海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS フィンランド・アカデミー賞2010発表!

<<   作成日時 : 2010/02/03 00:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 フィンランド・アカデミー賞 (Jussi Awards/Jussi-palkinto)は発表になりました。(1月31日)

 ◆作品賞(PARAS ELOKUVA)
 ・“The Interrogation /Kuulustelu” 監督:Jörn Donner
 ◎“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille” 監督:Klaus Härö
 ・“Under the North Star /Täällä Pohjantähden alla” 監督:Timo Koivusalo

 “Letters to Father Jaakob(Letter to Father Jacob)/Postia pappi Jaakobille”は、マンハイム・ハイデルベルク国際映画祭2009 グランプリ、カイロ国際映画祭 グランプリ(Golden Pyramid)&脚本賞受賞。米国アカデミー賞2010外国語映画賞フィンランド代表。

 ◆監督賞(OHJAUS)
 ・“Forbidden Fruit /Kielletty hedelmä” 監督:Dome Karukoski
 ・“The Visitor /Muukalainen”(フィンランド・エストニア・独・英) 監督:Jukka-Pekka Valkeapää
 ◎“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille” 監督:Klaus Härö

画像

 ◆主演男優賞(MIESPÄÄOSA)
 ・“The House of Branching Love/Haarautuvan rakkauden talo”(監督:ミカ・カウリスマキ) Hannu-Pekka Björkman
 ◎“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille” Heikki Nousiainen
 ・“Twisted Roots /Väärät juuret”(監督:Saara Saarela) ペルッティ・スヴェホルム(Pertti Sveholm)

画像

 Heikki Nousiainenは、主演と助演でダブル・ノミネートでしたが、主演男優賞を受賞。

 ◆主演女優賞(NAISPÄÄOSA)
 ・“The House of Branching Love/Haarautuvan rakkauden talo” Elina Knihtilä
 ◎“The Interrogation /Kuulustelu” ミンナ・ハーパキュラ(Minna Haapkylä)
 ・“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille” Kaarina Hazard

 ミンナ・ハーパキュラは、フィンランド映画『FCヴィーナス』(Vのみ)、フランス映画『蛇男』に出演している女優。

 ◆助演男優賞(MIESSIVUOSA)
 ◎“Hellsinki /Rööperi”(監督:Aleksi Mäkelä) ペーテル・フランツェーン(Peter Franzén)
 ・“Under the North Star /Täällä Pohjantähden alla” Heikki Nousiainen
 ・“Under the North Star /Täällä Pohjantähden alla” Esko Roine

 ペーテル・フランツェーンは、フランスのテレビドラマ『新・メグレ警視/フィンランドの犯罪』(1996)、エストニア=フィンランド映画『バルト大攻防戦』(2002/Vのみ)、スウェーデン映画『J★A★C★K』(2003/Vのみ)、スウェーデン映画『デイ・オブ・ザ・デシジョン』(2003/Vのみ)、アメリカ映画『ザ・クリーナー 消された殺人』(2007)などに出演している俳優。

 ◆助演女優賞(NAISSIVUOSA)
 ◎“Forbidden Fruit /Kielletty hedelmä” Amanda Pilke
 ・“Ground Under Water /Maata meren alla”(監督:Lenka Hellstedt) Marja Packalén
 ・“Under the North Star /Täällä Pohjantähden alla” Miia Selin

画像

 ◆脚本賞(KÄSIKIRJOITUS)
 ・“The Interrogation /Kuulustelu” Olli Soinio
 ◎“Last Cowboy Standing/Skavabölen pojat”(フィンランド・独) (監督:Zaida Bergroth) Antti Raivio、Jan Forsström、Zaida Bergroth
 ・“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille” Klaus Härö、Jaana Makkonen

 “Last Cowboy Standing/Skavabölen pojat”は、釜山国際映画祭2009 Flash Forward賞受賞。

 ◆撮影賞(KUVAUS)
 ・“The Interrogation /Kuulustelu” ピルヨ・ホンカサロ(Pirjo Honkasalo)
 ◎“The Visitor /Muukalainen”(フィンランド・エストニア・独・英) Tuomo Hutri
 ・“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille” Tuomo Hutri

 Tuomo Hutriは、ダブル・ノミネートでしたが、“The Visitor /Muukalainen”で受賞。

 ◆編集賞(LEIKKAUS)
 ・“The House of Branching Love/Haarautuvan rakkauden talo” Jukka Nykänen
 ◎“The Visitor /Muukalainen”(フィンランド・エストニア・独・英) メルヴィ・ユンッコネン(Mervi Junkkonen)
 ・“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille” Samu Heikkilä

 メルヴィ・ユンッコネンは、監督作品『静かな空間』(2005)が山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映されています。

 ◆美術賞(LAVASTUS)
 ・“The Interrogation /Kuulustelu” Pentti Valkeasuo
 ・“The Visitor /Muukalainen”(フィンランド・エストニア・独・英) Kaisa Mäkinen
 ◎“Hellsinki /Rööperi” Pirjo Rossi

 ◆衣裳デザイン賞(PUKUSUUNNITTELU)
 ・“The Interrogation /Kuulustelu” Auli Turtiainen
 ◎“Hellsinki /Rööperi” ティナ・カウカネン(Tiina Kaukanen)
 ・“Under the North Star /Täällä Pohjantähden alla” Leila Jäntti

 ティナ・カウカネンは、『ヘイフラワーとキルトシュー』(2002)でも衣裳デザインを手がけている。

 ◆音響賞(ÄÄNISUUNNITTELU)
 ・“The Visitor /Muukalainen”(フィンランド・エストニア・独・英) Micke Nyström
 ◎“Last Cowboy Standing/Skavabölen pojat”(フィンランド・独) Janne Laine
 ・“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille” Kirka Sainio

 ◆音楽賞(MUSIIKKI)
 ・“Within Limits /Liikkumavara”(監督:Annika Grof) ヴィリー・リーパ(Ville Riippa)
 ・“The Visitor /Muukalainen”(フィンランド・エストニア・独・英) Helena Tulve
 ◎“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille” Dani Strömbäck

 ◆ドキュメンタリー賞(DOKUMENTTIELOKUVA)
 ◎“The Living Room of the Nation /Kansakunnan olohuone” 監督:Jukka Kärkkäinen
 ・“Within Limits /Liikkumavara” 監督:Annika Grof
 ・“The Magnetic Man /Magneettimies” 監督:Arto Halonen

 ◆観客賞
 ◎“Hellsinki /Rööperi” 監督:Aleksi Mäkelä

 ◆生涯貢献賞
 ◎ラッセ・ポユスティ(Lasse Pöysti)(監督・俳優)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille”(4/9):作品・監督・主演男優・主演女優・脚本・撮影・編集・音響・音楽
 ・“The Interrogation /Kuulustelu”(1/6):作品・主演女優・脚本・撮影・美術・衣裳
 ・“The Visitor /Muukalainen”(2/6):監督・撮影・編集・美術・音響・音楽
 ・“Under the North Star /Täällä Pohjantähden alla”(0/5):作品・助演男優・助演男優・助演女優・衣裳
 ・“The House of Branching Love/Haarautuvan rakkauden talo”(0/3):主演男優・主演女優・編集
 ・“Hellsinki /Rööperi”(3/3):助演男優・美術・衣裳 +観客賞
 ・“Last Cowboy Standing/Skavabölen pojat”(2/2):脚本・音響

 受賞結果は、最多ノミネートの“Letters to Father Jaakob/Postia pappi Jaakobille”が、作品賞・監督賞・主演男優賞・音楽賞という主要部門を押さえて、最多受賞になりました。

 3部門ノミネートだった“Hellsinki /Rööperi”は、ノミネートされていた全部門で受賞したほか、観客賞も受賞して、こちらも4部門の受賞となりました。

 各作品の内容については、ノミネーションの記事()http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_33.htmlに書きましたので、そちらを参照してください。未紹介だった作品についてのみ、下記に紹介記事を書いておきます。

 ・“Last Cowboy Standing/Skavabölen pojat”(フィンランド・独)
 監督:Zaida Bergroth
 物語:1972年。ルパートは8歳、エバートは6歳。2人は、仲のよい兄弟で、いつも家の裏庭で、近所の女の子たちと一緒にカウボーイ&インディアンごっこをしたりして遊んでいた。彼らの母は、あたたかいが、怒りっぽく、父は優しいが、頼りなかった。そんな彼ら家族に引越しの日がやってくる。その引越しは明るい未来を運んでくると思われたが……。

画像

 ・“The Living Room of the Nation /Kansakunnan olohuone”
 監督:Jukka Kärkkäinen
 現代のフィンランド。異なる段階にある6つの家庭のリビングルームを映すことによって、家庭の変化、孤独、責任、避けられない時間の流れを描き出す。

画像

 *この記事がなかなか興味深かった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・フィンランド・アカデミー賞(Jussi Awards)2010ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_33.html
 ・スウェーデン・アカデミー賞(Guldbagge Awards)2010受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_41.html

 ・2009年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月〜2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フィンランド・アカデミー賞2010発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる