海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 98歳の誕生日を祝う! 新藤兼人 全シナリオ・リスト!

<<   作成日時 : 2010/04/22 07:55   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 2010年4月22日は、新藤兼人監督の98回目の誕生日です。現役の映画監督としては、世界で2番目に高齢の監督ということになります。

 監督作品の多くはわりと有名な作品で、観る機会は多いように思いがちですが、かなり大きなビデオ屋さんに行っても、わずかに数本の作品が置かれてあるだけです。新藤兼人クラスの監督といえど、まあ、そんな扱いなんですね。

 なので、観られる機会があったら、観ておいて、損はないんじゃないでしょうか。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【新藤兼人シナリオ映画化作品全リスト】

 ・乙女橋(1936/監督:川手二郎) ※ノー・クレジット
 ・南進女性(1940/監督:落合吉人)
 ・汪桃蘭の嘆き(1940/監督:深田修造)
 ・猛獣使ひの姉妹(1941/監督:深田修造)
 ・春星夫人(1941/監督:田中重雄)
 ・北極光(1941/監督:田中重雄)
 ・女性の勝利(1946/監督:溝口健二)
 ・待ちぼうけの女(1946/監督:マキノ正博)
 ・鍵を握る女(1946/監督:佐々木啓祐)
 ・お光の縁談(1946/監督:池田忠雄・中村登)
 ・仮面の街(1947/監督:原研吉)
 ・結婚(1947/監督:木下恵介)
 ・処女は真珠の如く(1947/監督:中村登)
 ・安城家の舞踏会(1947/監督:吉村公三郎)
 ・娘の逆襲(1947/監督:中村登)
 ・誘惑(1948/監督:吉村公三郎)
 ・噂の男(1948/監督:佐々木康)
 ・偉大なるX(1948/監督:大庭秀雄)
 ・火の薔薇(1948/監督:中村登)
 ・わが生涯のかゞやける日(1948/監督:吉村公三郎)
 ・幸福の限界(1948/監督:木村恵吾)
 ・四人目の淑女(1948/監督:渋谷実)
 ・嫉妬(1949/監督:吉村公三郎)
 ・わが恋は燃えぬ(1949/監督:溝口健二)
 ・お嬢さん乾杯(1949/監督:木下恵介)
 ・朱唇いまだ消えず(1949/監督:渋谷実)
 ・森の石松(1949/監督:吉村公三郎)
 ・殺人鬼(1949/監督:大曾根辰夫)
 ・真昼の円舞曲(1949/監督:吉村公三郎)
 ・脱線情熱娘(1949/監督:大庭秀雄)
 ・大都会の顔(1949/監督:阿部豊)
 ・春雪(1950/監督:吉村公三郎)
 ・危険な年令(1950/監督:原研吉)
 ・春の潮前篇(1950/監督:中村登)
 ・春の潮後篇(1950/監督:中村登)
 ・アルプス物語 野性(1950/監督:沢村勉)
 ・戦火の果て(1950/監督:吉村公三郎)
 ・長崎の鐘(1950/監督:大庭秀雄)
 ・暁の追跡(1950/監督:市川崑)
 ・赤城から来た男(1950/監督:木村恵吾)
 ・七色の花(1950/監督:春原政久)
 ・処女峰(1950/監督:木村恵吾)
 ・偽れる盛装(1951/監督:吉村公三郎)
 ・阿修羅判官(1951/監督:森一生)
 ・熱砂の白蘭(1951/監督:木村恵吾)
 ・自由学校(1951/監督:吉村公三郎)
 ・誰が私を裁くのか(1951/監督:谷口千吉)
 ・上州鴉(1951/監督:冬島泰三)
 ・情炎の波止場(1951/監督:安田公義)
 ・西城家の饗宴(1951/監督:鈴木英夫)
 ・舞姫(1951/監督:成瀬巳喜男)
 ・愛妻物語(1951/監督:新藤兼人)
 ・東京悲歌(1951/監督:田中重雄)
 ・源氏物語(1951/監督:吉村公三郎)
 ・十六夜街道(1951/監督:安田公義)
 ・雪崩(1952/監督:新藤兼人)
 ・西陣の姉妹(1952/監督:吉村公三郎)
 ・原爆の子(1952/監督:新藤兼人) *
 ・暴力(1952/監督:吉村公三郎)
 ・千羽鶴(1953/監督:吉村公三郎)
 ・女ひとり大地を行く(1953/監督:亀井文夫)
 ・村八分(1953/監督:今泉善珠)
 ・縮図(1953/監督:新藤兼人) *
 ・慾望(1953/監督:吉村公三郎)
 ・君に捧げし命なりせば(1953/監督:若杉光夫)
 ・夜明け前(1953/監督:吉村公三郎)
 ・地の果てまで(1953/監督:久松静児)
 ・女の一生(1953/監督:新藤兼人)
 ・足摺岬(1954/監督:吉村公三郎)
 ・どぶ(1954/監督:新藤兼人) *
 ・泥だらけの青春(1954/監督:菅井一郎)
 ・若い人たち(1954/監督:吉村公三郎)
 ・愛すればこそ(1955/監督:吉村公三郎・今井正・山本薩夫)
 ・銀座の女(1954/監督:吉村公三郎)
 ・姉妹(1955/監督:家城巳代治)
 ・十九の花嫁(1955/監督:小石栄一)
 ・狼(1955/監督:新藤兼人) *
 ・歌舞伎十八番「鳴神」 美女と怪龍(1955/監督:吉村公三郎)
 ・母なき子(1955/監督:堀池清)
 ・赤穂浪士 天の巻(1956/監督:松田定次)
 ・赤穂浪士 地の巻(1956/監督:松田定次)
 ・嫁ぐ日(1956/監督:吉村公三郎)
 ・銀心中(1956/監督:新藤兼人)
 ・流離の岸(1956/監督:新藤兼人)
 ・あやに愛しき(1956/監督:宇野重吉)
 ・狙われた男(1956/監督:中平康)
 ・のんき夫婦(1956/監督:杉江敏男)
 ・四十八歳の抵抗(1956/監督:吉村公三郎)
 ・女優(1956/監督:新藤兼人)
 ・多情仏心(1957/監督:小沢茂弘)
 ・倖せは俺等のねがい(1957/監督:宇野重吉)
 ・ひかげの娘(1957/監督:松林宗恵)
 ・殺したのは誰だ(1957/監督:中平康)
 ・海の野郎ども(1957/監督:新藤兼人)
 ・うなぎとり(1957/監督:木村荘十二)
 ・美徳のよろめき(1957/監督:中平康)
 ・地上(1957/監督:吉村公三郎)
 ・禁じられた唇(1958/監督:堀池清)
 ・悲しみは女だけに(1958/監督:新藤兼人)
 ・氷壁(1958/監督:増村保造)
 ・夜の鼓(1958/監督:今井正)
 ・不敵な男(1958/監督:増村保造)
 ・一粒の麦(1958/監督:吉村公三郎)
 ・真夜中の顔(1958/監督:宇野重吉)
 ・裸の太陽(1958/監督:家城巳代治)
 ・夜の素顔(1958/監督:吉村公三郎)
 ・第五福竜丸(1959/監督:新藤兼人) *
 ・からたち日記(1959/監督:五所平之助)
 ・才女気質(1959/監督:中平康)
 ・その壁を砕け(1959/監督:中平康)
 ・電話は夕方に鳴る(1959/監督:吉村公三郎)
 ・貴族の階段(1959/監督:吉村公三郎)
 ・花嫁さんは世界一(1959/監督:新藤兼人)
 ・らくがき黒板(1959/監督:新藤兼人)
 ・大いなる旅路(1960/監督:関川秀雄)
 ・国定忠治(1960/監督:谷口千吉)
 ・路傍の石(1960/監督:久松静児)
 ・素敵な野郎(1960/監督:富本壮吉)
 ・女の坂(1960/監督:吉村公三郎)
 ・がんばれ!盤獄(1960/監督:松林宗恵)
 ・大いなる邁進(1960/監督:関川秀雄)
 ・裸の島(1960/監督:新藤兼人) **
 ・手をつないで(1960/監督:窪川健造)
 ・松川事件(1961/監督:山本薩夫)
 ・胎動期 私たちは天使じゃない(1961/監督:三輪彰)
 ・愛と炎と(1961/監督:須川栄三)
 ・女の勲章(1961/監督:吉村公三郎)
 ・雲がちぎれる時(1961/監督:五所平之助)
 ・背徳のメス(1961/監督:野村芳太郎)
 ・熱愛者(1961/監督:井上和男)
 ・献身(1961/監督:田中重雄)
 ・世界の一日・日本篇「恋人たち」(1961/監督:新藤兼人)
 ・家庭の事情(1962/監督:吉村公三郎)
 ・爛(1962/監督:増村保造)
 ・黒蜥蜴(1962/監督:井上梅次)
 ・裁かれる越前守(1962/監督:田中徳三)
 ・あの空の果てに星はまたたく(1962/監督:関川秀雄)
 ・青べか物語(1962/監督:川島雄三)
 ・斬る(1962/監督:三隅研次)
 ・鯨神(1962/監督:田中徳三)
 ・当りや大将(1962/監督:中平康)
 ・地獄の刺客(1962/監督:池広一夫)
 ・人間(1962/監督:新藤兼人) **
 ・しとやかな獣(1962/監督:川島雄三)
 ・わらし子とおっかあたち(1962/監督:窪川健造)
 ・嘘(1963/監督:衣笠貞之助)
 ・舞妓と暗殺者(1963/監督:三隅研次)
 ・海軍(1963/監督:村山新治)
 ・母(1963/監督:新藤兼人) **
 ・傷だらけの山河(1964/監督:山本薩夫)
 ・駿河遊俠伝 賭場荒し(1964/監督:森一生)
 ・卍(1964/増村保造)
 ・沙羅の門(1964/久松静児)
 ・鬼婆(1964/監督:新藤兼人) **
 ・肉体の盛装(1964/監督:村山新治)
 ・鼠小僧次郎吉(1965/監督:三隅研次)
 ・清作の妻(1965/監督:増村保造)
 ・悪党(1965/監督:新藤兼人) **
 ・世界の子ども・日本篇「友だち」(1964/監督:窪川健造)
 ・刺青(1966/監督:増村保造)
 ・処女が見た(1966/監督:三隅研次)
 ・酔いどれ博士(1966/監督:三隅研次)
 ・座頭市海を渡る(1966/監督:池広一夫)
 ・本能(1966/監督:新藤兼人)
 ・続・酔いどれ博士(1966/監督:井上昭)
 ・けんかえれじい(1966/監督:鈴木清順)
 ・酔いどれ波止場(1966/監督:井上昭)
 ・尖石遺跡(1966/監督:新藤兼人)
 ・蓼科の四季(1966/監督:新藤兼人)
 ・命果てる日まで(1966/監督:野村芳太郎)
 ・限りある日を愛に生きて(1967/監督:田中重雄)
 ・妻二人(1967/監督:増村保造)
 ・性の起原(1967/監督:新藤兼人)
 ・堕落する女(1967/監督:吉村公三郎)
 ・華岡青洲の妻(1967/監督:増村保造)
 ・眠れる美女(1968/監督:吉村公三郎)
 ・藪の中の黒猫(1968/監督:新藤兼人) **
 ・強虫女と弱虫男(1968/監督:新藤兼人)
 ・新女大学(1968/監督:久松静児)
 ・千羽鶴(1969/監督:増村保造)
 ・鬼の棲む館(1969/監督:三隅研次)
 ・かげろう(1969/監督:新藤兼人)
 ・触角(1970/監督:新藤兼人)
 ・裸の十九才(1970/監督:新藤兼人) ***
 ・闇の中の魑魅魍魎(1971/監督:中平康)
 ・激動の昭和史沖縄決戦(1971/監督:岡本喜八)
 ・甘い秘密(1971/監督:吉村公三郎)
 ・軍旗はためく下に(1972/監督:深作欣二)
 ・鉄輪(1972/監督:新藤兼人)
 ・混血児リカ(1972/監督:中平康)
 ・讃歌(1972/監督:新藤兼人)
 ・混血児リカ ひとりゆくさすらい旅(1973/監督:中平康)
 ・混血児リカ ハマぐれ子守唄(1973/監督:吉村公三郎)
 ・心(1973/監督:新藤兼人)
 ・わが道(1974/監督:新藤兼人) ***
 ・ある映画監督の生涯・溝口健二の記録(1975/監督:新藤兼人) ***
 ・昭和枯れすすき(1975/監督:野村芳太郎)
 ・竹山ひとり旅(1977/監督:新藤兼人) ***
 ・ドキュメント8・6(1977/監督:新藤兼人)
 ・危険な関係(1978/監督:藤田敏八)
 ・事件(1978/監督:野村芳太郎)
 ・洟をたらした神(1978/監督:神山征二郎)
 ・絞殺(1979/監督:新藤兼人)
 ・配達されない三通の手紙(1979/野村芳太郎)
 ・地震列島(1980/監督:大森健次郎)
 ・遥かなる走路(1980/監督:佐藤純彌)
 ・北斎漫画(1981/監督:新藤兼人)
 ・蓮如とその母(1981/監督:川本喜八郎)
 ・祭りの声(1982/監督:新藤兼人)
 ・積木くずし(1983/監督:斎藤光正)
 ・地平線(1984/監督:新藤兼人)
 ・三人の妻への手紙(1984/監督:野村芳太郎)
 ・白い町ヒロシマ(1985/監督:山田典吾)
 ・ブラックボード(1986/監督:新藤兼人) ****
 ・落葉樹(1986/監督:新藤兼人) ***
 ・映画女優(1987/監督:市川崑)
 ・ハチ公物語(1987/監督:神山征二郎)
 ・さくら隊散る(1988/監督:新藤兼人) ****
 ・ドンマイ(1990/監督:神山征二郎)
 ・東京交差点 (1991/監督:松井稔・山本伊知郎・須藤公三) ※オムニバス映画全3話
 ・濹東綺譚 (1992/監督:新藤兼人) ****
 ・遠き落日 (1992/監督:神山征二郎)
 ・午後の遺言状 (1995/監督:新藤兼人) ****
 ・宮澤賢治-その愛- (1996/監督:神山征二郎)
 ・ユキエ (1998/監督:松井久子)
 ・生きたい (1999/監督:新藤兼人) ****
 ・おもちゃ (1999/監督:深作欣二)
 ・完全なる飼育 (1999/監督:和田勉)
 ・三文役者(2000/監督:新藤兼人)
 ・大河の一滴 (2001/監督:神山征二郎)
 ・ふくろう (2003/監督:新藤兼人)
 ・陸に上った軍艦 (2007/監督:山本保博)
 ・石内尋常高等小学校 花は散れども(2008/監督:新藤兼人)

 計233本(235作品)

 ※シナリオには、共作者がいる場合があります。
 作品は公開順ですが、公開情報不詳の作品がいくつかあり、そのタイトルは各年度の最後に入れてあります。

 * DVD「新藤兼人アンソロジー 1」収録作品
 ** DVD「新藤兼人アンソロジー 2」収録作品
 *** DVD「新藤兼人アンソロジー 3」収録作品
 **** DVD「新藤兼人アンソロジー 4」収録作品

 シナリオ・リストは、いろいろ出回っていますが、当リストは、複数のリストを照合して作成したコンプリート版です(一応)。

 作品のタイトルをズラズラ挙げるだけじゃなくて、もうちょっと「まとめ」として書いておきたいこともあるのですが、それはまた別の機会にということにしたいと思います。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 画像
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしいリストですね。
以下の点、気になったのでお知らせします。

・危険な年令(1950/監督:原研吉)
→危険な年令年齡(としごろ)(1950/監督:原研吉)
・野性(1950/監督:沢村勉)
→・アルプス物語 野性(1950/監督:沢村勉)
 9/16公開のようです(http://blog-imgs-19.fc2.com/n/e/p/neptuneman/yasei1)
・あやに愛しき(1956/監督:宇野重吉)
→病妻物語 あやに愛しき(1956/監督:宇野重吉)
・国定忠治(1960/監督:谷口千吉)
→・國定忠治(1960/監督:谷口千吉)
・大いなる邁進(1960/監督:関川秀雄)
→大いなる驀進(1960/監督:関川秀雄)
・ドキュメント8・6(1977/監督:新藤兼人)
→NHKドキュメント・労音チラシによると1978/7/14公開と思われる(http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B005N2L7DY/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=13299531&s=toys)
竹田賢一
2012/06/25 17:38
竹田賢一さま
コメントありがとうございます。
当ブログ別記事にも挙げていますが、新藤監督のシナリオ・データに関しては、複数の書誌データがあります。上記データベースのメインの参照元は岩波書店刊の『作劇術』ですが、allcinemaやフィルムセンターのデータベース、キネマ旬報、Wikipedia、その他も参照しています。
タイトルに関しては、何を以って正式のタイトルと見なすか、どこまでをタイトルとみなすか、判断が難しいところがあります。映像作品であれば、映像本編のタイトルを見るのが一番確かですが、現在すべての作品においてそれを実行するのはほぼ不可能です。
ご指摘していただいたものに関していくつか見てみると―
・ざっとネットしてみたところでは『国定忠治』『大いなる驀進』が多数派であるようです。
・『ドキュメント8・6』はTV作品だったはずで、上映記録を示されて、これが初日だろうと言われても困ります。
『作劇術』に関しては、岩波書店の2人の編集者が書いたものを新藤監督および関係者がチェックしていて、これが最も信頼に足ると思われますが、それでもクロス検索により10箇所以上訂正を入れた記憶があります。
私は新藤兼人研究者ではないので、何かに載っているデータを整理するくらいのことしかできませんし、そういうことを踏まえた上で参照していただければ幸いかと思います。
それはともかく、「ただのデータ・ブログ」と揶揄されることのある当ブログですが、細かいところまで丁寧に見てくれる方は少ないので、こうした指摘は大歓迎です。
何か意図があって上記データをチェックされ、そしてそれをどこかで発表されるようなことがあるのであれば、お知らせいただければ幸いです。
umikarahajimaru
2012/06/25 20:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
98歳の誕生日を祝う! 新藤兼人 全シナリオ・リスト! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる