海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 全米の映画批評家協会系映画賞についてまとめてみました!

<<   作成日時 : 2011/01/02 14:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 全米の映画批評家協会系映画賞についてまとめてみました。

 トロントやバンクーバーを含む北米には、30あまりの映画批評家協会系映画賞があります。
 都市ごと、地域ごとの映画批評家協会のほか、オンラインによるものがあり、そのほか、「女性」や「アフリカン・アメリカン」といった属性でグループを作っている映画批評家協会もあります。
 これらの映画批評家協会賞は、毎年12月上旬から1月半ばにかけて、1年間の総決算として映画賞を発表していますが、これらがそれぞれの年の映画賞の大勢を決定します。

 数が多いので、発表も進んだ12月半ば以降ともなると、最初の頃にあった「今年の映画賞レースはこうなるのか」という驚きも薄れ、また新しい映画賞が発表されたのか、という程度の印象になってしまいますが、ここでは、そんな数多い映画批評家協会系映画賞について、それぞれの賞がどういう映画賞なのか、いろんな角度から調べてみました。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【個性的な映画批評家協会賞】

 「ワシントンDC映画批評家協会賞」
 ワシントンDC映画批評家協会は、2002年に設立された映画批評家協会で、全米映画賞レースの中でも、ゴッサム・アワード、ナショナル・ボード・オブ・レビューに次いで発表される(映画批評家協会系映画賞の中では一番初めに発表される)映画賞であり、これ以降に発表される映画批評家協会系映画賞の流れを占う映画賞になっています。

 「ニューヨーク映画批評家協会賞」
 ニューヨーク映画批評家協会賞は、映画批評家が選ぶ映画賞としては最も古い映画賞で1935年に設立されています。
 多数決で決められるような映画賞には得てして“多数決によるブレ”があったりするものですが、ニューヨーク映画批評家協会賞にはそれが少なくて、作品賞であればその時々の意欲作、野心作、映画作家の成熟を示す作品、男優賞・女優賞であれば俳優としての転機となるような作品を確実に選んできています。
 たとえば、作品賞として、『ディパーテッド』ではなく『ユナイテッド93』を選ぶとか、『グラディエーター』ではなく『トラフィック』を選ぶとか、『タイタニック』ではなく『LAコンフィデンシャル』を選ぶとか……。
 まあ、ある意味、アカデミー賞よりもわかりやすい映画賞だと言ってもいいかもしれません。

 「ロサンゼルス映画批評家協会賞」
 ロサンゼルス映画批評家協会賞は、ハリウッドのお膝元でありながら、ハリウッド映画に全く背を向けた映画賞で、インディーズ寄りのセレクションになるならまだしも、外国映画をやたらと選んでしまうという、アメリカの映画賞らしからぬ“個性的な”映画賞になっています(いったいアメリカ映画についてどう思ってるんだって感じですが)。
 設立は1975年で、歴史もあり、1980年前後には『クレーマー、クレーマー』とか『E.T.』とか『アマデウス』とか、アカデミー賞と変わらないような作品を選んでいたのですが、どうも1985年に『未来世紀ブラジル』を選んだあたりから、「わが道を行く」ようになり、依然としてアカデミー賞の重要な前哨戦の1つと見なされながら、結果としてはアカデミー賞とはあまり重ならない映画賞として、現在に至っています(それでも『許されざる者』や『シンドラーのリスト』など、どうしても外せない年もあるようです)。
 2001年以降に作品賞を受賞した作品を見てもそれは歴然で、それぞれ『イン・ザ・ベッドルーム』『アバウト・シュミット』『アメリカン・スプレンダー』『サイドウェイ』『ブロークバック・マウンテン』『硫黄島からの手紙』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』をベスト作品に選んで、「他の映画賞とは違う」というところを見せています(『サイドウェイ』なんか5部門受賞で最多賞受賞作品になってしまったりしています)。
 アカデミー賞でも、外国語映画賞部門以外の部門に、外国映画がノミネートされて、「なぜこれがここに?」と思ったりすることもありますが、ひょっとすると、こういうところに、逆に、ロサンゼルス映画批評家協会賞がアカデミー賞に与えている影響を見て取ることができる、ということもできるかもしれません。

 「全米映画批評家協会賞」
 全米映画批評家協会賞(National Society of Film Critics award)は、「全米」といいながら実はニューヨークを拠点とした映画批評家グループの選ぶ映画賞で、元々は、ニューヨーク映画批評家協会への入会を断られた映画批評家が集まって作ったもので、1966年に設立されています。(歴史の古さではニューヨーク映画批評家協会に次ぐ歴史があります。)
 メンバーには、「ニューヨーカー」誌のポーリン・ケール、「ニューズウィーク」誌のジョー・モルゲンステルン、「ライフ」誌のリチャード・シッケルなど、影響力のある映画評論家が多く顔を揃えていたということもあって、協会と協会員は映画通から高い評価を受けています。
 国際批評家連盟賞のアメリカ代表も実はここ全米映画批評家協会だったりします。
 受賞作品には、アメリカ映画のみならず、外国映画が入ってくることもしばしばで、アカデミー賞とはほとんど重ならず、また同じにしようというつもりもないようで、過去40年間で作品賞が同じになったことはたった5回しかありません(『アニー・ホール』『許されざる者』『シンドラーのリスト』『ミリオンダラー・ベイビー』『ハート・ロッカー』)。
 以前の作品賞には、『戦場でワルツを』、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、『パンズ・ラビリンス』、『カポーティ』、『ミリオンダラー・ベイビー』、『アメリカン・スプレンダー』、『戦場のピアニスト』、『マルホランド・ドライブ』、『ヤンヤン 夏の想い出』“Topsy-Turvy”、『マルコヴィッチの穴』などがあります。

 「放送映画批評家協会賞」
 「放送映画批評家協会」はBroadcast Film Critics Associationの翻訳で、日本では「ブロードキャスト映画批評家協会賞」と表記されることもあります。「放送映画批評家協会賞」は、Critics’ Choice Awardという名前で発表していることから、「放送映画批評家協会」という名前を出さずに、単にCritics’ Choice Awardとして紹介されることもあります。
 放送映画批評家協会は、全米およびカナダで、テレビやラジオ、インターネットで活躍している映画批評家で構成されている協会で、会員数では映画批評家協会の中でも最大となる250名を抱えています。
 設立は1995年。
 公式サイトでは、毎月、10段階評価で、最新作を紹介しています。
 放送映画批評家協会賞は、数多い映画批評家協会賞の中で、ほとんどトリとなる映画賞で、編集賞、美術賞、衣裳賞、メイキャップ賞、音響賞など、最多の部門を有しています。
 受賞結果自体は、さほど個性的ではありませんが、映画賞レースの中盤以降に発表される映画賞として、アカデミー賞の結果を占う重要な映画賞の1つにもなっています。

 「アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞」
 アフリカン・アメリカン映画批評家協会(AAFCA:The African-American Film Critics Association)は、2003年に、ジャーナリストGil Robertson IV とShawn Edwardsによって、設立された団体で、アフリカを出自とする人々が監督したり、出演したりしている映画作品を、ユニバーサルに、ブラック・コミュニティーにアピールする目的でスタートしています。
 同じような目的の団体/賞に、NAACPイメージ・アワードがありますが、あちらほどアグレッシブではなく、もうちょっと穏やかな、映画好きのアフリカン・アメリカンによる映画賞であるようです。
 2009年の1位は『プレシャス』、2位は『プリンセスと魔法のキス』、5位が『This Is It』で、監督賞と脚本賞と助演女優賞が『プレシャス』で、男優賞が『インビクタス』のモーガン・フリーマンで、2010年の1位は『ソーシャル・ネットワーク』、5位が“Night Catches Us”、7位が“Frankie and Alice”、10位が“For Colored Girls”、助演男優賞と助演女優賞と歌曲賞が“For Colored Girls”、主演女優賞が“Frankie and Alice”のハル・ベリーでした。
 2010年に分裂して、ブラック映画批評家協会賞が設立されました。

 「女性映画批評家協会賞」「女性映画ジャーナリスト同盟映画賞」
 女性映画批評家協会の設立が2004年、女性映画ジャーナリスト同盟の設立が2006年で、どちらも50人前後の会員がいます。
 どちらの映画賞も、女性の映画批評家やジャーナリストが選ぶ映画賞で、女性映画批評家協会賞はウーマンリブの流れを汲み、性差別や性的虐待に対し戦う姿勢を見せる映画賞だったのですが、2010年から多少スタンスを変えたようで、攻撃的な姿勢を抑えて、頑張っている女性を評価し、讃える部分を前面に押し出すようになりました。
 女性映画ジャーナリスト同盟映画賞には、一般の映画賞と変わらないパートと、女性に特化したイーダ女性フォーカス・アワード(EDA FEMALE FOCUS AWARDS)とイーダ特別賞(EDA SPECIAL MENTION AWARDS)があります。イーダ女性フォーカス・アワードは頑張っている女性を評価する映画賞で、イーダ特別賞(EDA SPECIAL MENTION AWARDS)は、評価できなかった作品や俳優を皮肉や揶揄を込めてピックアップする映画賞になっています。
 女性映画批評家協会のサイトは質素ですが、女性映画ジャーナリスト同盟の方は、団体としての活動も活発なようで、サイトもなかなか充実しています。
 日本にはこれらの賞より遙かに歴史がある「山路ふみ子賞」があるわけで(こっちは真面目一本やりですが)、そういう意味では日本人は(大先輩として)大いに誇りに思っていいのかもしれません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【部門】

 どの映画批評家協会賞にもあるのは―
 ・作品賞
 ・監督賞
 ・主演男優賞
 ・主演女優賞
 ・助演男優賞
 ・助演女優賞
 ・脚本賞
 ・長編ドキュメンタリー賞
 ・長編アニメーション賞
 ・外国(語)映画賞
 の10部門です。

 ・助演男優賞・助演女優賞:女性映画批評家協会賞にはありません。

 ・脚本賞:女性映画批評家協会賞、デトロイト、ノース・テキサスにはありません。

 ・長編ドキュメンタリー賞:女性映画批評家協会賞、デトロイトにはありません。

 ・長編アニメーション賞:女性映画批評家協会賞、サンディエゴ、全米、デトロイト、デンバー、バンクーバー、の各映画批評家協会賞にはありません。

 ・外国(語)映画賞:デトロイト映画批評家協会賞にはありません。

 ・オリジナル脚本賞と脚色賞が分かれている映画批評家協会賞(15):オースティン、オクラホマ、オンライン、カンザス、サウス・イースタン、サンフランシスコ、サンディエゴ、シカゴ、女性ジャーナリスト、セントラル・オハイオ、デンバー、フェニックス、ブラック、放送映画、ワシントン

 ・撮影賞がある映画批評家協会賞(22):オースティン、オンライン、サウス・イースタン、サンフランシスコ、サンディエゴ、シカゴ、全米、セントラル・オハイオ、セントルイス、ダラス、NY、NYオンライン、ノース・テキサス、ヒューストン、フェニックス、フロリダ、放送映画、ボストン、ユタ、ラスベガス、LA、ワシントン

 ・編集賞がある映画批評家協会賞(7):オンライン、サンディエゴ、女性映画、フェニックス、放送映画、ボストン、ラスベガス

 ・美術賞がある映画批評家協会賞(7):サンディエゴ、全米、フェニックス、放送映画、ボストン、ラスベガス

 ・衣裳賞がある映画批評家協会賞(3):フェニックス、放送映画、ラスベガス

 ・メイキャップ賞がある映画批評家協会賞(1):放送映画批評家協会賞

 ・音響賞/録音賞がある映画批評家協会賞(1):放送映画批評家協会賞

 ・オリジナル作曲賞/音楽賞がある映画批評家協会賞(15):オースティン、オンライン、サンディエゴ、シカゴ、セントラル・オハイオ、セントルイス、デンバー、NYオンライン、ヒューストン、フェニックス、フロリダ、放送映画、ボストン、ラスベガス、LA

 ・オリジナル歌曲賞がある映画批評家協会賞(5):デンバー、ヒューストン、フェニックス、放送映画、ラスベガス

 ・視覚効果賞がある映画批評家協会賞(2):セントルイス、フェニックス

 ・ブレイクスルー・パフォーマンス賞がある映画批評家協会賞(6):セントラル・オハイオ、デトロイト、NYオンライン、フェニックス、放送映画、ラスベガス

 ・アンサンブル・パフォーマンス賞がある映画批評家協会賞(11):サンディエゴ、女性ジャーナリスト、セントラル・オハイオ、デトロイト、デンバー、NYオンライン、フェニックス、ブラック、放送映画、ボストン、ワシントン

 ・新人監督賞がある映画批評家協会賞(8):オースティン、オクラホマ、シカゴ、トロント、NY、NYオンライン、フェニックス、ボストン

 上記メインの10部門のうち、脚本賞がオリジナル脚本賞と脚色賞に分かれていて、そのほか、撮影賞とオリジナル作曲賞/音楽賞がある映画批評家協会賞(8):オースティン、オンライン、サンディエゴ、シカゴ、セントラル・オハイオ、デンバー、フェニックス、放送映画

 最も部門が充実している映画批評家協会賞は、放送映画批評家協会賞、ついでフェニックス映画批評家協会賞、ということになります。

 [各映画批評家協会賞の主なオリジナルの賞/部門]

 ・オースティン映画批評家協会賞:最優秀オースティン映画(Best Austin Film)

 ・オクラホマ映画批評家協会賞:明らかにワースト映画で賞(Obviously Worst Movie)、そんなに明らかでもないワースト映画賞(Not-So-Obviously Worst Movie)

 ・カンザスシティ映画批評家協会賞:最優秀SF/ファンタジー/ホラー映画(Vince Koehler Award for Outstanding Science Fiction, Fantasy or Horror Film)

 ・サウス・イースタン映画批評家協会賞:ジーン・ワイアット賞/南部精神を呼び起こした最優秀作品賞(The Gene Wyatt Award For Film That Best Evokes The Spirit Of The South)

 ・サンディエゴ映画批評家協会賞:Body of Work award

 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞
 女性監督賞(Best Woman Director)
 女性脚本家賞(Best Woman Screenwriter)
 最優秀女性イメージ 賞(Women’s Image Award)
 長年よく頑張ってるで賞(Perseverance Award)
 年齢を重ねても若々しい女優賞(Actress Defying Age and Ageism)
 性差別主義のブタ野郎賞(Sexist Pig Award)
 恥の殿堂賞(AWFJ Hall Of Shame Award)
 新しいエージェントが必要そうな女優賞(Actress Most in Need Of A New Agent)
 好きになりたかったけど無理でした作品賞(Movie You Wanted To Love But Just Couldn’t)
 忘れられない瞬間賞(Unforgettable Moment Award)
 最優秀ヌードまたはセックス描写(Best Depiction Of Nudity, Sexuality, or Seduction)
 続編を作るべきではなかったで賞(Sequel That Shouldn’t Have Been Made Award)
 これだけは作られるべきではなかったで賞(The Remake That Shouldn’t Have Been Made Award)
 最高に勇敢なパフォーマンス賞(Bravest Performance Award)
 年の差カップル賞(Most Egregious Age Difference Between The Leading Man and The Love Interest Award)

 ・女性映画批評家協会賞:
 最優秀女性映画賞(Best Movie About Women )
 女性が作った映画賞(Best Movie By A Woman)
 女性脚本家賞(Best Woman Storyteller)
 コメディエンヌ賞(Best Comedic Actress)
 映画の中のベスト女性像(Best Female Images In A Movie)
 女性の または女性による 最優秀劇場未公開映画
 性の平等賞(Best Equality Of The Sexes)
 最優秀アニメーション女性キャラクター(Best Animated Females)
 ファミリー映画賞(Best Family Film)
 演技と社会活動賞(Acting And Activism)
 アドリエンヌ・シェリー賞:女性に対する暴力に最も闘った作品に贈られる(ADRIENNE SHELLY AWARD: For A Film That Most Passionately Opposes Violence Against Women)
 ジョゼフィン・ベイカー賞:アメリカの有色人種の女性を最も優れて表現した作品に贈られる(Josephine Baker Award: For Best Expressing The Woman Of Color Experience In America)
 カレン・モーリー賞:歴史や社会における女性の立場を最もよく表わし、勇気を持って調査した作品に贈られる(Karen Morley Award: For best exemplifying a woman’s place in history or society, and a courageous search for identity)
 勇気ある演技賞(Courage In Acting [Taking on unconventional roles that radically redefine the images of women on screen])
 見えない女優賞(ドラマ的、社会的、歴史的に無視されても、スクリーンの中では際立った存在感を見せている女性のパフォーマンスに贈られる)(The Invisible Woman Award [Performance by a woman whose exceptional impact on the film dramatically, socially or historically, has been ignored])

 ・セントルイス映画批評家協会賞:コメディー映画賞、アーティスティック/クリエイティブ映画賞(Best Artistic/Creative Film (Excellence in Arthouse Cinema))、特別賞-好きなシーン(Special Merit (“Favorite Scene”))

 ・全米映画批評家協会賞:映画遺産賞(FILM HERITAGE AWARDS)

 ・デンバー映画批評家協会賞:最優秀コロラド映画(Best Colorado Film)

 ・バンクーバー映画批評家協会賞:最優秀カナダ映画、カナダ映画主演男優賞、カナダ映画主演女優賞、カナダ映画助演男優賞、カナダ映画助演女優賞、カナダ映画監督賞、最優秀ブリティッシュ・コロンビア映画、ブリティッシュ・コロンビア映画産業貢献賞

 ・フェニックス映画批評家協会賞:スタント賞(Best Stunts)、最優秀ファミリー実写映画(Best Live Action Family Film)、見逃されがちな作品で賞(The Overlooked Film of the Year)

 ・放送映画批評家協会賞:アクション映画賞、コメディー映画賞、テレビ映画賞、Joel Siegel賞

 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞:ダグラス・エドワード インディペンデント映画/実験映画&ビデオ賞(Douglas E. Edwards Independent/Experimental Film/Video)

 ※メインの賞以外の賞は、年によって、発表されたりされなかったりします。ここでは少なくとも2年以上続けられている賞をピックアップしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・トップ10を選出している映画批評家協会賞
 アフリカン・アメリカン、オースティン、オクラホマ、サウス・イースタン、セントラル・オハイオ、ダラス・フォートワース、フェニックス、ブラック、ラスベガス

 ・次点を発表する映画批評家協会賞
 インディアナ、オースティン、セントラル・オハイオ、セントルイス、トロント
 「次点」を挙げている映画賞には、「ちょっとマイナーなインディーズ作品や外国映画からも受賞者をチョイスする映画賞」が多く、映画の製作規模や国籍にはあまりこだわらずに、自由な視点で対象作品をチョイスしているようです。

 ・事前にノミネーションを発表する映画批評家協会賞
 オンライン、サンディエゴ、女性ジャーナリスト、セントラル・オハイオ、セントルイス、デトロイト、バンクーバー、フェニックス、放送映画、ラスベガス、ワシントン

 ・なくなってしまった(らしい)映画批評家協会賞
 アイオワ映画批評家協会賞、シアトル映画批評家協会賞、テキサス映画批評家協会賞

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【公式サイト/データ】

 ・アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞(AAFCA:The African-American Film Critics Association)
 設立年:2003 会員数:
 公式サイト:http://www.aafca.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/African-American_Film_Critics_Association

 ・インディアナ映画ジャーナリスト協会賞(IFJA:The Indiana Film Journalists Association )
 設立年:2009 会員数:11
 公式サイト:http://indianafilmcritics.com/default.aspx
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Indiana_Film_Critics_Association

 ・オースティン映画批評家協会賞(AFCA:The Austin Film Critics Association)
 設立年:2005 会員数:21
 公式サイト:http://www.austinfilmcritics.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Austin_Film_Critics_Association

 ・オクラホマ映画批評家協会賞(The Oklahoma Film Critics Circle)
 設立年:  会員数:
 公式サイト:http://ofccircle.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Oklahoma_Film_Critics_Circle

 ・オンライン映画批評家協会賞(The Online Film Critics Society Awards)
 設立年: 会員数:123
 公式サイト:http://www.ofcs.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Online_Film_Critics_Society
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・カンザスシティ映画批評家協会賞(KFCC:Kansas City Film Critics Circle)
 設立年:1966 会員数:34
 公式サイト:http://www.kcfcc.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Kansas_City_Film_Critics_Circle

 ・サウス・イースタン映画批評家協会賞(SEFCA:The Southeastern Film Critics Association)
 設立年:1992 会員数:44
 公式サイト:http://www.sefca.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Southeastern_Film_Critics_Association
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・サンディエゴ映画批評家協会賞(SDFCS:The San Diego Film Critics Society)
 設立年:  会員数:18
 公式サイト:http://sdfcs.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/San_Diego_Film_Critics_Society
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%82%B4%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・サンフランシスコ映画批評家協会賞(SFFCC:The San Francisco Film Critics Circle)
 設立年:2002 会員数:29
 公式サイト:http://sffcc.org/main/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/San_Francisco_Film_Critics_Circle

 ・シカゴ映画批評家協会賞(The Chicago Film Critics Association)
 設立年:1990 会員数:(55)
 公式サイト:http://www.chicagofilmcritics.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Chicago_Film_Critics_Association
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AB%E3%82%B4%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・女性映画批評家協会賞(WFCC:The Women Film Critics Circle)
 設立年:2004 会員数:55
 公式サイト:http://wfcc.wordpress.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Women_Film_Critics_Circle

 ・女性映画ジャーナリスト同盟映画賞(AWFJ:The Alliance of Women Film Journalists)
 設立年:2006 会員数:45
 公式サイト:http://awfj.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Alliance_of_Women_Film_Journalists

 ・セントラル・オハイオ映画批評家協会賞(COFCA:The Central Ohio Film Critics Association)
 設立年:2002 会員数:23
 公式サイト:http://www.cofca.org/

 ・セントルイス映画批評家協会賞(SLFCA:The St. Louis Gateway Film Critics Association )
 設立年:2005 会員数:5
 公式サイト:http://incontention.com/tag/st-louis-film-gateway-film-critics-association/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/St._Louis_Gateway_Film_Critics_Association
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・全米映画批評家協会賞(National Society of Film Critics award)
 設立年:(1966) 会員数:(64)
 公式サイト:http://www.nationalsocietyoffilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/National_Society_of_Film_Critics
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E7%B1%B3%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A%E8%B3%9E

 ・ダラス・フォートワース映画批評家協会賞(DFWFC:The Dallas-Ft. Worth Film Critics Association)
 設立年:1990 会員数:33
 公式サイト:http://www.dfwfilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Dallas-Fort_Worth_Film_Critics_Association

 ・デトロイト映画批評家協会賞(The Detroit Film Critics Society)
 設立年:  会員数:20
 公式サイト:http://www.detroitfilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Detroit_Film_Critics_Society

 ・デンバー映画批評家協会賞(DFCS:The Denver Film Critics Society)
 設立年:  会員数:9
 公式サイト:http://denverfilmcritics.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Denver_Film_Critics_Society

 ・トロント映画批評家協会賞(TFCA:The Toronto Film Critics Association)
 設立年:1997 会員数:39
 公式サイト:http://www.torontofilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Toronto_Film_Critics_Association

 ・ニューヨーク映画批評家協会賞(New York Film Critics' Circle)
 設立年:1935 会員数:33
 公式サイト:http://www.nyfcc.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/New_York_Film_Critics%27_Circle
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A%E8%B3%9E

 ・ニューヨーク映画批評家オンライン賞(NYFCO:The New York Film Critics Online)
 設立年:  会員数:
 公式サイト:http://www.nyfco.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/New_York_Film_Critics_Online
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

 ・ノース・テキサス映画批評家協会賞(North Texas Film Critics Association)
 設立年:  会員数:13
 公式サイト:http://www.northtexasfilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/North_Texas_Film_Critics_Association

 ・バンクーバー映画批評家協会賞(The Vancouver Film Critics Circle)
 設立年:  会員数:
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Vancouver_Film_Critics_Circle

 ・ヒューストン映画批評家協会賞(The Houston Film Critics Society)
 設立年:2007 会員数:(22)
 公式サイト:http://www.houstonfilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Houston_Film_Critics_Society
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・フェニックス映画批評家協会賞(The Phoenix Film Critics Society)
 設立年:2000 会員数:25
 公式サイト:http://phoenixfilmcriticssociety.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Phoenix_Film_Critics_Society
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・ブラック映画批評家協会賞(BFCC:Black Film Critics Circle)
 設立年:2010 会員数:8
 公式サイト:http://www.blackfilm.com/read/

 ・フロリダ映画批評家協会賞(FFCC:The Florida Film Critics Circle)
 設立年:1996 会員数:19
 公式サイト:http://floridafilmcriticscircle.webs.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Florida_Film_Critics_Circle
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%80%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・放送映画批評家協会賞(BFCA:The Broadcast Film Critics Association)
 設立年:1995 会員数:250
 公式サイト:http://www.bfca.org/about.php
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Broadcast_Film_Critics_Association

 ・.ボストン映画批評家協会賞(BSFC:The Boston Society of Film Critics )
 設立年:1981 会員数:18
 公式サイト:http://www.thebsfc.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Boston_Society_of_Film_Critics
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・ユタ映画批評家協会賞(The Utah Film Critics Association)
Association)
 設立年:(2005) 会員数:
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Utah_Film_Critics_Association

 ・ラスベガス映画批評家協会賞(LVFCS:The Las Vegas Film Critics Society)
 設立年:1997 会員数:18
 公式サイト:http://www.lvfcs.org/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Las_Vegas_Film_Critics_Society
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%99%E3%82%AC%E3%82%B9%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ・ロサンゼルス映画批評家協会賞(LAFCA:The Los Angeles Film Critics Association)
 設立年:1975 会員数:54
 公式サイト:http://www.lafca.net/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Los_Angeles_Film_Critics_Association
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A%E8%B3%9E

 ・ワシントンDC映画批評家協会賞(WDAFCA:The Washington, D.C. Area Film Critics)
 設立年:2002 会員数:40
 公式サイト:http://www.dcfilmcritics.com/
 Wikipedia(英語):http://en.wikipedia.org/wiki/Washington_D.C._Area_Film_Critics_Association
 Wikipedia(日本語):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3D.C.%E6%98%A0%E7%94%BB%E6%89%B9%E8%A9%95%E5%AE%B6%E5%8D%94%E4%BC%9A

 ※設立年と会員数は、公式サイトで発表されているデータによります。それ以外の情報源によるものは( )で紹介しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 各映画批評家協会賞の受賞傾向などもまとめてみたいと考えていますが、文字数も上限に達したので、とりあえず、今回はここまでとします。続きはこちら↓↓↓

 ※ 全米の映画批評家協会系映画賞についてまとめてみました その2 「米国アカデミー賞に最も近い受賞結果を出す映画賞はこれだ!」:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_3.html

 *この記事がなかなか有益だった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ関連記事

 ・2010年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_59.html

 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_43.html
 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_14.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_26.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月〜2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
全米の映画批評家協会系映画賞についてまとめてみました! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる