海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2013 結果発表!

<<   作成日時 : 2013/06/15 11:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第57回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の結果が発表されました。(6月14日)

 ◆作品賞(Miglior Film)
 ・『闇に葬られた狂気』“Diaz” 監督:ダニエレ・ヴィカリ
 ・“Educazione Siberiana” 監督:ガブリエレ・サルヴァトレス
 ・『孤独な天使たち』 監督:ベルナルド・ベルトルッチ
 ◎“La Migliore Offerta” 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
 ・“Viva La Libertá” 監督:Roberto Andò

 ジュゼッペ・トルナトーレは、『題名のない子守唄』で受賞して以来、2回目の作品賞受賞。 

 ◆監督賞(Migliore Regista)
 ・ベルナルド・ベルトルッチ 『孤独な天使たち』
 ・マッテオ・ガローネ 『リアリティー』“Reality”
 ・ガブリエレ・サルヴァトレス “Educazione Siberiana”
 ◎ジュゼッペ・トルナトーレ “La Migliore Offerta”
 ・ダニエレ・ヴィカリ 『闇に葬られた狂気』“Diaz”

 ジュゼッペ・トルナトーレは、『シチリア!シチリア!』以来、4年ぶり、4回目の監督賞受賞。

画像

 ◆主演男優賞(Migliore Attore Protagonista)
 ・アニエッロ・アレーナ(Aniello Arena) 『リアリティー』“Reality”
 ・セルジョ・カステリット “Una Famiglia Perfetta”(監督:Paolo Genovese)
 ・ロベルト・ヘルリッカ(Roberto Herlitzka) “Il Rosso E Il Blu”(監督:ジュゼッペ・ピッチョーニ)
 ・ルカ・マリネッリ(Luca Marinelli) 『来る日も来る日も』“Tutti I Santi Giorni”(監督:パオロ・ヴィルツィ)
 ◎ヴァレリオ・マスタンドレア 『綱渡り』“Gli Equilibristi”(監督:イヴァーノ・デ・マッテオ)
 ・トニ・セルヴィッロ “Viva La Libertà”

 ヴァレリオ・マスタンドレアのみ連続ノミネートです。
 ヴァレリオ・マスタンドレアは、『はじめての大切なもの』以来、3年ぶり、2回目の受賞です。今回、助演男優賞でも受賞しています。

画像

 ◆主演女優賞(Migliore Attrice Protagonista)
 ・ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ “Viva La Libertà”
 ◎マルゲリータ・ブイ “Viaggio Sola”(監督:マリヤ・ソーレ・トニヤッツィ(Maria Sole Tognazzi))
 ・Thony (Federica Victoria Caiozzo in arte Thony) 『来る日も来る日も』“Tutti I Santi Giorni”
 ・テア・ファルコ 『孤独な天使たち』
 ・ジャスミン・トリンカ “Un Giorno Devi Andare”(監督:ジョルジョ・ディリッティ)

 マルゲリータ・ブイは、5年ぶり、6回目の受賞です。
 マルゲリータ・ブイは、前回は助演女優賞でノミネートされています。

画像

 ◆助演男優賞(Migliore Attore Non Protagonista)
 ・ステファノ・アルコシ(Stefano Accorsi) “Viaggio Sola”
 ・ジュゼッペ・バティストン(Giuseppe Battiston) 『司令官とコウノトリ』“Il Comandante E La Cicogna”(監督:シルヴィオ・ソルディーニ)
 ・マルコ・ジャリーニ(Marco Giallini) “Buongiorno Papà”(監督:Edoardo Leo)
 ◎ヴァレリオ・マスタンドレア “Viva La Libertà”
 ・クラウディオ・サンタマリア(Claudio Santamaria) 『闇に葬られた狂気』“Diaz”

 ヴァレリオ・マスタンドレアは主演男優賞でも受賞しています。

 ◆助演女優賞(Migliore Attrice Non Protagonista)
 ・Ambra Angiolini “Viva L'italia”(監督:Massimiliano Bruno)
 ・アンナ・ボナイウート(Anna Bonaiuto) “Viva La Libertà”
 ・ロザベル・ラウレンティ・セラーズ(Rosabell Laurenti Sellers) 『綱渡り』“Gli Equilibristi”
 ・フランチェスカ・ネリ “Una Famiglia Perfetta”
 ・Fabrizia Sacchi “Viaggio Sola”
 ◎マヤ・サンサ 『眠れる美女』“Bella Addormentata”(監督:マルコ・ベロッキオ)

 マヤ・サンサは、3回目のノミネートで、初受賞です。

画像

 ◆脚本賞(Migliore Sceneggiatura)
 ・ニッコロ・アンマニーティ(Niccolò Ammaniti)、ウンベルト・コンタレッロ(Umberto Contarello)、フランチェスカ・マルチャーノ(Francesca Marciano)、ベルナルド・ベルトルッチ 『孤独な天使たち』
 ・ジュゼッペ・トルナトーレ “La Migliore Offerta”
 ・マウリツィオ・ブラウッチ(Maurizio Braucci)、ウーゴ・キーティ(Ugo Chiti)、マッテオ・ガローネ、マッシモ・ガウディオーゾ(Massimo Gaudioso) 『リアリティー』“Reality”
 ・イヴァン・コトロネーオ(Ivan Cotroneo)、フランチェスカ・マルチャーノ(Francesca Marciano)、マリア・ソーレ・トニャッツィ(Maria Sole Tognazzi) “Viaggio Sola”
 ◎Roberto Andó、アンジェロ・パスクィーニ(Angelo Pasquini) “Viva La Libertà”

 Roberto Andóとアンジェロ・パスクィーニは、ともに2回目のノミネートで初受賞です。

画像

 ◆撮影賞(Migliore Direttore Della Fotografia)
 ・ファビオ・チャンチェッティ(Fabio Cianchetti) 『孤独な天使たち』
 ・ゲラルド・ゴッスィ(Gherardo Gossi) 『闇に葬られた狂気』“Diaz”
 ◎マルコ・オノラート(Marco Onorato) 『リアリティー』“Reality”
 ・イタロ・ペットリッチョーネ(Italo Petriccione) “Educazione Siberiana”
 ・ファビオ・ザマリオン(Fabio Zamarion) “La Migliore Offerta”

 マルコ・オノラートは、4回目のノミネートで初受賞です。

 ◆編集賞(Migliore Montatore)
 ◎ベニー・アトリア(Benni Atria) 『闇に葬られた狂気』“Diaz”
 ・Clelio Benevento “Viva La Libertà”
 ・ウォルター・ファサーノ(Walter Fasano) “Viaggio Sola”
 ・マッシモ・クアリア(Massimo Quaglia) “La Migliore Offerta”
 ・マルコ・スポレティーニ(Marco Spoletini) 『リアリティー』“Reality”

 ベニー・アトリアは、初ノミネートで初受賞。『闇に葬られた狂気』では、ナストロ・ダルジェント賞でも受賞しています。

 ◆美術賞(Migliore Scenografo)
 ・パオロ・ボンフィーニ(Paolo Bonfini) 『リアリティー』“Reality”
 ・マルコ・デンティチ(Marco Dentici) 『それは息子だった』“E’ Stato Il Figlio”(監督:ダニエレ・チブリ)
 ・マルコ・マンフッチ(Marta Maffucci) 『闇に葬られた狂気』“Diaz”
 ・Rita Rabassini “Educazione Siberiana”
 ◎マウリツィオ・サバティーニ(Maurizio Sabatini)、Raffaella Giovannetti “La Migliore Offerta”

 マウリツィオ・サバティーニとRaffaella Giovannettiは、初ノミネートで初受賞です。

 ◆衣裳賞(Migliore Costumista)
 ・パトリツィア・チェリコーニ(Patrizia Chericoni) “Educazione Siberiana”
 ・Grazia Colombini 『それは息子だった』“E’ Stato Il Figlio”
 ・アレッサンドロ・ライ(Alessandro Lai) “Appartamento Ad Atene”(監督:Ruggero Dipaola)
 ◎マウリツィオ・ミレノッティ(Maurizio Millenotti) “La Migliore Offerta”
 ・Roberta Vecchi、Francesca Vecchi 『闇に葬られた狂気』“Diaz”

 マウリツィオ・ミレノッティは、9回目のノミネートで、『海の上のピアニスト』以来、14年ぶり2回目の受賞。

 ※マウリツィオ・ミレノッティは、『リアリティー』でもノミネートされましたが、規定によりノミネートは1人1作品のみと定められているので、上位の“La Migliore Offerta”のみでのノミネートとなっています。

 ◆メイキャップ賞(Migliore Truccatore)
 ◎Dalia Colli 『リアリティー』“Reality”
 ・Enrico Iacoponi “Viva La Libertà”
 ・Enrico Iacoponi、Maurizio Nardi “Educazione Siberiana”
 ・Mario Michisanti 『闇に葬られた狂気』“Diaz”
 ・Luigi Rocchetti “La Migliore Offerta”

 Dalia Colliは、初ノミネートで初受賞です。

 ◆ヘア・スタイリスト賞(Migliore Acconciatore)
 ・Carlo Barucci、Marco Perna “Viva La Libertà”
 ・Stefano Ceccarelli “La Migliore Offerta”
 ・Giorgio Gregorini 『闇に葬られた狂気』“Diaz”
 ・Francesco Pegoretti “Educazione Siberiana”
 ◎Daniela Tartari 『リアリティー』“Reality”

 Daniela Tartariは、2回目のノミネートで、初受賞です。

 ◆視覚効果賞(Migliori Effetti Speciali Visivi)
 ◎Storyteller(Mario Zanot) 『闇に葬られた狂気』“Diaz”
 ・アンドレア・マロッティ(Andrea Marotti) “Dracula Di Dario Argento”(監督:ダリオ・アルジェント)
 ・Paola Trisoglio & Stefano Marinoni (Visualogie) “Educazione Siberiana”
 ・Wonderlab(Bruno Albi Marini) 『リアリティー』“Reality”
 ・Gianluca Dentici(Reset VFX) “Viva La Libertà”

 ※Storyteller(Mario Zanot) は、5作品で得票がありましたが、規定により、最も得票の多かった作品1作品のみが選ばれています。

 ◆録音賞(Miglior Fonico Di Presa Diretta)
 ・ガエターノ・カリート(Gaetano Carito) 『眠れる美女』“Bella Addormentata”
 ・フルジェンツィオ・チェッコン(Fulgenzio Ceccon) “Viva La Libertà”
 ・マリチェッタ・ロンバルド(Maricetta Lombardo) 『リアリティー』“Reality”
 ・ジルベルト・マルティネッリ(Gilberto Martinelli) “La Migliore Offerta”
 ◎レモ・ウゴリネッリ(Remo Ugolinelli)、Alessandro Palmerini 『闇に葬られた狂気』“Diaz”

 レモ・ウゴリネッリは、7回目のノミネートで、11年ぶり5回目の受賞です。Alessandro Palmeriniは初ノミネートで初受賞です。ともにナストロ・ダルジェント賞でも受賞しています。

 ※レモ・ウゴリネッリとAlessandro Palmeriniは、『孤独な天使たち』 でもノミネートされましたが、規定により、得票数の多い作品が選ばれています。

 ◆作曲賞(Migliore Musicista)
 ・アレクサンドル・デプラ 『リアリティー』“Reality”
 ◎エンニオ・モリコーネ “La Migliore Offerta”
 ・マウロ・パガーニ(Mauro Pagani) “Educazione Siberiana”
 ・フランコ・ピエサンティ(Franco Piersanti) 『孤独な天使たち』
 ・テオ・テアルド(Teho Teardo) 『闇に葬られた狂気』“Diaz”

 エンニオ・モリコーネは、15回目のノミネートで、『シチリア!シチリア!』以来3年ぶり、9回目の受賞です。

画像

 ◆オリジナル歌曲賞(Migliore Canzone Originale)
 ・“Buongiorno Papà”-‘Fare A Meno Di Te’ 作曲:Gianluca Misiti、Laura Marafioti 作詞:Laura Marafioti パフォーマンス:La Elle
 ・“Educazione Siberiana”-‘Novij Den’ 作曲&作詞:マウロ・パガーニ(Mauro Pagani) パフォーマンス:Dariana Koumanova
 ・“Razzabastarda”(監督:アレッサンドロ・ガスマン)-‘La Vita Possibile’ 作曲:ピヴィオ&アルド・ディ・スカルツィ(Pivio & Aldo De Scalzi) 作詞&パフォーマンス:Francesco Renga
 ◎『来る日も来る日も』“Tutti I Santi Giorni”-‘Tutti I Santi Giorni’ 作曲&作詞:Simone Lenzi、Antonio Bardi、Giulio Pomponi、Valerio Griselli、Matteo Pastorelli、Daniele Catalucci パフォーマンス:Virginiana Miller
 ・“Venuto Al Mondo”(監督:セルジョ・カステリット)-‘Twice Born’ 作曲&作詞:Arturo Annecchino パフォーマンス:Angelica Ponti

 ◆プロダクション賞(Migliore Produttore)
 ・ファブリツィオ・モスカ(Fabrizio Mosca) “Alì Ha Gli Occhi Azzurri”(監督:Claudio Giovannesi)
 ◎ドメニコ・プロカッチ 『闇に葬られた狂気』“Diaz”
 ・リカルド・トッツィ(Riccardo Tozzi)、ジョヴァンニ・スタビリーニ(Giovanni Stabilini)、マルコ・キメンツ(Marco Chimenz)(Cattleya)、Rai Cinema “Educazione Siberiana”
 ・Isabella Cocuzza、アルトゥーロ・パーリア(Arturo Paglia)(Paco Cinematografica) “La Migliore Offerta”
 ・アンジェロ・バルバガッロ(Angelo Barbagallo)(Bibi Film)、Rai Cinema “Viva La Libertà”

 ドメニコ・プロカッチは、前回『ローマ法王の休日』でノミネート。『ゴモラ』で受賞して以来、6回目の受賞です。

画像

 ◆新人監督賞(Migliore Regista Esordiente)
 ◎レオナルド・ディ・コンスタンツォ(Leonardo Di Costanzo) 『日常のはざま』“L’Intervallo”
 ・Giorgia Farina “Amiche Da Morire”
 ・アレッサンドロ・ガスマン(Alessandro Gassmann) “Razzabastarda”
 ・ルイジ・ロ・カーショ “La Città Ideale”
 ・ラウラ・モランテ “Ciliegine”

 ◆ドキュメンタリー賞(Miglior Documentario Di Lungometraggio)
 ◎“Anija (La Nave)” 監督:Roland Sejko
 ・“Bad Weather” 監督:Giovanni Giommi
 ・“Fratelli & Sorelle – Storie Di Carcere” 監督:バーバラ・クスピティ(Barbara Cupisti)
 ・“Nadea E Sveta” 監督:Maura Delpero
 ・“Pezzi” 監督:Luca Ferrari

 ◆短編映画賞(Miglior Cortometraggio)
 ・“Ammore” 監督:Paolo Sassanelli
 ・“Cargo” 監督:Carlo Sironi
 ◎“L'esecuzione” 監督:Enrico Iannaccone
 ・“Preti” 監督:Astutillo Smeriglia
 ・“Settanta” 監督:Pippo Mezzapesa

 ◆EU映画賞(Miglior Film Dell'unione Europea)
 ・『007 スカイフォール』(英・米) 監督:サム・メンデス
 ◎『愛、アムール』(オーストリア・仏・独) 監督:ミヒャエル・ハネケ
 ・『アンナ・カレーニナ』(英) 監督:ジョー・ライト
 ・『カルテット! 人生のオペラハウス』(英) 監督:ダスティン・ホフマン
 ・『君と歩く世界』(仏・ベルギー) 監督:ジャック・オディアール

 ◆外国映画賞(Miglior Film Straniero)
 ・『アルゴ』 監督:ベン・アフレック
 ◎『ジャンゴ 繋がれざる者』 監督:クエンティン・タランティーノ
 ・『世界にひとつのプレイブック』 監督:デイヴィッド・O・ラッセル
 ・『リンカーン』 監督:スティーヴン・スピルバーグ
 ・『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 監督:アン・リー

 ◆ヤング・ダヴィッド賞(David Giovani) 6000人以上の学生が審査員として投票して決める賞
 ◎“La Migliore Offerta” 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
 ・“Il Principe Abusivo” 監督:Alessandro Siani
 ・“Una Famiglia Perfetta” 監督:Paolo Genovese
 ・“Venuto Al Mondo” 監督:セルジョ・カステリット
 ・“Viva L'italia” 監督:Massimiliano Bruno

 ◆キャリア・ダヴィッド賞(David Alla Carriera)
 ◎ヴィンチェンツォ・チェラーミ(Vincenzo Cerami)(脚本家)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・『闇に葬られた狂気』(5/13):作品・監督・助演男優・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・ヘア・視覚効果・録音・作曲・プロダクション
 ・“La Migliore Offerta”(5/13):作品・監督・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・ヘア・録音・作曲・プロダクション・ヤング
 ・“Educazione Siberiana”(0/11):作品・監督・撮影・美術・衣裳・メイク・ヘア・視覚効果・作曲・歌曲・プロダクション
 ・“Viva La Libertà”(2/11):作品・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・メイク・ヘア・視覚効果・録音・プロダクション
 ・『リアリティー』(3/11):監督・主演男優・脚本・撮影・編集・美術・メイク・ヘア・視覚効果・録音・作曲
 ・『孤独な天使たち』(0/6):作品・監督・主演女優・脚本・撮影・作曲
 ・“Viaggio Sola”(1/5):主演女優・助演男優・助演女優・脚本・編集
 ・“Una Famiglia Perfetta”(0/3):主演男優・助演女優・ヤング
 ・『来る日も来る日も』(1/3):主演男優・主演女優・歌曲
 ・『綱渡り』(1/2):主演男優・助演女優
 ・“Buongiorno Papà”(0/2):助演男優・歌曲
 ・“Viva L'italia”(0/2):助演女優・ヤング
 ・『眠れる美女』(1/2):助演女優・録音
 ・『それは息子だった』(0/2):美術・衣裳
 ・“Razzabastarda”(0/2):歌曲・新人監督
 ・“Venuto Al Mondo”(0/2):歌曲・ヤング

 ノミネーションでは、5作品が11部門以上のノミネートを受けていましたが、そのうち、“La Migliore Offerta”が作品賞と監督賞を含む5部門で受賞を果たし、『闇に葬られた狂気』がプロダクション賞を含む5部門で受賞し、この2作品が最多受賞となりました。

 日本にいて、ネットを通して感じられる感覚では、“La Migliore Offerta”がノミネートされたうちの多く部門を制して、最多受賞になるのかなという感じでしたが、そこまで圧倒的に強いわけではなかったようです。
 本年度は、力のある作品が多くて、複数の作品に賞がバラけたという感じでしょうか。

 本年度は、イタリアの各映画賞のノミネーションがけっこうズレているので、他の映画賞もダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の結果を追認することになるかどうかはわかりませんが、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞の受賞結果=イタリア映画界における映画人たちの総意(?)ととらえると、どうやら“La Migliore Offerta”が米国アカデミー賞2014外国語映画賞イタリア代表の本命、ということになりそうです。
 イタリア映画は、米国アカデミー賞外国語映画賞の最多受賞国でありながら、2006年以降はノミネートすらされていないので、そろそろノミネートされてもいい頃なんじゃないでしょうか。
 ちなみに、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞作品賞受賞作品が、米国アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表に選ばれたのは、過去10年で3回しかありませんが、ジュゼッペ・トルナトーレに関しては、米国アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表4回、うちノミネート2回、受賞1回、という実績があるので、今回も選ばれる可能性が高いと考えていいのではないかと思います。

 来年の米国アカデミー賞の話題を出すには、少々気が早いですが、米国アカデミー賞外国語映画賞各国代表発表まで、もう、あと3ヶ月です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_17.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201204/article_13.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201205/article_10.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_22.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_8.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_10.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200904/article_4.html
 ・ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_2.html

 ・ナストロ・ダルジェント賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_6.html

 ・イタリア・ゴールデングローブ賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201306/article_13.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月〜12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【PHOTO GALLERY】

 ・Thony

画像

 ・アレッサンドロ・ガスマン

画像

 ・ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ

画像

 ・カルロ&ルカ・ヴェルドーネ

画像

 ・ジャスミン・トリンカ

画像

 ・ダニエレ・ヴィカリ

画像

 ・テア・ファルコ

画像

 ・トニ・セルヴィッロ

画像

 ・マッテオ・ガローネ

画像

 ・ラウラ・モランテ

画像

 ・ロベルト・ヘルリッカ

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞2013 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる