海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・脚本家組合賞(WGA)2011 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2011/01/05 09:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 米・脚本家組合賞2011のノミネーションが発表されました。(1月4日)

画像

 ◆オリジナル脚本賞
 ・『ブラック・スワン』 脚本:マーク・ハイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン 原案:アンドレス・ハインツ
 ・“The Fighter” 脚本:Scott Silver、Paul Tamasy、Eric Johnson 原案:Keith Dorrington、Paul Tamasy、Eric Johnson
 ・『インセプション』 脚本:クリストファー・ノーラン
 ・『キッズ・オールライト』 脚本:リサ・チョロデンコ、スチュアート・ブルムバーグ
 ・“Please Give” 脚本:Nicole Holofcener

 ◆脚色賞
 ・“127 Hours” 脚本:ダニー・ボイル、サイモン・ボーフォイ 原作:“Between a Rock and a Hard Place”(アーロン・ラルストン)
 ・『フィリップ、きみを愛してる』 脚本:ジョン・レクア、グレン・フィカーラ 原作: Steven McVicker
 ・『ソーシャル・ネットワーク』 脚本:アーロン・ソーキン 原作:“The Accidental Billionaires”(Ben Mezrich)
 ・『ザ・タウン』 脚本:ピーター・クレイグ、ベン・アフレック、アーロン・ストッカード 原作:“Prince of Thieves”(Chuck Hogan)
 ・『トゥルー・グリット』 脚本:ジョエル&イーサン・コーエン 原作:チャールズ・ポーティス(Charles Portis)

 ◆ドキュメンタリー賞(Documentary Screenplay)
 ・“Enemies of the People” 脚本・監督・撮影・製作:Rob Lemkin、Thet Sambath
 ・“Freedom Riders” 脚本・製作・監督:Stanley Nelson
 ・“Gasland” 脚本・監督:Josh Fox
 ・“Inside Job” 製作・脚本・監督:チャールズ・ファーガソン 共同脚本:Chad Beck、 Adam Bolt
 ・“The Two Escobars” 脚本:Michael Zimbalist、Jeff Zimbalist

 ※ 脚本家組合賞には、テレビ、ラジオ、ニュースなどのジャンルの多岐にわたる部門賞がありますが、今回は割愛させていただきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【アカデミー賞との関係】

 ノミネーション5作品でのオリジナル脚本賞と脚色賞での一致度は以下のようになっています。
 2010年 脚本:2作品(WGA=AA) 脚色:2作品(WGA、AA)
 2009年 脚本:1作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2008年 脚本:4作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2007年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2006年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2005年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2004年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA、AA)
 2003年 脚本:3作品 脚色:4作品(WGA)
 2002年 脚本:3作品(WGA=AA) 脚色:3作品(WGA=AA)
 2001年 脚本:4作品(WGA、AA) 脚色:4作品(WGA=AA)
 2000年 脚本:4作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA、AA)
 1999年 脚本:4作品(WGA=AA) 脚色:4作品(WGA、AA)

 カッコで示してあるのは、脚本家組合賞(WGA)のノミネーションとアカデミー賞のノミネーションが一致した中からそれぞれの受賞作品が出たかどうかを示しています。
 「WGA=AA」は同じ作品が双方で受賞したことを示し、「WGA、AA」は一致したノミネート作品の中から別々の作品が受賞したことを示し、「WGA」は一致したノミネート作品の中から脚本家組合賞は出たけれど、アカデミー賞は脚本家組合賞にはノミネートされなかった作品から出、何も記していないところはそれぞれ別々のノミニーが受賞したことを示しています。

 これを見ると、過去12年間のうち、ノミネーションが同じになる数は年によって異なりますが、重なったノミネート作品の中から双方の受賞作が出る割合は22/24(91.7%)、受賞作が一致する割合は17/24(70.8%)、ということになります。

 さらに、12年間の脚本家組合賞のオリジナル脚本賞もしくは脚色賞受賞作の中からアカデミー賞作品賞が出る割合は8/12(66.7%)、脚本家組合賞ノミネート作品の中からアカデミー賞作品賞が出る割合は11/12(91.7%)になっています。

 なので、上記のオリジナル脚本賞と脚色賞ノミネート作品10作品の中からアカデミー賞オリジナル脚本賞もしくは脚色賞が出る確率は91.7%、それが脚本家組合賞受賞作と一致する確率は70.8%、同じく上記のオリジナル脚本賞と脚色賞ノミネート作品10作品の中からアカデミー賞作品賞が出る確率は91.7%、それが脚本家組合賞受賞作でもある確率は66.7%ということになります。

 以前の記事にも書きましたが、今回の脚本家組合賞には、
 ・『英国王のスピーチ』
 ・『ウィンターズ・ボーン』
 ・『トイ・ストーリー3』
 ・『ブルーバレンタイン』
 ・“Another Year”
 ・『ゴースト・ライター』
 ・『ノーウェア・ボーイ ひとりぼっちのあいつ』
 ・“The Way Back”
 ・『わたしを離さないで』
 ・“Love & Other Drugs”
 ・“Made in Dagenham”
 ・『グリーン・ゾーン』
 ・“Biutiful”
 ・“Scott Pilgrim Vs. the World”
 といった作品がエントリー/ノミネートされていませんから、脚本家組合賞とアカデミー賞のノミネーションにズレが生じるとしたら、ここら辺の作品に関してだろうと予想されます。

 具体的には、オリジナル脚本賞で、“Please Give”の代わりにアカデミー賞では『英国王のスピーチ』が入り(そして受賞?)、脚色賞では、『フィリップ、きみを愛してる』の代わりに『トイ・ストーリー3』がアカデミー賞にノミネートされることが予想されます。

 ドキュメンタリー部門に関しては、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞と比較対照すると、脚本家組合賞にドキュメンタリー部門が創設されてから6年間に――
 脚本家組合賞受賞作品がアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したのはわずかに2回
 アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞作品が脚本家組合賞にもノミネートされていたことはわずか3回
 脚本家組合賞とアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞のノミネーションが一致したのは、2005年:1本、2006年:3本、2007年:1本、2008年:3本、2009年:0本、2010年:1本
 という結果になっています。
 なので、脚本家組合賞の結果からアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の結果を占うことはあまり意味がないように思われます。
 ただし、“Enemies of the People”、“Gasland”、“Inside Job”の3作品は、現在アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞候補になっていて、ノミネート有力作品と目されています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【前哨戦の結果】

 前哨戦の結果は以下のようになっています。
 行頭の数字は、2010年度全米映画賞に関する、当ブログでの通し番号です。

 ◆オリジナル脚本賞/脚本賞
 2.ナショナル・ボード・オブ・レビュー:『[リミット]』 クリス・スパーリング
 3.ワシントンDC映画批評家協会賞:『インセプション』 クリストファー・ノーラン
 4.ボストン映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 5.ニューヨーク映画批評家協会賞オンライン:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 6.インディアナ映画ジャーナリスト協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 7.ニューヨーク映画批評家協会賞:リサ・チョロデンコ、スチュアート・ブルムバー 『キッズ・オールライト』
 8.ロサンゼルス映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 9.サンフランシスコ映画批評家協会賞:『英国王のスピーチ』 デイヴィッド・サイドラー
 10.トロント映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』
 11.サウス・イースタン映画批評家協会賞:『英国王のスピーチ』
 12.アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞:“Night Catches Us” Tanya Hamilton
 13.サンディエゴ映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 15.ダラス・フォートワース映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』
 16.ラスベガス映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』
 17.ヒューストン映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 18.サテライト・アワード:『英国王のスピーチ』 デイヴィッド・サイドラー
 19.フロリダ映画批評家協会賞:『インセプション』 クリストファー・ノーラン
 20.シカゴ映画批評家協会賞:『インセプション』 クリストファー・ノーラン
 21.セントルイス映画批評家協会賞:『英国王のスピーチ』
 22.女性映画批評家協会賞(Best Woman Storyteller):『キッズ・オールライト』 リサ・チョロデンコ
 23.ブラック映画批評家協会賞:『インセプション』 クリストファー・ノーラン
 24.オースティン映画批評家協会賞:『ブラック・スワン』
 25.オクラホマ映画批評家協会賞:『インセプション』 クリストファー・ノーラン
 26.ユタ映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 27.フェニックス映画批評家協会賞:『インセプション』
 28.カンザスシティ映画批評家協会賞:『インセプション』 クリストファー・ノーラン
 29.オンライン映画批評家協会賞:『インセプション』 クリストファー・ノーラン

 ◆脚色賞
 2. ナショナル・ボード・オブ・レビュー:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 3.ワシントンDC映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 9.サンフランシスコ映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 11.サウス・イースタン映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』
 13.サンディエゴ映画批評家協会賞:“Four Lions” Jesse Armstrong、Sam Bain、Christopher Morris
 18.サテライト・アワード:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 19.フロリダ映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 20.シカゴ映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 21.セントルイス映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』
 22.女性批評家映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 24.オースティン映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 25.オクラホマ映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 27.フェニックス映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』
 28.カンザスシティ映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン
 29.オンライン映画批評家協会賞:『ソーシャル・ネットワーク』 アーロン・ソーキン

 ◆長編ドキュメンタリー賞
 1.ゴッサム・アワード:“The Oath” 監督:Laura Poitras
 2.ナショナル・ボード・オブ・レビュー:“Waiting for 'Superman'” 監督:デイヴィス・グッゲンハイム
 3.ワシントンDC映画批評家協会賞:“Exit Through the Gift Shop” 監督:Banksy
 4.ボストン映画批評家協会賞:“Marwencol” 監督:Jeff Malmberg
 5.ニューヨーク映画批評家協会賞オンライン:“Exit Through the Gift Shop”
 6.インディアナ映画ジャーナリスト協会賞:“Exit Through the Gift Shop”
 7.ニューヨーク映画批評家協会賞:“Inside Job” 監督:チャールズ・ファーガソン
 8.ロサンゼルス映画批評家協会賞:“Last Train Home” 監督:Lixin Fan
 9.サンフランシスコ映画批評家協会賞:“The Tillman Story” 監督:Amir Bar-Lev
 10.トロント映画批評家協会賞:“Exit Through the Gift Shop”
 11.サウス・イースタン映画批評家協会賞:“Inside Job”
 12.アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞:“Waiting for 'Superman'”
 13.サンディエゴ映画批評家協会賞:“Exit Through the Gift Shop”
 15.ダラス・フォートワース映画批評家協会賞:“Waiting for 'Superman'”
 16.ラスベガス映画批評家協会賞:“Waiting for 'Superman'”
 17.ヒューストン映画批評家協会賞:“Restrepo” 監督:Tim Hetherington、Sebastian Junger
 18.サテライト・アワード:“Restrepo” 監督:Tim Hetherington、Sebastian Junger
 19.フロリダ映画批評家協会賞:“The Tillman Story”
 20.シカゴ映画批評家協会賞:“Exit Through the Gift Shop”
 21.セントルイス映画批評家協会賞:“The Tillman Story”
 23.ブラック映画批評家協会賞:“Waiting for 'Superman'”
 24.オースティン映画批評家協会賞:“Exit Through the Gift Shop”
 25.オクラホマ映画批評家協会賞:“Exit Through the Gift Shop”
 26.ユタ映画批評家協会賞:“Catfish” 監督:Henry Joost、Ariel Schulman
 27.フェニックス映画批評家協会賞:“Restrepo”
 28.カンザスシティ映画批評家協会賞:“Exit Through the Gift Shop”
 29.オンライン映画批評家協会賞:“Exit Through the Gift Shop”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 脚本家組合賞の受賞結果の発表は、2月5日です。

 *この記事がなかなか興味深かった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・『英国王のスピーチ』がピンチ? 米・脚本家組合賞2011(WGA)候補作品発表!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_61.html

 ・米・脚本家組合賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_15.html
 ・米・脚本家組合賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_37.html
 ・米・脚本家組合賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_8.html
 ・米・脚本家組合賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_9.html

 ・2010年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_59.html

 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_43.html
 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_14.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_26.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html
 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました その2 「米国アカデミー賞に最も近い受賞結果を出す映画賞はこれだ!」:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_3.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月〜2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 追記:
 ・脚本家組合賞2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_10.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・脚本家組合賞(WGA)2011 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる