海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS SIGGRAPH アニメーションフェスティバル 2010 ラインナップ その2 & 受賞作品!

<<   作成日時 : 2010/07/19 04:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 ◆エレクトロニック・シアター(Electronic Theater)

 ・『2012』-ロサンゼルスからの脱出 “2012 ”- Escape from L.A(米) (Digital Domain)
 監督:ローランド・エメリッヒ

 ・『2012』-最後の洪水シーン “2012”- The Last Fluid Simulation(Scanline VFX)
 監督:ローランド・エメリッヒ

 ・『アリス・イン・ワンダーランド』“Alice in Wonderland”(米)(Sony Pictures Imageworks)
 監督:ティム・バートン

 ・“AMF”- The Caterpillar (The Mill) [CM]
 監督:Filip Engström
 Stash 59収録。

 ・“Animated History of Poland”(ポーランド)(Platige Image) [短編]
 監督:Tomasz Bagiński

 ・“Assassin's Creed 2”(カナダ・米)(Digic Pictures) [ビデオ・ゲーム]
 監督:Digic Pictures
 Stash 58収録。

 ・“Audi Intelligently Combined”(Digital Domain) [CM]
 クリエイティヴ・ディレクター:Gerrit Zinke、Jens Theil、Florian Weber、Tobias Ahrens、 Sonke Busch アート・ディレクター:Florian Schimmer、Simon Jasper Phillip
 Stash 61収録。



 ・『アバター』“Avatar”(米)(Weta Digital Ltd.)
 監督:ジェームズ・キャメロン

 ・“Barclaycard Rollercoaster”(The Mill) [CM]
 監督:Nicolai Fuglsig



 ・“Cartoon Scum”(Filmakademie Baden-Württemberg) [映画祭のプロモ]
 監督:Jan Lachauer

Cartoon Scum from Jan Lachauer on Vimeo.



 ・“Cours Toujours”(仏)(La Station Animation) [短編]
 監督:Elise Garcette、Olivier Barré

 ・“Day and Night”(米)(Pixar Animation Studios) [短編]
 監督:Teddy Newton
 『トイ・ストーリー3』併映短編。

 ・『Disney's クリスマス・キャロル』“Disney's A Christmas Carol”(米)(ImageMovers Digital)
 監督:ロバート・ゼメキス

 ・“DJ Hero”(Framestore) [ビデオ・ゲーム]
 監督:Marco Puig
 Stash 63収録。

 ・“Dog Fish”(Bitt Animation & VFX) [CM]
 監督:Armando Bo



 ・“Fenrir”(仏)(Gobelins/Premium Films Distribution) [映画祭オープニング・アニメーション]
 監督:Nuno Alves Rodrigues、Oussama Bouacheria、Alice Dieudonné、Aymeric Kevin、Ulysse Malassagne



 ・“Ford Pop Up”(The Mill) [CM]
 監督:BIF Agency



 ・“HANABEAM”(日)(W+K TOKYO LAB/Polygon Pictures) [ミュージック・ビデオ]
 制作:W+K TOKYO LAB



 ・“Harmonix The Beatles: Rock Band”(英・米)(Passion Pictures) [CM]
 監督:Pete Candeland
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 広告作品部門グランプリ。

 ・“IBM Transportation”(Motion Theory) [CM]
 監督:Mathew Cullen、Mark Kudsi

 ・『アイアンマン2』“Iron Man 2”(Industrial Light & Magic)
 監督:ジョン・ファヴロー

 ・“The Kinematograph(Kinematograf)”(ポーランド)(Platige Image) [短編]
 監督:Tomek Baginski
 米国アカデミー賞2010短編アニメーション賞ノミネート。

 ・『エアベンダー』“The Last Airbender”(米)(Industrial Light & Magic)
 監督:M・ナイト・シャマラン

 ・“The Light of Life”(日) [短編]
 監督:柴田大平
 Stash 68収録。



 ・“Logorama”(仏)(Autour de Minuit Productions) [短編]
監督:François Alaux、Ludovic Houplain、Hervé De Crécy
 カンヌ国際映画祭2009 批評家週間 コダック短編賞(Kodak Discovery Award for Best Short Film)受賞。
 米国アカデミー賞2010短編アニメーション賞受賞。
 クラクフ映画祭2010 短編アニメーション部門 ドン・キホーテ賞受賞。
 ザグレブ国際アニメーションフェスティバル2010 スペシャル・メンション受賞。
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 コンペティション部門出品。
 *当ブログ記事:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_19.html

 ・“Loom”(独) (Polynoid、Filmakademie Baden-Württemberg) [短編]
 監督:Jan Bitzer、Ilija Brunck、Csaba Letay
 Best in Show Award

 ・“The Lost Thing”(オーストラリア・米)(Passion Pictures) [短編]
 監督:Andrew Ruhemann、Shaun Tan
 アヌシー国際アニメーションフェスティバル2010 短編部門グランプリ。

 ・“Making of Nuit Blanche”(Stellar Scene) [メイキング]
 監督:Arev Manoukian

 ・“Milk Sad Princess”(Psyop) [CM]
 クリエイティヴ・ディレクター:Marie Hyon、Marco Spier



 ・“Mobile”(独)(Filmakademie Baden-Württemberg) [短編]
 監督:Verena Fels

 ・“Monstera Deliciosa”(仏)(Gobelins/Premium Films Distribution) [映画祭オープニング・アニメーション]
 監督:Jérémy Macedo、Julien Perron、Ornélie Prioul、Rémi Salmon



 ・“Nokia Focus Group”(The Mill) [CM]
 監督:David Master
 Stash 64収録。

 ・“Ovulation”(Nucleus Medical Media) [メディカル・アニメーション]

 ・“PEPSI The Flight of the Penguin”(Framestore) [CM]
 監督:Traktor
 Stash 58収録。

 ・“Poppy”(ニュージーランド) (Delf Productions) [短編]
 監督:James Cunningham

 ・『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』“Prince of Persia: The Sands of Time”(米)(Framestore)
 監督:マイク・ニューウェル

 ・『瞳の奥の秘密』“The Secret in Their Eyes”(アルゼンチン・西)- Huracán VFX Extended Shot (100 Bares Producciones, Haddock Films, Tornasol Films, Telefe)
 監督:フアン・ホセ・カンパネラ

 ・『シャーロック・ホームズ』“Sherlock Holmes”(米)(Framestore)
 監督:ガイ・リッチー

 ・“SIGGRAPH 2010 Technical Papers Trailer”(SIGGRAPH 2010) [トレーラー]

 ・“Suiren”(日)(WOW inc.) [短編]
 クリエイター:金原朋哉



 ・“Sweet 16”(boolab/The Ebeling Group) [第16回スラムダンス映画祭のプロモ]
 監督:Nico Casavecchia

 ・“Topi”(University of Southern California) [短編]
 監督:Arjun Rihan

 ・“TRON: LEGACY”(米)(Walt Disney Pictures)
 監督:ジョセフ・コジンスキー

 ・“Upgrades”(Emerson College) [短編]
 監督:Anya Belkina

 ・“UPS Gladiator”(Psyop) [CM]
 監督:Eben Mears



 ・“Visualizing Empires Decline”(ポルトガル)(Universidade de Coimbra)
 監督:Pedro Cruz



 ・“The Wonder Hospital”(米)(California Institute of the Arts)
 監督:Beomsik Shimbe Shim California Institute of the Arts
 Best Student Project Prize

 ※付記してある監督名は、本編の監督であって、CGのクリエーターではない場合があります。
 タイトルの後に、プロダクション、もしくは、CGパートのプロダクションを示してあります。
 ビデオ・ゲーム素材に対しては、トレーラーが対象作品となるようです。
 CM & シネマティクス部門とエレクトロニック・シアター部門の違いはよくわかりません。前者が若干TV寄りで、後者がスクリーン寄りという違いがなきにしもあらずですが、確実ではありません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◎グランプリ(BEST IN SHOW AWARD):“Loom”(独)
 監督:Jan Bitzer、Ilija Brunck、Csaba Letay
 物語:蛾が蜘蛛の巣にかかる。蛾がもがけばもがくほど、糸がからみつき、動けなくなる。やがて蜘蛛が登場し、蛾に近づいてくる。しかし、ここで、蛾は、蜘蛛と友情を築こうとする……。

 “Loom”は、ドイツのFilmakademie Baden Württemberg, Institute of Animation, Visual Effects and Digital PostproductionのJan Bitzer、Ilija Brunck、Csaba Letayという3人による卒業制作で、完成に1年かかったそうです。

画像

 ◎審査員賞(JURY AWARD):“Poppy”(ニュージーランド)
 監督:James Cunningham

 “Poppy”は、第一次世界大戦のフランスの西部戦線を舞台にした、実話に基づく物語。ニュージーランドの2人の兵士が、両親の遺体のそばにまだ息のある赤ん坊を見つけ、1人は助けようと言い、もう1人はムリだと言う。
 実際の兵士のひ孫が脚本を担当。
 モーション・キャプシャーと精巧な顔のコンビネーションが優れている。

画像

 ◎最優秀学生作品賞(BEST STUDENT PROJECT PRIZE):“The Wonder Hospital”(米)
 監督:Beomsik Shimbe Shim(California Institute of the Arts)

 物語:ある女の子がミステリアスな病院に行く。彼女は、そこで、2通りの顔を選ぶチャンスを与えられる。幻想の旅の後、彼女は、「美」とは彼女が期待していたものとは違うものであるということを悟る。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ザグレブやアヌシーのラインナップを眺めていると、個性的で、手づくり感覚のアニメーションはやっぱりいいなあと思い、ここをCGアニメーションなんかにあんまり侵されたくないなどと思ったりするのですが、こうしてSIGGRAPHのCG作品にどっぷりつかってしまうと、旧来のアニメーションは、なんだか古臭くて野暮ったくて、自閉症気味で、こじんまりした作品ばかりだったんじゃないかというような気もしていまします。

 まあ、ホントは、それほどSIGGRAPHの作品に刺激を受けたっていうだけで、大好きだったはずの古きよき伝統的アニメーション作品を貶める必要もないんでしょうが、ジャンル(とビジネス)の最前線で、技術とアイデアで、鎬を削っている人々の作品は、やはりそれだけ面白いんですね。
 一個人の発想を手間隙かけてヴィジュアル化していく旧来のアニメーションの面白さと、より面白いものを作ろうと多くのクリエイターがアイデアと最新の技術を持ち寄って、1つの作品にまとめ上げていくCGアニメーションの面白さの違い、もあるでしょうか。

 長編の劇映画で、視覚効果に驚かされることって、もうほとんどないんですが、こういう刺激を受けると、映画の未来はやっぱりCGとともにあるのかなと思ってしまいます。ま、実際のところは、CGは道具に過ぎず、それを使う人がどういう風に使うか、その生かし方次第だということだとは思いますが……。

 思い返してみれば、今年の米国アカデミー賞(“Logorama”の受賞)は、前者から後者へのシフトを示す、象徴的な出来事だったのかもしれません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 それはともかく――

 今年のSIGGRAPHの受賞作3作品は、まだ1本も観れていないので、本当はどんな作品に仕上がっているのかはわからないのですが、シノプシスやヴィジュアルの印象から考えると、米国アカデミー賞短編アニメーション賞という感じでもないような気がします。

 それらよりは、上映作品の“The Lost Thing”(オーストラリア・米)や“The Lighthouse Keeper(Gardien de Phare)”(仏)、そして“Day and Night”(米)の方が、よりノミネートされる可能性が高いような気がしますが、どうでしょうか。

 上映作品の中には、フランスのアニメーション専門学校ゴブラン(Gobelins)がからんだ作品が多いことが目を引きますが、ここは、昨年は“Oktapodi”、今年は“French Roast”と2年連続でアカデミー賞に作品を送り込んでいる実力校で、果たして3年連続でノミネートされるか、そして受賞を果たすかどうかが注目されます。
 上に挙げた3本のうち、“The Lighthouse Keeper(Gardien de Phare)”がゴブラン作品となっています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 動画を貼り付けた作品を中心に簡単にコメントすると――

 ・“Un Tour de Manège”は、メルヘンチックで、加藤久仁生を思い出したり、『岸辺のふたり』のストーリーラインに似てると思ったりします

 ・“Gorillaz Stylo”は、ブルース・ウィリスも出演しているドラマ仕立てのミュージック・ビデオ(?)で

 ・“Klik!”は、ニヤッとさせられる映画祭のプロモ

 ・“Weetabix - Steeplechase”と“Barclaycard Rollercoaster”は、誰もが一度は頭の中で想像したことがあることをやっちゃってるCMで

 ・“Audi Intelligently Combined”は、メカニカルの美しさを追求したアウディのCM

 ・“Cartoon Scum”は、アニメーションの映画祭らしい、アニメーションの原点へのオマージュたっぷりの微笑ましいプロモ

 ・“Dog Fish”は、日本人の感覚とはちょっと違うかなと思わせるけれど、いつもの賞を受賞しているCM

 ・“Fenrir”と“Monstera Deliciosa”は、ともに、活劇仕立ての、2009年のアヌシー国際アニメーションフェスティバルのオープニング・アニメーション(日替りで毎日違う作品が上映されたようです)

 ・“Ford Pop Up”は、ポップアップ・ブックの中をフォードが走るCMで、監督は昨年のSIGGRAPHで『Dix』で審査員賞を受賞したBIFチーム

 ・“Milk Sad Princess”は、ダイナミックな、童話風アニメーション

 ・“UPS Gladiator”は、ペーパークラフトを使った、『グラディエーター』のパロディーCM

 ・“Visualizing Empires Decline”は、1800年から2009年までの西欧諸国の歴史を4色の円でヴィジュアライズした作品

 ――ということになります。

 それにしても、DVD Magazine 「Stash」に収録されている作品が多くて、驚かされてしまいます。情報収集の感度とセンスがいいんですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・SIGGRAPH アニメーションフェスティバル2010 ラインナップ その1:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201007/article_19.html
 ・SIGGRAPH 2009 受賞結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200908/article_12.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2010年5月〜2011年2月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201005/article_23.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SIGGRAPH アニメーションフェスティバル 2010 ラインナップ その2 & 受賞作品! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる