海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・監督組合(DGA)賞2010 ノミネーション発表!

<<   作成日時 : 2010/01/12 23:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 米・監督組合(DGA:Directors Guild of America)賞2010のノミネーションが発表になりました。(長編映画部門は1月7日、テレビ映画部門は1月8日、ドキュメンタリー部門の発表は1月12日)

画像

 【映画部門】

 ◆長編映画部門
 ・キャスリン・ビグロー 『ハート・ロッカー』
 ・ジェームズ・キャメロン 『アバター』
 ・リー・ダニエルズ 『プレシャス』
 ・ジェイソン・ライトマン 『マイレージ、マイライフ』
 ・クエンティン・タランティーノ 『イングロリアス・バスターズ』

 ◆ドキュメンタリー部門
 ・Mai Iskander “Garbage Dreams”
 ・Robert Kenner “Food, Inc.”
 ・ルイ・シホヨス 『ザ・コーヴ』
 ・Geoffrey Smith “The English Surgeon”
 ・アニエス・ヴァルダ 『アニエスの浜辺』

 【テレビ部門】

 ◆テレビ映画/ミニ・シリーズ部門(Movies For Television/Miniseries)
 ・ボブ・バラバン(Bob Balaban) “Georgia O'keeffe”(Lifetime)
 ・トーマス・カーター(Thomas Carter) “Gifted Hands: The Ben Carson Story”(TNT)
 ・John Kent Harrison “The Courageous Heart Of Irena Sendler”(CBS)
 ・ロス・ケイツ(Ross Katz) “Taking Chance”(HBO)
 ・Michael Sucsy 『グレイ・ガーデンズ 追憶の館』“Grey Gardens”(HBO)

 ボブ・バラバンは、70年代から活躍する俳優で、プロデューサーとして『ゴスフォード・パーク』を手がけたりもしている。
 トーマス・カーターは、『スウィング・キッズ』『ネゴシエーター』『セイブ・ザ・ラストダンス』『コーチ・カーター』。
 ロス・ケイツは、『イン・ザ・ベッドルーム』や『ロスト・イン・トランスレーション』『マリー・アントワネット』などを手がけるプロデューサーとしても知られている。

 ◆ドラマ・シリーズ部門(Dramatic Series Night)
 ・Paris Barclay “In Treatment”-‘Gina: Week 4’(HBO)
 ・ジャック・ベンダー(Jack Bender) 『LOST』“Lost”-‘The Incident, Parts 1 & 2’(ABC)
 ・Jennifer Getzinger 『MAD MEN』“Mad Men”-‘The Gypsy And The Hobo’(AMC)
 ・Lesli Linka Glatter 『MAD MEN』“Mad Men”-‘Guy Walks Into An Advertising Agency’(AMC)
 ・Matthew Weiner 『MAD MEN』“Mad Men”-‘Shut The Door. Have A Seat’(AMC)

 ジャック・ベンダーは、『チャイルド・プレイ』の監督。
 Jennifer Getzingerは、『破壊王 DRIVE』(1997)ではスクリプターを務めている。

 ◆コメディー・シリーズ部門(Comedy Series)

 ・Paris Barclay “Glee”-‘Wheels’(Fox)
 ・ラリー・チャールズ(Larry Charles) 『ラリーのミッドライフ★クライシス』“Curb Your Enthusiasm”-‘The Table Read’(HBO)
 ・ライアン・マーフィー(Ryan Murphy) “Glee”-パイロット版(Fox)
 ・ジェフ・シェイファー(Jeff Schaffer) 『ラリーのミッドライフ★クライシス』“Curb Your Enthusiasm”-‘Seinfeld’(HBO)
 ・Jason Winer “Modern Family”-パイロット版(ABC)

 ラリー・チャールズは、『ボラット』や『ボブ・ディランの頭のなか』の監督。
 ジェフ・シェイファーは、映画『ユーロトリップ』(2004)の監督や『ハットしてキャット』(2003)の脚本などで知られる監督。

 ◆音楽バラエティー部門(Musical Variety)

 ・Joel Gallen 「ロックの殿堂 25周年コンサート」“The 25th Anniversary Rock And Roll Hall Of Fame Concert”(HBO)
 ・Roger Goodman 「第81回アカデミー賞授賞式」“81st Annual Academy Awards”(ABC)
 ・Louis Horvitz “The Kennedy Center Honors: A Celebration Of The Performing Arts”(CBS)
 ・Don Roy King 「サタデー・ナイト・ライブ with ジャスティン・ティンバーレイク」“Saturday Night Live With Host Justin Timberlake” (NBC)
 ・Don Mischer 「We Are One:リンカーン・メモリアル オバマ大統領就任式」“We Are One: The Obama Inaugural Celebration At The Lincoln Memorial”(HBO)

 ◆リアリティー番組部門(Reality Programs)

 ・Craig Borders “Build It Bigger Season 3”-‘Hong Kong Bridge’(ディスカバリー・サイエンス)
 ・Sueann Fincke “The Dog Whisperer With Cesar Millan”-‘Puppy Mills Exposed’(ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル)
 ・Eytan Keller “The Next Iron Chef”-‘201’(Food Network)
 ・Zach Merck “Six Beers Of Separation”(Foxtel HD-On-Demand)
 ・Bertram Van Munster “The Amazing Race”-‘Don't Let A Cheese Hit Me’(CBS)

 ◆昼ドラ部門(Daytime Serials)

 ・Casey Childs “All My Children”- Episode #10,061(ABC)
 ・Christopher Goutman “As The World Turns”- Episode #13,457(CBS)
 ・Dean Lamont “The Young And The Restless”- Episode #9305(CBS)
 ・William Ludel “General Hospital”-‘Macho Men’(ABC)
 ・Sally Mcdonald “The Young And The Restless”- Episode #9233(CBS)
 ・Cynthia J. Popp “The Bold And The Beautiful”-‘Fashion Challenge Sabotage’ #5628(CBS)

 ◆子ども番組(Children’S Program)

 ・マーサ・クーリッジ(Martha Coolidge) “An American Girl: Chrissa Stands Strong”(HBO)
 ・Allison Liddi-Brown “Princess Protection Program”(ディズニー・チャンネル)
 ・フレッド・サベージ(Fred Savage) “Zeke & Luther”パイロット版(Disney XD)
 ・Amy Schatz “Hard Times For An American Girl: The Great Depression”(HBO)
 ・アンディー・ウォーク(Andy Wolk) “Lincoln Heights:‘Time To Let Go’”(ABC Family)

 マーサ・クーリッジは、『ランブリング・ローズ』『愛に気づけば…』『WISH 夢がかなう時』などで知られる監督。
 フレッド・サベージは、元々は俳優で、テレビ・シリーズ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』や映画『チャーリーと18人のキッズ in ブートキャンプ』などの監督も務めている。
 アンディー・ウォークは、映画『赤い殺意』(1992)などのほか、『ザ・ソプラノズ』『ダメージ2』など多数のテレビ・ドラマを手がける監督。

 【CM部門】

 ◆CM部門(Commercials)

 ・Joaquin Baca-Asay(Park Pictures)
 CSX “Breathe”- Mullen
 ボルボ “Switch”- Arnold
 バンク・オブ・アメリカ “Doors”- BBDO
 Lenscrafters “See What You Love”- Cutwater

 ・Garth Davis(Anonymous Content)
 U.S. Cellular  “Shadow Puppets”- Publicis & Hal Riney

 ・クレイグ・ギレスピー(Craig Gillespie)(MJZ)
 Cars.Com “David Abernathy”- DDB Chicago
 ギネス “Slide”- BBDO
 Orbit “Dusty”- Energy BBDO
 クレイグ・ギレスピーは、『ラースと、その彼女』の監督。

 ・Tom Kuntz(MJZ UK)
 Cadbury “Eyebrows”- Fallon London
 Skittles  “Tailor”- TBWA/Chiat Day
 Old Spice  “Scents For Gents”- TBWA/Chiat Day
 Career Builder  “Tips”- Wieden & Kennedy

 ・Chris Palmer(Gorgeous Enterprises)
 バドワイザー “Lyric”- DDB London
 J20 “Riviera Truckstop (Garage Playboy)”- BBH London
 J20 “A Horse Called Cynthia (Cowboy - Mr. Darcy)”- BBH London

 【特別賞/名誉賞】

 ◎ニュース・ディレクション生涯功労賞2010(The DGA’s 2010 Lifetime Achievement Award in News Direction):Roger Goodman

 ◎フランク・キャプラ功労賞(The 2010 Frank Capra Achievement Award):
 ※アシスタント・ディレクターやユニット・プロダクション・マネージャーに贈られる生涯功労賞。
 Cleve Landsbergは、1985年からキャリアをスタートさせたユニット・プロダクション・マネージャーで、映画やテレビで活躍。主な作品には『ブルース・オールマイティ』『MR.デスティニー』など。

 ◎フランク・J・シャフナー功労賞2010(The 2010 Franklin J. Schaffner Achievement Award:Maria Jimenez Henley
 ※アシスタント・ディレクターやステージ・マネージャーに贈られる生涯功労賞。
 Maria Jimenez Henleyは、元は、映画『ウエストサイド物語』にも出演しているダンサー。25年にわたって、ダンサーや振付師として働き、ビートルズやエルビス・プレスリー、ローリング・ストーンズとも仕事をしたことがある。1987年にDGAに加わり、アシスタント・ディレクターやステージ・マネージャーとして活躍。

 ◎Guild’s Highest Tribute:ノーマン・ジュイソン

 ◎名誉生涯会員賞(Honorary Life Member Award ):Robert Iger
 Robert Igerは、ABCグループの会長で、ウィオルト・ディズニー・インターナショナルの社長。

 ◎名誉生涯会員賞(Honorary Life Member Award ):Barry Meyer
 Barry Meyerは、ワーナー・ブラザーズ映画の会長・CEO。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 長編映画部門に関しては、アカデミー賞監督賞との合致度は高く、監督組合賞が始まった1948年(度)以降、過去40回で、米・監督組合賞を受賞してアカデミー賞監督賞を受賞しなかったのは6回しかなく、監督組合賞の公式HPでもわざわざのことが明記されています(同じにならなかったのは、最近では『グリーン・デスティニー』のアン・リーと『シカゴ』のロブ・マーシャル)。監督組合賞受賞作がアカデミー賞監督賞にノミネートすらされなかったことは過去に2回しかありません。監督組合賞のノミニーは80%以上の確率でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、監督組合賞受賞者はやはり80%以上の確率でアカデミー賞も受賞するということになります。

 2008年度は、ともにダニー・ボイル(『スラムドッグ$ミリオネア』)の受賞で、ノミネーションでは5つ中4つが同じになりました(監督組合賞はクリストファー・ノーラン(『ダークナイト』)を選び、アカデミー賞はスティーヴン・ダルドリー(『愛を読むひと』)を選んだ)。
 2007年度は、ともにコーエン兄弟(『ノーカントリー』)の受賞で、ノミネーションではやはり5つ中4つが同じになりました(監督組合賞はショーン・ペン(『イントゥ・ザ・ワイルド』)を選び、アカデミー賞はジェイソン・ライトマン(『ジュノ/JUNO』を選んだ)。

 これらの傾向が今年も適用されるとすると、5人中4人は上記ノミニーがアカデミー賞監督賞ノミニーとなり、監督組合賞受賞監督が80%以上の確率でアカデミー賞も制すことになりそうです。

 ノミネーションに、クリント・イーストウッドとロブ・マーシャルが入っていないのが気がかりなところですが、監督組合賞にノミネートされた5人のうち1人または2人がこの2人と入れ替わる可能性も十分に考えられます。

 キャスリン・ビグローとジェームズ・キャメロンという元夫婦コンビが揃ってアカデミー賞にノミネートされることはないんじゃないかというのが、私の当初の予想でしたが、昨今の『アバター』の評価の高さから考えると十分にありうるという風に修正しなければならなくなりました。

 今のところ、前哨戦ではキャスリン・ビグローがトップで、たぶんこのままの勢いで、アカデミー賞まで突っ切るのではないかと予想されますが、そうすると、監督組合賞でも、カデミー賞でも初めての女性監督の受賞ということになります。

 ドキュメンタリー部門は、まだできて3年目ですが、アカデミー賞ドキュメンタリー賞とは、ノミネーションでも受賞でもほとんど重ならないという状況が続いています。
 2008年度はノミネーションでは『マン・オン・ワイヤー』のみ重なりましたが、これは監督組合賞の方が『戦場でワルツを』を選ぶという変化球(外国映画で、しかもアニメーション)を使ったことで外れ、2007年度はノミネーションでは2つ重なりましたが(その一方ガアカデミー賞を受賞)、受賞作品は別の作品になりました。

 受賞結果の発表は1月30日です。

 *この記事がなかなか参考になった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・2008年度 米・監督組合賞 ノミネーション:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200901/article_10.html
 ・2008年度 米・監督組合賞 結果発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_2.html

 ・2009年度映画賞レース スケジュール表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_32.html
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月〜2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html
 ・2009年度映画賞の結果をまとめてみました! アメリカ編 前半戦:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200912/article_43.html

 追記:
 米・監督組合(DGA)賞2010発表:http://umikarahajimaru.at.webry.info/201002/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
米・監督組合(DGA)賞2010 ノミネーション発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる