海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 第63回イギリス・アカデミー賞発表! 『ハート・ロッカー』VS『アバター』の行方は……

<<   作成日時 : 2010/02/22 12:59   >>

トラックバック 1 / コメント 0

 第63回イギリス・アカデミー賞(BAFTA)の結果が発表になりました。(2月21日)

 受賞結果を書き出す前に、BAFTAと米国アカデミー賞の傾向性の違いを見てみると、BAFTAと米国アカデミー賞は、作品賞部門では、過去20年間に7回しか一致しておらず―
 @BAFTAは有力なイギリス映画がある場合は強いアメリカ映画があってもイギリス映画の方を選ぶ。
 2008年 BAFTA:『つぐない』 AA:『ノーカントリー』
 2007年 BAFTA:『クィーン』 AA:『ディパーテッド』
 1995年 BAFTA:『フォー・ウェディング』 AA:『フォレスト・ガンプ』
 1992年 BAFTA:『ザ・コミットメンツ』 AA:『羊たちの沈黙』

 Aハリウッド大作よりは、ヨーロッパの香りがするようなインディーズ系の作品を選ぶ。
 2003年 BAFTA:『戦場のピアニスト』 AA:『シカゴ』
 1998年 BAFTA:『フル・モンティ』 AA:『タイタニック』

 B米国アカデミー賞には俳優出身の監督作品を好むという傾向があるが、BAFTAにはそれがなく、俳優出身の監督作品よりは、ベテラン監督の作品を好む。(スコセッシは好きだが、イーストウッドは嫌い。)
 2005年 BAFTA:『アビエイター』 AA:『ミリオンダラー・ベイビー』
 1996年 BAFTA:『ユージュアル・サスペクツ』 AA:『ブレイブハート』
 1993年 BAFTA:『ハワーズ・エンド』 AA:『許されざる者』
 1991年 BAFTA:『グッドフェローズ』 AA:『ダンス・ウィズ・ウルブズ』

 などの傾向があります。

 さて、今年の結果は――

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞
 ・『アバター』
 ・『17歳の肖像』
 ◎『ハート・ロッカー』
 ・『プレシャス』
 ・『マイレージ、マイライフ』

画像

 ◆監督賞
 ・『アバター』 ジェームズ・キャメロン
 ・『第9地区』 ニール・ブロムカンプ
 ・『17歳の肖像』 ロネ・シェルフィグ
 ◎『ハート・ロッカー』 キャスリン・ビグロー
 ・『イングロリアス・バスターズ』 クエンティン・タランティーノ

画像

 ◆主演男優賞
 ・アンディー・サーキス "Sex & Drugs & Rock & Roll"
 ◎コリン・ファース 『シングル・マン』
 ・ジョージ・クルーニー 『マイレージ、マイライフ』
 ・ジェフ・ブリッジス "Crazy Heart"
 ・ジェレミー・レナー 『ハート・ロッカー』

画像

 ◆主演女優賞
 ・オドレイ・トトゥ 『ココ・アヴァン・シャネル』
 ◎キャリー・マリガン 『17歳の肖像』
 ・ガボレイ・シディベ 『プレシャス』
 ・メリル・ストリープ 『ジュリー&ジュリア』
 ・シアーシャ・ローナン 『ラブリーボーン』

画像

 ◆助演男優賞
 ・アレック・ボールドウィン 『恋するベーカリー』
 ・アルフレッド・モリーナ 『17歳の肖像』
 ・クリスチャン・マッケイ "Me and Orson Welles"
 ◎クリストフ・ヴァルツ 『イングロリアス・バスターズ』
 ・スタンリー・トゥッチ 『ラブリーボーン』

画像

 ◆助演女優賞
 ・アナ・ケンドリック 『マイレージ、マイライフ』
 ・アンヌ=マリー・ダフ "Nowhere Boy"
 ・クリスティン・スコット・トーマス "Nowhere Boy"
 ◎モニーク 『プレシャス』
 ・ヴェラ・ファーミガ 『マイレージ、マイライフ』

 ◆オリジナル脚本賞
 ・『ハングオーバー』 ジョン・ルーカス、スコット・ムーア
 ◎『ハート・ロッカー』 マーク・ボール
 ・『イングロリアス・バスターズ』 クエンティン・タランティーノ
 ・"A Serious Man" ジョエル&イーサン・コーエン
 ・『カールじいさんの空飛ぶ家』 ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター

画像

 ◆脚色賞
 ・『第9地区』 ニール・ブロムカンプ、テリ・タッチェル(Terri Tatchell)
 ・『17歳の肖像』 ニック・ホーンビィ
 ・"In the Loop" Jesse Armstrong、Simon Blackwell、Armando Iannucci、Tony Roche
 ・『プレシャス』 ジェフリー・フレッチャー
 ◎『マイレージ、マイライフ』 ジェイソン・ライトマン、シェルドン・ターナー

 ◆撮影賞
 ・『アバター』 マウロ・フィオーレ
 ・『第9地区』 トレント・オパロッチ(Trent Opaloch)
 ◎『ハート・ロッカー』 バリー・アクロイド
 ・『イングロリアス・バスターズ』 ロバート・リチャードソン
 ・"The Road" ハヴィエル・アギーレサロベ(Javier Aguirresarobe)

画像

 ◆編集賞
 ・『アバター』 スティーヴン・リヴキン、ジョン・ルフーア、ジェームズ・キャメロン
 ・『第9地区』 ジュリアン・クラーク
 ◎『ハート・ロッカー』 ボブ・ムラウスキ、クリス・イニス
 ・『イングロリアス・バスターズ』 サリー・メンケ
 ・『マイレージ、マイライフ』

画像

 ◆美術賞(Production Design)
 ◎『アバター』 リック・カーター、ロバート・ストロンバーグ、キム・シンクレア(Kim Sinclair)
 ・『第9地区』 フィリップ・アイヴィ、Guy Poltgieter
 ・『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 スチュアート・クレイグ(Stuart Craig)、ステファニー・マクミラン(Stephenie McMillan)
 ・『Dr.パルナサスの鏡』 デイヴ・ウォーレン(Dave Warre)、アナスタシア・マサロ(Anastasia Masaro)、キャロライン・スミス(Caroline Smith)
 ・『イングロリアス・バスターズ』 デイヴィッド・ワスコ、サンディー・レイノルズ=ワスコ

画像

 ◆衣裳デザイン賞
 ・"Bright Star" ジャネット・パターソン
 ・『ココ・アヴァン・シャネル』 カトリーヌ・ルテリエ
 ・『17歳の肖像』 オディー・デイックス・ミレー
 ・『シングル・マン』 アリアンヌ・フィリップス
 ◎『ヴィクトリア女王 世紀の愛』 サンディー・パウエル

画像

 ◆メイキャップ&ヘアメイク賞
 ・『ココ・アヴァン・シャネル』 Thi Thanh Tu Nguyen、Jane Milon
 ・『17歳の肖像』 リジー・ヤンニ・ジョルジュ(Lizzie Yianni Georgiou)
 ・『Dr.パルナサスの鏡』 Sarah Monzani
 ・『NINE』 ピーター・ソード・キング(Peter ‘Swords’ King)
 ◎『ヴィクトリア女王 世紀の愛』 ジェニー・シャーコア(Jenny Shircore)

 ◆視覚効果賞(Special Visual Effects)
 ◎『アバター』 ジョー・レッテリ(Joe Letteri)、スティーヴ・ローゼンバウム(Stephen Rosenbaum)、Richard Banehamm、Andrew R. Jones
 ・『第9地区』 Dan Kaufman、Peter Muyzers、ロバート・ハブロス(Robert Habros)、Matt Aitken
 ・『ハリー・・ポッターと謎のプリンス』 ジョン・リチャードソン、Tim Burke、Tim Alexander、Nicolas Aithadi
 ・『ハート・ロッカー』 リチャード・スタッツマン(Richard Stutsman)
 ・『スター・トレック』 ロジャー・グイエット(Roger Guyett)、Russell Earl、Paul Kavanagh、バート・ダルトン(Burt Dalton)

画像

 ◆音響賞
 ・『アバター』 クリストファー・ボイズ(Christopher Boyes)、Gary Summers、Andy Nelson、Tony Johnson、Addison Teague
 ・『第9地区』 対象者未確定
 ◎『ハート・ロッカー』 Ray Beckett、Paul N. J. Ottosson、Craig Stauffer
 ・『スター・トレック』 ピーター・デヴリン(Peter J. Devlin)、Andy Nelson、アン・ベルマー(Anna Behlmer)、マーク・ストッキンガー(Mark Stoeckinger)、ベン・バート(Ben Burtt)
 ・『カールじいさんの空飛ぶ家』 Tom Myers、Michael Silvers、Michael Semanick

 Andy Nelsonは、ダブル・ノミネートです。

 ◆音楽賞
 ・『アバター』 ジェームズ・ホナー
 ・"Crazy Heart" T・ボーン・バーネット、スティーヴン・ブルトン(Stephen Bruton)
 ・"Fantastic Mr Fox" アレクサンドル・デプラ
 ・"Sex & Drugs & Rock & Roll" チャズ・ジャンケル(Chaz Jankel)
 ◎『カールじいさんの空飛ぶ家』 マイケル・ジアッチーノ

画像

 ◆アニメーション賞
 ・『コララインとボタンの魔女』
 ・"Fantastic Mr Fox"
 ◎『カールじいさんの空飛ぶ家』

画像

 ◆外国語映画賞
 ・『抱擁のかけら』
 ・『ココ・アヴァン・シャネル』
 ・“Let the Right One In”
 ◎“A Prophet”
 ・『白いリボン』“The White Ribbon”

 ◆最優秀イギリス映画賞(Outstanding British Film)
 ・『17歳の肖像』
 ◎“Fish Tank”
 ・“In the Loop”
 ・『月に囚われた男』“Moon”
 ・“Nowhere Boy”

画像

 ◆最優秀イギリス映画デビュー賞(Outstanding Debut By A British Writer, Director Or Producer)
 ・Lucy Bailey(監督)、Andrew Thompson(監督)、Elizabeth Morgan Hemlock(プロデューサー)、David Pearson(プロデューサー):“Mugabe and the White African”
 ・Eran Creevy(監督・脚本):“Shifty”
 ・Stuart Hazeldine(監督・脚本):“Exam”
 ◎ダンカン・ジョーンズ(監督):『月に囚われた男』“Moon”
 ・サム・テイラー・ウッド(監督):“Nowhere Boy”

画像

 ◆短編アニメーション賞
 ・“The Gruffalo” 監督:Jakob Schuh、Max Lang
 ・“The Happy Duckling” 監督:Gili Dolev
 ◎“Mother of Many” 監督:Emma Lazenby

 ◆短編映画賞
 ・“14” 監督:Asitha Ameresekere
 ◎“I Do Air” 監督:Martina Amati
 ・“Jade” 監督:Daniel Elliott
 ・“Mixtape” 監督:Luke Snellin
 ・“Off Season” 監督:Jonathan Van Tulleken

画像

 ◆ライジング・スター賞(The Orange Rising Star Award/一般からの投票)
 ・ジェシー・アイゼンバーグ(Jesse Eisenberg) “Zombiland”、“Adventureland”、“Solitary Man”などに出演
 ・ニコラス・ホルト(Nicholas Hoult):『アバウト・ボーイ』の少年役から7年経って、『シングル・マン』に出演
 ・キャリー・マリガン:『17歳の肖像』の主演女優
 ・Tahar Rahim:“A Prophet”の主演男優
 ◎クリステン・スチュアート:「トワイライト・サーガ」の主演女優

画像

 ◆アカデミー・フェローシップ
 ◎ヴァネッサ・レッドグローブ

画像

 ◆イギリス映画貢献賞(Outstanding Contribution to British Cinema)
 ◎Joe Dunton
 Joe Duntonは、40年にもわたって、撮影機材面でイギリス映画をサポートしてきた知られざる裏方さん。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は、以下のようになっています。

 ・『ハート・ロッカー』(6/8):作品・監督・主演男優・脚本・撮影・編集・視覚効果・音響
 ・『アバター』(2/8):作品・監督・撮影・編集・美術・視覚効果・音響・音楽
 ・『17歳の肖像』(1/7):作品・監督・主演女優・助演男優・脚色・衣裳・メイク
 ・『第9地区』(0/7):監督・脚色・撮影・編集・美術・視覚効果・音響
 ・『マイレージ、マイライフ』(1/6):作品・主演男優・助演女優・助演女優・脚色・編集
 ・『イングロリアス・バスターズ』(1/6):監督・助演男優・脚本・撮影・編集・美術・
 ・『プレシャス』(1/4):作品・主演女優・助演女優・脚色
 ・『カールじいさんの空飛ぶ家』(2/4):脚本・音響・音楽・アニメ
 ・『ラブリーボーン』(0/2):主演女優・助演男優
 ・『スター・トレック』(0/2):視覚効果・音響
 ・『シングル・マン』(1/2):主演男優・衣裳
 ・“Nowhere Boy”(0/2):助演女優・助演女優
 ・『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(0/2):美術・視覚効果
 ・『ヴィクトリア女王 世紀の愛』(2/2):衣裳・メイク

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ノミネーション発表の段階で、アメリカの映画賞とほとんど変わらないようなものになっていたBAFTA。助演男優賞、助演女優賞、脚色賞、視覚効果賞、音楽賞、長編アニメーション賞は、ガチガチの本命が受賞し、美術賞、衣裳賞もまあ順当の結果になりました。

 驚いたのは、そのほかの部門での『ハート・ロッカー』の圧勝ぶりで、作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、音響賞、と主要部門のほとんどを制する形になりました。

 米国アカデミー賞では、『ハート・ロッカー』の作品賞と監督賞と編集賞は固く、編集賞も有力だと予想されている(当ブログでも予想している)わけですが、『アバター』が有力視されていた撮影賞や音響賞まで『ハート・ロッカー』が受賞して、ちょっとびっくりしてしまいました。

 わりを食ったのは『アバター』で、最多8部門にノミネートされていながら、受賞は、美術賞と視覚効果賞の2部門のみにとどまりました。

 まあ、『タイタニック』の年に『タイタニック』を選ばずに、『フル・モンティ』を選ぶのがBAFTAですから、『アバター』がBAFTAで最多受賞になることはないだろうとは予想できましたが、これほどの大差になるとは思ってもみませんでした。
 ま、米国アカデミー賞では、技術部門はもう少し『アバター』に流れるとは思いますが……。

 主演男優賞と主演女優賞、美術賞、メイキャップ&ヘアメイク賞という4部門にイギリス映画を食い込ませてきたのは、BAFTAの、アメリカ映画に対するささやかな抵抗というところでしょうか。

 上には受賞者の画像のみ入れておきましたが、授賞式は、ノミニーをはじめとする多数のスターが出席するという華やかなもので、監督では、ジェームズ・キャメロン、クエンティン・タランティーノ、リー・ダニエルズ、トム・フォード、Armando Iannucci、俳優では、アンディー・サーキス、ジェレミー・レナー、オドレイ・トトゥ、ガボレイ・シディベ、シアーシャ・ローナン、アルフレッド・モリーナ、クリスチャン・マッケイ、スタンリー・トゥッチ、アナ・ケンドリック、アンヌ=マリー・ダフ、クリスティン・スコット・トーマス、ヴェラ・ファーミガなどのノミニー組のほか、ミッキー・ロークやケイト・ウィンスレットなど昨年の受賞者、さらには、マット・ディロン、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ロバート・パティンソン、ガイ・ピアース、ピーター・キャパルディ、アニル・カプール、クライブ・オーウェン、ジェイソン・アイザックス、レベッカ・ホール、ロモーラ・ガライ、クレア・デーンズなどの姿も見られました。

 さて、米国アカデミー賞発表まで残されたイベントもわずかになり、いよいよカウントダウンが始まりました……。

 *この記事がなかなか興味深かった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・第63回イギリス・アカデミー賞(BAFTA)ノミーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_35.html
 ・第63回イギリス・アカデミー賞(BAFTA)候補 ロングリスト:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_12.html

 ・第30回ロンドン映画批評家協会賞 発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_32.html
 ・第4回リチャード・アッテンボロー賞発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_3.html
 ・イブニング・スタンダード英国映画賞2010:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_19.html
 ・BAFTAスコットランド2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_15.html
 ・ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2009:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_12.html
 ・英国グリアソン・アワード2009 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_13.html

 ・第7回アイルランド映画&テレビ・アカデミー賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_38.html

 ・2009年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月〜2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html
 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 前半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_43.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
月に囚われた男
「3年間は長いよ」 静寂な月での生活は不気味なくらい孤独で寂しいものだ。自分とそっくりなクローン人間の登場で、一層不気味感が高まる。反発し合う二人だが、交流が深まるにつれしだいに互いに力を合わせ月からの脱出を考え始める。ラストはちょっぴり皮肉を込めたヒューマンドラマになり、めでたしめでたし。 ひょっとしたら、映画史に記憶される貴重な作品になるかもしれない。 イギリスらしい風刺性とコミック性に富んだ小粋な作品である。 こういう映画は好きだ。 《月に囚われた男》オフィシャルサイト ...続きを見る
cochi のArt-Mill
2010/04/25 00:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第63回イギリス・アカデミー賞発表! 『ハート・ロッカー』VS『アバター』の行方は…… 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる