海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ映画 オール・タイム・ベスト100!(AFI)

<<   作成日時 : 2007/06/22 20:27   >>

トラックバック 2 / コメント 9

 AFI(アメリカ映画協会)が10年ぶりのアメリカ映画オール・タイム・ベスト100を選出したので、それをここに書き出してみたいと思います。

画像

 ※ベスト10であれば、AFIのHP(http://connect.afi.com/site/PageServer?pagename=micro_100landing)で普通に見られるんですが、ベスト100を見るにはAFIにユーザー登録してから、リストをダウンロードしなければなりません。

 1位 『市民ケーン』 CITIZEN KANE 前回1位
 2位 『ゴッド・ファーザー』 THE GODFATHER 前回3位 1UP
 3位 『カサブランカ』 CASABLANCA  前回2位 1DOWN
 4位 『レイジング・ブル』 RAGING BULL 前回24位 20UP
 5位 『雨に唄えば』 SINGIN' IN THE RAIN 前回10位 5UP
 6位 『風と共に去りぬ』 GONE WITH THE WIND 前回4位 2DOWN
 7位 『アラビアのロレンス』 LAWRENCE OF ARABIA 前回5位 2DOWN
 8位 『シンドラーのリスト』 SCHINDLER'S LIST 前回9位 1UP
 9位 『めまい』 VERTIGO 前回61位 52UP
 10位 『オズの魔法使い』THE WIZARD OF OZ 前回6位 4DOWN
 11位 『街の灯』 CITY LIGHTS 前回76位 65UP
 12位 『捜索者』 THE SEARCHERS 前回96位 84UP
 13位 『スター・ウォーズ』 STAR WARS 前回15位 2UP
 14位 『サイコ』 PSYCHO 前回18位 4UP
 15位 『2001年 宇宙の旅』 2001: A SPACE ODYSSEY 前回22位 7UP
 16位 『サンセット大通り』 SUNSET BLVD. 前回12位 4DOWN
 17位 『卒業』 THE GRADUATE 前回7位 10DOWN
 18位 『キートンの将軍』 THE GENERAL  NEW!
 19位 『波止場』 ON THE WATERFRONT 前回8位 11DOWN
 20位 『素晴らしき哉、人生!』 IT'S A WONDERFUL LIFE 前回11位 9DOWN
 21位 『チャイナタウン』 CHINATOWN 前回19位 2DOWN
 22位 『お熱いのがお好き』 SOME LIKE IT HOT 前回14位 8DOWN
 23位 『怒りの葡萄』 THE GRAPES OF WRATH 前回21位 2DOWN
 24位 『ET』 E.T. THE EXTRA-TERRESTRIAL 前回25位 1UP
 25位 『アラバマ物語』 TO KILL A MOCKINGBIRD 前回34位 9UP
 26位 『スミス都へ行く』 MR. SMITH GOES TO WASHINGTON 前回29位 3UP
 27位 『真昼の決闘』 HIGH NOON 前回33位 6UP
 28位 『イヴの総て』 ALL ABOUT EVE 前回16位 12DOWN
 29位 『深夜の告白』 DOUBLE INDEMNITY 前回38位 9DOWN
 30位 『地獄の黙示録』 APOCALYPSE NOW 前回28位 2DOWN
 31位 『マルタの鷹』 THE MALTESE FALCON 前回23位 8DOWN
 32位 『ゴッド・ファーザー PARTU』 THE GODFATHER PART II  前回32位
 33位 『カッコーの巣の上で』 ONE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST 前回20位 13DOWN
 34位 『白雪姫』 SNOW WHITE AND THE SEVEN DWARFS 前回49位 15UP
 35位 『アニー・ホール』 ANNIE HALL 前回31位 4DOWN
 36位 『戦場にかける橋』 THE BRIDGE ON THE RIVER KWAI 前回13位 23DOWN
 37位 『我等の生涯の最良の年』 THE BEST YEARS OF OUR LIVES 前回37位
 38位 『黄金』 THE TREASURE OF THE SIERRA MADRE 前回30位 8DOWN
 39位 『博士の異常な愛情』 DR. STRANGELOVE 前回26位 13DOWN
 40位 『サウンド・オブ・ミュージック』THE SOUND OF MUSIC 前回55位 15UP
 41位 『キング・コング』 KING KONG 前回43位 2UP
 42位 『俺たちに明日はない』 BONNIE AND CLYDE 前回27位 15DOWN
 43位 『真夜中のカーボーイ』 MIDNIGHT COWBOY 前回36位 7DOWN
 44位 『フィラデルフィア物語』 THE PHILADELPHIA STORY 前回51位 7UP
 45位 『シェーン』 SHANE 前回69位 24UP
 46位 『或る夜の出来事』 IT HAPPENED ONE NIGHT 前回35位 11DOWN
 47位 『欲望という名の電車』 A STREETCAR NAMED DESIRE 前回45位 2DOWN
 48位 『裏窓』 REAR WINDOW 前回42位 6DOWN
 49位 『イントレランス』 INTOLERANCE  NEW!
 50位 『ロード・オブ・ザ・リング』 THE LORD OF THE RINGS: THE FELLOWSHIP OF THE RING NEW!
 51位 『ウエスト・サイド物語』 WEST SIDE STORY 前回41位 10DOWN
 52位 『タクシードライバー』 TAXI DRIVER 前回47位 5DOWN
 53位 『ディア・ハンター』 THE DEER HUNTER 前回79位 26UP
 54位 『M*A*S*H』 M*A*S*H 前回56位 2UP
 55位 『北北西に進路を取れ』 NORTH BY NORTHWEST 前回40位 15DOWN
 56位 『ジョーズ』 JAWS 前回48位 8DOWN
 57位 『ロッキー』 ROCKY 前回78位 21UP
 58位 『黄金狂時代』 THE GOLD RUSH 前回74位 16UP
 59位 『ナッシュビル』 NASHVILLE  NEW!
 60位 『我輩はカモである』 DUCK SOUP 前回85位 25UP
 61位 『サリヴァンの旅』 SULLIVAN'S TRAVELS  NEW!
 62位 『アメリカン・グラフィティ』 AMERICAN GRAFFITI 前回77位 15UP
 63位 『キャバレー』 CABARET NEW!
 64位 『ネットワーク』 NETWORK 前回66位 2UP
 65位 『アフリカの女王』 THE AFRICAN QUEEN 前回17位 48DOWN
 66位 『レイダース 失われたアーク』 RAIDERS OF THE LOST ARK  前回60位 6DOWN
 67位 『バージニア・ウルフなんてこわくない』 WHO'S AFRAID OF VIRGINIA WOOLF?  NEW!
 68位 『許されざる者』 UNFORGIVEN 前回98位 30UP
 69位 『トッツィー』 TOOTSIE 前回62位 7DOWN
 70位 『時計じかけのオレンジ』 C A LOCKWORK ORANGE 前回46位 24DOWN
 71位 『プライベート・ライアン』 SAVING PRIVATE RYAN  NEW!
 72位 『ショーシャンクの空に』 THE SHAWSHANK REDEMPTION NEW!
 73位 『明日に向って撃て!』 BUTCH CASSIDY AND THE SU NDANCE KID 前回50位 23DOWN
 74位 『羊たちの沈黙』THE SILENCE OF THE LAMBS 前回65位 9DOWN
 75位 『夜の大捜査線』 IN THE HEAT OF THE NIGHT  NEW!
 76位 『フォレスト・ガンプ』 FORREST GUMP 前回71位 5DOWN
 77位 『大統領の陰謀』 ALL THE PRESIDENT'S MEN  NEW!
 78位 『モダン・タイムス』 MODERN TIMES 前回81位 3UP
 79位 『ワイルド・バンチ』THE WILD BUNCH 前回80位 1UP
 80位 『アパートの鍵貸します』 THE APARTMENT 前回93位 13UP
 81位 『スパルタカス』 SPARTACUS  NEW!
 82位 『サンライズ』 SUNRISE  NEW!
 83位 『タイタニック』 TITANIC  NEW!
 84位 『イージー・ライダー』 EASY RIDER 前回88位 4UP
 85位 『オペラは踊る』A NIGHT AT THE OPERA NEW!
 86位 『プラトーン』 PLATOON 前回83位 3DOWN
 87位 『12人の怒れる男』 12 ANGRY MEN  NEW!
 88位 『赤ちゃん教育』 BRINGING UP BABY 前回97位 9UP
 89位 『シックス・センス』THE S IXTH SENSE NEW!
 90位 『有頂天時代』 SWING TIME  NEW!
 91位 『ソフィーの選択』 SOPHIE'S CHOICE  NEW!
 92位 『グッドフェローズ』 GOODFELLAS  前回94位 2UP
 93位 『フレンチ・コネクション』 THE FRENCH CONNECTION 前回70位 23DOWN
 94位 『パルプ・フィクション』 PULP FICTION 前回95位 1DOWN
 95位 『ラスト・ショー』 THE LAST PICTURE SHOW  NEW!
 96位 『ドゥ・ザ・ライト・シング』 DO THE RIGHT THING  NEW!
 97位 『ブレードランナー』 BLADE RUNNER  NEW!
 98位 『ヤンキー・ドゥードル・ダンディー』 YANKEE DOODLE DANDY 前回100位 2UP
 99位 『トイ・ストーリー』 TOY STORY  NEW!
 100位 『ベン・ハー』 BEN-HUR 前回72位 28DOWN

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・AFIとは、映像教育と、映画・テレビ・デジタルメディアの部門で優れた業績を残した個人や団体の表彰、映画の保存、デジタル技術の開発などを目的としているアメリカの非営利団体で、設立は1967年。2年に一度映画祭を開催している。
 最近、アル・パチーノに功労賞を贈ったことがニュースになりました。

 ・オール・タイム・ベスト100は、10年ぶり、10回目の催しで、400作品の候補作の中から会員の5作品の投票で上位100作品を選出したもの。
 今回のベスト100の発表は、2007年6月20日にCBSで3時間にわたって放映されました。
 ホストはモーガン・フリーマンで、ゲストにハル・ベリー、ハリソン・フォード、スパイク・リー、シャーリー・マクレーン、エヴァ・メンデス、マーティン・スコセッシ、マーティン・シーンら。

 ・候補作の条件は、長編であること、アメリカのプロダクションが製作に関わった作品であること、紙媒体かテレビかデジタル・メディアでcommendation(推薦?)を受けた作品であること、なんらかの賞を受賞している作品であること、興行的にある程度の成績を収めた作品で、歴史的・文化的にも価値のある作品であること。

 ・AFIのこうした選出は、恒例になっていて、これまでに、ベスト・ミュージカル25(2006)、インスパイアされた(Cheers)映画ベスト100(2006)、映画の台詞ベスト100(2005)、映画音楽ベスト25(2005)、ベスト・ソング100(2004)、ベスト・ヒーロー50&ベスト悪役50(2003)、ベスト恋愛映画100(2002)、ベスト・スリラー100(2001)、ベスト・コメディー100(2000)、映画スター ベスト50(1999)などを選んでいます。それぞれHPからダウンロードすることができます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今回のオール・タイム・ベストの特徴は――

 ・『レイジング・ブル』と『めまい』がトップ10入り。

 ・『卒業』と『波止場』がトップ10落ち。

 ・ベスト100候補400作品に新たに入った43作品のうち、ベスト100入りした作品は、『ロード・オブ・ザ・リング』(50位)、『プライベート・ライアン』(71位)、『タイタニック』(83位)、『シックス・センス』(89位)。

 ・『キートンの将軍』や『イントレランス』『ナッシュビル』など、19作品がベスト100入り。

 ・ジョン・フォードの『捜索者』が84ランク・アップの12位、『街の灯』『めまい』『許されざる者』がそれぞれ11ランクアップ。

 ・スピルバーグ作品が5作品で最多ランクイン(『シンドラーのリスト』『ET』『ジョーズ』『レイダース 失われたアーク』『プライベート・ライアン』)。
 ヒッチコック(『サイコ』『めまい』『裏窓』『北北西に進路を取れ』)、キューブリック(『2001年 宇宙の旅』『博士の異常な愛情』『スパルタカス』『時計じかけのオレンジ』)、ワイルダー(『サンセット大通り』『お熱いのがお好き』『深夜の告白』『アパートの鍵貸します』)がそれぞれ4作品ランクイン。
 キャプラ(『素晴らしき哉、人生!』『スミス都へ行く』『或る夜の出来事』)、チャップリン(『街の灯』『黄金狂時代』『モダン・タイムス』)、コッポラ(『ゴッド・ファーザー』『地獄の黙示録』『ゴッド・ファーザーPARTU』)、ヒューストン(『黄金』『マルタの鷹』『アフリカの女王』)、スコセッシ(『レイジング・ブル』『タクシードライバー』『グッドフェローズ』)がそれぞれ3作品ランクイン。

 ・出演俳優では、ロバート・デ・ニーロ(『レイジング・ブル』『ゴッド・ファーザーPARTU』『タクシードライバー』『ディア・ハンター』『グッドフェローズ』)とジェームズ・スチュアート(『めまい』『素晴らしき哉、人生!』『フィラデルフィア物語』『スミス都へ行く』『裏窓』)が5作品ランクイン。女優では、フェイ・ダナウェイ(『チャイナタウン』『俺たちの明日はない』『ネットワーク』)、キャサリン・ヘップバーン(『フィラデルフィア物語』『アフリカの女王』『赤ちゃん教育』)、ダイアン・キートン(『ゴッド・ファーザー』『ゴッド・ファーザーPARTU』『アニー・ホール』)が3作品で最多ランクイン。

 ・年度では、1982年(『ET』『トッツィー』『ソフィーの選択』『ブレードランナー』)、1976年(『タクシードライバー』『ロッキー』『ネットワーク』『大統領の陰謀』)、1969年(『真夜中のカーボーイ』『明日に向って撃て!』『ワイルド・バンチ』『イージー・ライダー』)が最多でそれぞれ4作品ずつランクイン。

 ・最も古い作品は1916年の『イントレランス』で、最も新しい作品は2001年の『ロード・オブ・ザ・リング』。

 ・年代別では70年代の作品が20作品ランクイン・

 ・サイレント作品が4作品ランクイン(『キートンの将軍』『イントレランス』『サンライズ』『モダン・タイムズ』)。

 ・アニメーションは2作品ランクイン(『白雪姫』『トイ・ストーリー』)。

 ・ミュージカルは6作品ランクイン(『雨に唄えば』『オズの魔法使い』『サウンド・オブ・ミュージック』『ウエスト・サイド物語』『キャバレー』『ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディー』)。

 ・順位が前回と変わらなかった作品は3作品(『市民ケーン』『ゴッド・ファーザーPARTU』『我等の生涯の最良の年』)。

 ・ランク外に落ちた作品は、『ドクトル・ジバゴ』(前回39位)、『国民の創世』(前回44位)、『地上より永遠に』(前回52位)、『アマデウス』(前回53位)、『西部戦線異状なし』(前回54位)、『第三の男』(前回57位)、『ファンタジア』(前回58位)、『理由なき反抗』(前回59位)、『駅馬車』(前回63位)、『未知との遭遇』(前回64位)、『影なき狙撃者』(前回67位)、『巴里のアメリカ人』(前回68位)、『嵐が丘』(前回73位)、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(前回75位)、『ジャイアンツ』(前回82位)、『ファーゴ』(前回84位)、『戦艦バウンティ』(前回86位)、『フランケンシュタイン』(前回87位)、『パットン大戦車軍団』(前回89位)、『ジャズ・シンガー』(前回90位)、『マイ・フェア・レディ』(前回91位)、『陽のあたる場所』(前回92位)、『招かれざる客』(前回99位)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ・AFI自体が教育と映画の保存を目的としたものなので、オール・タイム・ベストもそうした傾向の強いものになりがちで、結果的に米国アカデミー賞と重なる部分も多いのですが、実際に数えてみると米国アカデミー賞作品賞全79作品と重なる作品は30作品あります。この数を多いと見るか、少ないと見るかは判断が分かれるところだと思いますが、重ならない部分は単純に観て面白いエンタメ志向の作品が選ばれているようです。
 ただし、この10年間のアカデミー賞受賞作の中からベスト100に選ばれたのは、わずかに『タイタニック』だけで、これは近年の作品が万人に愛されるような作品ではなくなってきていることと、最近のアカデミー賞のインディーズ志向を表している、とも考えられます。

 ・400の候補作品に入って、ベスト100に入らなかった作品には、『ミリオンダラー・ベイビー』『アメリカン・ビューティ』『ビューティフル・マインド』『恋におちたシェイクスピア』『ブレイブハート』『炎のランナー』などのアカデミー賞受賞作はもちろん、『アビエイター』『ブロークバック・マウンテン』などのノミネート作品も入っているほか、『エイリアン』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ブルー・ベルベット』『キャリー』『マルコヴィッチの穴』『オースティン・パワーズ』『ベイブ』などの作品も挙げられています。この400本のリストを眺めているだけでもちょっと面白いですね。

 ・教科書的な作品が多い中で、マルクス兄弟の作品が2作品、プレストン・スタージェスの作品が1作品入っているのは、なかなかユニークなところだと思います。ハワード・ホークス作品の中で『赤ちゃん教育』が入っているのもいいですね。

 ・私個人に関して言うと、この100本のうち15本ほど未見の作品があります(DVDを持っていながらまだ観ていない作品もいくつかありますが)。
 クラシック作品のほとんどは、銀座文化かACTミニシアターで観た作品ばかりなので、そのどちらも無くなってしまった現在、これらの作品をスクリーンで観ることはほぼ不可能となっていて、とても残念なことではありますね。

 *この記事がなかなか興味深かったと思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

 *当ブログ関連記事
 ・ミュージカル映画 ベスト25(AFI)
 ・映画音楽 ベスト25(AFI)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
AFI選出の映画ベスト100
「AFI(American Film Institute)はベストムービー100(100 Greatest Movies of All Time)ランキングを11年ぶりに更新した」 (マイコミジャーナルより) ...続きを見る
自主映画制作工房Stud!o Yunfa...
2007/06/24 07:32
映画の話題
米映画協会選出名画ベスト10 (1)市民ケーン(1941年) (2)ゴッドファ... ...続きを見る
横田のつぶやき<映画・交友
2007/07/15 14:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
カサブランカは前回2位だったんですね。
知らなかった。。。
しかしゴッドファザーが上って言うのは解せません。
市民ケーンは分かるけど。
ワニ
2007/06/22 22:59
ワニさま
コメントありがとうございました。
ま、こういうベストテン選びというのは、お遊びですからね。ジャンルの違う作品に対して、本当はどっちが上とかは言えないわけで……。
umikarahajimaru
2007/06/22 23:12
『イントレランス』『ソフィーの選択』『ドゥ・ザ・ライト・シング』以外すべて見ています。
『雨に唄えば』のように断然楽しい作品が上位にランクされていたり、『博士の異常な愛情』『ナッシュビル』のような辛口の作品、倒錯的なコメディ映画『赤ちゃん教育』、国民的な伝記ミュージカル『ヤンキー・ドゥードル・ダンディー』もちゃんと評価するあたり、実に懐が深い感じがします。
shintomidiary
2007/06/23 00:02
shintomidiaryさま
へえ〜、凄いですね〜。
HPを見ると、普通にユーザー登録した人も投票できるようになっているみたいなので、プロ・アマ問わず、投票した人のすべての票が集計されているということなのかもしれません。
umikarahajimaru
2007/06/23 00:12
最近の作品が少ないのはまだ作品として監督としての評価が定まっていないからなんでしょうね。
変動が恐ろしくはげしいところを見ると、選考員は少ないのではと思います。
日本で歴代ベスト100とかやれば確実にテン入りしそうな「第三の男」や「ローマの休日」が100にも入らないところが面白いです。
TBありがとうございました
URL
2007/06/24 07:26
お早う。見た見たと、思って順を追っていたら、さすが、NEWは、ほとんど見ていなかった。その中で、81,83,87,99の4作品は見ていました。この100作品で一つあげろって言われたら、迷わず『カッコーの巣の上で』かな。「弟三の男」も「ローマの休日」も銀座の名画座と日比谷座で見て、おまけにビデオ、テレビと飽きもせず見ましたけどね。
hune
2007/06/24 09:30
追加。NEWでまだ、見たのがありましたけど、気になったのは、「エデンの東」は?
hune
2007/06/24 09:44
自主映画制作工房さま
コメントありがとうございました。
『第三の男』は前回ランクインしてて、今回はランク外なんですが、『ローマの休日』が前回も今回もランク外というのはちょっと意外ですよね(400本の候補作品の中には入っています)。『ローマの休日』でオードリー・ヘプバーンがアカデミー賞を受賞しているので、日本だけで評価の高い作品ということもないと思うんですが。
umikarahajimaru
2007/06/24 19:57
huneさま
コメントありがとうございます。
アンケートの集計なので偏りが出るのは仕方のないことなんですが、調べてみたら『エデンの東』は400本の候補作品の中にも入っていませんでした。ジェームズ・ディーン人気は日本とアメリカでは差があるということでしょうか。
umikarahajimaru
2007/06/24 20:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アメリカ映画 オール・タイム・ベスト100!(AFI) 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる