海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年に観る映画、観ない映画!

<<   作成日時 : 2013/03/18 23:26   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 もう3月も後半ですが、ギャガの新作ラインナップ発表会が3月ということもあり、ここで2013年に日本で公開される外国映画をまとめておきたいと思います。(公開作品の多いアメリカ映画は除いてあります。)

 ※共同製作作品など分類しにくい作品もありますが、ここでは便宜的に分けてあります。
 ※タイトルは変わる場合があります。
 ※基本的に、2010年以前の作品は製作年を付記してあります。

画像

 ◆イギリス
 ・『ロンドンゾンビ紀行』(英) 監督:アサイアス・ヘイニー 配給:彩プロ 1月12日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『ストレージ24』(英) 監督:ヨハネス・バーツ 配給:クロックワークス 1月12日公開@シネ・リーブル梅田、2月12日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『ロンドン・ヒート』“The Sweeney”(英) 監督:ニック・ラヴ 配給:クロックワークス 1月19日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(英・米・UAE) 監督:ジョン・マッデン 配給:FOX 2月1日公開@TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ
 ・『ジャッジ・ドレッド』(英・米・インド・南アフリカ) 監督:ピート・トラヴィス 配給:ブロードメディア・スタジオ 2月16日@渋谷TOEI、新宿ミラノ2
 ・『ベラミ 愛を弄ぶ男』(英・伊) 監督:デクラン・ドネラン、ニック・オーメロッド 配給:ツイン 3月9日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『ダイナソー・プロジェクト』(英) 監督:シド・ベネット 配給:シンカ 3月16日公開@シネクイント
 ・『アンナ・カレーニナ』(英) 監督:ジョー・ライト 配給:ギャガ 3月29日公開
 ・『UFO 侵略』(英) 監督:ドミニク・バーンズ 配給:エスピーオー 3月30日公開@シネマート六本木、シネマート新宿
 ・『クローサー・トゥ・ザ・エッジ マン島TTライダー』(英) 監督:リチャード・デ・アラグエス 配給:レイドバック・コーポレーション 3月30日公開@オーディトリウム渋谷
 ・『天使の分け前』(英・仏・ベルギー・伊) 監督:ケン・ローチ 配給:ロングライド 4月13日公開@銀座テアトルシネマ
 ・『カルテット! 人生のオペラハウス』(英) 監督:ダスティン・ホフマン 配給:ギャガ 4月19日公開@TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ
 ・『ヒステリア』(英・仏・独) 監督:ターニャ・ウェクスラー 配給:彩プロ 4月20日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷、有楽町スバル座、シネマート新宿
 ・『17歳のエンディングノート』(英) 監督:オル・パーカー 配給:キノフィルムズ 4月27日公開@新宿武蔵野館
 ・『ビトレイヤー』(英・米) 監督:エラン・クリーヴィー 配給:ファインフィルムズ 5月4日公開@新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマ豊洲
 ・“Hyde Park on Hudson”(英) 監督:ロジャー・ミッチェル 配給:キノフィルムズ 秋公開
 ・“Diana”(英・米・スウェーデン) 監督:オリバー・ヒルシュビーゲル 配給:ギャガ 10月公開@TOHOシネマズ 有楽座
 ・“Everyday”(英) 監督:マイケル・ウィンターボトム 配給:クレスト 晩秋公開
 ・“The Numbers Station”(英) 監督:カスパー・バーフォード 配給:日活 晩秋公開
 ・“Song for Marion”(英・独) 監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ 配給:アスミック・エース
 ・“Something from Nothing: The Art of Rap”(英・米) 監督:アイス-T 配給:角川映画
 ・“Sightseers”(英) 監督:ベン・ウィートリー 配給:トランスフォーマー
 ・“One Chance”(英) 監督:デイヴィッド・フランケル 配給:ギャガ 2014年公開

 ◆アイルランド
 ・『アルバート氏の人生』(アイルランド) 監督:ロドリゴ・ガルシア 配給:トランスフォーマー 1月18日公開@TOHOシネマズ シャンテ
 ・『シャドー・ダンサー』(アイルランド・英) 監督:ジェームズ・マーシュ 配給:コムストック・グループ 3月16日公開@シネスイッチ銀座
 ・“Byzantium”(英・米・アイルランド) 監督:ニール・ジョーダン 配給:ブロードメディア・スタジオ

 ◆ポルトガル
 ・『熱波』“Tabu”(ポルトガル・独・ブラジル・仏) 監督:ミゲル・ゴメス 配給:エスパース・サロウ
 ・“Linhas de Wellington(Lines of Wellington)”(仏・ポルトガル) 監督:ヴァレリア・サルミエント 配給:アルシネテラン
 ・“O Estranho Caso de Angélica”(2010/ポルトガル・西・仏・ブラジル) 監督:マノエル・デ・オリヴェイラ 配給:フランス映画社
 ・“Centro Histórico(ギマランイス歴史地区)”(ポルトガル) 監督:アキ・カウリスマキ、ペドロ・コスタ、ヴィクトル・エリセ、マノエル・デ・オリヴェイラ

 ◆スペイン
 ・『ザ・ウォーター・ウォー』“Even The Rain”(西・仏・メキシコ) 監督:イシアル・ボリャン 配給:カルチャヴィル 1月28日公開@シネ・リーブル梅田、2月17日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『悪人に平穏なし』(西) 監督:エンリケ・ウルビス 配給:シンカ 2月9日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『レッド・ライト』(西・米) 監督:ロドリゴ・コルテス 配給:プレシディオ 2月15日公開@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
 ・『フリア よみがえり少女』(西) 監督:アントニオ・チャバリアス 配給:ポニーキャニオン 4月13日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『朝食、昼食、そして夕食』(2010/西・アルゼンチン) 監督:ホルヘ・コイラ 配給:アクション・インク 4月27日公開@新宿K’s cinema
 ・『インポッシブル』(西・米) 監督:ファン・アントニオ・バヨナ 配給:プレシディオ 6月14日公開@TOHOシネマズ シャンテ
 ・“El artista y la modelo(Artist And The Model)”(西) 監督:フェルナンド・トルエバ 配給:アルシネテラン
 ・“Torrente4(トレンテ4)”(西) 監督:サンティアゴ・セグーラ 配給:アルシネテラン
 ・“Blancanieves”(西) 監督:パブロ・ベルヘール 配給:エスパース・サロウ
 ・“Hijos de las nubes, la última colonia(Sons of Clouds the last colony)”(西) 監督:アルバロ・ロンゴリア 配給:コムストック・グループ
 ・“Invasor”(2012/西) 監督:ダニエル・カルパルソロ 配給:ブロードメディア・スタジオ
 ・“Combustión”(2013/西) 監督:ダニエル・カルパルソロ 配給:ブロードメディア・スタジオ

 ◆フランス
 ・『96時間/リベンジ』(仏) 監督:オリヴィエ・メガトン 配給:FOX 1月11日公開
 ・『夜のとばりの物語 ―醒めない夢―』(仏) 監督:ミシェル・オスロ 配給:三鷹の森ジブリ美術館、スタジオジブリ 1月19日公開@新宿バルト9
 ・『よりよき人生』(仏・カナダ) 監督:セドリック・カーン 配給:パンドラ 2月9日公開@新宿武蔵野館
 ・『映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて』(仏・香港・中) 監督:イヴ・モンマユール 配給:キュリオスコーブ 2月16日公開@新宿K’s cinema
 ・『アンタッチャブル』(仏) 監督:ダヴィド・シャロン 配給:ファインフィルムズ 2月23日公開@新宿武蔵野館
 ・『メモリーズ・コーナー』(仏) 監督:オドレイ・フーシェ 配給:ディンゴ 2月23日公開@シネマート六本木
 ・『ブラインドマン その調律は暗殺の調べ』(仏) 監督:ザヴィエ・パリュ 配給:アット エンタテインメント 3月16日公開@新宿武蔵野館
 ・『グッバイ・ファーストラブ』(仏) 監督:ミア・ハンセン=ラヴ 配給:マーメイドフィルムズ 3月30日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『スカイラブ』(仏) 監督:ジュリー・デルピー 配給:マーメイドフィルムズ 3月30日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『ベルヴィル・トーキョー』(仏) 監督:エリーズ・ジラール 配給:マーメイドフィルムズ 3月30日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『君と歩く世界』(仏・ベルギー) 監督:ジャック・オディアール 配給:ブロードメディア・スタジオ 4月6日公開@新宿ピカデリー
 ・『ホーリー・モーターズ』(仏・独) 監督:レオス・カラックス 配給:ユーロスペース 4月6日公開@ユーロスペース
 ・『カレ・ブラン』(仏・ルクセンブルク・スイス・ベルギー・ロシア) 監督:ジャン=バティスト・レオネッティ 配給:キングレコード、ビーズインターナショナル 4月6日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『ザ・パック 餌になる女』(仏・ベルギー) 監督:フランク・リシャール 配給:ファインフィルムズ 4月13日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『マニアック』(仏・米) 監督:フランク・カルフン 配給:コムストック・グループ 6月1日公開@池袋シネマサンシャイン、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
 ・『パパの木』(仏・オーストラリア) 監督:ジュリー・ベルトゥチェリ 配給:エスパース・サロウ 6月上旬公開@シネスイッチ銀座
 ・『世界が食べられなくなる日』(仏) 監督:ジャン=ポール・ジョー 配給:アップリンク 6月8日公開@アップリンク
 ・『最後のマイ・ウェイ』(仏) 監督:フローラン=エミリオ・シリ 配給:カルチュア・パブリッシャーズ 初夏公開
 ・“2 Days in NY”(仏・独・ベルギー) 監督:ジュリー・デルピー 配給:アルバトロス 7月公開
 ・“Trois mondes”(仏) 監督:カトリーヌ・コルシニ 配給:セテラ 夏公開@ヒューマントラストシネマ
 ・“Une Estonienne à Paris”(仏・ベルギー・エストニア) 監督:イルマル・ラーク 配
給:セテラ 秋公開@シネスイッチ銀座
 ・“Renoir”(仏) 監督:ジル・ブルドス 配給:クロックワークス 秋公開@TOHOシネマズ シャンテ
 ・“Dans la Maison”(仏) 監督:フランソワ・オゾン 配給:キノフィルムズ 秋公開
 ・“On The Road”(仏・英・米・ブラジル) 監督:ウォルター・サレス 配給:ブロードメディア・スタジオ 秋公開
 ・『ノーコメント by ゲンスブール』“Gainsbourg By Gainsbourg – No Comment” 監督:ピエール=アンリ・サルファティ 配給:アップリンク
 ・“Populaire”(仏) 監督:レジス・ロンサール 配給:ギャガ
 ・“Haute Cuisine”(仏) 監督:クリスチャン・ヴァンサン 配給:ギャガ
 ・“Le magasin des suicides(The Suicide Shop)”(仏・カナダ・ベルギー) 監督:パトリス・ルコント 配給:コムストック・グループ
 ・“Confession of a Child of the Century”(仏・独・英) 監督:シルヴィ・ヴェレイド 配給:コムストック・グループ
 ・“Passion”(仏・独) 監督:ブライアン・デ・パルマ 配給:ブロードメディア・スタジオ
 ・『もうひとりの息子』“Le fils de l'autre”(仏) 監督:ロレーヌ・レヴィ 配給:ムヴィオラ
 ・“FEU: Crazy Horse Paris”(仏) 監督:ブルノ・ユラン 配給:ギャガ 2014年公開
 ・“Grace of Monaco”(仏・米・ベルギー・伊) 監督:オリヴィエ・ダアン 配給:ギャガ 2014年公開

 ◆ベルギー

 ◆オランダ
 ・『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』“Nijntje de film”(オランダ) 監督:ハンス・パーク 配給:プレシディオ 3月23日公開@新宿武蔵野館、ワーナー・マイカル・シネマズ
 ・『アントン・コービン 伝説のロック・フォトグラファーの光と影』(オランダ・独・伊・英・スウェーデン) 監督:クラーチェ・クイラインズ 配給:シンカ 4月6日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『シー・トレマーズ』(オランダ・インドネシア) 監督:ブライアン・ユズナ 配給:トランスフォーマー 5月11日公開@池袋シネマサンシャイン
 ・“Crass: There Is No Authority But Yourself”(2006/オランダ) 監督:Alexander Oey 配給:キュリオスコープ
 ・“Frankenstein’s Army”(オランダ・米) 監督:リチャード・ラーフォースト 配給:トランスフォーマー

 ◆スイス

 ◆イタリア
 ・『恋するローマ、元カレ・元カノ』(伊・仏) 監督:ファウスト・ブリッツィ 配給:エプコット 1月12日公開@シネマート新宿
 ・『塀の中のジュリアス・シーザー』(伊) 監督:パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ 配給:スターサンズ 1月26日公開@銀座テアトルシネマ
 ・『ローマ、恋のビフォーアフター』(伊) 監督:カルロ・ヴァンツィーナ 配給:エプコット 1月26日公開@シネマート新宿
 ・『ベルトルッチの分身』(1968/伊) 監督:ベルナルド・ベルトルッチ 配給:ザジフィルムズ 3月9日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『ある海辺の詩人 -小さなヴェニスで-』(伊・仏) 監督:アンドレア・セグレ 配給:アルシネテラン 3月16日公開@シネスイッチ銀座
 ・『海と大陸』(伊・仏) 監督:エマヌエーレ・クリアレーゼ 配給:クレスト 4月9日公開@岩波ホール
 ・『ブルーノのしあわせガイド』(伊) 監督:フランチェスコ・ブルーニ 配給:アルシネテラン 4月13日公開@シネスイッチ銀座
 ・『YES/NO イエス・ノー』“True Love”(米・伊) 監督:エンリコ・クレリオ・ナジーノ 配給:アルバトロス、インターフィルム 4月27日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『孤独な天使たち』(伊) 監督:ベルナルド・ベルトルッチ 配給:ブロードメディア・スタジオ GW公開@シネスイッチ銀座
 ・『ローマでアモーレ』(米・伊・西) 監督:ウディ・アレン 配給:ロングライド 6月8日公開@新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ
 ・『楽園からの旅人』“Il villaggio di cartone”(伊) 監督:エルマンノ・オルミ 配給:アルシネテラン 8月17日公開@岩波ホール
 ・“Nina(ニーナ)(伊) 監督:エリザ・フクサス 配給:パンドラ 夏公開
 ・“Venuto al mondo”(伊・西) 監督:セルジョ・カステリット 配給:コムストック・グループ 秋公開
 ・“La migliore offerta”(伊) 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 配給:ギャガ 12月公開@TOHOシネマズ シャンテ
 ・“Bella addormentata(眠れる美女)”(伊・仏) 監督:マルコ・ベロッキオ 配給:エスパース・サロウ

 ◆ドイツ
 ・『東ベルリンから来た女』(独) 監督:クリスティアン・ペツォールト 配給:アルバトロス 1月19日公開@Bunkamuraル・シネマ
 ・『the Future ザ・フューチャー』(独・米) 監督:ミランダ・ジュライ 配給:パンドラ 1月19日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『命をつなぐバイオリン』(独) 監督:マルクス・O・ローゼンミュラー 配給:ウォーカーピクチャーズ 2月9日公開@ヒューマントラストシネマ有楽町
 ・『ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀』(独) 監督:フィリップ・ガデルバッハ 配給:東映 2月16日公開@丸の内TOEI、新宿バルト9
 ・“Hannah Arendt(ハンナ・アーレント)”(独・ルクセンブルク・仏) 監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ 配給:セテラ 10月公開@岩波ホール
 ・“Der Müll im Garten Eden(Polluting Paradise)”(独) 監督:ファティ・アキン 配給:ビターズ・エンド

 ◆オーストリア
 ・『愛、アムール』(オーストリア・仏・独) 監督:ミヒャエル・ハネケ 配給:ロングライド 3月9日公開@Bunkamuraル・シネマ、銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館

 ◆ハンガリー

 ◆ポーランド
 ・『明日の空の向こうに』(ポーランド・日) 監督:ドロタ・ケンジェジャフスカ 配給:パイオニア映画シネマディスク 1月26日公開@新宿シネマカリテ
 ・“Walesa”(ポーランド) 監督:アンジェイ・ワイダ 配給:アルバトロス 12月公開@岩波ホール

 ◆チェコ
 ・“Serena”(米・チェコ) 監督:スザンネ・ビア 配給:ギャガ 2014年公開@TOHOシネマズ シャンテ

 ◆セルビア

 ◆ルーマニア
 ・『汚れなき祈り』(ルーマニア・仏・ベルギー) 監督:クリスティアン・ムンジウ 配給:マジックアワー 3月16日公開@ヒューマントラストシネマ有楽町

 ◆ブルガリア

 ◆ギリシャ
 ・『第三の翼』(2008/ギリシャ・伊・独・ロシア) 監督:テオ・アンゲロプロス 配給:フランス映画社

 ◆アイスランド

 ◆デンマーク
 ・『アルマジロ』(デンマーク) 監督:ヤヌス・メッツ 配給:アップリンク 1月19日公開@アップリンク、新宿K’s cinema、銀座シネパトス
 ・『偽りなき者』(デンマーク) 監督:トマス・ヴィンターベア 配給:キノフィルムズ 3月16日公開@Bunkamuraル・シネマ
 ・『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(デンマーク) 監督:ニコライ・アーセル 配給:アルバトロス 4月公開@Bunkamuraル・シネマ
 ・『愛さえあれば』(デンマーク) 監督:スザンネ・ビア 配給:ロングライド 5月17日公開@TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館

 ◆スウェーデン
 ・『シュガーマン 奇跡に愛された男』(スウェーデン・英) 監督:マリク・ベンジェルール 配給:角川映画 3月16日公開@角川シネマ有楽町
 ・『The BLACK POWER Mixtape〜アメリカの光と影〜』(スウェーデン・米) 監督:ヨーラン・ヒューゴ・オルソン 配給:キュリオスコープ 4月28日公開@新宿K’s cinema
 ・『サウンド・オブ・ノイズ』(2010/スウェーデン・仏) 監督:オラ・シモンソン、ヨハネス・シェルネ・ニルソン 配給:アット エンタテインメント

 ◆フィンランド
 ・“Tie pohjoiseen(Road North)”(フィンランド) 監督:ミカ・カウリスマキ 配給:アルシネテラン

 ◆ノルウェー
 ・『テール しっぽのある美女』(ノルウェー) 監督:アレクサンデル・ノダース 配給:アット エンタテインメント 1月19日@シネ・リーブル梅田、2月16日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『15歳、アルマの恋愛妄想』(ノルウェー) 監督:ヤンユッケ・シースタ・ヤコブセン 配給:アース・スター エンターテイメント、エプコット 2月23日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『チャイルドコール 呼声』(ノルウェー・独・スウェーデン) 監督:ポール・シュレットアウネ 配給:ミモザフィルムズ、スティクティングたまごトーキョー 3月30日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『隣人 ネクストドア』(2005/ノルウェー・デンマーク・スウェーデン) 監督:ポール・シュレットアウネ 配給:ミモザフィルムズ、スティクティングたまごトーキョー 3月30日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・“Kon-Tiki”(英・ノルウェー・デンマーク・独) 監督:ヨアヒム・ローリング、エスペン・サンドペリ 配給:ブロードメディア・スタジオ
 ・“Liv & Ingmar”(ノルウェー・英・インド) 監督:デーラジ・アコルカー 配給:ブロードメディア・スタジオ

 ◆ウクライナ
 ・『故郷よ』(仏・ウクライナ・ポーランド・独) 監督:ミハル・ボガニム 配給:彩プロ 2月9日公開@シネスイッチ銀座

 ◆ロシア
 ・“Burnt by the Sun 3: Citadel”(2011/ロシア) 監督:ニキータ・ミハルコフ 配給:コムストック・グループ 秋公開
 ・“Avgust. Vosmogo(August 8)”(ロシア) 監督:ジャニック・ファイジエフ 配給:ブロードメディア・スタジオ

 ◆イスラエル

 ◆パレスチナ
 ・“Slingshot Hip Hop”(2008/パレスチナ・米) 監督:Jackie Reem Salloum 配給:シグロ 秋公開

 ◆トルコ

 ◆イラン

 ◆インド
 ・『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』(インド) 監督:ファラー・カーン 配給:アップリンク 3月16日公開@シネマライズ
 ・『タイガー〜伝説のスパイ〜』(インド) 監督:アーブル・カーン 配給:日活 4月20日公開@シネマート新宿
 ・『闇の帝王DON〜ベルリン奪還作戦〜』(インド) 監督:ファルハーン・アクタル 配給:日活 4月20日公開@シネマート新宿
 ・『命ある限り』(インド) 監督:ヤシュ・チョプラ 配給:日活 4月20日公開@シネマート新宿
 ・『きっと、うまくいく』(2009/インド) 監督:ラージクマール・ヒラニ 配給:日活 5月18日公開@シネマート新宿
 ・『スタンリーのお弁当箱』“Stanley Ka Dabba”(インド) 監督:アモール・グプテ 配給:アンプラグド 夏公開@シネスイッチ銀座

 ◆タイ
 ・『チョコレート・ガール バッド・アス!!』“This Girl is Bad Ass!!”(タイ) 監督:ペットターイ・ウォカムラオ 配給:ファインフィルムズ 1月26日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『ゴースト・フライト407便』(タイ) 監督:イサーラー・ナーディー 配給:彩プロ 2月23日公開@シネマート新宿

 ◆インドネシア
 ・『ザ・レイド2 ベランダル』(インドネシア) 監督:ギャレス・エヴァンス 配給:角川映画 2014年公開

 ◆フィリピン
 ・“Captive”(仏・フィリピン・独・英) 監督:ブリランテ・メンドーサ 配給:彩プロ

 ◆台湾
 ・『セデック・バレ 第1部:太陽旗 第2部:虹の橋』(台湾) 監督:ウェイ・ダーション 配給:太秦 4月20日公開@ユーロスペース、吉祥寺バウスシアター
 ・『夢の向こう側〜ROAD LESS TRAVELED〜』(台湾) 監督:セヴン・リー 配給:ワコー 6月1日公開@ユーロスペース

 ◆香港
 ・『大魔術師“X”のダブル・トリック』(香港) 監督:イー・トンシン 配給:ツイン 1月5日公開@シネマート六本木
 ・『燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘』(香港) 監督:デレク・クォック 配給:オルスタックソフト 1月5日公開@シネマート六本木
 ・『トリプルタップ』(香港) 監督:イー・トンシン 配給:アクセス・エー 1月12日公開@シネマート六本木
 ・『狼たちのノクターン〈夜想曲〉』(香港) 監督:ロイ・チョウ 配給:ツイン 1月26日公開@シネマート六本木
 ・『奪命金』(香港・中) 監督:ジョニー・トー 配給:ブロードメディア・スタジオ 2月9日公開@新宿シネマカリテ
 ・『ライジング・ドラゴン』(香港) 監督:ジャッキー・チェン 配給:角川映画 4月13日公開@角川シネマ有楽町
 ・『グランド・マスター』(香港) 監督:ウォン・カーウァイ 配給:ギャガ 5月31日公開@TOHOシネマズ日劇
 ・『ブルース・リー 李小龍 マイブラザー』(2010/香港) 監督:イップ・ワイマン、マンフレッド・ウォン 配給:アンプラグド 7月13日公開@新宿武蔵野館
 ・『三姉妹 〜雲南の子』(仏・香港) 監督:ワン・ビン 配給:ムヴィオラ 初夏公開@シアター・イメージフォーラム
 ・“Ip Man:The Final Fight”(香港) 監督:ハーマン・ヤウ 配給:日活 晩秋公開
 ・『メモリー -First Time-』(香港・中) 監督:ハン・イエン 配給:ポリゴンマジック

 ◆中国
 ・『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』(中) 監督:ツイ・ハーク 配給:ショウゲート 1月11日公開@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
 ・『花 Hua』“Love and Bruises”(2011/中・仏) 監督:ロウ・イエ 配給:アップリンク
 ・“Mystery”(2012/中・仏) 監督:ロウ・イエ 配給:アップリンク
 ・“大武当”(中) 監督:パトリック・レオン 配給:キュリオスコープ
 ・“画皮2(Painted Skin: The Resurrection/画皮 あやかしの恋2)” 監督:ウー・アールシャン 配給:ツイン
 ・“太極0(Thai Chi 0)”(中) 監督:スティーヴン・フォン 配給:ツイン
 ・『ブッダ・マウンテン〜希望と祈りの旅』(2010/中) 監督:リー・ユー 配給:オリオ商会、キノ・キネマ
 ・『ロスト・イン・北京』(2007/中) 監督:リー・ユー 配給:オリオ商会

 ◆韓国
 ・『アウトロー -哀しき復讐-』(韓) 監督:キム・チョルハン 配給:エプコット 1月12日公開@シネマート六本木
 ・『蜜の味〜テイスト・オブ・マネー〜』(韓) 1月19日公開@シネ・リーブル梅田、2月17日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『チャ刑事』(韓) 監督:シン・テラ 配給:ポニーキャニオン 1月26日公開@シネマート六本木
 ・『王になった男』(韓) 監督:チュ・チャンミン 配給:CJE 2月16日公開@新宿バルト9、丸の内ルーブル
 ・『僕の妻のすべて』(韓) 監督:ミン・ギュドン 配給:ツイン 3月2日公開@シネマート六本木
 ・『恋は命がけ』(韓) 監督:ファン・イノ 配給:ツイン 3月2日公開@シネマート六本木
 ・『ヨンガシ 変種増殖』(韓) 監督:パク・チョンウ 配給:ツイン 3月2日公開@シネマート六本木
 ・『愛してる、愛してない』(韓) 監督:イ・ユンギ 配給:ポニーキャニオン 3月16日公開@新宿武蔵野館
 ・『探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男』(韓) 監督:オ・ヨンドゥ 配給:キングレコード 3月23日公開@新宿K’s cinema
 ・『容疑者X 天才数学者のアリバイ』(韓) 監督:パン・ウンジン 配給:ツイン 4月20日公開@シネマート六本木
 ・『ハナ 奇跡の46日間』(韓) 監督:ムン・ヒョンソン 配給:SUMOMO 4月20日公開@オーディトリウム渋谷
 ・『マイPSパートナー』(韓) 監督:ビョン・ソンヒョン 配給:CJE 4月27日公開@シネマート六本木
 ・『コードネーム:ジャッカル』(韓) 監督:ペ・ヒョンジュン 配給:クロックワークス、ショウゲート 5月3日公開@新宿バルト9、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
 ・『私は王である!』(韓) 監督:チャン・ギョソン 配給:ポニーキャニオン 5月11日公開@新宿ピカデリー
 ・『後宮の秘密』(韓) 監督:キム・デスン 配給:ツイン 5月18日公開@シネマート新宿
 ・『建築学概論』(韓) 監督:イ・ヨンジュ 配給:アット エンタテインメント 5月18日公開@新宿武蔵野館
 ・『私のオオカミ少年』(韓) 監督:チョ・ソンヒ 配給:CJE 5月25日公開@新宿シネマカリテ
 ・『ある会社員』(韓) 監督:イム・サンユン 配給:ポニーキャニオン 6月1日公開@新宿ピカデリー
 ・『3人のアンヌ』(韓) 監督:ホン・サンス 配給:ビターズ・エンド 6月15日公開@シネマート新宿
 ・『嘆きのピエタ』(韓) 監督:キム・ギドク 配給:クレスト 6月公開@Bunkamuraル・シネマ
 ・『10人の泥棒たち』(韓) 監督:チェ・ドンフン 配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 6月22日公開@TOHOシネマズ 渋谷
 ・『ベルリンファイル』(韓) 監督:リュ・スンワン 配給:CJE 7月13日公開@新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー
 ・『渚のふたり』“Planet of Snail”(韓) 監督:イ・スンジュン 配給:シグロ 夏公開
 ・“Nameless Gangster”(韓) 監督:ユン・ジョンビン 配給:ファインフィルムズ 夏公開
 ・“Snowpiercer”(韓・米・仏) 監督:ポン・ジュノ 配給:角川映画、ビターズ・エンド

 ◆オーストラリア
 ・『エリア52』(オーストラリア) 監督:ジャスティン・ディックス 配給:ファインフィルムズ 3月30日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『ドリフト』(オーストラリア) 監督:モーガン・オニール、ベン・ノット 配給:日活 5月25日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・“The Railway Man”(オーストラリア・英) 監督:ジョナサン・テプリツキー 配給:角川映画
 ・“Lore”(独・オーストラリア・英) 監督:ケイト・ショートランド 配給:キノフィルムズ
 ・“The Sapphires”(オーストラリア) 監督:ウェイン・ブレア 配給:ポニーキャニオン
 ・“I, Frankenstein”(米・オーストラリア) 監督:スチュアート・ビーティー 配給:ポニーキャニオン

 ◆ニュージーランド

 ◆カナダ
 ・『陰謀のスプレマシー』“The Expatriate”(米・カナダ・ベルギー) 監督:フィリップ・シュテルツェル 配給:ファインフィルムズ 1月12日公開@シネ・リーブル梅田、1月20日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『カラカラ』(日・カナダ) 監督:クロード・ガニオン 配給:ククルビジョン、ビターズ・エンド 1月19日公開@新宿ピカデリー
 ・『バーニーズ・バージョン ローマと共に』“Barney’s Version”(2010/カナダ・伊) 監督:リチャード・J・ルイス 配給:エプコット 1月19日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田
 ・『コリドー』(カナダ) 監督:エヴァン・ケリー 配給:アット エンタテインメント 1月19日公開@シネ・リーブル梅田、2月15日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『グレイヴ・エンカウンター2』(カナダ・米) 監督:ジョン・ポリカン 配給:上映委員会(アルバトロス) 1月19日公開@シネ・リーブル梅田、2月9日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷
 ・『人生、ブラボー!』(カナダ) 監督:ケン・スコット 配給:クロックワークス、コムストック・グループ 1月26日公開@シネスイッチ銀座
 ・『デスカメラ』(カナダ) 監督:セヴェ・シェレンツ 配給:チャンス イン 2月16日公開@シネマート六本木
 ・『ディスコ・レボリューション』(カナダ) 監督:ジェイミー・カストナー 配給:角川映画 3月2日公開@角川シネマ有楽町
 ・『魔女と呼ばれた少女』(カナダ) 監督:キム・グエン 配給:彩プロ 3月9日公開@シネマート新宿
 ・『コズモポリス』(仏・カナダ・ポルトガル・伊) 監督:デイヴィッド・クローネンバーグ 配給:ショウゲート 4月13日公開@ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館
 ・『ポゼッション』(米・カナダ) 監督:オーレ・ボールネダル 配給:ブロードメディア・スタジオ 5月25日公開@シネマサンシャイン池袋
 ・『アンチヴァイラル』(カナダ・米) 監督:ブランドン・クローネンバーグ 配給:カルチュア・パブリッシャーズ、東京テアトル 5月25日公開@シネマライズ
 ・『サイレントヒル:リベレーション3D』(仏・米・カナダ) 監督:マイケル・J・バセット 配給:プレシディオ 6月公開
 ・『アイ アム ブルース・リー』(カナダ) 監督:ピート・マコーマック 配給:アンプラグド 6月22日公開@新宿武蔵野館
 ・“The Moth Diaries”(カナダ・アイルランド) 監督:メアリー・ハロン 配給:コムストック・グループ 夏公開
 ・『アップサイドダウン 重力の恋人』(カナダ・仏) 監督:フアン・ソラナス 配給:角川映画 9月7日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ有楽町
 ・“13Eerie”(カナダ) 監督:ロウエル・ディーン 配給:彩プロ
 ・“Laurence Anyways”(カナダ・仏) 監督:グザヴィエ・ドラン 配給:アップリンク

 ◆メキシコ
 ・『ザ・チャイルド』(メキシコ) 監督:マキノフ 配給:AMG 5月11日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷

 ◆キューバ

 ◆ブラジル
 ・『アントニオ・カルロス・ジョビン』(ブラジル) 監督:ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス、ドラ・ジョビン 配給:角川映画 2月23日公開@角川シネマ有楽町

 ◆アルゼンチン
 ・“Todos tenemos un plan(Everyone Has a Plan)”(アルゼンチン・西・独) 監督:アナ・ピターバーグ 配給:ブロードメディア・スタジオ 夏公開

 ◆南アフリカ
 ・『逃走者』(米・南アフリカ) 監督:ムクンダ・マイケル・デュウィル 配給:アスミック・エース 2月23日公開@新宿ミラノ3、109シネマズ
 ・『ダーク・タイド』(米・南アフリカ) 監督:ジョン・ストックウェル 配給:ファインフィルムズ 3月16日公開@ヒューマントラストシネマ渋谷

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【ドキュメンタリー】(アメリカ映画も含む)

 ・『アルマジロ』(デンマーク) 監督:ヤヌス・メッツ 配給:アップリンク 1月19日公開@アップリンク、新宿K’s cinema、銀座シネパトス
 ・『二郎は鮨の夢を見る』(米) 監督:デイヴィッド・ゲルブ 配給:トランスフォーマー 2月2日公開@ヒューマントラストシネマ有楽町、ユーロスペース
 ・『映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて』(仏・香港・中) 監督:イヴ・モンマユール 配給:キュリオスコーブ 2月16日公開@新宿K’s cinema
 ・『アントニオ・カルロス・ジョビン』(ブラジル) 監督:ネルソン・ペレイラ・ドス・サントス、ドラ・ジョビン 配給:角川映画 2月23日公開@角川シネマ有楽町
 ・『ディスコ・レボリューション』(カナダ) 監督:ジェイミー・カストナー 配給:角川映画 3月2日公開@角川シネマ有楽町
 ・『シュガーマン 奇跡に愛された男』(スウェーデン・英) 監督:マリク・ベンジェルール 配給:角川映画 3月16日公開@角川シネマ有楽町
 ・『ジャーニー/ドント・ストップ・ビリーヴィン』(米) 監督:ラモーナ・S・ディアス 配給:ファントム・フィルムズ 3月16日公開@新宿ピカデリー
 ・『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』(米) 監督:佐々木芽生 配給:ファイン・ライン・メディア・ジャパン 3月30日公開@新宿ピカデリー
 ・『クローサー・トゥ・ザ・エッジ マン島TTライダー』(英) 監督:リチャード・デ・アラグエス 配給:レイドバック・コーポレーション 3月30日公開@オーディトリウム渋谷
 ・『アントン・コービン 伝説のロック・フォトグラファーの光と影』(オランダ・独・伊・英・スウェーデン) 監督:クラーチェ・クイラインズ 配給:シンカ 4月6日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『The BLACK POWER Mixtape〜アメリカの光と影〜』(スウェーデン・米) 監督:ヨーラン・ヒューゴ・オルソン 配給:キュリオスコープ 4月28日公開@新宿K’s cinema
 ・『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』(米) 監督:ジェイソン・コーン、ビル・ジャージー 配給:アップリンク 5月11日公開@アップリンク、シネマート六本木
 ・『私が靴を愛するワケ』(米) 監督:ジュリー・ベナスラ 配給:アルシネテラン 5月11日公開@新宿武蔵野館
 ・『ビル・カニンガム&ニューヨーク』(米・仏) 監督:リチャード・プレス 配給:スターサンズ、ドマ 5月18日公開@新宿バルト9
 ・『世界が食べられなくなる日』(仏) 監督:ジャン=ポール・ジョー 配給:アップリンク 6月8日公開@アップリンク
 ・『ディズニーネイチャー チンパンジー 小さな勇気の物語』(米) 監督:アラステア・フォザーギル、マーク・リンフィールド 配給:ディズニー 6月公開
 ・『アイ アム ブルース・リー』(カナダ) 監督:ピート・マコーマック 配給:アンプラグド 6月22日公開@新宿武蔵野館
 ・『渚のふたり』“Planet of Snail”(韓) 監督:イ・スンジュン 配給:シグロ 夏公開
 ・“Slingshot Hip Hop”(2008/パレスチナ・米) 監督:Jackie Reem Salloum 配給:シグロ 秋公開
 ・“Love, Marilyn”(米・仏) 監督:リズ・ガルバス 配給:ショウゲート 秋公開
 ・『心の風邪をひいてませんか?』“Does Your Soul Have a Cold?”(2007/米) 監督:マイク・ミルズ 配給:アップリンク
 ・“Samsara”(米) 監督:ロン・フリック 配給:アンプラグド
 ・“Something from Nothing: The Art of Rap”(英・米) 監督:アイス-T 配給:角川映画
 ・“Ai Weiwei: Never Sorry”(米) 監督:アリソン・クレイマン 配給:キノフィルムズ
 ・“Crass: There Is No Authority But Yourself”(2006/オランダ) 監督:Alexander Oey 配給:キュリオスコープ
 ・“Hijos de las nubes, la última colonia(Sons of Clouds the last colony)”(西) 監督:アルバロ・ロンゴリア 配給:コムストック・グループ
 ・“Room237”(米) 監督:ロドニー・アッシャー 配給:ブロードメディア・スタジオ
 ・“Liv & Ingmar”(ノルウェー・英・インド) 監督:デーラジ・アコルカー 配給:ブロードメディア・スタジオ
 ・“FEU: Crazy Horse Paris”(仏) 監督:ブルノ・ユラン 配給:ギャガ 2014年公開
 ・“Barca”(米) 監督:ポール・グリーングラス 配給:角川映画 2014年公開

 【長編アニメーション】 ※アート・アニメーションを中心に

 ・『夜のとばりの物語 ―醒めない夢―』(仏) 監督:ミシェル・オスロ 配給:三鷹の森ジブリ美術館、スタジオジブリ 1月19日公開@新宿バルト9
 ・『劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし』“Nijntje de film”(オランダ) 監督:ハンス・パーク 配給:プレシディオ 3月23日公開@新宿武蔵野館、ワーナー・マイカル・シネマズ
 ・“Le magasin des suicides(The Suicide Shop)”(仏・カナダ・ベルギー) 監督:パトリス・ルコント 配給:コムストック・グループ

 【リバイバル作品】

 ・『八月の鯨』(1987/米) 監督:リンゼイ・アンダーソン 配給:アルシネテラン 2月16日公開@岩波ホール
 ・『悪魔の毒々モンスター ノーカット無修整完全版』(1984/米) 監督:マイケル・ハーツ、ロイド・カウフマン 配給:エデン 3月2日公開@新宿武蔵野館
 ・『殺し』(1962/伊) 監督:ベルナルド・ベルトルッチ 配給:ザジフィルムズ 3月9日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『革命前夜』(1964/伊) 監督:ベルナルド・ベルトルッチ 配給:ザジフィルムズ 3月9日公開@シアター・イメージフォーラム
 ・『第七の封印』(1956/スウェーデン) 監督:イングマール・ベルイマン 配給:マジックアワー 初夏公開@ユーロスペース
 ・『野いちご』(1957/スウェーデン) 監督:イングマール・ベルイマン 配給:マジックアワー 初夏公開@ユーロスペース
 ・『処女の泉』(1960/スウェーデン) 監督:イングマール・ベルイマン 配給:マジックアワー 初夏公開@ユーロスペース

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 文字数に余裕がありませんが、気がついたことを少しだけ―。

 ・全体的に公開本数が増えている気がします。ミニシアターが減るにつれ、上記のような作品はミニシアター以外の場所で上映されるようになってはいますが、作品の上映機会が増えているというよりは、単純に作品の回転数が上がっているのではないかという気もしますね。

 ・とはいいつつも、作品はかなり絞り込まれているようでもあります。

 ・ジャンルとしてはドキュメンタリーが多く、ほぼ毎週のように新作が封切られるような状態です。ただし、海外で評価の高い作品がコンスタントに上映されるわけではなく、アート・ドキュメンタリー中心で、ドキュメンタリーとしてはかなり偏っています。

 ・フィクションでは、アメリカ映画も含めてですが、ホラーやスリラーを中心にしたファンタスティック系の作品が公開されやすいようです。

 ・国籍では、ベルギー、スイス、ハンガリー、イスラエル、トルコ、イランからの公開作品がなく、その一方で、オランダ、イタリア、北欧、オーストラリアなどが公開本数を伸ばしています。
 特に公開本数が多いのがカナダですが、これは、共同製作が多いのが一因でもあり、必ずしもカナダ映画の現在をストレートに反映したものではないようです。
 例年に比べると、香港映画の公開本数も増えていますが、「様子見」の状態が続いていて、日本での公開までに時間がかかるケースがほとんどです。
 韓国映画も一時期に比べてかなり盛り返してきています。公開本増えたのは、「映画祭」や「特集上映」形式で新作を一気に見せるというスタイルをやめてしまったから、かもしれませんが、配給が決まっている作品のほとんどが公開日も決まっているというのを見ると、韓国映画は、買い付け→公開の流れがスムーズで、ビジネスとしてうまくいっているらしいというのが窺えます。今後、前半と同じくらい本数の配給・公開作品が決まっていくものと考えられます。

 ・配給会社では、角川映画やブロードメディア・スタジオが配給本数を増やしています。彩プロやコムストック・グループの頑張りも目を惹きます。エプコット、シンカ、アース・スターなど、いくつか新しい配給会社(?)も登場してきているようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・2012年に観る映画、観ない映画:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_4.html
 ・2011年に観る映画、観ない映画:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_20.html
 ・2010年に観る映画、観ない映画:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_21.html
 ・2009年に観る映画、観ない映画:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_18.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ウォルター・サレスの"on the road"が日本公開されるとは!当記事で初めて知りました。ずっと楽しみにしてたので嬉しいです(^u^)
長編アニメーション(アート)は数が少ないですね。特に"Le Chat du Rabbin"が未定なのが。作品自体が評価されても、監督にキャリアが無くては日本公開は厳しいのかな。
Shun
2013/03/19 19:31
Shunさま
コメントありがとうございます。
めぼしい映画はけっこう公開されますが、そこからさらに一歩踏み込むと、日本未公開の作品がゾロゾロ出てきてしまいます。
“Le Chat du Rabbin”は、現時点で何も動きが見られないので、もう日本での劇場公開は期待できなそうですね。残念ながら。
umikarahajimaru
2013/03/19 22:57
残念です。まぁ、監督の次回作がもっと評価されて、日本で特集上映組まれるのを気長に待ちます(笑)
ありがとうございました。
Shun
2013/03/20 21:44
Shunさま
いや〜、劇場公開は難しいと思いますが、フランス映画祭、My French Film Festival、BS/CS、TV5MONDE、あるいは、キンダー・フィルム・フェスト、のどれかで、日本に紹介されるような気はしますよ。
umikarahajimaru
2013/03/20 22:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2013年に観る映画、観ない映画! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる