海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 第5回アジア映画賞 発表!

<<   作成日時 : 2011/03/22 07:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第5回アジア映画賞の授賞式が行なわれました。(3月21日)

 ◆作品賞(Best Film/最佳電影)
 ・『唐山大地震』(中) 監督:フォン・シャオガン
 ・『告白』(日) 監督:中島哲也
 ・“Let The Bullets Fly/讓子彈飛”(中) 監督:チアン・ウェン
 ・“Peepli Live”(インド) 監督:Anusha Rizvi、Mahmood Farooqui
 ・『詩』(韓) 監督:イ・チャンドン
 ◎『ブンミおじさんの森』(タイ) 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

 アピチャッポン・ウィーラセタクン作品は、第1回大会で『世紀の光』が編集賞を受賞して以来2度目の受賞です(タイ映画からの受賞はすべて彼の作品です)。

画像

 ◆監督賞(Best Director/最佳導演)
 ・フォン・シャオガン 『唐山大地震』(中)
 ・チアン・ウェン “Let The Bullets Fly/讓子彈飛”(中)
 ◎イ・チャンドン 『詩』(韓)
 ・三池崇史 『十三人の刺客』(日)
 ・ナ・ホンジン “The Yellow Sea”(韓)
 ・中島哲也 『告白』(日)

 イ・チャンドンは、3年ぶり2度目の受賞です。今回の受賞者の中では初受賞でないのは、イ・チャンドンのみです。しかも今回は脚本賞も受賞し、作品賞と監督賞を受賞した前回同様にダブル受賞になりました。アジア映画賞でダブル受賞を果たした監督は、ほかには、『母なる証明』のポン・ジュノしかいません。

画像

 ◆主演男優賞(Best Actor/最佳男主角)
 ・チョウ・ユンファ “Let The Bullets Fly/讓子彈飛”(中)
 ・グォ・ヨウ “Sacrifice/趙氏孤兒”(中)(監督:チェン・カイコー)
 ◎ハ・ジョンウ “The Yellow Sea”(韓)
 ・イーサン・ルアン 『モンガに散る』(台湾)(監督:ニウ・チェンザー)
 ・役所広司 『十三人の刺客』(日)

 ハ・ジョンウは、2年ぶり2度目のノミネートで初受賞です。

画像

 ◆主演女優賞(Best Actress/最佳女主角)
 ・チョン・ドヨン 『ハウスメイド』“下女”(韓)(監督:イム・サンス)
 ・菊地凛子 『ノルウェイの森』(日)(監督:トラン・アン・ユン)
 ・松たか子 『告白』(日)
 ◎シュイ・ファン 『唐山大地震』(中)
 ・ミシェル・ヨー “Reign Of Assassins/劍雨”(中・香港・台湾)(監督:スー・チャオピン、ジョン・ウー)

画像

 ◆助演男優賞(Best Supporting Actor/最佳男配角)
 ・ホァン・シャオミン “Sacrifice/趙氏孤兒”(中)
 ◎サモ・ハン・キンポー 『イップ・マン 葉問』(香港) (監督:ウィルソン・イップ)
 ・岡田将生 『告白』(日)
 ・リュスン・ボム “The Unjust(不当取引)”(韓) (監督:リュ・スンワン)
 ・ユ・ヘジン 『黒く濁る村』(韓) (監督:カン・ウソク)

 アジア映画賞には、アクション監督賞がないこともあってか、サモ・ハン・キンポーも初受賞です。

画像

 ◆助演女優賞(Best Supporting Actress/最佳女配角)
 ・蒼井優 『おとうと』(日) (監督:山田洋次)
 ・木村佳乃 『告白』(日)
 ・カリーナ・ラウ “Let The Bullets Fly/讓子彈飛”(中)
 ・Shanty Paredes “Madame X/妖X俠”(インドネシア) (監督:Lucky Kuswandi)
 ◎ユン・ヨジョン 『ハウスメイド』“下女”

画像

 ◆新人賞(Best Newcomer/最佳新演員)
 ◎マーク・チャオ 『モンガに散る』(台湾)
 ・Aarif Lee(李治廷) “Echoes Of Rainbow/歲月神偷”(香港)(監督:アレックス・ロー)
 ・Omkar Das Manikpuri “Peepli Live”(インド)
 ・T.O.P.  『戦火の中へ』(韓)(監督:イ・ジェハン)
 ・Zhou Dongyu(周冬雨) “Under The Hawthorn Tree/山楂樹之戀”(中) (監督:チャン・イーモウ)

 ◆脚本賞(Best Screenplay/最佳編劇)
 ・チアン・ウェン “Let The Bullets Fly/讓子彈飛”(中)
 ・パン・ホーチョン、ヘイワード・マック 『恋の紫煙』“Love In A Puff/志明與春嬌”(香港) (監督:パン・ホーチョン)
 ◎イ・チャンドン 『詩』(韓)
 ・スー・チャオピン “Reign Of Assassins/劍雨”(中・香港・台湾)
 ・パク・フンジョン(Park Hoon-Jung) “The Unjust(不当取引)”(韓)

 ◆撮影賞(Best Cinematography/最佳攝影)
 ・イ・モゲ 『悪魔を見た』(韓) (監督:キム・ジウン)
 ・ジェイク・ポロック 『モンガに散る』(台湾)
 ◎リー・ピンビン 『ノルウェイの森』(日)
 ・Hassan Kydyraliyev 『明りを灯す人』“The Light Thief/盜光皇帝”(キルギスタン) (監督:アクタン・アブディカリコフ)
 ・Kenny Tse Chung-To 『密告者』“The Stool Pigeon/綫人”(香港) (監督:ダンテ・ラム)

 ◆編集賞(Best Editing/最佳剪接)
 ・山下健治 『十三人の刺客』(日)
 ・小池義幸 『告白』(日)
 ◎ナム・ナヨン 『悪魔を見た』(韓)
 ・Hemanti Sarkar “Peepli Live”(インド)
 ・Meng Peicong(孟佩璁) “Under The Hawthorn Tree/山楂樹之戀”(中)

 ◆美術賞(Best Production Design/最佳美術指導)
 ◎林田裕至 『十三人の刺客』(日)
 ・チウ・ソンポン(James Choo Sung-Pong/趙崇邦) “Detective Dee & The Mystery Of The Phantom Flame/狄仁傑之通天帝國”(香港) (監督:ツイ・ハーク)
 ・Eros Eflin “Madame X/妖X俠”(インドネシア)
 ・ホアン・メイチン(Huang Mei-Ching/黃美清)、チェン・ボーレン(Chen Po-Jen/陳柏任)  『モンガに散る』(台湾)
 ・Lee Hwo-Kyoung “The Yellow Sea”(韓)

 林田裕至は、2年連続ノミネートで初受賞です。

 ◆衣裳デザイン賞(Best Costume Design/最佳造型設計)
 ・澤田石和寛 『十三人の刺客』(日)
 ・ブルース・ユー(Bruce Yu Ka-On/余家安) “Detective Dee & The Mystery Of The Phantom Flame/狄仁傑之通天帝國”(香港)
 ◎ウィリアム・チャン(William Chang Suk-Ping/張叔平) “Let The Bullets Fly/讓子彈飛”(中)
 ・トラン・ヌー・イェンケー(Yen-Khe Luguern) 『ノルウェイの森』(日)
 ・チェ・ソヨン(Choi Se-Yeon) 『ハウスメイド』“下女”(韓)

 ◆視覚効果賞(Best /最佳視覺效果)
 ・Lee Hyuk、Park Eui-Dong、Ryu Hee-Jung 『戦火の中へ』(韓)
 ・Phil Jones 『唐山大地震』(中)
 ◎Phil Jones “Detective Dee & The Mystery Of The Phantom Flame/狄仁傑之通天帝國”(香港)
 ・山崎貴 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(日) (監督:山崎貴)
 ・Park Jung-Ryul “The Man From Nowhere(おじさん)”(韓) (監督:イ・ジョンボム)

 ◆音楽賞(Best Music Score/最佳原創音樂)
 ・斉藤和義 『ゴールデンスランバー』(日) (監督:中村義洋)
 ・サンディー・チェン 『モンガに散る』(台湾)
 ◎Indian Ocean “Peepli Live”(インド)
 ・ピーター・カム “Reign Of Assassins/劍雨”(中・香港・台湾)
 ・Jang Young-Gyu、Lee Byung-Hoon “The Yellow Sea”(韓)

 【特別賞】

 ◆生涯貢献賞(Lifetime Achievement/亞洲電影傑出貢獻大獎)
 ◎レイモンド・チョウ

画像

 ◆アジア映画プロモーション賞(Promotion of Asian Cinema/亞洲電影推廣貢獻獎)
 ◎Fortissimo Films

画像

 ◆アジア映画への貢献賞(Contribution to Asian Cinema/亞洲電影傑出貢獻大獎)
 ◎キム・ドンホ(釜山国際映画祭設立者)

画像

 ◆グロス賞(Highest-Grossing Asian Film/2010最高票房亞洲電影大獎)
 ◎『唐山大地震』(中)

 【ピープルズ・チョイス賞(公眾票選(AFA網上投票))】

 ◆男優賞
 ◎チョウ・ユンファ “Let The Bullets Fly/讓子彈飛”(中)

 ◆女優賞
 ◎チョン・ドヨン 『ハウスメイド』“下女”(韓)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 国別・作品別のノミネーション&受賞状況は以下の通りになっています。
 ※合作作品も数多くありますが、ここでは公式サイトの表示にしたがって、分けてあります。

 ◇韓国(5/18)
 ・“The Yellow Sea”(韓) (1/4):監督・主演男優・美術・音楽
 ・『詩』(韓) (2/3):作品・監督・脚本
 ・『ハウスメイド』“下女”(韓)(1/3):主演女優・助演女優・衣裳
 ・“The Unjust(不当取引)”(韓) (0/2):助演男優・脚本
 ・『戦火の中へ』(韓)(0/2):新人・視覚効果
 ・『悪魔を見た』(韓) (1/2):撮影・編集
 ・『黒く濁る村』(韓) (0/1):助演男優
 ・“The Man From Nowhere(おじさん)”(韓) (0/1):視覚効果

 韓国映画は、全5回のアジア映画賞で、第3回大会を除くすべての大会で最多受賞となりました。

 ◇日本(2/17)
 ・『告白』(日) (0/6):作品・監督・主演女優・助演男優・助演女優・編集
 ・『十三人の刺客』(日) (1/5):監督・主演男優・編集・美術・衣裳
 ・『ノルウェイの森』(日)(1/3):主演女優・撮影・衣裳
 ・『おとうと』(日) (0/1):助演男優
 ・『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(日) (0/1):視覚効果
 ・『ゴールデンスランバー』(日) (0/1):音楽

 最多6部門でノミネートされていた『告白』は無冠に終わりました。

 ◇中国(2/14+1/3)
 ・“Let The Bullets Fly/讓子彈飛”(中) (1/6):作品・監督・主演男優・助演女優・脚本・衣裳
 ・『唐山大地震』(中)(1/4):作品・監督・主演女優・視覚効果
 ・“Sacrifice/趙氏孤兒”(中)(0/2):主演男優・助演男優
 ・“Under The Hawthorn Tree/山楂樹之戀”(中) (0/2):新人・編集

 ◇香港(2/ 7+1/3)
 ・“Reign Of Assassins/劍雨”(中・香港・台湾)(0/3):主演女優・脚本・音楽
 ・“Detective Dee & The Mystery Of The Phantom Flame/狄仁傑之通天帝國”(香港) (1/3):美術・衣裳・視覚効果
 ・『イップ・マン 葉問』(香港) (1/1):助演男優
 ・“Echoes Of Rainbow/歲月神偷”(香港)(0/1):新人
 ・『恋の紫煙』(香港) (0/1):脚本
 ・『密告者』(香港) (0/1):撮影

 ◇台湾(1/ 5+1/3)
 ・『モンガに散る』(台湾)(1/5):主演男優・新人・撮影・美術・音楽

 台湾映画からの受賞は、3度目で、これまでは第2回大会で2部門受賞し、第4回大会でも2部門受賞しています。

 ◇インド(1/4)
 ・“Peepli Live”(インド) (1/4):作品・新人・編集・音楽

 インド映画からの受賞は、第2回大会以来2度目で、前回も同じく音楽賞での受賞でした。

 ◇インドネシア(0/2)
 ・“Madame X/妖X俠”(インドネシア) (2):助演女優・美術

 ◇タイ(1/1)
 ・『ブンミおじさんの森』(タイ) (1/1):作品

 タイ映画からの受賞は、第1回大会で『世紀の光』が編集賞を受賞して以来2度目です。

 ◇キルギスタン(0/1)
 ・『明りを灯す人』(キルギスタン) (1):撮影

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ノミネートされた全29作品で14の賞を13の作品で分けるという、一見すると、各国の作品に配慮して、賞を細かく振り分けました、というような受賞結果になりました。

 最大でも『詩』が2部門で最多受賞という結果で、それだけ強い作品がなかったということにもなりますが、基本的にはどの部門も順当で納得できる結果になっています。

 意外性は全くありませんが、決して悪くない結果です。

 日本のマスコミに取り上げられることもほとんどなくなってしまったアジア映画賞ですが、そうした注目度に反比例して、映画賞自体はわりといいもの(ヨーロッパ映画賞に近い水準のクオリティーと普遍性を兼ね備えた映画賞)になってきているように思います。

 これで、受賞結果が各国での映画の興行にいい影響を与えることができれば、映画賞としての存在価値も高いということになりますが、残念ながら今のところそういうポジションにはたどりつけていないようです。

 あとは、(これまでも何度も書いていますが)各国の持ち回りの開催にして、真の意味で国際的に注目されるイベントになっていくようにすればいいと思いますね。


 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月〜2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 ・第5回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_3.html
 ・第4回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_37.html
 ・第4回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_42.html
 ・第3回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_17.html
 ・第3回アジア映画賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_33.html
 ・第2回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200803/article_10.html
 ・第1回アジア映画賞 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200703/article_31.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第5回アジア映画賞 発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる