海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS レイキャビク国際映画祭2013 受賞結果!

<<   作成日時 : 2013/10/08 07:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第10回レイキャビク国際映画祭2013(9月26日-10月6日)の各賞が発表されました。

 【コンペティション部門】

画像

 ◆最優秀作品賞/The Golden Puffin Discovery Award
 ◎“Still Life”(英・伊) 監督:ウベルト・パゾリーニ(Uberto Pasolini)

 “Still Life”(英・伊) 監督:ウベルト・パゾリーニ(Uberto Pasolini)
 出演:エディー・マーサン、ジョアンヌ・フロガット
 物語:ロンドン南部のギリシャ正教のお葬式。ふさわしい音楽が流れ、感動的なスピーチがなされる。ここに、埋葬所に雇われた男ジョン・メイが列席している。彼の仕事は、孤独のうちに亡くなった人の近親者を探すことだ。なかなかうまく行くことはないが、完璧主義者の彼は、この仕事を愛し、「クライアント」に最良のお別れをさせてあげようという努力を欠かさない。しかし、業務の再編で、彼がやっていた仕事が廃止されることが決まる。彼は、最後のケースに自分のプロフェッショナルとしてのスキルを注ぐことにする。その「相手」は、アル中のビリー・ストークで、ジョンは、ビリーの友人を捜して、彼の軌跡をたどり、イギリス中を旅する。その過程で、ジョンは、自らの人生を取り戻していくことになる。
 ベネチア国際映画祭2013 Orizzonti部門出品。
 チューリヒ映画祭2013 インターナショナル長編コンペティション部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2013 オープニング作品。

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Miss Violence”(ギリシャ) 監督:Alexandros Avranas

 ・“Miss Violence”(ギリシャ) 監督:Alexandros Avranas
 出演:Themis Panou、Eleni Roussinou
 物語:Angelikiが11歳の誕生日にバルコニーから飛び降りて死んでしまう。その顔には笑みすら浮かぶ。警察とソーシャル・サービスが、「自殺」の真相の調査に乗り出してくる。しかし、家族は事故だと主張して聞かない。家族はなぜAngelikiのことを“忘れて”、そのまま生活を続けようとするのか。手がかりは、Angelikiの弟から漏れ出してくる。何年もの間、彼らが隠してきたもの、あるいは、見ようとしなかったもの、それが明らかになれば、整理整頓された彼らの世界が崩れてしまうようなもの。家族がこのまま団結して秘密を守っていかなければ、またいつか暴力的な出来事が起こるかもしれない。
 ベネチア国際映画祭2013 コンペティション部門出品。監督賞(銀獅子賞)、男優賞(Themis Panou)、FEDEORA 賞 Best Euro-Mediterranean Film、ArcaCinemaGiovani Award最優秀作品賞受賞。
 トロント国際映画祭2013 CITY TO CITY部門出品。
 釜山国際映画祭2013 フラッシュ・フォワード部門出品。

画像

 ◎“Bethlehem”(イスラエル・独・ベルギー) 監督:Yuval Adler

 “Bethlehem”(イスラエル・独・ベルギー) 監督:Yuval Adler
 出演:Shadi Mar'i、Tzachi Halevy、Hitham Omari、Tarek Copti
 物語:ラジは、イスラエルのシークレット・サービスで、10代のパレストナ人サンフールを情報提供屋として使っている。サンフールは、指名手配されているパレスチナ人過激派イブラヒムの弟で、ラジは、15歳の時に、サンフールに接触し、大きなエネルギーを注いで、彼との親密な関係を築き上げてきた。今、サンフールは17歳になり、ラジの要求にも兄への忠誠にも従うという二重生活を送りながら、パレスチナ過激派の中で大きな役割を果たすようになっている。そして、ラジに、サンフールを犠牲にして、イブラヒムを暗殺せよとの命令が下る。イスラエル軍による攻撃の準備が進められ、ラジとサンフールにとって人生を永遠に変えてしまう選択の瞬間が近づく。
 初監督作品。
 ベネチア国際映画祭2013 ベネチア・デイズ出品。FEDEORA賞受賞。
 トロント国際映画祭2013 DISCOVERY部門出品。
 米国アカデミー賞2014 外国語映画賞 イスラエル代表。

画像

 ◆国際批評家連盟賞
 ◎“Still Life”(英・伊) 監督:ウベルト・パゾリーニ(Uberto Pasolini)

 ◆アイスランド教会賞(The Church Of Iceland Award)
 ◎“The Lunchbox”(インド・仏・独) 監督:Ritesh Batra

 “The Lunchbox(Dabba)”(インド・仏・独) 監督:Ritesh Batra
 出演:イルファーン・カーン(Irrfan Khan)、Nimrat Kaur、Nawazuddin Siddiqui、Denzil Smith、Bharati Achrekar、Nakul Vaid、Yashvi Puneet Nagar、リレット・デュベイ(Lillete Dubey)、Sada (Dabbawala)
 物語:アイラは、ムンバイの中流階級の若い主婦だが、夫婦関係は既に冷え切っている。彼女は、夫の愛を取り戻そうとして、夫のためにスペシャル・メニューのお弁当をこしらえることにする。お弁当は、デリバリー・サービスを使って配達されたが、間違って、引退間近の孤独な事務員サージャンの元に届けられる。夫から直接的なリアクションがなく、翌日、アイラは、お弁当に小さなメモを添える。こうして、見知らぬ2人の交流が始まる。彼らは、メモを通じて、孤独や思い出や後悔、恐れ、小さな喜びなどを綴っていく。彼らは会うこともなく、バーチャルな関係を続けていていたが、やがてそれが現実を脅かすものになる。
 ロッテルダム国際映画祭2012 The Eurimages Co-Production Development Award スペシャル・メンション受賞。
 カンヌ国際映画祭2013 批評家週間出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 ホライズンズ部門出品。
 オデッサ国際映画祭2013 インターナショナル・コンペティション部門出品。監督賞受賞。
 トロント国際映画祭2013 GALA PRESENTATIONS部門出品。
 釜山国際映画祭2013 アジア映画の窓部門出品。
 BFIロンドン映画祭2013 オフィシャル・コンペティション部門出品。

画像

 【A Different Tomorrow部門】

 ◆環境賞(RIFF Environmental Award)
 ◎“Expedition To The End Of The World”(デンマーク・スウェーデン) 監督:Daniel Dencik

画像

 “Expedition To The End Of The World”(デンマーク・スウェーデン) 監督:Daniel Dencik
 3本マストの帆前船が、アーチストや科学者を乗せて、グリーンランド北東部へと進む。かつて勇敢な船乗りがホッキョクグマと出会って恐怖を味わったというような、叙事詩的な物語の伝えられる旅路。行く先々で、石器時代の遊び場や、未発見の新種が見つかる。そうして旅を続けるうち、乗組員たちは、次第に人生に対する実存的な問いに直面する。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 ドキュメンタリー アウト・オブ・コンペティション部門出品。

画像

 【アイスランド・パノラマ部門】

 ◆最優秀アイスランド短編賞(The Best Icelandic Short)
 ◎“Whale Valley”(アイスランド・デンマーク) 監督:Guðmundur Arnar Guðmundsson

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Sketch(Skissa)”(米・アイスランド) 監督:Stephen Barton

 ◆Bríó Awards(音響デザイン賞)
 ◎Huldar Freyr Arnarson、Gunnar Óskarsson、Björn Viktorsson “Whale Valley”

 【その他の賞】

 ◆RIFF Golden Egg Award To Encourage Young Talent
 ◎“Good Night”(英) 監督:Muriel D‘Ansembourg

 ◆RIFF Golden Egg Award スペシャル・メンション
 ◎“Yoel”(イスラエル) 監督:Noa Yaffe

 ◆観客賞
 ◎『ウィ・アー・ザ・ベスト!』“We Are The Best!”(2013/スウェーデン)

 『ウィ・アー・ザ・ベスト!』“We are the Best! (Vi är bäst!)”(スウェーデン) 監督:ルーカス・ムーディソン
 物語:1982年のストックホルム。BoboとKlaraとHedvigは、13歳の少女で、強い面と弱い面を持ち、意外にタフ面があるかと思えば、迷って悩んだりもする。早くから自分の面倒は自分で見るように仕向けられ、母親がパブに出かけている時は、トースターでフィッシュスティックを焼いて食べたりした。彼らはわけもなくストリートをうろつきまわり、楽器も持っていないのに、パンクバンドを始めた。
 Coco Moodyssonのコミック・ブックの映画化。
 ベネチア国際映画祭2013 Orizzonti部門出品。
 トロント国際映画祭2013 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 BFIロンドン映画祭2013 SONIC部門出品。
 ワルシャワ国際映画祭2013 特別招待作品。
 東京国際映画祭2013 コンペティション部門出品。

画像

 ◆名誉賞(Guests of Honour for creative excellence)
 ◎ローラン・カンテ
 ◎ジェームズ・グレイ
 ◎ルーカス・ムーディソン

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆Facts & Figures
 ・入場者数:30000人
 ・作品出品国:約40カ国

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 ・レイキャビク国際映画祭2013 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_44.html
 ・レイキャビク国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_15.html
 ・レイキャビク国際映画祭2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201010/article_7.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月〜12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レイキャビク国際映画祭2013 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる