海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 有力候補の落選も! 米国俳優組合賞(SAG)2012ノミネーション 発表!

<<   作成日時 : 2011/12/15 12:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第18回米国俳優組合賞(SAG)のノミネーションが発表されました。(12月14日)

画像

 【映画部門】(Theatrical Motion Pictures)

 ◆主演男優賞(Outstanding Performance By A Male Actor in A Leading Role)
 ・デミアン・ビチル 『明日を継ぐために』(監督:クリス・ワイツ)
 ・ジョージ・クルーニー “The Descendants”
 ・レオナルド・ディカプリオ 『J・エドガー』
 ・ジャン・デュジャルダン “The Artist”
 ・ブラッド・ピット 『マネーボール』

 マイケル・ファスベンダー、ライアン・ゴズリング、ゲイリー・オールドマン、マイケル・シャノン、ウディ・ハレルソンらが落選しました。
 デミアン・ビチルのノミネートはここが初めてではありませんが、かなり意外なチョイスでした。
 ジョージ・クルーニーがやや有力でしょうか。

 ◆主演女優賞(Outstanding Performance By A Female Actor in A Leading Role)
 ・グレン・クローズ 『アルバート・ノッブス』
 ・ヴィオラ・デイヴィス 『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』
 ・メリル・ストリープ 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』“The Iron Lady”
 ・ティルダ・スウィントン  『少年は残酷な弓を射る』
 ・ミシェル・ウィリアムズ 『マリリン 7日間の恋』

 エリザベス・オルセン、シャーリーズ・セロン、ルーニー・マーラ、フェリシティー・ジョーンズらが落選しました。
 ここは混戦です。最終的にメリル・ストリープがかっさらっていくのかどうか……。
 大ベテランVS若手、実在の人物VS架空の人物、アメリカVSイギリス、という対決の構図が見えます。

 ◆助演男優賞(Outstanding Performance By A Male Actor in A Supporting Role)
 ・ケネス・ブラナー 『マリリン 7日間の恋』
 ・アーミー・ハマー 『J・エドガー』
 ・ジョナ・ヒル 『マネーボール』
 ・ニック・ノルティー “Warrior”
 ・クリストファー・プラマー 『人生はビギナーズ』

 アルバート・ブルックス、パットン・オズワルト、アンディー・サーキス、マックス・フォン・シドー、ジョン・ホークス、フィリップ・シーモア・ホフマンらが落選しました。
 アルバート・ブルックスが落選したので、クリストファー・プラマーが受賞する可能性がかなり高くなりました。

 ◆助演女優賞’Outstanding Performance By A Female Actor in A Supporting Role)
 ・ベレニス・ベジョ “The Artist”
 ・ジェシカ・チャスティン 『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』
 ・メリッサ・マッカーシー “Bridesmaids”
 ・ジャネット・マクティア 『アルバート・ノッブス』
 ・オクタヴィア・スペンサー 『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』

 キャリー・マリガン、シャイリーン・ウッドリー、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ジャネット・マクティア、サンドラ・ブロックらが落選しました。
 ここも混戦です。

 ◆キャスト賞(Outstanding Performance By A Cast in A Motion Picture)
 ・“The Artist”
 ベレニス・ベジョ、ジェームズ・クロムウェル、ジャン・デュジャルダン、
ジョン・グッドマン、ペネロープ・アン・ミラー

 ・“Bridesmaids”
 ローズ・バーン(Rose Byrne)、ジル・クレイバーグ(Jill Clayburgh)、エミリー・ケンパー(Ellie Kemper)、マット・ルーカス(Matt Lucas)、メリッサ・マッカーシー、ウェンディ・マクレンドン・コーヴィ(Wendi Mclendon-Covey)、クリス・オダウド(Chris O’Dowd)、マーヤ・ルドルフ(Maya Rudolph)、クリステン・ウィグ(Kristen Wiig)

 ・“The Descendants”
 ボー・ブリッジス、ジョージ・クルーニー、ロバート・フォスター、ジュディー・グリア、マシュー・リラード、シェイリーン・ウッドリー

 ・『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』
 ジェシカ・チャスティン、ヴィオラ・デイヴィス、ブライス・ダラス・ハワード、アリゾン・ジャネイ、クリス・ローウェル、Ahna O’Reilly、シシー・スペイセク、オクタヴィア・スペンサー、メアリー・スティーンバーゲン、エマ・ストーン、シシリー・タイソン、マイク・ヴォーゲル

・“Midnight in Paris”
 キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディー、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン

 放送映画批評家協会賞2012ノミネーションとは、“Midnight in Paris”と“The Ides of March”が入れ替わっています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【テレビ部門】(Primetime Television)

 ◆男優賞 テレビ映画/ミニシリーズ部門(Outstanding Performance By A Male Actor in A Television Movie Or Miniseries)
 ・ローレンス・フィッシュバーン “Thurgood”(HBO)
 ・ポール・ジアマッティ “Too Big To Fail”(HBO)
 ・グレッグ・キニア 『ケネディ家の人々』“The Kennedys”(Reelz Channel)
 ・ガイ・ピアース 『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』“Mildred Pierce”(HBO)
 ・ジェームズ・ウッズ “Too Big To Fail”(HBO)

 エミー賞ではバリー・ペッパー(Barry Pepper)が『ケネディ家の人びと』“The Kennedys” で受賞しています。

 ◆女優賞 テレビ映画/ミニシリース部門(Outstanding Performance By A Female Actor in A Television Movie Or Miniseries)
 ・ダイアン・レイン “Cinema Verite”(HBO)
 ・マギー・スミス 『ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜』“Downton Abbey”(PBS)
 ・エミリー・ワトソン “Appropriate Adult”(Sundance Channel)
 ・ベティー・ホワイト “Hallmark Hall Of Fame: The Lost Valentine”(CBS)
 ・ケイト・ウィンスレット 『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』(HBO)

 エミー賞ではケイト・ウィンスレットが受賞しています。

 ◆男優賞 ドラマ・シリーズ部門(Outstanding Performance By A Male Actor in A Drama Series)
 ・パトリック・J・アダムス “Suits”(USA)
 ・スティーヴ・ブシェーミ 『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』(HBO)
 ・カイル・チャンドラー 『プライド 栄光への絆』(DIRECTV)
 ・ブライアン・クランストン 『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ・マイケル・C・ホール 『デクスター 〜警察官は殺人鬼』(Showtime)

 マイケル・C・ホールは6年連続、ブライアン・クランストンは3年連続、スティーヴ・ブシェーミは2年連続ノミネートです。前回はスティーヴ・ブシェーミが受賞、前々回はマイケル・C・ホールが受賞しています。
 エミー賞ではカイル・チャンドラーが受賞しています。

 ◆女優賞 ドラマ・シリーズ部門(Outstanding Performance By A Female Actor in A Drama Series)
 ・キャシー・ベイツ “Harry’s Law”(NBC)
 ・グレン・クローズ 『ダメージ』(DIRECTV)
 ・ジェシカ・ラング 『アメリカン・ホラー・ストーリー』(FX)
 ・ジュリアナ・マルグリーズ 『グッド・ワイフ』(CBS)
 ・キーラ・セジウィック 『クローザー』(TNT)

 キーラ・セジウィックは7年連続、グレン・クローズとジュリアナ・マルグリーズは3年連続ノミネートです。ジュリアナ・マルグリーズが2連覇中です。
 エミー賞ではジュリアナ・マルグリーズが受賞しています。

 ◆男優賞 コメディー・シリーズ部門(Outstanding Performance By A Male Actor in A Comedy Series)
 ・アレック・ボールドウィン 『30 ROCK/サーティー・ロック』(NBC)
 ・タイ・バーレル “Modern Family”(ABC)
 ・スティーヴ・カレル 『The Office』(NBC)
 ・ジョン・クタイヤー 『チャーリー・シーンのハーパー★ボー

 アレック・ボールドウィンとスティーヴ・カレルは6年連続ノミネート、タイ・バーレルは3年連続ノミネート。アレック・ボールドウィンが4連覇中です。
 エミー賞ではジム・パーソンズ(『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』)が受賞しています。

 ◆女優賞 コメディー部門(Outstanding Performance By A Female Actor in A Comedy Series)
 ・ジュリー・ボーウェン “Modern Family”(ABC)
 ・イーディー・ファルコ 『ナース・ジャッキー』(Showtime)
 ・ティナ・フェイ 『30 ROCK/サーティー・ロック』(NBC)
 ・ソフィア・ヴェルガラ “Modern Family”(ABC)
 ・ベティー・ホワイト “Hot in Cleveland”(TV Land)

 ティナ・フェイは5年連続ノミネート、イーディー・ファルコは3年連続ノミネート、ソフィア・ヴェルガラとベティー・ホワイトは2年連続ノミネート。前回はベティー・ホワイトが受賞、前々回はティナ・フェイが受賞。
 エミー賞ではメリッサ・マッカーシー(“Mike & Molly”)が受賞しています。

 ◆アンサンブル賞 ドラマ・シリーズ部門(Outstanding Performance By An Ensemble in A Drama Series)

 ・『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』(HBO)
 スティーヴ・ブシェーミ、ダブニー・コールマン(Dabney Coleman)、スティーヴン・グレアム(Stephen Graham)、アンソニー・ラチューラ(Anthony Laciura)、ケリー・マクドナルド、グレッチェン・モル、アレクサ・パラディノ(Aleska Palladino)、Vincent Piazza、マイケル・ピット、マイケル・シャノン、Paul Sparks、マイケル・スタールバーグ(Michael Stuhlbarg)、シア・ウィグハム(Shea Whigham)、ドミニク・チアニーズ、ロバート・クロヘシー、チャーリー・コックス、Josie & Lucy Gallina、ジャック・ヒューストン、ヘザー・リンド、Rory & Declan Mctigue、Brady & Connor Noon、Kevin O’Rourke、Jacqueline Pennewill、ポール・スパークス、Peter Van Wagner、マイケル・ケネス・ウィリアムズ、Anatol Yusef

 ・『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ジョナサン・バンクス、ベッツィ・ブラント、レイ・キャンベル、ブライアン・クランストン、ジャンカルロ・エスポジート、アンナ・ガン、RJ・ミッテ、ディーン・ノリス、ボブ・オデンカーク、アーロン・ポール

 ・『デクスター 〜警察官は殺人鬼』(Showtime)
 ジェニファー・カーペンター(Jennifer Carpenter)、マイケル・C・ホール、デズモンド・ハリントン(Desmond Harrington)、マリア・ドイル・ケネディ(Maria Doyle Kennedy)、C・S・リー(C.S. Lee)、ジェームズ・レマー(James Remar)、ローレン・ベレス(Lauren Velez)、ピーター・ウェラー、デイヴィッド・ザヤス(David Zayas)、ビリー・ブラウン、ジョシュ・クック、エイミー・ガルシア、コリン・ハンクス、リア・キルステッド、エドワード・ジェームス・オルモス

 ・“Game of Thrones”(HBO)
 Amrita Acharia、マーク・アディ、アルフィー・アレン、ジョセフ・アルティン、シーン・ビーン、Susan Brown、エミリア・クラーク、ニコライ・コスター=ワルドー、ピーター・ディンクレイジ、ロン・ドナキー、ミシェル・フェアリー、ジェローム・フリン、Elyes Gabel、Aiden Gillen、Jack Gleeson、イアン・グレン、ジュリアン・グローヴァー、Kit Harington、レナ・ヘディ、Isaac Hempstead Wright、コンリース・ヒル、Richard Madden、Jason Mamoa、ロリー・マッキャン、イアン・マッケルヒニー、Luke McEwan、ロクサンヌ・マッキー、Dar Salim、Mark Stanley、ドナルド・サンプター、Sophie Turner、Maisie Williams

 ・『グッド・ワイフ』(CBS)
 クリスティーン・バランスキー(Christine Baranski)、ジョシュ・チャールズ(Josh Charles)、アラン・カミング、マット・ズークリー(Matt Czuchry)、ジュリアナ・マルグリーズ、アーチー・パンジャビ、グレアム・フィリップス(Graham Phillips)、マッケンジー・ヴェガ(Makenzie Vega)、クリスティーン・バランスキー、ジョシュ・チャールズ、アラン・カミング、マット・ズークリー、ジュリアナ・マルグリーズ、クリス・ノース、アーチー・パンジャビ、グレアム・フィリップス

 『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』『デクスター 〜警察官は殺人鬼』『グッド・ワイフ』はいずれも3年連続ノミネート。前回は『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』が受賞しています。
 エミー賞では『MAD MEN マッドメン』がTVシリーズ・ドラマ部門賞を受賞しています。

 ◆アンサンブル賞 コメディー・シリーズ部門(Outstanding Performance By An Ensemble in A Comedy Series)

 ・『30 ROCK/サーティー・ロック』(NBC)
 スコット・アツィット(Scott Adsit) 、アレック・ボールドウィン、カタリナ・ボウデン(Katrina Bowden)、ケヴィン・ブラウン(Kevin Brown)、グリズ・チャップマン(Grizz Chapman)、ティナ・フェイ、ジュダ・フリードランダー(Judah Friedlander)、ジェーン・クラコウスキー(Jane Krakowski)、ジョン・ラッツ(John Lutz)、ジャック・マクブレイヤー(Jack Mcbrayer)、トレイシー・モーガン(Tracy Morgan)、モーリク・パンチョリー(Maulik Pancholy)、キース・パウエル(Keith Powell)


 ・『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
 メイム・ビアリク(Mayim Bialik)、ケイリー・クオコ、ジョニー・ガレッキ、サイモン・ヘルバーグ、クナル・ネイヤー(Kunal Nayyar)、ジム・パーソンズ、メリッサ・ローチ

 ・『Glee』(Fox)
 ディアナ・アグロン(Dianna Agron)、クリス・コルファー、ジェーン・リンチ、ジェイマ・メイズ(Jayma Mays)、ケヴィン・マクヘイル(Kevin Mchale)、リア・ミシェル(Lea Michele)、コリー・モンティス(Cory Monteith)、ヘザー・モリス(Heather Morris)、マシュー・モリソン、マイク・オマリー(Mike O'malley)、アンバー・ライリー(Amber Riley)、ナヤ・リヴェラ(Naya Rivera)、マーク・サリング(Mark Salling)、ハリー・シャム Jr.(Harry Shum Jr.)、イクバル・テバ(Iqbal Theba)、ジェナ・アウシュコウィッツ(Jenna Ushkowitz)、
ダレン・クリス、アシュリー・フィンク、ドット=マリー・ジョーンズ、コード・オヴァーストリート、ローレン・ポッター

 ・“Modern Family”(ABC)
 ジュリー・ビーウェン(Julie Bowen)、タイ・バーレル(Ty Burrell)、ジェシー・タイラー・ファーガソン(Jesse Tyler Ferguson)、ノーラン・グールド(Nolan Gould)、サラ・ハイランド(Sarah Hyland)、エド・オニール(Ed O'neill)、リコ・ロドリゲス(Rico Rodriguez)、エリック・ストーンストリート(Eric Stonestreet)、ソフィア・ヴェルガラ、アリエル・ウィンター(Ariel Winter)、Aubrey Anderson-Emmons

 ・『The Office』(NBC)
 レスリー・デイヴィッド・バイカー(Leslie David Baker)、ブライアン・ボームガルトナー(Brian Baumgartner)、Creed Bratton、スティーヴ・カレル、ジェナ・フィッシャー(Jenna Fischer)、ケイト・フラナリー(Kate Flannery)、エド・ヘルムズ(Ed Helms)、ミンディ・カリング(Mindy Kaling)、エリー・ケンパー(Ellie Kemper)、アンジェラ・キンジー(Angela Kinsey)、ジョン・クラシンスキー(John Krasinski)、ポール・リーベンシュタイン(Paul Lieberstein)、B・J・ノヴァク(B.J. Novak)、Oscar Nuñez、クレイグ・ロビンソン(Craig Robinson)、フィリス・スミス(Phyllis Smith)、レイン・ウィルソン(Rainn Wilson)、Zach Woods、ジェームズ・スペーダー

 『30 ROCK/サーティー・ロック』は5年連続、『The Office』は4年連続、“Modern Family”と『Glee』は3年連続ノミネート、『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』は初ノミネートです。前回は“Modern Family”が受賞、前々回は『Glee』が受賞しています。
 エミー賞では“Modern Family”がTVシリーズ・コメディー/ミュージカル部門賞を受賞しています。

 【スタント・アンサンブル部門】(SAG Honors For Stunt Ensembles)

 ◆スタント・アンサンブル賞 映画部門(Outstanding Performance By A Stunt Ensemble in A Motion Picture)
 ・『アジャストメント』
 ・『カウボーイズ&エイリアン』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』
 ・『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
 ・『X-Men:ファースト・ジェネレーション』

 ◆スタント・アンサンブル賞 テレビ・シリーズ部門(Outstanding Performance By A Stunt Ensemble in A Television Series)
 ・『デクスター 〜警察官は殺人鬼』 (Showtime)
 ・“Game of Thrones”(HBO)
 ・『サウスランド』(TNT)
 ・『スパルタカス ゴッド・オブ・アリーナ』(Starz)
 ・『トゥルーブラッド』(HBO)

 【その他の賞】

 ◆生涯貢献賞(Screen Actors Guild Awards 48th Annual Life Achievement Award)
 ◎メアリー・タイラー・ムーア(Mary Tyler Moore)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門について――

 ノミネーションでは、『ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜』が4部門、“The Artist”が3部門、“The Descendants”と『J・エドガー』と『マネーボール』と『アルバート・ノッブス』と『マリリン 7日間の恋』がそれぞれ2部門でノミネートされています。
 前哨戦の流れから行くと、『J・エドガー』と『マネーボール』と『アルバート・ノッブス』がそれぞれ2部門でノミネートされたことはちょっと意外でした。

 キャスト部門に関しては、俳優組合賞(とゴールデン・グローブ賞)の結果がアカデミー賞の結果を占うことになるのは過去の実績から言って確実で、ゴールデン・グローブ賞と俳優組合賞の結果が同じであれば、高い確率で、その結果がアカデミー賞にも引き継がれることになります。

 一応、データを出しておくと、過去17回の俳優組合賞とアカデミー賞との合致度は―

 主演男優賞:13回 現在7年連続で同じ結果になっています。
 主演女優賞:12回 現在2年連続で一致
 助演男優賞:10回 現在4年連続で同じ結果になっています。
 助演女優賞:10回 現在2年連続で一致

 確率論的には、俳優組合賞受賞者がアカデミー賞も獲る確率は66%です。

 さらに、俳優組合賞のノミニーからアカデミー賞受賞者が出る確率は―
 主演男優賞:100%
 主演女優賞:16/17 2009年のみ俳優組合賞ノミニー以外からオスカー受賞
 助演男優賞:16/17 2001年のみ俳優組合賞ノミニー以外からオスカー受賞
 助演女優賞:15/17 2002年と2009年のみ俳優組合賞ノミニー以外からオスカー受賞

 このうち、2009年のアカデミー賞主演女優賞は『愛を読むひと』のケイト・ウィンスレットでしたが、俳優組合賞では彼女は助演女優賞扱いだったので、それを割り引いて考える必要があります。
 このデータから考えると、確率的には、上記俳優組合賞のノミニーの中からアカデミー賞受賞者が出る確率は94%ということになります。つまり、上記のノミニー20人の中からアカデミー賞受賞者が出ると考えてほぼ間違いない、ということになります。

 「過去の実績」からいってこうなるという書き方をしましたが、アカデミー会員の大多数を占めるのが俳優部門であり、また、アカデミー会員の俳優は大半が俳優組合賞の会員でもあるので、2つの賞の結果が似通ったものになるのは、実は、当然のことだったりもします。

 順序が逆になりましたが、俳優組合賞とアカデミー賞のノミネーションの合致度を見ておくと―

 2011年
 主演男優賞:4/5
 主演女優賞:4/5
 助演男優賞:5/5
 助演女優賞:4/5

 2010年
 主演男優賞:5/5
 主演女優賞:5/5
 助演男優賞:5/5
 助演女優賞:3/5

 2009年
 主演男優賞:5/5
 主演女優賞:5/5
 助演男優賞:4/5
 助演女優賞:4/5

 過去3年間で5人中4人は俳優組合賞とアカデミー賞のノミネーションは重なる、もっと正確に言うと88.3%の確率で、俳優組合賞とアカデミー賞のノミネーションは重なるということがわかります。アカデミー賞のノミネーションで入れ替わるとしても、せいぜいで5人中1人くらいということになるでしょうか。
 ま、俳優組合賞でノミネートされずに、アカデミー賞でノミネートされても、アカデミー賞を受賞する可能性はほぼゼロということになるんですが。
 今年の俳優組合賞落選組の中には有力候補が何人もいたのに、残念ですね。
 マイケル・ファスベンダーのアカデミー賞主演男優賞も、アルバート・ブルックスのアカデミー賞助演男優賞も、過去の傾向性から言えば、ほぼ完全に消えたことになります。

 受賞結果の発表は1月29日です。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事

 ・米国俳優組合賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_35.html
 ・米国俳優組合賞2011 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_51.html
 ・米国俳優組合賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_30.html
 ・米国俳優組合賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_39.html
 ・米国俳優組合賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_29.html
 ・米国俳優組合賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_34.html
 ・米国俳優組合賞2008 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200801/article_21.html

 ・ゴッサム・アワード2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_25.html
 ・ニューヨーク映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_27.html
 ・ナショナル・ボード・オブ・レビュー2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_1.html
 ・ワシントンDC映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_10.html
 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_17.html
 ・ニューヨーク映画批評家オンライン賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_18.html
 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_19.html
 ・ボストン映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_20.html
 ・インディアナ映画ジャーナリスト賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_22.html
 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_23.html
 ・ラスベガス映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_26.html
 ・ヒューストン映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_28.html

 ・サテライト・アワード2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_6.html
 ・インディペンデント・スピリット・アワード2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_28.html
 ・デトロイト映画批評家協会賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_21.html
 ・セントルイス映画批評家協会賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_24.html
 ・サンディエゴ映画批評家協会賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_25.html
 ・放送映画批評家協会賞2012 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201112/article_27.html

 ・2011年11月時点でのオスカー予想:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201111/article_16.html

 *全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2011年6月〜2012年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_3.html

 追記:
 ・米国俳優組合賞(SAG)2012 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201202/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
有力候補の落選も! 米国俳優組合賞(SAG)2012ノミネーション 発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる