海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・監督組合賞(DGA)2011 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2011/01/16 02:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 米・監督組合(DGA:Directors Guild of America)賞2011のノミネーションが発表になりました。(長編映画部門が1月10日、TV部門&CM部門が1月11日、ドキュメンタリー部門が1月12日)

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ◆長編映画部門
 ・『ブラック・スワン』 監督:ダーレン・アロノフスキー
 ・『ソーシャル・ネットワーク』 監督:デイヴィッド・フィンチャー
 ・『英国王のスピーチ』 監督:トム・フーパー
 ・『インセプション』 監督:クリストファー・ノーラン
 ・“The Fighter” 監督:デイヴィッド・O・ラッセル

 ダーレン・アロノフスキーとデイヴィッド・O・ラッセルは初ノミネート。
 デイヴィッド・フィンチャーは『ベンジャミン・バトン』以来2度目のノミネート。ただし、CM部門では過去に2度ノミネートされ、うち1回受賞しています。
 トム・フーパーは、2009年に“John Adams”でテレビ映画/ミニシリーズ部門でノミネートされています。
 クリストファー・ノーランは、『ダークナイト』『メメント』以来3度目のノミネート。
 誰が受賞しても(映画部門では)初受賞となります。
 ノミネーションの顔ぶれとしては、映画編集者協会賞(ACE)と全く同じになりました。

 ◆ドキュメンタリー部門(Outstanding Directorial Achievement in Documentary)
 ・“Last Train Home” 監督:Lixin Fan
 ・“Inside Job” 監督:チャールズ・ファーガソン
 ・“Client 9: The Rise and Fall of Eliot Spitzer” 監督:アレックス・ギブニー
 ・“Waiting for‘Superman’” 監督:デイヴィス・グッゲンハイム
 ・“Restrepo” 監督:ティム・ヘザリントン(Tim Hetherington)、セバスチャン・ユンガー(Sebastian Junger)

 【テレビ部門】

 ◆ドラマ・シリーズ部門(Dramatic Series)
 ・『LOST』(ABC)-‘The End, Part 1&2’ 監督:ジャック・ベンダー(Jack Bender)
 ・“Boardwalk Empire”(HBO)-‘Paris Green’ 監督:アレン・コールター(Allen Coulter)
 ・“The Walking Dead”(AMC)-‘Days Gone Bye’(Pilot) 監督:フランク・ダラボン
 ・『MAD MEN』(AMC)-‘The Suitcase’ 監督:ジェニファー・ゲッツィンガー(Jennifer Getzinger)
 ・“Boardwalk Empire”(HBO)-‘Boardwalk Empire’ 監督:マーティン・スコセッシ

 同じ作品で、ジャック・ベンダーは4年連続ノミネートで、ジェニファー・ゲッツィンガーは2年連続ノミネートです。

 ◆コメディー・シリーズ部門
 ・“Modern Family”(ABC)-‘Hawaii’ 監督:Steve Levitan
 ・『30 ROCK/サーティー・ロック』(NBC)-‘Live Show’ 監督:Beth McCarthy Miller
 ・『glee/グリー 踊る合唱部!?』(FOX)-‘The Power of Madonna’ 監督:ライアン・マーフィー
 ・『アントラージュ★オレたちのハリウッド』(HBO)-‘Lose Yourself’ 監督:デイヴィッド・ナッター(David Nutter)
 ・“Modern Family”(ABC)-‘Halloween’ 監督:マイケル・スピラー(Michael Spiller)

 Beth McCarthy Millerは同じ番組で2008年と2009年にもノミネート。
 ライアン・マーフィーは同じ番組で2年連続ノミネート(前回はパイロット版)。

 ◆テレビ映画/ミニシリーズ部門(Movies For Television And Mini-Series)
 ・“Temple Grandin”(HBO) 監督:ミック・ジャクソン(Mick Jackson)
 ・“You Don't Know Jack”(HBO) 監督:バリー・レヴィンソン
 ・『ザ・パシフィック』“The Pacific”(HBO)-‘Basilone’ 監督:デイヴィッド・ナッター(David Nutter)
 ・『ザ・パシフィック』“The Pacific”(HBO)-‘Home’ 監督:ジェレミー・ポデスワ(Jeremy Podeswa)
 ・『ザ・パシフィック』“The Pacific”(HBO)-‘Okinawa’ 監督:ティム・ヴァン・パタン(Tim Van Patten)

 ティム・ヴァン・パタンは、2008年に『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』でテレビ映画/ミニシリーズ部門にノミネートされています。

 ◆音楽バラエティー部門(Musical Variety)
 ・『サタデー・ナイト・ライブ』(NBC)-‘ベティ・ホワイト’ 監督:Don Roy King
 ・“Paul McCartney: The Library of Congress Gershwin Prize for Popular Song in Performance at The White House”(PBS) 監督:リンダ・メンドーサ(Linda Mendoza)
 ・“Bill Maher”(HBO)-‘...But I'm Not Wrong’ 監督:ジョン・C ・モフィット(John C. Moffitt)
 ・“Rally to Restore Sanity and/or Fear” (Comedy Central) 監督:Chuck O'neil
 ・『第64回トニー賞』(CBS) 監督:Glenn Weiss

 Don Roy Kingは、同じ番組で2年連続ノミネート。

 ◆リアリティー番組部門(Reality Programs)
 ・“The Hills”(MTV)-‘Episode #601’ 監督:Hisham Abed
 ・“The Next Iron Chef”(Food Network)-‘Episode #301’ 監督:Eytan Keller
 ・“Private Chefs of Beverly Hills: Challah Back”(Food Network) 監督:Bryan O'Donnell
 ・“Master Chef”(FOX)-‘Episode #103’ 監督:Brian Smith
 ・“The Amazing Race”(CBS)-‘I Think We're Fighting the Germans, Right?’ 監督:バートラム・ヴァン・ムンスター(Bertram Van Munster)

 バートラム・ヴァン・ムンスターは、同作品で、2年連続ノミネートされていて、今年は同じ作品でPGAにもノミネートされています。

 ◆昼ドラ部門(Daytime Serials)
 ・“One Life to Live”(ABC)-‘Episode #10,687’ 監督:Larry Carpenter
 ・“The Young and the Restless”(CBS)-‘Episode #9553’ 監督:Sally McDonald
 ・“One Life to Live”(ABC)-‘Starr X'd Lovers - Episode #10,688’ 監督:Jill Mitwell
 ・“General Hospital”(ABC)-‘Francophrenia’ 監督:Owen Renfroe
 ・“The Bold and the Beautiful”(CBS)-‘A Reason to Live- Part 1’ 監督:Michael Stich

 Larry Carpenterは同じ作品で2009年に受賞しています。
 Sally McDonaldは同じ作品で2010年にもノミネートされています。

 ◆子供番組部門(Children's Programs)
 ・“Secrets of the Mountain”(NBC) 監督:Douglas Barr
 ・“The Boy Who Cried Werewolf”(Nickelodeon) 監督:エリック・ブロス(Eric Bross)
 ・“Avalon High”(Disney Channel) 監督:スチュアート・ジラート(Stuart Gillard)
 ・“Starstruck”(Disney Channel) 監督:マイケル・グロスマン(Michael Grossman)
 ・“Camp Rock 2: The Final Jam”(Disney Channel) 監督:ポール・ホーエン(Paul Hoen)
 ・“Unnatural History: Pilot”(Cartoon Network) 監督:ミカエル・サロモン(Mikael Salomon)

 ミカエル・ソロモンは、2008年と2009年にテレビ映画/ミニシリーズ部門でノミネートされています。

 【CM部門】

 ・Frank Budgen(Gorgeous Enterprises)
  ‘World Cup’, ソニー Bravia - Anomaly
  ‘RGB’, ホンダ - Weiden & Kennedy/London
  ‘Thunderstruck’, ソニー Bravia - Anomaly

 ・クレイグ・ギレスピー(Craig Gillespie)(MJZ)
  ‘Timothy Richman’, Cars.com - DDB/Chicago

 ・Tim Godsall(Biscuit Filmworks)
  ‘Opulence’, DirecTV - Grey/NY

 ・トム・クンツ(Tom Kuntz)(MJZ)
  ‘The Man Your Man Could Smell Like’, Old Spice - Weiden & Kennedy/Portland

 ・Stacy Wall(Imperial Woodpecker)
  ‘Rise’, ナイキ - Weiden & Kennedy/Portland

 クレイグ・ギレスピーは2年連続ノミネート、トム・クンツは3年連続ノミネート。前回はトム・クンツが受賞。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 長編映画部門に関しては、アカデミー賞監督賞との合致度は高く、監督組合賞が始まった1948年(度)以降、過去40回で、米・監督組合賞を受賞してアカデミー賞監督賞を受賞しなかったのは6回しかなく、監督組合賞の公式HPでもわざわざのことが明記されています(同じにならなかったのは、最近では『グリーン・デスティニー』のアン・リーと『シカゴ』のロブ・マーシャル)。監督組合賞受賞作がアカデミー賞監督賞にノミネートすらされなかったことは過去に2回しかありません。監督組合賞のノミニーは80%以上の確率でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、監督組合賞受賞者はやはり80%以上の確率でアカデミー賞も受賞するということになります。

 2009年度は、ともにキャスリン・ビグロー(『ハート・ロッカー』)の受賞で、ノミネーションでは5つすべてが同じになりました。
 2008年度は、ともにダニー・ボイル(『スラムドッグ$ミリオネア』)の受賞で、ノミネーションでは5つ中4つが同じになりました(監督組合賞はクリストファー・ノーラン(『ダークナイト』)を選び、アカデミー賞はスティーヴン・ダルドリー(『愛を読むひと』)を選んでいます)。
 2007年度は、ともにコーエン兄弟(『ノーカントリー』)の受賞で、ノミネーションではやはり5つ中4つが同じになりました(監督組合賞はショーン・ペン(『イントゥ・ザ・ワイルド』)を選び、アカデミー賞はジェイソン・ライトマン(『ジュノ/JUNO』を選んでいます)。

 これらの傾向が今年も適用されるとすると、5人中4人は上記ノミニーがアカデミー賞監督賞ノミニーとなり、監督組合賞受賞監督が80%以上の確率でアカデミー賞も制すことになりそうです。放送映画批評家協会賞の監督賞は、上記のうち4人が同じで、デイヴィッド・O・ラッセルの代わりにコーエン兄弟(『トゥルー・グリット』)とダニー・ボイル(“127 Hours”)が入っていましたから、顔ぶれが変わるとしたら、このくらいでしょうか。

 ただし、アカデミー賞作品賞と監督賞は同一作品が受賞する傾向性が強いということからすると、『ソーシャル・ネットワーク』のアカデミー賞作品賞受賞が確実視されている今年は、DGAもアカデミー賞監督賞もデイヴィッド・フィンチャーが受賞する確率が高い、ということになります。

 念のため、前哨戦の結果を書き出しておくと、以下のようになります。

 2.NBR:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 3.ワシントン:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 4.ボストン:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 5.ニューヨーク・オンライン:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 6.インディアナ:クリストファー・ノーラン 『インセプション』
 7.ニューヨーク:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 8.ロサンゼルス:オリヴィエ・アサイヤス “Carlos”、デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 9.サンフランシスコ:ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』、デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 10.トロント:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 11.サウス・イースタン:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 12.アフリカン・アメリカン:クリストファー・ノーラン 『インセプション』
 13.サンディエゴ:ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』
 14.デトロイト:ダニー・ボイル “127 Hours”
 15.ダラス・フォートワース:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 16.ラスベガス:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 17.ヒューストン:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 18.サテライト・アワード:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 19.フロリダ:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 20.シカゴ:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 21.セントルイス:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 22.女性批評家(Best Woman Storyteller):『キッズ・オールライト』 リサ・チョロデンコ
 23.ブラック批評家:ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』
 24.オースティン:ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』
 25.オクラホマ:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 26.ユタ:クリストファー・ノーラン 『インセプション』、デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 27.フェニックス:クリストファー・ノーラン 『インセプション』
 28.カンザス:クリストファー・ノーラン 『インセプション』
 29.オンライン:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 31.セントラル・オハイオ:クリストファー・ノーラン 『インセプション』
 32.全米:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 33.女性ジャーナリスト:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 34.ノース・テキサス:クリストファー・ノーラン 『インセプション』
 35.バンクーバー:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 36.アイオワ:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』
 37.放送:デイヴィッド・フィンチャー 『ソーシャル・ネットワーク』

 なお、ドキュメンタリー部門は、過去3回のうち、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞と同じ結果になったことは一度しかなく、現在前哨戦で最多受賞作品となっている“Exit Through the Gift Shop”がDGAではノミネートされていないということもあって、アカデミー賞を予想するための材料としてはあまり役に立たないようです。

 *この記事が参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 ・米・監督組合賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_16.html
 ・米・監督組合賞2010 受賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_2.html
 ・米・監督組合賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_10.html
 ・米・監督組合賞2009 受賞:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_2.html

 ・米・脚本家組合賞(WGA)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_7.html
 ・米・製作者組合賞(PGA)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_8.html
 ・米・美術監督組合賞(ADG)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_15.html
 ・米・映画音響協会(CAS)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_16.html
 ・米・視覚効果協会賞(VES) ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_17.html
 ・米・撮影監督協会(ASC) ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_23.html
 ・米・編集者賞(ACE) ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_31.html

 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_43.html
 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_14.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_26.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html
 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました その2 「米国アカデミー賞に最も近い受賞結果を出す映画賞はこれだ!」:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_3.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・2010年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編前半戦!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_59.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月〜2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 追記:
 米・監督組合賞(DGA)2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_50.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・監督組合賞(DGA)2011 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる