら、外国映画であることで本当に受賞できるかどうか確信が持てなかったところ、PGAを受賞したことで、作品賞受賞をより確実なものにしました。

 2012年度は、有力視された『アルゴ』と『ゼロ・ダーク・サーティ』が米国アカデミー賞監督賞にノミネートされなかったことで、作品賞の行方がどうなるのか注目されましたが、PGAで『アルゴ』が受賞して、米国アカデミー賞作品賞受賞への流れを作っています。

 本年度は、『それでも夜は明ける』が安定した評価を得ているので、PGAも米国アカデミー賞作品賞も『それでも夜は明ける』が獲ると思われますが、まずはPGAで受賞して、米国アカデミー賞作品賞をより確実にしたいところかもしれません。

 ◆アニメーション部門について

 PGAのノミネーションでは、外国映画である『風立ちぬ』がノミネートされず、代わりに“Epic”がノミネートされています。

 受賞結果に関しては、過去8年のデータでは、米国アカデミー賞長編アニメーション賞とは、5回一致しています。

 PGAでは、強い対抗馬である『風立ちぬ』がノミネートされていないので、ここは本命の『アナと雪の女王』が順当に受賞すると思われます。

 現在の全米映画賞レースでは、アニメーション部門は、流れは『風立ちぬ』から『アナと雪の女王』へとシフトしているので、『風立ちぬ』サイドの強いアピールでもなければ、この流れは変えられず、PGAも米国アカデミー賞長編アニメーション賞も『アナと雪の女王』がさらっていくことになりそうです。

 ◆TV映画・ミニシリーズ部門(David L. Wolper賞/ロングフォーム番組プロデューサー賞)について

 『恋するリベラーチェ』と『トップ・オブ・ザ・レイク〜消えた少女〜』は、エミー賞とサテライト・アワードとゴールデン・グローブ賞でも(TV映画・ミニシリーズ部門で)ノミネートされ、『アメリカン・ホラー・ストーリー:精神科病棟』はエミー賞とゴールデン・グローブ賞でノミネート、“Phil Spector”はエミー賞とサテライト・アワードでノミネートされています。

 エミー賞では、『恋するリベラーチェ』が受賞し、流れも『恋するリベラーチェ』にあると思われるので、番狂わせがなければ、PGAも『恋するリベラーチェ』が受賞することになりそうです。

 本年度の上記3部門は、いずれも強い候補がある部門なので、本命が順当に受賞し、映画部門はそのまま米国アカデミー賞への足場固めという感じになりそうです。

 受賞結果の発表は、1月19日です。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米・製作者組合賞(PGA)2014 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201311/article_39.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2014 TV部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_11.html

 ・米・製作者組合賞2013 ドキュメンタリー部門&テレビ部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_2.html
 ・米・製作者組合賞2013 映画部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_2.html
 ・米・製作者組合賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_63.html
 ・米・製作者組合賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_4.html
 ・米・製作者組合賞2012 ドキュメンタリー部門ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_5.html
 ・米・製作者組合賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_43.html
 ・米・製作者組合賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_8.html
 ・米・製作者組合賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_42.html
 ・米・製作者組合賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_4.html
 ・米・製作者組合賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_40.html
 ・米・製作者組合賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_4.html
 ・米・製作者組合賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_32.html

 ・全米映画賞レース2013の結果をまとめてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_23.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月〜2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

 追記:
 ・米・製作者組合賞(PGA) 2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_60.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・製作者組合賞(PGA) 映画部門ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる