海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 石岡瑛子も受賞! 米・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2013 結果発表!

<<   作成日時 : 2013/02/21 04:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第15回衣裳デザイナー組合賞(CDG:Costume Designers Guild)の結果が発表されました。(2月19日)

画像

 ◆現代映画部門(Excellence in Contemporary Film)
 ・『ハッシュパピー〜バスタブ島の少女〜』 Stephani Lewis
 ・『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』 ルイーズ・スターンスワード(Louise Stjernsward)
 ・『世界にひとつのプレイブック』 マーク・ブリッジス
 ◎『007 スカイフォール』 ジェイニー・ティーマイム
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』 ジョージ・L・リトル

 ジェイニー・ティーマイムは、前回『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』で受賞。

 ◆時代映画部門(Excellence in Period Film)
 ◎『アンナ・カレーニナ』 ジャクリーヌ・デュラン
 ・『アルゴ』 ジャクリーン・ウェスト
 ・『レ・ミゼラブル』 パコ・デルガド
 ・『リンカーン』 ジョアンナ・ジョンストン
 ・『ムーンライズ・キングダム』 カシア・ワリッカ=メイモン(Kasia Walicka-Maimone)

 ◆ファンタジー映画部門(Excellence in Fantasy Film)
 ・『クラウド アトラス』 キム・バレット、ピエール=イヴ・ゲロー
 ・『ホビット 思いがけない冒険』 アン・マスクリー、リチャード・テイラー、ボブ・バック
 ・『ハンガー・ゲーム』 ジュディアナ・マコフスキー(Judianna Makovsky)
 ◎『白雪姫と鏡の女王』 石岡瑛子
 ・『スノーホワイト』 コリーン・アトウッド

 ジュディアナ・マコフスキーはCM部門でもノミネート。本年度、キャリア貢献賞受賞。

 ◆テレビ・シリーズ 現代劇部門(Outstanding Contemporary Television Series)
 ・“Girls” Jennifer Rogien
 ・“Nashville” スージー・デサント(Susie DeSanto)
 ・『リベンジ』 ジル・オハネソン
 ◎『SMASH/スマッシュ』 モリー・マギリス(Molly Maginnis)
 ・“Treme” 衣裳デザイナー:Alonzo Wilson 共同衣裳デザイナー:Ann Walters

 ◆テレビ・シリーズ 時代劇/ファンタジー部門(Outstanding Period/Fantasy Television Series)
 ・『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』 ジョン・A・ダン、Lisa Padovani
 ◎『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』 Caroline McCall
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』 ミシェル・クラプトン

 『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』は前回テレビ映画/ミニシリーズ部門でノミネート&受賞。

 ◆テレビ映画/ミニシリーズ部門(Outstanding Made for Television Movie or Miniseries)
 ◎“American Horror Story: Asylum, Season 2” ルー・アイリッチ
 ・『宿敵 因縁のハットフィールド&マッコイ』 Karri Hutchinson
 ・“Hemingway & Gellhorn” ルース・マイヤーズ(Ruth Myers)

 ルー・アイリッチは、前回『glee』で受賞。

 ◆CM部門(Excellence in Commercial Costume Design)
 ・“Capital One: Couture” Roseanne Fiedler
 ◎“Captain Morgan Black” ジュディアナ・マコフスキー(Judianna Makovsky)
 ・“Dos Equis: Most Interesting Man in the World” Julie Vogel

 ジュディアナ・マコフスキーはファンタジー映画部門でもノミネート。本年度、キャリア貢献賞受賞。

 ◆ラコステ スポットライト・アワード
 ◎アン・ハサウェイ

 ◆キャリア貢献賞 映画部門(Career Achievement in Film)
 ◎ジュディアナ・マコフスキー(Judianna Makovsky)

画像

 ◆キャリア貢献賞TV部門(Career Achievement in Television)
 ◎エドゥアルド・カストロ(Eduardo Castro)

画像

 ◆コラボレーション賞(Distinguished Collaborator Award)
 ◎ローン・マイケルズ(Lorne Michaels)

画像

 ◆Distinguished Service Award
 ◎David Le Vey
 David Le Veyは、『ヒート』『タイタニック』『ワイルド・ワイルド・ウエスト』『マイノリティ・リポート』などに携わる衣裳デザイン・アシスタント。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 近年の映画部門の受賞者、および、アカデミー賞衣裳デザイン賞の受賞者は以下の通りです。

 2012年
 ・現代映画部門:『ドラゴン・タトゥーの女』 トリッシュ・サマーヴィル
 ・時代映画部門:『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』 アリアンヌ・フィリップス
 ・ファンタジー映画部門:『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 ジェイニー・ティーマイム
 ・アカデミー賞衣裳デザイン賞:『アーティスト』 マーク・ブリッジス

 2011年
 ・現代映画部門:『ブラック・スワン』 エイミー・ウェストコット
 ・時代映画部門:『英国王のスピーチ』 ジェニー・ビーヴァン
 ・ファンタジー映画部門:『アリス・イン・ワンダーランド』 コリーン・アトウッド
 ・アカデミー賞衣裳デザイン賞:『アリス・イン・ワンダーランド』 コリーン・アトウッド

 2010年
 ・現代映画部門:『クレイジー・ハート』 ダグラス・ホール
 ・時代映画部門:『ヴィクトリア女王 世紀の愛』 サンディー・パウエル
 ・ファンタジー映画部門:『Dr.パルナサスの鏡』 モニーク・プルドーメ
 ・アカデミー賞衣裳デザイン賞:『ヴィクトリア女王 世紀の愛』 サンディー・パウエル

 2009年
 ・現代映画部門:『スラムドッグ$ミリオネア』 スッチラット・ラーラーブ
 ・時代映画部門:『ある公爵夫人の生涯』 マイケル・オコナー
 ・ファンタジー映画部門:『ダークナイト』 リンディー・ヘミング
 ・アカデミー賞衣裳デザイン賞:『ある公爵夫人の生涯』 マイケル・オコナー

 過去4年間について言えば、衣裳デザイナー組合賞受賞作品からアカデミー賞衣裳デザイン賞が出たのは3回で、時代映画部門からアカデミー賞衣裳デザイン賞が出やすく、現代映画部門から出にくいことがわかります。

 さらにもうあと4年遡ってみると、衣裳デザイナー組合賞受賞作品とアカデミー賞衣裳デザイン賞作品の合致度は50%(4/8)となりますが(衣裳デザイナー組合賞ノミネーションの中にアカデミー賞衣裳デザイン賞作品が含まれてはいます)、2005年の『アビエイター』を含め、アカデミー賞衣裳デザイン賞作品はすべて時代映画部門から出ています。まあ、時代映画部門からアカデミー賞衣裳デザイン賞が出るのは、本業ではない人にも「衣裳の凄さ」がわかりやすいからなのだろうと思われます。

 前哨戦の結果、および、本年度のアカデミー賞衣裳デザイン賞のノミネーションは以下の通りです。

 ◆衣裳デザイン賞
 10.ラスベガス映画批評家協会賞:『アンナ・カレーニナ』 ジャクリーヌ・デュラン
 15.サテライト・アワード:『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(デンマーク・チェコ・スウェーデン・独) マノン・ラスムッセン
 23.フェニックス映画批評家協会賞:『アンナ・カレーニナ』 ジャクリーヌ・デュラン
 38.放送映画批評家協会賞:『アンナ・カレーニナ』 ジャクリーヌ・デュラン
 ※英国アカデミー賞:『アンナ・カレーニナ』 ジャクリーヌ・デュラン

 データは少ないものの、前哨戦では、『アンナ・カレーニナ』が優勢です。

 ◆米国アカデミー賞2013衣裳デザイン賞ノミネーション
 ・『アンナ・カレーニナ』 ジャクリーヌ・デュラン
 ・『レ・ミゼラブル』 パコ・デルガド
 ・『リンカーン』 ジョアンナ・ジョンストン
 ・『白雪姫と鏡の女王』 石岡瑛子
 ・『スノーホワイト』 コリーン・アトウッド

 [受賞歴]
 ジャクリーヌ・デュランは、『プライドと偏見』『つぐない』以来3回目のノミネート。
 パコ・デルガドとジョアンナ・ジョンストンは初ノミネート。
 石岡瑛子は『ドラキュラ』で受賞して以来、20年ぶり2回目のノミネート(遺作)。
 コリーン・アトウッドは10回目のノミネートで、『シカゴ』と『SAYURI』と『アリス・イン・ワンダーランド』で受賞。

 米国アカデミー賞ノミネーションでは、衣裳デザイナー組合賞ノミネーションとは時代映画部門で3作品、ファンタジー映画部門で2作品同じになっています。

 50%程度の確率でしか当たらないとなれば、大した参考材料とはなりませんが、米国アカデミー賞衣裳デザイン賞は、衣裳デザイナー組合賞時代映画部門受賞作品と重なりやすく、そして本年度の衣裳デザイナー組合賞時代映画部門は、『アンナ・カレーニナ』なので、米国アカデミー賞衣裳デザイン賞最有力作品も『アンナ・カレーニナ』ということになります。

 気になるのは、『BIUTIFUL ビューティフル』や『私が、生きる肌』で注目されたパコ・デルガド(本年度ゴヤ賞受賞)と、衣裳デザイン賞も作品賞に近いところから選ばれるかもしれないと考えた場合の『リンカーン』でしょうか。

 今回、ファンタジー映画部門で、石岡瑛子が受賞したことで、米国アカデミー賞にも受賞の目があるのかと思ったりもしますが、ノミネートそれ自体で彼女のこれまでの業績に対して賛辞を贈った、と考えた方がいいかもしれません。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 ・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_45.html
 ・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_38.html
 ・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2012結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_39.html
 ・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_46.html
 ・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_44.html
 ・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_43.html
 ・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_45.html
 ・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_15.html
 ・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_23.html

 ・米国アカデミー賞2013 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_30.html

 ・全米映画賞レース2012の結果をまとめてみました! 〈前半戦〉:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_51.html
 ・全米映画賞レース2012の結果をまとめてみました! 〈後半戦〉:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_40.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月〜2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
石岡瑛子も受賞! 米・衣裳デザイナー組合賞(CDG)2013 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる