海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年度ベスト・カナダ映画はこれだ! 第30回ジニー賞(カナダ・アカデミー賞)発表!

<<   作成日時 : 2010/04/14 23:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第30回ジニー賞(カナダ・アカデミー賞)の結果が発表になりました。(4月12日)

 ◆作品賞(Best Motion Picture/Meilleur Film)
 ・“3 Saisons” 監督:ジム・ドノヴァン(Jim Donovan)
 ・“Before Tomorrow” 監督:Marie-Hélène Cousineau、Madeline Piujuq Ivalu
 ・“Fifty Dead Men Walking” 監督:カリ・スコグランド(Kari Skogland)
 ・“Nurse.Fighter.Boy” 監督:Charles Officer
 ◎“Polytechnique” 監督:デニ・ヴィルヌーヴ


 ◆監督賞(Achievement In Direction/Meilleure Réalisation)
 ・Marie-Hélène Cousineau、Madeline Piujuq Ivalu “Before Tomorrow”
 ・カリ・スコグランド “Fifty Dead Men Walking”
 ・Charles Officer “Nurse.Fighter.Boy”
 ◎デニ・ヴィルヌーヴ “Polytechnique”
 ・ブルース・マクドナルド “Pontypool”


 Jutra賞と同じ。

 ◆主演男優賞(Performance By An Actor In A Leading Role/Interprétation Masculine Dans Un Rôle De Soutien)
 ・Jean-Carl Boucher “1981”(監督:Ricardo Trogi)
 ・Paul Dylan Ivalu “Before Tomorrow”
 ◎ジョシュア・ジャクソン “One Week” (監督:Michael McGowan)
 ・クラーク・ジョンソン “Nurse.Fighter.Boy”
 ・スティーヴン・マクハティ(Stephen Mchattie) “Pontypool”


 ◆主演女優賞(Performance By An Actress In A Leading Role/Interprétation Féminine Dans Un Premier Rôle)
 ・Madeline Piujuq Ivalu “Before Tomorrow”
 ・Karen Leblanc “Nurse.Fighter.Boy”
 ・Carinne Leduc “3 Saisons”
 ・ガブリエル・ローズ “Mothers & Daughters” (監督:カール・ブラッサイ)
 ◎カリーヌ・ヴァナッス(Karine Vanasse) “Polytechnique”


 ◆助演男優賞(Performance By An Actor In A Supporting Role/Interprétation Masculine Dans Un Rôle De Soutien)
 ・Patrick Drolet “De Père En Flic / Father And Guns” (監督:Émile Gaudreault)
 ・ジョン・ダンスワース(John Dunsworth) “Trailer Park Boys: Countdown To Liquor Day” (監督:Mike Clattenburg)
 ◎Maxim Gaudette “Polytechnique”
 ・レミー・ジラール(Rémy Girard) “De Père En Flic / Father And Guns”
 ・スコット・スピードマン(Scott Speedman) “Adoration” (監督:アトム・エゴヤン)

 Jutra賞と同じ。

 ◆助演女優賞(Performance By An Actress In A Supporting Role/Interprétation Féminine Dans Un Rôle De Southien)
 ・リアーヌ・バラバン(Liane Balaban) “One Week”
 ・Marie Brassard “Les Grandes Chaleurs / Heat Wave” (監督:Sophie Lorain)
 ◎マーサ・バーンズ(Martha Burns) “Love & Savagery” (監督:John N. Smith)
 ・Isabel Richer 『バビン』“Babine” (監督:リュック・ピカール)
 ・Sonia Vachon “5150,Rue Des Ormes / 5150 Elm’s Way” (監督:Éric Tessier)


 ◆オリジナル脚本賞(Original Screenplay/Meilleur Scénario)
Atom Egoyan Adoration
 ・Émile Gaudreault、Ian Lauzon “De Père En Flic / Father And Guns”
 ・Charles Officer、イングリッド・ベニンガー(Ingrid Veninger) “Nurse.Fighter.Boy”
 ◎Jacques Davidts “Polytechnique”
 ・デイヴィッド・デズモーギス(David Bezmozgis) “Victoria Day” (監督:David Bezmozgis)

 ◆脚色賞(Adapted Screenplay/Meilleure Adaptation)
 ・Marie-Hélène Cousineau、Susan Avingaq、Madeline Piujuq Ivalu “Before Tomorrow”
 ◎カリ・スコグランド “Fifty Dead Men Walking”
 ・Tony Burgess “Pontypool”


 ◆撮影賞(Achievement In Cinematography / Meilleures Images
 ・スティーヴ・コーセンス(Steve Cosens) “Nurse.Fighter.Boy”)
 ・Jonathan Freeman “Fifty Dead Men Walking”
 ◎ピエール・ギル(Pierre Gill) “Polytechnique”
 ・Ronald Plante “Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key” (監督:Patrice Sauvé)
 ・アレン・スミス(Allen Smith) “Les Doigts Croches / Sticky Fingers” (監督:Ken Scott)

 ピエール・ギルは、2年連続ノミネートでした。
 Jutra賞と同じ。

 ◆編集賞(Achievement In Editing / Meilleur Montage)
 ・Alain Baril “5150,Rue Des Ormes / 5150 Elm's Way”
 ◎Richard Comeau “Polytechnique”
 ・Francois Normandin、ジム・ドノヴァン “3 Saisons”
 ・Michel Grou “Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key”
 ・ジム・ムンロ(Jim Munro) “Fifty Dead Men Walking”


 Richard Comeauは2年連続ノミネートでした。
 Jutra賞と同じ。

 ◆美術賞(Achievement In Art Direction、Production Design / Meilleure Direction Artistique)
 ・ダイアナ・アバダンジェロ(Diana Abbatangelo) “Nurse.Fighter.Boy”
 ・Susan Avingaq “Before Tomorrow”
 ・Jean Babin “Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key”
 ◎Eve Stewart “Fifty Dead Men Walking”
 ・パトリス・ヴァーネット(Patrice Vermette) “1981”

 ◆衣裳デザイン賞(Achievement In Costume Design / Meilleurs Costumes)
 ◎Atuat Akittirq “Before Tomorrow”
 ・Carmen Alie “Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key”
 ・Sarah Armstrong “Nurse.Fighter.Boy”
 ・Brenda Broer “Cairo Time” (監督:Ruba Nadda)
 ・Anne-Karine Gauthier “1981”


 ◆メイキャップ賞(Achievement In Make Up / Meilleurs Maquillages)
 ・Djina Caron、Martin Rivest “Polytechnique”
 ◎Djina Caron “Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key”
 ・Diane Simard、Réjean Goderre “Love & Savagery”
 ・Micheline Trépanier、Linda Gordon “1981”
 ・Robbi O’Quinn、Leanne Morrison “Freed,You Might As Well Live” (監督:)


 ◆録音賞(Achievement In Overall Sound / Meilleur Son D’Ensemble)
 ・Mario Auclair、Daniel Bisson、Luc Boudrias、Jean-Charles Desjardins “Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key”
 ◎Stéphane Bergeron、Pierre Blain、Jo Caron、Benoît Leduc “Polytechnique”
 ・Claude Hazanavicius、Daniel Bisson、Jean-Charles Desjardins、Bernard Gariépy Strobl “Love & Savagery”
 ・Richard Lavoie、Arnaud Derimay、Jean-Charles Desjardins、Bernard Gariépy Strobl “Before Tomorrow”
 ・Simon Goulet、Bernard Gariépy Strobl “5150、Rue Des Ormes / 5150 Elm’s Way”


 Jutra賞と同じ。

 ◆音響編集賞(Achievement In Sound Editing / Meilleur Montage Sonore)
 ・Pierre-Jules Audet、Michelle Cloutier、Jacques Plante、Jean-François Sauvé “Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key”
 ・Mathieu Beaudin、Jacques Plante “5150,Rue Des Ormes / 5150 Elm’s Way”
 ◎Claude Beaugrand、Guy Francoeur、Carole Gagnon、Christian Rivest “Polytechnique”
 ・Garrett Kerr、Fred Brennan、Paul Germann、Steve Hammond、Mishann Lau “Nurse.Fighter.Boy”
 ・Olivier Calvert、Natalie Fleurant、Francine Poirier、Lise Wedlock 『バビン』“Babine”


 Claude BeaugrandとNatalie FleurantとGuy Francoeurは、2年連続ノミネートでした。

 ◆オリジナル作曲賞(Achievement In Music Original Score / Meilleure Musique Originale)
 ・ブノワ・シャレスト(Benoît Charest) “Polytechnique”
 ・Bertrand Chénier “Love & Savagery”
 ・Christian Clermont “5150,Rue Des Ormes / 5150 Elm’s Way”
 ◎ノーマンド・コーベイル(Normand Corbeil) “Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key”
 ・ベン・ミンク(Ben Mink) “Fifty Dead Men Walking”


 ノーマンド・コーベイルは、『アサインメント』『アート・オブ・ウォー』『Ex エックス』などを手がける音楽家。2年連続ノミネートでした。

 ◆オリジナル歌曲賞(Achievement In Music Original Song / Meilleure Chanson Originale)
 ・Susan Avingaq “Before Tomorrow”-‘Pamani’
 ◎John Welsman、Cherie Camp “Nurse.Fighter.Boy”-‘Oh Love’
 ・Sari Dajani、Iohann Martin、Rudy Toussaint、John Von Aichlinger “Les Grandes Chaleurs / Heat Wave”-‘Bon Swa’


 ◆短編映画賞(Best Live Action Short Drama / Meilleur Court Métrage Dramatique)
 ◎“Danse Macabre” 監督:Pedro Pires
 ・“Gilles” 監督:Constant Mentzas
 ・“Princess Margaret Blvd.”監督:Kazik Radwanski
 ・“Terre Des Hommes / Land Of Men” 監督:Ky Nam Le Duc
 ・“La Vie Commence / Life Begins” 監督:Émile Proulx-Cloutier


 Jutra賞と同じ。

 ◆短編アニメーション賞(Best Animated Short / Meilleur Court Métrage D’Animation)
 ◎『大列車暴走』“Runaway / Train En Folie” 監督:コーデル・バーカー
 ・『背骨』“The Spine / L’Échine” 監督:クリス・ランドレス
 ・“Vive La Rose” 監督:Bruce Alcock


 『大列車暴走』と『背骨』は、第10回カナダ・アニメーション・フェスティバル(2009)で上映されています。

 ◆ドキュメンタリー賞(Best Feature Length Documentary/ Meilleur Long Métrage Documentaire)
 ◎“A Hard Name” 監督:Alan Zweig
 ・“Les Dames En Bleu / Ladies In Blue” 監督:Claude Demers
 ・“Inside Hana's Suitcase” 監督:Larry Weinstein
 ・“Prom Night In Mississippi” 監督:Paul Saltzman
 ・『RiP! リミックス宣言』“Rip: A Remix Manifesto” 監督:ブレット・ゲイラー(Brett Gaylor)

 ◆短編ドキュメンタリー賞(Best Short Documentary/Meilleur Court Métrage Documentaire)
 ◎“The Delian Mode” 監督:Kara Blake
 ・“Passages” 監督:Marie-Josée Saint-Pierre
 ・“Petropolis: Aerial Perspectives On The Alberta Tar Sands” 監督: Peter Mettler


 ◆特別貢献賞(Academy Special Achievement Award)
 ◎Mel Hoppenheim.
 メル・ホッペンハイムは、1965年に映画のための機材のレンタル会社から事業をスタートさせた実業家で、それをモントリオールから始めて、バンクーバー、トロントへも拡大。1988年にはMel’s Cité du Cinémaという音響スタジオをオープンさせ、さらに1997年にはMel Hoppenheim School of Cinemaという映画学校をスタートさせ、ここから多くの映画人を輩出させています。


 ◆第1回作品賞(Claude Jutra Award for Best First Feature Film)
 ◎Xavier Dolan “I Killed My Mother /J'ai tué ma mère”.

 ◆ボックス・オフィス賞(Golden Reel Award for the most profitable Canadian film at the domestic box office)
 ◎“De père en flic”

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネーション&受賞状況は以下の通りです。

 ・“Polytechnique”(9/11):作品・監督・主演女優・助演男優・脚本・撮影・編集・メイク・録音・音響・作曲
 ・“Nurse.Fighter.Boy”(1/10):作品・監督・主演男優・主演女優・脚本・撮影・美術・衣裳・音響・歌曲
 ・“Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key”(2/8):撮影・編集・美術・衣裳・メイク・録音・音響・作曲
 ・“Fifty Dead Men Walking”(2/7):作品・監督・脚色・撮影・編集・美術・作曲
 ・“Before Tomorrow”(1/4):作品・監督・主演男優・主演女優・脚色・美術・衣裳・録音・歌曲
 “1981”(0/4):主演男優・美術・衣裳・メイク
 “Love & Savagery”(1/4):助演女優・メイク・録音・作曲
 “5150,Rue Des Ormes / 5150 Elm’s Way”(0/4):助演女優・編集・録音・作曲
 ・“3 Saisons”(0/3):作品・主演女優・編集
 “Pontypool”(0/3):監督・主演男優・脚色
 “De Père En Flic / Father And Guns”(0/3):助演男優・助演男優・脚本

 ノミネート段階では、4強でしたが、受賞結果は、最多ノミネートの“Polytechnique”がノミネートされていた11部門のうち9部門を制覇して最多受賞になりました。

 Jutra賞(ケベック映画賞)とは6部門で同じ結果となり、2年連続でノミネートされていた4人のノミニーはすべて受賞となりました。

 2009年のカナダ映画界で最も話題を集めた“I Killed My Mother /J'ai tué ma mère”を、ジニー賞がノミネーション段階で完全に無視したことで、これはちょっとおかしいのではないかとカナダ映画界は騒然となりましたが、“I Killed My Mother”が3部門受賞したJutra賞でも最多受賞になった“Polytechnique”がここでも最多受賞になったということで、少なくとも2009年度カナダ映画の中で最も優れた映画は“Polytechnique”であるという共通の認識は得られたことになります。まあ、9部門も制覇してしまうほど突出して優れた作品なのかどうかは異論のあるところかもしれませんが……。

 最終的に“I Killed My Mother”にはカナダ・アカデミーから第1回作品賞が与えられましたが、監督でプロデューサーでもあるXavier Dolanは授賞式には出席せず、代わりにカナダ・アカデミーの副会長Kevin Tierney(この作品の関係者でもなんでもありません)が賞を受け取りました。

 日本では、いずれの作品も未公開で、公開の目処も立っていませんが、“I Killed My Mother”を無視したカナダ・アカデミーの判断が正しかったのかどうか(“I Killed My Mother”が衝撃的ではあっても未熟な低予算映画に過ぎないものだったのか、それとも単にカナダ・アカデミーが保守的で狭量だったのか)は実際に作品を観て確認してみたいと思います。

 *この記事がなかなか興味深かった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・第30回ジニー賞ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_7.html
 ・第29回ジニー賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200904/article_3.html
 ・第12回Jutra賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201003/article_44.html
 ・トロント国際映画祭が選んだ2009年カナダ映画トップ10:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_17.html

 ・2009年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・“Polytechnique”
 監督:デニ・ヴィルヌーヴ
 出演:カトリーヌ・ヴァナッス、Maxim Gaudette
 1989年にモントリオールの学校で起きた事件(エコール・ポリテクニークの大虐殺(École Polytechnique massacre)、もしくはモントリオールの大虐殺(Montreal Massacre)と呼ばれる)を映画化。
 物語:教室に若い男性がライフルを持って入ってくる。彼は、男子は出て行け、女子だけ残れと命じ、脅しが本気であることを示すために、天井に向けて、ライフルを発砲する。男子生徒が教室から出て行き、女子生徒だけ教室に残ると、彼は「俺はフェミニストが嫌いだ」と言って、女子生徒に向かって発砲する。女子生徒の多くが死に、他は重症を追う。彼は、教室を出ると、廊下からカフェテリア、さらに別の教室へと向かい、発砲を重ねていく。
 物語は、2人の生徒の視点で語られる。1人は、死んだふりをして、生き延びたヴァレリーという女子生徒であり、もう1人は殺人者の命令に従って、女子生徒を見捨てた男子生徒ジャン=フランソワで、彼は、良心の呵責に耐え切れず、事件からしばらくして、自殺してしまう。
 カンヌ国際映画祭2009 監督週間で上映。
 Jutra賞2010 監督賞・助演男優賞・撮影賞・編集賞・音響賞受賞。
 助演男優賞を受賞したMaxime Gaudetteは、殺人者役を演じた男優。


 ・“Nurse.Fighter.Boy”
 監督:Charles Officer
 出演:Karen Leblanc、クラーク・ジョンソン
 物語:サイレンスは、老ボクサーで、かつて生活のために不正な試合をし、今は、友人の後を引き継いで、後進の指導に当たっている。ジュードは、ジャマイカ系の看護婦で、生活のために疲れきっていたが、まだ子供の面倒を見なければならない上に、重いガンを罹っていた。シールは、手品が大好きな少年で、いつも夢見がちなところがあった。サイレンスがジュードで出会った頃、既に彼女のガンはかなり進行していた……。
 マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭2009 観客賞、Recommendations of the Jury of Cinema Owners受賞。


 ・“Grande Ourse: La Clé Des Possibles / The Master Key”
 監督:Patrice Sauvé
 出演:Marc Messier、Normand Daneau、Fanny Mallette、Maude Guérin
Gabrielle Lazure
 物語:Louis-Bernard Lapointeは、親友を救うために、あらゆることが可能にできる「可能性の鍵」('Key of Possibilities')を手に入れようとして、パラレル・ワールドに飛び込む。


 ・“Fifty Dead Men Walking”(英・カナダ)
 監督:カリ・スコグランド
 出演:ベン・キングスレー、ジム・スタージェス、ケヴィン・ゼガーズ
 カリ・スコグランドハ『ジョン・ジョン・イン・ザ・スカイ』や『スナイパー』などで知られる監督。
 物語:マーティン・マクガートランドの実話に基づく映画。彼は1980年代にイギリス警察がIRAに送ったスパイで、IRAの組織の階段を上っていくが、やがてスパイであることがばれて拷問を受ける。彼は隙を見つけて逃げるが、現在もまだ姿をくらましたままである。
 カリ・スコグランドは『ジョン・ジョン・イン・ザ・スカイ』や『スナイパー』などで知られる監督。
 トロント国際映画祭2008 GALA PRESENTATIONS部門出品。
 バンクーバー映画批評家協会賞2008 最優秀ブリティッシュ・コロンビア映画。


 ・“Before Tomorrow”
 監督:Marie-Hélène Cousineau、Madeline Piujuq Ivalu
 出演:Peter-Henry Arnatsiaq, Paul-Dylan Ivalu, Madeline Piujuq Ivalu, Mary Qulitalik, Tumasie Sivuarapik.
 カナダの北極圏で、生きるために孫たちとともに奮闘する老女の物語。
 サンダンス映画祭2009 出品。


 ・“J'ai tué ma mère/ I Killed My Mother”
 監督:Xavier Dolan
 16歳のユベールは、クールで、静かな少年だが、母親のことが大嫌いで、いつもケンカばかりしていた。彼は、母のプラスチックの家具を選ぶセンスも気に入らなかったし、日焼けサロンに通うようなライフスタイルも嫌いだった。ある日、ユベールは、学校で、母親について作文を書けと言われ、何も書くことを思いつけず、作文の中で母親が死んでいることにしてしまう。母子の諍いはエスカレートし、母は彼を寄宿学校に送ることに決める。ユベールは抵抗するが、母とは離婚していたユベールの実父も生活環境が変わるのもいいだろうと賛成する。しかし、母子の諍いはほぐれず、むしろ膠着状態に陥る……。
 若きXavier Dolanの自伝的作品で、監督自身が監督・脚本・主演の3役を務める。
 カンヌ国際映画祭2009 監督週間上映作品。アート・シネマ賞&若者の視点賞(Regards Jeunes Prize&SACD Prize受賞。
 パリ映画祭2009 Les avant-premières部門で上映。
 トロント国際映画祭2009 SPECIAL PRESENTATIONS部門で上映。
 バンコク国際映画祭2009 スペシャル・メンション。
 バンクーバー国際映画祭2009 最優秀カナダ映画。
 サテライト・アワード2009 外国語映画賞ノミネート。
 アカデミー賞2010外国語映画賞カナダ代表。
 Jutra賞2010 作品賞・主演女優賞・脚本賞受賞。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009年度ベスト・カナダ映画はこれだ! 第30回ジニー賞(カナダ・アカデミー賞)発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる