海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・映画編集者賞(ACE)2013 結果発表!

<<   作成日時 : 2013/02/17 17:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第63回米・映画編集者賞(ACE:American Cinema Editors/Eddie)の受賞結果が発表になりました。(2月16日)

画像

 【映画部門】

 ◆ドラマ部門(Best Edited Feature Film (Dramatic)
 ◎『アルゴ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ, A.C.E.
 ・『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 ティム・スキアーズ, A.C.E.
 ・『リンカーン』 マイケル・カーン, A.C.E.
 ・『007 スカイフォール』 スチュアート・ベアード, A.C.E.
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』 ディラン・ティチェナー, A.C.E. 、ウィリアム・ゴールデンバーグ, A.C.E.

画像

 ◆コメディー/ミュージカル部門(Best Edited Feature Film (Comedy or Musical)
 ・『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』 クリス・ギル
 ・『レ・ミゼラブル』 メラニー・アン・オリバー、クリス・ディケンズ, A.C.E.
 ・『ムーンライズ・キングダム』 アンドリュー・ワイスブラム, A.C.E.
 ◎『世界にひとつのプレイブック』 ジェイ・キャシディ, A.C.E.、クリスピン・ストラザーズ
 ・『テッド』 ジェフ・フリーマン, A.C.E.

画像

 ◆アニメーション部門(Best Edited Animated Feature Film)
 ◎『メリダとおそろしの森』 ニコラスC・スミス, A.C.E.、Robert Grahamjones, A.C.E.
 ・『フランケンウィニー』 クリス・レベンゾン, A.C.E.、マーク・ソロモン
 ・“Rise of the Guardians”『不思議の国のガーディアン』 Joyce Arrastia
 ・『シュガー・ラッシュ』 Tim Mertens

画像

 ◆ドキュメンタリー部門(Best Edited Documentary)
 ・“Samsara” ロン・フリック、Mark Magidson
 ◎『シュガーマン 奇跡に愛された男』 マリク・ベンジェルール
 ・“West of Memphis” Billy McMillin

画像

 【テレビ部門】

 ◆30分シリーズ部門(Best Edited Half-Hour Series For Television)
 ・“Girls”-パイロット版 ロバート・フレイゼン, A.C.E.、Catherine Haight
 ・『モダン・ファミリー』-“Mistery Date” Ryan Case
 ◎『ナース・ジャッキー』-‘Handle Your Scandal’ Gary Levy

画像

 ◆1時間シリーズ・ドラマ 民放部門(Best Edited One-Hour Series For Commercial Television)
 ◎『ブレイキング・バッド』-‘Dead Freight’ Skip Macdonald A.C.E.
 ・『ブレイキング・バッド』-‘Gliding Over All’ Kelley Dixon, A.C.E.
 ・『MAD MEN マッド・メン』-‘The Other Woman’ Tom Wilson
 ・“Nashville”-パイロット版 Keith Henderson
 ・『SMASH/スマッシュ』-パイロット版 アンドリュー・ワイスブラム, A.C.E.

画像

 ◆1時間シリーズ・ドラマ コマーシャルフリー部門(Best Edited One-Hour Series For Non-Commercial Television)
 ・『Homeland』-‘The Choice’’ Terry Kelley, A.C.E.
 ・『Homeland』-‘State of Independence’ Jordan Goldman
 ◎“The Newsroom”-‘We Just Decided To’(パイロット版) アン・マッケイブ, A.C.E.

画像

 ◆ミニシリーズ・TV映画部門(Best Edited Miniseries or Motion Picture For Television)
 ・『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』 ルチア・ズケッティ, A.C.E.
 ・『宿敵 因縁のハットフィールド&マッコイ』 PART 1 Don Cassidy
 ◎“Hemingway & Gellhorn” ウォルター・マーチ, A.C.E.

 ◆ノン・スクリプト・シリーズ部門(Best Edited Non-Scripted Series) [改称]
 ※これまで「リアリティー・シリーズ部門」だったのが、これに改められたようです。
 ・“Beyond Scared Straight”-‘Oklahoma County, OK – The Weight’ Rob Goubeaux, A.C.E.、Mark S. Andrew, A.C.E.、Paul J. Coyne, A.C.E.、Mark Baum、Jeremy Gantz、 Johnny Skaare、J.C. Solis、Ken Yankee
 ◎“Frozen Planet”-‘Ends of the Earth’ Andy Netley、Sharon Gillooly
 ・“Deadliest Catch”-‘I Don’t Want to Die’ Josh Earl, A.C.E.、Alex Durham

 ◆TVドキュメンタリー部門(Best Edited Documentary (Television)) [新設]
 ◎“American Masters”-‘Phil Ochs: There But For Fortune’ Pamela Scott Arnold
 ・“The Dust Bowl”-エピソード1:‘The Great Plow Up’ Craig Mellish
 ・“The Weight of the Nation”:エピソード1:‘Consequences’ Paula Heredia

画像

 ◆ゴールデン・エディー(Golden Eddie/Filmmaker of the Year Award)
 ◎スティーヴン・スピルバーグ

画像

 ◆生涯貢献賞
 ◎リチャード・マークス(Richard Marks A.C.E.)
 リチャード・マークスは、『セルピコ』『ゴッド・ファーザーPARTU』『地獄の黙示録』から『恋愛小説家』『ユー・ガット・メール』『ジュリー&ジュリア』などを手がける映画編集者。

 ◎Larry Silk A.C.E.
 Larry Silkは、60年代からTVのドキュメンタリーを中心に活躍する映画編集者。

画像

 ◆学生コンペティション(Student Competition)
 ◎Michael Smith(AFI)

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門に関しては、一般部門、長編ドキュメンタリー部門、長編アニメーション部門が、それぞれ1つの作品へと収斂しつつあるように見えます。

 映画編集者賞ノミネーション発表時点では、一般部門(ここではドラマ部門)は混戦のはずでしたが、ほとんどすべての部門に『アルゴ』に対する追い風が吹きまくり、ここでも『アルゴ』の受賞となりました。

 映画編集者賞と米国アカデミー賞編集賞、米国アカデミー賞作品賞と米国アカデミー賞編集賞は、それぞれ一致度が高いので、米国アカデミー賞作品賞と米国アカデミー賞編集賞も『アルゴ』でほぼ決まりです。

 また、長編ドキュメンタリー部門は『シュガーマン 奇跡に愛された男』が有力ではあったものの決定的ではなく、長編アニメーション部門は混戦模様でしたが、この2部門もそれぞれ『シュガーマン 奇跡に愛された男』、『メリダのおそろしの森』がトータルで支持されることになるようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画編集者賞(ACE)とアカデミー賞編集賞の受賞作品の一致度は以下のようになっています。

 ・2011年度:はずれ(ACEは『ファミリー・ツリー』『アーティスト』、AAは『ドラゴン・タトゥーの女』
 ・2010年度:同じ(ドラマ部門『ソーシャル・ネットワーク』)
 ・2009年度:同じ(ドラマ部門『ハート・ロッカー』)
 ・2008年度:同じ(ドラマ部門『スラムドッグ$ミリオネア』)
 ・2007年度:同じ(ドラマ部門『ボーン・アルティメイタム』)
 ・2006年度:同じ(ドラマ部門『ディパーテッド』)
 ・2005年度:同じ(ドラマ部門『クラッシュ』)
 ・2004年度:同じ(ドラマ部門『アビエイター』)
 ・2003年度:同じ(ドラマ部門『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』)
 ・2002年度:同じ(コメディー/ミュージカル部門『シカゴ』)
 ・2001年度:同じ(ドラマ部門『ブラックホーク・ダウン』)
 ・2000年度:はずれ(ACEは『グラディエーター』『あの頃ペニー・レインと』、AAは『トラフィック』)
 ・1999年度:同じ(ドラマ部門『マトリックス』)

 上記13年間では、84.6%の確率で映画編集者賞(ACE)とアカデミー賞編集賞の受賞作品は一致し、しかもその作品がアカデミー賞作品賞をも制してしまう確率が異常に高いことがわかります。

 同様の傾向は当然今年も適用されると思われるので、上記の中の映画編集者賞(ACE)受賞作品がアカデミー賞編集賞を受賞し、作品賞をも制する確率は高いと言えます。

 前回は、映画編集者賞とアカデミー賞編集賞は一致せず、そのおかけで一致率が下がってしまいましたが、前回も、映画編集者賞(の一方)とアカデミー賞作品は同じになっています。

 本年度の米国アカデミー賞のノミネーションは以下の通り。

 ◆米国アカデミー賞作品賞
 ・『愛、アムール』
 ・『アルゴ』
 ・『ハッシュパピー〜バスタブ島の少女〜』
 ・『ジャンゴ 繋がれざる者』
 ・『レ・ミゼラブル』
 ・『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 ・『リンカーン』
 ・『世界にひとつのプレイブック』
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』

 ◆米国アカデミー賞編集賞
 ・『アルゴ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ
 ・『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 ティム・スキアーズ
 ・『リンカーン』 マイケル・カーン
 ・『世界にひとつのプレイブック』 ジェイ・キャシディ、クリスピン・ストラザーズ
 ・『ゼロ・ダーク・サーティ』 ディラン・ティチェナー、ウィリアム・ゴールデンバーグ

 今回は、アカデミー賞編集賞ノミネート作品が、すべて米・映画編集者賞(ACE)ノミネーションに含まれているので、今回も受賞結果が同じになるのであれば、双方ともアカデミー賞にノミネートされた5作品の中から受賞者が出る、ということになります。

 ちなみに、前哨戦の結果は以下の通り。

 ◆編集賞
 4.ボストン・オンライン映画批評家協会賞:『ゼロ・ダーク・サーティ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー
 6.ロサンゼルス映画批評家協会賞:『ゼロ・ダーク・サーティ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー
 7.ボストン映画批評家協会賞:『ゼロ・ダーク・サーティ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー
 9.サンディエゴ映画批評家協会賞:『アルゴ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ
 10.ラスベガス映画批評家協会賞:『ゼロ・ダーク・サーティ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー
 13.サンフランシスコ映画批評家協会賞:『アルゴ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ
 15.サテライト・アワード:『世界にひとつのプレイブック』 ジェイ・キャシディ
 16.シカゴ映画批評家協会賞:『ゼロ・ダーク・サーティ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー
 23.フェニックス映画批評家協会賞:『アルゴ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ
 32.オンライン映画批評家協会賞:『クラウド アトラス』 アレクサンダー・バーナー
 33.女性映画ジャーナリスト同盟映画賞:『ゼロ・ダーク・サーティ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー
 38.放送映画批評家協会賞:『ゼロ・ダーク・サーティ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ、ディラン・ティチェナー
 ※英国アカデミー賞:『アルゴ』 ウィリアム・ゴールデンバーグ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 ・米・映画編集者賞(ACE)2013ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_34.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2012ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_32.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2012結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_31.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2011ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_31.html
 ・米・映画編集者賞(ACE) 2011結果発表: http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_39.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2010ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_23.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_28.html
 ・米・映画編集者賞(ACE)2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_21.html

 ・米国アカデミー賞2013 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_30.html

 ・全米映画賞レース2012の結果をまとめてみました! 〈前半戦〉:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_51.html
 ・全米映画賞レース2012の結果をまとめてみました! 〈後半戦〉:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201301/article_40.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html


 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年6月〜2013年1月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201206/article_9.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・映画編集者賞(ACE)2013 結果発表!  海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる