海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 第35回サターン賞発表!

<<   作成日時 : 2009/06/26 06:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 第35回サターン賞の結果が発表になりました。

 サターン賞は、サイエンス・フィクション、ファンタジー&ホラー映画アカデミー(Academy of Science Fiction, Fantasy & Horror Films)が主催するイベントで、SF、ファンタジー、ホラー、アクションなど、いわゆるエンタテインメント作品の中で優れた成果を残した作品や個人を表彰するもので、今年で35回を迎えます

 映画、TVドラマ、DVDと3つの部門があり、その中に数多くの賞が存在します。

 エンタテインメント性に優れていながら、一般的には、シリアスなドラマよりも低く見られがちで、いわゆるアカデミー賞などでは賞を受賞しにくいような作品を積極的に評価し、賞を与えていこうというのが、この賞の趣旨であるようです。

 SF、ファンタジー、ホラー、アクション/アドベンチャー/スリラーというジャンル分けや、主演/助演の区別が、ちょっと違うんじゃないかという印象も受けますが、こういう風にしないと部門や賞がバランスを欠いたりして成立しなくなる、ということがあるのかもしれません。

 ちなみに、第34回は、最優秀SFが『クローバーフィールド』、最優秀ファンタジーが『魔法にかけられて』、最優秀ホラーが『スウィーニー・トッド』、最優秀アクション/アドベンチャー/スリラーが『300』、という結果になっています。

画像

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【映画部門】

 ◆最優秀SF(Best Science Fiction Film)
 ・『地球が静止する日』
 ・『イーグル・アイ』
 ・『インクレディブル・ハルク』
 ・『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
 ◎『アイアンマン』
 ・『ジャンパー』

 ◆最優秀ファンタジー(Best Fantasy Film)
 ・『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』
 ◎『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ・『ハンコック』
 ・『スパイダーウィックの謎』
 ・『トワイライト』
 ・『ウォンテッド』

 ◆最優秀ホラー(Best Horror Film)
 ・『ハプニング』
 ◎『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』
 ・『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘密』
 ・『REC:レック/ザ・クアランティン』
 ・“Splinter”
 ・『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』

 ◆最優秀アクション/アドベンチャー/スリラー(Best Action Adventure Thriller Film):
 ・『チェンジリング』
 ◎『ダークナイト』
 ・『グラン・トリノ』
 ・『007/慰めの報酬』
 ・“Traitor”
 ・『ワルキューレ』

 ◆最優秀主演男優(Best Actor)
 ・クリスチャン・ベール 『ダークナイト』
 ・トム・クルーズ 『ワルキューレ』
 ◎ロバート・ダウニー Jr. 『アイアンマン』
 ・ハリソン・フォード 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
 ・ブラッド・ピット 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ・ウィル・スミス 『ハンコック』

 ◆最優秀主演女優(Best Actress)
 ・ケイト・ブランシェット 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ・マギー・ギレンホール 『ダークナイト』
 ◎アンジェリーナ・ジョリー 『チェンジリング』
 ・ジュリアン・ムーア 『ブラインドネス』
 ・エミリー・モーティマー “Transsiberian”
 ・グウィネス・パルトロウ 『アイアンマン』

 ◆最優秀助演男優(Best Supporting Actor)
 ・ジェフ・ブリッジス 『アイアンマン』
 ・アーロン・エッカート 『ダークナイト』
 ・ウディ・ハレルソン “Transsiberian”
 ・シャイア・ラブーフ 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
 ◎ヒース・レジャー 『ダークナイト』
 ・ビル・ナイ 『ワルキューレ』

 ◆最優秀助演女優(Best Supporting Actress)
 ・ジョアン・アレン 『デス・レース』
 ・ジュディ・デンチ 『007/慰めの報酬』
 ・オルガ・キュリレンコ 『007/慰めの報酬』
 ◎ティルダ・スウィントン 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ・シャーリーズ・セロン 『ハンコック』
 ・カリス・ファン・ハウテン 『ワルキューレ』

 ◆最優秀ヤング・パフォーマンス(Best Performance By A Younger Actor)
 ・フレディー・ハイモア 『スパイダーウィックの謎』
 ・Lina Leandersson “Let The Right One In”
 ・デヴ・パテル 『スラムドッグ$ミリオネア』
 ◎ジェイデン・クリストファー・スミス 『地球が静止する日』
 ・カティンカ・ウンタルー 『落下の王国』
 ・ブランドン・ウォータース 『オーストラリア』

 ◆最優秀監督(Best Direction)
 ・クリント・イーストウッド 『チェンジリング』
 ◎ジョン・ファブロー 『アイアンマン』
 ・デイヴィッド・フィンチャー 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ・クリストファー・ノーラン 『ダークナイト』
 ・ブライアン・シンガー 『ワルキューレ』
 ・スティーヴン・スピルバーグ 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
 ・アンドリュー・スタントン 『ウォーリー』

 ◆最優秀脚本(Best Writing)
 ・マーク・ファーガス、ホーク・オストビー、アート・マーカム、マット・ハロウェイ 『アイアンマン』
 ・デイヴィッド・コープ、ジョン・コープ 『オー!マイ・ゴースト』“Ghost Town”
 ・John Ajvide Lindqvist “Let The Right One In”
 ◎ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン 『ダークナイト』
 ・エリック・ロス 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ・J・マイケル・ストラジンスキー 『チェンジリング』

 ◆最優秀音楽(Best Music)
 ・アレクサンドル・デプラ 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ・ラミン・ジャヴァディ 『アイアンマン』
 ・クリント・イーストウッド 『チェンジリング』
 ◎ジェームズ・ニュートン・ハワード、ハンス・ジンマー 『ダークナイト』
 ・ジョン・オットマン 『ワルキューレ』
 ・ジョン・パウェル 『ジャンパー』

 ◆最優秀衣裳デザイン(Best Costume)
 ・リンディ・ヘミング 『ダークナイト』
 ・デボラ・フーパー(Deborah Hooper) 『チェンジリング』
 ・ジョアンナ・ジョンストン 『ワルキューレ』
 ・キャサリン・マーティン 『オーストラリア』
 ・アイシス・マッセンデン 『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』
 ◎メアリー・ゾフレス 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

 ◆最優秀メイキャップ(Best Make-up)
 ・John Caglione, Jr.、Conor O’Sullian 『ダークナイト』
 ◎グレッグ・キャノン 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ・マイク・エリザルド、Thom Floutz 『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』
 ・ポール・ハイエット “Doomsday”
 ・グレゴリ・ニコテロ、Paul Engelen 『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』
 ・Gerald Quist 『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』

 ◆最優秀特殊効果(Best Special Effect)
 ・Eric Barba、Steve Preeg、Burt Dalton、Craig Barron 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
 ◎Nick Davis、Chris Corbould、Tim Webber、Paul Franklin 『ダークナイト』
 ・Pablo Helman、Dan Sudick 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
 ・John Nelson、Ben Snow、Dan Sudick、Shane Mahan 『アイアンマン』
 ・Michael J. Wassel、Adrian De Wet、Andrew Chapman、Eamonn Butler 『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』
 ・Dean Wright、Wendy Rogers 『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』

 ◆最優秀外国映画(Best International Film)
 ・『バンク・ジョブ』
 ・『ドラゴン・キングダム』
 ・“In Bruges”
 ◎“Let The Right One In”
 ・『スラムドッグ$ミリオネア』
 ・“Transsiberian”

 ◆最優秀アニメーション(Best Animated Film)
 ・『ボルト』
 ・『ホートン ふしぎな世界のダレダーレ』
 ・『カンフー・パンダ』
 ・『マダガスカル2』
 ・『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』
 ◎『ウォーリー』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 デイヴィッド・フィンチャー、クリストファー・ノーラン、ブライアン・シンガーといった、人気の中堅監督(かつての俊英監督)がみんなこのジャンルにやってきています。

 作品的には、インディ・ジョーンズ、バットマン、アイアンマンといったかつての人気キャラクターの活躍が目立っている、と言ってよいでしょうか。

 いくつかの例外を除けば、製作費の大きい大作ばかりで、そうした予算は最新CG技術にもつぎ込まれていて、結果的に、サターン賞は、最新CG技術を駆使した作品ばかりが並ぶ、最新CG作品の祭典のようにもなっています。

 映画部門の主なノミネート&受賞状況は以下の通り。

 ・『ダークナイト』(5/11):アクション・主演男優・主演女優・助演男優・助演男優・監督・脚本音楽・衣裳・メイク・特殊効果
 ・『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(3/9):ファンタジー・主演男優・主演女優・助演女優・監督・脚本・音楽・メイク・特殊効果
 ・『アイアンマン』(3/8):SF主演男優・主演女優・助演男優・監督・脚本・音楽・特殊効果
 ・『ワルキューレ』(0/7):アクション・主演男優・助演男優・助演女優・監督・音楽・衣裳
 ・『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(1/6):SF・主演男優・助演男優・監督・衣裳・特殊効果
 ・『チェンジリング』(1/6):アクション・主演女優・監督・脚本・音楽・衣裳
 ・『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』(0/4):ファンタジー・衣裳・メイク・特殊効果

 全部で22作品がノミネートされましたが、受賞したのは上位7作品のほか、4作品が1部門ずつの受賞で、受賞は上位作品に集中し、その中でも、各部門を代表する1作品が賞を独占する形になりました。

 『アイアンマン』が意外と善戦したなという感じですが、そのほかはほぼ順当な結果と言っていいのではないでしょうか。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【テレビ部門】

 ◆最優秀ネットワークTVシリーズ(Best Network Television Series)
 ・“Fringe”(Fox)
 ・『HEROS/ヒーローズ』
 ・“Life on Mars”(ABC)
 ◎『LOST』
 ・『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』
 ・“Supernatural”(CW)

 前回も『LOST』が受賞。
 『LOST』『HEROS/ヒーローズ』『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』“Supernatural”は2年連続ノミネート。『HEROS/ヒーローズ』は3年連続、『LOST』は5年連続。

 ◆最優秀配信/ケーブルTVシリーズ(Best Syndicated/Cable Television Series)
 ◎“Battlestar Galactica”(Sci Fi)
 ・『クローザー』(TNT)
 ・『デクスター〜警察官は殺人鬼』
 ・“Leverage”(TNT)
 ・“Star Wars: The Clone Wars”(Cartoon Network)
 ・“True Blood”(HBO)

 前回は『デクスター〜警察官は殺人鬼』が受賞。
 “Battlestar Galactica”は2年連続、『デクスター〜警察官は殺人鬼』は3年連続、『クローザー』は4年連続ノミネート。

 ◆最優秀スペシャルTVドラマ(Best Presentation on Television)
 ・『24 リデンプション』
 ・“The Andromeda Strain” (A & E)
 ・“Breaking Bad”(AMC)
 ・“Jericho”(CBS)
 ・“The Last Templar”(NBC)
 ◎“The Librarian: The Curse Of The Judas Chalice”(TNT)

 ◆最優秀主演男優 TV部門(Best Actor in Television)
 ・Bryan Cranston “Breaking Bad”(AMC)
 ・マシュー・フォックス 『LOST』
 ・マイケル・C・ホール 『デクスター〜警察官は殺人鬼』
 ・ティモシー・ハットン “Leverage”(TNT)
 ◎エドワード・ジェームズ・オルモス “Battlestar Galactica”(Sci Fi)
 ・Noah Wiley “The Librarian: The Curse of The Judas Chalice”(TNT)

 前回はマシュー・フォックスが受賞。
 マイケル・C・ホール、エドワード・ジェームズ・オルモスは3年連続、マシュー・フォックスは5年連続ノミネート。

 ◆最優秀主演女優 TV部門(Best Actress in Television)
 ・レナ・ヘディ 『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』
 ・ジェニファー・ラブ・ヒューイット “The Ghost Whisperer”(CBS)
 ・エヴァンジェリン・リリー 『LOST』
 ◎メアリー・マクドネル “Battlestar Galactica”(Sci Fi)
 ・アンナ・パキン “True Blood”(HBO)
 ・キーラ・セジウィック『クローザー』
 ・アナ・トーヴ “Fringe”(ABC)

 前回はジェニファー・ラブ・ヒューイットが受賞。
 レナ・ヘディは2年連続、キーラ・セジウィックは3年連続、ジェニファー・ラブ・ヒューイットは4年連続、エヴァンジェリン・リリーは5年連続ノミネート。

 ◆最優秀助演男優 TV部門(Best Supporting Actor in Television)
 ・ヘンリー・イアン・キュージック 『LOST』
 ・トマス・デッカー 『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』
 ・マイケル・エマーソン 『LOST』
 ・ジョシュ・ハロウェイ 『LOST』
 ◎エイドリアン・パスダー 『HEROS/ヒーローズ』
 ・マイロ・ヴェンティミリア 『HEROS/ヒーローズ』

 前回はマイケル・エマーソンが受賞。
 マイケル・エマーソン、ジョシュ・ハロウェイは4年連続ノミネート。

 ◆最優秀助演女優 TV部門(Best Supporting Actress in Television)
 ◎ジェニファー・カーペンター 『デクスター〜警察官は殺人鬼』
 ・サマー・グロー 『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』
 ・キム・ユンジン 『LOST』
 ・エリザベス・ミッチェル 『LOST』
 ・ヘイデン・パネッティーア 『HEROS/ヒーローズ』
 ・ケイティ・サッコフ “Battlestar Galactica”(Sci Fi)

 前回はサマー・グローが受賞。
 サマー・グローは2年連続、ヘイデン・パネッティーアは3年連続、ジェニファー・カーペンターは4年連続ノミネート。

 ◆最優秀ゲスト出演(Best Guest Starring Role in a Televison Series)
 ・クリステン・ベル 『HEROS/ヒーローズ』
 ・アラン・ダール 『LOST』
 ・ケヴィン・デュランド『LOST』
 ・ロバート・フォースター『HEROS/ヒーローズ』
 ◎ジミー・シミッツ 『デクスター〜警察官は殺人鬼』
 ・ソーニャ・ヴァルゲル 『LOST』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 主なノミネーション&受賞状況は以下の通りです。

 ・『LOST』(1/11):ネットワーク・主演男優・主演女優・助演男優・助演男優・助演男優・助演女優・助演女優・ゲスト・ゲスト・ゲスト
 ・『HEROES/ヒーローズ』(1/6):ネットワーク・助演男優・助演男優・助演女優・ゲスト・ゲスト
 ・『ターミネーター:サラ・コナー・クロニクルズ』(0/4):ネットワーク・主演女優・助演男優・助演女優
 ・『デクスター〜警察官は殺人鬼』(2/4):ケーブル・主演男優・助演女優・ゲスト
 ・“Battlestar Galactica”(3/4):ケーブル・主演男優・主演女優・助演女優

 このジャンル(SFとかファンタジーとかホラーとか)に特化したTVドラマは多くはないようで、ノミネーションには同じような作品が並んでいます。毎年顔ぶれにもなっていて、順番に賞を回しているようにも見えます。

 最多ノミネーションは、『LOST』の6部門11ノミネーションで、同一作品でノミネーションがかぶりまくりでしたが、最多受賞は“Battlestar Galactica”の3部門となりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【DVD部門】

 ◆最優秀DVD(Best DVD Release)
 ・『コールドプレイ』“Cold Prey”
 ・『今日も僕は殺される』
 ◎『モンスターズハンター』“Jack Brooks Monster Slayer”
 ・『バイオハザード ディジェネレーション』
 ・『スターシップ・トゥルーパーズ3』
 ・『The Crash ザ・クラッシュ』“Stuck”

 ◆最優秀DVD スペシャル・エディション(Best Special Edition Release)
 ・『ジェヴォーダンの獣 ディレクターズ・カット』“Brotherhood of The Wolf (Director’s Cut)”(Universal)
 ・『ダークシティ ディレクターズ・カット』“Dark City (The Director’s Cut)”(New Line / Warner)
 ・『ダークナイト 2ディスク・スペシャル・エディション』“The Dark Knight (Two-Disc Special Edition)” (Warner)
 ・『L.A.コンフィデンシャル2ディスク・スペシャル・エディション』“L.A. Confidential (Two-Disc Special Edition)” (Warner)
 ◎『ミスト 2ディスク・コレクターズ・エディション』“Stephen King’s The Mist (Two-Disc Collector’s Edition)” (Genius)
 ・『ゾディアック ディレクターズ・カット』“Zodiac: The Director’s Cut” (Paramount)

 ※上記のうち『L.A.コンフィデンシャル』は、『L.A.コンフィデンシャル 製作10周年記念 初回生産限定版・2枚組』として日本版が2009年6月にリリース。『ミスト』は2008年9月に『ミスト コレクターズ・エディション 2枚組』が日本でもリリース。

 ◆最優秀DVD クラシック映画(Best DVD Classic Film Release)
 ・『カサブランカ アルティメット・コレクターズ・エディション』“Casablanca (Ultimate Collector’s Edition)” (Warner)
 ・『ヘザース』“Heathers”(20th High School Reunion Edition) (Anchor Bay)
 ・『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』“The Nightmare Before Christmas”(Walt Disney)
 ・『ドリアン・グレイの肖像』“The Picture of Dorian Gray” (Warner)
 ◎『サイコ』“Psycho” (Universal Legacy Series) (Universal)
 ・『眠れる森の美女』“Sleeping Beauty” (Walt Disney)

 ◆最優秀DVDコレクション(Best DVD Collection)
 ・“Abbott & Costello” (Complete Universal Series Collection) (Universal)
 ・『ダーティ・ハリー アルティメット・コレクターズ・エディション』“Dirty Harry (Ultimate Collector’s Edition)” (Warner)
 ・“Ghost House Underground Eight Film Collection” (Lionsgate)
 ◎『ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション』“The Godfather (The Coppola Restoration)” (Paramount)
 ・“Mystery Science Theater 3000 (20th Anniversary Edition”) (Shout Factory)
 ・『猿の惑星 40周年記念コレクション(ブルー・レイ)』“Planet of The Apes 40th Anniversary Collection (Blu Ray)”(Fox)

 ※『ダーティ・ハリー』は、2008年7月に日本でも『ダーティ・ハリー アルティメット・コレクターズ・エディション 7枚組 限定版』がリリース。『ゴッドファーザー』は2008年10月に『ゴッドファーザー コッポラ・リストレーション DVD-BOX』がリリース。

 ◆最優秀DVD TVシリーズ(Best Television Series Release on DVD)
 ・『ドクター・フー コンプリート・シリーズ4』“Doctor Who (The Complete Fourth Series)”(BBC Warner)
 ・『HEROES/ヒーローズ シーズン2』“HEROES (Season 2)”(Universal)
 ・『LOST コンプリート シーズン4』“LOST (The Complete Fourth Season)” (Walt Disney)
 ◎“Moonlight (The Complete Series)” (Warner)
 ・『Reaper〜デビルバスター シーズン1』“Reaper (Season One)” (Lionsgate)
 ・“Torchwood (Season 2)” (BBC Warner)
 ・“The Tudors (The Complete Second Season)”(Paramount / Showtime)

 ◆最優秀DVD TVシリーズ(Best Television Series Release on DVD)
 ・『刑事コロンボ コレクション1990』“Columbo: Mystery Movie Collection 1990” (Universal)
 ・“Early Edition (Season One)”(Paramount)
 ・『超人ハルク コンプリート・シリーズ』“The Incredible Hulk (The Complete Series)” (Universal)
 ◎『インベーダー シーズン1&2』“The Invaders (The First & Second Seasons)” (Paramount)
 ・『スパイ大作戦 シーズン4&5』“Mission Impossible (The Fourth & Fifth Seasons)” (Paramount)
 ・『SPACED〜俺たちルームシェアリング コンプリート・シリーズ』“Spaced (The Complete Series)” (BBC Warner)

 ※上記のうち、『超人ハルク』は2009年1月に『超人ハルク オリジナルTV:スペシャル・コレクションVol.1』と『同Vol.2』が日本でもリリースされています。『スパイ大作戦』は『スパイ大作戦 シーズン4 日本語完全版 7枚組』が2008年8月にリリースされ、『同 シーズン5』が2009年8月にリリース予定となっています。『SPACED』は『SPACED 俺たちルームシェアリング 5枚組』が2008年12月にリリースされています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【特別賞】

 ◎ライフ・キャリア賞(The Life Career Award):ランス・ヘンリクセン

 ◎生涯貢献賞(The Lifetime Achievement Award ):レナード・ニモイ

 ◎ヴィジョナリー賞(The Visionary Award):ジェフリー・カッツェンバーグ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 サターン賞は、賞としては、サテライト・アワード(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200812/article_25.html)とMTVムービーアワード(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200906/article_2.html)の中間にあるような賞であり、視覚効果協会賞(http://umikarahajimaru.at.webry.info/200902/article_31.html)と重なる部分も多い賞だと言うことができるかもしれません。受賞結果はサテライト・アワードとかなり似通ったものになっています。

 全体的には、マニアックというよりは、まじめなSFファンがまじめに選んだ賞という印象があります。

 個人的には日本未公開の、“Let The Right One In”、“Transsiberian”、“In Bruges”の3作品が観たいですね。

 *この記事がなかなかよかった!と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

 *当ブログ記事
 ・映画祭&映画賞カレンダー 2009年5月〜2010年5月:http://umikarahajimaru.at.webry.info/200905/article_6.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第35回サターン賞発表! 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる