海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS サターン賞2011 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2011/02/26 07:27   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 ジャンル映画の祭典、第37回サターン賞のノミネーションが発表になりました。(2月23日)

画像

 ◆最優秀SF(Best Science Fiction Film)
 ・『ヒア アフター』
 ・『インセプション』
 ・『アイアンマン2』
 ・『わたしを離さないで』
 ・『スプライス』
 ・『トロン:レガシー』

 ◆最優秀ファンタジー(Best Fantasy Film)
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』
 ・『タイタンの戦い』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
 ・『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団』
 ・『エクリプス/トワイライト・サーガ』

 ◆最優秀ホラー/スリラー(Best Horror/Thriller Film)
 ※今回から「スリラー」が加わりました。
 ・“The American”
 ・『ブラック・スワン』
 ・『キック・アス』
 ・“Let Me In”
 ・『シャッター・アイランド』
 ・『ウルフマン』

 ◆最優秀アクション/アドベンチャー(Best Action/Adventure Film)
 ※今回から「スリラー」が移動になりました。
 ・『エクスペンダブルズ』
 ・『グリーン・ホーネット』
 ・『RED/レッド』
 ・『ロビン・フッド』
 ・『ソルト』
 ・『トゥルー・グリット』
 ・『アンストッパブル』

 ◆主演男優賞
 ・ジェフ・ブリッジス 『トロン:レガシー』
 ・ジョージ・クルーニー “The American”
 ・レオナルド・ディカプリオ 『インセプション』
 ・レオナルド・ディカプリオ 『シャッター・アイランド』
 ・ロバート・ダウニー・ジュニア 『アイアンマン2』
 ・ライアン・レイノルズ 『[リミット]』

 ◆主演女優賞
 ・セシル・ド・フランス 『ヒア アフター』
 ・アンジェリーナ・ジョリー 『ソルト』
 ・キャリー・マリガン 『わたしを離さないで』
 ・エレン・ペイジ 『インセプション』
 ・ナタリー・ポートマン 『ブラック・スワン』
 ・ノオミ・ラパス 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』

 ◆助演男優賞
 ・クリスチャン・ベール 『ザ・ファイター』
 ・アンドリュー・ガーフィールド 『わたしを離さないで』
 ・トム・ハーディー 『インセプション』
 ・ギャレット・ヘドランド 『トロン:レガシー』
 ・ジョン・マルコヴィッチ 『RED/レッド』
 ・マーク・ラファロ 『シャッター・アイランド』

 ◆助演女優賞
 ・スカーレット・ヨハンソン 『アイアンマン2』
 ・キーラ・ナイトレイ 『わたしを離さないで』
 ・ミラ・クニス 『ブラック・スワン』
 ・ヘレン・ミレン 『RED/レッド』
 ・ヴァネッサ・レッドグレーヴ 『ジュリエットからの手紙』
 ・ジャッキー・ウィーバー “Animal Kingdom”

 ◆最優秀ヤング・パフォーマンス(Best Performance by a Younger Actor)
 ・ローガン・ラーマン 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』
 ・フランキー&ジョージ・マクラレン 『ヒア アフター』
 ・コディ・スミット・マクフィー “Let Me In”
 ・クロエ・グレース・モレッツ “Let Me In”
 ・ウィル・ポールター 『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』
 ・ヘイリー・スタインフェルド 『トゥルー・グリット』
 ・チャーリー・ターハン 『きみがくれた未来』

 ◆監督賞
 ・ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』
 ・クリント・イーストウッド 『ヒア アフター』
 ・クリストファー・ノーラン 『インセプション』
 ・マット・リーヴス “Let Me In”
 ・マーティン・スコセッシ 『シャッター・アイランド』
 ・デイヴィッド・イェーツ 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』

 ◆最優秀脚本(Best Writing)
 ・マイケル・アーント 『トイ・ストーリー3』
 ・アレックス・ガーランド 『わたしを離さないで』
 ・マーク・ハイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン 『ブラック・スワン』
 ・ピーター・モーガン 『ヒア アフター』
 ・クリストファー・ノーラン 『インセプション』
 ・マット・リーヴス “Let Me In”

 ◆最優秀美術(Best Production Design)
 ・キャシー・アルティエリ(Kathy Altieri) 『ヒックとドラゴン』
 ・ダンテ・フェレッティ 『シャッター・アイランド』
 ・ダーレン・ギルフォード(Darren Gilford) 『トロン:レガシー』
 ・リック・ハインリクス(Rick Heinrichs) 『ウルフマン』
 ・ガイ・ヘンドリックス・ディアス 『インセプション』
 ・ロバート・ストロンバーグ 『アリス・イン・ワンダーランド』

 ◆最優秀衣裳デザイン(Best Costume)
 ・コリーン・アトウッド 『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・ミレーナ・カノネロ(Milena Canonero) 『ウルフマン』
 ・アイシス・マッセンデン(Isis Mussenden) 『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』
 ・ジェイニー・ティーマイム(Jany Temime) 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
 ・マイケル・ウィルキンソン(Michael Wilkinson) 『トロン:レガシー』

 ◆最優秀メイキャップ(Best Make-Up)
 ・ハワード・バーガー(Howard Berger)、グレゴリー・ニコテロ(Gregory Nicotero) 『スプライス』
 ・Andrew Clement、Donald J. Mowat “Repo Men”
 ・Andrew Clement、Jennifer McDaniel、Tarra Day “Let Me In”
 ・Mark Coulier、ニック・ダドマン(Nick Dudman)、Amanda Knight 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
 ・リック・ベイカー、Dave Elsey 『ウルフマン』
 ・Lindsay MacGowan、Shane Mahan 『アリス・イン・ワンダーランド』

 ◆最優秀特殊効果(Best Special Effects)
 ・エリック・バーバ(Eric Barba)、Steve Preeg、カール・デナム(Karl Denham)、Nikos Kalaitzidis 『トロン:レガシー』:
 ・アンガス・ビッカートン(Angus Bickerton)、Barrie Helmsley 『ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島』:
 ・ティム・バーク、ジョン・リチャードソン、Nicholas Ait’Hadi、Christian Manz (『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
 ・クリス・コーボールド、ポール・フランクリン、Andrew Lockley、Peter Begg 『インセプション』
 ・ケン・ラルストン、トム・ペイツマン(Tom Peitzman)、David Schaub、Carey Villegas 『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・ジャネク・サーズ(Janek Sirrs)、Ben Snow、Ged Wright、Daniel Sudick 『アイアンマン2』

 ◆最優秀音楽(Best Music)
 ・ダフト・パンク 『トロン:レガシー』
 ・クリント・イーストウッド 『ヒア アフター』
 ・マイケル・ジアッチーノ “Let Me In”
 ・ゴットフリード・フッベルツ(指揮:フランク・シュトローベル) “The Complete Metropolis”『メトロポリス 完全復元版』
 ・ジャン・パウエル 『ヒックとドラゴン』
 ・ハンス・ジマー 『インセプション』

 ◆最優秀アニメーション(Best Animated Film)
 ・『怪盗グルーの月泥棒』
 ・『ヒックとドラゴン』
 ・『ガフールの伝説』
 ・『シュレック フォーエバー』
 ・『塔の上のラプンツェル』
 ・『トイ・ストーリー3』

 ◆最優秀外国映画(Best International Film)
 ・“The Complete Metropolis”『メトロポリス 完全復元版』(1927/2010 独) 監督:フリッツ・ラング
 ・『センチュリオン』“Centurion”(英) 監督:ニール・マーシャル
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(スウェーデン・デンマーク・独・ノルウェー) 監督:ニルス・アルデン・オプレヴ
 ・“Monsters”(英) 監督:Gareth Edwards
 ・『母なる証明』(韓) 監督:ポン・ジュノ
 ・“Rare Exports: A Christmas Tale”(フィンランド・ノルウェー・仏・スウェーデン) 監督:Jalmari Helander

 【テレビ部門】

 ◆最優秀ネットワークTVシリーズ(Best Network Series)
 ・『FRINGE/フリンジ』(Fox)
 ・『LOST』(ABC)
 ・『ヤング・スーパーマン』(CW)
 ・『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』(CW)
 ・『V』(NBC)
 ・『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(CW)

 ◆最優秀配信/ケーブルTVシリーズ(Best Syndicated/Cable Television Series)
 ・『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ・『クローザー』(TNT)
 ・『デクスター 〜警察官は殺人鬼』(Showtime)
 ・『ユーリカ/EUREKA〜地図にない街〜』“Eureka”(Syfy)
 ・『レバレッジ〜詐欺師たちの流儀』“Leverage”(TNT)
 ・『スパルタカス』“Spartacus: Blood and Sand”(Starz)
 ・『トゥルー・ブラッド/True Blood』(HBO)

 『ブレイキング・バッド』『クローザー』『デクスター 〜警察官は殺人鬼』『レバレッジ〜詐欺師たちの流儀』『トゥルー・ブラッド/True Blood』は連続ノミネートです。前回は『LOST』が受賞しています。

 ◆最優秀スペシャルTVドラマ(Best Television Presentation)
 ・“Doctor Who: A Christmas Carol”(BBC One/BBC America)
 ・“Kung Fu Panda Holiday Special”(NBC)
 ・『ダークエイジ・ロマン 大聖堂』“The Pillars of the Earth”(The Movie Network/Movie Central/Starz)
 ・“Sherlock”(BBC One)
 ・“Spartacus: Gods of the Arena”(Starz)
 ・『ウォーキング・デッド』“The Walking Dead”(AMC)

 ◆最優秀主演男優 TV部門(Best Actor in Television)
 ・ブライアン・クランストン 『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ・マシュー・フォックス 『LOST』(ABC)
 ・マイケル・C・ホール 『デクスター 〜警察官は殺人鬼』(Showtime)
 ・ティモシー・ハットン 『レバレッジ〜詐欺師たちの流儀』“Leverage”(TNT)
 ・アンドリュー・リンカーン 『ウォーキング・デッド』“The Walking Dead”(AMC)
 ・スティーヴン・モイヤー 『トゥルー・ブラッド/True Blood』(HBO)

 マシュー・フォックスとマイケル・C・ホールとスティーヴン・モイヤーは連続ノミネートです。

 ◆最優秀主演女優 TV部門(Best Actress on Television)
 ・サラ・ウェイン・キャリーズ 『ウォーキング・デッド』“The Walking Dead”(AMC)
 ・エリカ・デュランス(Erica Durance) 『ヤング・スーパーマン』
 ・エリカ・ミッチェル(Elizabeth Mitchell) 『V』(NBC)
 ・アンナ・パキン 『トゥルー・ブラッド/True Blood』(HBO)
 ・キーラ・セジウィック 『クローザー』(TNT)
 ・アナ・トーヴ 『FRINGE/フリンジ』(Fox)

 アンナ・パキンとキーラ・セジウィックとアナ・トーヴは連続ノミネートです。前回はアナ・トーヴが受賞しています。

 ◆最優秀助演男優 TV部門(Best Supporting Actor on Television)
 ・マイケル・エマーソン 『LOST』(ABC)
 ・ジョン・ノーブル 『FRINGE/フリンジ』(Fox)
 ・ディーン・ノリス(Dean Norris) 『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ・テリー・オクイン(Terry O’Quinn) 『LOST』(ABC)
 ・アーロン・ポール 『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ・ランス・レディック(Lance Reddick) 『FRINGE/フリンジ』(Fox)
 ・スティーヴン・ユァン(Steven Yeun) 『ウォーキング・デッド』“The Walking Dead”(AMC)

 マイケル・エマーソンとジョン・ノーブルとアーロン・ポールは連続ノミネートです。前回はアーロン・ポールが受賞しています。

 ◆最優秀助演女優賞 TV部門(Best Supporting Actress in Television)
 ・モリーナ・バッカリン “V”(ABC)
 ・ジーナ・ベルマン 『レバレッジ〜詐欺師たちの流儀』“Leverage”(TNT)
 ・ジェニファー・カーペンター 『デクスター 〜警察官は殺人鬼』(Showtime)
 ・ローリー・ホールデン(Laurie Holden) 『ウォーキング・デッド』“The Walking Dead”(AMC)
 ・ルーシー・ローレス(Lucy Lawless) 『スパルタカス』“Spartacus: Blood and Sand”(Starz)
 ・ベス・リースグラフ(Beth Riesgraf) 『レバレッジ〜詐欺師たちの流儀』“Leverage”(TNT)

 モリーナ・バッカリンとジーナ・ベルマンとジェニファー・カーペンターは連続ノミネートです。

 ◆最優秀ゲスト出演(Best Guest Starring Role in Television)
 ・リチャード・ドレイファス 『Weeds ママの秘密』(Showtime)
 ・ノア・エメリッヒ(Noah Emmerich) 『ウォーキング・デッド』“The Walking Dead”(AMC)
 ・ジャンカルロ・エスポジート 『ブレイキング・バッド』(AMC)
 ・ジョー・マンガニエロ(Joe Manganiello) 『トゥルー・ブラッド/True Blood』(HBO)
 ・ジョン・テリー(John Terry) 『LOST』(ABC)
 ・セス・ガベル(Seth Gabel) 『FRINGE/フリンジ』(Fox)

 【DVD部門】

 ◆最優秀DVD(Best DVD Release)
 ・“The Disappearance of Alice Creed”(Anchor Bay)
 ・『アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ 』“District 13: Ultimatum”(Magnolia)
 ・“The Good Heart”(Magnolia)
 ・“Never Sleep Again: The Elm Street Legacy” (1428 Films)
 ・『ネスト』“The New Daughter”(Anchor Bay)
 ・“The Square”(Apparition)

 ◆最優秀DVDスペシャル・エディション(Best DVD Special Edition)
 ・『アバター DVD版エクステンデッド・エディション』“Avatar (Extended Collector’s Edition)”(Fox)
 ・“Monsters (Special Edition)”(Magnolia)
 ・“Red Cliff (International Version)”『レッド・クリフ』(Magnolia)
 ・“Robin Hood (Unrated Director’s Cut)”『ロビン・フッド』(Universal)
 ・“Salt (Deluxe Unrated Edition)”『ソルト』(Sony)
 ・“The Wolf Man (Unrated Director’s Cut)”『ウルフマン』(Universal)

 ◆最優秀クラシックDVD(Best DVD Classic Film Release) 新設
 ・『メトロポリス 完全復元版』“The Complete Metropolis”(Kino Lorber)
 ・『CRONOS クロノス』“Cronos”(Criterion Collection)
 ・『エクソシスト ディレクターズ・カット版』“The Exorcist (Extended Director’s Cut)”(Warner)
 ・『キング・コング』“King Kong”(Warner)
 ・“Pandora and the Flying Dutchman”(Deluxe Edition) (Kino Lorber
 ・“Psycho (50th Anniversary Edition)”『サイコ』(Universal)

 ◆最優秀DVDコレクション(Best DVD Collection)
 ・『エイリアン・アンソロジー』“Alien Anthology”(Fox)
 ・“Back to the Future 25th Anniversary Trilogy”(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』25周年トリロジー)(Universal)
 ・“Clint Eastwood 35 Films 35 Years at Warner Bros”(Warner)
 ・“Fantomas: Five Film Collection”(Kino Lorber)
 ・“Film Noir Classic Collection, Volume 5”(Warner)
 ・“Vengeance Trilogy”(Tartan)

 “Vengeance Trilogy”とは、パク・チャヌクの復讐3部作を収めたDVDです。

 ◆TV作品最優秀DVD(Best DVD Television Release)
 ・“Lost (The Complete Sixth and Final Season)”(『LOST』シーズン6&シーズン・ファイナル)(ABC Studios)
 ・“The Six Million Dollar Man (The Complete Collection)”(『600万ドルの男』)(Time Life)
 ・“Space 1999: The Complete Season One”(『スペース1999』シーズン1)(Blu-ray) (A & E)
 ・“Thriller: The Complete Series”(Image)
 ・“The Twilight Zone (Season 1 & 2)”(『トワイライト・ゾーン』シーズン1&2))(Blu-ray) (Image)
 ・“Voyage to the Bottom of the Sea (Season 4, Volume 2)”(『地球の危機』シーズン4 Vol.2) (Fox)

 【ステージ部門】(Stage Presentations)

 ◆最優秀ローカル・ステージ ミュージカル部門(Best Local Stage Production: Musical)
 ・“Beauty and the Beast”(Orange County Performing Arts Center)
 ・“Leap of Faith” (Ahmanson Theatre)
 ・“Young Frankenstein” (Pantages Theatre)

 ◆最優秀ローカル・ステージ ドラマ/コメディー部門(Best Local Stage Production: Drama or Comedy)
 ・“The 39 Steps” (Ahmanson Theatre)
 ・“The Glass Menagerie” (Mark Taper Forum)
 ・“The Lieutenant of Inishmore” (Mark Taper Forum)

 ◆最優秀ローカル・ステージ 小劇場部門(Best Local Stage Production: Small Theatre)
 ・“The Arsonists” (Odyssey Theatre)
 ・“U.S.S. Pinafore” (Crown City Theatre Company)
 ・“Watson” (Sacred Fools Theatre)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 映画部門の主な作品のノミネート状況は以下のようになっています。

 ・『インセプション』(9):SF・主演男優・主演女優・助演男優・監督・脚本・美術・特殊効果・音楽
 ・『トロン:レガシー』(7):SF・主演男優・助演男優・美術・衣裳・特殊効果・音楽
 ・『ヒア アフター』(6):SF・主演女優・ヤング・監督・脚本・音楽
 ・“Let Me In”(6):ホラー/スリラー・ヤング・監督・脚本・メイク・音楽
 ・『わたしを離さないで』(5):SF・主演女優・助演男優・助演女優・脚本
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』(5):FT・美術・衣裳・メイク・特殊効果
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(5):FT・監督・衣裳・メイク・特殊効果
 ・『ブラック・スワン』(5):ホラー/スリラー・主演女優・助演女優・監督・脚本
 ・『シャッター・アイランド』(5):ホラー/スリラー・主演男優・助演男優・監督・美術
 ・『アイアンマン2』(4):SF・主演男優・助演女優・特殊効果
 ・『ウルフマン』(4):ホラー/スリラー・美術・衣裳・メイク
 ・『ナルニア国物語 第3章:アスラン魔法の王と島』(4):FT・ヤング・衣裳・特殊効果
 ・『RED/レッド』(3):アクション・助演男優・助演女優
 ・『ヒックとドラゴン』(3):美術・音楽・アニメ
 ・『スプライス』(2):SF・メイク
 ・“The American”(2):ホラー/スリラー・主演男優
 ・『ソルト』(2):アクション・主演女優
 ・『トイ・ストーリー3』(2):脚本・アニメ

 『ヒア アフター』や『わたしを離さないで』がSFで、『ブラック・スワン』がホラー/スリラーという風にジャンル分けされてしまうと、それはそうなのかもしれないけど、純粋に「SF」とか「ホラー」「スリラー」とかいう言葉でイメージするような作品とはちょっと違うんじゃないか、とも思ってしまいます。

 全体的に見て、SFらしいSF、ファンタジーらしいファンタジー、ホラーらしいホラーというのは、ほとんど見当たらなくなっているようです。

 賞の行方としては、昨年は、『アバター』の圧勝でしたが、今年はそれほど強い作品は見当たりません。

 サターン賞は、人気投票に近い、わりと順当な結果を出してくるので、最終的には、SF部門の最多ノミネーション作品『インセプション』と、ファンタジー部門の最多ノミネーション作品『アリス・イン・ワンダーランド』、ホラー/スリラー部門の最多ノミネーション作品『ブラック・スワン』『シャッター・アイランド』が賞を分け合うのではないか、と予想されます。

 テレビ部門の主なノミネーション状況は以下のようになっています。

 ・『ウォーキング・デッド』(6):SP・主演男優・主演女優・助演男優・助演女優・ゲスト
 ・『FRINGE/フリンジ』(5):ネットワーク・主演女優・助演男優・助演男優・ゲスト
 ・『LOST』(5):ネットワーク・主演男優・助演男優・助演男優・ゲスト
 ・『ブレイキング・バッド』(5):ケーブル・主演男優・助演男優・助演男優・ゲスト
 ・『レバレッジ〜詐欺師たちの流儀』(4):ケーブル・主演男優・助演女優・助演女優
 ・『トゥルー・ブラッド/True Blood』(4):ケーブル・主演男優・主演女優・ゲスト
 ・『V』(3):ネットワーク・主演女優・助演女優
 ・『デクスター 〜警察官は殺人鬼』(3):ケーブル・主演男優・助演女優
 ・『ヤング・スーパーマン』(2):ネットワーク・主演女優
 ・『クローザー』(2):ケーブル・主演女優
 ・『スパルタカス』(2):ケーブル・助演女優

 受賞結果の発表は、まだまだず〜っと先の6月です。会員がすべてのノミネート作品を鑑賞するための時間がたっぷり設けてあるということでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 最優秀DVDコレクション(Best DVD Collection) 部門の“Clint Eastwood 35 Films 35 Years at Warner Bros”は、クリント・イーストウッドがワーナーで撮った35年間の映画を収めた35枚組のDVDボックス($179.99)で、そのラインナップは以下のようになっています。

 ・『荒鷲の要塞』“Where Eagles Dare”(1968)
 ・『戦略大作戦』“Kelly's Heroes”(1970)
 ・『ダーティハリー』“Dirty Harry”(1971)
 ・『ダーティハリー2』“Magnum Force”(1973)
 ・『アウトロー』“The Outlaw Josey Wales”(1976)
 ・『ダーティハリー3』“The Enforcer”(1976
 ・『ガントレット』“The Gauntlet”(1977)
 ・『ダーティファイター』“Every Which Way But Loose”(1978)
 ・『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』“Any Which Way You Can”(1980)
 ・『ブロンコ・ビリー』“Bronco Billy”(1980)
 ・『ファイヤーフォックス』“Firef label ox”(1982)
 ・『センチメンタル・アドベンチャー』“Honkytonk Man”(1982)
 ・『ダーティハリー4』“Sudden Impact”(1983)
 ・『タイトロープ』“Tightrope”(1984)
 ・『シティヒート』“City Heat”(1984
 ・『ペイルライダー』“Pale Rider”(1985)
 ・『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』“Heartbreak Ridge”(1986)
 ・『ダーティハリー5 』“The Dead Pool”(1988)
 ・『バード』“Bird”(1988)
 ・『ピンク・キャデラック』“Pink Cadillac”(1989)
 ・『ホワイトハンター ブラックハート』“White Hunter Black Heart”(1990)
 ・『ルーキー』“The Rookie”(1990)
 ・『許されざる者』“Unforgiven”(1992)
 ・『パーフェクト・ワールド』“A Perfect World”(1993)
 ・『マディソン郡の橋』“The Bridges of Madison County”(1995)
 ・『真夜中のサバナ』“Midnight In the Garden of Good And Evil”(1997)
 ・『目撃』“Absolute power”(1997)
 ・『トゥルー・クライム』“True Crime”(1999)
 ・『スペース・カウボーイ』“Space Cowboys”(2000)
 ・『ブラッド・ワーク』“Blood Work”(2002)
 ・『ミスティック・リバー』“Mystic River”(2003)
 ・『ミリオンダラー・ベイビー』“Million Dollar Baby”(2004)
 ・『硫黄島からの手紙』“Letters from Iwo Jima”(2006)
 ・『グラン・トリノ』“Gran Torino”(2008)
 ・“The Eastwood Factor short film”

 日本でも『クリント・イーストウッド ワーナー35周年記念BOX〈500セット限定生産・35枚組〉<限定盤>』(49800円)が2010年8月にリリースされていますが、日本版とUS版では『ミリオンダラー・ベイビー』と『父親たちの星条旗』が入れ替わっています。

 最優秀DVDコレクション(Best DVD Collection) 部門の“Film Noir Classic Collection, Volume 5”は以下のような内容になっています。
 ・『影を追う男』“Cornered”(1945) 監督:エドワード・ドミトリク
 ・『タイムリミット25時』“Deadline at Dawn”(1946) 監督:ハロルド・クルアーマン
 ・“Desperate”(1947) 監督:アンソニー・マン
 ・『札束無情』“Armored Car Robbery”(1950) 監督:リチャード・フライシャー
 ・『死への招待』“Backfire”(1950) 監督:ヴィンセント・シャーマン
 ・“Dial 1119”(1950) 監督:ジェラルド・メイヤー
 ・“The Phenix City Story”(1955) 監督:フィル・カールソン
 ・『暴力の季節』“Crime in the Streets”(1956) 監督:ドン・シーゲル

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・サターン賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_41.html
 ・サターン賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201006/article_28.html
 ・サターン賞2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_27.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月〜2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 追記:
 ・サターン賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201106/article_15.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最優秀DVDノミネートのDistrict 13: Ultimatum は、『アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ』の英語題ですね。
さひぐー
2011/03/01 16:00
さひぐーさま
恐れ入ります。
umikarahajimaru
2011/03/02 00:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サターン賞2011 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる