海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 英国・エンパイア賞2010 発表!

<<   作成日時 : 2010/03/29 12:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 イギリスの映画雑誌「エンパイア・マガジン」のエンパイア賞(2009年からスポンサーがJamesonに変わって、正確な名称はJameson Empire Awards)が発表になりました。(3月28日)

 ◆ベスト映画(BEST FILM)
 ◎『アバター』
 ・『スター・トレック』
 ・『第9地区』
 ・『イングロリアス・バスターズ』
 ・『ハート・ロッカー』

 ◆ベスト英国映画(BEST BRITISH FILM)
 ◎“Harry Brown”
 ・『Dr.パルナサスの鏡』
 ・『17歳の肖像』
 ・“Nowhere Boy”
 ・“In The Loop”

画像

 ◆ベスト監督(BEST DIRECTOR)
 ◎ジェームズ・キャメロン 『アバター』
 ・ニール・ブロムカンプ 『第9地区』
 ・J・J・エイブラムス 『スター・トレック』
 ・クエンティン・タランティーノ 『イングロリアス・バスターズ』
 ・キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』

 ◆ベスト男優(BEST ACTOR)
 ・サー・マイケル・ケイン “Harry Brown”
 ◎クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 ・ロバート・パティンソン 『ニュームーン/トワイライト・サーガ』
 ・サム・ワーシントン 『アバター』
 ・ロバート・ダウニー Jr. 『シャーロック・ホームズ』

画像

 ◆ベスト女優(BEST ACTRESS)
 ・アンヌ=マリー・ダフ “Nowhere Boy”
 ・キャリー・マリガン 『17歳の肖像』
 ◎ゾーイ・サルダナ 『アバター』
 ・エミリー・ブラント 『ヴィクトリア女王 世紀の愛』
 ・メラニー・ロラン 『イングロリアス・バスターズ』

 ◆ベスト・ニューカマー(BEST NEWCOMER)
 ・キャリー・マリガン 『17歳の肖像』
 ◎アーロン・ジョンソン “Nowhere Boy”
 ・シャールト・コプリー 『第9地区』
 ・アナ・ケンドリック 『マイレージ、マイライフ』『ニュームーン/トワイライト・サーガ』
 ・カティー・ジャーヴィス “Fish Tank”

画像

 ◆ベスト・スリラー(BEST THRILLER)
 ・“Harry Brown”
 ・『パブリック・エネミーズ』
 ・『イングロリアス・バスターズ』
 ・『ハート・ロッカー』
 ◎『シャーロック・ホームズ』

 ◆ベスト・ホラー(BEST HORROR)
 ◎“Let The Right One In”
 ・『パラノーマル・アクティビティ』
 ・『ゾンビランドへようこそ(仮)』
 ・『渇き』
 ・『スペル』

画像
 ◆ベスト・コメディー(BEST COMEDY)
 ◎“In The Loop”
 ・“A Serious Man”
 ・『ハングオーバー』
 ・『マイレージ、マイライフ』
 ・“The Men Who Stare At Goats”

画像

 ◆ベストSF/ファンタジー(BEST SCI-FI / FANTASY)
 ・『月に囚われた男』
 ◎『スター・トレック』
 ・『アバター』
 ・『第9地区』
 ・『Dr.パルナサスの鏡』

 ◆エンパイア・アイコン(Empire Icon)
 ◎サー・イアン・マッケラン

画像

 ◆エンパイア・インスピレーション(Empire Inspiration)
 ◎アンディー・サーキス

画像

 ◆エンパイア・ヒーロー(Empire Hero)
 ◎ジュード・ロウ

画像

 ◆英国映画への貢献賞(Outstanding Contribution To British Cinema)
 ◎レイ・ウィンストン

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 エンパイア賞は、映画雑誌「エンパイア・マガジン」の読者が選ぶ映画賞なので、作品としては、ハリウッド・メジャーとインディーズが交じりつつも、基本的には、アメリカ映画の人気作品ばかりが並ぶノミネーション&受賞結果になっています。

 それでも、アメリカの映画賞に比べると、多少はイギリス映画がたくさんノミネートされている、という感じでしょうか。

 ま、正直なところ、エンパイア賞は映画賞としてさほど価値の高いものではありませんが、この結果から、一般のイギリス人がどんな映画が好きで、どんな俳優に人気があるのか、ということが見て取れると思います。

 日本未公開の作品も当ブログで何度も触れた作品ばかりですが、その中でもちょっと気になる作品は、ベスト英国映画に選ばれた“Harry Brown”でしょうか。
 この作品は、トロント国際映画祭2009 SPECIAL PRESENTATIONS部門でワールド・プレミアされた作品です。

 ・“Harry Brown”(英) 監督:Daniel Barber [ワールド・プレミア]
 出演:マイケル・ケイン、エミリー・モーティマー、イアン・グレン、リアム・カニンガム
 物語:親友を殺されたハリー・ブラウンは、その容疑者であるギャングがのうのうと歩き回っているのを見て、復讐に立ち上がる。
 ※上の画像は、プロデューサーのKris Thykierと出演者のBen Drewです。

画像

 *当ブログ関連記事
 ・第63回イギリス・アカデミー賞(BAFTA) 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_39.html
 ・第63回イギリス・アカデミー賞(BAFTA)ノミーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_35.html
 ・第63回イギリス・アカデミー賞(BAFTA)候補 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_12.html
 ・第30回ロンドン映画批評家協会賞 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_32.html
 ・第4回リチャード・アッテンボロー賞発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_3.html
 ・イブニング・スタンダード英国映画賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_19.html
 ・BAFTAスコットランド2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_15.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_12.html
 ・英国グリアソン・アワード2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_13.html
 ・第7回アイルランド映画&テレビ・アカデミー賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_38.html
 ・「ロンドン・タイムズ」が選ぶ2009年映画ベスト100!:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_41.html

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 画像
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・2009年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
英国・エンパイア賞2010 発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる