海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS サターン賞2013 結果発表!

<<   作成日時 : 2013/06/27 19:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第39回サターン賞の結果が発表になりました。(6月26日)

 【サターン賞】

 サターン賞は、サイエンス・フィクション、ファンタジー&ホラー映画アカデミー(Academy of Science Fiction, Fantasy & Horror Films)が主催するイベントで、SF、ファンタジー、ホラー、アクションなど、いわゆるエンタテインメント作品の中で優れた成果を残した作品や個人を表彰するもので、今年で39回を迎えます

 映画、TVドラマ、DVDと3つの部門があり、その中に数多くの賞が存在します。

 エンタテインメント性に優れていながら、一般的には、シリアスなドラマよりも低く見られがちで、いわゆるアカデミー賞などでは賞を受賞しにくいような作品を積極的に評価し、賞を与えていこうというのが、この賞の趣旨であるようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ◆最優秀SF映画賞(Best Science Fiction Film):
 ◎『アベンジャーズ』
 ・“Chronicle” 監督:Josh Trank
 ・『クラウド アトラス』
 ・『ハンガー・ゲーム』
 ・『LOOPER/ルーパー』
 ・『プロメテウス』

 ◆最優秀ファンタジー映画賞(Best Fantasy Film)
 ・『アメイジング・スパイダーマン』
 ・『ホビット 思いがけない冒険』
 ◎『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・『ルビー・スパークス』
 ・『スノーホワイト』
 ・『テッド』

 ◆最優秀ホラー映画/スリラー映画賞(Best Horror / Thriller Film)
 ・『アルゴ』
 ◎『キャビン』
 ・『インポッシブル』
 ・『セブン・サイコパス』
 ・『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』

画像

 ◆最優秀アクション映画/アドベンチャー映画(Best Action / Adventure Film)
 ・『ボーン・レガシー』
 ・『ダークナイト・ライジング』
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・『レ・ミゼラブル』
 ◎『007 スカイフォール』
 ・『96時間/リベンジ』

 ◆最優秀インディペンデント映画(Best Independent Film Release)
 ・『コンプライアンス 服従の心理』
 ・『ヒッチコック』
 ◎『キラー・スナイパー』
 ・『ペーパーボーイ 真夏の引力』
 ・“Robot and Frank”
 ・“Safety Not Guaranteed”
 ・“Seeking a Friend for the End of the World”

 ◆監督賞:
 ・ウィリアム・フリードキン 『キラー・スナイパー』
 ・ピーター・ジャクソン 『ホビット 思いがけない冒険』
 ・ライアン・ジョンソン 『LOOPER/ルーパー』
 ・アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・クリストファー・ノーラン 『ダークナイト・ライジング』
 ◎ジョス・ウィードン 『アベンジャーズ』

画像

 ◆主演男優賞
 ・クリスチャン・ベール 『ダークナイト・ライジング』
 ・ダニエル・クレイグ 『007 スカイフォール』
 ・マーティン・フリーマン 『ホビット 思いがけない冒険』
 ・ヒュー・ジャックマン 『レ・ミゼラブル』
 ・ジョゼフ・ゴードン=レヴィット 『LOOPER/ルーパー』
 ◎マシュー・マコノヒー 『キラー・スナイパー』

 ◆主演女優賞:
 ・ジェシカ・チャステイン 『ゼロ・ダーク・サーティ』
 ・アン・ダウド 『コンプライアンス 服従の心理』
 ・ゾーイ・カザン 『ルビー・スパークス』
 ◎ジェニファー・ローレンス 『ハンガー・ゲーム』
 ・ヘレン・ミレン 『ヒッチコック』
 ・ナオミ・ワッツ 『インポッシブル』

 ◆助演男優賞
 ・ハビエル・バルデム 『007 スカイフォール』
 ・マイケル・ファスベンダー 『プロメテウス』
 ◎クラーク・グレッグ 『アベンジャーズ』
 ・ジョゼフ・ゴードン=レヴィット 『ダークナイト・ライジング』
 ・イアン・マッケラン 『ホビット 思いがけない冒険』
 ・クリストフ・ヴァルツ 『ジャンゴ 繋がれざる者』

画像

 ◆助演女優賞
 ・ジュディー・デンチ 『007 スカイフォール』
 ・ジーナ・ガーション 『キラー・スナイパー』
 ◎アン・ハサウェイ 『ダークナイト・ライジング』
 ・アン・ハサウェイ 『レ・ミゼラブル』
 ・ニコール・キッドマン 『ペーパーボーイ 真夏の引力』
 ・シャーリーズ・セロン 『スノーホワイト』

 ◆ヤング・パフォーマンス賞(Best Performance by a Younger Actor)
 ・CJ・アダムス 『ティモシーの小さな奇跡』“The Odd Life of Timothy Green”
 ・トム・ホランド 『インポッシブル』
 ・ダニエル・ハトルストーン 『レ・ミゼラブル』
 ・クロエ・グレース・モレッツ 『ダーク・シャドウ』
 ◎スラージ・シャルマ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・クヮヴェンジャネ・ウォリス 『ハッシュパピー〜バスタブ島の少女〜』

 ◆脚本賞
 ・トレイシー・レッツ(Tracy Letts) 『キラー・スナイパー』
 ・デイヴィッド・マギー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・マーティン・マクドナー 『セブン・サイコパス』
 ◎クエンティン・タランティーノ 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・ジョス・ウィードン 『アベンジャーズ』
 ・ジョス・ウィードン、ドリュー・ゴダード 『キャビン』

画像

 ◆編集賞
 ・スチュアート・ベアード、Kate Baird 『007 スカイフォール』
 ◎アレクサンダー・バーナー 『クラウド アトラス』
 ・ボブ・ダクセイ(Bob Ducsay) 『LOOPER/ルーパー』
 ・ジェフリー・フォード、リサ・ラセック(Lisa Lassek) 『アベンジャーズ』
 ・ジョン・ギルロイ(John Gilroy) 『ボーン・レガシー』
 ・ティム・スキアーズ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

 ◆美術賞(Best Production Design)
 ・ヒュー・ベイトアップ(Hugh Bateup)、ウリ・ハニッシュ 『クラウド アトラス』
 ・サラ・グリーンウッド 『アンナ・カレーニナ』
 ・デイヴィッド・グロップマン 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・リック・ハインリクス(Rick Heinrichs) 『ダーク・シャドウ』
 ◎ダン・ヘナ(Dan Hennah) 『ホビット 思いがけない冒険』
 ・イヴ・スチュアート 『レ・ミゼラブル』

 ◆コスチューム賞
 ・ジャクリーヌ・デュラン 『アンナ・カレーニナ』
 ・キム・バレット、ピエール=イヴ・ゲロー 『クラウド アトラス』
 ・シャレン・デイヴィス(Sharen Davis) 『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・ボブ・バック(Bob Buck)、アン・マクスリー(Ann Maskrey)、リチャード・テイラー(Richard Taylor) 『ホビット 思いがけない冒険』
 ◎パコ・デルガド 『レ・ミゼラブル』
 ・コリーン・アトウッド 『スノーホワイト』

 ◆メイキャップ賞
 ◎Heike Merker、ダニエル・パーカー(Daniel Parker)、ジェレミー・ウッドヘッド(Jeremy Woodhead) 『クラウド アトラス』
 ・グレゴリー・ニコテロ(Gregory Nicotero)、ハワード・バーガー(Howard Berger)、Peter Montagna、Julie Hewett 『ヒッチコック』
 ・ピーター・ソード・キング(Peter Swords King)、リック・フィンドレーター(Rick Findlater)、Tami Lane 『ホビット 思いがけない冒険』
 ・ダビド・マルティ(David Marti)、モンツェ・リーベ(Montse Ribe)、Vasit Suchitta 『インポッシブル』
 ・Naomi Donne、Donald Mowat、Love Larson 『007 スカイフォール』
 ・Jean Ann Black、Fay Von Schroeder 『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』

 ◆特殊効果賞(Best Special Effects)
 ◎ジェネク・サーズ(Janek Sirrs)、Jeff White、Guy Williams、Dan Sudick 『アベンジャーズ』
 ・グラッディ・コファー(Grady Cofer)、パブロ・ヘルマン(Pablo Helman)、Jeanie King、 Burt Dalton 『バトルシップ』
 ・ジョー・レッテリ、Eric Saindon、David Clayton、R. Christopher White 『ホビット 思いがけない冒険』
 ・クリス・コーボールド、ピーター・チェーン(Peter Chiang)、Scott R. Fisher、Sue Rowe 『ジョン・カーター』
 ・ビル・ウェステンホファー、Guillaume Rocheron、Erik-Jan de Boer、Donald R. Elliott 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・Cedric Nicholas-Troyan、Philip Brennan、ニール・コーボールド(Neil Corbould)、 Michael Dawson 『スノーホワイト』

 ◆音楽賞:
 ・マイケル・ダナ 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ◎ダニー・エルフマン 『フランケンウィニー』
 ・ダリオ・マリアネッリ 『アンナ・カレーニナ』
 ・トーマス・ニューマン 『007 スカイフォール』
 ・ハワード・ショア 『ホビット 思いがけない冒険』
 ・ハンス・ジマー 『ダークナイト・ライジング』

 ◆アニメーション賞
 ・『メリダとおそろしの森』
 ◎『フランケンウィニー』
 ・『パラノーマン ブライス・ ホローの謎』
 ・『シュガー・ラッシュ』

 ◆インターナショナル作品賞(Best International Film)
 ・『アンナ・カレーニナ』(英・仏)
 ・『チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢』(仏・独・ベルギー)
 ・“The Fairy”(仏・ベルギー) 監督:フィオナ・ゴードン、ドミニク・アベル、ブルーノ・ロミー
 ◎『ヘッドハンター』(ノルウェー・独)
 ・『マイウェイ 12,000キロの真実』(韓)
 ・『プッシャー』“Pusher”(英) 監督:ルイス・プリエト(Luis Prieto)

 【テレビ部門】
:
 ◆最優秀ネットワークTVシリーズ(Best Network Television Series)
 ・“Elementary”(CBS)
 ・“The Following”(Fox)
 ・『FRINGE/フリンジ』(Fox)
 ・“Once Upon a Time”(ABC)
 ◎『レボリューション』(NBC)
 ・『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』(CW)

 ◆最優秀ケーブルTVシリーズ (Best Syndicated Cable Television Series)
 ・“American Horror Story: Asylum”(FX)
 ・『デクスター〜警察官は殺人鬼』(Showtime)
 ・『リバレッジ〜詐欺師たちの流儀』(TNT)
 ・『THE KILLING 〜闇に眠る美少女』(AMC)
 ・『トゥルーブラッド』(HBO)
 ◎『ウォーキング・デッド』(AMC)

画像

 ◆最優秀プレゼンテーション(Best Television Presentation)
 ◎『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ・“Continuum”(Syfy)
 ・『フォーリング・スカイズ』“Falling Skies”(TNT)
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・“Ken Follett’s World Without End”(Reelz)
 ・“Mockingbird Lane”(NBC)
 ・“Spartacus: War of the Damned”(Starz)

 ◆最優秀ヤングスター出演TVシリーズ(Best Youth-Oriented Series on Television)
 ・“Arrow”(CW)
 ・“Beauty and the Beast”(CW)
 ・“Doctor Who”(BBC America)
 ・『魔術師マーリン』“Merlin”(Syfy)
 ◎“Teen Wolf”(MTV)
 ・『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(CW)

 ◆主演男優賞
 ◎ケヴィン・ベーコン “The Following”(Fox)
 ・ビリー・バーク 『レボリューション』(NBC)
 ◎ブライアン・クランストン 『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ・マイケル・C・ホール 『デクスター〜警察官は殺人鬼』(Showtime)
 ・ティモシー・ハットン 『リバレッジ〜詐欺師たちの流儀』(TNT)
 ・アンドリュー・リンカーン 『ウォーキング・デッド』(AMC)

画像

 ◆主演女優賞
 ・ムーン・ブラッドグッド 『フォーリング・スカイズ』 (TNT)
 ・ミレイユ・イーノス 『THE KILLING 〜闇に眠る美少女』(AMC)
 ・サラ・モールソン “American Horror Story: Asylum”(FX)
 ・シャーロット・ライリー “Ken Follett’s World Without End”(Reelz)
 ・トレイシー・スピダコス 『レボリューション』 (NBC)
 ◎アンナ・トーヴ 『FRINGE/フリンジ』(Fox)

画像

 ◆助演男優賞
 ◎ジョナサン・バンクス 『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ・ジャンカルロ・エスポジート 『レボリューション』(NBC)
 ・Todd Lasance “Spartacus: War of the Damned”(Starz)
 ・コルム・ミーニー “Hell On Wheels”(AMC)
 ・デイヴィッド・モリッシー 『ウォーキング・デッド』(AMC)
 ・ジョン・ノーブル 『FRINGE/フリンジ』(Fox)

 ◆助演女優賞
 ・ジェニファー・カーペンター 『デクスター〜警察官は殺人鬼』(Showtime)
 ・サラ・カーター 『フォーリング・スカイズ』(TNT)
 ・アンナ・ガン 『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ◎ローリー・ホールデン 『ウォーキング・デッド』(AMC)
 ・ジェシカ・ラング “American Horror Story: Asylum”(FX)
 ・ベス・リースグラフ 『リバレッジ〜詐欺師たちの流儀』 (TNT)

画像

 ◆ゲスト・スター賞(Best Guest Starring Role in a Series)
 ・ブレア・ブラウン 『FRINGE/フリンジ』(Fox)
 ・Terry O’Quinn 『フォーリング・スカイズ』(TNT)
 ・ランス・レディック 『FRINGE/フリンジ』(Fox)
 ・マーク・シェパード 『リバレッジ〜詐欺師たちの流儀』(TNT)
 ・レイ・スティーヴンソン 『デクスター〜警察官は殺人鬼』(Showtime)
 ◎イヴォンヌ・ストラホフスキー 『デクスター〜警察官は殺人鬼』(Showtime)

 【DVD/ブルーレイ部門】

 ◆最優秀DVD(Best DVD/BD Release)
 ・“Atlas Shrugged II: The Strike”(Atlas Distribution/Fox)
 ・“Chained”(Anchor Bay)
 ・“Cosmopolis”(Entertainment One)
 ・『ポゼッション』“The Possession”(Lionsgate)
 ・“A Thousand Cuts”(Lorber Films)
 ◎“Touchback”(Anchor Bay / Starz)

 ◆最優秀DVDスペシャル・エディション(Best DVD/BD Special Edition Release)
 ・『ユニバーサル100周年記念コレクターズ・シリーズ ジョーズ』“Jaws (100th Anniversary Edition)”(Universal)
 ・『アラビアのロレンス 製作50周年記念 HDデジタル・リマスター版 ブルーレイ・アニバーサリーBOX』“Lawrence of Arabia (50th Anniversary Collector’s Edition)”(Sony)
 ・『レ・ヴァンピール-吸血ギャング団- BOX クリティカル・エディション』“Les Vampires Classics Edition”(Kino International)
 ◎『リトルショップ・オブ・ホラーズ ディレクターズ・カット』“Little Shop of Horrors: The Director’s Cut”(Warner)
 ・“Stanley Kubrick’s Fear and Desire”(Kino International)

 ◆最優秀DVD/BDコレクション(Best DVD/BD Collection)
 ・『ヒッチコックのマスターピース限定版コレクション』“Alfred Hitchcock (The Masterpiece Collection)”(Universal)
 ・“Battle Royale (The Complete Collection)”(『バトル・ロワイヤル』コンプリート・コレクション)(Anchor Bay)
 ・『007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX』“Bond 50 (The Complete 22 Film Collection)”(MGM)
 ・“Dark Shadows: The Complete Original Series”(MPI)
 ・“The Ultimate Buster Keaton Blu-Ray Collection”(Kino Lorber)
 ◎『ユニバーサル・クラシック・ モンスターズ: エッセンシャル・コレクション』“Universal Classic Monsters: The Essential Collection”(Universal)

 ◆最優秀DVD/ブルーレイTVシリーズ(Best DVD/BD TV Series)
 ・“In Search Of: The Complete Series”(Visual Entertainment)
 ・“Logan’s Run: The Complete Series”(Warner)
 ・“The River: The Complete First Season”(ABC Studios)
 ・“Shazam! The Complete Live-Action Series”(Warner Archive)
 ・『スパルタカスU』“Spartacus: Vengeance (The Complete Second Season)”(Starz / Anchor Bay)
 ◎『新スター・トレック シーズン1&2』“Star Trek: The Next Generation (Season 1 & 2)” (Paramount)

 【特別賞・名誉賞】

 ◆Theater Showcase Award
 ◎“Silence! The Musical”

 ◆Filed Under
 ◎『ブレイキング・バッド』
 ◎ジェニファー・ローレンス
 ◎サターン賞
 ◎『アベンジャーズ』

 ◆ヴィジョナリー賞(The Visionary Award)
 ◎リチャード・マシスン(1926年2月20日-2013年6月23日)
 リチャード・マシスンにヴィジョナリー賞を贈ることは、6月21日に発表されましたが、リチャード・マシスンは授賞式を待たずに、6月23日に亡くなってしまいました。

 ◆生涯貢献賞(The Lifetime Achievement)
 ◎ウィリアム・フリードキン

画像

 ◆ダン・カーティス・レガシー賞(The Dan Curtis Legacy Award)
 ◎ヴィンス・ギリガン(Vince Gilligan)
 ヴィンス・ギリガンは、『Xファイル』や『ブレイキング・バッド』などの製作総指揮を手がけるTVプロデューサー、脚本家、監督。

画像

 ◆ライフ・キャリア賞(Life Career Award)
 ◎ジョナサン・フレイクス(Jonathan Frakes)
 ジョナサン・フレイクスは、『スター・トレック』シリーズで知られる俳優で、監督として『スター・トレック ファーストコンタクト』(1996)、『スター・トレック 叛乱』(1998)、『タイムマイン』(2002)、『サンダーバード』(2004)を手がけている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門の主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・『ホビット 思いがけない冒険』(1/9):FT・監督・主演男優・助演男優・美術・衣裳・メイク・特殊効果・音楽
 ・『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(2/8):FT・監督・・脚本・編集・美術・特殊効果・音楽
 ・『007 スカイフォール』(1/7):アクション・主演男優・助演男優・助演女優・編集・メイク・音楽
 ・『アベンジャーズ』(4/6):SF・監督・助演男優・脚本・編集・特殊効果
 ・『ダークナイト・ライジング』(1/6):アクション・監督・主演男優・助演男優・助演女優・音楽
 ・『レ・ミゼラブル』(1/6):アクション・主演男優・助演女優・ヤング・美術・衣裳
 ・『クラウド アトラス』(2/5):SF・編集・美術・衣裳・メイク
 ・『キラー・スナイパー』(2/5):インディー・監督・主演男優・助演女優・脚本
 ・『LOOPER/ルーパー』(0/4):SF・監督・主演男優・編集
 ・『スノーホワイト』(0/4):FT・助演女優・衣裳・特殊効果
 ・『インポッシブル』(0/4):ホラー・主演女優・ヤング・メイク
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』(1/4):アクション・助演男優・脚本・衣裳
 ・『アンナ・カレーニナ』(0/4):美術・衣裳・音楽・インターナショナル
 ・『ヒッチコック』(0/3):インディー・主演女優・メイク
 ・『ハンガー・ゲーム』(1/2):SF・主演女優
 ・『プロメテウス』(0/2):SF・助演男優
 ・『ルビー・スパークス』(0/2):FT・主演女優
 ・『キャビン』(1/2):ホラー・脚本
 ・『セブン・サイコパス』(0/2):ホラー・脚本
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』(0/2):ホラー・主演女優
 ・『ボーン・レガシー』(0/2):アクション・編集
 ・『コンプライアンス 服従の心理』(0/2):インディー・主演女優
 ・『ペーパーボーイ 真夏の引力』(0/2):インディー・助演女優
 ・『ダーク・シャドウ』(0/2):ヤング・美術
 ・『フランケンウィニー』(2/2):音楽・アニメーション

 テレビ部門の主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・『FRINGE/フリンジ』(1/5):ネットワーク・主演女優・助演男優・ゲスト・ゲスト
 ・『デクスター〜警察官は殺人鬼』(1/5):ケーブル・主演男優・助演女優・ゲスト・ゲスト
 ・『ブレイキング・バッド』(3/5):プレゼンテーション主演男優・助演男優賞・助演女優・ゲスト
 ・『レボリューション』(1/4):ネットワーク・主演男優・主演女優・助演男優
 ・『リバレッジ〜詐欺師たちの流儀』(0/4):ケーブル・主演男優・助演女優・ゲスト
 ・『ウォーキング・デッド』(2/4):ケーブル・主演男優・助演男優・助演女優
 ・『フォーリング・スカイズ』(0/4):プレゼンテーション・主演女優・助演女優・ゲスト
 ・“American Horror Story: Asylum”(0/3):ケーブル・主演女優・助演女優
 ・“The Following”(0/2):ネットワーク・主演男優
 ・『THE KILLING 〜闇に眠る美少女』(0/2):ケーブル・主演女優
 ・“Ken Follett’s World Without End”(0/2):プレゼンテーション・主演女優
 ・“Spartacus: War of the Damned”(0/2):プレゼンテーション・助演男優

 サターン賞のノミネーションが発表されたのは、アカデミー賞発表の少し前で、日本では大半の作品がまだ公開されておらず、アカデミー賞へのワクワク感と、まだ見ぬ映画への期待もあって、ちょっとした興奮状態にありましたが、あれからもう4ヶ月も経ち、あの時の興奮もすっかり冷めて、全米映画賞レースのことなどなんだか遠い昔のことのように思えます。

 『アベンジャーズ』が最多受賞というのは、実にサターン賞らしい結果で、サターン賞だったら、まあ、そうだろうなという気もしますが、ノミネーションでは、『ホビット 思いがけない冒険』が最多ノミネートで、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』がそれに次ぐノミネーションだったんですね。すっかり忘れていました。作品によって印象の強弱があり、それがサターン賞の結果にも表われているような気もしますね。

 ジョス・ウィードン(ジョス・ウェドン)は、監督を務めた『アベンジャーズ』と製作・脚本を手がけた『キャビン』として、今回のサターン賞の顔になった、と言えるかもしれません。

 まあ、それはそれとして―
 結果的に、主演女優賞と助演女優賞と脚本賞が、米国アカデミー賞と同じになっているというのが、ちょっと面白いですね。

 ちなみに、ノミネーション発表から今日までの4ヶ月の間に、4作品の日本でのリリース(邦題も)が決定しています。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・サターン賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_44.html
 ・サターン賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_9.html
 ・サターン賞2012 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201207/article_20.html
 ・サターン賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_48.html
 ・サターン賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_15.html
 ・サターン賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_41.html
 ・サターン賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_28.html
 ・サターン賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_27.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月〜12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サターン賞2013 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる