海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS チェコ・アカデミー賞/チェコ・ライオン2013 受賞結果!

<<   作成日時 : 2013/05/02 01:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第20回チェコ・ライオンČeský lev (チェコ・アカデミー賞)の受賞結果です。(2月2日ノミネーション発表。3月2日受賞結果発表)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞(Nejlepší film)
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” 監督:Bohdan Sláma
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” 監督:ヤン・フジェベイク
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)” 監督:Jan Prušinovský
 ・“Polski Film(The Polish Film)” 監督:Marek Najbrt
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” 監督:David Ondříček

 ◆監督賞(Nejlepší režie)
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” Bohdan Sláma
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” ヤン・フジェベイク
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)” Jan Prušinovský
 ・“Polski film” Marek Najbrt
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” David Ondříček


 ◆主演男優賞(Nejlepší hlavní mužský herecký výkon)
 ・“7 dní hříchů(7Days of Sins)”(監督:Jiří Chlumský) オンジェイ・ヴェトフィ(Ondřej Vetchý)
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” Jaroslav Plesl
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” マルティン・ペフラート(Martin Pechlát)
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)” ミロスラヴ・クロボット(Miroslav Krobot)
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” イヴァン・トロヤン(Ivan Trojan)

 オンジェイ・ヴェトフィは、助演男優賞にもノミネート。


 ◆主演女優賞(Nejlepší hlavní ženský herecký výkon)
 ・“7 dní hříchů(7Days of Sins)” Vica Kerekés
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” アンナ・ガイスレロヴァー(Anna Geislerová)
 ◎“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” Gabriela Míčová
 ・“Ve stínu(In The Shadow)” Soňa Norisová
 ・“Vrásky z lásky(Winkles of Love)”(監督:Jiří Strach) Jiřina Bohdalová


 ◆助演男優賞(Nejlepší vedlejší mužský herecký výkon)
 ・“Cesta do lesa(To the Woods)”(監督:トマーシュ・ヴォレル(Tomáš Vorel)) Jiří Schmitzer
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” カレル・ローデン(Karel Roden)
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” Martin Finger
 ◎“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)” オンジェイ・ヴェトフィ(Ondřej Vetchý)
 ・“Ve stínu(In The Shadow)” セバスチャン・コッホ(Sebastian Koch)

 オンジェイ・ヴェトフィは主演男優賞にもノミネート。


 ◆助演女優賞(Nejlepší vedlejší ženský herecký výkon)
 ◎“Čtyři slunce(Four Suns)” Klára Melíšková
 ・“Modrý tygr(The Blue Tiger)”(監督:Petr Oukropec)  バルボラ・フルザノヴァー(Barbora Hrzánová)
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)” Pavla Beretová
 ・“Polski Film(The Polish Film)” Jana Plodková
 ・“Vrásky z lásky(Winkles of Love)” Jiřina Jirásková


 ◆脚本賞(Nejlepší scénář)
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” Bohdan Sláma
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” Dušan D. Pařízek
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)” Jan Prušinovský
 ・“Polski Film(The Polish Film)” Robert Geisler、Marek Najbrt、ベンヤミン・トゥチェック(Benjamin Tuček)
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” Marek Epstein、ダビド・オンドリチェク(David Ondříček)、Misha Votruba

 ◆撮影賞(Nejlepší kamera)
 ・“7 dní hříchů(7Days of Sins)” Ján Ďuriš
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” Diviš Marek
 ・“Konfident(The Imformer)”(監督:ユライ・ヌウオタ(Juraj Nvota)) Jan Malíř
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” Lukáš Milota、Martin Štrba
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” アダム・シコラ(Adam Sikora)


 ◆編集賞(Nejlepší střih)
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” Jan Daňhel
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” ウラジミール・バラーク(Vladimír Barák)
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)” Otakar Šenovský
 ・“Polski Film(The Polish Film)” Pavel Hrdlička
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” Michal Lánský


 ◆美術賞(Nejlepší výtvarný počin)
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” Zdeněk Klika、Zuzana Krejzková、Jan Vlasák
 ・“DONT STOP”(監督:Richard Řeřicha) Katka Coufalíková、Lukáš Král、Jan Vlček
 ・“Modrý tygr(The Blue Tiger)” Henrich Boráros、ユライ・ホルヴァート(Juraj Horváth)、Michal Struss
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” Milan Býček、Jonáš Janků、Kamila Polívková
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” Jarmila Konečná、Lukáš Král、Jan Vlasák

 Jan VlasákとLukáš Králは、ダブル・ノミネート。

 ◆録音賞(Nejlepší zvuk)
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” Jan Čeněk
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)” Michal Čech、Matěj Matuška
 ・“Polski Film(The Polish Film)” Jakub Čech、Marek Hart、Tomáš Zůbek
 ・“Posel”(監督:Vladimír Michálek) Radim Hladík ml.
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” Jakub Čech、Pavel Rejholec

 Jakub Čechは、ダブル・ノミネート。


 ◆音楽賞(Nejlepší hudba)
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” Vypsaná fiXa
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)” Ivan Acher
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)” Vratislav Kydlíček、Jan P. Muchow
 ・“Polski Film(The Polish Film)” Midi Lidi
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” Jan P. Muchow、Michal Novinski

 Jan P. Muchowは、ダブル・ノミネート。


 ◆ドキュメンタリー賞(Nejlepší document)
 ・“Dva nula(Two Nil)” 監督:Pavel Abrahám
 ◎“Láska v hrobě(Love In The Grave)” 監督:David Vondráček
 ・“Soukromý vesmír(Private Universe)” 監督:Helena Třeštíková
 ・“Váňa” 監督:Jakub Wagner
 ・“Věra 68” 監督:Olga Sommerová

 Helena Třeštíkováは、2011年に受賞しています。


 ◆外国映画賞(Nejlepší zahraniční film)
 ・『クラウド アトラス』“Atlas mraků”(米) 監督:トム・ティクヴァ、アンディー&ラナ・ウォシャウスキー
 ・『ヒューゴの不思議な発明』“Hugo a jeho velký objev”(米) 監督:マーティン・スコセッシ
 ・『ル・アーヴルの靴みがき』“Le Havre”(フィンランド・仏・独) 監督:アキ・カウリスマキ
 ◎『最強のふたり』“Nedotknutelní”(仏) 監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
 ・『別離』“Rozchod Nadera a Simin”(イラン) 監督:アスガー・ファルハディ

 ◆学生作品賞(Cena Magnesia za Nejlepší studentský film)
 ◎“M.O. ” 監督:Jakub Kouřil
 ・“Numbers” 監督:Robert Hloz
 ・“Svlíkání” 監督:Jiří Volek
 ・“Tenkrát poprvé” 監督:Nina Mikesková
 ・“Velkej Honza” 監督:Marek Ciccotti

 ◆映画批評家・理論家が選ぶ最優秀映画賞(Cena filmových kritiků a teoretiků za Nejlepší hraný film
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)”
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)”
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)”
 ・“Polski Film(The Polish Film)”
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)”

 ◆映画批評家・理論家が選ぶ最優秀ドキュメンタリー賞(Cena filmových kritiků a teoretiků za Nejlepší dokumentární film)
 ・“Dva nula(Two Nil)” 監督:Pavel Abrahám
 ◎“Láska v hrobě(Love In The Grave)” 監督:David Vondráček
 ・“Soukromý vesmír” 監督:Helena Třeštíková
 ・“Tmář a jeho rod aneb Slzavé údolí pyramid” 監督:Karel Vachek
 ・“Věra 68” 監督:Olga Sommerová

 ◆最優秀ポスター賞(Cena za Nejlepší filmový plakát)
 ・“Čtyři slunce(Four Suns)” Aleš Najbrt
 ・“DONT STOP” Marius Corradini
 ・“Modrý tygr(The Blue Tiger)” Juraj Horváth
 ・“Polski Film(The Polish Film)” Aleš Najbrt
 ◎“Ve stínu(In The Shadow)” Marius Corradini

 ◆KINOBOX賞(Cena filmového portálu KINOBOX.cz)
 ・“Líbáš jako ďábel” 監督:Marie Poledňáková
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)”
 ・“Probudím se včera(I Wake Up Yesterday)” 監督:ミロスラフ・シュミートマイエル(Miloslav Šmídmajer)
 ◎“Tomorrow Will Be Better” 監督:Martin Přívratský
 ・“Ve stínu(In The Shadow)”

 ◆観客賞
 ◎“Líbáš jako ďábel” 監督:Marie Poledňáková

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネーション&受賞状況は以下の通り。

 ・“Čtyři slunce(Four Suns)”(1/14):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・録音・音楽・批評家・ポスター
 ・“Ve stínu(In The Shadow)”(11/13):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・録音・音楽・批評家・ポスター
 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)”(1/11):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・音楽・批評家
 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)”(1/10):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・編集・録音・音楽・批評家
 ・“Polski film”(0/9):作品・監督・助演女優・脚本・編集・録音・音楽・批評家・ポスター
 ・“7 dní hříchů(7Days of Sins)”(0/3):主演男優・主演女優・撮影
 ・“Modrý tygr(The Blue Tiger)”(0/3):助演女優・美術・ポスター
 ・“Vrásky z lásky(Winkles of Love)”(0/2):主演女優・助演女優
 ・“DONT STOP”(0/2):美術・ポスター

 ノミネーションでは、5作品が9部門以上のノミネートで並び、“Čtyři slunce(Four Suns)”が最多14ノミネートとなりました。この5作品は、いずれも作品賞・監督賞・脚本賞・編集賞・音楽賞・批評家賞の6部門でノミネートされていました。

 最多受賞となったのは、ノミネートされていた13部門中11部門を制した“Ve stínu(In The Shadow)”で、この作品は、米国アカデミー賞2013 外国語映画賞チェコ代表作品にも選ばれて、文字通り2012年のチェコ映画を代表する作品になっています。

 先に発表になっていたチェコ映画批評家協会賞とは、脚本賞以外、ドキュメンタリー賞を含め、すべてが同じ結果になっています。

 2012年のチェコ映画で、国際的に高く評価された作品は、特にこれというようなものはなく、それでもあえて挙げるならヤン・フジェベイクのもう1本の監督作品“The Holy Quaternity(Svatá čtveřice)”ですが、なぜかこの作品は、チェコ・ライオンのどこにもノミネートされませんでした。

 2012年に日本で劇場公開されたチェコ映画も、短編アニメーションなどを除けば、おそらく1本もなかったはずで、ヤン・フジェベイクあたりの作品ならコンスタントに紹介されてもいいと思うのですが、とんとご無沙汰です。
 さて、2013年はどうでしょうか。

 *参考サイト
 ・http://www.kinobox.cz/ceskylev/2012/nominace

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・チェコ・ライオン2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_33.html
 ・チェコ・ライオン2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_8.html
 ・チェコ・ライオン2010 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_21.html
 ・チェコ・ライオン2009 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_10.html

 ・チェコ映画批評家協会賞2013:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_2.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月〜2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“Ve stínu(In The Shadow)” (チェコ・スロヴァキア・ポーランド・イスラエル) 監督:David Ondříček
 出演:イヴァン・トロヤン、セバスチャン・コッホ、Sona Norisová
 物語:1953年のチェコスロヴァキア。宝石店強盗が起こり、Hakl警部が捜査を担当する。平凡な強盗事件に思われたその事件は、政治的な事件になり、国家安全保障局からの命令があって、捜査の指揮権は、東ドイツ警察のスペシャリストに移される。盗まれた金は、シオニストの組織がテロのために使う支援金だというのだ。Hakl警部の本能は、何かがおかしいと告げる。彼は、1つ1つの証拠こそが真実に導いてくれると考える古いタイプの刑事であり、真実に近づくために、自分独りで捜査を続けようと決める。共産主義警察のネットワークはあまりにも大きく、脅威となって彼の前に立ちはだかってくる。
 米国アカデミー賞2013 外国語映画賞 チェコ代表作品。
 チェコ映画批評家協会賞2013 作品賞、監督賞、主演男優賞(イヴァン・トロヤン)、撮影賞、オリジナル音楽賞受賞。


 ・“Čtyři slunce(Four Suns)”(チェコ) 監督:Bohdan Sláma
 出演:Jaroslav Plesl、Aňa Geislerová、Karel Roden、Jiří Mádl、Klára Melíšková
 物語:Fogiは、改心して、新たに夫として、そして父親としての責任を受け入れ、トラブっている息子のモデルになろうとする。しかし、生来の性格は変えられず、結局はただの傍観者と化し、家族は崩壊していく。
 監督は、“Venkovský učitel(田舎教師)”のBohdan Sláma。
 サンダンス映画祭2012出品。
 チェコ映画批評家協会賞2013 助演女優賞(Klára Melíšková)、脚本賞受賞。

画像

 ・“Odpad město smrt(Waste, City and Death)”(チェコ) 監督:ヤン・フジェベイク
 出演:Gabriela Míčová、マルティン・ペフラート(Martin Pechlát)、Martin Finger、Jiří Černý、Stanislav Majer、Dana Poláková
 物語:ここは、腐敗した政治家や警察によって支配されている街。娼婦のロミは、ある日、リッチなユダヤ人と出会う。彼は、ロミに性的なサービスを求めず、代わりに、話をしてくれとせがむ。そんなことを言われたことのなかった彼女は、こんな客もいるのかとうれしくなるが、その気持ちは誰にもわかってもらえない。むしろ、ポン引きのフランツや仲間は、ヤツの愛人にしてもらえと責め立ててくる。
 反ユダヤ的であるとして、論議を呼び、70年代から80年代にかけて、何度も上演計画が持ち上がりながら、ドイツ国内では一度も上演できなかったライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの戯曲『塵(ゴミ)、都会、そして死(Der Müll, die Stadt und der Tod)』の映画化。(ダニエル・シュミットは『天使の影』として1976年に映画化している。)
 チェコでは、2012年11月22日に、プレミア上映とVOD配信が同日に行なわれ、そのことでも話題になった。
 なぜか、IMDbにもCineuropaにも全く作品情報がありません。何か意図的なこと(タブー?深謀遠慮?)でもあるでしょうか。
 チェコ映画批評家協会賞2013 主演女優賞受賞(Gabriela Míčová)

画像

 ・“Okresní přebor - Poslední zápas Pepika Hnátka(Sunday League - Pepik Hnatek’s Final Match)”(チェコ) 監督:Jan Prušinovský
 出演:ミロスラヴ・クロボット(Miroslav Krobot)、Luděk Sobota、オンジェイ・ヴェトフィ(Ondřej Vetchý)、デイヴィッド・ノヴォトニー(David Novotný)、Leoš Noha、 Jaroslava Pokorná
 物語:チェコのサッカー・チームFC Slavoj Housliceの物語。中心となるのは、戦略家として知られたコーチ、Pepik Hnátekであり、彼にとって、サッカーとは人生そのものだった。しかし、彼は、まわりの誰にも自分が心臓病を患っていることを隠していた。12回目の発作が起きた時、彼は、治療に専念するか、それともサッカーを続けるか、決めなければならなくなる……。
 同じ内容の作品は、同じタイトルで、2010年からチェコでTVシリーズとしてドラマ化されているが、この映画は、それより以前から企画されていたという。
 チェコ映画批評家協会賞2013 助演男優賞受賞(オンジェイ・ヴェトフィ)。

画像

 ・“Polski Film(The Polish Film)”(チェコ・ポーランド) 監督:Marek Najbrt
 出演:Pavel Liska、Tomas Matonoha、Marek Daniel、Josef Polasek、Jan Budar、Jana Plodkova、Katarzyna Zawadzka
 物語:Pavel Liska、Tomas Matonoha、Marek Daniel、Josef Polasekという学生時代の仲間で、今はともにチェコで名の知られた俳優となった4人が、昔からの夢を実現すべく、一緒に映画を作ろうとする。彼らは、ポーランド人に投資を募り、条件として、自分たちの共演者としてポーランド人女優を起用することになる。しかし、制作が進むにつれ、問題が多発する。まず、チェコ人のユーモアがポーランド人には通じないのだ。Pavelは、ポーランド語は大丈夫だが、チェコ語を話そうとすると、言語障害を起こすし、Tomasは製作費に大きな穴を開けそうになる。加えて、キャストどうしのロマンスが撮影をカオスに陥れる。そして物語が進むにつれ、フィクションと現実の境が曖昧になっていく。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2012 コンペティション部門出品。男優賞受賞(Pavel Liska、Tomas Matonoha、Marek Daniel、Josef Polasek)。

画像

 ・“Modrý tygr(The Blue Tiger)”(チェコ・独・スロヴァキア) 監督:Petr Oukropec
 出演:Barbora Hrzánová、ヤン・ハートル(Jan Hartl)
 物語:ヨハンカとマチアスは、両親たちと一羽のオウムと一緒に市の真ん中にある植物園で暮らしている。ある日、市長が、植物園を取り壊して、新たなテーマパークを作ろうと言い出す。一方、街中に内気で迷子の青いトラが現れて、一攫千金を狙う人々によって追い回される。ヨハンカとマチアスは、トラと植物園を守るために立ち上がる。
 チェコの絵本作家テレザ・ホルヴァートヴァーの絵本『青いトラ』の映画化。
 ズリーン国際映画祭2012子供向け長編映画 インターナショナル・コンペティション部門出品。ズリーン市長賞受賞。

画像

 ・“Láska v hrobě(Love In The Grave)”(チェコ) 監督:David Vondráček
 JanとTanaは、ホームレスで、プラハ郊外の墓地にある廃墟に住みつく。墓地は、高い壁と木々に囲まれていて、世界から2人を隔絶する。そこはあまりのも居心地がよくて、離れられなくなる。墓地の管理人は、改修工事を行なうというが、だからといって、彼らに別の家を用意してくれるわけではない。2人は、他人からの助けを拒絶し、アルコールに溺れていく……。

画像

 ・“Soukromý vesmír(Private Universe)”(チェコ) 監督:Helena Třeštíková
 物語:1974年、監督のHelena Třeštíkováは、第1子が生まれようとしている夫婦JanaとPetr Kettnerovaにカメラを向け、彼らに関するドキュメンタリーを撮る。以来37年、Helenaは彼らの様子をフィルムに収めてきた。彼らの歴史は、チェコの歴史そのものだ。第1子のHonzaは、やがてアナーキストになり、落伍者になり、マリファナ中毒者になった(この順番で)。時代の影響を受けながら、夫妻は楽しく安定した家庭を築いた。フィルム映像やビデオ、写真、Petrによって書かれた綿密な日記が、彼らの37年間を映し出す。
 チェコのドキュメンタリー作家Helena Třeštíkováの集大成的な作品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2012 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チェコ・アカデミー賞/チェコ・ライオン2013 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる