海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年に観る映画、観ない映画

<<   作成日時 : 2009/02/17 07:40   >>

トラックバック 1 / コメント 2

 もう既に2月も半ばですが……

画像

 ★2009年に日本で公開される、アメリカ映画以外の各国映画
 ※共同製作作品など分類しにくい作品もありますが、ここでは便宜的に分けてあります。
 ※タイトルは変わる場合があります。

 ◆イギリス映画
 ・ソウル・ディブ 『ある公爵夫人の生涯』@Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、テアトルタイムズスクエア、4月 配給:パラマウント
 ・マーク・ハーマン 『縞模様のパジャマの少年』 配給:ディズニー
 ・シェーン・メドウス 『THIS IS ENGLAND』@シアターN渋谷、3月14日〜 配給:キングレコード/日本出版販売
 ・ダニー・ボイル 『スラムドッグ$ミリオネア』@シャンテ シネ、4月 配給:ギャガ
 ・マーク・フォスター 『007/慰めの報酬』(英・米) 1月24日〜、配給:ソニー・ピクチャーズ
 ・デイヴィッド・イエーツ 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(英・米) 配給:ワーナー・ブラザース
 ・フィリダ・ロイド 『マンマ・ミーア!』(英・米・独) 1月30日〜 配給:東宝東和
 ・ジェームズ・ハニーボーン 『ミーアキャット』 1月10日〜 配給:ギャガ
 ・ガイ・リッチー『ロックンローラ』 2月21日〜 配給:ワーナー・ブラザース
 ・マドンナ 『ワンダーラスト』@ヒューマントラストシネマ渋谷、1月17日〜 配給:ヘキサゴン・ピクチャーズ
 ・ニール・マーシャル “Doomsday”(英・米・南ア・独) 配給:プレシディオ
 ・ジュリアン・ジャロルド “Becoming Jane”@Bunkamura ル・シネマ 配給:ワイズポリシー
 ・ジェームズ・マーシュ “Man on Wire” 配給:エスパース・サロウ
 ・ガイ・リッチー “Sherlock Holmes”(英・米) 配給:ワーナー・ブラザース
 ・ジョー・ライト “The Soloist”(英・米・仏) 配給:東宝東和
 ・スコット・マン “The Tournament” 配給:アートポート

 ◆アイルランド映画

 ◆ポルトガル映画
 ・マノエル・デ・オリヴェイラ 『クリストファー・コロンブス―謎』“Cristóvão Colombo - O Enigma”(ポルトガル・仏) 配給:アルシネテラン

 ◆スペイン映画

 ◆フランス映画
 ・ゴンザロ・アリホン 『アライブ-生還者-』@ヒューマントラストシネマ渋谷、4月 配給:熱帯美術館/グアパ・グアポ
 ・フローラン=エミリオ・シリ 『いのちの戦場-アルジェリア1959-』@渋谷シアターTSUTAYA、新宿武蔵野館、2月28日〜 配給=ツイン
 ・ジュリアン・ルクレール 『インストーラー』@シネクイント、3月7日〜 配給:クロックワークス
 ・サンドリーヌ・ボネール 『彼女の名はサビーヌ』@UPLINK、2月14日〜 配給:アップリンク
 ・ディアーヌ・キュリス 『サガン‐悲しみよこんにちは‐』@Bunkamura ル・シネマ、シネスイッチ銀座、初夏 配給:ショウゲート
 ・バンジャン・マルケ 『ジョッキーを夢見る子供たち』@渋谷シタターTSUTAYA、1月24日〜 配給:CKエンタテインメント
 ・オリヴィエ・アサイヤス 『夏時間の庭』@銀座テアトルシネマ、5月 配給:クレストインターナショナル
 ・『ベジャール・バレエ・ローザンヌ 80分間世界一周』@銀座テアトルシネマ、1月24日〜 配給:セテラ
 ・ピエール・ショレール 『ベルサイユの子』@シネスイッチ銀座、春 配給:ザジフィルムズ
 ・フィリップ・コーリー 『マリア・カラスの真実』@ユーロスペース、3月28日〜 配給:セテラ/マクザム
 ・ヴェラ・ベルモン『ミーシャ』(仏・ベルギー・ドイツ)@シャンテ シネ、5月 配給:トルネード・フィルム
 ・ジャン=ポール・ジョー 『未来の食卓』@UPLINK、初夏 配給:アップリンク
 ・諏訪敦彦、イッポリト・ジラルド 『ユキとニナ』 配給:ビターズ・エンド
 ・エリック・ロメール 『我が至上の愛 アストレとセラドン』@銀座テアトルシネマ、1月17日〜 配給:アルシネテラン
 ・ジル・ブルドス “Afterawards”(仏・独・カナダ) 配給:ムービーアイ
 ・タル・ベーラ “A Londoni férfi”(仏・独・ハンガリー) 配給:ビターズ・エンド
 ・パトリック・アレサンドラン “Banlieue 13 - Ultimatum” 配給:アスミック・エース
 ・クリストフ・パラティエ “Faubourg 36”(仏・独・チェコ) 配給:日活
 ・フィリップ・ガレル “La Frontière de l'aube” 配給:ビターズ・エンド
 ・オリヴィエ・ヴァン・ホーフスタット “Go fast” 配給:アスミック・エース
 ・ヤン・アルテュス・ベルトラン “Home” 配給:アスミック・エース
 ・ジャン=フランソワ・リシェ “L'Instinct de mort”(仏・カナダ・伊) 配給:ヘキサゴン・ピクチャーズ *映画祭上映題:『パブリック・エナミー・ナンバー1』
 ・ジェローム・サル “Largo Winch” 配給:クロックワークス/コムストック・グループ
 ・ローラン・ティラール “Molière” 配給:セテラ
 ・ファティ・アキン、岩井俊二、スカレット・ヨハンソン他 “New York,I Love You”(仏・米) 配給:ザナドゥー
 ・アニエス・ヴァルダ “Les Plages d'Agnès”@岩波ホール 配給:ザジフィルムズ
 ・Miguel Courtois “Skate or Die” 配給:アスミック・エース

 ◆ベルギー映画
 ・ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン 『アイスバーグ』 配給:フランス映画社
 ・ベン・スタッセン 『ナットのスペースアドベンチャー』@新宿バルト9、3月28日〜 配給:ティ・ジョイ
 ・ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン 『ルンバ!』(ベルギー・仏) 配給:フランス映画社
 ・ドミニク・アベル、フィオナ・ゴードン 『ロジータ!』 配給:フランス映画社
 ・ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 『ロルナの祈り』(ベルギー・仏・伊)@恵比寿ガーデンシネマ、1月31日〜 配給:ビターズ・エンド
 ・ジャコ・ヴァン・ドルマル “Mr. Nobody”(ベルギー・仏・カナダ) 配給:アスミック・エース
 ・アラン・ベルリネール “J'aurais voulu être un danseur”(ベルギー・ルクセンブルグ) 配給:アステア

 ◆オランダ映画

 ◆イタリア映画
 ・ダリオ・アルジェント 『サスペリア・テルザ 最後の魔女』(伊・米)@シアターN渋谷、GW 配給:キングレコード/iae
 ・エルマンノ・オルミ 『ポー川のひかり』@岩波ホール 配給:クレストインターナショナル *映画祭上映題:『百本の釘』
 ・プピ・アヴァティ “Il Papà di Giovanna” 配給:アルシネテラン
 ・アンドレア・モライヨーリ “La Ragazza del lago” 配給:アルシネテラン *映画祭上映題:『湖のほとりで』
 ・ロベルト・ファエンツァ “I Vicerè” 配給:アルシネテラン *映画祭上映題:『副王家の血筋』

 ◆ドイツ映画
 ・ロバート・ドーンヘルム 『ラ・ボエーム』(独・オーストリア)@テアトルタイムズスクエア、2月14日〜 配給:東京テアトル/スターサンズ
 ・ウリ・エデル “Der Baader Meihof Kompex”(独・仏・チェコ)@シネマライズ、夏 配給:ムービーアイ
 ・ヘルマ・サンダース=ブラームス “Geliebte Clara”(独・仏・ハンガリー)@Bunkamura ル・シネマ 配給:アルバトロス・フィルム *映画祭上映題:『クララ・シューマンの愛』
 ・Michael G. Johnson “Knut und seine Freunde” 配給:角川映画
 ・デニス・ガンゼル “Die Welle”(独) 配給:アット エンタテインメント *映画祭上映題:『ウェイブ−あるクラスの暴走』

 ◆スイス映画
 ・ピエール・イヴ・ボルジョー 『ユッスー・ンドゥール 魂の帰郷』@シアターN渋谷、2月14日〜 配給:アルシネテラン

 ◆ポーランド映画
 ・マリア・ズマシュ=コチャノヴィチ 『スティル・アライブ』 配給:ワコー/グアバ・グアポ
 ・アンジェイ・ワイダ “Katyn”@岩波ホール、12月 配給:アルバトロス・フィルム
 ・<キェシロフスキ・プリズム>@ユーロスペース、6月 配給:ワコー/グアパ・グアポ

 ◆ハンガリー映画
 ・ガーボル・ロホニ “Konyec” 配給:アルシネテラン

 ◆チェコ映画
 ・イジー・バルタ 『屋根裏のポムネンカ』(チェコ・スロバキア・日)@ユーロスペース、夏 配給:アットアームズ

 ◆デンマーク映画
 ・オーレ・クリスチャン・マッセン “Flammen & Citronen”(デンマーク・独) 配給:アルシネテラン

 ◆スウェーデン映画

 ◆フィンランド映画

 ◆ノルウェー映画
 ・ベント・ハーメル 『ホルテンさんのはじめての冒険』@Bunkamura ル・シネマ、2月21日〜 配給:ロングライド

 ◆セルビア映画
 ・エミール・クストリッツァ 『ウェディング・ベルを鳴らせ!』(セルビア・仏)@シネマライズ、5月 配給:デスペラード/日活

 ◆エストニア映画
 ・プリート・パルン 『ガブリエラ・フェッリのいない生活』@ラピュタ阿佐ヶ谷、3月15日〜(ラピュタアニメーションフェスティバル)
 ・ウロ・ピッコフ、プリート・テンダー、カスパル・ヤンシス『フランク・アンド・ウェンディー』@ラピュタ阿佐ヶ谷、3月15日〜(ラピュタアニメーションフェスティバル)

 ◆ロシア映画

 ◆エジプト映画

 ◆イスラエル映画
 ・エラン・リクリス 『シリアの花嫁』(イスラエル・仏・独)@岩波ホール、2月21日〜 配給:シグロ/ビターズ・エンド
 ・アリ・フォルマン 『戦場でワルツを』(イスラエル・仏・独)@シネスイッチ銀座 配給:ツイン/博報堂DYメディアパートナーズ *映画祭上映題:『バシールとワルツを』

 ◆レバノン映画
 ・ナディーン・ラバキー 『キャラメル』(レバノン・仏)@ユーロスペース、1月31日〜 配給:セテラ

 ◆イラン映画
 ・ハナ・マフマルバフ 『子供の情景』(イラン・仏)@岩波ホール、4月18日〜 配給:ムヴィオラ、カフェグルーヴ

 ◆インド映画

 ◆中国映画
 ・ピーター・チャン 『ウォーロード/男たちの誓い』(中/香港)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ他、5月8日〜 配給:ブロードメディア・スタジオ
 ・ダニエル・リー 『三国志』@シャンテ シネ、2月14日〜 配給:プレシディオ
 ・ジャ・ジャンクー 『四川のうた』@ユーロスペース、4月 配給:ビターズ・エンド/オフィス北野
 ・フォン・シャオガン 『戦場のレクイエム』@ヒューマントラストシネマ文化村通り、1月17日〜 配給:ヅロードメディア・スタジオ
 ・フォン・イェン 『長江に生きる』@ユーロスペース、3月7日〜 配給:ドキュメンタリー・ドリームセンター
 ・チェン・カイコー 『花の生涯―梅蘭芳』@新宿ピカデリー、3月7日〜 配給:角川エンタテインメント
 ・ユー・リクウァイ 『PLASTIC CITY プラスティック・シティ』(中・香港・ブラジル・日)@ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿バルト9、3月14日〜 配給:ビターズ・エンド
 ・ジョン・ウー 『レッドクリフ PartU』(中・日・米・台湾・韓) 4月10日〜 配給:東宝東和/エイベックス
 ・シェイ・トン “One Summer With You” 配給:ムービーアイ
 ・デレク・チウ “Road to Dawn/夜明” 配給:角川映画

 ◆香港映画
 ・チン・シウトン 『エンプレス‐運命の戦い‐』(香港・中) 配給:ツイン
 ・イップ・ウィンキン 『カンフーシェフ』 4月、配給:日本スカイウェイ
 ・イー・トンシン『新宿インシデント』@新宿トーア、5月1日〜 配給:ショウゲート
 ・ヤウ・ナイホイ 『天使の眼、野獣の街』@シネマライズ、1月31日〜 配給:トルネード・フィルム *映画祭上映題:『アイ・イン・ザ・スカイ』
 ・アレクシ・タン 『ブラッド・ブラザーズ-天堂口-』(香港・台湾)@シネマート六本木、2月7日〜 配給:エスピーオー
 ・トー・ユエン 『マイ・ライフ・アズ・マクダル』 配給:マジックアワー
 ・クリス・ナオン『ラスト・ブラッド』 配給:アスミック・エース
 ・ベニー・チャン “Connected” 配給:ブロードメディア・スタジオ

 ◆台湾映画
 ・トム・リン 『九月に降る風』 配給:マジックアワー/アジア・リパブリック *映画祭上映題:『九月の風』

 ◆韓国映画
 ・ミン・ギュドン 『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』@恵比寿ガーデンシネマ、シネカノン有楽町1丁目 4月 配給:ショウゲート
 ・チャン・フン 『映画は映画だ』@シネマスクエアとうきゅう、3月14日〜 配給=ブロードメディア・スタジオ
 ・チェン・ユンス 『食客』@新宿K’s cinema、GW 配給:彩プロ
 ・ナ・ホンジン 『チェイサー』@シネマスクエアとうきゅう、5月1日 配給:クロックワークス/アスミック・エース
 ・キム・ヨンナム 『ノー ボーイズ、ノー クライ』(韓・日) 配給:ファントム・フィルム
 ・キム・ギドク 『悲夢』@新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、2月7日〜 配給:スタイルジャム
 ・ポン・ジュノ “Mother” 配給:ビターズ・エンド
 ・ホン・サンス “Night and Day” 配給:ビターズ・エンド *映画祭上映題:『夜と昼』

 ◆モンゴル映画

 ◆タイ映画
 ・プラッチャー・ピンゲーオ “Chocolate” 配給:東北新社

 ◆ベトナム映画

 ◆フィリピン映画
 ・ラモス・S・ディアス “Imelda” 配給:ユナイテッドエンタテインメント

 ◆インドネシア映画

 ◆オーストラリア映画
 ・バズ・ラーマン 『オーストラリア』(オーストラリア・米) 2月28日〜 配給:20世紀フォックス

 ◆ニュージーランド映画

 ◆カナダ映画

 ◆メキシコ映画
 ・ガエル・ガルシア・ベルナル 『太陽のかけら』@新宿バルト9、4月 配給@アット エンタテインメント
 ・カルロス・キュアロン “Rudo y Cursi”(メキシコ・米) 配給:東北新社

 ◆コロンビア映画
 ・スピロス・スタソロプロス 『PVC-1 [余命85分]』@シネセゾン渋谷、3月14日〜 配給:トランスフォーマー/トルネード・フィルム

 ◆ブラジル映画
 ・ミゲル・ファリア Jr. 『ヴィシニウス 愛とボサノヴァの日々』@渋谷シアターTSUTAYA、4月 配給:ツイン

 ◆アルゼンチン映画
 ・ヘクトール・バベンコ 『失われた肌』(アルゼンチン・ブラジル)@ヒューマントラストシネマ文化村通り、4月 配給@アット エンタテインメント
 ・ミゲル・コハン “Cafe de los maestros”(アルゼンチン・ブラジル・米・英) 配給:ワイズポリシー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ★アニメーション(非メジャー系を中心に)
 ・プリート・パルン 『ガブリエラ・フェッリのいない生活』(エストニア)@ラピュタ阿佐ヶ谷、3月15日〜(ラピュタアニメーションフェスティバル)
 ・アリ・フォルマン 『戦場でワルツを』(イスラエル・仏・独)@シネスイッチ銀座 配給:ツイン/博報堂DYメディアパートナーズ *映画祭上映題:『バシールとワルツを』
 ・ベン・スタッセン 『ナットのスペースアドベンチャー』(ベルギー)@新宿バルト9、3月28日〜 配給:ティ・ジョイ
 ・パトリック・ルシエ 『ブラディ・バレンタイン3D』(米)@池袋シネマサンシャイン、新宿バルト9、TOHOシネマズ六本木ヒルズ
 ・ウロ・ピッコフ、プリート・テンダー、カスパル・ヤンシス『フランク・アンド・ウェンディー』(エストニア)@ラピュタ阿佐ヶ谷、3月15日〜(ラピュタアニメーションフェスティバル)
 ・ロイ・ウッド 『モトリー・クルーのディザスター! アルマゲドン危機一発』(米)@シアターN渋谷、2月21日〜 配給:東北新社
 ・イジー・バルタ 『屋根裏のポムネンカ』(チェコ・スロバキア・日)@ユーロスペース、夏 配給:アットアームズ
 ・<デイヴィッド・リンチ・ワールド>@ライズX、2月28日〜 配給:アルバトロス・フィルム
 ・<ロシア革命アニメーション 1924-1979−ロシア・アヴァンギャルドからプロパガンダへ−>(ソ連)@UPLINK X、5月 配給:竹書房

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ★ドキュメンタリー
 ・ゴンザロ・アリホン 『アライブ-生還者-』(仏)@ヒューマントラストシネマ渋谷、4月 配給:熱帯美術館/グアパ・グアポ
 ・ミゲル・ファリア Jr.『ヴィシニウス 愛とボサノヴァの日々』(ブラジル)@渋谷シアターTSUTAYA、4月 配給:ツイン
 ・ポール・ワーグナー、テュプテン・ツェリン 『風の馬』(米)@UPLINK、3月 配給:アップリンク
 ・サンドリーヌ・ボネール 『彼女の名はサビーヌ』(仏)@UPLINK、2月14日〜 配給:アップリンク
 ・アーロン・ウルフ 『キング・コーン 世界を作る魔法の一粒』(米)@シアター・イメージフォーラム、4月 配給:エスパース・サロウ
 ・デイヴィッド・シントン 『ザ・ムーン』(米) 1月16日〜 配給:アスミック・エース
 ・バンジャン・マルケ 『ジョッキーを夢見る子供たち』(仏)@渋谷シタターTSUTAYA、1月24日〜 配給:CKエンタテインメント
 ・マリア・ズマシュ=コチャノヴィチ 『スティル・アライブ』 配給:ワコー/グアバ・グアポ
 ・フォン・イェン 『長江に生きる』(中)@ユーロスペース、3月7日〜 配給:ドキュメンタリー・ドリームセンター
 ・『ベジャール・バレエ・ローザンヌ 80分間世界一周』(仏)@銀座テアトルシネマ、1月24日〜 配給:セテラ
 ・フィリップ・コーリー 『マリア・カラスの真実』(仏)@ユーロスペース、3月28日〜 配給:セテラ/マクザム
 ・ジェームズ・ハニーボーン 『ミーアキャット』(米) 1月10日〜 配給:ギャガ
 ・ジャン=ポール・ジョー 『未来の食卓』(仏)@UPLINK、初夏 配給:アップリンク
 ・ジェームズ・クランプ 『メイプルソープとコレクター』(米・スイス)@ライズX、3月 配給:ロングライド
 ・ピエール・イヴ・ボルジョー 『ユッスー・ンドゥール 魂の帰郷』(スイス)@シアターn渋谷、2月14日〜 配給:アルシネテラン
 ・ヤン・アルテュス・ベルトラン “Home”(仏) 配給:アスミック・エース
 ・ラモス・S・ディアス “Imelda”(フィリピン) 配給:ユナイテッドエンタテインメント
 ・ジェームズ・マーシュ “Man on Wire”(英) 配給:エスパース・サロウ
 ・ローレン・ラジン “One Train Later”(米) 配給:デスペラード/日活
 ・アニエス・ヴァルダ “Les Plages d'Agnès”(仏)@岩波ホール 配給:ザジフィルムズ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ★俳優・芸能人出身監督の映画
 ・役所広司 『ガマの油』 6月6日〜 配給:ファントム・フィルム
 ・岸谷五朗 『キラー・ヴァージンロード』 配給:東宝
 ・オダギリジョー 『さくらな人たち』 配給:スタイルジャム
 ・田口トモロヲ 『色即ぜねれいしょん』@シネセゾン渋谷、夏 配給:スタイルジャム
 ・品川ヒロシ 『ドロップ』@角川シネマ新宿・他、3月20日〜 配給:角川映画
 ・木村祐一 『ニセ札』@テアトル新宿、シネカノン有楽町、4月 配給:ビターズ・エンド
 ・坂口拓 『鎧 サムライゾンビ』@シアターN渋谷、2月14日〜 配給:ザナドゥー
 ・大鶴義丹『私のなかの8ミリ』@キネカ大森、4月4日〜 配給:モブキャスト

 ・ヘレン・ハント 『いとしい人』(米)@恵比寿ガーデンシネマ、角川シネマ新宿、4月 配給:アルバトロス・フィルム
 ・サンドリーヌ・ボネール 『彼女の名はサビーヌ』(仏)@UPLINK、2月14日〜 配給:アップリンク
 ・ガエル・ガルシア・ベルナル 『太陽のかけら』(メキシコ)@新宿バルト9、4月 配給@アット エンタテインメント

 ★異業種出身監督の映画
 ・操上和美(写真家) 『ゼラチンシルバーLOVE』@銀座テアトルシネマ、東京都写真美術館、新宿武蔵野館、3月7日〜 配給:ファントム・フィルム
 ・木村大作(撮影監督) 『劔岳 点の記』@全国東映系、6月20日〜 配給:東映
 ・北川悦吏子(脚本家) 『ハルフウェイ』@ヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町2丁目、新宿バルト9、2月21日〜 配給:シネカノン

 ★監督で観る日本映画(2009年度 映画賞&ベストテン候補)
 ・園子温 『愛のむきだし』@ユーロスペース、1月31日〜 配給:ファントム・フィルム
 ・市川準 『buy a suit スーツを買う』@ユーロスペース、4月 配給:市川準事務所
 ・根岸吉太郎『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』 秋 配給:東宝
 ・SABU 『蟹工船』@シネマライズ、夏 配給:IMJ/ザナドゥー
 ・崔洋一 『カムイ外伝』@松竹系、9月19日〜 配給:松竹
 ・是枝裕和 『空気人形』 配給:アスミック・エース
 ・西川美和 『ディア・ドクター』@シネカノン有楽町1丁目、初夏 配給:シネカノン
 ・緒方明 『のんちゃんのり弁』 配給:ムービーアイ
 ・中江裕司 『真夏の夜の夢』 配給:シネカノン/パナリ本舗
 ・竹中直人 『山形スクリーム』 配給:ギャガ
 ・松岡錠司 『リトル・カントリー』 配給:松竹
 ・森田芳光 『わたし出すわ』@恵比寿ガーデンシネマ 配給:アスミック・エース

 ★2009年には観られない映画
 ・ローラン・カンテ “Entre les murs”(仏)@岩波ホール、2010年 配給:東京テアトル
 ・パスカル・ボニツェール “The Great Alibi”『ホロー荘の殺人』(仏)@Bunkamura ル・シネマ、2010年 配給:ムービーアイ *映画祭上映題:『華麗なるアリバイ』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 トラン・アン・ユンの新作は? テオ・アンゲロプロスは? ラース・フォン・トリアーは? ウォン・カーウァイのアレは?とか、いろいろ気になる作品はありますが、現時点で公表されているラインアップは、以上の通りです。

 今のところスペイン映画もロシア映画もカナダ映画も1本も公開予定に挙がっていません。

 台湾映画が1本しかないというのも寂しいし(共同製作はあるけど)、香港映画や韓国映画のラインナップにも華がない感じがします。

 昨年の映画祭で上映された作品から劇場公開が決まったものは、あらかじめ配給が決まっていたもの以外では―
 ・フランス映画祭:ゼロ
 ・イタリア映画祭:『湖のほとりで』『百本の釘』『副王家の血筋』
 ・スペイン・ラテンアメリカ映画祭:ゼロ
 ・東京国際映画祭:『パブリック・エナミー・ナンバー1』『九月の風』
 ・ドイツ映画祭:『クララ・シューマンの愛』『ウェイブ‐あるクラスの暴走』
 ・東京フィルメックス:『バシールとワルツを』

 まあ、予想していたこととはいえ少ないですね。マイク・リーの『ハッピー・ゴー・ラッキー』もまだ劇場公開が決まっていないようです。
 劇場公開される可能性が高いのであれば、映画祭の価値が下がることになるし、難しいものです。

 全米の映画賞レースを争っている作品で、日本で公開の目途が立っていない作品もいくつかありますし、国際映画祭で賞を獲った作品でやはり日本で公開/上映予定に入っていない作品がいくつもあります。

 こころみに、昨年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門上映作品の、日本での上映/公開状況を探ってみると―

 ・アルノー・デプレシャン 『クリスマス・ストーリー』(仏) → 2008年特別上映
 ・フィリップ・ガレル “La Frontiere De l'Aube (The Frontier of Dawn)”(仏・伊) → 2009年劇場公開決定
 ・ローラン・カンテ “Entre Les Murs(The Class)”(仏) → 2010年劇場公開決定
 ・ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 『ロルナの祈り』(ベルギー・仏・伊)→ 2009年劇場公開
 ・パオロ・ソレンティーノ “Il Divo”(伊)
 ・マッテオ・ガローネ 『ゴモラ』(伊) → 東京国際映画祭で上映
 ・ヴィム・ヴェンダース “The Palermo Shooting”(独)
 ・コーネル・ムンドルッツォ 『デルタ』(ハンガリー) → 東京フィルメックスで上映
 ・クリント・イーストウッド 『チェンジリング』(米) → 2009年劇場公開
 ・スティーヴン・ソダーバーグ 『チェ』(米) → 2009年劇場公開
 ・チャーリー・カウフマン “Synecdoche, New York”(米) → 2009年劇場公開
 ・ジェームズ・グレイ “Two Lovers”(米)
 ・アトム・エゴヤン “Adoration”(カナダ・エジプト)
 ・フェルナンド・メイレレス 『ブラインドネス』(ブラジル・カナダ・日) → 2008年劇場公開
 ・ウォルター・サレス、ダニエラ・トマス 『リーニャ・ヂ・バッシ』(ブラジル) → 東京フィルメックッスで上映
 ・Pablo Trapero “Leonera”(アルゼンチン・韓国・ブラジル)
 ・ルクレシア・マルテル 『頭のない女』(アルゼンチン・西・仏) → スペイン・ラテンアメリカ映画祭で上映
 ・ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 『スリー・モンキーズ』(トルコ) → 東京国際映画祭で上映
 ・アリ・フォルマン 『戦場でワルツを』(イスラエル・仏・独) → 東京フィルメックスで上映後、2009年劇場公開
 ・ジャ・ジャンクー 『四川のうた』(中国)→ 2009年劇場公開決定
 ・エリック・クー 『マイ・マジック』(シンガポール) → 東京国際映画祭で上映
 ・ブリランテ・メンドーサ “Serbis”(フィリピン・仏)

 全22作品のうち、劇場公開作品は9作品、映画祭等で上映されたものが7作品、未公開が6作品となっています。
 ヴェンダースもアトム・エゴヤンもまだ劇場公開が決まっていませんが、カンヌ国際映画祭コンペ部門の上映作品は、わりと恵まれた方で、その大半が日本でも何らかの形で観られるという結果となっています。
 これを見ても、やはり観られるときに観ておかないともう二度と観られないということもありそうで、映画祭の重要性を再認識させられます(ただし映画祭上映で観られるのはほとんどの場合東京のみに限られますが)。

 昨年のベネチア国際映画祭コンペティション部門上映作品で同様のことをしてみると、日本映画3作品を除く全19作品のうち、劇場公開作品はたった5作品、映画祭上映作品は2作品となっています(今後あともう少し公開/上映されそうですが)。

 今年のラインナップの中で、注目されるのは、初お目見えのドミニク・アベル&フィオナ・ゴードンが3作品も観られることと、彼らを含め、7本ものベルギー映画が観られることでしょうか。ジャコ・ヴァン・ドルマルの13年ぶりの新作も楽しみです。

 このところ、アラブ圏/中東の映画が今後大きなムーブメントを起こすのではないかという機運が感じられていますが、今年の公開作品にもその兆しが(ちょっとだけですが)伺えます。これも要注目です。

 *検索でこのページにたどり着いた人もクリックしてね!
 ↓ ↓ ↓ ↓
 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 CLICK ME!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山形スクリーム
映画「山形スクリーム」の敏酒圭役、紗綾の出演作品「神の左手 悪魔の右手」(金子修介監督)アユ役「渋谷怪談 THEリアル都市伝説」(福谷修監督)千尋役「口裂け女」(白石晃士監督)中島志穂役「少女霊 14歳の魂」(谷洋平監督)はな役「地獄少女」(ドラマ版、日本テレビ)柴田つぐみ役「漫画喫茶都市伝説 呪いのマンナさん」 (BS-TBS→映画「ヨムトシヌ DEATH COMIC」)佐々木曼奈役↑いろんなもの連れて来てそうこちらも参照璃子 竹中監督で“正統ホラー”挑戦(スポーツニッポン) - goo ニュ... ...続きを見る
saaya_holic
2009/06/20 21:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
興味深いリストをありがとうございます♪
タル・ベーラ作品が公開されるなんて嬉しいです。
アンジェイ・ワイダの去年のアカデミー賞ノミネート作品もようやくなんですね。
しかーし、あれやこれはどうなっているの?っていうのもたくさん・・・
フランス映画祭のスケジュールを見て、ショックを受けつつ、一般公開にも期待。
かえる
URL
2009/02/18 00:12
かえるさま
コメントありがとうございます。
個人的には、観られない映画は、もう縁がなかったものと思ってあきらめるしかない、という感じですね。今となっては、ロードショー作品も満足に観られてはいないので……。
上のリストを見ると、他の映画会社が手がけないような作品を積極的に配給している配給会社があることもわかったりするわけで、そういう配給会社には感謝!ですね〜。
umikarahajimaru
2009/02/18 01:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2009年に観る映画、観ない映画 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる