海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA) 2013 受賞結果!

<<   作成日時 : 2013/05/03 21:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA)2013の受賞結果です。(3月19日発表)

 オーストラリアの映画批評家による映画賞には、オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA:Film Critics Circle of Australia)とオーストラリア映画批評家協会賞(AFCA:Australian Film Critics Association)があって、混乱してしまいますが―
 FCCAは、設立年不詳、メンバー数も不詳ですが、歴史はこちらの方が古く、シドニーを本拠地としていています。
 もう一方のAFCAは、元々はメルボルンの映画フォーラムから発展した映画批評家の団体で、1996年設立で、2004年からオーストラリア全域に会員を広げ、メンバー数は60人以上。映画賞は2008年からスタートさせています。
 どちらも国際批評家連盟の会員であるようです。
 FCCAの方は、IMDbに受賞データが記載されており、AFCAの方は、映画レビューに関する表彰も行なっているというのが特徴になっています。

 *FCCA公式サイト:http://www.fcca.com.au/main/page_home.html
 *Wikipedia:https://en.wikipedia.org/wiki/Film_Critics_Circle_of_Australia
 *IMDb:http://www.imdb.com/event/ev0000061/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ・“Dead Europe” 監督:Peter Templeman
 ・“Lore” 監督:ケイト・ショートランド
 ・“Not Suitable For Children” 監督:Peter Templeman
 ・“The Sapphires” 監督:Wayne Blair
 ◎“Wish You Were Here” 監督:キーラン・ダーシー=スミス(Kieran Darcy-Smith)

 ◆監督賞
 ・Wayne Blair “The Sapphires”
 ・キーラン・ダーシー=スミス “Wish You Were Here”
 ◎ケイト・ショートランド “Lore”
 ・Peter Templeman “Not Suitable For Children”

 ケイト・ショートランドは、オーストラリア・アカデミー賞も受賞。

 ◆主演男優賞
 ◎ジョエル・エドガートン(Joel Edgerton) “Wish You Were Here”
 ・ユエン・レスリー(Ewen Leslie) “Dead Europe”
 ・クリス・オダウド(Chris O’Dowd) “The Sapphires”

 ◆主演女優賞
 ・デボラ・メイルマン(Deborah Mailman) “The Sapphires”
 ・Felicity Price “Wish You Were Here”
 ◎Sarah Snook “Not Suitable For Children”

 ◆助演男優賞
 ◎アントニー・スター(Antony Starr) “Wish You Were Here”
 ・リーヴ・シュレイバー “Mental”(監督:P・J・ホーガン)
 ◎Ryan Corr “Not Suitable For Children”

 アントニー・スターは、オーストラリア・アカデミー賞も受賞。

 ◆助演女優賞
 ◎レベッカ・ギブニー(Rebecca Gibney) “Mental”
 ・Jessica Mauboy “The Sapphires”
 ・テレサ・パルマー(Teresa Palmer) “Wish You Were Here”

 ◆脚本賞
 ◎“Wish You Were Here” キーラン・ダーシー=スミス(Kieran Darcy-Smith)、Felicity Price
 ・“Lore” ケイト・ショートランド、Robin Mukherjee
 ・“The Sapphires” Keith Thompson、トニー・ブリッグス(Tony Briggs)

 キーラン・ダーシー=スミスは、オーストラリア・アカデミー賞も受賞。

 ◆撮影賞
 ・“Lore” アダム・アーカポー(Adam Arkapaw)
 ・“Wish You Were Here ジュールズ・オロフリン(Jules O'Loughlin) ACS
 ◎“The Sapphires” ワーウィック・ソーントン(Warwick Thornton)

 ワーウィック・ソーントンは、オーストラリア・アカデミー賞も受賞。

 ◆編集賞
 ◎“Wish You Were Here” ジェイソン・バランタイン(Jason Ballantine) ASE
 ・“The Sapphires” ダニー・クーパー(Dany Cooper) ASE
 ・“Lore” ヴェロニカ・ジネット(Veronika Jenet)

 ◆オリジナル作曲賞
 ・“Not Suitable For Children” マッテオ・ジンガレス(Matteo Zingales)
 ◎“The Sapphires” チェザリー・スカビスゼウスキー(Cezary Skubiszewski)
 ・“Lore” マックス・リヒター

 ◆ヤング・パフォーマンス賞(Best Performance By A Young Actor)
 ・コディ・スミット=マクフィー(Kodi Smit-Mcphee) “Dead Europe”
 ・ハンナ・マンガン=ローレンス(Hanna Mangan Lawrence) “Thirst”(監督:Robert Carter)
 ◎Saskia Rosendahl “Lore”
 ・Lily Sullivan “Mental”

 Saskia Rosendahlは、オーストラリア・アカデミー賞でもヤング俳優賞を受賞しています。

 ◆ドキュメンタリー賞
 ・“Despite The Gods” 監督:Penny Vozniak
 ・“Dr Sarmast's Music School”(ABC1) 監督:Polly Watkins
 ・“Lasseter’s Bones” 監督:Luke Walker
 ◎“Paul Kelly: Stories Of Me” 監督:Ian Darling

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネーション&受賞状況は以下の通り。

 ・“Wish You Were Here”(5/9):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集
 ・“The Sapphires”(2/9):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集・作曲
 ・“Lore”(2/7):作品・監督・脚本・撮影・編集・作曲・ヤング
 ・“Not Suitable For Children”(2/5):作品・監督・主演女優・助演男優・作曲
 ・“Dead Europe”(0/3):作品・主演男優・ヤング
 ・“Mental”(1/3):助演男優・助演女優・ヤング
 ・“Thirst”(0/1):ヤング

 オーストラリア・アカデミー賞では、“The Sapphires”の圧勝でしたが、オーストラリア映画批評家サークル賞では、オーストラリア・アカデミー賞の結果と重なりつつも、“Wish You Were Here”が作品賞を含む5部門で最多受賞になりました。

 オーストラリア・アカデミー賞を制した“The Sapphires”は2部門のみの受賞で、米国アカデミー賞外国語映画賞オーストラリア代表作品の“Lore”も、監督賞を含む2部門のみの受賞となり、5部門でノミネートされた“Not Suitable For Children”も2部門の受賞にとどまりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Wish You Were Here”(オーストラリア) 監督:キーラン・ダーシー=スミス (Kieran Darcy-Smith)
 出演:ジョエル・エドガートン(Joel Edgerton)、テレサ・パーマー(Teresa Palmer)、Felicity Price、アントニー・スター(Antony Starr)
 物語:4人の仲間が東南アジアへと気ままなホリデーに出かけ、3人だけが帰ってくる。まずデイヴとアリスが帰ってきて、ジェレミーの謎の失踪について家族に話す。続いて、アリスの姉で、ジェレミーの恋人であったステフが帰ってきて、ジェレミーがいなくなった夜の忌まわしい秘密について話す。しかし、それはまだほんの序の口に過ぎなかった。満月の輝くカンボジアの夜。踊っていた彼らにいったい何があったのだろうか?
 監督のキーラン・ダーシー=スミスは、『地獄の変異』や『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』などに出演している俳優で、これが初監督長編。
 サンダンス映画祭2012出品。
 釜山国際映画祭2012 スペシャル・プログラム・イン・フォーカス部門出品。
 オーストラリア・アカデミー賞2013 助演男優賞(アントニー・スター)・脚本賞受賞。

画像

 ・“The Sapphires”(オーストラリア) 監督:Wayne Blair
 出演:クリス・オダウド、デボラ・メイルマン(Deborah Mailman)、Jessica Mauboy、Shari Sebbens、Miranda Tapsell
 物語:1968年のオーストラリア。アボリジニーの3姉妹、ゲイル、ジュリー、シンシアとその従姉妹のケイは、アイルランド人のデイブと出会う。彼は、ウィスキーとソウルミュージックを愛するミュージシャンで、彼女たちの才能を見出して、サファイアーズという名のグループを結成する。5人は、南ベトナムの戦争地帯へとツアーを行ない、巧みに弾丸をかわしながら、海兵隊員のために歌い、そして恋に落ちていく。
 カンヌ国際映画祭2012 ミッドナイト・スクリーニング部門出品。
 トロント国際映画祭2012 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 釜山国際映画祭2012 ワールド・シネマ部門出品。
 ムンバイ映画祭2012 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 パームスプリングス国際映画祭2013 観客賞受賞。
 ロンドン・イブニングスタンダード映画賞2013 ピーター・セラーズ コメディー賞ノミネート(クリス・オダウド)。
 オーストラリア・アカデミー賞2013 作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・助演女優賞・脚色賞・撮影賞・編集賞・美術賞・衣裳賞・録音賞受賞。
 ポニーキャニオン配給にて公開予定。

画像

 ・“Lore”(オーストラリア・英・独) 監督:ケイト・ショートランド
 出演:Saskia Rosendahl、Kai Malina.
 物語:ナチの両親が投獄されて、Loreは、妹ともに、戦争で破壊された1945年のドイツの地を進んでいく。カオスの中、彼女はミステリアスなユダヤ人の少年トマスと出会い、憎しみと欲望を浴びせかけられて、彼女のもろいリアリティーはバラバラにされる。生きるために、彼女は誰かの助けを借り、人を憎み、自分の中の闇と向き合うことを学ぶ。
 トロント国際映画祭2012 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ハンプトンズ国際映画祭2012 長編ナラティブ部門最優秀作品賞、撮影賞、The Jeremy Nussbaum Prize for Provocative Fiction受賞。
 釜山国際映画祭2012 ワールド・シネマ部門出品。
 ロンドン映画祭2012 コンペティション部門出品。
 バリャドリッド国際映画祭2012 コンペティション部門出品。新人監督賞受賞。
 ストックホルム国際映画祭2012 コンペティション部門出品。グランプリ&音楽賞受賞。
 米国アカデミー賞2013 外国語映画賞 オーストラリア代表。
 ドイツ映画賞2013 作品賞・撮影賞・衣裳賞・音楽賞ノミネート。
 キノフィルムズ配給にて公開予定。

画像

 ・“Not Suitable For Children”(オーストラリア) 監督:Peter Templeman
 出演:ライアン・クワンテン(Ryan Kwanten)、Sarah Snook、Ryan Corr、ボヤナ・ノヴァコヴィッチ(Bojana Novakovic)、アリス・パーキンソン(Alice Parkinson)、ダニエル・ヘンシュオール(Daniel Henshall)、クレア・ボウエン(Clare Bowen)、Kathryn Beck
 物語:ジョナは、思いのままに生きてきたが、あと1月で不妊治療をさせられることになり、それまでの間に一緒に子供を作ってくれる相手を見つけようとする。ところが、彼の親友のいたずらによって、できるだけ多く、彼の子種をばらまこうという風に流れが変わってくる。しかし、ついに究極の「相手」が見つかる……。
 オーストラリア・アカデミー賞2013 作曲賞受賞。

画像

 ・“Mental”(オーストラリア) 監督:P・J・ホーガン
 出演:トニ・コレット、リーヴ・シュレイバー、レベッカ・ギブニー(Rebecca Gibney)、デボラ・メイルマン(Deborah Mailman)、アンソニー・ラパグリア、ケリー・フォックス
 物語:シャーリーは、政治家で、火遊びばかりしている夫バリーのことを支えられず、また、世話のやける子供たち5人を抱え、神経衰弱に陥ってしまう。バリーは、表向きは休暇中ということにして、妻を精神病院に預けるが、5人の子供たちを前に途方に暮れる。彼は、衝動的にヒッチハイカーのシャズを雇い入れ、彼女に子守役を任せる。
 メルボルン国際映画祭2012出品。

画像

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・オーストラリア映画批評家サークル賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_19.html

 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 国内部門賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_13.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 インターナショナル・アワード ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_23.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 インターナショナル・アワード 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_65.html
 ・オーストラリア・アカデミー賞2013 国内部門賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_1.html

 ・オーストラリア映画批評家協会賞(AFCA) 2013 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_8.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月〜2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オーストラリア映画批評家サークル賞(FCCA) 2013 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる