海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ルーマニア・アカデミー賞/GOPO賞2013 受賞結果!

<<   作成日時 : 2013/04/28 23:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第7回ルーマニア・アカデミー賞、GOPO賞(Premiile Gopo)が発表されました。(3月25日。ノミネーション発表は2月26日。)

画像

 ◆作品賞(Cel Mai Bun Film (Lungmetraj))
 ・“Despre Oameni Și Melci(Of Snails and Men)” 監督:Tudor Giurgiu
 ◎“Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)” 監督:Radu Jude
 ・“Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)” 監督:Silviu Purcărete
 ・“Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)” 監督:Gabriel Achim

 ◆監督賞(Cel Mai Bun Regizor (Lungmetraj))
 ・Gabriel Achim “Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)”
 ◎Radu Jude “Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”
 ・Silviu Purcărete “Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”
 ・Tudor Giurgiu “Despre Oameni Și Melci(Of Snails and Men)”

 Radu Judeは、2009年に短編映画賞を受賞して以来の受賞。

 ◆主演男優賞(Cel Mai Bun Actor Într-Un Rol Principal Într Un Film De Lung Metraj Ficţiune)
 ・Adrian Titieni “Și Caii Sunt Verzi Pe Pereţi(Chasing Rainbows)”(監督:Dan Chisu)
 ・Gabriel Spahiu “Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)”
 ◎Șerban Pavlu “Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”

画像

 ◆助演男優賞(Cel Mai Bun Actor Într-Un Rol Secundar Într Un Film De Lung Metraj Ficţiune)
 ・Doru Ana “Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)”
 ◎Gabriel Spahiu “Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”
 ・Sorin Leoveanu “Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”
 ・Tudor Smoleanu “Și Caii Sunt Verzi Pe Pereţi(Chasing Rainbows)”

画像

 ◆助演女優賞(Mai Bună Actriţă Într-Un Rol Secundar Într Un Film De Lung Metraj Ficţiune)
 ・Alina Berzunţeanu “Despre Oameni Și Melci(Of Snails and Men)”
 ◎Mihaela Sîrbu “Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”
 ・Ozana Oancea “Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)”
 ・Tamara Buciuceanu-Botez “Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”

 ◆脚本賞(Cel Mai Bun Scenariu De Lung Metraj FicȚIune)
 ・Dan Chişu “Și Caii Sunt Verzi Pe Pereţi(Chasing Rainbows)”
 ・Gabriel Achim、Cosmin Manolache “Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)”
 ・Ionuţ Teianu “Despre Oameni Și Melci(Of Snails and Men)”
 ◎Radu Jude、Corina Sabău “Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”

 ◆撮影賞(Cea Mai Bună Imagine (Lungmetraj))
 ◎Adrian Silişţeanu “Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”
 ・Liviu Mărghidan 『ファンタム・ファーザー』“Tatăl Fantomă(The Phantom Father)”(監督:ルチアン・ジェオルジェスク(Lucian Georgescu))
 ・Ovidiu Gyarmath “Și Caii Sunt Verzi Pe Pereţi(Chasing Rainbows)”

画像

 ◆編集賞(Cel Mai Bun Montaj (Lungmetraj))
 ・Andrei Iancu “Și Caii Sunt Verzi Pe Pereţi(Chasing Rainbows)”
 ◎Cătălin Cristuţiu “Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”
 ・Ioachim Stroe 『ファンタム・ファーザー』“Tatăl Fantomă(The Phantom Father)”
 ・Nita Chivulescu “Despre Oameni şi Melci(Of Snails and Men)”

画像

 ◆美術賞(Cele Mai Bune Decoruri (Lungmetraj FicȚiune))
 ・Gabriel Nechita 『ファンタム・ファーザー』“Tatăl Fantomă(The Phantom Father)”
 ◎Helmut Sturmer、Dragoş Buhagiar “Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”
 ・Vali Ighigheanu “Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)”

画像

 ◆衣裳賞(Cele Mai Bune Costume (Lungmetraj FicȚIune))
 ・Augustina Stanciu “Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”
 ・Dana Istrate “Despre Oameni Și Melci(Of Snails and Men)”
 ◎Lia Manţoc “Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”

画像

 ◆メイキャップ&ヘアドレッサー賞(Cel Mai Bun Machiaj Şi Cea Mai Bună Coafură (Lungmetraj FicȚIune))
 ◎Dana Roşeanu、Minela Popa、Ionel Popa、Doina Popa “Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”
 ・Cristina Ilie、Domnica Bodogan “Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)”
 ・Gabriela Creţan、Elena Tudor 『ファンタム・ファーザー』“Tatăl Fantomă(The Phantom Father)”

 Dana Roşeanuは3年連続受賞。

画像

 ◆録音賞(Cel Mai Bun Sunet (Lungmetraj))
 ・Cristinel ȘIrli、Cristian TarnoveȚChi、Florin Tăbăcaru “Despre Oameni şi Melci(Of Snails and Men)”
 ・Eckehard Dux、Cristian Tarnoveţchi、Ansgar Frerich、Daniel Iribaren 『ファンタム・ファーザー』“Tatăl Fantomă(The Phantom Father)”
 ・Florian Ardelean、Dragoş Stanomir、Cristinel Șirli、Alexis Marzin “Și Caii Sunt Verzi Pe Pereţi(Chasing Rainbows)”
 ・Simone Galavazi、Dana Bunescu “Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”
 ◎Tudor Petre、Cristinel Șirli、Cristian Tarnoveţchi、Florin Tăbăcaru “Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”

 Cristinel Șirliは、2010年に続いての受賞。

画像

 ◆オリジナル音楽賞(Mai Bună Muzică Originală (Lungmetraj))
 ・Johannes Malfatti 『ファンタム・ファーザー』“Tatăl Fantomă(The Phantom Father)”
 ・Paul Ilea “Și Caii Sunt Verzi Pe Pereţi(Chasing Rainbows)”
 ◎Vasile Șirli “Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”
 ・Vlaicu Golcea “Despre Oameni Și Melci(Of Snails and Men)”

 Vasile Șirliは、2011年に続いての受賞。

画像

 ◆第1回作品賞(Cel Mai Bun Film De Debut (Lungmetraj))
 ・“O Lună În Thailanda(A Month in Thailand)” 監督:Paul Negoescu
 ・“Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)” 監督:Silviu Purcărete
 ◎“Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)” 監督:Gabriel Achim

画像

 ◆有望新人賞(Premiul „Tânără Speranţă”)
 ・Adrian Cristea(脚本) “Chefu’”(監督:Adrian Sitaru)
 ・Cătălin Jugravu(男優) “De Azi Înainte”(監督:Dorian Boguță )
 ◎Nicolae Constantin Tănase(監督) “Blu”
 ・Radu Șţefan Fulga(撮影) “Gândacul”(監督:Cătălin Drăghici)

画像

 ◆ドキュメンタリー賞(Cel Mai Bun Film Documentar)
 ・“8 Martie(8th of March)” 監督:Alexandru Belc
 ・“Aici… Adică Acolo” 監督:Laura Căpățănă Juller
 ・“Gone Wild” 監督:Dan Curean
 ◎“Turn Off The Lights” 監督:Ivana Mladenovic
 ・“Un Gând, Un Vis、Doyle… Și-un Pix(A Dream's Merchant)” 監督:Bogdan Ilie-Micu

画像

 ◆短編映画賞(Cel Mai Bun Film De Scurt Metraj)
 ・“Blu” 監督:Nicolae Constantin Tănase
 ◎“Chefu’ ” 監督:Adrian Sitaru
 ・“De Azi Înainte” 監督:Dorian Boguță
 ・“Pastila Fericirii” 監督:Cecilia Felmeri
 ・“Tatăl Meu E Cel Mai Tare” 監督:Radu Potcoavă

 “Blu”は、トランシルヴァニア国際映画祭2012 ルーマニアン・デイズ部門 最優秀短編賞受賞。
 Adrian Sitaruは、2008年、2011年に続いての短編映画賞受賞。

 ◆最優秀ヨーロッパ映画賞2012(Cel Mai Bun Film European (Dintre Cele Distribuite În România În 2012))
 ・『少年と自転車』(2011/ベルギー・仏) 監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
 ・『ル・アーヴルの靴みがき』(2011/フィンランド・仏・独) 監督:アキ・カウリスマキ
 ◎『ホーリー・モーターズ』(仏・独) 監督:レオス・カラックス
 ・『裏切りのサーカス』(2011/英) 監督:トーマス・アルフレッドソン

 ◆最も成功したルーマニア映画2012(Premiul Pentru Filmul Românesc Cu Cel Mai Mare Succes La Public În 2012)
 ◎“Despre Oameni Și Melci(Of Snails and Men)”(監督:Tudor Giurgiu) 最高動員:63.778
 ◎“Minte-Mă Frumos” 監督:Iura Lunca 最高収益:956.036 Lei

画像

 ◆キャリア貢献賞(Premiul Gopo pentru intreaga cariera)
 ◎Mitica Popescu
 Mitica Popescuは、70年代から活躍するベテランの男優。

画像

 ◆生涯貢献賞(Premiul Gopo pentru intreaga activitate)
 ◎Constantin Codrescu
 Constantin Codrescuは、50年代から活躍するベテラン男優。

 ◆Procinema賞(Premiul special Procinema)
 ◎Adrian Titieni
 Adrian Titieniは80年代から活躍する男優。前回、助演男優賞受賞。本年度も主演男優賞ノミネート。

画像

 ◆ルーマニア撮影協会賞(Premiul Romanian Society of Cinematographers)
 ◎Adrian Siliştean
 Adrian Silişteanは、“Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”などを手がける若手の撮影監督。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネーション&受賞状況は以下の通り。

 ・“Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”(7/11):作品・監督・助演男優・撮影・編集・美術・衣裳・ヘア・録音・音楽・第1回
 ・“Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”(6/9):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・助演女優・脚本・衣裳・録音
 ・“Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)”(1/9):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・脚本・美術・ヘア・第1回
 ・“Despre Oameni Și Melci(Of Snails and Men)”(0/8):作品・監督・助演女優・脚本・編集・衣裳・録音・音楽
 ・“Și Caii Sunt Verzi Pe Pereţi(Chasing Rainbows)”(0/7):主演男優・助演男優・脚本・撮影・編集・録音・音楽
 ・『ファンタム・ファーザー』“Tatăl Fantomă(The Phantom Father)”(0/6):撮影・脚本・編集・美術・ヘア・録音・音楽

 今回のGOPO賞は、上記6作品でほとんどのノミネーションを分け合う形になり、他の作品がつけ入る隙間はありませんでした。

 受賞結果は、“Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”が技術部門のほとんどを制して最多受賞となり、“Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”が作品賞・監督賞・脚本賞・キャスト部門の主要6部門を制し、この2作品でほぼすべての賞を分け合う形になりました。

 GOPO賞では、作品賞と監督賞と脚本賞が同じになることが多く、2007年、2010年、2012年に続いて4回目です。
 2008年と2011年は作品賞と監督賞が同じ、2009年は作品賞と脚本賞が同じになっています。

 2012年のルーマニア映画で、国際的に最も高い評価を受けたのは、カンヌで脚本賞と女優賞を獲り、米国アカデミー賞外国語映画賞ルーマニア代表作品にもなった『汚れなき祈り』ですが、『汚れなき祈り』は監督のクリスティアン・ムンジウからエントリーを辞退するとの申し出があったそうです。正確なところはどういうことなのか、わかりませんが。

 あと、今回、主演女優賞が欠落していますが、それについての説明は特にはされていないようです。主演女優賞に値する女優が活躍する作品がなかった(男性主人公が活躍する作品ばかりだった?)ということでしょうか。

 なお、上記ノミニー&受賞者に関し、一通り検索をかけてみましたが、今回は、日本で作品が公開されたことのある人は全く見当たりませんでした。おかげで、日本語表記の少ない記事になってしまいました。
 Radu Judeは、時折、「ラドゥ・ジュデ」と表記されたりすることもありますが、サンダンス・NHK国際映像作家賞を得て製作された『世界で一番幸せな女の子』も結局、日本ではお披露目されないままのようです。
 ひょっとすると、Adrian Sitaruの作品は、日本のどこかの映画祭で上映されているかもしれません。
 日本に紹介されたルーマニア映画に関しては、2007年に当ブログでまとめていますが、その後に紹介された作品もそろそろまとめた方がいいかもしれませんね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・第5回GOPO賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_45.html
 ・第5回GOPO賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_30.html
 ・第4回GOPO賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_46.html
 ・第4回GOPO賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_47.html
 ・第3回GOPO賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_6.html

 ・トランシルヴァニア国際映画祭2012 ラインナップ:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_10.html
 ・トランシルヴァニア国際映画祭2012 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_13.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月〜2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品を簡単に紹介しておきます。

 ・Undeva La Palilula(Somewhere in Palilula)”(ルーマニア) 監督:Silviu Purcărete
 出演:Áron Dimény、George Mihăiţă、Constantin Chiriac、Răzvan Vasilescu
 物語:Serafimは、地図にも載っていないようなPalilulaの小さな村に、短期間、医者として派遣される。これは、前にいた小児科医が亡くなったための緊急措置だったが、酒も食べ物もおいしくて、性的にも開放的なこの村にSerafimも次第に馴染んでいく……。
 トランシルヴァニア国際映画祭2012 ルーマニアン・デイズ部門出品。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2012 イースト・オブ・ウェスト コンペティション部門出品。

画像

 ・Toată Lumea Din Familia Noastră(Everybody in Our Family)”(ルーマニア・オランダ) 監督:Radu Jude
 出演:Şerban Pavlu、Mihaela Sîrbu、Sofia Nicolaescu
 物語:マリウスは30代後半でバツイチだ。娘は妻の元にいて、妻は会計士と再婚している。彼にも娘に会う権利は保証されていて、ある休日に彼は娘を海辺に連れて行こうとする。しかし、その日、元妻は不在で、娘は病気だという。彼はそれを信じずに、無理やり娘を連れ出そうとする。
 トランシルヴァニア国際映画祭2012 ルーマニアン・デイズ部門出品。ルーマニアン・デイズ賞最優秀長編賞受賞。
 サラエボ映画祭2012 グランプリ(The Heart of Sarajevo Award)受賞。
 モントリオール世界映画祭2012 フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門出品。
 フィラデルフィア映画祭2012 審査員賞受賞。

画像

 ・“Visul Lui Adalbert(Adalbert’s Dream)”(ルーマニア) 監督:Gabriel Achim
 出演:Gabriel Spahiu、Doru Ana、Ozana Oancea、Anca Androne、Alina Berzunţeanu、 Paul Ipate、Mimi Brănescu
 物語:実話に基づく物語。1986年5月6日は、ルーマニア共産党の記念日だった。ルーマニアの工場は、盛大に記念日を祝ったが、それは政治的な恐怖心ゆえであり、多分に偽善的なものでもあった。この日が特に重要な意味を持つのは、チェルノブイリの事故からまだ2週間しか経っていなかったためであり、そして、FC Steaua Bucharestが最初で最後のヨーロッパ・チャンピオンシップに輝いた日だったからだ。
 トランシルヴァニア国際映画祭2011 ルーマニアン・デイズ部門出品。

画像

 ・“Despre Oameni Și Melci(Of Snails and Men)”(ルーマニア・仏) 監督:Tudor Giurgiu
 出演:Dorel Visan、ジャン=フランソワ・ステヴナン、ロバンソン・ステヴナン、Andi Vasluianu、 Monica Barladeanu
 物語:実話に基づく物語。1992年、ルーマニアの小さな村Muscel。国営の自動車会社AROの工場が倒産する。一週間以内に、それをフランスが買い取って、カタツムリの缶詰め工場に作り変えるという噂が広まる。組合のリーダーは、ルーマニアにできたばかりの精子銀行に1000人分の精子を売って、それで資金を作って、工場を買い取ろうと呼びかける。
 トランシルヴァニア国際映画祭2012 オープニング作品。
 ワルシャワ国際映画祭2012 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。
 シカゴ国際映画祭2012 ワールド・シネマ部門出品。

画像

 ・“Și Caii Sunt Verzi Pe Pereţi(Chasing Rainbows)”(ルーマニア) 監督:Dan Chisu
 出演:Adrian Titieni、Tudor Smoleanu、Anca Florescu
 物語:中年男性のMarius Tocituは、倉庫の仕事をしていたが、導入されたコンピューターについていけずに、仕事をクビになる。コンピューターがわからないと仕事も見つけられないと悟った彼は、コンピューターの知識を身に着ける。ある日、彼は、自分宛に宝くじ当選のメールが届いているのを見て、喜び、手数料を払うが、しばらくしてそれが詐欺だったとわかる。一方、もうひとりの主人公の名前もMariusで、彼はタバコくじで本物の高額賞金を当てていた。しかし、当選者を彼が会ったこともない実父の名前にしていたため、賞金を受け取るためには、実父を捜さなければならない。彼に当選チケットを手渡ししに来た女性が、賞金の山分けを条件に、彼の手伝いをする。どうやらMarius Tocituこそ、彼の実父らしいのだが……。
 トランシルヴァニア国際映画祭2012 ルーマニアン・デイズ部門出品。

画像

 ・『ファンタム・ファーザー』“Tatăl Fantomă(The Phantom Father)”(ルーマニア) 監督:ルチアン・ジェオルジェスク(Lucian Georgescu)
 出演:バリー・ギフォード、Victor Rebengiuc、Mariana Mihuţ、Nicodim Ungureanu、マーセル・ユーレス、Mihaela Sîrbu、Valer Delakeza
 物語:アメリカの教授、ロバート・トラウムは、サバティカルを使って、自分の父と叔父のルーツをたどろうと思いつき、トランシルヴァニアへ向かう。父ルドルフは、有名な小説家であり、叔父サミュエルは、かつては悪名高いギャングとして知られていた。ロバートは、旅の途上で出会ったターニャとふたりで、親類縁者を捜して、映写技師をしていたサミを見つける。彼は、一族の唯一の生き残りだったが、貪欲な政治家のおかげで、愛する映画館から追われていた。ロバートは、彼を助けて映画館を取り戻し、サミはロバートに一族のことについて話をする。
 トランシルヴァニア国際映画祭2011 ルーマニアン・デイズ部門出品。
 EUフィルムデーズ2013にて上映(英字幕)

画像

 ・“Turn Off The Lights”(ルーマニア) 監督:Ivana Mladenović
 物語:数年の服役を終えて3人の若いロマ人が刑務所から釈放される。彼らは、家族に、涙と興奮とダンスで出迎えられるが、そうした歓迎にとまどい、逆に、これまでの攻撃的で尊大だった自分たちの人生を思い出させることになる。3人の中でも、アレックスはカリスマ性があって魅力的であり、自分の過去のこと―暴力、女性、犯した罪―について落ち着いて話すことができる。彼は、女嫌いで、ガールフレンドを殺して有罪判決を受けたが、それは刑務所の服役でも変わっていないようであった。
 トランシルヴァニア国際映画祭2012 ルーマニアン・デイズ部門出品。
 サラエボ映画祭2012 ドキュメンタリー・コンペティション部門出品。グランプリ(The Heart of Sarajevo Award)受賞。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルーマニア・アカデミー賞/GOPO賞2013 受賞結果! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる