海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際映画音楽批評家協会賞2012 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2012/02/10 23:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第8回国際映画音楽批評家協会賞(IMFCA:The International Film Music Critics Association)のノミネーションが発表になりました。(2月9日)

 【国際映画音楽協会】
 国際映画音楽批評家協会(IMFCA:The International Film Music Critics Association)は、オンライン、紙媒体、ラジオ等で、映画音楽やTV音楽を中心に執筆活動を行なっているジャーナリストの団体で、メンバーはアメリカとヨーロッパ全土に及び、メンバー数は現在56人を数えています。
 元々は、スウェーデンの編集者でジャーナリストのMikael Carlsson(filmmusicradio.com や filmmusicmag.comで活躍し、現在はスウェーデン・インディペンデント映画音楽レーベルMovieScore Mediaのオーナー)が90年代後半に始めた映画音楽批評家賞(Film Music Critics Jury)が元になっています。

 公式HP:http://filmmusiccritics.org/

画像

 ◆作曲賞(Film Score Of The Year)
 ・『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』 音楽:ジョン・ウィリアムズ
 ・『アーティスト』 音楽:ルドヴィック・ブールス
 ・“The Greatest Miracle” 音楽:マーク・マッケンジー
 ・『ヒューゴの不思議な発明』 音楽:ハワード・ショア
 ・『戦火の馬』 音楽:ジョン・ウィリアムズ

 ◆作曲家賞(Film Composer Of The Year)
 ・ルドヴィック・ブールス
 ・アレクサンドル・デプラ
 ・マイケル・ジアッチーノ
 ・アルベルト・イグレシアス
 ・ジョン・ウィリアムズ

 アレクサンドル・デプラのみ連続ノミネートです。アレクサンドル・デプラは、7年連続ノミネートで、2007年と2008年と2011年に受賞しています。

 ◆作曲家ブレイクアウト賞(Breakout Composer Of The Year)
 ・ルドヴィック・ブールス
 ・Brian Byrne
 ・ケミカル・ブラザーズ
 ・マイケル・リチャード・プロウマン
 ・ルーカス・ヴィダール

 ◆オリジナル作曲賞ドラマ部門(Best Original Score For A Drama Film)
 ・『アーティスト』 音楽:ルドヴィック・ブールス
 ・『ジェーン・エア』 音楽:ダリオ・マリアネッリ
 ・『ソウル・サーファー』 音楽:マルコ・ベルトラミ
 ・“W.E.” 音楽:アベル・コジェニオウスキ
 ・『戦火の馬 音楽:ジョン・ウィリアムズ

 すべて顔ぶれが変わっています。

 ◆オリジナル作曲賞コメディー部門(Best Original Score For A Comedy Film)
 ・『宇宙人ポール』 音楽:デイヴィッド・アーノルド
 ・“The Rum Diary” 音楽:クリストファー・ヤング
 ・“Torrente 4:Lethal Crisis” 音楽:ロケ・バーニョス
 ・“A Very Harold And Kumar 3D Christmas” 音楽:ウィリアム・ロス
 ・“Your Highness” 音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー

 すべて顔ぶれが変わっています。

 ◆オリジナル作曲賞アクション/アドベンチャー/スリラー部門(Best Original Score For An Action/Adventure/Thriller Film)
 ・『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』 音楽:アラン・シルヴェストリ
 ・『ドライヴ』 音楽:クリフ・マルティネス
 ・『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』 音楽:マイケル・ジアッチーノ
 ・『リアル・スティール』 音楽:ダニー・エルフマン
 ・『猿の惑星:創世記』 音楽:パトリック・ドイル

 すべて顔ぶれが変わっています。

 ◆オリジナル作曲賞ファンタジー/SF/ホラー部門(Best Original Score For A Fantasy/Science Fiction/Horror Film)
 ・『ダーク・フェアリー』 音楽:マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 音楽:アレクサンドル・デプラ
 ・『ヒューゴの不思議な発明』 音楽:ハワード・ショア
 ・『プリースト』 音楽:クリストファー・ヤング
 ・『SUPER8 スーパーエイト』 音楽:マイケル・ジアッチーノ

 アレクサンドル・デプラのみ、連続ノミネートです。

 ◆オリジナル作曲賞アニメーション部門(Best Original Score For An Animated Feature)
 ・『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』 音楽:ジョン・ウィリアムズ
 ・“The Greatest Miracle” 音楽:マーク・マッケンジー
 ・『カンフー・パンダ2』 音楽:ジョン・パウエル、ハンス・ジマー
 ・『長ぐつをはいたネコ』 音楽:ヘンリー・ジャックマン
 ・『ランゴ』 音楽:ハンス・ジマー

 ジョン・パウエルのみ、連続ノミネートです。前回受賞。

 ◆オリジナル作曲賞ドキュメンタリー部門(Best Original Score For A Documentary Feature)
 ・“Frozen Planet” 音楽:ジョージ・フェントン
 ・“Hold At All Costs:The Story Of The Battle Of Outpost Harry” 音楽:ラリー・グループ
 ・“Jig” 音楽:パトリック・ドイル
 ・“Russland – Im Reich Der Tiger, Bären Und Vulkane” 音楽:Kolja Erdmann
 ・“The Wind Gods” 音楽:パイナー・トプラク

 すべて顔ぶれが変わっています。

 ◆楽曲賞(Film Music Composition Of The Year)
 ・『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』-‘The Adventure Continues’ 音楽:ジョン・ウィリアムズ
 ・『アーティスト』-‘George Valentin’ 音楽:ルドヴィック・ブールス
 ・『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』-‘Captain America March’  音楽:アラン・シルヴェストリ
 ・『リアル・スティール』-‘Final Round’ 音楽:ダニー・エルフマン
 ・『戦火の馬』-‘The Homecoming’ 音楽:ジョン・ウィリアムズ

 ダニー・エルフマンのみ、連続ノミネート。

 ◆オリジナル作曲賞テレビ・シリーズ部門(Best Original Score For A Television Series)
 ・『ドクター・フー』“Doctor Who” 音楽:マーレイ・ゴールド
 ・『ダウントン・アビー〜貴族とメイドと相続人〜』 音楽:ジョン・ラン
 ・“Ermessenda” 音楽:Arnau Bataller
 ・“Game Of Thrones” 音楽:ラミン・ジャヴァディ
 ・“Sherlock” 音楽:デイヴィッド・アーノルド、マイケル・プライス

 マーレイ・ゴールドは同一作品で2年連続ノミネートです。

 ◆オリジナル作曲賞ビデオ・ゲーム/インタラクティヴ・メディア部門(Best Original Score For A Video Game Or Interactive Media)
 ・“Call Of Duty:Modern Warfare 3” 音楽:ブライアン・タイラー
 ・“The Elder Scrolls V:Skyrim” 音楽:ジェレミー・ソウル
 ・“L.A. Noire” 音楽:Andrew Hale、Simon Hale
 ・『ニノ国 白き聖灰の女王』“Ni No Kuni:Wrath Of The White Witch” 音楽:久石譲
 ・“Socom 4:U.S. Navy Seals” 音楽:Bear Mccreary

 ブライアン・タイラーとBear Mccrearyは、2年連続ノミネート。

 ◆最優秀アルバム 既存曲リリース部門(Best Archival Release Of An Existing Score)
 ・『ブラックホール』(Disney / Intrada) 音楽:ジョン・バリー アルバム・プロデュース:Randy Thornton & Douglass Fake ライナー・ノーツ:Jeff Bond アート・ディレクション:Steve Sterling

 ・『ダニー・エルフマン&ティム・バートン 25周年記念BOX』“The Danny Elfman & Tim Burton 25th Anniversary Music Box”(Warner Bros) 音楽:ダニー・エルフマン アルバム・プロデュース:ダニー・エルフマン&ティム・バートン ライナー・ノーツ:Jeff Bond & ダニー・エルフマン アート・ディレクション:Matt Taylor

 ・『天国の日々』(Film Score Monthly) 音楽:エンニオ・モリコーネ アルバム・プロデュース:Lukas Kendall & Craig Spaulding ライナー・ノーツ:Lukas Kendall And Jeff Bond アート・ディレクション:Joe Sikoryak

 ・『グレムリン』(Film Score Monthly) 音楽:ジェリー・ゴールドスミス アルバム・プロデュース:Mike Matessino &ブルース・ボトニック ライナー・ノーツ:Jeff Bond And Mike Matessino アート・ディレクション:Joe Sikoryak

 ・『炎の砦マサダ』(Intrada) 音楽:ジェリー・ゴールドスミス、モートン・スティーヴンス アルバム・プロデュース:Douglass Fake & Roger Feigelson ライナー・ノーツ:Jon Burlingame アート・ディレクション:Joe Sikoryak

 ◆最優秀アルバム 既存曲リレコーディング部門(Best Archival Re-Recording Of An Existing Score)
 ・『ネトレバの戦い』『裸者と死者』“The Battle Of Neretva/The Naked And The Dead”(Tribute Film Classics) 音楽:バーナード・ハーマン 指揮:ウィリアム・ストロンバーグ アルバム・プロデュース:ウィリアム・ストロンバーグ、ジョン・モーガン、アンナ・ボン ライナー・ノーツ:Jim Doherty & Kevin Scott アート・ディレクション:Jim Titus

 ・『キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2』(Prometheus) 音楽:ベイジル・ポールドゥリス 指揮:Nic Raine アルバム・プロデュース:James Fitzpatrick ライナー・ノーツ:Frank K. Dewald アート・ディレクション:Ginko Digi

 ・『ローマ帝国の滅亡』(Tadlow Music) 音楽:Dimitri Tiomkin 指揮:Nic Raine アルバム・プロデュース:James Fitzpatrick ライナー・ノーツ:Frank K. Dewald アート・ディレクション:James Fitzpatrick、Damien Doherty、Ginko Digi

 ・『ロード・オブ・ザ・リング シンフォニー』“The Lord Of The Rings Symphony”(Howe Records) 音楽:ハワード・ショア 指揮:Ludwig Wicki アルバム・プロデュース:Jonathan Schultz & ハワード・ショア ライナー・ノーツ:ハワード・ショア & Ludwig Wicki アート・ディレクション:Alan Frey

 ・『隊長ブーリバ』(Tadlow Music) 音楽:フランツ・ワックスマン 指揮:Nic Raine アルバム・プロデュース:James Fitzpatrick ライナー・ノーツ:Frank K. Dewald アート・ディレクション:Damien Doherty

 ◆最優秀レーベル賞(Film Music Record Label Of The Year)
 ・Film Score Monthly
 ・Intrada
 ・La-La Land
 ・Moviescore Media
 ・Varèse Sarabande

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作曲家のノミネート状況は以下の通りです。

 ・ジョン・ウィリアムズ(7):作曲・作曲・作曲家・ドラマ・アニメ・楽曲・楽曲
 ・ルドヴィック・ブールス(5):作曲・作曲家・ブレイク・ドラマ・楽曲
 ・ハワード・ショア(3):作曲・ファンタジー・リレコーディング
 ・ダニー・エルフマン(3):アクション・楽曲・リリース
 ・マーク・マッケンジー(2):作曲・アニメ
 ・アレクサンドル・デプラ(2):作曲家・ファンタジー
 ・マルコ・ベルトラミ(2):ドラマ・ファンタジー
 ・クリストファー・ヤング(2):コメディー・ファンタジー
 ・アラン・シルヴェストリ(2):アクション・楽曲
 ・パトリック・ドイル(2):アクション・ドキュメンタリー
 ・ハンス・ジマー(2):アニメ・アニメ

 国際映画音楽批評家協会賞とアカデミー賞との関係は、作曲賞で比較すると、ノミネーション・レベルでは、5つ中2〜4が一致する程度、受賞では過去3年間に1回しか一致していません。まあ、当たらずといえども遠からずといったところでしょうか。

 本年度のノミネーションでは、作曲賞で3人、作曲家賞で3人一致しています。

 アカデミー賞作曲賞は『アーティスト』=ルドヴィック・ブールスで当確なので、国際映画音楽批評家協会賞がどんな結果を出すかが注目されます。

 ◆第84回米国アカデミー賞 オリジナル作曲賞ノミネーション
 ・『アーティスト』 ルドヴィック・ブールス
 ・『ヒューゴの不思議な発明』  ハワード・ショア
 ・『戦火の馬』 ジョン・ウィリアムズ
 ・『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』 ジョン・ウィリアムズ
 ・『裏切りのサーカス』 アルベルト・イグレシアス

 ◆第84回米国アカデミー賞 オリジナル歌曲賞ノミネーション
 ・“The Muppets”:‘Man or Muppet’ Bret McKenzie
 ・『ブルー 初めての空へ』:‘Real in Rio’ セルジオ・メンデス、Carlinhos Brown、Siedah Garrett

 今回、国際映画音楽批評家協会賞には、久石譲がノミネートされていますが、日本人のノミネートは、過去3年では、2009年に久石譲(アニメーション部門『崖の上のポニョ』)と鉾山亘(ビデオ・ゲーム/インタラクティヴ・メディア部門)がノミネートされています。
 ビデオ・ゲーム/インタラクティヴ・メディア部門は、全く予想がつきませんが、果たして受賞の可能性はあるでしょうか?

 国際映画音楽批評家協会賞2012の発表は、2月23日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・第7回国際映画音楽批評家協会賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_28.html
 ・第7回国際映画音楽批評家協会賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_47.html
 ・第6回国際映画音楽批評家協会賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_22.html
 ・第6回国際映画音楽批評家協会賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_5.html
 ・第5回国際映画音楽批評家協会賞ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_20.html
 ・第5回国際映画音楽批評家協会賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_24.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年1月〜6月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_1.html

 追記:
 ・国際映画音楽批評家協会賞2012 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_41.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国際映画音楽批評家協会賞2012 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる