海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS リュミエール賞2014 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2013/12/19 19:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 外国人記者によるフランス映画の映画賞(フランス版ゴールデン・グローブ賞のようなもの)、第19回リュミエール賞のノミネーションが発表されました。(12月18日)

画像

 ◆作品賞(Meilleur film)
 ・“9 mois ferme(9 month stretch)”(仏) 監督:アルベール・デュポンテル
 ・“Grand Central”(仏・オーストリア) 監督:レベッカ・ズトヴスキ
 ・『アデル、ブルーは熱い色』“La Vie d'Adèle, chapitre 1&2(Blue Is The Warmest Color)”(仏) 監督:アブデラティシュ・ケシシュ(Abdellatif Kechiche);
 ・『ムード・インディゴ うたかたの日々』(仏・ベルギー) 監督:ミシェル・ゴンドリー
 ・“Quai d'Orsay”(仏) 監督:ベルトラン・タヴェルニエ
 ・『ルノワール 陽だまりの裸婦』“Renoir”(仏) 監督:ジル・ブルドス

 『ある過去の行方』、“Jimmy P. (Psychothérapie d'un Indien des Plaines)”、“Camille Claudel 1915”、“L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”、“La Jalousie”、『魂を治す男』などが落選しています。

 ◆監督賞(Meilleur réalisateur)
 ・ジル・ブルドス 『ルノワール 陽だまりの裸婦』(仏)
 ・アルベール・デュポンテル “9 mois ferme(9 month stretch)”(仏)
 ・ミシェル・ゴンドリー 『ムード・インディゴ うたかたの日々』(仏・ベルギー)
 ・アブデラティシュ・ケシシュ 『アデル、ブルーは熱い色』(仏)
 ・ベルトラン・タヴェルニエ “Quai d'Orsay”(仏)
 ・レベッカ・ズトヴスキ “Grand Central”(仏・オーストリア)

 アスガー・ファルハディ、アルノー・デプレシャン、ブリュノ・デュモン、アラン・ギロディー、フィリップ・ガレル、フランソワ・デュペイロン、ヒネル・サレーム、フランソワ・オゾン、クレール・ドゥニ、カトリーヌ・ブレイヤ、リティー・パニュ、クロード・ランズマンらが落選しています。

 ◆男優賞(Meilleur acteur)
 ・ミシェル・ブーケ 『ルノワール 陽だまりの裸婦』
 ・ギョーム・カネ “Jappeloup”(仏・カナダ)(監督:クリスチャン・デュゲイ)
 ・ロマン・デュリス 『ムード・インディゴ うたかたの日々』
 ・ギョーム・ガリエンヌ(Guillaume Gallienne) “Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”(仏)(監督:ギョーム・ガリエンヌ)
 ・ティエリー・レルミット “Quai d'Orsay”
 ・タハール・ラヒム “Grand Central”

 タハール・ラヒムは、『ある過去の行方』ではノミネートされませんでした。

 ◆女優賞(Meilleure actrice)
 ・ジュリエット・ビノシュ “Camille Claudel 1915”(仏)(監督:ブリュノ・デュモン)
 ・カトリーヌ・ドヌーヴ “Elle s'en va (On My Way)”(仏)(監督:エマニュエル・ベルコ)
 ・サンドリーヌ・キベルラン “9 mois ferme(9 month stretch)”
 ・エマニュエル・セニエ “La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”(仏)(監督:ロマン・ポランスキー)
 ・クリスタ・テレ 『ルノワール 陽だまりの裸婦』
 ・レア・セイドゥ “Grand Central”、『アデル、ブルーは熱い色』

 ベネニス・ベジョなどが落選しています。
 全米映画賞レースで善戦しているアデル・エグザルコプロスもノミネートされていませんが、新人女優賞扱いであるようです。

 ◆脚本賞(Meilleur scenario)
 ・『ある過去の行方』(仏)(監督:アスガー・ファルハディ)
 ・“Quai d'Orsay”
 ・“9 mois ferme(9 month stretch)”
 ・“La Marche(Walk)”(仏)(監督:Nabil Ben Yadir)
 ・“La Venus à la fourrure (Venus in Fur)”
 ・“Arrêtez-moi(Stop me)”(仏)(監督:Jean-Paul Lilienfeld)

 ◆新人男優賞(Révélation masculine)
 ・Pierre Deladonchamps “L'inconnu du lac(The Unknown Lake)”(仏)(監督:アラン・ギロディー)
 ・Paul Hamy “Suzanne”(仏)(監督:カテル・キレヴェレ(Katell Quillévéré))
 ・Tewfik Jallab “La Marche(Walk)”
 ・Vincent Macaigne “La fille du 14 juillet (Girl of 14 July)”(仏)(監督:Antonin Peretjatko)
 ・Raphael Personnaz “Quai d'Orsay”、“Marius”(仏)(監督:ダニエル・オートゥイユ)
 ・Niels Schneider “Désordres (Disorders)”(仏)(監督:Etienne Faure)

 ◆新人女優賞(Révélation feminine)
 ・Pauline Etienne “La religieuse (The Nun)”(仏・独・ベルギー)(監督:William Nicloux)
 ・アデル・エグザルコプロス 『アデル、ブルーは熱い色』
 ・アリス・ドゥ・ランクザン(Alice Lencquesaing) “La tête la première(The first Head)”(ベルギー・仏)(監督:Amelia van Elmbt)
 ・Miss Ming “Henri”(仏・ベルギー)(監督:ヨランド・モロー)
 ・Vimala Pons “La fille du 14 juillet (Girl of 14 July)”
 ・Marine Vacth “Jeune & Jolie (Young & Pretty)”(仏)(監督:フランソワ・オゾン)

 ◆第1回作品賞(Prix Heike Hurst Du Meilleur Premier Film) [新設]
 ・『Beyond The Blood』“Au-delà du sang(From Beyond Blood)”(仏・日) 監督:ギョーム・トーヴロン(Guillaume Tauveron)
 ・“Comme un lion(Like a lion)”(仏) 監督:Samuel Collardey
 ・“En solitaire(Solo)”(仏) 監督:Christophe Offenstein
 ・“Les garçons et Guillaume, à table! (Me, Myself And Mum)”(仏) 監督:ギョーム・ガリエンヌ
 ・“La tête la première(The first head)”(ベルギー・仏) 監督:Amélie van Elmbt
 ・“Nous irons vivre ailleurs(We'll relocate)”(仏) 監督:Nicolas Karolszyk

 ◆フランス語映画賞(Meilleur film francophone)
 ・“Aujourd’hui(Today)”(仏・セネガル) 監督:Alain Gomis
 ・“Les Chevaux (God's Horses)”(仏・モロッコ・ベルギー) 監督:Nabil Ayouch
 ・“Le Démantèlement(The Dismantling)”(カナダ) 監督:Sébastien Pilote
 ・“Dead Man Talking”(ベルギー・仏・ルクセンブルク) 監督:Patrick Ridremont
 ・“Gabrielle”(カナダ) 監督:Louise Archambault
 ・“Le Repenti(The Repentant)”(アルジェリア・仏) 監督:メルザック・アルアッシュ(Merzak Allouache)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は、以下の通りです。

 ・“Quai d'Orsay”(5):作品・監督・男優・脚本・新人男優
 ・“9 mois ferme(9 month stretch)”(4):作品・監督・女優・脚本
 ・“Grand Central”(4):作品・監督・男優・女優
 ・『アデル、ブルーは熱い色』(4):作品・監督・女優・新人女優
 ・『ルノワール 陽だまりの裸婦』(4):作品・監督・男優・女優
 ・『ムード・インディゴ うたかたの日々』(3):作品・監督・男優
 ・“Les garçons et Guillaume, à table!”(2):男優・第1回
 ・“La Venus à la fourrure”(2):女優・脚本
 ・“La Marche(Walk)”(2):脚本・新人男優
 ・“La fille du 14 juillet”(2):新人男優・新人女優
 ・“La tête la première”(2):新人女優・第1回

 ルイ・デリュック賞のノミネーションが、本年度のフランス映画のスタンダードなのかなと思っていたら、リュミエール賞のノミネーションは、ルイ・デリュック賞のそれとはかなり趣きの異なるものになりました。

 しかし、『ある過去の行方』が作品賞にも監督賞にも選ばれず、ベレニス・ベジョが女優賞にノミネートされないというのは、どうなんでしょう。これが、フランス国内の一般的な評価なのでしょうか。

 リュミエール賞は、オーソドックスな結果を出すことが多い一方で、時折、よくわからないチョイスをすることがあるので、他の映画賞の様子も見つつ、本年度のノミネーション&受賞結果を吟味してみるといいかもしれません。

 受賞結果の発表は、2014年1月20日です。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 ・リュミエール賞2013ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_60.html
 ・リュミエール賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_49.html
 ・リュミエール賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_53.html
 ・リュミエール賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_29.html
 ・リュミエール賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_49.html
 ・リュミエール賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_32.html
 ・リュミエール賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_33.html
 ・リュミエール賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_28.html
 ・リュミエール賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_33.html
 ・リュミエール賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_25.html

 ・ルイ・デリュック賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201310/article_38.html
 ・ルイ・デリュック賞2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_51.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年12月〜2014年4月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201312/article_1.html

 追記:
 ・リュミエール賞2014 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201401/article_63.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リュミエール賞2014 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる