海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS これならアート系映画ファンも納得!? 第8回インターナショナル・シネファイル・ソサエティ賞発表!

<<   作成日時 : 2011/02/19 17:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第8回インターナショナル・シネファイル・ソサイエティ賞(ICS:The International Cinephile Society)が発表になりました。(2月18日)

 インターナショナル・シネファイル・ソサイエティ賞は、オンラインで行なわれるインディペンデント映画と外国映画のための映画賞で、2003年に創設され、今回で第8回を迎えています。

 昨年は、作品賞トップ10に、2位に『トウキョウソナタ』、6位に『歩いても 歩いても』、9位に『崖の上のポニョ』を選ぶという他の全米映画賞とはかなり違うラインナップを出していたので、へえ〜、こんな賞があるんだと思ったのですが、今年もなかなかのラインナップになっています。

 全米映画賞を追いかけていると、なんとなく『ソーシャル・ネットワーク』や『英国王のスピーチ』なんかが並んだリストが2010年の最優秀映画のラインナップなのかなあと思わせられたりしますが、こうしたリストを見ると、あれは、「映画会社が、映画賞レース向けて、映画人や業界関係者のために、お膳立てしたラインナップに従って、順列並べ替えをしただけのもの」に過ぎなかったんだということを思い出させられたりもします。

 といっても、これだって、自分たちは他とはちょっと違うんだとばかりに、映画通ぶった人たちが誇らしげに選んだ鼻持ちならないセレクションなんじゃないか、という気もしないではありませんが、似たり寄ったりの全米映画賞レースのラインナップに見慣れた目からすると、けっこう新鮮で、面白いラインナップになっています。

 これと似たような感じで、全米映画賞レースの流れとは関係なく、映画の国籍とも無関係に、独自の視点で、映画をチョイスしている映画賞に、ロサンゼルス映画批評家協会賞や全米映画批評家協会賞、クロトゥルーディス賞などがありますが、それらに比べても、このインターナショナル・シネファイル・ソサイエティ賞は、ずば抜けたところがあります。

 今年の受賞結果は以下の通りです。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞トップ10
 01.『アンプロフェット』(仏・伊)(監督:ジャック・オディアール)
 02.“Carlos”(仏・独)(監督:オリヴィエ・アサイヤス)
 03.“Another Year”(英)(監督:マイク・リー)
 04.『ソーシャル・ネットワーク』(米)(監督:デイヴィッド・フィンチャー)
 05.“Everyone Else(Alle Anderen)”(独)(監督:Maren Ade)
 06.“I Am Love (Io sono l’amore)”(伊)(監督:ルカ・グアダグニーノ)
 07.『ブルーバレンタイン』(米)(監督:デレク・シアンフランス)
 08.『ブラック・スワン』(米)(監督:ダーレン・アロノフスキー)
 09.“Exit Through the Gift Shop”(米・英)(監督:バンクシー)
 10.『インセプション』(米)(監督:クリストファー・ノーラン)

 ◆監督賞
 ◎ジャック・オディアール 『アンプロフェット』
 次点:オリヴィエ・アサイヤス “Carlos”

 ◆外国語映画トップ10(Film Not In The English Language)
 01.『アンプロフェット』(仏・伊)(監督:ジャック・オディアール)
 02.“Carlos”(独・仏)(監督:オリヴィエ・アサイヤス)
 03.“Everyone Else(Alle Anderen)”(独)(監督:Maren Ade)
 04.“I Am Love (Io sono l’amore)”(伊)(監督:ルカ・グアダグニーノ)
 05.『ホワイト・マテリアル』(仏・カメルーン)(監督:クレール・ドゥニ)
 06.『風にそよぐ草』(仏・伊)(監督:アラン・レネ)
 07.『母なる証明』(監督:ポン・ジュノ)
 08.“Dogtooth”(ギリシャ)(監督:Giorgos Lanthimos)
 09.『愛に勝利を ムッソリーニを愛した女』(伊・仏)(監督:マルコ・ベロッキオ)
 10.『シークレット・サンシャイン』(韓)(監督:イ・チャンドン)

 ◆オナラブル・メンション(Honorable Mentions)
 ・『海へ』“Alamar”(メキシコ)(監督:ペドロ・ゴンザレス・ルビオ(Pedro González-Rubio))
 ・『ブロンド少女は過激に美しく』(ポルトガル・西・仏)(監督:マノエル・デ・オリヴェイラ)
 ・『イリュージョニスト』(英・仏)(監督:シルヴァン・ショメ)
 ・『私たちの好きな八月』“Our Beloved Month of August”(ポルトガル・仏)(監督:ミゲル・ゴメス)
 ・“The Portuguese Nun”(ポルトガル・仏)(監督:ウジェーヌ・グリーン(Eugène Green))

 ◆主演男優賞
 ◎エドガー・ラミレス “Carlos”
 次点:タハール・ラヒム 『アンプロフェット』

 ◆主演女優賞
 ◎レスリー・マンヴィル “Another Year”
 ◎ジョヴァンニ・メッツォジョルノ 『愛に勝利を ムッソリーニを愛した女』
 次点:ティルダ・スウィントン “I Am Love (Io sono l’amore)”

 ◆助演男優賞
 ◎ニエル・アレストリュプ 『アンプロフェット』
 次点:ジョン・ホークス 『ウィンターズ・ボーン』

 ◆助演女優賞
 ◎オリヴィア・ウィリアムズ 『ゴースト・ライター』
 次点:エル・ファニング 『Somewhere』

 ◆オリジナル脚本賞
 ◎“Another Year” マイク・リー
 次点:“Everyone Else(Alle Anderen)” Maren Ade

 ◆脚色賞
 ◎『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 次点:『風にそよぐ草』 Alex Reval、Laurent Herbiet

 ◆撮影賞
 ◎“I Am Love (Io sono l’amore)” ヨリック・ルソー
 次点:『トゥルー・グリット』 ロジャー・ディーキンス

 ◆編集賞
 ◎『ソーシャル・ネットワーク』 カーク・バクスター、アンガス・ウォール
 次点:“Carlos” リュック・バルニエ、マリオン・モニエ(Marion Monnier)

 ◆美術賞
 ◎“I Am Love (Io sono l’amore)” Francesca Balestra Di Mottola
 次点:『インセプション』 ガイ・ヘンドリックス・ディアス

 ◆オリジナル作曲賞
 ◎『ソーシャル・ネットワーク』 トレント・レズナー、アッティカス・ロス
 次点:『ゴースト・ライター』 アレクサンドル・デプラ

 ◆アンサンブル賞
 ◎“Another Year”
 次点:『キッズ・オールライト』

 ◆長編アニメーション賞
 ◎『イリュージョニスト』
 次点:『サマーウォーズ』

 ◆ドキュメンタリー
 ◎“Exit Through the Gift Shop”
 次点:“Boxing Gym”(米)(監督:フレデリック・ワイズマン)

 ◆2010全米未公開優秀映画(Best Picture Not Released In 2010)
 ・“The Autobiography of Nicolae Ceausescu”(ルーマニア)(監督:Andrei Ujica)
 ・『トスカーナの贋作』(仏・伊・イラン)(監督:アッバス・キアロスタミ)
 ・『ゴダール・ソシアリスム』(スイス・仏)(監督:ジャン=リュック・ゴダール)
 ・“Heartbeats”
 ・『蜂蜜』Honey(トルコ・独)(監督:セミフ・カプランオール)
 ・“I Killed My Mother”(カナダ)(監督:Xavier Dolan)
 ・『コスモス』“Kosmos” (トルコ・ブルガリア)(監督:レハ・エルデム)
 ・“Meek’s Cutoff”(米)(監督:Kelly Reichardt)
 ・“Mysteries of Lisbon”(ポルトガル)(監督:ラウル・ルイス)
 ・『神々と男たち』(仏)(監督:グザヴィエ・ボーヴォワ)
 ・『ブンミおじさんの森』(タイ・英・仏・独・西・オランダ)(監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン)

 ※リストにはタイトルしか挙げられていないので、“Heartbeats”がXavier Dolan作品のことなのか、フィンランドのサーラ・カンテル作品のことなのか特定できませんでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 『サマーウォーズ』が長編アニメーション賞の次点に入ってるのか!とか、いろいろ見どころはありますが、日本では映画祭上映にとどまっている『アンプロフェット』と、公開未定の“I Am Love (Io sono l’amore)”が非常に高い評価を受けているのが気になります。
 まあ、“I Am Love (Io sono l’amore)”の方は、何らかの形では日本でも紹介されそうな予感はありますが……。

 *インターナショナル・シネファイル・ソサイエティ公式サイト:http://icsfilm.org/home

 *この記事がなかなか面白かった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・第7回インターナショナル・シネファイル・ソサイエティ賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_33.html

 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_20.html
 ・全米映画批評家協会賞2011:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_12.html
 ・クロトゥルーディス賞(Chlotrudis Awards)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_48.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月〜2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
これならアート系映画ファンも納得!? 第8回インターナショナル・シネファイル・ソサエティ賞発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる