海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ映画批評家賞2010 結果発表!

<<   作成日時 : 2010/02/18 19:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 開催中のベルリン国際映画祭には、公式行事と並行して、さまざまなイベントが行なわれますが、前回アップした「シューティング・スター」の授賞式のほか、ドイツ映画批評家賞(VDFK:Preis der deutschen Filmkritik)の発表もその1つで、2月15日にその発表が行なわれました。

 今年は、日本人宮山麻里枝監督の『赤い点』が第1回監督賞にノミネートされていたほか、第二次世界大戦中の中国を舞台にし、日本人俳優も少なからず出演している映画“John Rabe”が2部門でノミネートされていたということもあり、日本人としても注目すべき映画賞の1つとなっていました。

 今年の受賞結果は、以下の通りです。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆作品賞(Feature film/ Spielfilm)
 ◎『白いリボン』“The White Ribbon (Das Weisse Band)” 監督:ミヒャエル・ハネケ
 ・“Little White Lies (Die Perlmutterfarbe)” 監督:マーカス・H・ローゼンミューラー(Marcus H. Rosenmüller)
 ・“Helen” 監督:サンドラ・ネットルベック(Sandra Nettelbeck)
 ・“John Rabe” 監督:フロリアン・ガレンバーガー( Florian Gallenberger)
 ・“My Word, My Lies, My Love – Lila, Lila” 監督:アラン・グスポーナー(Alain Gsponer)
 ・“Storm (Sturm)” 監督:ハンス=クリスティアン・シュミット(Hans-Christian Schmid)
 ・“Whisky With Vodka (Whisky Mit Wodka)” 監督:アンドレアス・ドレーゼン(Andreas Dresen)

 ◆第1回作品賞(Feature Film Debut/ Spielfilmdebüt)
 ・『赤い点』“The Red Spot (Der Rote Punkt)” 監督:宮山麻里枝
 ・“Evet, Ich Will!” 監督:Sinan Akkus
 ・“Hangtime (Kein Leichtes Spiel)” 監督:Wolfgang Groos
 ◎“Salami Aleikum” 監督:Ali Samadi Ahadi
 ・“Teenage Angst” 監督:Thomas Stuber
 ・“Weltstadt” 監督:Christian Klandt

 ◆男優賞(Actor/ Darsteller)
 ・Lars Eidinger “Everyone Else(Alle Anderen)”(監督:Maren Ade)
 ・ワルター・ギラー(Walter Giller) “Dinosaurier”(監督:Leander Haußmann)
 ◎Burghardt Klaussner 『白いリボン』“The White Ribbon”
 ・デーヴィト・シュトリーゾフ(Devid Striesow) “So Glücklich War Ich Noch Nie”(監督:Alexander Adolph)
 ・ウルリッヒ・トゥクール “John Rabe”

 ◆女優賞(Actress/ Darstellerin)
 ・イリス・バーベン(Iris Berben) “The Day Will Come (Es KIommt Der Tag)”(監督:Susanne Schneider)
 ・コリンナ・ハルフォーフ(Corinna Harfouch) “This Is Love”(監督:マティアス・グラスナー)
 ◎ビルギット・ミニヒマイアー(Birgit Minichmayr) “Everyone Else (Alle Anderen)”
 ・ミーナ・タンダー(Mina Tander) “Maria, He Doesn’t Like It! (Maria, Ihm Schmeckt’s Nicht!)”(監督:Neele Leana Vollmar)
 ・ナディヤ・ウール(Nadja Uhl) “So Glücklich War Ich Noch Nie”

 ◆脚本賞(Drehbuch)
 ◎『白いリボン』“The White Ribbon (Das Weisse Band)” ミヒャエル・ハネケ
 ・“Helen” サンドラ・ネットルベック
 ・“Storm (Sturm)” Bernd Lange、ハンス=クリスティアン・シュミット

 ◆撮影賞(Kamera)
 ◎『白いリボン』“The White Ribbon (Das Weisse Band)” クリスティアン・ベルガー(クリスチャン・ベアガー)
 ・“Little White Lies (Die Perlmutterfarbe)” トルステン・ブロイアー(Thorsten Breuer)
 ・“Storm (Sturm)” Bogumil Godfrejow
 ・『ソウル・キッチン』“Soul Kitchen”(監督:ファティ・アキン) ライナー・クラウスマン(Rainer Klausmann)
 ・“Tannöd”(監督:) ステファン・クティ(Stéphane Kuthy)

 ◆編集賞(Schnitt)
 ・“Everyone Else (Alle Anderen)” Heike Parplies
 ・“The Day Will Come (Es KIommt Der Tag)” Jens Klüber、Sven Kulik
 ・“Salami Aleikum” ディリク・グラウ(Dirk Grau)
 ・『ソウル・キッチン』“Soul Kitchen” Andrew Bird
 ◎“Storm (Sturm)” Hansjörg Weißbrich

 ◆音楽賞(Musik)
 ・“Die Päpstin(Pope Joan)”(監督:Sönke Wortmann) Marcel Barsotti
 ◎“Die Tür(The Door)”(監督:Anno Saul) Fabian Römer
 ・“Vision – Aus dem Leben der Hildegard von Bingen”(監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ) クリス・ハイネ(Chris Heyne)
 ・“Wickie und die starken Männer(Vicky The Viking)”(監督:Michael Herbig) ラルフ・ヴェンゲンマイアー(Ralf Wengenmayr)
 ・“Wüstenblume(Desert Flower)”(監督:Sherry Horman) マーティン・トードシャローヴ(Martin Todsharow)

 ◆ドキュメンタリー賞(Dokumentarfilm/ Documentary)
 ◎“Achterbahn” 監督:Peter Dörfler
 ・“Harlan – Im Schatten von Jud Süß” 監督:フェリックス・メラー(Felix Moeller)
 ・“Henners Traum” 監督:Klaus Stern
 ・“Material” 監督:Thomas Heise
 ・“Zum Vergleich” 監督:Harun Farocki

 “Achterbahn” 物語:Norbert Witteは、かつては遊園地のキングであったが、破産して家族でペルーに向かう。しかし、ペルーでの生活も容易ではなく、しかも息子がコカインに手を出して、投獄されてしまう。

 ◆名誉賞(Ehrenpreis)
 ◎Ron Hollway
 Ron Hollwayは、クリエイティブ・コンサルタントとして活躍したアメリカ人で、2009年12月16日にベルリンで亡くなった。パラジャーノフについての映画の監督をしたりもしていて、同作でプロデューサーを務めたDorothea Moritz とともに、2007年のベルリン国際映画祭でBerlinare Kameraを受賞している。

 ◆実験映画賞(Bester Experimentalfilm)
 ◎“Painting Paradise” 監督:Barbara Hlali

 ◆短編映画賞
 2010年4月に発表。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネート&受賞状況は以下の通りです。

 ・『白いリボン』(4/4):作品・男優・脚本・撮影
 ・“Storm (Sturm)”(1/4):作品・脚本・撮影・編集
 ・“Everyone Else(Alle Anderen)”(1/3):男優・女優・編集
 ・“Little White Lies (Die Perlmutterfarbe)”(0/2):作品・撮影
 ・“Helen”(0/2):作品・脚本
 ・“John Rabe”(0/2):作品・男優
 ・“Salami Aleikum”(1/2):第1回・編集
 ・“So Glücklich War Ich Noch Nie”(0/2):男優・女優
 ・“The Day Will Come (Es KIommt Der Tag)”(0/2):女優・編集
 ・『ソウル・キッチン』“Soul Kitchen”(0/2):撮影・編集

 結果は、ミヒャエル・ハネケの『白いリボン』が、ノミネートされていた4部門すべてで受賞し、最多受賞となりました。
 1年前のベルリン国際映画祭で、ダブルで銀熊賞を受賞した“Everyone Else(Alle Anderen)”も、ベネチア国際映画祭審査員特別賞受賞の『ソウル・キッチン』も、カンヌ国際映画祭パルムドールの『白いリボン』には、やはりかなわなかった、ということになります。

 “John Rabe”は無冠で、宮山監督も惜しくも受賞を逃しました。まあ、日本人監督の作品がここまで評価されること自体大健闘なのですが。

 ドイツのニュース記事もいくつか見てみましたが、『白いリボン』の受賞のことは、当たり前のことのようにさらっと流され、もっぱら第1回作品賞を受賞した“Salami Aleikum”の方が見出しになったりしているようでした。

画像

 主なノミネート&受賞作品に関しては、ノミネート記事のところに書きましたので、興味のある方は、リンクからたどって見てみてください。

 ドイツ映画に関する賞としては、この後は、3月にドイツ映画賞が控えています。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・ドイツ映画批評家協会賞2010 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_24.html
 ・バイエルン映画賞2010 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201001/article_29.html

 ・2009年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月〜2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドイツ映画批評家賞2010 結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる