海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS リッキー・マーティンも受賞! 中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟(GLAAD)メディア・アワード2011

<<   作成日時 : 2011/03/28 02:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第22回中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟メディア・アワードのニューヨーク部門の受賞結果が発表になりました。(3月19日発表)

 【中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟メディア・アワード】
 GLAAD(GLAAD:The Gay and Lesbian Alliance Against Defamation)は、1987年に「ニューヨーク・タイムズ」に編集方針の変更を求め、用語として「ゲイ」を用いることを要求したところから活動をスタートさせたLGBT団体で、発足から数えて今年で25周年、メディア・アワード(Annual GLAAD Media Awards)自体は今年で第22回を迎えます。

 世界各地で、ゲイ&レズビアン映画祭が開催され始めたのが、20数年前ですから、GLAADメディア・アワードは、ゲイ&レズビアン映画の盛り上がりと、それが象徴するような動き (日本で翻訳ゲイ・ノベルが紹介され始めたのもちょうどこの頃) の中で発表され始めた賞だと考えることができます。

 GLAADメディア・アワードは、映画、テレビ、音楽、新聞、雑誌、舞台、とジャンルは多岐にわたり、部門は、2011年から2部門増えて2部門減って、部門数的にはこれまでと同じ32部門になりました。

 ※今年からなくなった部門は、「最優秀TVコメディー・ドラマシリーズ(Outstanding Comedy Series)」と「最優秀昼ドラ(Outstanding Daily Drama)」の2つです。

 32部門は、英語部門とスペイン語部門の2つに分かれていて、一度に全ノミネーションが発表されたあと(1月14日)、受賞結果は、4ヶ月かけて、ニューヨーク(3月19日発表)、ロサンゼルス(4月10日発表)、サンフランシスコ(5月14日発表)と3回に分けて発表されます。

 第1弾となるGLAADメディア・アワード ニューヨークの結果が発表されたのが3月19日で、32部門のうち、25部門(+特別賞)の結果が発表されました。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 【英語部門】

 ◆最優秀TVドラマ・シリーズ(Outstanding Drama Series)
 ◎『トゥルー・ブラッド/True Blood』(HBO)

画像

 ◆最優秀TVドラマ・エピソード ゲイ・キャラクターが出演しないシリーズ部門(Outstanding Individual Episode in a series without a regular LGBT character)
 ◎『30 Rock/サーティ・ロック』(NBC)-‘Klaus & Greta’

画像

 ◆最優秀デジタル・ジャーナリズム マルチメディア部門(Outstanding Digital Journalism - Multimedia)
 ◎“Bridal Bliss: Aisha and Danielle”(Essence.com) Bobbi Misick

画像

 ◆最優秀トークショー エピソード(Outstanding Talk Show Episode)
 ◎“The Oprah Winfrey Show”(syndicated)-‘Ricky Martin Coming Out as a Gay Man and a New Dad’

 ◆最優秀TVジャーナリズム ニュース特集部門(Outstanding TV Journalism - Newsmagazine)
 ◎“Anderson Cooper 360”(CNN)-‘Gay Teen Suicides’(series)

 ◆最優秀新聞記事(Outstanding Newspaper Article)
 ◎“The Star-Ledger”(Newark, N.J.)-‘Rutgers Student Tyler Clementi's Suicide Spurs Action Across U.S.’ Judy Peet

 ◆最優秀新聞コラムニスト(Outstanding Newspaper Columnist)
 ◎Frank Rich (ニューヨーク・タイムズ)

 ◆最優秀新聞 記事全般部門(Outstanding Newspaper Overall Coverage)
 ◎デンバー・ポスト紙

 ◆最優秀雑誌記事(Outstanding Magazine Article)
 ◎“O, The Oprah Magazine”-‘What Happens When You Find the One...And He's Nothing – Nothing – Like You Expected?’ Allison Cooper

 ◆最優秀雑誌 記事全般部門(Outstanding Magazine Overall Coverage)
 ◎“The Advocate/Out”

 ◆最優秀デジタル・ジャーナリズム 記事部門(Outstanding Digital Journalism Article)
 ◎“Advocate.com”-‘View From Washington’(series)  Kerry Eleveld

 ◆最優秀ブログ(Outstanding Blog) 新設
 ◎“Joe. My. God.”(http://joemygod.blogspot.com/)

 ◆最優秀音楽アーティスト(Outstanding Music Artist)
 ◎シザー・シスターズ(Scissor Sisters) “Night Work”(Downtown Records)

 ◆最優秀コミックブック(Outstanding Comic Book)
 ◎“X-Factor”(Marvel Comics) Peter David

 ◆最優秀演劇 ロサンゼルス部門(Outstanding Los Angeles Theater)
 ◎“Something Happened” L. Trey Wilson

 ◆最優秀演劇 ニューヨーク ブロードウェイ&オフ・ブロードウェイ部門(Outstanding New York Theater: Broadway & Off-Broadway)
 ◎“The Pride” Alexi Kaye Campbell

 ◆最優秀演劇 ニューヨーク オフ・オフ・ブロードウェイ部門(Outstanding New York Theater: Off-Off Broadway)
 ◎“When Last We Flew” Harrison David Rivers

 【スペイン語部門】

 ◆最優秀ノヴェラ(Outstanding Novela)
 ◎“¿Dónde está Elisa?”(Telemundo)

 ◆最優秀デイタイム・トークショー エピソード(Outstanding Daytime Talk Show Episode)
 ◎“Casos de Familia”(Univision)-‘Mamá vístete de hombre’
 ◎“Caso Cerrado”(Telemundo)-‘La Proposición 8’

 ◆最優秀トークショー・インタビュー(Outstanding Talk Show Interview)
 ◎“El Show de Cristina”(Univision)-‘Saliendo del closet después de los 30’

 ◆最優秀TVジャーナリズム ニュース特集部門(Outstanding TV Journalism - Newsmagazine)
 ◎“Primer Impacto”(Univision)-‘En nombre del amor’

 ◆最優秀TVジャーナリズム ニュース・コーナー部門(Outstanding TV Journalism Segment)
 ◎“Despierta América”(Univision)-‘Aumenta el hostigamiento’

 ◆最優秀新聞記事(Outstanding Newspaper Article)
 ◎“La Opinión”-‘Acosados hasta el punto del suicidio’ Rubén Moreno

 ◆最優秀雑誌記事(Outstanding Magazine Article)
 ◎“People en Español”-‘Estoy feliz de ser quien soy’ María Morales

 ◆最優秀デジタル・ジャーナリズム 記事部門(Outstanding Digital Journalism Article)
 ◎“PadrisimoMagazine.com”-‘Fedro llegó para quedarse’ Amy Linares

 【特別賞/名誉賞】

 ◆メディア賞(Excellence in Media Award)
 ◎ラッセル・シモンズ(Russell Simmons)
 Def Jamの創始者

画像

 ◆Vito Russo Award
 ◎リッキー・マーティン

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 受賞結果の発表は、毎年、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコで、入替えがあるのか、昨年はニューヨークで発表された映画部門各賞の発表は今年はニューヨークでは行なわれませんでした。

 部門が多すぎるのと、ノミネーションの発表が全米映画賞レースの真っ只中にあったのとで、今年は全ノミネーションを書き出すことはしませんでしたが、全ノミネーションは公式サイトの以下のページにあります。

 ・GLAADメディア・アワード2011 ノミネーション(英語):http://www.glaad.org/mediaawards/22/nominees

 受賞者は、テレビ・ドラマ部門を除けば、ほとんど馴染みのないものばかりですが、そんな中で今回の授賞式の華となっているのは、何と言っても2010年3月にゲイであることをカミング・アウトしたリッキー・マーティン(Vito Russo Award受賞)でしょうか。

 次回、GLAADメディア・アワード ロサンゼルスの発表は、4月10日です。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 Gay Lifeの人も応援してね!

 *当ブログ記事
 ・第21回GLAADメディア・アワード・ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_26.html
 ・第21回GLAADメディア・アワード ニューヨーク 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_30.html
 ・第21回GLAADメディア・アワード ロサンゼルス 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201004/article_26.html
 ・第21回GLAADメディア・アワード サンフランシスコ 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_6.html

 追記:
 ・第22回GLAADメディア・アワード ロサンゼルス&サンフランシスコ 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201105/article_24.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リッキー・マーティンも受賞! 中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟(GLAAD)メディア・アワード2011 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる