海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭2013 受賞結果!

<<   作成日時 : 2013/05/13 22:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第31回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭(BIFFF)(4月2日-13日)の受賞結果です。

 ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭は、ヨーロッパ国際ファンタスティック映画祭連盟に加盟している22の映画祭の1つです。
 ヨーロッパ国際ファンタスティック映画祭連盟加盟映画祭は、「ヨーロッパ」と銘打ちながら、3つの北米の映画祭と1つのアジアの映画祭を含み、ブリュッセル、シッチェス・カタロニア(西)、ストラスブール(仏)、ヌーシャテル(スイス)、ルンド(スウェーデン)、プチョン(韓)の各ファンタスティック映画祭のほか、フィルム4フライトフェスト(ロンドン)、ファノメノン・リーズ国際映画祭(リーズ、英)、アベルトワール・ホラー映画祭(アベリストウィス、ミッド・ウェールズ)、MOTELxリスボン国際ホラー映画祭(ポルトガル)、サンセバスチャン・ホラー&ファンタジー映画祭(西)、ファンシネ・マラガ国際ファンタスティック映画祭(マラガ、西)、レンヌ短編映画祭(仏)、ラゾール・リール・ファンタスティック映画祭(ブリュッヘ、ベルギー)、イマジン・フィルム・フェスティバル(アムステルダム)、トリエステ国際サイエンス・フィクション映画祭(伊)、グロスマン・ファンタスティック・フィルム&ワイン・フェスティバル(スロヴェニア)、ハープサル・ホラー&ファンタジー映画祭(エストニア)、エスポー・シネ国際映画祭(フィンランド)、ファンタジア国際映画祭(モントリオール)、スクリームフェスト・ホラー映画祭(LA)、ファンタスティック・フェスト(オースティン、米)があります。
 これらの映画祭の中で、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭は、12月以降、最初に開催されるファンタスティック映画祭であり、100人以上のゲスト、6万人以上の観客を集め、ファンタスティック映画祭の中ではもちろん、ヨーロッパで開催される映画祭の中でもトップクラスの規模の映画祭になっています。

 また、この映画祭は、ファンタスティック映画祭として、このジャンルの日本映画を実にコンスタントに評価してきた映画祭として知られ、たとえば、過去に以下のような作品が賞を受賞しています――

 2012年 『ラビット・ホラー3D』(監督:清水崇) インターナショナル・コンペティション 準グランプリ
 2012年 『ヒミズ』(監督:園子温) 「第七軌道」コンペティション グランプリ
 2010年 『しんぼる』(監督:松本人志)  インターナショナル・コンペティション 審査員特別賞、「第七軌道」コンペティション グランプリ
 2007年 『デスノート』(監督:金子修介) 観客賞
 2005年 『稀人 まれびと』(監督:清水崇) インターナショナル・コンペティション グランプリ
 2005年 『ヴィタール』(監督:塚本晋也) インターナショナル・コンペティション 審査員特別賞
 2005年 『茶の味』(監督:石井克人) 「第七軌道」コンペティション グランプリ
 2004年 『牛頭 GOZU』(監督:三池崇史) インターナショナル・コンペティション 審査員特別賞
 2003年 『荒神』(監督:北村龍平) インターナショナル・コンペティション 審査員特別賞
 2002年 『仄暗い水の底から』(監督:中田秀夫) インターナショナル・コンペティション 審査員特別賞
 2001年 『バンパイアハンターD』(監督:川尻義昭) インターナショナル・コンペティション 審査員特別賞
 1999年 『リング』(監督:中田秀夫) インターナショナル・コンペティション グランプリ
 1992年 『鉄男U〜TETSUO U:THE BODY HAMMER』(監督:塚本晋也) インターナショナル・コンペティション 審査員特別賞

 今年の受賞結果は以下の通り。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆インターナショナル・コンペティション

 ※審査員:Marina Anna Eich、ローランド・ジョフィ、イアン・ソフトリー、フレデリック・フォンテーヌ(Frédéric Fonteyne)

 ◎グランプリ(The Golden Raven/Grand Prize):“Ghost Graduation(Promoción fantasma)”(西) 監督:ハビエル・ルイス・カルデラ(Javier Ruiz Caldera)

画像

 “Ghost Graduation(Promoción fantasma)”(西) 監督:Javier Ruiz Caldera
 物語:モデストは、学校の教師だが、幽霊が見え、話もできるということで、これまでいくつもの学校をクビになり、精神科にかかることで経済的負担も強いられていた。ところが、モンフォルテの学校に移ったことで運命が変わる。そこでは、5人の不良生徒の亡霊が学校をホラーハウスに変えていた。モデストは、5人のカウンセリングに乗り出すが、そのことで問題は解決しない。なんとかして彼らに「卒業」してもらわなければならないのだ。
 ウィル・スミス プロデュースによってリメイクが決定している。
 トロント国際映画祭2012 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。


 ◎審査員特別賞(The Silver Raven/The Special Jury Prize):『アブダクティ』“Abductee”(日) 監督:山口雄大

画像

 ◎審査員特別賞(The Silver Raven/The Special Jury Prize):“American Mary”(カナダ) 監督:Jen Soska、Sylvia Soska.

 “American Mary”(米・カナダ) 監督:Jen & Sylvia Soska
 出演:キャサリン・イザベル(Katharine Isabelle)、ジュリア・マクスウェル(Julia Maxwell)、アントニオ・クーポ(Antonio Cupo)、Paul Anthony
 物語:メアリーは医学生だったが、アカデミックな世界に幻滅を感じ、非合法な世界に首をつっこませる。そこでは、金次第で、法で許されている以上のことがまかり通っていて、彼女の前にも、自分の体を作り変えたいパフォーマンス・アーティストたちが列を作る。この経験は、彼女の精神に決して消し去れないものを残したが、それは、彼女が手術を施した「患者」以上に深いものかもしれなかった。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2012 ファンタスティック・パノラマ コンペティション部門出品。

画像

 [その他のエントリー作品]
 ・“Stitches”(アイルランド) 監督:コナー・マクマホン(Conor McMahon)
 ・“Ghost sweepers”(韓) 監督:Shin Jung-Won
 ・『鍵泥棒のメソッド』“Key of life”(日) 監督:内田けんじ
 ・“Upside Down”(カナダ) 監督:Juan Diego Solanas
 ・“After”(米) 監督:Ryan Smith
 ・“Between”(米) 監督:ジョルジオ・セラフィーニ(Giorgio Serafini)
 ・“Chained”(米) 監督:ジェニファー・リンチ(Jennifer Chambers Lynch)
 ・“Hellbenders 3D”(米) 監督:J・T・ペティ(J.T. Petty)
 ・“Human race”(米) 監督:Paul Hough
 ・“Kiss of the damned”(米) 監督:ザン・カサヴェテス(Xan Cassavetes)

 ◆ヨーロッパ・コンペティション

 ※審査員:アドリアン・ポリトフスキー(Adrian Politowski)、John Engel、Stéphane Streker、Myriam Leroy、マリー=エレーヌ・ドゾ(Marie-Hélène Dozo)、Pauline Duclaud-Lacoste、David Mathy

 ◎グランプリ(The Silver Melies):“May I Kill U ?”(英) 監督:スチュアート・アーバン(Stuart Urban)

画像

 “May I Kill U ?”(英) 監督:スチュアート・アーバン(Stuart Urban)
 出演:Kevin Bishop、Jack Doolan、フランシス・バーバー
 物語:バリーは、ロンドンを自転車で巡回する巡査で、いつも目立つジャケットを着込み、カメラのついたヘルメットをかぶっている。その姿は、大袈裟過ぎて、人々からからかいのネタにされていたが、一般的には、彼は静かな男性だと思われていた。ところが、家では気性の激しい母親にののしられ、彼は、知らず知らずのうちにノーマン・ベイツになりつつあった。暴動の最中、彼は、アフロ・カリブ系の凶暴犯と出会う。彼は、盗まれた薄型TVで相手を何度もたたき、撲殺する。この様子は、彼がヘルメットにつけていたカメラで撮影され、それがネット上に流れるが、母親や同僚からは非難されるものの、多くの人々からは支持を得る。以降、彼の「聖戦」が始まり、彼は、自分が決めたランクに応じて、犯罪者たちを処分していく。ちゃちな犯罪者が、彼から経験談を聞かされる。最初、尋問されるのかと思っていた男は、どうやら様子がおかしいことに気づく……。

画像

 ◎オナラブル・メンション(An Honourable Mention):“Earthbound”(アイルランド) 監督:Alan Brennan.

画像

 “Earthbound”(アイルランド) 監督:Alan Brennan
 出演:レイフ・スポール(Rafe Spall)、Jenn Murray、スティーヴン・ホーガン(Stephen Hogan)、デイヴィッド・モリッシー、Rory Keenan、Aoife Duffin、Carrie Crowley
 物語:ジョーは、11歳の時に、孤児になるが、父親からは、危険にさらされた遠い星から地球に逃げてきたと聞かされていて、いつか正義のヒーローとなって生まれ故郷の星に戻るのだと信じていた。20代半ばでコミック・ストアで働いていた彼は、ヴィンテージもののアクション系フィギュアを売りにきたマリアを見て、恋に落ちる。彼は、マリアとつきあうようになるが、ある時、賞金稼ぎが自分を追って地球にやってくるのではないかと思った彼は、この気持ちを誰かに知ってもらいたくてたまらなくなり、マリアに話すことにする。話を聞いた彼女は、彼を、年配の心理学の教授のところに連れていく……。

画像

 [その他のエントリー作品]
 ・“Community”(英) 監督:Jason Ford
 ・“A Fantastic Fear of Everything”(英) 監督:クリスピアン・ミルズ(Crispian Mills) & Chris Hopewell
 ・“The End”(西) 監督:Jorge Torregrossa
 ・“The Forest”(西) 監督:Oscar Aibar
 ・“Fairytale”(伊) 監督:Christian Bisceglia、Ascanio Malgarini
 ・“Paura 3D”(伊) 監督:アントニオ&マルコ・マネッティ(Antonio & Marco Manetti)

 ◆スリラー・コンペティション

 ※審査員:Paul Cleave、Patrick Ridremont、エリック・ゴドン(Eric Godon)

 ◎スリラー賞(The Thriller Award):『殺人の告白』“Confession Of A Murder”(韓) 監督:チョン・ビョンギル(Byung-Gil Jung)

画像

 『殺人の告白』“Confession Of A Murder”(韓) 監督:チョン・ビョンギル(Byung-Gil Jung)
 出演:パク・シフ、イ・ドゥソク、チョン・ジェヨン
 物語:「連続殺人事件から15年後。自分が犯人だと名乗りを上げた男イ・ドゥソク(パク・シフ)。時効が成立したため法的には無罪となった彼が自分の犯した殺人事件について詳細に記した本を出版する。その衝撃的な内容と、俳優のように美しいルックスが相まって、一躍、人気者になった彼と、犯人を探し続けてきた刑事や恨みを抱く遺族たちとの駆け引きが始まる。本の中に最後の未解決失踪事件の真相が書かれていないことに気づいた刑事ヒョング(チョン・ジェヨン)はドゥソクに向かって「詐欺罪で逮捕されるだろう」と言い放つ。そんな中、自分こそが真犯人だと主張するJと名乗る男が現れ…。」
 百想芸術大賞2013 脚本賞受賞。

画像

 [その他のエントリー作品]
 ・“Imposter ”(英) 監督:Bart Layton
 ・『ヒットマン レクイエム』“The Liability”(英) 監督:クレイグ・ヴィヴェイロス(Craig Viveiros)
 ・“Trap for Cinderella”(英) 監督:イアン・ソフトリー
 ・“Forgotten”(独) 監督:Alex Schmidt
 ・『ラット・キング』“Rat King”(フィンランド・エストニア) 監督:パトリ・コットヴィチャ(Petri Kotwica)
 ・“Confession of Murder”(韓) 監督:Byung-Gil Jung
 ・『嘆きのピエタ』(韓) 監督:キム・ギドク

 ◆「第七軌道」コンペティション(The 7th Orbit Competition)

 ◎グランプリ(The 7th Orbit prize):“Blancanieves”(西・仏) 監督:パブロ・ベルヘール(Pablo Berger).

 “Blancanieves”(西・仏) 監督:パブロ・ベルヘール(Pablo Berger).
 出演:マリベル・ベルドゥ、ダニエル・ヒメネス・カチョ、Macarena García、ホセ・マリア・ポウ(Jose María Pou)
 物語:1920年代のスペイン南部。少女は実の母親を知らなかった。父親は有名闘牛士で、彼女は父親のやり方を見て育ったが、邪悪な継母のことは嫌いだった。ある日、彼女は、小人の一団とともに逃亡し、のちに伝説のスターになった。
 『白雪姫』の物語を、1920年代のスペイン南部を舞台に置き換えて、映画化した作品。
 サイレント映画へのオマージュ作品。
 トロント国際映画祭2012 DISCOVERY部門出品。
 サンセバスチャン国際映画祭2012 コンペティション部門出品。審査員特別賞&女優賞(Macarena García)受賞。
 米国アカデミー賞2013外国語映画賞 スペイン代表。
 ゴヤ賞2013 作品賞・主演女優賞・脚本賞・撮影賞・衣裳賞・メイキャップ賞・作曲賞・歌曲賞・新人女優賞受賞。


 ◎オナラブル・メンション:“Vanishing Waves(Aurora)”(リトアニア・仏・ベルギー) 監督:Kristina Buozyte.

 “Vanishing Waves(Aurora)”(リトアニア・仏・ベルギー) 監督:Kristina Buozyte.
 物語:ルーカスは神経情報科学の若き科学者で、ある実験の実験台になる。それは、神経の転送を通して、他人の心を覗くというもので、彼は、昏睡状態にある女性の心の中に入り込む。彼は、次第にその女性(ルーカスが仮にオーロラと名前をつけることにした)の心の中の深い部分に入り込むことになるが、それは現実世界の彼をも変えることになるのだった……。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2012 イースト・オブ・ウェスト コンペティション部門出品。スペシャル・メンション受賞。
 モントリオール世界映画祭2012 フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門出品。
 釜山国際映画祭2012 ミッドナイト・パッション部門出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2012 ニュー・ヴィジョンズ部門出品。

画像

 [その他のエントリー作品]
 ・“Abracadabra”(ベルギー・独・英) 監督:Lucile Desamory
 ・“Belenggu”(インドネシア) 監督:Upi Avianto
 ・“Modus Anomali”(インドネシア) 監督:ジョコ・アンワル(Joko Anwar)
 ・『レミントンとオカマゾンビの呪い』“Remington and the Curse of the Zombadings”(フィリピン) 監督:ジェイド・カストロ(Jade Castro)
 ・“Legend of the T-Dog”(台湾・日) 監督:リー・ティネン・チュー(Tien-Chueh Lee)
 ・“The Peach Tree”(韓) 監督:ク・ヘソン(Hye-Sun Ku)
 ・“The Weight”(韓) 監督:Kyu-Hwan Jeon
 ・“Antiviral”(カナダ) 監督:ブランドン・クローネンバーグ(Brandon Cronenberg)
 ・“I Declare War”(カナダ) 監督:Jason Lapeyre & Robert Wilson
 ・“Mars et Avril”(カナダ) 監督:Martin Villeneuve
 ・“The Second Death(La segunda muerte)”(アルゼンチン) 監督:Santiago Fernandez Calvete

 ※「第七軌道」コンペティション(The 7th Orbit Competition)は、「映像の大胆さやストーリーにおける発想のユニークさなどの観点から選出されるコンペティション部門」と説明されていますが、実際にところは、「スリラー・コンペティション」が、スリラーやサスペンス、クライム、アクション、ミステリなどのジャンル作品を対象とするのに対し、「SFコンペティション」のようなもので、SF、ファンタジーからホラーよりの作品までをピックアップする部門になっているようです。
 「第七軌道」(The 7th Orbit)は、たぶん『スター・ウォーズ』あたりが由来の用語なのではないかと思われます。

 ◆短編部門(Palmares Short Film)

 ※審査員:Bénédicte Bourgeois、Michel Devillers、Gökhan Kulak、Nathalie Lebel、 Gilles Reunis、Guy Triffin

 ◎グランプリ(De Grand Prize):“Perfect Drug”(ベルギー) 監督:Toon Aerts.

 ◎シルバー・メリエス賞(The Silver Mélies):“Chambre Double”(ベルギー) 監督:Mathieu Mortelmans.

 ◎The Trois prize:“Délivre-Moi”(ベルギー) 監督:Antoine Duquesne

 ◎ユース賞(The youthprize):“Chambre Double”(ベルギー) 監督:Mathieu Mortelmans.

画像

 ◎Fedex賞(The Fedexprize):“This Is Love”(ベルギー) 監督:Florence Bolsée、Pia Callewaert.

画像

 ◎The Sabamprize:“Chambre Double”(ベルギー) 監督:Mathieu Mortelmans.

 ◆UPCB賞

 ※審査員:Cor Blancke、Alain Willaert、Marceau Verhaeghe

 ◎UPCB賞(UPCBprize):“Pour vous server”(ベルギー) 監督:Christophe Clin 「短編」

画像

 ◆観客賞

 ◎観客賞(The Prize of the Audience):“Ghost Graduation(Promoción fantasma)”(西) 監督:Javier Ruiz Caldera.

画像

 ◆第26回ボディー・ペインティング・コンテスト

 ※審査員:Erwan Simon、Patrick de Froidmont、Michel Devillers、Marleau De Schrijver、Jean-Paul Duriau

 第1位:Magali Couset with Pop Art de Keith Haring

画像

 第2位:Sophie Fauquet with Le Cri De Munch

画像

 第3位:Stéphanie Andino with Le Paradis Exquis

画像

 受賞者は、「描いた人」の方で、「キャンバスとして体を提供した人」は「with〜」で示されているということになるのでしょうか。(ひょっとすると、逆?)

 ※このほか、メイキャップ・コンテスト(第30回)が行なわれたほか、ニール・ジョーダンやダリオ・アルジェントのマスタークラス、ジャパニメーション2013といった特集上映など、多彩なプログラムが組まれました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞した作品は、ブラックな笑いを含んだ、わりとB級テイストな作品が多いようです。全く同じラインナップでも、審査員によっては、もっと違ったチョイスになったのではないかと思ったりもしますね。

 既に上映されたり、上映が決まっている作品もありますが、上記の中から、今後、さらに、なんらかの形で日本に紹介されるのではないかと思われる作品もありそうです。

 なお、調べていて、短編部門のグランプリ受賞作品“Perfect Drug”がちょっと気になったので、この作品については、記事を改めることにします。→http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_20.html

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_28.html

 ・シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2012
 ラインナップその1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_10.html
 ラインナップその2:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_11.html
 ラインナップその3:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_13.html
 ラインナップその4:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_14.html
 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201210/article_23.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月〜2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html
 ・映画賞&映画祭カレンダー 2013年5月〜12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201305/article_9.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭2013 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる