海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS シュヴァンクマイエルが3部門ノミネート! チェコ・アカデミー賞2011!

<<   作成日時 : 2011/02/19 08:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第18回チェコ・ライオンČeský lev (チェコ・アカデミー賞)のノミネーションが発表になりました(2月5日)。

 日本で知られていない監督やキャスト、スタッフばかりで、原語表記の羅列になってしまっていますが、ノミネートされている作品は全部で10作品程度しかなく、ず〜っと眺めているうちにだんだん見慣れてきます(笑)。

 ノミネーションは、前回までは1部門につき3候補まででしたが、今回から5候補までエントリーされています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞(Nejlepší film)
 ・“Habermannnův mlýn(Habermann)” 監督:ユライ・ヘルツ
 ・“Kuky se vrací(Kooky)” 監督:ヤン・スヴィエラーク
 ・“Největší z Čechů(.The Greatest Czechs)” 監督:Robert Sedláček
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” 監督:Ondřej Trojan
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” 監督:Radim Špaček

 ◆監督賞(Nejlepší režie)
 ・“Kuky se vrací(Kooky)” ヤン・スヴィエラーク
 ・“Největší z Čechů(.The Greatest Czechs)” Robert Sedláček
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” Ondřej Trojan
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Radim Špaček
 ・『サヴァイヴィングライフ-夢は第二の人生-』“Přežít svůj život” ヤン・シュヴァンクマイエル

 ◆主演男優賞(Nejlepší mužský herecký výkon v hlavní roli)
 ・“Habermannnův mlýn(Habermann)” カレル・ローデン(Karel Roden)
 ・“Kajínek”(監督:Petr Jákl) Konstantin Lavroněnko
 ・“Největší z Čechů(.The Greatest Czechs)” Jaroslav Plesl
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” Martin Myšička
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Ondřej Malý

 カレル・ローデンは、2年連続ノミネートで、前回、“Hlídač č. 47”で主演男優賞を受賞しています。

 ◆主演女優賞(Nejlepší ženský herecký výkon v hlavní roli)
 ・“Mamas & Papas”(監督:Alice Nellis) Zuzana Bydžovská
 ・“Největší z Čechů(.The Greatest Czechs)” Simona Babčáková
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” アンナ・ガイスレロヴァー(Anna Geislerová)
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Kristina Farkašová
 ・“Ženy v pokušení(Women in Temptation)”(監督:Jiří Vejdělek) Lenka Vlasáková

 Zuzana Bydžovskáは、2年連続ノミネートで、前回は、“Venkovský učitel(田舎教師)”で主演女優賞を受賞しています。

 ◆助演男優賞(Nejlepší mužský herecký výkon ve vedlejší roli)
 ・“Kajínek” Vladimír Dlouhý
 ・“Největší z Čechů(.The Greatest Czechs)” Igor Bareš
 ・“Největší z Čechů(.The Greatest Czechs)” Igor Chmela
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Lukáš Latinák
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” オルドジフ・カイゼル(Oldřich Kaiser)

 ◆助演女優賞(Nejlepší ženský herecký výkon ve vedlejší roli)
 ・“Habermannnův mlýn(Habermann)” Zuzana Kronerová
 ・“Mamas & Papas” Zuzana Čapková
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” Kristýna Liška Boková
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Barbora Milotová
 ・“Ženy v pokušení(Women in Temptation)” Eliška Balzerová

 Zuzana Kronerováは、2年連続ノミネートです。

 ◆脚本賞(Nejlepší scénář)
 ・“Habermannnův mlýn(Habermann)” Wolfgang Limmer、ユライ・ヘルツ(Juraj Herz)、Jan Drbohlav
 ・“Mamas & Papas” Alice Nellis
 ・“Největší z Čechů(.The Greatest Czechs)” Robert Sedláček
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” Petr Jarchovský
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Ondřej Štindl

 ◆撮影賞(Nejlepší kamera)
 ・“Habermannnův mlýn(Habermann)” Alexander Šurkala
 ・“Hlava-ruce-srdce(Head- Hand - Heart)”(監督:David Jařab) Marek Jícha
 ・“Kuky se vrací(Kooky)” ウラジミール・スムットニー(Vladimír Smutný)
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” Martin Štrba
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Jaromír Kačer

 ◆編集賞(Nejlepší střih)
 ・“Kajínek” Matouš Outrata
 ・“Kuky se vrací(Kooky)” Alois Fišárek
 ・“Mamas & Papas” Petr Mrkous
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” Vladimír Barák
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Anna Johnson Ryndová

 Vladimír Barákは、前回『カラマーゾフ兄弟』でノミネートされています。

 ◆美術賞(Nejlepší výtvarný počin)
 ・“Hlava-ruce-srdce(Head- Hand - Heart)” David Jařab
 ・“Kuky se vrací(Kooky)” ヤクブ・ドゥヴォルスキー(Jakub Dvorský)
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” Milan Býček
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Pavol Andraško
 ・『サヴァイヴィングライフ-夢は第二の人生-』“Přežít svůj život” ヤン・シュヴァンクマイエル

 ◆録音賞(Nejlepší zvuk)
 ・“Habermannnův mlýn(Habermann)” Tomáš Bělohradský
 ・“Kuky se vrací(Kooky)” Pavel Rejholec、Juraj Mravec、Jakub Čech
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” Jiří Klenka
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Marek Hart、Jakub Čech
 ・『サヴァイヴィングライフ-夢は第二の人生-』“Přežít svůj život” イヴォ・シュパリ(Ivo Špalj)

 Pavel RejholecとJakub Čechは、前回、“Tobruk”で受賞しています。

 ◆音楽賞(Nejlepší hudba)
 ・“Kuky se vrací(Kooky)” Michal Novinski
 ・“Mamas & Papas” Jan Ponocný a skupina Buty
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” Petr Ostrouchov
 ・“Pouta(Walking Too Fast)” Tomáš Vtípil
 ・“Ženy v pokušení(Women in Temptation)” Jan P. Muchow

 ◆ドキュメンタリー賞(Nejlepší document)
 ・“25 ze šedesátých aneb Československá nová vlna(25 from the sixties or the Czechoslovak New Wave)” 監督:Martin Šulík
 ・“Český mír(Czech Peace)” 監督:Vít Klusák、Filip Remunda
 ・“Katka” 監督:Helena Třeštíková
 ・“Medvědí ostrovy(Bear Islands)” 監督:Martin Ryšavý
 ・“Nesvatbov(Matchmaking Mayor)” 監督:Erika Hníková

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 作品のノミネート状況は以下の通りです。

 ・“Pouta(Walking Too Fast)”(13):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・録音
 ・“Občanský průkaz(Identity Card)”(11):作品・監督・主演男優・主演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・録音・音楽
 ・“Kuky se vrací(Kooky)”(7):作品・監督・撮影・編集・美術・録音・音楽
 ・“Největší z Čechů(.The Greatest Czechs)”(7):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・助演男優・脚本
 ・“Habermannnův mlýn(Habermann)”(6):作品・主演男優・助演女優・脚本・撮影・録音
 ・“Mamas & Papas”(5):主演女優・助演女優・脚本・編集・音楽
 ・『サヴァイヴィングライフ-夢は第二の人生-』(3):監督・美術・録音
 ・“Ženy v pokušení(Women in Temptation)”(3):主演女優・助演女優・音楽
 ・“Kajínek”(3):主演男優・助演男優・編集
 ・“Hlava-ruce-srdce(Head- Hand - Heart)”(2):撮影・美術

 ざっと眺めてみて、これが妥当なものなのかどうかはわかりませんが、2010年度の作品で国際的に最も評価の高かったのは、米国アカデミー賞2011外国語映画賞チェコ代表作品にも選ばれたヤン・フジェベイクの“Kawasakiho růže(Kawasaki's Rose)”だったはずで、本命であるはずのそれを完全に無視したのはどうにも腑に落ちません。何か、そうしたくなる原因が作品の中にあるということなのでしょうか。

 日本人に馴染みがあるのは、シュヴァンクマイエルとスヴィエラークという2人のヤンですが、シュヴァンクマイエル作品はやっぱり万人向けとは言えなそうだし、スヴィエラーク作品は子供向け作品らしいので、どちらも受賞は難しそうな気がします。

 受賞結果発表は3月5日です。

 *参考サイト
 ・kinobox(チェコ語):http://www.kinobox.cz/clanek/4713-cesky-lev-2010-nominacim-dominuji-filmy-o-normalizaci

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主なノミネート作品について、簡単に紹介しておきます。

 ・“Pouta(Walking Too Fast)”(チェコ) 監督:Radim Špaček
 出演:Ondřej Malý、Kristina Farkašová、Lukáš Latinák、オルドジフ・カイゼル(Oldřich Kaiser)、Barbora Milotová
 物語:1982年のチェコスロヴァキア。全体主義体制は、磐石で、永遠のように思われた。秘密警察のアントニンは、不安定で、声にならない怒りと絶望を抱えていた。あらゆることにくたびれてしまった彼は、自分の中の悪魔を若い娘クララに向ける。それは、愛などではなく、ある種の情熱といっていい感情で、灰色の車や退屈な日常から逃れるための幻影でしかなかった……。
 ワルシャワ国際映画祭2010 インターナショナル・コンペティション部門出品。
 釜山国際映画祭2010チェコ映画ナウ:リベラリズムの映画(Czech Films Now: Cinema of Liberalism)出品。

画像

 ・“Občanský průkaz(Identity Card)” 監督:Ondřej Trojan
 出演:Martin Myšička、アンナ・ガイスレロヴァー(Anna Geislerová)、Kristýna Liška Boková
 物語:舞台は1974年から1977年のプラハ。物語の語り手はペトルで、彼と彼の3人の仲間、ポペルク、アレーゼ、ミトゥのことが語られる。彼らは、15歳になるとIDを与えられ、兵役を逃れるためには、18歳でブルーブック(modrou knížku)を手に入れなければならない。その間に、彼らは、初恋を経験し、両親や自分自身と真正面から向き合わなければならなくなる。

画像

 ・“Kuky se vrací(Kooky)” 監督:ヤン・スヴィエラーク
 出演:Oldřich Kaiser、Ondřej Svěrák、Kristýna Fuitová-Nováková、Filip Čapka
 物語:オンドラ少年は、喘息を患っていて、彼の母は、彼のためを思い、彼が大事にしていたかび臭いクマの人形クーキーを捨ててしまう。オンドラは、クーキーがゴミ捨て場から家に戻って来ようとしている夢を見る。クーキーは、森に差し掛かり、これまで見たこともない生き物に出会ったりして怯えるが、やがて本物のヒーローになるべく勇気を奮い立たせていく……。
 カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭2010 インターナショナル・コンペティション部門出品。審査員特別賞受賞。

画像

 ・“Největší z Čechů(.The Greatest Czechs)” 監督:Robert Sedláček
 出演:Jaroslav Plesl、Simona Babčáková、Igor Bareš、Igor Chmela
 物語:監督がいて、プロデューサーがいて、撮影監督がいて、音響エンジニアがいる。彼らの作った映画は、チェコ・ライオンも受賞し、高い評価も受け、数多くの映画祭もまわった。しかし、残念なことにお客さんが入らない。監督には常に次のプランがあったが、助成金の獲得に失敗し、製作が頓挫してしまう。フラストレーションを抱えた彼らは、それでも次のチャンスを窺う……。

画像

 ・“Habermannnův mlýn(Habermann)”(独・チェコ) 監督:ユライ・ヘルツ
 出演:マルク・ヴァシュケ(Mark Waschke) 、Karel Roden、Wilson Gonzalez Ochsenknecht、Hannah Herzsprung、 Franziska Weisz
 物語:1938年。ズデーテン地方の工場主とその家族の物語で、ヨーロッパ全体の緊張の高まりの中で、彼らの生活も変えざるを得なくなる。
 バイエルン映画賞2010 監督賞&男優賞(マルク・ヴァシュケ)受賞。
 ドイツ映画批評家協会賞2011 作品賞ノミネーション。

画像

 ・“Mamas & Papas” 監督:Alice Nellis
 出演:Zuzana Bydžovská、Zuzana Čapková
 物語:モザイクのように描かれる4組のカップルの物語。
 バンクーバー国際映画祭2010 Cinema of Our Time部門出品。
 シカゴ国際映画祭2010 メイン・コンペティション部門出品。

画像

 ・『サヴァイヴィングライフ-夢は第二の人生-』
 当ブログ記事:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201008/article_3.html

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・チェコ・ライオン2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_21.html
 ・チェコ・ライオン2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200903/article_10.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月〜2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 追記:
 ・チェコ・ライオン2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201103/article_8.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シュヴァンクマイエルが3部門ノミネート! チェコ・アカデミー賞2011! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる