海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS イギリス・アカデミー賞(BAFTA)2011 ロングリスト発表!

<<   作成日時 : 2011/01/10 05:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第64回英国アカデミー賞(BAFTA) ロングリスト(&外国語映画賞のノミネーション)が発表になりました。(1月7日)

画像

 この中から絞り込みが行なわれて、1月18日にノミネーションが発表されます。

 ◆作品賞
 ・“127 Hours”
 ・“Another Year”
 ・『ブラック・スワン』
 ・“The Fighter”
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『インセプション』
 ・『キッズ・オールライト』
 ・『英国王のスピーチ』
 ・“Made In Dagenham”
 ・『シャッター・アイランド』
 ・『ソーシャル・ネットワーク』
 ・『ザ・タウン』
 ・『トイ・ストーリー3』
 ・『トゥルー・グリット』
 ・『ウィンターズ・ボーン』

 ◆監督賞
 ・“127 Hours”*
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・“Another Year”
 ・『ブラック・スワン』*
 ・“The Fighter”
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『インセプション』*
 ・『キッズ・オールライト』
 ・『英国王のスピーチ』*
 ・“Made In Dagenham”
 ・『シャッター・アイランド』
 ・『ソーシャル・ネットワーク』*
 ・『ザ・タウン』
 ・『トイ・ストーリー3』
 ・『トゥルー・グリット』

 ◆主演男優賞
 ・アーロン・エッカート “Rabbit Hole”
 ・ベン・アフレック 『ザ・タウン』
 ・コリン・ファース 『英国王のスピーチ』*
 ・ジェームズ・フランコ “127 Hours”*
 ・ハヴィエル・バルデム “Biutiful”*
 ・ジェフ・ブリッジス 『トゥルー・グリット』*
 ・ジェシー・アイゼンバーグ 『ソーシャル・ネットワーク』*
 ・ジム・ブロードベント “Another Year”
 ・ジョニー・デップ 『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・レオナルド・ディカプリオ 『インセプション』
 ・レオナルド・ディカプリオ 『シャッター・アイランド』
 ・マーク・ウォールバーグ “The Fighter”
 ・ポール・ジアマッティ “Barney’s Version”
 ・ロバート・デュバル “Get Low”
 ・ライアン・ゴズリング 『ブルーバレンタイン』

 ◆主演女優賞
 ・アンドレア・ライズボロー 『ブライトン・ロック』
 ・アネット・ベニング 『キッズ・オールライト』*
 ・キャリー・マリガン 『わたしを離さないで』*
 ・ジェマ・アータートン “The Disappearance Of Alice Creed”
 ・ジェマ・アータートン “Tamara Drewe”
 ・ハイリー・ステインフェルド 『トゥルー・グリット』
 ・ジェニファー・ローレンス 『ウィンターズ・ボーン』
 ・ジュリアン・ムーア 『キッズ・オールライト』*
 ・ミシェル・ウィリアムズ 『ブルーバレンタイン』*
 ・ナタリー・ポートマン 『ブラック・スワン』*
 ・ニコール・キッドマン “Rabbit Hole”
 ・ノオミ・ラパス 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・ロザムンド・パイク “Barney’s Version”
 ・サリー・ホーキンス “Made In Dagenham”
 ・ティルダ・スウィントン “I Am Love (Io sono l’amore)”

 ◆助演男優賞
 ・アンドリュー・ガーフィールド 『ソーシャル・ネットワーク』*
 ・アンドリュー・ガーフィールド 『わたしを離さないで』
 ・ベン・キングスレイ 『シャッター・アイランド』
 ・ビル・マーレイ “Get Low”
 ・ボブ・ホスキンス “Made In Dagenham”*
 ・クリスチャン・ベール “The Fighter”*
 ・ダスティン・ホフマン “Barney’s Version”
 ・ジェフリー・ラッシュ 『英国王のスピーチ』
 ・ガイ・ピアース 『英国王のスピーチ』
ジェレミー・レナー 『ザ・タウン』
 ・ジャスティン・ティンバーレイク 『ソーシャル・ネットワーク』
 ・マーク・ラファロ 『キッズ・オールライト』*
 ・マット・デイモン 『トゥルー・グリット』
 ・ピート・ポスルスウェイト 『ザ・タウン』
 ・ヴァンサン・カッセル 『ブラック・スワン』

 ◆助演女優賞
 ・エイミー・アダムス “The Fighter”*
 ・バーバラ・ハーシー 『ブラック・スワン』*
 ・エレン・ペイジ 『インセプション』
 ・ジェラルディン・ジェームズ “Made In Dagenham”
 ・ヘレナ・ボナム・カーター 『英国王のスピーチ』*
 ・ヘレナ・ボナム・カーター 『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・レスリー・マンヴィル “Another Year”*
 ・マリオン・コティヤール 『インセプション』
 ・メリッサ・レオ “The Fighter”
 ・ミラ・クニス 『ブラック・スワン』
 ・ミランダ・リチャードソン “Made In Dagenham”*
 ・オリヴィア・ウィリアムズ 『ゴースト・ライター』
 ・レベッカ・ホール 『ザ・タウン』
 ・ロザムンド・パイク “Made In Dagenham”
 ・ウィノナ・ライダー 『ブラック・スワン』

 ◆オリジナル脚本賞
 ・“Another Year”
 ・“Biutiful”
 ・『ブラック・スワン』*
 ・『ブルーバレンタイン』
 ・“The Disappearance Of Alice Creed”
 ・“The Fighter” *
 ・“Four Lions”
 ・“Get Low”
 ・『ヒア アフター』
 ・“I Am Love (Io sono l’amore)”
 ・『インセプション』*
 ・『キッズ・オールライト』*
 ・『英国王のスピーチ』*
 ・“Made In Dagenham”
 ・『神々と男たち』

 ◆脚色賞
 ・“127 Hours”*
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・“Barney’s Version”
 ・『ブライトン・ロック』
 ・『怪盗グルーの月泥棒』
 ・『ゴースト・ライター』
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『わたしを離さないで』
 ・“Rabbit Hole”
 ・『シャッター・アイランド』
 ・『ソーシャル・ネットワーク』*
 ・『ザ・タウン』
 ・『トイ・ストーリー3』*
 ・『トゥルー・グリット』*
 ・『ウィンターズ・ボーン』*

 ◆撮影賞
 ・“127 Hours”
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・『ブラック・スワン』*
 ・“The Fighter”
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
 ・“I Am Love (Io sono l’amore)”
 ・『インセプション』*
 ・『英国王のスピーチ』*
 ・『わたしを離さないで』
 ・『シャッター・アイランド』*
 ・『ソーシャル・ネットワーク』
 ・『ザ・タウン』
 ・『トゥルー・グリット』*
 ・『ウィンターズ・ボーン』

 ◆編集賞
 ・“127 Hours” *
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・『ブラック・スワン』*
 ・“The Fighter”
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
 ・『インセプション』*
 ・『キッズ・オールライト』
 ・『英国王のスピーチ』*
 ・“Made In Dagenham”
 ・『シャッター・アイランド』
 ・『ソーシャル・ネットワーク』*
 ・『ザ・タウン』
 ・『トイ・ストーリー3』
 ・『トゥルー・グリット』

 ◆美術賞
 ・“127 Hours”
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』*
 ・『ブラック・スワン』*
 ・『ブライトン・ロック』
 ・“The Fighter”
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』*
 ・“I Am Love (Io sono l’amore)”
 ・『インセプション』*
 ・『英国王のスピーチ』*
 ・“Made In Dagenham”
 ・『わたしを離さないで』
 ・『シャッター・アイランド』*
 ・『ソーシャル・ネットワーク』
 ・『トゥルー・グリット』*

 ◆衣裳デザイン賞
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』*
 ・『ブラック・スワン』*
 ・『ブライトン・ロック』
 ・『ナルニア国物語/第3章 アスラン王と魔法の島』
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
 ・“I Am Love (Io sono l’amore)”
 ・『インセプション』
 ・『キック・アス』
 ・『英国王のスピーチ』*
 ・“Made In Dagenham” *
 ・『わたしを離さないで』
 ・『シャッター・アイランド』
 ・『ソーシャル・ネットワーク』
 ・『トゥルー・グリット』*

 ◆メイキャップ&メアメイク賞(Make Up & Hair)
 ・“127 Hours”
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』*
 ・『ブラック・スワン』*
 ・『ブライトン・ロック』
 ・“The Fighter”
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』*
 ・“I Am Love (Io sono l’amore)”
 ・『インセプション』
 ・『英国王のスピーチ』*
 ・“Made In Dagenham” *
 ・『わたしを離さないで』
 ・『シャッター・アイランド』
 ・『ソーシャル・ネットワーク』
 ・『トゥルー・グリット』

 ◆視覚効果賞(Special Visual Effects)
 ・“127 Hours”
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』*
 ・『ブラック・スワン』
 ・『ナルニア国物語/第3章 アスラン王と魔法の島』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』*
 ・『ヒア アフター』
 ・『ヒックとドラゴン』
 ・『インセプション』*
 ・『アイアンマン2』*
 ・『キック・アス』
 ・『英国王のスピーチ』
 ・“Monsters”
 ・『シャッター・アイランド』
 ・『トイ・ストーリー3』
 ・『トロン:レガシー』*

 ◆録音賞(Sound)
 ・“127 Hours” *
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』
 ・『ブラック・スワン』*
 ・『ブライトン・ロック』
 ・“The Fighter”
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
 ・『インセプション』*
 ・『英国王のスピーチ』*
 ・“Made In Dagenham”
 ・『シャッター・アイランド』
 ・『ソーシャル・ネットワーク』
 ・『ザ・タウン』
 ・『トイ・ストーリー3』*
 ・『トゥルー・グリット』*

 ◆オリジナル音楽賞
 ・“127 Hours”
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』*
 ・“Biutiful”
 ・『ブライトン・ロック』
 ・『怪盗グルーの月泥棒』
 ・『ゴースト・ライター』
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
 ・『ヒックとドラゴン』*
 ・『インセプション』*
 ・『英国王のスピーチ』*
 ・“Made In Dagenham”
 ・『わたしを離さないで』
 ・『ソーシャル・ネットワーク』*
 ・『ザ・タウン』

 ◆長編アニメーション賞
 ・“Chico & Rita”
 ・『怪盗グルーの月泥棒』*
 ・『ヒックとドラゴン』*
 ・『イリュージョニスト』
 ・『トイ・ストーリー3』*

 ◆外国語映画賞(Best Film Not in the English Language)
 ・“Biutiful”
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』
 ・“I Am Love (Io sono l’amore)”
 ・『神々と男たち』
 ・『瞳の奥の秘密』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネーション状況は以下の通りです。

 ・『ブラック・スワン』(15):作品・監督・主演女優・助演男優・助演女優・助演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・視覚効果・録音
 ・『英国王のスピーチ』(15):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・視覚効果・録音・音楽
 ・『インセプション』(14):作品・監督・主演男優・助演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・視覚効果・録音・音楽
 ・“Made In Dagenham”(14):作品・監督・主演女優・助演男優・助演女優・助演女優・助演女優・脚本・編集・美術・衣裳・メイク・録音・音楽
 ・『ソーシャル・ネットワーク』(13):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・脚色・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音・音楽
 ・“The Fighter”(12):作品・監督・主演男優・助演男優・助演女優・助演女優・脚本・撮影・編集・美術・メイク・録音
 ・『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(12):作品・監督・主演女優・脚色・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音・音楽・外国
 ・『シャッター・アイランド』(12):作品・監督・主演男優・助演女優・脚色・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・視覚効果・録音
 ・『トゥルー・グリット』(12):作品・監督・主演男優・主演女優・助演男優・脚色・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音
 ・『アリス・イン・ワンダーランド』(12):監督・主演男優・助演女優・脚色・撮影・編集・美術・衣裳・メイク・視覚効果・録音・音楽
 ・“127 Hours”(11):作品・監督・主演男優・脚色・撮影・編集・美術・メイク・視覚効果・録音・音楽
 ・『ザ・タウン』(11):作品・監督・主演男優・助演男優・助演男優・助演女優・脚色・撮影・編集・録音・音楽
 ・『わたしを離さないで』(8):主演男優・助演男優・脚色・撮影・美術・衣裳・メイク・音楽
 ・『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(8):撮影・編集・美術・衣裳・メイク・視覚効果・録音・音楽
 ・『トイ・ストーリー3』(7):作品・監督・脚色・編集・視覚効果・録音・アニメ
 ・『ブライトン・ロック』(7):主演女優・脚色・美術・衣裳・メイク・録音・音楽
 ・“I Am Love (Io sono l’amore)”(7):主演女優・撮影・美術・衣裳・メイク・外国
 ・『キッズ・オールライト』(7):作品・監督・主演女優・主演女優・助演男優・脚本・編集
 ・“Another Year”(5):作品・監督・主演男優・助演女優・脚本
 ・『ウィンターズ・ボーン』(4):作品・主演女優・脚色・撮影
 ・“Biutiful”(4):主演男優・脚本・音楽・外国
 ・“Barney’s Version”(4):主演男優・脚本・音楽・外国
 ・“Rabbit Hole”(3):主演男優・主演女優・脚色
 ・“Get Low”(3):主演男優・助演男優・脚本
 ・『ブルーバレンタイン』(3):主演男優・助演男優・脚本
 ・『ゴースト・ライター』(3):助演女優・脚色・音楽
 ・『怪盗グルーの月泥棒』(3):脚色・音楽・アニメ
 ・『ヒックとドラゴン』(3):視覚効果・音楽・アニメ
 ・“The Disappearance Of Alice Creed”(2):主演女優・脚本
 ・『ヒア アフター』(2):脚本・視覚効果
 ・『神々と男たち』(2):脚本・外国
 ・『ナルニア国物語/第3章 アスラン王と魔法の島』(2):衣裳・視覚効果
 ・『キック・アス』(2):衣裳・視覚効果

 これだけ部門とエントリー作品が多いともう何が何だかという感じですが、基本的には全米映画賞レースと重なりつつも、全米映画賞レースで独走している『ソーシャル・ネットワーク』はこの段階では第5位につけています。

 全米映画賞レースで追い上げを見せている『ブラック・スワン』が、『英国王のスピーチ』と並び、トップで、事前予想では上位に食い込むと見込まれていた“Another Year”よりも“Made In Dagenham”が遙かに多い部門でエントリーされています。

 全米で人気が高い『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』はイギリスでも人気である一方、同じく全米で評価の高い『ウィンターズ・ボーン』はさほど高い評価は受けていないようです。

 英国勢では『わたしを離さないで』と『ブライトン・ロック』が健闘を見せています。

 ヨーロッパで評価の高い『ゴースト・ライター』は、監督賞や主演男優賞、助演男優賞にエントリーされてもよかったはずですが、わずか3部門のエントリーにとどまりました。

 今回のBAFTAは、対象作品が207本あり、そこから6300人のBAFTAメンバーによる第1回投票(ラウンド1)によって、各部門15作品ずつ(長編アニメーション賞部門のみ5作品)に絞り込まれました。(外国語映画賞部門は専門の部会によってこの段階で5作品に絞り込まれています。) 上記*印は各専門部会のセレクションです。

 この後、同じくBAFTAメンバーによる2回目の投票(ラウンド2)によって各部門5作品ずつに絞り込まれ、それがノミネーションとなります。(1月18日発表)

 発表されたノミネーション作品に対しては、各部門の専門メンバーが投票を行ない(ラウンド3)、そこで、今年の受賞者が決定されます。(2月13日発表)
 米国アカデミー賞とは、投票者の順番が逆になっていますが(米国アカデミー賞は専門部会のメンバーがノミネーション作品を絞って、その後で全会員で投票を行なう)、これが英国流ということなのでしょうか。

 今の段階では、多少英国色が出ていますが、ノミネーション段階で全米映画賞とほとんど変わらないものになるというのが、例年のBAFTAの傾向なので、たぶん今年もそうなるのではないでしょうか。
 全米映画賞レースでは、『英国王のスピーチ』は、コリン・ファースの主演男優賞と、あとは獲れてオリジナル脚本賞くらいではないかと予想されていますが、それが本国イギリスで(『ソーシャル・ネットワーク』を抑えて)どのくらい善戦するのかが1つの注目のポイント、と言えるでしょうか。

 *せっせと更新するのでクリックしてね!
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事

 ・英国アカデミー賞2010 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_12.html
 ・英国アカデミー賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_35.html
 ・英国アカデミー賞2010 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_39.html
 ・英国アカデミー賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_18.html
 ・英国アカデミー賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_11.html

 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_10.html
 ・第5回リチャード・アッテンボロー賞 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_43.html
 ・ロンドン映画批評家協会賞2011 ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_54.html
 ・英国「ガーディアン」紙 2010年 ベスト・フィルム・セレクション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_56.html

 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年12月〜2011年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_48.html

 ・2010年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201012/article_59.html

 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_43.html
 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_14.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_37.html
 ・2008年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 後半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_26.html

 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_2.html
 ・全米の映画批評家協会系映画賞について調べてみました その2 「米国アカデミー賞に最も近い受賞結果を出す映画賞はこれだ!」:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_3.html

 ・全米の映画賞について調べてみました:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_45.html

 追記:
 ・英国アカデミー賞(BAFTA)2011 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201101/article_38.html
 ・英国アカデミー賞(BAFTA)2011 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201102/article_23.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
イギリス・アカデミー賞(BAFTA)2011 ロングリスト発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる