海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 第15回リュミエール賞発表!

<<   作成日時 : 2010/01/16 18:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第15回フランス・リュミエール賞の結果が発表になりました。(1月15日)

画像

 ◆作品賞(Meilleur film)
 ・“In the Beginning/A l'origine” 監督:グザヴィエ・ジャノリ
 ・『ココ・アヴァン・シャネル』“Coco Before Chanel/Coco avant Chanel” 監督:アンヌ・フォンテーヌ
 ・“In the Electric Mist/Dans la brume électrique” 監督:ベルトラン・タヴェルニエ
 ・“A Prophet/Un prophète” 監督:ジャック・オーディアール
 ◎『ウェルカム』“Welcome” 監督:フィリップ・リオレ

 『ウェルカム』は、ベルリン国際映画祭2009 パノラマ部門出品。観客賞2位、エキュメニカル賞、Label Europa Cinemas受賞。日本では第4回UNHCR難民映画祭-東京で上映されています。

 ◆監督賞(Meilleur réalisateur)
 ◎ジャック・オーディアール “A Prophet/Un prophète”
 ・アンヌ・フォンテーヌ 『ココ・アヴァン・シャネル』“Coco Before Chanel/Coco avant Chanel”
 ・グザヴィエ・ジャノリ “In the Beginning/A l'origine”
 ・フィリップ・リオレ 『ウェルカム』“Welcome”
 ・ベルトラン・タヴェルニエ “In the Electric Mist/Dans la brume électrique”

 ◆脚本賞(Meilleur scénario)
 ・ジャック・オーディアール、アブデル・ラウフ・ダフリ(Abdel Raouf Dafri)、トーマス・ビドゲイン(Thomas Bidegain)、ニコラ・プフェイイ(Nicolas Peufaillit) “A Prophet/Un prophète”
 ・フィリップ・リオレ、エマニュエル・クールコル(Emmanuel Courcol)、オリヴィエ・アダム(Olivier Adam) 『ウェルカム』“Welcome”
 ・ラデュ・ミヘイレアニュ(Radu Mihaileanu)、アラン=ミシェル・ブラン(Alain-Michel Blanc)、マシュー・ロビンス(Matthew Robbins)、Hector Cabello Reyes、Thierry Degrandi “The Concert/Le Concert”(監督:ラデュ・ミヘイレアニュ)
 ・Mathias Gokalp、Nadine Lamari “The Ordinary People/Rien de personnel”(監督:Mathias Gokalp)
 ◎ミア・ハンセン=ラヴ “The Father of My Children/Le Père de mes enfants”(監督:ミア・ハンセン=ラヴ)

 “The Father of My Children/Le Père de mes enfants”は、カンヌ国際映画祭2009 ある視点部門審査員特別賞受賞。

 ◆男優賞(Meilleur acteur)
 ・イヴァン・アタル “Rapt”(監督:ルーカス・デルヴォー(Lucas Belvaux))
 ・フランソワ・クリュゼ “In the Beginning/A l'origine”
 ・ロマン・デュリス “Persecution/Persécution”(監督:パトリス・シェロー)
 ・ヴァンサン・ランドン 『ウェルカム』“Welcome”
 ◎Tahar Rahim “A Prophet/Un prophète”

 Tahar Rahimは『屋敷女』にも出演している俳優。

 ◆女優賞(Meilleure actrice)
 ◎イザベル・アジャーニ “Skirt Day/La Journée de la jupe”(監督:Jean-Paul Lilienfeld)
 ・ドミニク・ブラン “The Other One/L'Autre”(監督:Patrick-Mario Bernard 、ピエール・トリヴィディク)
 ・ヴァリア・ブルーニ・テデスキ “Regrets/Les Regrets”(監督:セドリック・カーン)
 ・サンドリーヌ・キベルラン “Mademoiselle Chambon”(監督:ステファヌ・ブリゼ(Stéphane Brizé))
 ・オドレイ・トトゥ 『ココ・アヴァン・シャネル』“Coco Before Chanel/Coco avant Chanel”

 “Skirt Day/La Journée de la jupe”はベルリン国際映画祭2009 パノラマ部門出品作。バリャドリッド国際映画祭2009 グランプリ受賞。

 ◆新人男優賞(Best Male Newcomer/Meilleur espoir masculin)
 ・Firat Ayverdi 『ウェルカム』“Welcome”
 ・Maxime Godart  “Little Nicolas/Le Petit Nicolas”(監督:ローラン・ティラール(Laurent Tirard))
 ◎Vincent Lacoste “The French Kissers/Les Beaux Gosses”(監督:Riad Sattouf)
 ◎Anthony Sonigo “The French Kissers/Les Beaux Gosse”
 ・Samy Seghir “Neuilly, Yo Mama!/Neuilly sa mere!”(監督:ガブリエル・ジュリアン=ラファリエール(Gabriel Julien-Laferrière))

 “The French Kissers/Les Beaux Gosses”はBD作家として知られるRiad Sattoufの初監督作品。カンヌ国際映画祭2009 監督週間出品。ルイ・デリュック賞2009新人監督賞ノミネート。

 ◆新人女優賞(Best Female Newcomer)
 ・Mati Diop “35 Shots of Rum/35 Rhums”(監督:クレール・ドゥニ)
 ◎Pauline Etienne “Silent Voices/Qu'un seul tienne et les autres suivront”(監督:Léa Fehner)
 ・Garance Le Guillermic “The Hedgehog/Le Hérisson”(監督:Mona Achache)
 ・Julie Sokolowski “Hadewijch”(監督:ブリュノ・デュモン)
 ・Christa Theret  “LOL(Laughing Out Loud)”(監督:Lisa Azuelos)

 “Silent Voices/Qu'un seul tienne et les autres suivront”は、ルイ・デリュック賞2009 新人監督賞ノミネート作品。

 ◆フランス語外国映画賞(Best French-Language Film (from outside France)/ Meilleur film étranger francophone)
 ・“That Day/1 journée”(スイス・仏) 監督:Jacob Berger
 ・“Birds of Heaven/Après l'océan”(仏・英・コートジボアール) 監督:Eliane de Latour
 ・“Private Lessons/Elève libre”(ベルギー・仏) 監督:Joachim Lafosse
 ◎“I Killed My Mother/J'ai tué ma mère”(ケベック) 監督:Xavier Dolan
 ・“Hand of the Headless Man/Où est la main de l'homme sans tête”(ベルギー・オランダ・仏) 監督:Stéphane & Guillaume Malandrin
 ・“The Bloodiest/Les Saignantes”(カメルーン・仏) 監督:Jean-Pierre Bekolo

 “I Killed My Mother/J'ai tué ma mère”(2009)は、カンヌ国際映画祭2009 監督週間 アートシネマ賞、若者の視点賞、SACD賞受賞。

 ◆Le prix du public TV 5 monde du meilleur film francophone(TV5MONDE 最優秀フランス語映画観客賞)
 ◎“Où est la main de l'homme sans tête”(ベルギー)(監督:Guillaume Malandrin、Stéphane Malandrin)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主な作品のノミネーション&受賞状況は、以下のようになっています。

 ・『ウェルカム』(1/5):作品・監督・脚本・男優・新人男優
 ・“A Prophet/Un prophète”(2/4):作品・監督・脚本・男優
 ・“In the Beginning/A l'origine”(0/3):作品・監督・新人男優
 ・『ココ・アヴァン・シャネル』(0/3):作品・監督・女優
 ・“In the Electric Mist/Dans la brume électrique”(0/2):作品・監督

 本命と見られていたのは、ルイ・デリュック賞を制した“A Prophet/Un prophète”でしたが、結果は『ウェルカム』が作品賞を受賞し、「意外な結果!」という風に報じている記事も見受けられました。

 しかしながら、リュミエール賞というのはフランスに住む外国人記者の選ぶ賞なので、シネフィルが選ぶような小難しい作家主義的な作品よりはどちらかと言えばわかりやすい作品を選ぶ傾向にある映画賞なので、これはこれで当然の結果、なのかもしれません。

 “A Prophet/Un prophète”は作品賞こそ外したものの、監督賞と主演男優賞は順当に受賞しました。

 作品内容を読むだけで熱演が予想された“Skirt Day/La Journée de la jupe”(スカートの日)は、イザベル・アジャーニが主演女優賞を受賞しました。

 フランス語外国映画賞も本命の“I Killed My Mother/J'ai tué ma mère”が受賞しました。

 全体としては、ノミネーションの記事にも書きましたが、「移民や移民をめぐる社会問題をモチーフやテーマにした作品」が本年度のリュミエール賞の(隠れた)テーマとなったようで、そうした作品ばかりが賞を受賞する結果となりました。

 日本公開に関しては、“A Prophet/Un prophète”は決定しているというような書き方をしている記事も見られましたが、東京テアトルとシネカノンの共同配給で劇場公開されるようです。(ということは、公開劇場は、ヒューマントラストシネマ有楽町か銀座テアトルシネマでしょうか。)
 脚本賞を受賞した“The Father of My Children/Le Père de mes enfants”は、クレスト・インターナショナル配給で初夏に恵比寿ガーデンシネマでの公開が決まっています。
 作品賞を受賞した『ウェルカム』は、日本では第4回UNHCR難民映画祭-東京で上映されていますが、あれはビデオでの上映だったので、正式なプリントでの上映(劇場公開)を期待したいと思います。

 なお、各作品の内容に関しては、「リュミエール賞2010ノミネーション発表」の記事に書いたので、そちらを参照してください。

 フランスの映画賞としては、あとはセザール賞を待つばかりとなりましたが、セザール賞のノミネーション発表は、1週間後の1月22日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 応援してね!

 *当ブログ記事
 ・リュミエール賞2010ノミネーション発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_33.html
 ・ルイ・デリュック賞2009 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200911/article_39.html
 ・ルイ・デリュック賞2009 受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_18.html

 ・リュミエール賞(2008年度)ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_33.html
 ・リュミエール賞(2008年度)受賞結果:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_25.html

 ・2009年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月〜2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第15回リュミエール賞発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる