海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 第15回サラエボ映画祭 受賞結果発表!

<<   作成日時 : 2009/08/26 07:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第15回サラエボ映画祭15th Sarajevo Film Festival (8月12日〜20日)の各賞の結果が発表になりました。

 ◆長編コンペティション部門

 審査員:Mirjana Karanović(セルビアの女優/審査員長)、Benedek Fliegauf(ハンガリーの監督)、Christian Jeune(カンヌ国際映画祭のディレクター)、アナマリア・マリンカ、Wieland Speck(ベルリン国際映画祭パノラマ部門のディレクター)

 ◎ハート・オブ・サラエボ 作品賞(Heart of Sarajevo For Best Film):“Ordinary People”(セルビア・仏・スイス)
 監督:Vladimir Perišić

 審査員の言葉:軍隊機構における若き男性兵士の虐待という普遍的なパターンを描きながら、そこにピュアな映画的瞬間が見られる。

画像

 物語:早朝。7人の兵士を乗せたバスが、廃工場に到着する。彼らはここで何が行なわれるのか全く教えられないまま、炎天下を待たされる。兵士の1人ジョニーは、新米補充兵で、軍隊になじめずにいた。やがて、1台のバスが到着し、びくびく震えている人々を降ろす。部隊司令官は、彼らに、「この囚人たちはわれわれの敵である」と説明し、彼らに行動を促す……。
 カンヌ国際映画祭2009 批評家週間出品作品。

画像

 ◎審査員特別賞:“Dogtooth / Kynodontas”(ギリシャ)
 監督:Yorgos Lanthimos

 審査員の言葉:この作品では、批評的ユーモアとでもいうような方法を使って、比喩的に、伝統的家族が家族員に精神的苦痛を与えながらいかにして支配と安全保障のための要塞になっていくのか、ということを描いている。

 物語:郊外にフェンスで囲まれた家があって、そこに両親と3人の子どもが暮らしている。家族は外界との交流を一切遮断していて、子どもたちは飛行機を見てもおもちゃとしか思っていなかった。家族と外界をつなぐ唯一のものは、父親の仕事のセキュリティーを担当するクリスティナのみ。父親は、彼女に長男の性的衝動の処理をもさせようとする。ある日、クリスティナは長女に石のついたヘッドバンドをプレゼントする……。
 カンヌ国際映画祭2009 ある視点賞受賞作品。

画像

 ◎ハート・オブ・サラエボ 男優賞:Relja Popović “Ordinary People”(セルビア・仏・スイス)

画像

 ◎ハート・オボ・サラエボ 女優賞:Aggeliki Papoulia、Mary Tsoni “Dogtooth / Kynodontas”(ギリシャ)

画像

 ◆短編コンペティション部門

 審査員:Hannah Mcgill(エジンバラ国際映画祭アート・ディレクター/審査員長)、Marian Crisan(ルーマニアの監督)、Igor Stanković(セルビアの映画配給会社The MCF Megacom Film Distribution Companyの創立者・ディレクター)

 ◎ハート・オブ・サラエボ 作品賞:“Party / Tulum”(クロアチア)
 監督:Dalibor Matanić

 ◎審査員特別賞:“Ciao Mama”(クロアチア)
 監督:Goran Odvorčić

 ◎審査員特別賞:“The History of Aviation / A Repülés Története”(ハンガリー・仏)
 監督:Balint Kenyeres

 ◆ドキュメンタリー・コンペティション

 審査員:Zijah Gafić(写真家/審査員長)、Alice Klara Arnold(スイスのフィルムメーカー、映画講師)、Chris Mcdonald(Hot Docs Canadian International Documentary Festivalのエグゼクティヴ・ディレクター)

 ◎ハート・オブ・サラエボ ドキュメンタリー賞:“The Caviar Connection / Kavijar Konekšn”(セルビア)
 監督:Dragan Nikolić

 ◎スペシャル・メンション:“Constantin And Elena / Constantin Si Elena”(ルーマニア)
 監督:Andrei Dascalescu

 ◎人権賞(Human Rights Award):“Heated Blood / Vrela Krv”(セルビア)
 監督:Marko Mamuzić

 ◎名誉ハート・オブ・サラエボ賞(Honorary Heart of Sarajevo Award):Manfred Schmidt(MDM Fund エグゼクティヴ・ディレクター)

 ◆シネリンク・アワード(Cinelink Awards) サラエボ共同製作マーケット

 審査員:Georges Goldenstern、Cedomir Kolar、Behrooz Hashemian、Jacqueline Ada、Ulf Sigvardson、Annamaria Lodato、Mainholf Zurhorst

 ◎Eave Scholarship:Snežana Marić

 ◎Excellence Award:“The Exchange” Eran Kolirin

 ◎Restart Award:“Zincograph” Javor Gardev

 ◎Goteborg International Film Festival Fund Award:“The Scab” Srđan Vuletić

 ◎CNC Award:“Come To My Voice” Huseyin Karabey

 ◎International Relations Arte Award:“The Key” Timur Makarević

 ◎Synchro Film And Video Award:“The Scab” Srđan Vuletić
 ◎Synchro Film And Video Award:“Come To My Voice” Huseyin Karabey
 ◎Synchro Film And Video Award:“The Key” Timur Makarević

 ◆シネリンク賞 製作中作品部門(Cinelink Work in Progress Award)

 審査員:Rebekka Garrido、Laurent Danielou、Bernd Buder

 ◎The Post Republic Award:“If I Want To Whistle I Whistle” Florin Serban

 ◆観客賞

 ◎1位 ドキュメンタリー作品“Sevdah” ポイント:4.9
 2位 “Donkey” 4.7
 3位 “Cash & Marry” 4.69
 4位 “Laila’s Birthday” 4.63
 5位 “Cooking History” 4.6

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 サラエボ映画祭は1995年に始まった映画祭で、長編・短編・ドキュメンタリーの3つのコンペティションに、長編と短編のニュー・カレント部門、長編とドキュメンタリーのパノラマ部門、レトロスペクティヴ(今年はジャ・ジャンクー)という各部門で構成されています。

 この映画祭は、ボスニア・ヘルツェゴビナ(首都がサラエボ)が独立した1992年からわずか4年後にスタートした映画祭ですが、まだ紛争が続いていたその時期にこうした映画祭を立ち上げたのは、映画という共通言語を用いて、地域を活性化させ、映画人の交流を図ろうという目的もあってのことで(公式サイトにもそうしたことが書かれています)、結果的に、現在の上映作品や受賞作を見ると、それが実を結んでいるらしいことがわかります。

 大きな映画祭のディレクターがこぞってこの映画祭の審査員を務めているのは、こうした映画祭の趣旨を評価し、賛同していることを態度で示している、と考えていいでしょうか。

 初期は上映作品も少なかったもの、現在は上映作品も増え、来場する映画人も多くなり、バルカン半島最大の映画祭にまで成長した、とWikipediaにも書かれています。

 上映作品自体は、既にどこかの映画祭で上映されているということも多いのですが、単に映画を上映するだけがこの映画祭の目的ではなく、地域の映画製作の振興・促進にも積極的で(シネリンク部門)、それが、この映画祭のもう1つの特徴となっています。

 ちなみに、過去長編部門作品賞受賞作には、『奇跡の海』、『ぼくのバラ色の人生』、『カノン』、『ノーマンズ・ランド』などがあります。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月〜2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第15回サラエボ映画祭 受賞結果発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる