海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国アカデミー賞に関する、黒人のノミネーション&受賞データ! 【完全版】

<<   作成日時 : 2013/12/26 04:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第86回米国アカデミー賞では、黒人の躍進が予想されていますが、ここでは、それに先駆けて、これまでの米国アカデミー賞における黒人のノミネート&受賞データをまとめてみることにしました。

 ◆作品賞 (0/4)

 ・1986年:『カラーパープル』 クインシー•ジョーンズ
  ※『カラーパープル』は、作品賞にノミネートされた初めての作品。
  ※クインシー・ジョーンズは、『カラーパープル』でオリジナル作曲賞とオリジナル歌曲賞にもノミネート。
  ※クインシー・ジョーンズは、同じ年に3つのノミネートを受けた(3部門でノミネートされた)唯一の黒人。

 ・2010年:『プレシャス』 リー•ダニエルズ
  ※リー•ダニエルズは、作品賞にノミネートされた初めての黒人監督。
  ※黒人のプロデュース作品が、作品賞部門に初めて2作品ノミネート。

 ・2010年:『しあわせの隠れ場所』 ブロデリック•ジョンソン(Broderick Johnson)

 ・2013年:『ジャンゴ 繋がれざる者』 レジナルド・ハドリン(Reginald Hudlin)

 ◆監督賞 (0/2)

 ・1992年:ジョン•シングルトン 『ボーイズ’ン・ザ・フッド』
  ※ジョン•シングルトンは、監督賞にノミネートされた初めての黒人。
  ※ジョン•シングルトンは、監督賞にノミネートされた最年少の黒人監督(24歳)。
  ※『ボーイズ’ン・ザ・フッド』は、黒人が監督賞と脚本賞でノミネートされた初めての作品。

 ・2010年 リー•ダニエルズ 『プレシャス』
  ※リー•ダニエルズは、作品賞と監督賞に同時にノミネートされた初めての黒人監督。
  ※『プレシャス』は、黒人が作品賞と監督賞にノミネートされた初めての作品。

 ◆主演男優賞 (4/19)

 ・1959年:シドニー•ポワチエ 『手錠のまゝの脱獄』“The Defiant Ones”
  ※シドニー•ポワチエは、主演男優賞にノミネートされた初めての黒人。

 ◎1964年:シドニー•ポワチエ 『野のユリ』“Lilies of the Field”
  ※シドニー•ポワチエは、男優賞を受賞した初めての黒人男優。
  ※シドニー•ポワチエは、主演男優賞を受賞した最年少黒人男優(37歳)。
  ※シドニー•ポワチエは、2度目のノミネートを受けた初めての黒人俳優。

 ・1971年:ジェームズ•アール•ジョーンズ 『ボクサー』“The Great White Hope”

 ・1973年:ポール•ウィンフィールド(Paul Winfield) 『サウンダー』“Sounder”
  ※『サウンダー』は、黒人俳優が初めて2部門(主演男優賞と主演女優賞)でノミネートされた作品。
  ※『サウンダー』は、2人の黒人俳優がノミネートされた(2つのキャスト部門でノミネートされた)初めての作品。

 ・1987年:デクスター•ゴードン 『ラウンド•ミッドナイト』

 ・1990年:モーガン•フリーマン 『ドライビングMissデイジー』
  ※『ドライビングMissデイジー』は、黒人男優が、初めて主演男優賞と助演男優賞にノミネートされた作品。

 ・1993年:デンゼル•ワシントン 『マルコムX』

 ・1994年:ローレンス•フィッシュバーン 『TINA ティナ』

 ・1995年:モーガン•フリーマン 『ショーシャンクの空に』

 ・2000年:デンゼル•ワシントン 『ザ・ハリケーン』

 ◎2002年:デンゼル•ワシントン 『トレーニング デイ』
  ※デンゼル•ワシントンは、主演男優賞と助演男優賞の両方にノミネートされた(受賞した)初めての男優。
  ※デンゼル•ワシントンは、2度目の男優賞を受賞した初めての黒人男優。
  ※初めて2人の黒人が主演男優賞にノミネート。
  ※黒人俳優が初めて同じ年に2部門(主演男優賞と主演女優賞)で受賞。

 ・2002年:ウィル•スミス 『ALI アリ』

 ◎2005年:ジェイミー•フォックス 『Ray/レイ』
  ※ジェイミー•フォックスは、同じ年に2部門でノミネートされた初めての(唯一の)黒人俳優。
  ※黒人俳優が初めて3部門でノミネート。
  ※黒人俳優が初めて同じ年に5人ノミネート。

 ・2005年:ドン•チードル 『ホテル・ルワンダ』

 ・2006年:テレンス•ハワード 『ハッスル&フロー』

 ◎2007年:フォレスト・ウィテカー 『ラストキング・オブ・スコットランド』

画像

 ・2007年:ウィル•スミス 『幸せのちから』

 ・2010年:モーガン•フリーマン 『インビクタス/負けざる者たち』

 ・2013年:デンゼル•ワシントン 『フライト』

 ◆主演女優賞 (1/10)

 ・1955年:ドロシー•ダンドリッジ(Dorothy Dandridge) 『カルメン』“Carmen Jones”
  ※ドロシー•ダンドリッジは、主演女優賞にノミネートされた初めての黒人女優。

 ・1973年:ダイアナ•ロス 『ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実』“Lady Sings the Blues”
  ※ダイアナ•ロスは、デビュー作でノミネートされた初めての黒人。
  ※初めて主演女優賞に2人の黒人女優がノミネート。
  ※初めて黒人俳優が2部門(主演男優賞と主演女優賞)でノミネート。

 ・1973年:シシリー•タイソン(Cicely Tyson) 『サウンダー』“Sounder”
  ※『サウンダー』は、2人の黒人俳優がノミネートされた(2つのキャスト部門でノミネートされた)初めての作品。

 ・1975年:ダイアン•キャロル(Diahann Carroll) 『愛しのクローディン』“Claudine”

 ・1986年:ウーピー•ゴールドバーグ 『カラーパープル』
  ※『カラーパープル』は、同一作品で黒人が主演女優賞と助演女優賞にノミネートされた初めての作品。
  ※『カラーパープル』は、同一作品で3人の黒人俳優がノミネートされた初めての作品。

 ・1994年:アンジェラ•バセット 『TINA ティナ』

 ◎2002年:ハル•ベリー 『チョコレート』
  ※ハル•ベリーは、主演女優賞を受賞した初めての、そして唯一の黒人女優。
  ※黒人俳優が初めて同じ年に2部門(主演男優賞と主演女優賞)で受賞。

 ・2010年:ガボレイ・シディベ 『プレシャス』
  ※ガボレイ・シディベは、デビュー作で主演女優賞にノミネートされた2人目の黒人女優。

 ・2012年:ヴィオラ•デイヴィス 『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』

 ・2013年:クヮヴェンジャネ・ウォレス 『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』
  ※クヮヴェンジャネ・ウォレスは、主演女優賞にノミネートされた最年少の黒人女優(9歳)。
  ※クヮヴェンジャネ・ウォレスは、デビュー作で主演女優賞にノミネートされた3人目の黒人女優。

 ◆助演男優賞 (4/16)

 ・1970年:ルパート・クロス(Rupert Crosse) 『華麗なる週末』“The Reivers”
  ※ルパート・クロスは、初めて助演男優賞にノミネートされた黒人男優。

 ・1981年:ハワード•ロリンズ 『ラグタイム』

 ◎1983年:ルイス•ゴセット•ジュニア 『愛と青春の旅だち』
  ※ルイス•ゴセット•ジュニアは、初めて助演男優賞を受賞した黒人男優。

 ・1985年:アドルフ•シーザー(Adolph Caesar) 『ソルジャー・ストーリー』“A Soldier's Story”

 ・1988年:モーガン•フリーマン 『NYストリート・スマート』“Street Smart”
  ※初めて助演男優賞に黒人男優が2人ノミネート。

 ・1988年:デンゼル•ワシントン 『遠い夜明け』

 ◎1990年:デンゼル•ワシントン 『グローリー』
  ※黒人男優が、初めて主演男優賞と助演男優賞にノミネート。

 ・1993年:ジェイ・デイヴィッドソン 『クライング・ゲーム』
  ※ジェイ・デイヴィッドソンは、デビュー作で米国アカデミー賞にノミネートされた初めての黒人男優。
  ※ジェイ・デイヴィッドソンは、米国アカデミー賞にノミネートされた初めての黒人英国人。

 ・1995年:サミュエル•L•ジャクソン 『パルプ•フィクション』

 ◎1997年:キューバ•グッディング•ジュニア 『ザ•エージェント』
  ※キューバ•グッディング•ジュニアは、男優賞を受賞した最年少の黒人男優(29歳)。

 ・2000年:マイケル•クラーク•ダンカン 『グリーンマイル』

 ・2004年:ジャイモン•ハンスゥ 『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』
  ※ジャイモン•ハンスゥは、米国外で生まれた黒人で初めて米国アカデミー賞にノミネートされた男優。
  ※ジャイモン•ハンスゥは、初めて米国アカデミー賞にノミネートされたブラック・アフリカン。

 ◎2005年:モーガン•フリーマン 『ミリオンダラー•ベイビー』
  ※モーガン•フリーマンは、米国アカデミー賞を受賞した最年長の黒人俳優(67歳)。
  ※黒人俳優が初めて同じ年に5人ノミネート。

 ・2005年:ジェイミー•フォックス 『コラテラル』
  ※ジェイミー•フォックスは、同じ年に2部門でノミネートされた初めての(唯一の)黒人俳優。

 ・2007年:ジャイモン・ハンスゥ 『ブラッド•ダイヤモンド』

 ・2007年:エディ•マーフィー 『ドリームガールズ』
  ※『ドリームガールズ』は、黒人俳優が助演男優賞と助演女優賞がノミネートされた初めての作品。

 ◆助演女優賞 (5/18)

 ◎1940年:ハッティ・マクダニエル(Hattie McDaniel) 『風と共に去りぬ』
  ※ハッティ・マクダニエルは、米国アカデミー賞にノミネートされた初めての黒人。
  ※ハッティ・マクダニエルは、助演女優賞にノミネートされた初めての黒人俳優。
  ※ハッティ・マクダニエルは、米国アカデミー賞を受賞した初めての黒人。
  ※ハッティ・マクダニエルは、助演女優賞を受賞した初めての黒人俳優。
  ※ハッティ・マクダニエルは、米国アカデミー賞を受賞した最年長の黒人女優(44歳)。

 ・1950年:エセル•ウォーターズ(Ethel Waters) 『ピンキー』“Pinky”

 ・1960年:ファニタ・ムーア(Juanita Moore) 『悲しみは空の彼方に』

 ・1968年:キャロル•チャニング(Carol Channing) 『モダン・ミリー』(Thoroughly Modern Millie)
  ※同一部門に2人の黒人がノミネートされたのは初めて。

 ・1968年:ビア・リチャーズ(Beah Richards Beah) 『招かれざる客』

 ・1984年:アルフレ•ウッダード(Alfre Woodard) 『クロスクリーク』“Cross Creek”

 ・1986年:マーガレット・エイヴリー(Margaret Avery) 『カラーパープル』
  ※『カラーパープル』は、黒人女優が主演女優賞と助演女優賞にノミネートされた初めての作品。
  ※『カラーパープル』は、3人の黒人俳優がノミネートされた初めての作品。
  ※『カラーパープル』は、2人の黒人俳優が同一部門にノミネートされた初めての作品。

 ・1986年:オプラ•ウィンフリー 『カラーパープル』

 ◎1991年:ウーピー•ゴールドバーグ 『ゴースト/ニューヨークの幻』
  ※ウーピー•ゴールドバーグは、主演女優賞と助演女優賞にノミネートされた初めての黒人女優。
  ※ウーピー•ゴールドバーグは、女優賞を受賞した2人目の黒人女優。

 ・1997年:マリアンヌ・ジャン=バプティスト 『秘密と嘘』
  ※マリアンヌ・ジャン=バプティストは、米国アカデミー賞にノミネートされた初めての黒人英国人女優。
  ※マリアンヌ・ジャン=バプティストは、米国外で生まれた黒人で初めて米国アカデミー賞にノミネートされた俳優。

 ・2003年:クイーン•ラティファ 『シカゴ』

 ・2005年:ソフィー・オコネド 『ホテル・ルワンダ』
  ※黒人俳優が初めて同じ年に5人ノミネート。

 ◎2007年:ジェニファー•ハドソン 『ドリームガールズ』
  ※ジェニファー•ハドソンは、デビュー作で、米国アカデミー賞を受賞した初めての黒人俳優。
  ※ジェニファー•ハドソンは、助演女優賞を受賞した(ノミネートされた)最年少の黒人女優(25歳)。
  ※ジェニファー•ハドソンは、米国アカデミー賞を受賞した最年少の黒人俳優(25歳)。
  ※ジェニファー•ハドソンは、ミュージカル映画で米国アカデミー賞を受賞した初めての黒人女優。
  ※『ドリームガールズ』は、黒人俳優が助演男優賞と助演女優賞がノミネートされた初めての映画。

画像

 ・2008年:ルビー•ディー 『アメリカン・ギャングスター』
  ※ルビー•ディーは、米国アカデミー賞にノミネートされた最年長の黒人俳優(83歳)。

 ・2009年:ヴィオラ•デイヴィス 『ダウト〜あるカトリック学校で〜』

 ・2009年:タラジ・P・ヘンソン 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

 ◎2010年:モニーク 『プレシャス』

画像

 ◎2012年:オクタヴィア•スペンサー 『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』

画像

 ◆オリジナル脚本賞 (0/3)

 ・1973年:スザンヌ・ド・パッシー(Suzanne de Passe) 『ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実』“Lady Sings the Blues”

 ・1990年:スパイク•リー 『ドゥ・ザ・ライト・シング』

 ・1992年:ジョン•シングルトン 『ボーイズ’ン・ザ・フッド』

 ◆脚色賞 (1/3)

 ・1973年:ロン・エルダー三世 『サウンダー』“Sounder”

 ・1985年:チャールズ•フラー(Charles Fuller) 『ソルジャー•ストーリー』“A Soldier's Story”

 ◎2010年:ジェフリー•フレッチャー 『プレシャス』
  ※ジェフリー•フレッチャーは、脚本賞を受賞した初めての黒人。

画像

 ◆撮影賞 (0/1)

 ・1999年:レミ・アデファラシン(Remi Adefarasin) 『エリザベス』

 ◆編集賞 (0/1)

 ・1970年:ヒュー・A・ロバートソン(Hugh A. Robertson) 『真夜中のカーボーイ』

 ◆衣裳デザイン賞 (0/4)

 ・1993年:ルース・E・カーター(Ruth E. Carter) 『マルコムX』

 ・1998年:ルース・E・カーター(Ruth E. Carter) 『アミスタッド』

 ・2005年:シャレン・デイヴィス(Sharen Davis) 『Ray/レイ』

 ・2007年:シャレン・デイヴィス(Sharen Davis) 『ドリームガールズ』

 ◆録音賞 (3/9)

 ・1979年:ウィリー•D•バートン(Willie D. Burton) 『バディ•ホリー•ストーリー』“The Buddy Holly Story”

 ・1981年:ウィリー•D•バートン 『アルタード・ステーツ』

 ・1984年:ウィリー•D•バートン 『ウォー•ゲーム』

 ◎1989年:ウィリー•D•バートン 『バード』

 ◎1990年:ラッセル・ウィリアムズ二世(Russell Williams) 『グローリー』

 ◎1991年:ラッセル・ウィリアムズ二世 『ダンス•ウィズ•ウルブズ』
  ※ラッセル・ウィリアムズ二世は、複数の米国アカデミー賞を受賞した初めての黒人。

 ・1995年:ウィリー•D•バートン 『ショーシャンクの空に』

 ・2000年:ウィリー•D•バートン 『グリーンマイル』

 ◎2007年:ウィリー•D•バートン 『ドリームガールズ』

画像

 ◆オリジナル作曲賞 (2/8) ※数回の改称、部門変更あり

 ・1962年 ミュージカル映画作曲賞:デューク•エリントン 『パリの旅愁』
  ※デューク・エリントンは、キャスト部門以外でノミネートされた初めて黒人。

 ・1968年:クインシー•ジョーンズ 『冷血』
  ※クインシー・ジョーンズは、別の作品でオリジナル歌曲賞でもノミネート。

 ・1972年 オリジナル劇映画作曲賞:アイザック•ヘイズ 『黒いジャガー』
  ※『黒いジャガー』は、黒人が、初めてオリジナル作曲賞とオリジナル歌曲賞にノミネートされた作品。

 ・1979年 編曲賞:クインシー•ジョーンズ 『ウィズ』

 ◎1985年 オリジナル歌曲作曲賞:プリンス 『プリンス/パープル•レイン』

 ・1986年:クインシー•ジョーンズ、アンドレ•クラウチ(Andrae Crouch)、カイファス・セメーニア(Caiphus Semenya) 『カラーパープル』
  ※クインシー・ジョーンズは、『カラーパープル』で作品賞、オリジナル歌曲賞でもノミネート。
  ※クインシー・ジョーンズは、同じ年に3つのノミネートを受けた(3部門でノミネートされた)唯一の黒人。

 ◎1987年:ハービー•ハンコック 『ラウンド•ミッドナイト』

 ・1988年:ヨナス・グワングワ(Jonas Gwangwa) 『遠い夜明け』

 ◆オリジナル歌曲賞 (5/18)

 ・1968年:クインシー•ジョーンズ 『夜の誘惑』“Banning”-‘The Eyes of Love’
  ※クインシー・ジョーンズは、別の作品でオリジナル作曲賞でもノミネート。

 ・1969年:クインシー•ジョーンズ 『愛は心に深く』“For Love of Ivy”-‘For Love of Ivy’

 ◎1972年:アイザック•ヘイズ 『黒いジャガー』-‘Theme from Shaft’
  ※アイザック・ヘイズは、俳優以外では初めての米国アカデミー賞受賞。
  ※『黒いジャガー』は、黒人が、初めてオリジナル作曲賞とオリジナル歌曲賞にノミネートされた作品。

 ・1982年:ライオネル•リッチー 『エンドレス•ラブ』-‘Endless Love’

 ◎1984年:アイリーン・キャラ 『フラッシュダンス』-‘Flashdance... What a Feeling’
  ※アイリーン・キャラは、女優以外で初めて米国アカデミー賞を受賞した黒人女性。

 ◎1985年:スティーヴィー・ワンダー 『ウーマン・イン・レッド』-‘I Just Called to Say I Love You’
  ※オリジナル歌曲賞部門で初めて黒人が2ノミネート。

 ・1985年:レイ•パーカー•ジュニア 『ゴーストバスターズ』-‘Ghostbusters’

 ◎1986年:ライオネル•リッチー 『ホワイト・ナイト/白夜』-‘Say You, Say Me’
  ※ライオネル・リッチーは、オリジナル歌曲賞でダブル・ノミネート。

 ・1986年:クインシー•ジョーンズ、ライオネル•リッチー、ロッド・テンパートン 『カラーパープル』-‘Miss Celie's Blues’
  ※クインシー・ジョーンズは、『カラーパープル』で作品賞、オリジナル作曲賞でもノミネート。
  ※クインシー・ジョーンズは、同じ年に3つのノミネートを受けた(3部門でノミネートされた)唯一の黒人。
  ※ライオネル・リッチーは、オリジナル歌曲賞でダブル・ノミネート。

 ・1988年:ヨナス・グワングワ(Jonas Gwangwa) 『遠い夜明け』-‘Cry Freedom’

 ・1989年:ラモン・ドジャー(Lamont Dozier) 『フィル・コリンズin バスター』-‘Two Hearts’

 ・1994年:ジミー•ジャム(Jimmy Jam)、テリー•ルイス(Terry Lewis)、ジャネット•ジャクソン 『ポエティック・ジャスティス/愛するということ』-‘Again’

 ・1994年:ジェームズ•イングラム(James Ingram) 『ベートーベン2』-‘The Day I Fall In Love’

 ・1995年:ジェームズ•イングラム 『ジュニア』-‘Look What Love Has Done’

 ◎2006年:Juicy J、Frayser Boy Frayser 『ハッスル&フロー』

 ・2007年:サイーダ・ギャレット(Siedah Garrett) 『ドリームガールズ』-‘Love You I Do’

 ・2008年:Jamal Joseph、チャールズ•マック(Charles Mack)、Tevin Thomas 『奇跡のシンフォニー』-‘Raise it Up’

 ・2012年:サイーダ・ギャレット(Siedah Garrett) 『ブルー 初めての空へ』-‘Real in Rio’

 ◆短編映画賞 (0/2)

 ・1992年:David Massey “Last Breeze of Summer”

 ・1996年:Dianne Houston “Tuesday Morning Ride”

 ◆短編ドキュメンタリー賞 (1/2)

 ・2001年:Leelai Demoz “On Tiptoe: Gentle Steps to Freedom”

 ◎2010年:Roger Ross Williams “Music by Prudence”

画像

 ◆長編ドキュメンタリー賞 (1/4)

 ・1990年:“Adam Clayton Powell” Yvonne Smith(プロデューサー)

 ・1998年:“4 Little Girls” スパイク•リー(監督)、Samuel D. Pollard(プロデューサー)

 ・2005年:カロリン・アリ(Karolyn Ali)(プロデューサー) 『トゥパック:伝説の死と再生』“Tupac: Resurrection”

 ◎2012年:T・J・マーティン(監督) 『アンディフィーテッド 栄光の勝利』“Undefeated”

画像

 ◆<特別賞

 ◎1948年:ジェームス・バスケット(James Baskett) アカデミー特別賞

 ◎1995年:クインシー•ジョーンズ ジーン・ハーショルト ヒューマニタリアン賞(Jean Hersholt Humanitarian Award)

 ◎2002年:シドニー•ポワチエ アカデミー名誉賞

 ◎2011年:ジェームズ•アール•ジョーンズ アカデミー名誉賞

 ◎2011年:オプラ•ウィンフリー ジーン・ハーショルト ヒューマニタリアン賞(Jean Hersholt Humanitarian Award)

 ※「年」は、「年度」ではなく、「受賞年」です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【人物ごとのノミネート&受賞状況】(特別賞を除く)

 ・ウィリー•D•バートン(2/7):録音・録音・録音・録音・録音・録音・録音
 ・クインシー•ジョーンズ(0/7):作曲・歌曲・歌曲・作曲・作品・作曲・歌曲
 ・デンゼル•ワシントン(2/6):助演男優・助演男優・主演男優・主演男優・主演男優・主演男優
 ・モーガン•フリーマン(1/5):助演男優・主演男優・主演男優・助演男優・主演男優
 ・ライオネル•リッチー(1/3):歌曲・歌曲・歌曲
 ・ラッセル・ウィリアムズ二世(2/2):録音・録音
 ・シドニー•ポワチエ(1/2):主演男優・主演男優
 ・ジェイミー•フォックス(1/2):主演男優・助演男優
 ・ウーピー•ゴールドバーグ(1/2):主演女優・助演女優
 ・アイザック•ヘイズ(1/2):作曲・歌曲
 ・ジョン•シングルトン(0/2):監督・脚本
 ・ウィル•スミス(0/2):主演男優・主演男優
 ・ヴィオラ・デイヴィス(0/2):助演女優・主演女優
 ・ジャイモン•ハンスゥ(0/2):助演男優・助演男優
 ・スパイク•リー(0/2):脚本・ドキュメンタリー
 ・ルース・E・カーター(0/2):衣裳・衣裳
 ・シャレン・デイヴィス(0/2):衣裳・衣裳
 ・ヨナス・グワングワ(0/2):作曲・歌曲
 ・ジェームズ•イングラム(0/2):歌曲・歌曲
 ・サイーダ・ギャレット(0/2):歌曲・歌曲

 【作品ごとのノミネート&受賞状況】

 ・『カラーパープル』(0/6):作品・主演女優・助演女優・助演女優・作曲・歌曲
 ・『プレシャス』(2/5):作品・監督・主演女優・助演女優・脚色
 ・『ドリームガールズ』(2/5):助演男優・助演女優・衣裳・録音・歌曲
 ・『サウンダー』(0/3):主演男優・主演女優・脚色
 ・『遠い夜明け』(0/3):助演男優・作曲・歌曲
 ・『グローリー』(2/2):助演男優・録音
 ・『ラウンド•ミッドナイト』(1/2):主演男優・作曲
 ・『Ray/レイ』(1/2):主演男優・衣裳
 ・『ハッスル&フロー』(1/2):主演男優・歌曲
 ・『心がつなぐストーリー〜』(1/2):主演女優・助演女優
 ・『黒いジャガー』(1/2):作曲・歌曲
 ・『ボーイズ’ン・ザ・フッド』(0/2):監督・脚本
 ・『マルコムX』(0/2):主演男優・衣裳
 ・『TINA ティナ』(0/2):主演男優・主演女優
 ・『ショーシャンクの空に』(0/2):主演男優・録音
 ・『ホテル・ルワンダ』(0/2):主演男優・助演女優
 ・『ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実』(0/2):主演男優・脚本
 ・『ソルジャー・ストーリー』(0/2):助演男優・脚色
 ・『グリーンマイル』(0/2):助演男優・録音

 【年ごとのノミネート&受賞状況】

 1940年(1/1):助演女優
 1950年(0/1):助演女優
 1955年(0/1):主演女優
 1959年(0/1):主演男優
 1960年(0/1):助演女優
 1962年(0/1):作曲
 1964年(1/1):主演男優
 1968年(0/4):助演女優・助演女優・作曲・歌曲
 1969年(0/1):歌曲
 1970年(0/2):助演男優・編集
 1971年(0/1):主演男優
 1972年(1/2):作曲・歌曲
 1973年(0/5):主演男優・主演女優・主演女優・脚本・脚本
 1975年(0/1):主演女優
 1979年(0/2):録音・作曲
 1981年(0/2):助演男優・録音
 1982年(0/1):歌曲
 1983年(1/1):助演男優
 1984年(1/3):助演女優・録音・歌曲
 1985年(2/5):助演男優・脚色・作曲・歌曲・歌曲
 1986年(1/7):作品・主演女優・助演女優・助演女優・作曲・歌曲・歌曲
 1987年(1/2):主演男優・作曲
 1988年(0/4):助演男優・助演男優・作曲・歌曲
 1989年(1/2):録音・歌曲
 1990年(2/5):主演男優・助演男優・脚本・録音・ドキュメンタリー
 1991年(2/2):助演女優・録音
 1992年(0/3):監督・脚本・短編
 1993年(0/3):主演男優・助演男優・衣裳
 1994年(0/4):主演男優・助演男優・歌曲・歌曲
 1995年(0/4):主演男優・助演男優・録音・歌曲
 1996年(0/1):短編
 1997年(1/2):助演男優・助演女優
 1998年(0/2):衣裳・ドキュメンタリー
 1999年(0/1):撮影
 2000年(0/3):主演男優・助演男優・録音
 2001年(0/1):短編ドキュメンタリー
 2002年(2/3):主演男優・主演男優・主演女優
 2003年(0/1):助演女優
 2004年(0/1):助演男優
 2005年(2/7):主演男優・主演男優・助演男優・助演男優・助演女優・衣裳・ドキュメンタリー
 2006年(1/2):主演男優・歌曲
 2007年(3/8):主演男優・主演男優・助演男優・助演男優・助演女優・衣裳・録音・歌曲
 2008年(0/1):助演女優
 2009年(0/3):助演女優・助演女優・歌曲
 2010年(3/8):作品・作品・監督・主演男優・主演女優・助演女優・脚色・短編ドキュメンタリー
 2012年(2/4):主演女優・助演女優・歌曲・ドキュメンタリー
 2013年(0/3):作品・主演男優・主演女優

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【雑記】

 ・黒人がまだノミネートを果たしていない部門:美術賞、メイキャップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、短編アニメーション賞、長編アニメーション賞

 ・ノミネートはされているが、黒人がまだ受賞を果たしていない部門:作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、衣裳デザイン賞、短編映画賞

 ・まだキャスト4部門すべてに黒人俳優がノミネートされたことはない。

 ・これまでの黒人の受賞者は、(特別賞を除くと)のべ26人。

 ・これまでノミネートされた黒人は、(特別賞を除くと)のべ95人。

 ・これまでの最多ノミネートは、『カラーパープル』の6部門。

 ・これまでの最多受賞作品は、『ドリームガールズ』と『プレシャス』がそれぞれ2部門ずつ。

 ・最多受賞者は、ウィリー・D・バートン、デンゼル・ワシントン、ラッセル・ウィリアムズ二世の3人でそれぞれ2回ずつ。

 ・2回以上ノミネートを受けたのは、20人。

 ・2部門以上のノミネートを受けた作品は、19作品。

 ・キャスト部門以外では、音楽部門、特にオリジナル歌曲賞が強い。

 ・俳優は、総ノミネート数に比して、デビュー作でのノミネートの割合が多い。

 ・2008年にルビー・ディーが83歳で助演女優賞にノミネートされ、2013年にクヮヴェンジャネ・ウォレスが9歳で主演女優賞にノミネートされて、女優賞の最年少ノミネートと最年長ノミネートの幅は広がったが、概して女優賞の年齢幅は非常に狭い。
 最年少受賞者はジェニファー・ハドソンの25歳(2007年)、最年長受賞者はハッティ・マクダニエルの44歳(1940年)で、最年長記録は1940年から一度も塗り替えられていない。

 ・男優では、キューバ・グッディング・ジュニアの29歳(1997年)が男優賞の最年少記録で、シドニー・ポワチエの37歳(1964年)が主演男優賞の最年少記録(1964年以来変わらず)。最年長記録は、モーガン・フリーマンの67歳(2005年)。
 どうも(米国アカデミー賞にノミネートされるような役の)黒人俳優は、配役の関係上(?)、白人に比べて年齢の幅が限定されてしまうようです。

 ・やはり黒人俳優に対する壁(抵抗感)はあって、
  ノミネートさせるならまずは主演賞ではなく助演賞から
  一回目のノミネートでは受賞させない
  同じ部門に2人の黒人がノミネートされたら、しぶしぶどちらか一方を受賞させる
 といった傾向性が見られます。

 ・米国アカデミー賞も少しずつ黒人に門戸を開いてきていて、その大きな転機となった作品は、明らかに『カラーパープル』。そして、その後、デンゼル・ワシントンやモーガン・フリーマン、『ドリームガールズ』、『プレシャス』などが、その間口を広げるのに大きく貢献している。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 第86回米国アカデミー賞では、多くの部門で記録が塗り替えられることになりそうです。

 特に注目されるのは、『それでも夜は明ける』が『カラーパール』の持つ最多ノミネート記録の6部門を超えられるか、そして、監督賞(初受賞なるか)、助演女優賞(3人同時ノミネートなるか)ですが、次回以降に持ち越しになるかもしれません。

 なお、この記事は、Wikipediaの「List of black Academy Award winners and nominees」をベースにしていますが、こちらで、補筆、再構成を行なっています。

 元記事は、そんなに前から存在しているものではないように思いますが(まだ日本語版の記事は存在していません)、明らかな誤りを4つ発見しました。データものは、ほぼ完璧に正しくても、1つ2つミスがあっただけで、データ全体の信頼性が失われてしまうので、大変です。おかげで、データの再チェックをするハメになってしまいましたが、ひょっとするとまだどこかに誤りが残されている可能性もあります。一応、念のため。

 ・「List of black Academy Award winners and nominees」:http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_black_Academy_Award_winners_and_nominees

 *当ブログ記事

 ・米国アカデミー賞にノミネートされた日本人リスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200801/article_20.html

 ・米国アカデミー賞各部門の名称について:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_19.html

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米国アカデミー賞に関する、黒人のノミネーション&受賞データ! 【完全版】 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる