海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 台北電影節2013 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション 結果発表!

<<   作成日時 : 2013/07/04 01:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第15回台北電影節(6月28日-7月20日)のインターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションの各賞が発表されました。(7月3日)

 台北電影節には、第1回監督長編か第2回監督長編を対象とするインターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションと、台湾映画を対象とし、長編ナラティヴ部門、短編部門、ドキュメンタリー部門、アニメーション部門という4つの部門を持つコンペティション、台北電影奨があります。

 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションは、今回で、8回目です。
 エントリー作品の条件としては、第1回監督長編か第2回監督長編のほか、台湾映画以外はすべて台湾プレミア作品であることが必須になっています。また、ドキュメンタリーは対象外になっています。
 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティションの審査は、台北電影節の前半に行なわれます。

 受賞結果は、以下の通り。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション】 (國際青年導演競賽/International New Talent Competition)

 ・“Watchtower”(仏・独・トルコ) 監督:Pelin Esmer
 ・“Matterhorn”(オランダ) 監督:Diederik Ebbinge
 ・“Dust on Our Hearts(Staub auf unseren Herzen)”(独) 監督:Hanna Doose
 ・“Baby Blues(Bejbi Blues)”(ポーランド) 監督:Kasia Rosłaniec
 ・“Loving(Miłość)”(ポーランド) 監督:Sławomir Fabicki
 ・“Northwest(Nordvest)”(デンマーク) 監督:Michael Noer
 ・“Call Girl”(スウェーデン・アイルランド・フィンランド・ノルウェー) 監督:Mikael Marcimain
 ・“Youth”(イスラエル・独) 監督:Tom Shoval
 ・“Tomorrow Comes Today(你的今天和我的明天)”(台湾) 監督:Ming Lang Chen(陳敏郎)
 ・“Together(甜.祕密)”(台湾) 監督:Hsu Chao-Jen(許肇任)
 ・『はなればなれに』“Kuro”(日) 監督:下手大輔
 ・“Jonathas’ Forest (A Floresta de Jonathas)”(ブラジル) 監督:Sérgio Andrade

 ※審査員:黄建新(審査員長)、アーティット・アッサラット(Aditya Assarat)、杉野希妃、イェスイム・ウスタオウル、Wen Tien-Hsiang(映画批評家/台北電影節CEO)

 ◆グランプリ
 ◎“Youth”(イスラエル・独) 監督:Tom Shoval

画像

 ・“Youth”(イスラエル・独) 監督:Tom Shoval
 物語:YakiとShaulは、ともに10代の兄弟で、まるでテレパシーで通じ合っているような強いつながりを持っている。彼らの家は、借金が膨れ上がり、そのために父親は鬱に陥っていて、このまま行くと、一家離散は避けられそうになかった。Yakiは、18歳になり、軍隊に入隊し、ライフルを手渡される。ライフルは、Yakiに力を与え、彼を頼りない10代の少年から大人の男へと変える。
 ベルリン国際映画祭2013 パノラマ部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 アナザー・ビュー部門出品。

画像

 ◆審査員特別賞
 ◎“Baby Blues(Bejbi Blues)”(ポーランド) 監督:Kasia Rosłaniec

 ・“Baby Blues(Bejbi Blues)”(ポーランド) 監督:Kasia Rosłaniec
 物語:ナタリアは、17歳で、母親と息子とともに暮らしている。この年で子どもを生んだのはそうすることがクールだし、だれかを愛したいし、愛されたいと思ったからだ。しかし、母親が家を出て行くと宣言して、すべてが変わる。それはナタリアが「普通の生活」を送るためのチャンスかもしれない。
 トロント国際映画祭2012 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ベルリン国際映画祭2013 ジェネレーション14Plus部門出品。最優秀作品賞受賞。

画像

 ◆スペシャル・メンション
 ◎“Together(甜.祕密)”(台湾) 監督:Hsu Chao-Jen(許肇任)

画像

 ・“Together(甜.祕密)”(台湾) 監督:Hsu Chao-Jen(許肇任)
 出演:ソニア・スイ(隋棠)、リー・リエ(李烈)、マー・ジーシアン(馬志翔)、ケニー・ビー、李千
 物語:台北で暮らす4人家族とその周辺の人々の物語。シャオ・ヤンは、17歳で、ポーク・レバーのスープと、スクーターで近所を走って、人々を観察するのが好きだ。父は、印刷工場を営み、アコーディオンを弾くのを趣味にしている。母のことはちょっと怖いらしい。そんな母はジュース・スタンドをしていて、父よりも、隣の衣裳店のオーナーと親しくしている。姉は結婚式の準備をしていて、いつもラブソングを口ずさんでいる。ある日、姉がフィアンセに捨てられた時、シャオ・ヤンと彼の仲間は、姉の名誉を守るために、スクーターに乗って、夜の街にでかけていく。
 釜山国際映画祭2012 ニュー・カレント・アワード部門出品。
 バンクーバー国際映画祭2012出品。
 ベルリン国際映画祭2013 フォーラム部門出品。
 アジア映画賞2013 助演女優賞ノミネート。

画像

 ◎“Northwest(Nordvest)”(デンマーク) 監督:Michael Noer

画像

 ・“Northwest(Nordvest)”(デンマーク) 監督:Michael Noer
 物語:コペンハーゲンの郊外。カスパーは、3人兄弟の長男で、近くに住むジャマルの子分として、彼のために空き巣を暮らしている。ある日、彼は、ジャマルのライバル、ビョーンの仕事を引き受ける。それによって、彼はドラッグと売春の道に足をつっこむことにもなるが、一方で、それは今よりよい暮らしを約束してくれることにもなった。ところが、ジャマルとビョーンの抗争が激化し、カスパーは、自分がその中心にいて、家族をも巻き込んだ、のっぴきならない状況に追い込まれたことを悟る。
 ヨーテボリ国際映画祭2013 コンペティション部門出品。国際批評家連盟賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2013 コンペティション部門出品。パフォーマンス賞受賞(Gustav Dyekjær Giese)。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2013 アナザー・ビュー部門出品。

画像

 ◆観客賞
 ◎“Call Girl”(スウェーデン・アイルランド・フィンランド・ノルウェー) 監督:Mikael Marcimain

画像

 ・“Call Girl”(スウェーデン・アイルランド・フィンランド・ノルウェー) 監督:Mikael Marcimain
 出演:ペルニラ・アウグスト、Sofia Karemyr、Simon J Berger、Sven Nordin、デイヴィッド・デンシック(David Dencik)、Ruth Vega Fernandez、ヨセフィン・アスプルンド(Josefin Asplund)、マグヌス・クレッペル(Magnus Krepper)、クリストッフェル・ヨーネル(Kristoffer Joner)
 物語:1970年代末のストックホルム。政府のビルや少年院から石を投げれば届く範囲に、セックス・クラブやディスコや民家がある歓楽街が広がっている。コールガールは、どうやって社会の底辺からイリスをスカウトして、力があれば何でも手に入る過酷な世界に飛び込ませたのかを話し始める。
 トロント国際映画祭2012 ディスカバリー部門出品。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2012 コンペティション部門出品。
 ストックホルム国際映画祭2012 観客賞受賞。
 スウェーデン・アカデミー賞2013 撮影賞・美術賞・衣裳賞・音響賞受賞。
 トランシルヴァニア国際映画祭2013 コンペティション部門出品。

画像

 ◆ブロガー・チョイス賞(PIXNET Movie Blogger Recommendation Award/痞客邦電影部落客推薦獎)
 ◎“Loving(Miłość)”(ポーランド) 監督:Sławomir Fabicki

画像

 ・“Loving(Miłość)”(ポーランド) 監督:Sławomir Fabicki
 物語:マリアとトメクは30代の夫婦で、そろそろ子供がほしいと考えている。表面上はこれ以上ないというくらい恵まれているように見える。新しいアパートに住み、キャリアも約束されている。しかし、マリアには、市長に関わる事柄で、夫には内緒にしている秘密がある。その秘密が明らかになった時、夫婦関係に暗い影が落ち、誤解と拒絶、そして離婚の危機にまで至り、夫婦は試練に立たされる。
 ワルシャワ国際映画祭2012 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 テッサロニキ国際映画祭2012 コンペティション部門出品。女優賞受賞(ジュリア・キジョウスカ(Julia Kijowska))。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 夜19時くらいから、どこで受賞結果が得られるか、ちょこちょこあちこちのサイトを覗いていたんですが(台湾の情報サイトとか台湾市政府のサイトとかtwitterとか)、公式サイトは日付が変わってもまだ情報は更新されていない状態のままで、結局、公式facebookが、一番、情報が早かったですね。受賞者の写真もアップされましたし。

 受賞結果については―
 各作品の力は拮抗していて、どれがどの賞を受賞してもよかったくらいじゃないかと思いますが、結果的には、男性色が強いものと、女性色が強いものが等分に選ばれた、という感じでしょうか。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・台北電影節2013 コンペティション部門 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_19.html
 ・台北電影節2012 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_9.html
 ・台北電影奨2012 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_15.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月〜12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台北電影節2013 インターナショナル・ニュー・タレント・コンペティション 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる