海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 第6回アジア映画賞ノミネーション!

<<   作成日時 : 2012/01/22 00:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第6回アジア映画賞のノミネーションが発表されました。(1月17日)

画像

 ◆作品賞
 ・『別離』(イラン)  監督:アスガー・ファルハディ
 ・『一枚のハガキ』(日) 監督:新藤兼人
 ・“The Flowers Of War(金陵十三釵)”(中) 監督:チャン・イーモウ
 ・“The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”(香港・中) 監督:ツイ・ハーク
 ・“Warriors Of The Rainbow: Seediq Bale(賽コ克•巴萊)”(台湾) 監督:ウェイ・ダーション
 ・“You Don’t Get Life A Second Time(Z.M.N.D.)”(インド) 監督:Zoya Akhtar

 第1回でノミネートされたチャン・イーモウ以外はすべて初ノミネートです。

 ◆監督賞
 ・アスガー・ファルハディ 『別離』(イラン)
 ・Teddy Soeriaatmadja “Lovely Man”(インドネシア)
 ・園子温 『恋の罪』“Guilty of Romance”(日)
 ・ツイ・ハーク “The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”(香港・中)
 ・ウェイ・ダーション “Warriors Of The Rainbow: Seediq Bale(賽コ克•巴萊)”(台湾)
 ・チャン・イーモウ “The Flowers Of War(金陵十三釵)”(中)

 アスガー・ファルハディと園子温がともに第4回にノミネートされている以外、他はすべて初ノミネートです。

 ◆主演男優賞
 ・チェン・クン(陳坤) “The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”(香港・中)
 ・Donny Damara “Lovely Man”(インドネシア)
 ・アンディー・ラウ “A Simple Life(桃姐)”(香港)(監督:アン・ホイ)
 ・パク・ヘイル “War Of The Arrows(最終兵器 弓)”(韓) (監督:キム・ハンミン)
 ・役所広司 『わが母の記』“Chronicle Of My Mother”(日)(監督:原田眞人)

 アンディー・ラウは、第1回の『墨攻』以来のノミネート。
 役所広司は、前回『十三人の刺客』に続き、連続ノミネート。

 ◆主演女優賞
 ・Vidya Balan “The Dirty Picture”(インド)(監督:Milan Luthria)
 ・ミシェル・チェン 『あの頃、君を追いかけた』“You Are The Apple Of My Eye(那些年,我們一起追的女孩)”(台湾)(監督:ギデンズ(Giddens Ko))
 ・ユージン・ドミンゴ 『浄化槽の貴婦人』“The Woman In The Septic Tank”(フィリピン)(監督:マーロン・N・リベラ)
 ・レイラ・ハタミ 『別離』(イラン)
 ・デニー・イップ “A Simple Life(桃姐)”(香港)

 全員初ノミネート。

 ◆助演男優賞
 ・Umin Boya “Warriors Of The Rainbow: Seediq Bale(賽コ克•巴萊)”(台湾)
 ・Lawrence Ko “Jump! Ashin(翻滾吧! 阿信)”(台湾)(監督:Yu-Hsien Lin(林育賢))
 ・イ・ジェフン “The Front Line(高地戦)”(韓)(監督:チャン・フン)
 ・マリオ・マウラー(Mario Maurer) “The Outrage”(タイ)(監督:M.L. Pundhevanop Dhewakul)

 全員初ノミネート。

 ◆助演女優賞
 ・Shamaine Buencamino “Niño”(フィリピン)(監督:Loy Arcenas)
 ・グイ・ルンメイ “The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”(香港・中)
 ・セリーヌ・ホーワン 『ヘッドショット』“Headshot”(タイ)(監督:ペンエーグ・ラッタナルアーン)
 ・満島ひかり 『一命』“Hara-Kiri: Death Of A Samurai”(日) (監督:三池崇史)
 ・イェン・ニー(閆妮) 『僕は11歳』“11 Flowers”(中・仏)(監督:ワン・シャオシュアイ)

 イェン・ニーが第4回にノミネートされているほかは、全員初ノミネート。

 ◆新人賞
 ・コー・チェントン 『あの頃、君を追いかけた』“You Are The Apple Of My Eye(那些年,我們一起追的女孩)”(台湾)
 ・Eric Lin Hui-Min(林暉閔) “Starry Starry Night(星空)”(台湾)(監督:トム・リン)
 ・前田旺志郎 『奇跡』“I Wish”(日)(監督:是枝裕和)
 ・Ni Ni(倪妮) “The Flowers Of War(金陵十三釵)”(中)
 ・ギタ・ノファリスタ 『鏡は嘘をつかない』“The Mirror Never Lies”(インドネシア)(監督:カミーラ・アンディニ)

 ◆脚本賞
 ・アスガー・ファルハディ 『別離』(イラン)
 ・新藤兼人 『一枚のハガキ』(日)
 ・リュウ・ホン、ゲリン・ヤン “The Flowers Of War(金陵十三釵)”(中)
 ・アラン・マック、フェリックス・チョン “Overheard 2(竊聽風雲2)”(香港)(監督:アラン・マック、フェリックス・チョン)
 ・クリストファー・マルティネス 『浄化槽の貴婦人』“The Woman In The Septic Tank”(フィリピン)

 アスガー・ファルハディは、第4回に続いて2回目のノミネート。

 ◆撮影賞
 ・チン・ディンチャン “Warriors Of The Rainbow: Seediq Bale(賽コ克•巴萊)”(台湾)
 ・Vishvajith Karunarathna 『フライング・フィッシュ』“Flying Fish”(スリランカ)(監督:サンジマーワ・プシュパクマーラ(Sanjeewa Pushpakumara))
 ・キム・ウヒョン “The Front Line(高地戦)”(韓)
 ・ジェイク・ポロック、ライ・イウファイ(Hksc) “Wu Xia(武侠)”(香港・中)(監督:ピーター・チャン)
 ・ラフマット・シャイフル(Rahmat Syaiful) 『鏡は嘘をつかない』“The Mirror Never Lies”(インドネシア)

 ジェイク・ポロックは3年連続ノミネート。
 ライ・イウファイは第1回の『傷城』以来のノミネート。

 ◆編集賞
 ・カーレン・パン “Overheard 2(竊聽風雲2)”(香港)
 ・ネリー・ケッティエ(Nelly Quettier) 『僕は11歳』“11 Flowers”(中・仏)
 ・ハイェデェ・サフィヤリ 『別離』(イラン)
 ・Anand Subaya “You Don’t Get Life A Second Time(Z.M.N.D.)”(インド)
 ・タン・マントー(ケ文滔) “White Vengeance(鴻門宴)”(中)(監督:ダニエル・リー)

 全員初ノミネート。

 ◆美術賞
 ・Suzanne Caplan Merwanji “You Don’t Get Life A Second Time(Z.M.N.D.)”(インド)
 ・リュ・ソンフイ “The Front Line(高地戦)”(韓)
 ・種田陽平 “Warriors Of The Rainbow: Seediq Bale(賽コ克•巴萊)”(台湾)
 ・ハイ・チョンマン(奚仲文)、ラウ・マンホン(劉敏雄) “The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”(香港・中)
 ・ハイ・チョンマン(奚仲文)、スン・リー (孫立) “Wu Xia(武侠)”(香港・中)

 種田陽平は第3回に『ザ・マジックアワー』でノミネート。
 ハイ・チョンマン(奚仲文)は、何となく常連のような気がしていましたが、それは香港電影金像奨のことであって、アジア映画賞は初ノミネートでした。今回3ノミネート。

 ◆衣裳デザイン賞
 ・天野恭子、江村耕市 『ミロクローゼ』“Milocrorze: A Love Story”(日)(監督:石橋義正)
 ・ウィリアム・チャン(William Chang Suk-Ping/張叔平) “The Flowers Of War(金陵十三釵)”(中)
 ・モク・クァンキット(莫均傑)、Wong Ming-Ha(黃明霞) “White Vengeance(鴻門宴)”(中)
 ・Noppadol Techo “The Outrage”(タイ)
 ・ハイ・チョンマン(奚仲文) “The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”(香港・中)

 ◆視覚効果賞
 ・Ritesh Aggarwal “Ra. One”(インド)(監督:Anubhav Sinha)
 ・神谷誠 『GANTZ』(日)(監督:佐藤信介)
 ・Wook Kim、Josh Cole、Frankie Chung(鍾智行) “The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”(香港・中)
 ・Xiao Yang(肖洋)、Chang Song(常松)、A Law(老A)、Li Ming-Hsung(李明雄)、Li Jin-Hui(李金輝) “Starry Starry Night(星空)”(台湾)
 ・Yung Kwok-Yin(翁國賢)、Andy Kang(姜鍾翊) “Wu Xia(武侠)”(香港・中)

 神谷誠は、第1回の『日本沈没』に続き、2回目のノミネート。

 ◆作曲賞
 ・コンフォート・チャン(陳光榮)、ピーター・カム(金培達)、チャッチャイ・ポンプラパーパン(Chatchai Pongprapaphan) “Wu Xia(武侠)”(香港・中)
 ・チェン・チーガン(陳其鋼) “The Flowers Of War(金陵十三釵)”(中)
 ・リッキー・ホー(何國杰) “Warriors Of The Rainbow: Seediq Bale(賽コ克•巴萊)”(台湾)
 ・Rahat Fateh Ali Khan、A・R・ラフマーン、Neeraj Shridhar “Rockstar”(インド)(監督:Imtiaz Ali)
 ・坂本龍一 『一命』(日)

 ピーター・カムは、第1回、第5回に続き、3回目のノミネート。
 A・R・ラフマーンは、第3回の“Jodhaa Akbar”以来2回目のノミネート。

 ◆アジア映画終身成就賞
 ◎アン・ホイ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 それぞれの作品のノミネート状況は以下の通りです。

 ・“The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”(7):作品・監督・主演男優・助演女優・美術・衣裳・視覚効果
 ・“The Flowers Of War(金陵十三釵)”(6):作品・監督・新人・脚本・衣裳・作曲
 ・“Warriors Of The Rainbow: Seediq Bale(賽コ克•巴萊)”(6):作品・監督・助演男優・撮影・美術・作曲
 ・『別離』(5):作品・監督・主演男優・脚本・編集
 ・“Wu Xia(武侠)”(4):撮影・美術・視覚効果・作曲
 ・“You Don’t Get Life A Second Time(Z.M.N.D.)”(3):作品・編集・美術
 ・“The Front Line(高地戦)”(3):助演男優・撮影・美術
 ・『一枚のハガキ』(2):作品・脚本
 ・“Lovely Man”(2):監督・主演男優
 ・“A Simple Life(桃姐)”(2):主演男優・主演女優
 ・『あの頃、君を追いかけた』(2):主演女優・新人
 ・『浄化槽の貴婦人』(2):主演女優・脚本
 ・“The Outrage”(2):助演男優・衣裳
 ・『一命』(2):助演女優・作曲
 ・『僕は11歳』(2):助演女優・編集
 ・“Starry Starry Night(星空)”(2):新人・視覚効果
 ・『鏡は嘘をつかない』(2):新人・撮影
 ・“Overheard 2(竊聽風雲2)”(2):脚本・編集
 ・“White Vengeance(鴻門宴)”(2):編集・衣裳
 ・『恋の罪』(1):監督
 ・“War Of The Arrows(最終兵器 弓)”(1):主演男優
 ・『わが母の記』(1):主演男優
 ・“The Dirty Picture”(1):主演女優
 ・“Jump! Ashin(翻滾吧! 阿信)”(1):助演男優
 ・“Niño”(1):助演女優
 ・『ヘッドショット』(1):助演女優
 ・『奇跡』(1):新人
 ・『フライング・フィッシュ』(1):撮影
 ・『ミロクローゼ』(1):衣裳
 ・“Ra. One”(1):視覚効果
 ・『GANTZ』(1):視覚効果
 ・“Rockstar”(1):作曲

 作品ごとの国別ノミネート状況は以下の通りです。

 日本(7):『一枚のハガキ』、『恋の罪』、『わが母の記』、『一命』、『奇跡』、『ミロクローゼ』、『GANTZ』
 中国(4):“The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”、“The Flowers Of War(金陵十三釵)”、“Wu Xia(武侠)”、『僕は11歳』、“White Vengeance(鴻門宴)”
 台湾(4):“Warriors Of The Rainbow: Seediq Bale(賽コ克•巴萊)”、『あの頃、君を追いかけた』、“Jump! Ashin(翻滾吧! 阿信)”、“Starry Starry Night(星空)”
 インド(4):“You Don’t Get Life A Second Time(Z.M.N.D.)”、“The Dirty Picture”、Ra. One”、Rockstar”
 香港(3):“The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”、“A Simple Life(桃姐)”、“Overheard 2(竊聽風雲2)”、“Wu Xia(武侠)”
 インドネシア(2):“Lovely Man”、『鏡は嘘をつかない』
 韓国(2):“War Of The Arrows(最終兵器 弓)”、“The Front Line(高地戦)”
 フィリピン(2):『浄化槽の貴婦人』、Niño”
 タイ(2):“The Outrage”、『ヘッドショット』
 イラン(1):『別離』
 スリランカ(1):『フライング・フィッシュ』

 国別ノミネート総数は――

 中国:17.5
 香港:11.5
 台湾:11
 日本:9
 インド:7
 イラン:5
 インドネシア:4
 韓国:4
 フィリピン:3
 タイ:3
 スリランカ:1

 今回は、常連がすっかり姿を消して、初ノミネートがほとんどばかりとなり、過去に受賞経験のあるノミニーは一人もいないというノミネーションになりました。

 国別ノミネート総数では、これまで常に上位に君臨していた韓国が大きく後退し、わずか2作品で4つのノミネーションにとどまりました。

 日本、中国、香港が上位に食い込んでくるのは毎年のことで、そこに台湾が入り込んでいるのが、今年の特徴となっています。

 ノミネートされている国は常連ばかりですが、スリランカは初ノミネートです。

 作品では、これまで6ノミネートが最高でしたが、今回“The Flying Swords Of Dragon Gate(龍門飛甲)”がそれを上回る7部門でのノミネートを果たしました。

 ノミネート作品を見てみると、ナ・ホンジンの『哀しき獣』やヌリ・ビルゲ・ジェイランの“Once Upon a Time in Anatolia”、ワン・バオキアンの『ミスター・ツリー』、チェン・カイコーの『運命の子』、ジョニー・トーの『奪命金』、キム・ギドクの『アリラン』、ベネチア国際映画祭2011銀獅子賞受賞のツァイ・シャン・チュン『人山人海』、園子温の『ヒミズ』、塚本晋也の『KOTOKO』、ジャファル・パナヒの『これは映画ではない』などの作品が完全に無視されていることがわかります。

 これまで5回の受賞作品は、
 作品賞:韓国、韓国、日本、韓国、タイ
 監督賞:中国、韓国、日本、中国、韓国
 という風になっています。
 韓国はこれまで作品賞か監督賞を必ず受賞していきましたが、今回はどちらにもノミネートもされていないということになっていて、今年は、韓国映画が席捲したアジア映画賞に新しい1ページが刻まれることになりそうです。

 受賞結果の発表は、3月19日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・第5回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_3.html
 ・第5回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_21.html
 ・第4回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_42.html
 ・第4回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_37.html
 ・第3回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_33.html
 ・第3回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_17.html
 ・第2回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200803/article_10.html
 ・第1回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200703/article_31.html

 ・アジア太平洋映画賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_23.html

 ・映画賞&映画祭カレンダー 2012年1月〜6月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201201/article_1.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2011年6月〜12月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_3.html

 追記:
 第6回アジア映画賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201203/article_7.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第6回アジア映画賞ノミネーション! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる