海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS アイルランド・アカデミー賞2013 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2013/01/15 08:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第10回アイルランド・アカデミー賞(IFTA:Irish Film & Television Academy and Awards)のノミネーションが発表されました。(1月9日)

 【アイルランド映画部門】

 ◆作品賞
 ・“Death of a Superhero”(独・アイルランド) 監督:イアン・フィッツギボン(Ian Fitzgibbon)
 ・“Good Vibrations”(英・アイルランド) 監督:Lisa Barros D'Sa、Glenn Leyburn
 ・“Grabbers”(英・アイルランド) 監督:Jon Wright
 ・“Shadow Dancer”(英・アイルランド) 監督:ジェームズ・マーシュ
 ・“What Richard Did”(アイルランド) 監督:レニー・アブラハムソン(Lenny Abrahamson)

 ◆監督賞
 ・レニー・アブラハムソン(Lenny Abrahamson) “What Richard Did”
 ・Pat Collins “Silence”(アイルランド・独)
 ・イアン・フィッツギボン(Ian Fitzgibbon) “Death of a Superhero”
 ・マーティン・マクドナー “Seven Psychopaths”(英)

 ◆主演男優賞
 ・リチャード・ドーマー(Richard Dormer) “Good Vibrations”
 ・コリン・ファレル “Seven Psychopaths”
 ・マーティン・マッキャン(Martin McCann) “Jump”(英・アイルランド)(監督:Kieron J. Walsh)
 ・ジャック・レイナー(Jack Reynor) “What Richard Did”

 ◆主演女優賞
 ・ルース・ブラッドリー(Ruth Bradley) “Grabbers”
 ・アンヌ=マリー・ダフ “Sanctuary”(アイルランド)(監督:Norah McGettigan)
 ・Roisin Murphy “What Richard Did”
 ・Seana Kerslake “Dollhouse”(アイルランド)(監督:カーステン・シェリダン)

 ◆助演男優賞
 ・ドムナル・グリーソン 『アンナ・カレーニナ』(英)(監督:ジョー・ライト)
 ・キアラン・ハインズ 『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』“The Woman in Black”(英・カナダ・スウェーデン)(監督:ジェームズ・ワトキンス)
 ・マイケル・マケルハットン(Michael McElhatton) “Death of a Superhero”
 ・デイヴィッド・ウィルモット(David Wilmot) “Shadow Dancer”

 ドムナル・グリーソンは前回はテレビ部門で主演男優賞を受賞しています。
 キアラン・ハインズは前回は主演男優賞でノミネート。

 ◆助演女優賞
 ・Bríd Brennan “Shadow Dancer”
 ・ブロナー・ギャラガー(Bronagh Gallagher) “Grabbers”
 ・シャーレーン・マッケンナ(Charlene McKenna) “Jump”
 ・ガブリエル・レイディ(Gabrielle Reidy) “What Richard Did”

 ブロナー・ギャラガーは前回はテレビ部門でノミネート。

 ◆脚本賞
 ・“What Richard Did” Malcolm Campbell
 ・“Grabbers” ケヴィン・ルヘイン(Kevin Lehane)
 ・“Seven Psychopaths” マーティン・マクドナー
 ・“Jump” Kieron J Walsh

 ◆撮影賞(TV部門含)
 ・『アンナ・カレーニナ』 シーマス・マッガーヴェイ
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO) P・J・ディロン
 ・“Citadel”(アイルランド・英)(監督:Ciaran Foy) ティム・フレミング(Tim Fleming)
 ・“What Richard Did” David Grennan

 シーマス・マッガーヴェイは、前回、『少年は残酷な弓を射る』で受賞しています。

 ◆編集賞(TV部門含)
 ・“What Richard Did” Nathan Nugent
 ・“Love/Hate”(Octagon Films) ダーモット・ディスキン(Dermot Diskin)
 ・“Saving the Titanic”(Tile Films) Mick Mahon
 ・“Ripper Street”(Element Pictures, Tiger Aspect Productions) Helen Chapman

 ダーモット・ディスキンは2年連続ノミネート。

 ◆美術賞
 ・“Ripper Street”(Element Pictures, Tiger Aspect Productions) マーク・ゲラティ(Mark Geraghty)
 ・“Titanic Blood & Steel” トム・コンロイ(Tom Conroy)
 ・“Love/Hate”(Octagon Films) Stephen Daly
 ・“Saving the Titanic”(Tile Films) Ray Ball

 トム・コンロイは5年連続ノミネートで、2008年に受賞。Stephen Dalyは2年連続ノミネート。

 ◆衣裳賞
 ・“Good Vibrations” マギー・ドネリー(Maggie Donnelly)
 ・“Loving Miss Hatto”(Left Bank Pictures)  Alison Byrne
 ・“King of the Travellers”(アイルランド)(監督:Mark O'Connor) Joan O’Cleary
 ・“Ripper Street”(Element Pictures, Tiger Aspect Productions) ローラ・マリームーガン(Lorna Marie Mugan)

 ◆M.A.C メイキャップ& ヘア賞(TV部門含)
 ・“Loving Miss Hatto”(Left Bank Pictures) Morna Ferguson、Dee Corcoran
 ・“Ripper Street”(Element Pictures, Tiger Aspect Productions) Sharon Doyle、Eileen Buggy
 ・“Shadow Dancer” Lynn Johnston、Eileen Buggy
 ・“Titanic Blood & Steel”(Epos Films) Tom McInerney、Dee Corcoran

 Eileen BuggyとDee Corcoranはダブル・ノミネートです。
 Dee Corcoranは『THE TUDORS〜背徳の王冠〜』で4年連続ノミネートのあと、異なる作品で2年連続ノミネート。2008年、2009年、2011年に受賞。

 ◆録音賞(TV部門含)
 ・“Citadel” Garret Farrell、Hugh Fox、Steve Fanagan
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』 Ronan Hill、Mervyn Moore
 ・“Titanic Blood & Steel”(Epos Films) Dan Birch、Jon Stevenson、Garret Farrell
 ・“What Richard Did” Paddy Hanlon、Steve Fanagan、Niall Brady

 Steve Fanaganはダブル・ノミネートです。

 ◆オリジナル作曲賞
 ・“Loving Miss Hatto” ニール・バーン(Niall Byrne)
 ・“Love/Hate”(Octagon Films) レイ・ハーマン(Ray Harman)
 ・“Saving the Titanic” Steve Lynch
 ・“What Richard Did” Stephen Rennicks

 レイ・ハーマンは同じ作品で2年連続ノミネート。

 ◆ジョージ・モリソン 長編ドキュメンタリー賞(George Morrison Feature Documentary Award)
 ・“Barbaric Genius”(アイルランド・米・英) 監督:Paul Duane
 ・“John Ford: Dreaming the Quiet Man”(アイルランド) 監督:Sé Merry Doyle
 ・“Mea Maxima Culpa: Silence in the House of God”(米) 監督:アレックス・ギブニー
 ・“Skin in the Game”(アイルランド) 監督:David Pilot Sunday

 ◆短編映画賞
 ・“The Girl with the Mechanical Maiden”(アイルランド) 監督:Andrew Legge
 ・“Fear of Flying”(アイルランド) 監督:Conor Finnegan
 ・“Morning”(英・アイルランド) 監督:Cathy Brady
 ・“Rhinos”(アイルランド) 監督:Shimmy Marcus

 “Fear of Flying”は2部門でノミネートです。
 “Rhinos”はコーク国際映画祭2012観客賞受賞。

 ◆アニメーション賞
 ・“After You”(アイルランド) 監督:Damien O'Connor
 ・“Fear of Flying”(アイルランド) 監督:Conor Finnegan
 ・“Macropolis”(英) 監督:Joel Simon
 ・“Peter Rabbit’s Christmas Tale”(BBC)

 “Fear of Flying”は2部門でノミネートです。

 ◆アイルランド語作品特別賞(Special Irish Language Award)
 ・“Bernard Dunne's Bród Club”(Production Team, Independent Pictures)
 ・“Congo 1961”(Akajava Films)
 ・“Lón sa Spéir – Men at Lunch”(Sean & Eamonn Ó'Cualáin, Sónta)
 ・“Rásaí na Gaillimhe”(Great Western Films)

 【テレビ部門】

 ◆作品賞(Best Drama, In Association With Bai)
 ・『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』(Octagon Films)
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(HBO)
 ・“Love/Hate”(Octagon Films)
 ・“Titanic: Blood and Steel”(Epos Films)

 “Love/Hate”は3年連続ノミネート、“The Borgias”と『ゲーム・オブ・スローンズ』は2年連続ノミネート。前回は“Love/Hate”が受賞。

 ◆監督賞 ドラマ部門(Director TV Drama)
 ・デイヴィッド・キャフリー(David Caffrey) “Love Hate”(Octagon Films)
 ・Ciaran Donnelly “Titanic: Blood and Steel”(Epos Films)
 ・Declan Lowney “Moone Boy”(Grand Pictures, Baby Cow Productions, Hot Cod Productions and Sprout Pictures for Sky 1)
 ・Aisling Walsh “Loving Miss Hatto”(Left Bank Pictures)

 デイヴィッド・キャフリーは同じ作品で3年連続ノミネート。前回受賞。

 ◆監督賞(Director TV)
 ・Alison Millar “The Shame of the Catholic Church”(BBC Northern Ireland)
 ・ダミアン・オドネル(Damien O’Donnell) “The Savage Eye”(Blinder Films)
 ・Maurice Sweeney “WB Yeats−No Country for Old Men”(Hot Shot Films)
 ・Lynda McQuaid “Masterchef”(Screentime ShinAwil)

 Lynda McQuaidは、同じ作品で2年連続ノミネート。

 ◆主演男優賞
 ・ガブリエル・バーン “Secret State”(Company Pictures)
 ・コルム・ミーニー “Hell on Wheels”(Endemol)
 ・ロバート・シーハン(Robert Sheehan) “Love/Hate”(Octagon Films)
 ・トム・ヴォーガン・ローラー(Tom Vaughan Lawlor) “Love/Hate”(Octagon Films)

 ロバート・シーハンは、前々回に“Love/Hate”で助演男優賞ノミネート、前回は別の作品で主演男優賞ノミネート。
 トム・ヴォーガン・ローラーは前回同じ作品で助演男優賞受賞。

 ◆主演女優賞
 ・オーラ・ブラディ(Orla Brady) “Sinbad”(Possible Pictures)
 ・Carrie Crowley “Rasai na Gaillim”(Great Western Films)
 ・エイミー・ハバーマン(Amy Huberman) “Threesome”(Big Talk Productions)
 ・Charlie Murphy “Love/Hate”(Octagon Films)

 エイミー・ハバーマンは、前回は映画部門助演女優賞ノミネート、前々回は映画部門主演女優賞受賞。

 ◆助演男優賞
 ・Peter Coonan “Love/Hate”(Octagon Films)
 ・アレン・リーチ(Allen Leech) 『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』(Carnival Films)
 ・クリス・オダウド(Chris O’Dowd) “Moone Boy”(Grand Pictures, Baby Cow Productions, Hot Cod Productions and Sprout Pictures for Sky 1)
 ・Andrew Scott 『SHERLOCK/シャーロック』(Hartswood Films)

 クリス・オダウドは2部門でのノミネートで、2年連続ノミネートです。

 ◆助演女優賞
 ・キャシー・ベルトン(Cathy Belton) “Roy”(Jam Media)
 ・Susan Loughnane “Love/Hate”(Octagon Films)
 ・ルース・ネッガ(Ruth Negga) “Secret State”(Channel 4)
 ・ディードル・オケイン(Deirdre O’Kane) “Moone Boy”(Grand Pictures, Baby Cow Productions, Hot Cod Productions and Sprout Pictures for Sky 1)

 ルース・ネッガは、3年連続ノミネート、前回主演女優賞受賞。

 ◆脚本賞
 ・“Love/Hate” (Octagon Films) Stuart Carolan
 ・“Saving the Titanic”(Tile Films) コリン・ヘーバー=パーシー(Colin Heber-Percy)、Lyall Watson
 ・『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』 (Octagon Films)” ニール・ジョーダン
 ・“Moone Boy”(Grand Pictures, Baby Cow Productions, Hot Cod Productions and Sprout Pictures for Sky 1) クリス・オダウド(Chris O’Dowd)、Nick Vincent Murphy

 Stuart Carolanは同じ作品で3年連続ノミネート、2連覇中。
 ニール・ジョーダンは同じ作品で2年連続ノミネート。
 クリス・オダウドは2部門でのノミネートです。

 ◆撮影監督賞
 ・“Gaeil Nua Eabhrac”(Real Films) Michael O’Donovan
 ・“WB Yeats−No Country for Old Men”(Hot Shot Films) Ronan Fox、Mick O’Rourke
 ・“My Civil War”(RTÉ) Kieran Slyne
 ・“Lorg na gCos”(Colm Bairéad Ltd/Midas Productions) Feargal O’Hanlon

 Michael O’DonovanとKieran Slyneは2年連続ノミネート。

 ◆編集賞
 ・“Gaeil Nua Eabhrac”(Real Films) Mick Mahon
 ・“Chaplin the Waterville Picture” (Keeshla Communications Ltd) Mick Mahon
 ・“Inside the Department”(Wildfire Films) Brenda Morrissey
 ・“The West’s Awake”(Iris Productions) Zaini Darragh

 Mick Mahonは、2年連続ノミネートで、今回ダブル・ノミネートです。
 Zaini Darraghは録音賞でもノミネート。

 ◆録音賞
 ・“Am An Ghátair”(Magamedia) Mark Henry、Conall de Cléir、John Brennan
 ・“Scéal na Gaeilge”(ROSG) Paul Rowland、Niall O’Sullivan
 ・“WB Yeats No Country for Old Men” (Hotshot Films) Killian Fitzgerald、Fiachra O’Hanlon
 ・“The West’s Awake”(Iris Productions) David O'Regan、Killian Fitzgerald、Zaini Darragh

 Killian Fitzgeraldは、ダブル・ノミネートです。2年連続ノミネートで、前回受賞しています。
 Zaini Darraghは編集賞でもノミネート。

 ◆児童/ヤング番組賞(Children’s / Youth Programme)
 ・“The Octonauts”(Brown Bag)
 ・“OMG! Jedward”(Tyrone Productions)
 ・“Roy”(JAM Media)
 ・“Ó Tholg go Tolg”(Red Pepper Productions)

 “OMG! Jedward”は2年連続ノミネート。

 ◆エンタテインメント番組賞(Entertainment)
 ・“Moone Boy”(Grand Pictures, Baby Cow Productions, Hot Cod Productions and Sprout Pictures for Sky 1)
 ・“Mrs Brown’s Boys”(RTE / BBC / BOC Pictures)
 ・“The Savage Eye”(Blinder Films)
 ・“The Voice of Ireland”(Screentime ShinAwiL)

 “Mrs Brown’s Boys”と“The Savage Eye”は2年連続ノミネート。前回は“Mrs Brown’s Boys”が受賞。

 ◆報道部門賞(Current Affairs)
 ・“Midweek: Rural Ireland Fights Back”(TV3)
 ・“Prime Time – Profiting from Prostitution”(RTE)
 ・“Spotlight: Sean Quinn’s Missing Millions”(BBCNI)
 ・“Vincent Browne Tonight”(TV3)

 ◆ドキュメンタリー・シリーズ賞(Documentary Series)
 ・“24 Hours to Kill”(TV3)
 ・“Bullyproof”(Firebrand Productions)
 ・“The New Irish After the Bust”(Animo Television)
 ・“Ray D’Arcy: How to Beat Depression”(Animo Television)

 ◆ドキュメンタリー賞(Documentary)
 ・“A Time to Die?”(Yellow Asylum Films)
 ・“Congo 1961”(Akajava Films)
 ・“MND: The Inside Track”(Independent Pictures)
 ・“WB Yeats – No Country for Old Men”(Hot Shot Films)

 ◆ファクチュアル・プログラム賞(Factual)
 ・“Dead Money”(ProMedia Productions)
 ・“The Radharc Squad”(Tyrone Productions)
 ・“Room to Improve”(Coco Television)
 ・“The Zoo”(Moondance Productions)

 ◆リアリティー番組賞(Reality)
 ・“Masterchef ”Screentime ShinAwil)
 ・“Jockey Eile”(Abú Media)
 ・“ICA Bootcamp”(Independent Pictures)
 ・“Come Dine with Me”(ITV Studios for TV3)

 ◆スポーツ番組賞(Sports)
 ・“Olympics”(RTÉ)
 ・“Paralympics”(Setanta Ireland)
 ・“Jump Boys”(Touchline Media)
 ・“When Ali Came to Ireland”(True Films)

 ※複数の部門で、映画作品とテレビ作品をひとまとめにしているので、ちょっと混乱しますが、ここでは公式サイトとは順番を並べ替えて、映画部門(テレビ部門を含む)とテレビ部門に分けて書き出しています。

 上記のほかに、インターナショナル部門がありますが、「近日中に発表」ということになっています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート状況は以下の通りです。

 【映画部門】

 ・“What Richard Did”(10):作品・監督・主演男優・主演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・録音・作曲
 ・“Grabbers”(4):作品・主演女優・助演女優・脚本
 ・“Shadow Dancer”(4):作品・助演男優・助演女優・メイク
 ・“Death of a Superhero”(3):作品・監督・助演男優
 ・“Good Vibrations”(3):作品・主演男優・衣裳
 ・“Seven Psychopaths”(3):監督・主演男優・脚本
 ・“Jump”(3):主演男優・助演女優・脚本
 ・『アンナ・カレーニナ』(2):助演男優・撮影
 ・“Citadel”(2):撮影・録音
 ・Silence”(1):監督
 ・“Sanctuary”(1):主演女優
 ・“Dollhouse”(1):主演女優
 ・『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』(1):助演男優

 【テレビ部門】

 ・“Love/Hate”(11):作品・監督・主演男優・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・脚本・編集・美術・作曲
 ・”Moone Boy”(5):監督・助演男優・助演女優・脚本・エンタテインメント
 ・“Ripper Street”(4):編集・美術・衣裳・メイク
 ・“Loving Miss Hatto”(4):監督・衣裳・メイク・作曲
 ・“WB Yeats−No Country for Old Men”(4):監督・撮影・録音・ドキュメンタリー
 ・“Titanic Blood & Steel”(5):作品・監督・美術・メイク・録音
 ・『ゲーム・オブ・スローンズ』(3):作品・撮影・録音
 ・“Saving the Titanic”(3):脚本・編集・美術
 ・『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』(2):作品・脚本
 ・“Secret State”(2):主演男優・助演女優
 ・“Roy”(2):助演女優・児童

 どうしてこれが「アイルランド作品」としてノミネートされるのか、よくわからない作品もありますが、公式発表では以上のようになっています。

 映画部門もテレビ部門も、「1強」状態です。

 映画部門に関していえば、『アルバート氏の人生』『アイルランドの事件簿』『裏切りのサーカス』『ブライズメイズ』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』『SHAME-シェイム-』『ハンナ』『少年は残酷な弓を射る』などがノミネートされていた、前回と比べると、ちょっと地味でしょうか。

 ま、『アンナ・カレーニナ』は別格として、“Shadow Dancer”や“Seven Psychopaths”など、多くの映画祭で上映されて話題になった作品もあり、また、観てみたいなと思わせてくれる作品もいくつかあります。(下記参照)

 なお、シアーシャ・ローナンは、アイルランド・アカデミー賞で5年連続で受賞を果たしていましたが、今回はノミネートすらされず、連続受賞記録は5でストップしてしまいました。

 第10回アイルランド・アカデミー賞の授賞式は、2月9日です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主なノミネート作品を簡単に紹介しておきます。

 ・“What Richard Did”(アイルランド) 監督:レニー・アブラハムソン(Lenny Abrahamson)
 物語:無意識にやってしまった暴力的な行為がショッキングな悲劇を巻き起こしてしまい、高校のラグビーのスター選手の運命が永遠に変わってしまう。
 『ジョジーの修理工場』(2007)でカンヌ国際映画祭2007監督週間 芸術・実験映画賞(The Prix Art et Essai)受賞のレニー・アブラハムソン監督最新作。
 トロント国際映画祭2012 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。
 ダブリン映画批評家協会賞2012 アイルランド映画賞受賞。

画像

 ・“Grabbers”(英・アイルランド) 監督:Jon Wright
 出演:リチャード・コイル(Richard Coyle)、ルース・ブラッドリー(Ruth Bradley) 、ラッセル・トヴェイ(Russell Tovey)、ブロナー・ギャラガー(Bronagh Gallagher)
 物語:平和なエリン島が、イカのような巨大生物Grabberに襲われる。地元の警官のオシェアは、事件など滅多に起こることもないこともあって、始終飲んだくれていたが、緊急事態発生に対し、初めてといっていいくらい素面で捜査に挑む。しかし、Grabberから身を守る唯一の方法は、「酒を飲む」ことなのだった……。
 サンダンス映画祭2012 スポットライト部門出品。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2012 ファンタスティック・コンペティション部門出品。
 熱帯美術館配給にて日本公開予定。

画像

 ・“Shadow Dancer”(英・アイルランド) 監督:ジェームズ・マーシュ
 出演:クライブ・オーウェン、ジリアン・アンダーソン、エイダン・ギレン(Aidan Gillen)、アンドレア・ライズボロー、ドーナル・グリーソン(Domhnall Gleeson)、マイケル・マケルハットン(Michael McElhatton)、マーティン・マッキャン(Martin McCann)、Brid Brenann
 物語:北アイルランド。コレットは、子供時代に、イギリスの治安部隊によって弟を殺される。数年後、彼女は同年代の女性と同じように母親になった。しかし、まだアイルランド紛争と関わっていた。ロンドンで中止になった爆弾テロの件で彼女が逮捕される。彼女にはイギリス情報局保安部から2つの選択肢が示される。幼い息子を含め、すべてをあきらめて、25年間刑務所に服役するか、ベルファストに戻って、自分の家族の動向をスパイするかだ。
 サンダンス映画祭2012 プレミア部門出品。ベルリン国際映画祭2012 アウト・オブ・コンペティション部門出品。
 エジンバラ国際映画祭2012 コンペティション部門出品。最優秀パフォーマンス賞受賞(アンドレア・ライズボロー、Brid Brenann)

画像

 ・“Death Of A Superhero”(独・アイルランド) 監督:イアン・フィッツギボン(Ian Fitzgibbon)
 出演:アンディ・サーキス、トーマス・ブロディ・サングスター(Thomas Brodie-Sangster)、Aisling Loftus、マイケル・マケルハットン(Michael McElhatton)、Sharon Horgan、Jessica Schwarz
 物語:ドナルドは、14歳で、白血病を患っていて、自らも死が近いことを薄々感じ取っていた。しかし、それとは裏腹に、頭の中では、コミックブックの世界、つまり、スーパーヒーローが悪を倒す世界に想像の翼を広げていた。両親は、内に籠もりがちな彼をセラピストであるキング医師の元へ連れて行く。最初は反抗していたドナルドだったが、彼を子供としてではなく、大人として扱う医師に次第に心を開いていく……。
 Anthony McCartenの同名小説の映画化
 トロント国際映画祭2011 SPECIAL PRESENTATIONS部門出品。
 ズリーン国際映画祭2012青少年向け長編映画 インターナショナル・コンペティション部門出品。金のスリッパ賞/国際審査員賞受賞。

画像

 ・“Good Vibrations”(英・アイルランド) 監督:Lisa Barros D'Sa、Glenn Leyburn
 ベルファストに、Good Vibrationsという名のレコード・ショップを開き、のちには、自分のレーベルも作って、北アイルランドのパンクロック・シーンに大きな影響を与えたTerri Hooleyの半生を描いた作品。
 釜山国際映画祭2012 ワールド・シネマ部門出品。
 セビリヤ・ヨーロッパ映画祭2012 コンペティション部門出品。

画像

 ・“Seven Psycopaths”(英) 監督:マーティン・マクドナー(Martin McDonagh)
 出演:コリン・ファレル、クリストファー・ウォーケン、サム・ロックウェル、ウッディー・ハレルソン、アビー・コーニッシュ、トム・ウェイツ、オルガ・キュリレンコ、ジェリコ・イヴァネク(Zeljko Ivanek)
 物語:仕事に手こずっている脚本家がいて、変わり者の友人がギャングがかわいがっているシーズーをさらってしまったことから、彼もロサンゼルスの闇社会のもめごとに巻き添えになってしまう。
 『ヒットマンズ・レクイエム』のマーティン・マクドナー監督最新作。
 トロント国際映画祭2012 MIDNIGHT MADNESS部門出品。ピープルズ・チョイス賞。
 シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭2012 ファンタスティック・コンペティション部門出品。
 ロンドン映画祭2012 コンペティション部門出品・

画像

 ・“Jump”(アイルランド・英) 監督:Kieron J. Walsh
 物語:大晦日の夜。目的もなく、希望もなく、不安を抱えたグレタは、北アイルランドのデリー・ピース・ブリッジから身投げをしようとしていた。そこに、殴られ、血を流しているピアースがやってきて、グレタは自殺を踏みとどまる。彼は、偶然にも、ギャングのボスであるグレタの父親と取引しようとして、手痛い目に遭ったばかりだった。2人は夜の街に繰り出して、いろんな経験をする。一方で、犯罪者のジョニーは、フィニーが雇ったロスとジャックを手伝って、盗まれた大金の行方を捜すことになる……。
 舞台劇の映画化。
 トロント国際映画祭2012 CONTEMPORARY WORLD CINEMA部門出品。

画像

 ・“Silence”(アイルランド・独) 監督:Pat Collins
 物語:録音技師のEoghanが、仕事のために、15年ぶりに故郷に帰ってくる。彼は、人工的に作られた音から解放され、いままで気にも留めなかった場所を再発見し、深く魅了される。そして、彼の関心は、これまで省みることのなかった「静寂」へと向かっていく。
 ダブリン国際映画祭2012 Michael Dwyer Discover Award受賞。

画像

 ・“Dollhouse”(アイルランド) 監督:カーステン・シェリダン
 出演:Seana Kerslake、Johnny Ward、Ciaran McCabe、Kate Stanley Brennan、Shane Curry
 物語:5人の人間がある家に侵入する。オーナーはいない。その家は、清潔でスタイリッシュでモダンで、中にいる彼らは異物でしかなかった。彼らは、それらを破壊してしまいたい衝動にかられたが、そうすることはせず、数時間、まるでそこの住人であるかのようにふるまった。ところが隣の部屋で少年が目覚め、彼らの間に劇的な変化が起こる。デニースは喘息の薬が必要になった。若いダーレンとイーナとシェーンは暴力沙汰は避けたいということで意見が一致した。家に入る時に靴を脱いだジーニーは、ある大きな秘密を抱えていた。
 ベルリン国際映画祭2012 パノラマ部門出品。Europa Cinemas Label スペシャル・メンション受賞。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ちなみに、今回、調べていてわかったのですが、コーク映画祭がアイルランド映画のショーケースとなっているようで、主だったアイルランド映画はコーク映画祭で観ることができるようです。(コーク映画祭は、毎年11月にアイルランドのコークで開催される歴史ある映画祭で、2012年で57回を迎えています。)

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 ・アイルランド・アカデミー賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_44.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2012 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_23.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_29.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_22.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_25.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_38.html
 ・アイルランド・アカデミー賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_22.html

 ・ダブリン映画批評家協会賞2012:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_58.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年12月〜2013年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201212/article_50.html

 追記:
 ・アイルランド・アカデミー賞2013 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201302/article_17.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アイルランド・アカデミー賞2013 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる