海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ロカルノ国際映画祭2013 ラインナップ!

<<   作成日時 : 2013/07/25 19:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第66回ロカルノ国際映画祭(8月7日-17日)のラインナップです。


 【インターナショナル・コンペティション】 (Concorso Internazionale/International Competition)

 ※審査員:ラヴ・ディアス(審査員長)、Matthias Brunner(スイスの監督)、Juan de Dios Larraín(チリのプロデューサー)、ヴァレリー・ドンゼッリ、ヨルゴス・ランティモス

 ・“Exhibition”(英) 監督:Joanna Hogg [ワールド・プレミア]
 ・“E Agora? Lembra-Me(What Now? Remind Me)”(ポルトガル) 監督:Joaquim Pinto [ワールド・プレミア]
 ・“Historia De La Meva Mort(Story of My Death)”(西・仏) 監督:Albert Serra [ワールド・プレミア]
 ・“Pays Barbare”(仏) 監督:Yervant Gianikian、Angela Ricci Lucchi [ワールド・プレミア]
 ・“Tonnerre”(仏) 監督:Guillaume Brac [ワールド・プレミア][第1回監督作品]
 ・“Une Autre Vie”(仏) 監督:エマニュエル・ムレ(Emmanuel Mouret) [ワールド・プレミア]
 ・“L’Étrange Couleur Des Larmes De Ton Corps(The Strange Colour of Your Body’s Tears)”(ベルギー・仏・ルクセンブルク) 監督:エレーヌ・カッテ(Hélène Cattet)、ブルーノ・フォルツァーニ(Bruno Forzani) [ワールド・プレミア]
 ・“Mary, Queen Of Scots”(スイス・仏) 監督:トーマス・イムバッハ(Thomas Imbach) [ワールド・プレミア]
 ・“Feuchtgebiete”(独) 監督:David Wnendt [ワールド・プレミア]
 ・“Sangue”(伊・スイス) 監督:ピッポ・デルボーノ(Pippo Delbono) [ワールド・プレミア]
 ・“Tableau Noir(Black Board)”(スイス) 監督:イヴ・イェルサン(Yves Yersin) [ワールド・プレミア]
 ・“Când Se Lasa Seara Peste Bucuresti Sau Metabolism(When Evening Falls On Bucharest Or Metabolism)”(ルーマニア) 監督:Corneliu Porumboiu [ワールド・プレミア]
 ・“Shu Jia Zuo Ye(A Time in Quchi/暑假作業)”(台湾) 監督:チャン・ツォーチ [ワールド・プレミア]
 ・“U Ri Sunhi(Our Sunhi)”(韓) 監督:ホン・サンス [ワールド・プレミア]
 ・『リアル〜完全なる首長竜の日〜』“Real”(日) 監督:黒沢清 [インターナショナル・プレミア]
 ・『共喰い』“Tomogui(Backwater)”(日) 監督:青山真治 [ワールド・プレミア]
 ・“Gare Du Nord”(仏・カナダ) 監督:Claire Simon [ワールド・プレミア]
 ・“Educação Sentimental(Sentimental Education)”(ブラジル) 監督:Júlio Bressane [ワールド・プレミア]
 ・“Short Term 12”(米) 監督:Destin Cretton [インターナショナル・プレミア]
 ・“El Mudo”(ペルー・仏・メキシコ) 監督:Daniel & Diego Vega [ワールド・プレミア]

 【フィルムメーカーズ・オブ・ザ・プレゼント コンペティション部門】 (Cineasti Del Presente /Film-makers of the Present Competition)
 第1回または第2回監督作品のコンペティション部門。

 審査員:ハルトムート・ビトムスキー(ドイツの監督/審査員長)、Tine Fischer(デンマークの映画祭ディレクター)、ダニエーレ・ガッリャノーレ(Daniele Gaglianone)(イタリアの監督)、Peaches(カナダのミュージシャン/監督)、ニコラス・ペレダ(Nicolás Pereda)(メキシコの監督)

 ・“Costa Da Morte(Coast of Death) ”(西) 監督:Lois Patiño [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“Le Sens De L’Humour(Sense of Humor)”(仏) 監督:Marilyne Canto [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“Mouton”(仏) 監督:Gilles Deroo、Marianne Pistone [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“L’Harmonie(Harmony)”(仏・スイス) 監督:Blaise Harrison [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“The Special Need”(独・伊) 監督:Carlo Zoratti [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“Roxanne”(ルーマニア・ハンガリー) 監督:Valentin Hotea [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“The Ugly One”(仏・レバノン・日) 監督:Eric Baudelaire [ワールド・プレミア]
 ・“Buq L Mun(Chameleon)”(アゼルバイジャン・仏・ロシア) 監督:Elvin Adigozel And Ru Hasanov [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“Manakamana”(ネパール) 監督:Stephanie Spray、Pacho Velez [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“Sai Nam Tid Shoer(By the River)”(タイ) 監督:Nontawat Numbenchapol [ワールド・プレミア]
 ・“Yuan Fang(Distant)”(中) 監督:Zhengfan Yang [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“The Stone”(韓) 監督:Se-Rae Cho [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“The Dirties”(カナダ・米) 監督:Matt Johnson [インターナショナル・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“Forty Years From Yesterday”(米) 監督:Robert Machoian、Rodrigo Ojeda-Beck [インターナショナル・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“The Unity Of All Things”(米) 監督:Alexander Carver、Daniel Schmidt [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]
 ・“Los Insólitos Peces Gato(The Amazing Cat Fish)”(メキシコ) 監督:Claudia Sainte-Luce [ワールド・プレミア] [第1回監督作品]

 【レパード・オブ・トゥモロー/短編コンペティション部門】 (Pardi Di Domani(Short Films))
 短編または中編のコンペティションで、まだ長編を発表したことがない若い映画監督のための部門。

 ※審査員:Adriano Aprà(イタリアの映画批評家/審査員長)、Marta Andreu(スペインのプロデューサー)、Emir Baigazin(カザフスタンの監督)、グレゴワール・コラン、Basil Da Cunha(スイスの監督)

 [インターナショナル部門](Concorso Internazionale)

 ・“Z1”(英) 監督:Gabriel Gauchet
 ・“Versailles”(ポルトガル) 監督:Carlos Conceição
 ・“D’Où Que Vienne La Douleur (Wherever Comes The Pain From)”(仏) 監督:Khalil Cherti
 ・“Zinneke”ベルギー) 監督:Rémi Allier
 ・“La Strada Di Raffael (Raffael’S Way)”(伊・西) 監督:Alessandro Falco
 ・“Dead End”(キプロス) 監督:Tonia Mishiali
 ・“Von Hunden Und Tapeten (Of Dogs And Wallpaper)”(独) 監督:Visar Morina
 ・“Nasza Klatwa (Our Curse)”(ポーランド) 監督:Tomasz Sliwinski
 ・“Pride”(ブルガリア・独) 監督:Pavel G. Vesnakov
 ・“Plimbare (The Walk)”(ルーマニア) 監督:Mihaela Popescu
 ・“6 Stora Fiskar (6 Big Fish)”(スウェーデン) 監督:Stefan Constantinescu
 ・“Zima”(ロシア) 監督:Cristina Picchi
 ・“Vehu Holech (And On He Walks)”(イスラエル・仏) 監督:Elad Keidan
 ・“Endorphin”(イラン) 監督:Reza Gamini
 ・“Tadpoles”(シンガポール) 監督:Ivan Tan
 ・“Fun City”(オーストラリア) 監督:Justin Olstein
 ・“Acrobat”(カナダ) 監督:Eduardo Menz
 ・“Quelqu’Un D’Extraordinaire (An Extraordinary Person)”(カナダ) 監督:Monia Chokri
 ・“Here Come The Girls”(米) 監督:Young Jean Lee
 ・“Tremor”(ブラジル) 監督:Ricardo Alves Jr.
 ・“La Quietud (The Stillness)”(アルゼンチン) 監督:Inés María Barrionuevo
 ・“Los Pálidos”(アルゼンチン) 監督:Martín Kalina
 ・“Chigger Ale (Here Come The Problems)”(エチオピア・西) 監督:Fanta Ananas
 ・“Les Jours D’Avant”(仏・アルジェリア) 監督:Karim Moussaoui

 [ナショナル・コンペティション](Concorso Nazionale)
 ・“‘A Iucata (The Bet)(スイス) 監督:Michele Pennetta
 ・“Alfonso(スイス) 監督:Jan-Eric Mack
 ・“Bonne Espérance(スイス) 監督:Kaspar Schiltknecht
 ・“Freunde (Friends)(スイス) 監督:Luca Ribler
 ・“Hasta Santiago(スイス・仏) 監督:Mauro Carraro
 ・“La Fille Aux Feuilles(スイス) 監督:Marina Rosset
 ・“Lui, Hitler Et Moi(スイス) 監督:Nathan Hofstetter
 ・“Skinny Boy(スイス) 監督:Lawrence Blankenbyl
 ・“Sortie De Route(スイス) 監督:Tristan Aymon、David Maye
 ・“Vigia(スイス) 監督:Marcel Barelli

 【ピアッツァ・グランデ部門】 (Piazza Grande)
 一度に8000人が鑑賞できるピアッツァ・グランデ(グランデ広場)の屋外大型スクリーンPiazza Grandeで上映される特別上映作品。

 ・“About Time”(英) 監督:Richard Curtis [インターナショナル・プレミア]
 ・“Sur Le Chemin De L’École”(仏) 監督:パスカル・プリッソン(Pascal Plisson) [インターナショナル・プレミア][クロージング作品]
 ・“Vijay And I”(ベルギー・ルクセンブルク・独) 監督:サム・ガルバルスキ(Sam Garbarski) [ワールド・プレミア]
 ・“La Variabile Umana(The Human Factor)”(伊) 監督:Bruno Oliviero [ワールド・プレミア]
 ・“Les Grandes Ondes (À L’Ouest)”(スイス・仏・ポルトガル) 監督:Lionel Baier [ワールド・プレミア]
 ・“L’Expérience Blocher”(スイス・仏) 監督:ジャン=ステファン・ブロン(Jean-Stéphane Bron) [ワールド・プレミア]
 ・“Mr. Morgan’s Last Love”(独・ベルギー) 監督:サンドラ・ネットルベック(Sandra Nettelbeck)
 ・『フィッツカラルド』“Fitzcarraldo”(1982/独・ペルー) 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
 ・“The Keeper Of Lost Causes”(デンマーク・独・スウェーデン) 監督:Mikkel Nørgaard [ワールド・プレミア]
 ・“Gabrielle”(カナダ) 監督:Louise Archambault [ワールド・プレミア]
 ・“2 Guns”(米) 監督:バルタザール・コルマウクル [インターナショナル・プレミア][オープニング作品]
 ・“Wrong Cops”(米) 監督:クエンティン・デュピュー(Quentin Dupieux) [ワールド・プレミア]
 ・“We’re The Millers”(米) 監督:ローソン・マーシャル・サーバー(Rawson Marshall Thurber) [インターナショナル・プレミア]
 ・『ベストフレンズ』“Rich And Famous”(1981/米) 監督:ジョージ・キューカー
 ・“Blue Ruin”(米) 監督:ジェレミー・ソウルニエ(Jeremy Saulnier)
 ・“Gloria”(チリ) 監督:Sebastián Lelio

 【アウト・オブ・コンペティション部門】 (Fuori Concorso)

 ・Se Eu Fosse Ladrão… Roubava (If I Were A Thief… I’d Steal) ”(ポルトガル) 監督:パウロ・ローシャ(Paulo Rocha) [ワールド・プレミア]
 ・“Geographie Humaine”(仏) 監督:Claire Simon [ドキュメンタリー][ワールド・プレミア]
 ・“Que D’Amour”(仏) 監督:ヴァレリー・ドンゼッリ [ワールド・プレミア]
 ・“La Passione Di Erto (The Passion Of Erto)”(仏・伊) 監督:Penelope Bortoluzzi [ドキュメンタリー] [ワールド・プレミア]
 ・“Indebito”(伊) 監督:アンドレア・セグレ [ワールド・プレミア]
 ・“Heritage”(スイス) 監督:David Induni [ドキュメンタリー] [第1回監督作品] [ワールド・プレミア]

 [短編部門](Fuori Concorso: Shorts)

 ・“Mahjong”(ポルトガル) 監督:João Rui Guerra Da Mata、João Pedro Rodrigues [インターナショナル・プレミア]
 ・“O Corpo De Afonso (The King’s Body)”(ポルトガル) 監督:João Pedro Rodrigues [インターナショナル・プレミア]
 ・“America”(仏) 監督:Valerie Massadian [ワールド・プレミア]
 ・“Le Tableau”(仏) 監督:Laurent Achard [インターナショナル・プレミア]
 ・“Un Conte De Michel De Montaigne”(仏・スイス) 監督:ジャン=マリー・ストローブ [ワールド・プレミア]
 ・“Attesa Di Un’Estate (Frammenti Di Vita Trascorsa)”(伊) 監督:Mauro Santini [ワールド・プレミア]
 ・“During The Day My Vision Is Perfect”(独) 監督:Benjamin Ramírez Pérez
 ・“Sorcière Japonaise”(独) 監督:Romeo Grünfelder [ワールド・プレミア]
 ・“The End Of Walnutgrove”(オーストリア) 監督:Nikolaus Eckhard、Valentin Fiala、Severin Fiala、Klaus Haidl [インターナショナル・プレミア]
 ・“Lo Que El Fuego Me Trajo (What The Fire Brought To Me)”(アルゼンチン・ブラジル) 監督:Adrián Villar Rojas [ワールド・プレミア]
 ・“Los Andes”(チリ) 監督:Joaquín Cociña、Cristóbal León
 ・“The Green Serpent - Of Vodka, Men And Distilled Dreams”(スイス・ロシア) 監督:Benny Jaberg [ワールド・プレミア]

 [特集:サインズ・オブ・ライフ](Fuori Concorso: Signs Of Life)

 ・“El Futuro”(西) 監督:Luis Lopez Carrasco [ワールド・プレミア]
 ・“Cherry Pie”(スイス) 監督:Lorenz Merz [第1回監督作品] [ワールド・プレミア]
 ・“A Spell To Ward Off The Darkness”(仏・エストニア) 監督:Ben Rivers、Ben Russell [ドキュメンタリー] [ワールド・プレミア]
 ・“How To Disappear Completely”(フィリピン) 監督:ラヤ・マーティン(Raya Martin) [ワールド・プレミア]
 ・“Dignity”(米) 監督:James Fotopoulos [ワールド・プレミア]

 [特集:Death Row]

 ・“Death Row II - Portrait: Blaine Milam”(米) 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
 ・“Death Row II - Portrait: Darlie Routier”(米) 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
 ・“Death Row II - Portrait: Douglas Feldman”(米) 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
 ・“Death Row II - Portrait: Robert Fratta”(米) 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
 すべて50分のドキュメンタリー、ワールド・プレミア

 [特集:フォーカス・シリア](Focus Syria)

 ・“Black Stone”(シリア) 監督:Nidal Al Dibs [中編ドキュメンタリー]
 ・“Revolution) ”(シリア・デンマーク) 監督:Nidal Hassan [中編ドキュメンタリー]
 ・“Light Horizon”(シリア) 監督:Randa Maddah [短編ドキュメンタリー]
 ・“Untold Stories”(シリア・ノルウェー) 監督:Hisham Al-Zouki [中編ドキュメンタリー][ワールド・プレミア]
 ・“Zabad (Ecume) ”(シリア) 監督:Reem Ali [中編ドキュメンタリー]

 [全州デジタル・プロジェクト2013:Strager](Fuori Concorso: Jeonju Digital Project 2013: Stranger)
 ・“Over There”(韓/42分) 監督:Zhang Lu  [インターナショナル・プレミア]
 ・“Someone’s Wife In The Boat Of Someone’s Husband”(韓・インドネシア/55分) 監督:エドウィン(Edwin)  [インターナショナル・プレミア]
 ・『逢う時は他人』“Strangers When We Meet”(韓・日/45分) 監督:小林政広 [インターナショナル・プレミア]

 【特別表彰】 (Premi speciali)

 ◆Excellence Award Moët & Chandon:クリストファー・リー
 Excellence Award Moët & Chandonは、国際的に活躍する俳優に贈られる賞。
 ・『バスカヴィル家の犬』(1959/英) 監督:テレンス・フィッシャー
 ・“Umbracle”(1972/西) 監督:Pere Portabella
 ・『ウィッカーマン』(1973/英) 監督:ロビン・ハーディ

 ◆Premio Raimondo Rezzonico:マルガレート・ネメゴス(Margaret Ménégoz)
 Premio Raimondo Rezzonicoは、インディペンデントのプロデューサーに贈られる賞。
 ・『白い婚礼』(1989/仏) 監督:ジャン=クロード・ブリソー
 ・『夏物語』(1996/仏) 監督:エリック・ロメール

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement Award) - Parmigiani:ジャクリーン・ビセット
 ・『ベストフレンズ』(1981/米) 監督:ジョージ・キューカー
 ・『火山のもとで』(1984/米) 監督:ジョン・ヒューストン

 ◆Pardo d’onore Swisscom:ヴェルナー・ヘルツォーク
 ・『小人の饗宴』(1970/独)
 ・『アギーレ/神の怒り』(1972/独)
 ・『カスパー・ハウザーの謎』(1974/米)
 ・『ノスフェラトゥ』(1979/独・仏)
 ・『フィッツカラルド』(1982/独・ペルー)
 ・『緑のアリが夢見るところ』(1984/独・オーストラリア)
 ・“The White Diamond”(2004/米)
 ・『グリズリーマン』“Grizzly Man”(2005/米)
 ・『ワイルド・ブルー・ヨンダー』“The Wild Blue Yonder”(2005/米・英・独)
 ・『狂気の行方』“My Son, My Son, What Have Ye Done? ”(2009/米・独)
 ・“Death Row II” 4作品

 ◆Vision Award - Electronic Studio:ダグラス・トランブル
 ・『2001年宇宙の旅』(1968/米・英) 監督:スタンリー・キューブリック
 ・『サイレント・ランニング』(1972/米) 監督:ダグラス・トランブル
 ・『未知との遭遇』(1977/米) 監督:スティーヴン・スピルバーグ

 【映画史】 (Histoire(s) du cinema)

 ◆キャリア金豹賞:オタール・イオセリアーニ(Pardo alla carriera to Otar Iosseliani)
 ・『歌うつぐみがおりました』(1970/ソ連)
 ・『田園詩』(1975/グルジア・ロシア)
 ・『群盗、第七章』(1996/グルジア・仏・ロシア・伊・スイス)
 ・『汽車はふたたび故郷へ』(2010/仏・グルジア)
 ・“Otar Iosseliani, Le Merle Siffleur(Otar Iosseliani, The Whistling Blackbird)”(2006/仏) 監督:ジュリー・ベルトゥチェリ [ドキュメンタリー]
 ・“Parole e Utopia #33 Otar Iosseliani”(2013/伊) 監督:Donatello Fumarola、Alberto Momo [ワールド・プレミア]

 ◆キャリア金豹賞:セルジョ・カステリット(Pardo Alla Carriera To Sergio Castellitto)
 ・『恋ごころ』(2001/仏・伊・独) 監督:ジャック・リヴェット
 ・『母の微笑』(2002/伊) 監督:マルコ・ベロッキオ
 ・『頭を上げて』(2009/伊) 監督:アレッサンドロ・アンジェリーニ
 ・『ロバの美』(2010/伊) 監督:セルジョ・カステリット
 ・『ある愛へと続く旅』(2012/伊・西) 監督:セルジョ・カステリット

 ◆レパード・クラブ賞:フェイ・ダナウェイ(Leopard Club Award To Faye Dunaway)
 ・『ネットワーク』(1976/米) 監督:シドニー・ルメット

 ◆トリビュート・トゥ・アンナ・カリーナ(Tribute To Anna Karina)
 ・『はなればなれに』(1964/仏) 監督:ジャン=リュック・ゴダール
 ・『アンナ』(1967/仏) 監督:ピエール・コラルニック
 ・『異邦人』(1967/伊) 監督:ルキノ・ヴィスコンティ
 ・『アレキサンドリア物語』(1969/米) 監督:ジョージ・キューカー

 ◆トリビュート・トゥ・パウロ・ローシャ(Tribute To Paulo Rocha)
 ・『青い年』(1963/ポルトガル) 監督:パウロ・ローシャ
 ・『新しい人生』(1966/ポルトガル) 監督:パウロ・ローシャ

 ◆ティチーノ映画賞:Amka Films Productions (Premio Cinema Ticino To Amka Films Productions)
 ・『日常のはざま』“L’Intervallo”(伊・スイス・独) 監督:レオナルド・ディ・コスタンツォ

 ◆ティチーノ映画賞:Ventura Film(Premio Cinema Ticino To Ventura Film)
 ・『四つのいのち』(2010/伊・独・スイス) 監督:ミケランジェロ・フラマンティーノ

 ◆スイス映画再発見(Cinema Svizzero Riscoperto, In Collaboration With The Cinémathèque Suisse)
 ・“Ludwig Hohl. Ein Film In Fragmenten”(1982/スイス) 監督:Alexander J. Seiler [ドキュメンタリー]
 ・“Palaver, Palaver. Eine Schweizer Herbstchronik 1989”(1990/スイス) 監督:Alexander J. Seiler [ドキュメンタリー]

 ◆映画史(Histoire(s) Du Cinéma)
 ・“Rosso Cenere”(2013/仏・伊) 監督:Augusto Contento、Adriano Aprà [ワールド・プレミア]
 ・“Journal D’Un Montage”(2012/仏) 監督:アネット・デュテルトル(Annette Dutertre) [ドキュメンタリー][第1回監督作品][ワールド・プレミア]
 ・“Notes On Film 6b: A Masque Of Madness (Monologue 02)”(2013/オーストリア) 監督:Norbert Pfaffenbichler [ワールド・プレミア]
 ・“Batang West Side”(2001/フィリピン) 監督:ラヴ・ディアス(Lav Diaz)
 ・“L’Ours”(2013/カナダ) 監督:Daniel Karolewicz [ドキュメンタリー][ワールド・プレミア]
 ・『オズの魔法使い 3D』(1939/米) 監督:ヴィクター・フレミング
 ・“Cinéastes De Notre Temps: Conversation Avec George Cukor”(1962/米) 監督:アンドレ・S・ラバルト、ユベール・ナップ(Hubert Knapp) [中編ドキュメンタリー]
 ・“Red Hollywood”(1996/米) 監督:Thom Andersen [ドキュメンタリー]
 ・“Marilyn: The Final Days”(2001/米) 監督:Patty Ivins Specht [ドキュメンタリー]

 【レトロスペクティヴ:ジョージ・キューカー】 (Retrospettiva George Cukor)

 ・『おやぢ』“Grumpy”(1930/米)
 ・『名門芸術』“The Royal Family Of Broadway”(1930/米)
 ・『戦争と貞操』“The Virtuous Sin”(1930/米)
 ・『街のをんな』“Girls About Town”(1931/米)
 ・『心を汚されし女』“Tarnished Lady”(1931/米)
 ・『愛の嗚咽』“A Bill Of Divorcement ”(1932/米)
 ・『女優と真実』“Rockabye”(1932/米)
 ・『栄光のハリウッド』“What Price Hollywood? ”(1932/米)
 ・『晩餐八時』“Dinner At Eight”(1933/米)
 ・『若草物語』“Little Women”(1933/米)
 ・“Our Betters”(1933/米)
 ・『孤児ダビド物語』“David Copperfield”(1935/米)
 ・『男装』“Sylvia Scarlett”(1935/米)
 ・『ロミオとジュリエット』“Romeo And Juliet”(1936/米)
 ・『椿姫』“Camille”(1937/米)
 ・『素晴らしき休日』“Holiday”(1938/米)
 ・『ザ・ウィメン』“The Women”(1939/米)
 ・『フィラデルフィア物語』“The Philadelphia Story”(1940/米)
 ・『女の顔』“A Woman's Face”(1941/米)
 ・『奥様は顔が二つ』“Two-Faced Woman”(1941/米)
 ・“Her Cardboard Lover”(1942/米)
 ・『火の女』“Keeper Of The Flame”(1942/米)
 ・“Susan And God”(1942/米)
 ・『ガス燈』“Gaslight”(1944/米)
 ・“Winged Victory”(1944/米)
 ・『二重生活』“A Double Life”(1947/米)
 ・“Edward, My Son”(1948/米)
 ・『アダム氏とマダム』“Adam's Rib”(1949/米)
 ・“A Life Of Her Own”(1950/米)
 ・『ボーン・イエスタデイ』“Born Yesterday”(1950/米)
 ・“The Model And The Marriage Broker”(1951/米)
 ・『パットとマイク』“Pat And Mike”(1952/米)
 ・“The Marrying Kind”(1952/米)
 ・“The Actress”(1953/米)
 ・『スタア誕生』“A Star Is Born”(1954/米)
 ・『有名になる方法教えます』“It Should Happen To You”(1954/米)
 ・『ボワニー分岐点』“Bhowani Junction”(1956/米)
 ・『魅惑の巴里』“Les Girls”(1957/米)
 ・『野性の息吹き』“Wild Is The Wind”(1957/米)
 ・『西部に賭ける女』“Heller In Pink Tights”(1960/米)
 ・『恋をしましょう』“Let's Make Love”(1960/米)
 ・『チャップマン報告』“The Chapman Report”(1962/米)
 ・『マイ・フェア・レディ』“My Fair Lady”(1964/米)
 ・『アレキサンドリア物語』“Justine”(1969/米)
 ・“Travels With My Aunt”(1972/米)
 ・『恋の旅路』“Love Among the Ruins”(1975/米)
 ・『青い鳥』“The Blue Bird”(1976/米)
 ・“The Corn Is Green”(1979/米)
 ・『ベストフレンズ』“Rich and Famous”(1981/米)

 【オープン・ドアーズ部門】 (Open Doors)
 オープン・ドアーズ部門は、製作中の作品の一部を上映したり、製作パートナーを見つけるためにプロジェクトのプレゼンテーションをしたりする部門で、あわせて当該地域の代表的な作品の上映も行なう。今年はコーカサス南部の国々が対象。

 [上映作品]
 ・『シビラの悪戯』“27 Missing Kisses”(2000/グルジア) 監督:ナナ・ジョルジャーゼ(Nana Djordjadze)
 ・『13ザメッティ』“13 Tzameti”(2005/グルジア) 監督:ゲラ・バブルアニ(Géla Babluani)
 ・“Tbilisi-Tbilisi”(2005/グルジア) 監督:Levan Zaqareishvili
 ・“Keep Smiling”(2011/グルジア) 監督:Rusudan Chkonia
 ・“Will There Be A Theatre Up There?!”(2011/グルジア) 監督:Nana Janelidze [中編]
 ・“A Fold In My Blanket”(2013/グルジア) 監督:Zaza Rusadze
 ・『始まり』“Beginning”(1967/アルメニア(ソ連)) 監督:アルタヴァスト・ペレジャン(Artavazd Pelechian) [短編]
 ・『我ら』“We”(1969/アルメニア(ソ連)) 監督:アルタヴァスト・ペレジャン(Artavazd Pelechian) [短編]
 ・『我々の世紀』“Our Century”(1982/アルメニア(ソ連)) 監督:アルタヴァスト・ペレジャン(Artavazd Pelechian [中編]
 ・『終わり』“End”(1992/アルメニア) 監督:アルタヴァスト・ペレジャン(Artavazd Pelechian) [短編]
 ・『生命』“Life”(1993/アルメニア) 監督:アルタヴァスト・ペレジャン(Artavazd Pelechian)「 [短編]
 ・“A Story Of People In War And Peace”(2007/アルメニア) 監督:Vardan Hovhannisyan
 ・“Bonded Parallels”(2009/アルメニア) 監督:Hovhannes Galstyan
 ・“Don’t Look Into The Mirror”(2010/アルメニア) 監督:Suren Babayan
 ・“Embers”(2012/アルメニア) 監督:Tamara Stepanyan
 ・“I’m Going To Change My Name”(2012/アルメニア) 監督:Maria Saakyan
 ・“Return Of The Poet”(2005/アルメニア) 監督:ハルチュン・ハチャトゥリアン(Harutyun Khachatryan)
 ・“Saroyanland”(2013/アルメニア) 監督:Lusin Dink
 ・“Strange Times”(1996/アゼルバイジャン) 監督:Huseyn Mehdiyev
 ・“The Bat”(1995/アゼルバイジャン) 監督:Ayaz Salayev
 ・“The Precinct”(2010/アゼルバイジャン) 監督:Ilgar Safat
 ・“The Beacon”(2012/アゼルバイジャン) 監督:Fariz Ahmedov

 [プロジェクト・セレクション](Selected Projects)
 ・“Madona”(グルジア) 監督:Nino Gogua – Georgia
 ・“Sleeping Lessons”(グルジア) 監督:Rusudan Pirveli
 ・“Khibula”(グルジア・仏・独) 監督:George Ovashvili
 ・“See You In Chechnya”(グルジア・仏・エストニア・オランダ) 監督:Alexander Kvatashidze
 ・“Abysm”(アルメニア) 監督:Oksana Mirzoyan
 ・“House Of Others”(アルメニア) 監督:Rusudan Glurjidze
 ・“The Second Journey”(アルメニア) 監督:Lévon Minasian
 ・“The Valley”(アルメニア) 監督:Nariné Mkrtchyan、Arsen Azatyan
 ・“Territoria”(アルメニア・スイス・仏) 監督:Nora Martirosyan
 ・“Long Gardens”(アルメニア・アゼルバイジャン) 監督:Nika Shek
 ・“Naked In Baku”(アゼルバイジャン・エストニア) 監督:Arzu Gulijeva
 ・“Pipeline”(アゼルバイジャン・独) 監督:Asif Rustamov

 【スイス映画・イン・ロカルノ】 (Swiss Cinema In Locarno)

 ・“Annelie”(2012) 監督:Antej Farac
 ・“Argerich” (Bloody Daughter) (2012) 監督:Stéphanie Argerich
 ・“Der Imker”(2013) 監督:Mano Khalil
 ・“Frühzug”(2012) 監督:Delia Hess [短編]
 ・“Harry Dean Stanton: Partly Fiction”(2012) 監督:Sophie Huber
 ・“Karma Shadub”(2013) 監督:Ramòn Giger、Jan Gassman
 ・“La Clé De La Chambre À Lessive”(2013) 監督:Frédéric Florey、Floriane Devigne
 ・“La Nuit De L’Ours”(2012) 監督:Samuel Guillaume、Frédéric Guillaume [短編]
 ・“Mann Kann Nicht Alles Auf Einmal Tun, Aber Man Kann Alles Auf Einmal Lassen”(2013) 監督:Maria-Elsa Sgualdo [短編]
 ・“Sadhu”(2012) 監督:Gaël Métroz
 ・“Thorberg”(2012) 監督:Dieter Fahrer
 ・“Tutto Parla Di Te”(2012) 監督:Alina Marazzi
 ・“Verliebte Feinde”(2012) 監督:Werner “Swiss” Schweizer

 [特別上映:オマージュ・トゥ・ジャクリーヌ・ヴーヴ(Appellations Spécial: Hommage À Jacqueline Veuve)
 ・“Les Freres Bapst, Charretiers”(1989/スイス) 監督:ジャクリーヌ・ヴーヴ [短編]
 ・“La Petite Dame Du Capitole”(2005/スイス) 監督:ジャクリーヌ・ヴーヴ [中編]

 ※上記のほか、審査員の作品なども上映されますが、字数の関係で割愛します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ロカルノ国際映画祭のコンペティション部門は、新進気鋭の映画作家たちの作品が中心になるという印象がありましたが、インターナショナル・コンペティション部門に関しては、アジア映画だけ、なぜか各国のエース級の監督の作品がエントリーされていて、それが、ちょっとバランスの悪さを感じさせます。
 既に受賞を重ねている“Short Term 12”がここでも受賞するのか、審査員長であるラヴ・ディアスの意向や好みはどう反映されるのか、アジア映画はどういう扱いになるのか、といったところが注目のポイントでしょうか。

 なお、ラインナップ自体は、1週間前(7月17日)に発表されていますが、開幕2週間前の現在でも上映作品に関する内容詳細はアップされていません。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・ロカルノ国際映画祭2010 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_16.html
 ・ロカルノ国際映画祭2010 ラインナップ その2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_17.html
 ・ロカルノ国際映画祭2010 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_7.html
 ・ロカルノ国際映画祭2009 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200907/article_16.html
 ・ロカルノ国際映画祭2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_10.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月〜12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

 追記:
 ・ロカルノ国際映画祭2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201309/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロカルノ国際映画祭2013 ラインナップ! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる