海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス映画トロフィー2011 発表!

<<   作成日時 : 2011/02/04 21:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2月3日にパリのパレ・ド・トーキョーで、フランスの映画業界専門誌“Le film français”が選出する、第18回フランス映画トロフィー(Trophées du Film français)の授賞式がありました。

 この賞には、いつかの部門がありますが、最も大きな賞は、優れた仕事を残した監督とプロデューサーをペア(デュオ)で表彰するもので、映画部門、第1回映画作品部門、テレビ部門があり、今年は、映画部門は『神々と男たち』が受賞し、テレビ部門は『コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト』が受賞しています。

画像

 受賞リストは以下の通りです。

 ◆フランス映画トロフィー 劇場部門(Trophée de l’exploitant (Theatre Operator))
 ・第1位:Antoine Cabot (UGC Cité Ciné Les Halles Paris).
 ・第2位:Sylvain Pichon (Le Méliès à Saint-Étienne).
 ・第3位:Marc Bonny and Ronan Frémondière (Comœdia à Lyon).

 ◆フランス映画トロフィー 映画部門デュオ(Trophée du duo cinéma (Film Duo))
 ・第1位:グザヴィエ・ボーヴォワ(監督)、パスカル・コシュトゥ(Pascal Caucheteux)、グレゴワール・ソーラ(Grégoire Sorlat)(以上、ホワイ・ノット・プロダクションズ)、エンティエンヌ・コマール(アルマダ・フィルムズ) 『神々と男たち』
 ・第2位:ロマン・ポランスキー(監督)、アラン・サルド、ロベール・ベンムッサ(Robert Benmussa)(以上、RP Productions) 『ゴースト・ライター』
 ・第3位:マチュー・アマルリック(監督)、ヤエル・フォギエル、レティシア・ゴンザレス(以上、Les Films du Poisson) “Tournée (On Tour)”

 ◆フランス映画トロフィー 新人作品部門デュオ(Trophée du duo révélation (Discovery Duo))
 ・第1位:Michel Leclerc(監督)、Antoine Rein、Fabrice Goldstein (以上、Karé), Caroline Adrian (Delante) “Le nom des gens (People's Names)”
 ・第2位:Pascal Chaumeil(監督)、Nicolas Duval-Adassovsky、Yann Zenou、Laurent Zeitoun (以上、Quad Films) “L'arnacœur (Heartbreaker)”
 ・第3位:Katell Quillévéré(監督)、ジュスタン・トーラン(Les Films du Bélier) “Un poison violent (Love Like Poison)”.

 ◆フランス映画トロフィー テレビ部門デュオ(Trophée du duo télévision (Television Duo))
 ・第1位:オリヴィエ・アサイヤス(監督)、Daniel Leconte (Film en Stock) 『コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト』“Carlos”
 ・第2位:Arnaud Bédouet(監督)、Mathilde Muffang (La Boîte à Images) “Clandestin”.
 ・第3位:Gilles Amado(監督)、Thomas Bornot、アラン=ミシェル・ブラン、クリストフ・ニック(以上、Yami 2) “Jusqu'où va la télé ?”

 ◆フランス映画トロフィー 映画部門 オーディエンス賞(Trophée du prix du public TF1 (Audience Award))
 ・第1位:“L'arnacœur (Heartbreaker)” 監督:Pascal Chaumeil.
 ・第2位:“Les petits mouchoirs (Little White Lies)” 監督:ギヨーム・カネ
 ・第3位:“Fatal” 監督:Michaël Youn

 ◆フランス映画トロフィー 映画部門 ヨーロッパ作品賞(Trophée de l'œuvre européenne (European Work))
 ・第1位:“Le voyage extraordinaire de Samy(Sammy's Adventures: The Secret Passage)”(nWave Pictures-StudioCanal) 監督:ベン・スタッテン
 ・第2位:“Planète 51”(Illion Animation-UGC Distribution) 監督:Jorge Blanco、Javier Abad、Marcos Martinez
 ・第3位:『キック・アス』(Mary Films, Plan B-Metropolitan Filmexport) 監督:マシュー・ヴォーン

 ◆フランス映画トロフィー テレビ部門 フィクション賞(Trophée de la fiction unitaire télé (Television))
 ・第1位:“Clem”(Merlin) 監督:Joyce Buñuel
 ・第2位:“Au bas de l'échelle (Bottom of the Ladder)”(TF1 Production) 監督:Arnaud Marcadier
 ・第3位:“Tombé sur la tête (Fallen on his Head)”(JLA) 監督:Didier Albert

 ◆フランス映画トロフィー 映画部門 新人作品賞(Trophée de la première œuvre (First Work))
 ・第1位:“L'arnacœur (Heartbreaker)”(Quad Films-ユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナル・フランス). 監督:Pascal Chaumeil
 ・第2位:“Le mac”(La Petite Reine-ワーナー・ブラザーズ映画フランス) 監督:Pascal Bourdiaux.
 ・第3位:“Tout ce qui brille (All That Glitters)”(ヴァーティゴ・プロダクションズ-パテ)

 ◆フランス映画トロフィー トロフィー・オブ・トロフィー(Trophée des Trophées)
 ・第1位:『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(ワーナー・ブラザーズ映画フランス) 監督:デイヴィッド・イエーツ
 ・第2位:“Les petits mouchoirs (Little White Lies)”(ヨーロッパ・コープ). 監督:ギヨーム・カネ
 ・第3位:『インセプション』(ワーナー・ブラザーズ映画フランス) 監督:クリストファー・ノーラン

 ◆フランス映画トロフィー(Trophée du Film français (Le Film français))
 ・第1位:“Les petits mouchoirs (Little White Lies)”(Les Productions du Trésor–ヨーロッパ・コープ) 監督:ギヨーム・カネ
 ・第2位:“Camping 2, Fabien Onteniente”(Pulsar Productions–パテ).
 ・第3位:“L'arnacœur (Heartbreaker)”(Quad Films-ユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナル・フランス). 監督:Pascal Chaumeil

 ◆フランス映画トロフィー パーソン・オブ・ザ・イヤー(Trophée de la personnalité de l’année (Person of the Year))
 ・第1位:ヤエル・フォギエル、レティシア・ゴンザレス “Poisson”と“Tournée (On Tour)”と“L'arbre (The Tree)”のプロデューサーとして。
 ・第2位:Jacques Bled 『怪盗グルーの月泥棒』を手がけたヴィジュアル・エフェクト・プロダクションMac Guff Ligneの共同設立者として。
 ・第3位:ギヨーム・カネ “Les petits mouchoirs (Little White Lies)”の監督として.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 詳しい規定がどうなっているのかよくわかりませんし、部門/賞の邦訳にも苦労してしまいますが、まぎらわしい部門はざっと以下のようになっていると、想像されます。

 フランス映画トロフィー 映画部門新人作品賞:フランス映画の監督とプロデューサーを対象とする(作品賞のようなもの)
 フランス映画トロフィー:フランス映画の製作と配給を対象とする(フランス映画のボックス・オフィス賞のようなもの)

 フランス映画トロフィー 新人作品部門デュオ:フランス映画の新人監督作品の監督とプロデューサーを対象とする(新人監督賞のようなもの)
 フランス映画トロフィー 映画部門新人作品賞:フランス映画の新人監督作品の製作と配給を対象とする(新人監督作品のボックス・オフィス賞のようなもの)

 フランス映画トロフィー トロフィー・オブ・トロフィー:フランスでの配給作品を対象とする(すべての映画を含めたボックス・オフィス賞のようなもの)

 フランス映画トロフィー 映画部門 ヨーロッパ作品賞:フランス映画とアメリカ映画を除くヨーロッパ映画のボックス・オフィス賞(のようなもの)

 上記リストは、順番を入れ替えればもっとすっきりすると思うのですが、この順番にも何か意味があるのではないかと思い、発表されている通りに書き出してあります。

 *“Le film français”公式サイト:http://www.lefilmfrancais.com/190-trophees-du-film-francais/104664-palmares-des-18es-trophees-du-film-francais

 要するに、業界誌“Le film français”誌が作品として最も優れていると考える2010年度フランス映画が『神々と男たち』で、フランス映画として最も成功したのが“Les petits mouchoirs (Little White Lies)”ということになります。
 もっとも『神々と男たち』だって、2010年度フランス映画としてフランス国内第4位のボックス・オフィスを上げ、全映画の中でも第11位なんですけどね。

 *へえ〜、そうなんだ〜!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月〜2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 ・リュミエール賞2011ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_49.html
 ・リュミエール賞2011受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_32.html
 ・ルイ・デリュック賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201011/article_31.html
 ・ルイ・デリュック賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_36.html
 ・セザール賞2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フランス映画トロフィー2011 発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる