海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006年の夏映画のベスト!『時をかける少女』

<<   作成日時 : 2006/07/29 21:42   >>

トラックバック 83 / コメント 19

画像 いや〜、スゴい! 私が観た回に関して言えば、上映時間を10分も遅らせるほどの客入りで、映画館は入場客でごった返し、この作品の評判&人気の高さを伺わせました。
 舞台挨拶か何かがあるのかと思ったら全然そんなことはなくて普通の上映回で、係員には立ち見になるかもしれませんと言われてもいたんですが、列の前の方に並んでいたのに立ち見と聞いて帰ったお客さんがいたこともあってか、私はちゃんと席に座ることができました。

 さて、アニメ版『時をかける少女』が公開されるということは私も事前に知ってはいましたが、原作を忠実にアニメ化した作品だろうというくらいの認識でした。それがそうじゃないと知ったのは、フリーペーパー「R25」7/14〜7/20で、原作者の筒井康隆さんがインタビューを受けていて、そこでこの映画の主人公がこれまでの映像化作品とは違って、「二代目」であり、“原作とは全然違う…だが、よいな”と発言されているのを読んだからからでした。へえ〜、現代版にアレンジされてるんだ!?
 その記事を読んだ時点で映画は既に公開中だったので、ネットで映画満足度ランキングをチェックしてみると、びっくりするほど評価が高い。というかナンバーワンじゃないですか!

 というわけで観てきたんですが、よかったですね。とってもよかった。今年の夏休み映画は不作なんじゃないかと思い始めていたところだったからなおさらでしたが、確かに“見つけちゃった感”のある作品で、映画満足度ランキングに投票したくなるような映画でした。

画像 主人公(女子)の快活なキャラクター(異性に対する恋愛感情がまだ未成熟で、そういった感情抜きで放課後に男子と野球ごっこをしている)もいいし、何と言っても「若い時は何度でもやり直しが効く」ということのメタファーとしてタイムリープが使われるのが面白かったですね。
 主人公・紺野真琴は、タイムリープ経験者である叔母さん(オリジナル版『時をかける少女』の主人公である芳山和子)にタイムリープに関して「真琴くらいの女の子にはよくあることよ。そんなに驚くことじゃないわ」とあっさり言われてしまいますが、その発言がこの映画における“タイムリープ”を象徴していて、「そんなバカな」と笑っちゃうと同時に、なあ〜るほどそういう映画だったのかと納得させられもしたのでした。まあ、本当は若い頃の時間も年齢を経てからの時間もどちらも一回限りで価値としては同じなんですが、やっぱり若い頃の失敗&やり直しは若さゆえに許されちゃうものなんですね。
 失敗を恐れずに何でもやれちゃうまっすぐな行動力、真摯さ、も、(観念的にはわかっているつもりでも)こうやって映画でストレートに見せつけられると、全くもって羨ましいし、素直に感動してしまいます。

 まあ、この映画に関する賛美はいろんなところで書かれていているので、私の感想はこのくらいにしておいてここでは別のアングルからこの映画の魅力(&謎)に迫ってみたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆リンク集

 ・公式サイト:http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/

 ・公式ブログ:http://www.kadokawa.co.jp/blog/tokikake/
スタッフルーム探訪、完成披露試写、初日舞台挨拶、アニスタイベント「細田守人生相談」@ロフトプラッスワンなど情報満載。

 ・制作会社マッドハウスの公式HP:http://www.madhouse.co.jp/

 ・WEBアニメスタイル:http://www.style.fm/as/02_topics/top_060629.shtml
 『時をかける少女』応援企画:http://www.style.fm/as/13_special/13_tokikake_main.shtml
 応援コメント、ホソダマモル入門、小黒祐一郎との対談、絵コンテ、監督インタビュー、過去の細田作品に関する記事など、公式にまさる情報量!

 ・シネマヴェーラ渋谷・上映企画『アニメはアニメである』(8月12日〜9月1日)にて細田守監督作品『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(8月28日&31日)上映!http://www.cinemavera.com/schedule.html

 ・細田守インタビュー「北電とあなたの快適ライフ応援マガジン えるふぷらざ」2006SUMMER:http://www.elfplaza.jp/06summer/interview/

 ・細田守ふぁんくらぶ:http://www.blueridge.gr.jp/~seeba/hobby/mhosoda.html

 細田監督は、『ハウルの動く城』の監督として、東映アニメーションからスタジオジブリに迎えられていながら、当初は同時上映の予定だった『猫の恩返し』が中篇の予定が長編化したため、『ハウル』がいったん制作中止となり、監督を降板した(参考:http://www.kanshin.com/keyword/225613)。
 同ポジション(同じ構図・背景)の使いまわしが得意、標識・飛行機雲・球体状の空間を頻繁に画面に取り込むこと、シンメトリックなレイアウト・画面内にある三角形の力点・広角や望遠レンズを多用すること、ロケハンをきちんとすること、主人公がやんちゃだったりすること、などが特徴として挙げられるようです。
 熱心なファンが非常に多い。

 ・貞本義行に関するWikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%9E%E6%9C%AC%E7%BE%A9%E8%A1%8C
 「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターデザインを手がけていることで有名。

 ・「PROJECT REI」さんのブログにある「貞本義行発言集」アーカイブ:http://ayanami-rei.org/archives/sadamoto-interview.php
 「月刊少年エース」「ニュータイプ」等からの再録。

 ・ブログ「山本二三絵画展 アニメ映画の背景と原画と絵画」:http://ynkoten.exblog.jp/
 『時をかける少女』で美術監督を務めた山本二三さんに関するブログ(2005年5月の絵画展開催時のもの)。主要作品リストあり。

 ・テレコム・アニメーションフィルムに関するWikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0
 テレコム・アニメーションフィルムは、アニメーション制作会社で、一時は宮崎駿や高畑勲をも擁し、東映動画からスタジオジブリへの橋渡し的な役割を果たしたと評価されている。『時をかける少女』のキャラクターデザインの貞本義行、美術監督の山本二三、作画監督の青山浩行もOB。

 ・奥寺佐渡子インタビュー 日活.com「たまこのスタッフインタビュー」vol.15:http://www.nikkatsu.com/times/column/staff/volume/vol15.html
 シナリオライターになったきっかけなど(2003年現在?)。

 ・脚本家・奥寺佐渡子のフィルモグラフィー(allcinemaONLINE):http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=118651

 ・平田敏夫さんのフィルモグラフィー(allcinemaONLINE):http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=264457
 映画中に出てくる絵画「白梅ニ椿菊図」の原画(恐らくは掛け軸という設定)を描く。監督・演出家・絵コンテ作家。
 「白梅ニ椿菊図」は、曼荼羅の中心に仏母がいるような絵。胸部に4つの円(渦)が配されている。タイトルの梅・椿・菊を絵の中に探すのは難しいが、3つで春・冬・秋を表しているらしい。母なる自然(大地)と四季を慈しむ気持ち(平和・平穏・慈愛等)を表現した絵なのかもしれない。

 ・主題歌を歌う奥華子さんのブログ:http://blog.livedoor.jp/okuhanako/
 舞台挨拶付き試写会があった翌日の7月8日や主題歌「ガーネット」が発売された7月13日に関連記事があります。

 ・サウンドトラック:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=200600000915&DSP_SKHKETSEQ=001

 ・博物館部分の監修をした東京国立博物館主任研究員の松嶋雅人さんに関する情報:http://read.jst.go.jp/ddbs/plsql/knky_24?code=1000291245
専門は、狩野派、日本画、日本美術史のようです。

 ・紺野真琴役の仲里依紗さんの公式HP:http://www.amuse-models.com/junior_up/naka_riisa01.html

 ・仲里依紗インタビュー Sankei Web:http://www.sankei.co.jp/news/060722/bun055.htm

 ・間宮千昭役の石田卓也さんの公式サイト:http://www.from1-pro.jp/talent/IshidaTakuya.html
 『時をかける少女』には全く触れられてありません。

 ・津田功介役の板倉光隆さんの公式サイト「コウリュウが行く!!」:http://www.kouryu-i.net/top.html
 上の2人に比べてコンテンツが充実しています。ブログもあって『時をかける少女』にも度々言及しています。

 ・芳山和子役の原沙知絵さんの公式サイトDIARY:http://www.ken-on.co.jp/hara/archives/diary.html
 『時をかける少女』に触れた部分はわずか。

 ・原作者・筒井康隆さんのHP:http://www.jali.or.jp/tti/index.html
 「筒井康隆資料館」の中の「筒井康隆最新情報」に日記があります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆アニメ版『時をかける少女』に関するトリビア
 *元ネタは主に『時をかける少女 NOTEBOOK』から。

 ・監督によると、『時をかける少女』には「SF」「恋愛」「青春」という3つの要素があり、「SF」の色合いが強いのが原作、「恋愛」の色合いが強いのが大林宣彦版の映画、であるから、本作は「青春」を前面に押し出した作品を目指した。

 ・キャラクターデザインの貞本義行さんは、「透明感があって、リアルでありながら清潔感が必要で」というところから抜擢された。

 ・美術監督が山本二三さんなのは、『COO 遠い海から来たクー』『火垂るの墓』『天空の城ラピュタ』など、彼が手がける作品が「夏」を感じさせるから。

 ・主人公たちが「野球」をしているのは、「野球」のできる最少人数が3人であって、1人欠けると「キャッチボール」にしかならない、という三角関係のバランスから発想された。

 ・主人公の名前は、「色」が入っていた方がキャラクターイメージが立てやすいということで「紺」野に決まった。

 ・野球シーンのイメージは、「長澤まさみとキャッチボールしている気分」。

 ・タイムリープの後、真琴がゴロゴロ転がって出てくるのは、アニメのキャラクターとしての動きが欲しかったから。

 ・タイムリープの使用回数をクルミ状の装置で身体にチャージするという方法は細田監督と脚本家の奥寺さんの間で「Suica理論」と呼ばれた。

 ・坂道は不可逆性(一定方向に動き出すと元へは戻らない)の象徴。

 ・映画の中の7月のカレンダーは2006年の7月のカレンダーと同じ(でも、7月13日は木曜日なので、それ以降、この映画でエピソードが描かれる5日間の曜日が何曜日なのかは、曖昧にぼかされているようです(終業式は恐らく7月20日))。

 ・真琴の家では「とろろ昆布」を冷蔵庫に入れている。

 ・真琴のバッグについているキーホルダーは、「クワガタくん」と「テントウムシくん」。

 ・不運な高瀬宗次郎のイメージは爆笑問題の太田光(福島先生のイメージはリリーフランキー?)。

 ・黒板に書かれていた落書き「Time waits for no man.↑(°д°)ハァ?」の元ネタは、実際にロケハンした学校の黒板に書かれていた落書き「私の可能性よ開け!私の可能性よ開け!↑(°д°)ハァ?」。

 ・「絵を見るため」ではないが、その時を逃すと見ることができない「ある建造物を見るため」にタイムワープする物語としては、梶尾真治著『クロノス・ジョウンターの伝説』の「布川輝良の軌跡」に前例がある。

 ・主人公たち高校生の声をほぼ同世代の俳優に任せたのは、同世代の観客がそれを知ったら嬉しいだろうと思うんじゃないかと考えたから。

 ・本作の完成は、7月4日(ゼロ号試写)、もしくは7月5日(初号試写)。マスコミ試写は、7月6日と7日のなかのZEROホ−ルでのホール試写(一般客も含む)と10日の社内試写(角川ヘラルド映画試写室)の3回のみで、公開初日は7月12日。『時をかける少女 NOTEBOOK』の発売は7月21日、琴音らんまる版コミック発売は7月26日。
 企画スタートが2004年3月、脚本依頼が同年8月、絵コンテ開始が2005年8月、記事露出開始が同年12月、製作発表会見が2006年3月、アフレコ終了が同年5月。急遽劇場公開が決まったわけでもないようなのに、どうしてこんなバタバタした公開になってしまったのでしょうか? 完成から公開までのスケジュールが世界同時公開型のハリウッド映画並み(『ダ・ヴィンチ・コード』とか)や『釣りバカ日誌』シリーズあるいは『デスノート 前編』のよう)にタイトになっています。

 ・本作には、7月9日にブロガーのための試写(公式HPを通して募集)が角川ヘラルド映画試写室で特別に行なわれました(レビューはこちらhttp://www.kadokawa.co.jp/blog/tokikake/2006/07/post_44.php)。
 ブログで記事をアップするためにビジュアル素材なんかもプレゼントされたようで、映画館でもう一度観たいという感想を述べられているブロガーさんがほとんどです。
 ブロガー試写が行なわれるのは、アップリンク配給の『ザ・コーポレーション』(http://www.uplink.co.jp/corporation/)に前例あります。私が知らないだけでブロガー試写の例はもっとあるのかもしれませんが。

 
 ↑ ↑ ↑ ↑
 クリックしてね!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆ロケ地

 ロケ地探しやロケ地めぐりをしたくなる映画は多いですが、それがアニメーションであるというのは珍しいですね。本作ではきちんとロケハンがなされていて、そのロケ地が公表されています。

 ロケ地情報は、劇場パンフと『時をかける少女 NOTEBOOK』に比較的詳しく載っています。「TITLe」7月号(http://www.bunshun.co.jp/mag/title/title0607.htm)にも「仲 里依紗さんと『時かけ』のロケ地を歩く」という記事が載っていたようです。

 ロケ地を実際に歩かれた方の記事としては、川崎ゆうさんのサイト「〜アニメーション映画『時をかける少女』ロケハンの地を探して〜」(http://www.eurus.dti.ne.jp/~nagi/tokikake01)が圧倒的に詳しい。いや〜、凄いですよ!

 ・東京女子大学 善福寺キャンパス(http://lab.twcu.ac.jp/icsc/home.html)(倉野瀬高校のモデル) エンドロールによればそのほかにも目白学園中学校・高等学校、東京都立国分寺高等学校、東京都立農芸高等学校、東京都立産業技術高等専門学校もクレジットされているので、それらも部分的にモデルとして採用されているのかもしれません(ロケハンされた学校は全部で7ヶ所だそうです)。

 ・林芙美子記念館(http://www.regasu-shinjuku.or.jp/46humiko)とその周辺の建物(紺野家のモデル)

 ・中井商友会(http://shinjukuku-kushouren.net/082.htm) 商店街の看板のモデル)

 ・上野近郊(商店街のモデル)

 ・西武新宿線・中井駅駅前(http://of-tokyo.jp/station/s10242)

 ・哲学堂グラウンド(http://www.nices.or.jp/02guidance/tetugakudou/02-6.html)

 ・荒川グラウンド(http://www.taitocity.net/culture/sports/arakawa/arakawa.htm)

 ・豊島区高田の富士見坂・日無坂(http://members.at.infoseek.co.jp/fookey/toshima-fujimizaka.html HP「東京23区の坂道」←こちらも凄い!)

 ・神田川面影橋付近にある分かれ道

 ・渋谷スクランブル交差点(http://www.f-banchan.net/tokyo/sibuya/sibuya.htm)

 ・東京国立博物館(http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/processId=00)

 ・カラオケ店のモデルはカラオケパセラ?(http://www.pasela.co.jp/event/tokikake/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆名セリフ集

 本当は『時をかける少女 NOTEBOOK』にシナリオが採録されていればよかったのですが、シーンごとの解説のみだったのでちょっと残念でした。コミックや「絵コンテ」だとシナリオとほぼ同じものが載っていたりするのでしょうか?

 なので、記憶と『時をかける少女 NOTEBOOK』に記載されているセリフを参照しつつ、『時をかける少女』の名セリフを書き出してみました。

 ・「真琴くらいの女の子にはよくあることよ。そんなに驚くことじゃないわ」

 ・「ずっと3人でいられる気がしてたんだよね」

 ・「真琴、俺と……付き合えば? 俺、そんなに顔も悪くないだろ?」「なにソレ? 止めて!ちょっと止めて!」

 ・「功介は彼女つくんないの?」「俺が彼女つくったら真琴がひとりになっちゃうじゃん」

 ・「アタシがなんとかする!」「なんとか?」「なんとかって?」「なんとかよっ!」

 ・「最低だ、アタシ。人が大事な話してるのに、それをなかったことにしちゃったの。なんでちゃんと聞いてあげなかったのかなあ」

 ・「おまえ、タイムリープしてねえ?」

 ・「俺、未来から来たって言ったら、笑う?」

 ・「川が地面を流れるのを初めて見た。自転車に初めて乗った。空がこんなに広いことを初めて知った。こんなに人がたくさんいるところを初めて見た」

 ・「私ね、本当は真琴は、功介くんとも千昭ともどちらとも友達のままって思ってた」「……アタシも昨日までそう思ってた」

 ・「私、千昭のこと好きだ。ごめん」「……そっか。そうだと思った」

 ・「未来で待ってる」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆真琴は何回タイムリープしているのか?

 ・7月13日(ナイスの日)放課後、理科実験室でチャージ?

 ・7月13日午後4時。坂道で自転車のブレーキが利かず、踏み切りに突っ込む。タイムリープ(以下TL)@→坂道の途中で転倒している。

 ・タイムリープ能力を試すために土手から川原へダイブ。TLA→一日前(7月12日)の自宅の食堂へ飛び出す。

 ・カラオケ、夕食の鉄板焼き、野球などをもう1回(あるいはもっとうまく)やるために何度もタイムリープする。TLB。この時点で、真琴は、タイムリープする期間を調整できるようになったのでしょうか? また、真琴はなぜ未来にもタイムリープできないのかどうか試さないのでしょうか?(ストーリーがややこしくなるから?) そして、こういうやり方では、真琴だけがまわりより早く年を取ってしまいそうですね。

 ・千昭に告白されて、告白以前の時間にタイムリープ。TLC

 ・いじめられている高瀬が逆恨みして真琴に消火器を投げつけ、かばってくれた千昭を助けようとしてタイムリープ。TLD→少し前の時間に? この時点で残りのチャージ数は06。

 ・描かれていないタイムリープが1回? チャージ数が05になっている。

 ・果穂と功介を取りもつためにタイムリープ3回(4回?)。TLE。チャージ数は01になる。7月13日の朝へ。プールのジャンプ台からダイブ! ジャンプする距離(勢い?)が大きいほどタイムリープで遡る時間が大きい?

 ・携帯で千昭に「タイムリープしてないか」と問われ、動揺してその直前の時間に戻り、千昭の問いをやり過ごす。TLF。チャージ数00。

 ・功介と果穂の踏み切りでの事故の瞬間に千昭が時間を静止させる。→事故以前の少し前の時間へタイムリープ?
この時点で真琴のチャージ数01に戻る(クルミ状の装置を無くしているはずの千昭にもチャージ数が残っていたというのは考えてみればヘンな話なのですが、1回分だけのチャージとか、複数でのチャージとかもアリだったのでしょうか?)

 ・千昭が去った翌日の夜から7月13日の朝へ。夜の坂道からダイブ!TLG

 合計すると真琴は10数回タイムリープしたようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆映画『時をかける少女』の中での時間の流れを解読する!
 「a-1*1」は、事象aが1番目の時間世界で起こったこと(-1)で、その事象自体が1回目であること(*1)を示す。

 7月12日(1回目)
 a-1*1.妹・美雪が、真琴が取っておいたプリンを食べる。

 7月13日(1回目)
 b-1*1.真琴、朝寝坊。
 c-1*1.ギリギリで登校。叔母さんに持っていく桃を持たされる。
 d-1*1.国語の小テスト。真琴は散々な結果。
 e-1*1.調理実習(エビフライ+キャベツの千切り)で天ぷら鍋から出火。
 f-1*1.中庭でプロレスごっこに巻き込まれる。
 g-1*1.放課後、理科実験室に生徒のノートを運ぶ。真琴本人の知らない間にチャージされる。
 h-1*1.3人で野球。
 k-1*1.博物館に勤める叔母さんのところに行こうとして自転車のブレーキが利かず、踏み切りに突っ込む。

 タイムリープ(以下TL)@

 j-2*1.坂道の途中で転んでいる。
 k-2*2.恐らく自転車はそのまま手押しで坂を下る。
 l-2*1.博物館で叔母さんに会う。タイムリープのことを教えられる

 TLA

 7月12日(2回目)

 a-3*2.真琴が、自分で取っておいたプリンを食べる。

 7月13日(2回目)

 b-3*2.余裕を持って登校。
 c-3*2.小テストでいい成績を上げる。
 e-3*2. 調理実習は高瀬くんと代わってもらったので事故を逃れる。
 f-3*2.プロレスごっこには巻き込まれるのをうまく回避する。
 g-3*2.?
 h-3*2.野球をするとホームランばかり出る。
 k-3*3.自転車は乗らずに(手押しで?)駅へ。
 l-3*2.叔母さんに「誰かが代わりに悪い目に遭ってるんじゃないか」と言われる。

 7月××日(1回目)
 m-3*1.果穂が功介に告白するが、功介は断る。
 n-3*1.千昭が真琴に告白するが、真琴は動揺して答えられない。

 TLC

 n-4*2.真琴は千昭を避ける。
 o-4*1.叔母さんは真琴に千昭と付き合ってみればと勧める。

 7月△△日(1回目)

 p-4*1.高瀬がいじめられている。

 7月□□日(1回目)

 q-4*1.いじめられている高瀬が逆恨みして真琴に消火器を投げつけ、真琴はかばってくれた千昭を助けようとしてタイムリープ

 TLD

 q-5*2.消火器は友梨に当たるがその結果、友梨と千昭は急接近することになる。

 7月○○日(1回目)

 r-5*1.功介と真琴のキャッチボール。

 7月☆☆日(1回目)

 s-5*1.果穂が功介に恋していることを知り、真琴は2人の中を取り持つことに決める。

 TLE

 7月13日(3回目)

 f-6*3.プロレスごっこを利用して、果穂と功介を近づける。
 g-6*3.理科実験室に潜んでいると、友梨がノートを持ってくる。
 i-6*1.功介はいったん果穂を連れて自宅である病院へ向かう。

 TLF

 k-6*4.真琴の自転車で功介が果穂を送っていき、自転車のブレーキが利かず、踏み切りに突っ込む。

 千昭によるタイムリープ@

 j-7*2.千昭が自分のチャージを使って、功介と果穂を助けて(?)、姿を消す。

 TLG

 7月13日(4回目)

 g-8*4.理科実験室でクルミ状のタイムリープ装置を拾い、友梨に千昭が好きなことを告げ、千昭を見つけて装置を渡す。
 
 千昭によるタイムリープA 以後は千昭のいない時間世界へ(つまりパラレルワールド)?

 h-9*4.真琴が果穂たちを野球に誘う。

 タイムリープするごとに、時間軸は次々と新しく枝分かれして(上書きされて)きたようですが、「千昭によるタイムリープ@」だけは、TLEが実行されていない時間軸に戻り、TLGだけは、TL@が実行されていない一番初めの時間軸に戻っているようです(TLAが行なわれた後の7月13日に戻ったのでは、装置は既に真琴の身体の中にチャージされてしまっている?)。記憶やチャージがどう「上書き」されるのかはちょっと曖昧にされているようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆何故ヒットしているのか?

 作品のよさが動員につながるのはもちろんですが、本作の場合は完成披露試写から劇場公開までの期間がタイト過ぎて、映画を観たライターや評論家の映画評は、新聞や週刊誌以外には間に合っていません。
 なので、公開当初のヒットは制作宣伝(完成前に制作中の映画をどんどん告知していく)によるもの、と考えられます。
 ホームページの早々の立ち上げ、コミック化、原作の新装版の発売なども効果的だったのでしょうが、細田守監督、貞本義行作画監督、山本二三美術監督らを知るファンが事前にこの映画に関する情報を(アニメ専門誌などで)得て、期待して、待ち望んで、大挙して劇場に押しかけたというのが現在のヒットの真相のようです。
 ヒットしているわりには、お客さんが偏っていて、見るからにそっち系のお客さんばかりなのが、その推測を裏づけます。
 映画をヒットに結びつける20代女性やファミリー層にこの映画のことがまだほとんどアピールできていないらしいのがこの映画にとっての難点で、そちらの層に気づいてもらえれば、より大きなヒットとなることは間違いありません。そういう魅力も十分兼ね備えた作品でもありますし。

 他のアニメ作品がテレビでガンガン宣伝しているのに対して、本作にはテレビもラジオも1社もついていないのも宣伝力・競争力を弱めていると言えそうです。そのわりには頑張っているとも言えそうですが。
 『時をかける少女』〜角川ヘラルド映画+角川書店
 『ブレイブ ストーリー』〜ワーナー・ブラザース映画+フジテレビ+GONZO
 『ゲド戦記』〜東宝+日本テレビ+スタジオジブリ
 『カーズ』〜ブエナビスタ+ピクサー
 『森のリトル・ギャング』〜アスミック・エース+ドリームワークス
 『劇場版ポケットモンスター・アドバンスジェネレーション/ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ』〜東宝+テレビ東京
 『NARUTO/大興奮!みかづき島のアニマル騒動(パニック)だってばよ』〜東宝+テレビ東京+集英社
 『それいけ!アンパンマン/いのちの星のドーリィ』〜東京テアトル&メディアボックス+日本テレビ+読売新聞社+やなせスタジオ
 『王と鳥』〜クロックワークス+スタジオジブリ
 『年をとった鰐』〜ジェネオン&スローラーナー+ヤマムラアニメーション
 『おさるのジョージ』〜UIP映画

 ポスターのビジュアルも悪くはありませんが、残念ながら、原作を知らない人にアピールできてはいませんし、原作通りのアニメ化だろうと思っている(私のような)人にもこの作品がそんな作品ではないことはまだ伝わってはいませんね〜。
 ちなみに、宣伝美術担当のMETAMOの金松滋さんは、『溺れる魚』『金融腐食列島[呪縛]』『バトル・ロワイヤル』等で宣伝美術のクリエイティブ・ディレクターを務めた方。宣伝美術でお客さんを取り込むタイプのデザイナーさんではないようです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *もう少し監督やスタッフに関して深く調べてみたかったのですが、既にかなり長くなってしまっているので、今回はとりあえず、ここまでとしたいと思います。
 なかなか頑張ったじゃない?と思ったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

 *祝・受賞 映画『時をかける少女』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(83件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
時をかける少女<試写会>
試写会に行ってきました。 <中野 ZOROホール> ...続きを見る
お萌えば遠くに来たもんだ!
2006/07/29 23:07
細田守版「時をかける少女」試写会
いやー面白かった!爽やかな感動を味わえる映画でした。歌がながれる場面では思わず涙 ...続きを見る
ブエナビスタ
2006/07/29 23:13
時をかける少女
細田守さんが監督されると聞いて気になっていたのですが、ようやく観に行くことができました。単なるリメイクではなく、現代版「時をかける少女」になっているのには驚きました。(以... ...続きを見る
日々の記録 on fc2
2006/07/29 23:27
【 時をかける少女 】
筒井康隆の小説「時をかける少女」のアニメ化。基本的な話の骨組みは原作と同じ、でもエピソードやキャラはオリジナルです。 ヒロインが都合良くタイムリープを使う辺りからドラマはスピーディに展開し笑わせてくれます。晩のおかずが気に入らないとタイムリープ、カラ... ...続きを見る
もじゃ映画メモメモ
2006/07/30 00:37
時をかける少女
あなたわたしのもとから~突然消えたりしないでね~ぇ~♪ 結構うさぎの十八番だったりする。。。 どうしても「時をかける少女」って言ったらこれを歌いたくなりますね。 少女マンガを初めて映画で見た。。。? 熊本では上映をしてないみたいだからキャナルでみました~♪ .. ...続きを見る
ちわわぱらだいす
2006/07/30 00:41
時をかける少女
今日、「時をかける少女」を見てきました。 評判どおりとてもすばらしい作品でした。 もう一度みたい。そう思える数少ない作品かも。 今言えることはひとつ 四の五の言う前に見ておけ!(笑 ※以下感想を書きますがネタバレしてますのでご注意ください。 時をかける少女 .. ...続きを見る
SOBUCCOLI
2006/07/30 01:14
時をかける少女
かなり良いです! あちこちで目にした評判の高さは 伊達ではありませんでした。 ク ...続きを見る
SUGO FACTORY別館
2006/07/30 01:26
映画感想・時をかける少女
Time waits for no one おまいらゲド戦記だのブレイブストー ...続きを見る
0024レベルアップブログ
2006/07/30 01:28
時をかける少女・・・・・評価額1600円
筒井康隆原作の、あまりにも有名なSFジュブナイル小説の三度目の映画化。 またまたリメイク作品である。 最初の映画化は83年の原田知世主演・大林宣彦監督版。 二度目は97年に、83年版の製作を手がけた角川春樹監督で映画化。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2006/07/30 02:10
映画 『時をかける少女』
『時をかける少女』混じりっけなしの満足感をもって劇場をでたのは久しぶりかもしれません。主人公の声に違和感があったのですがすぐに馴染めましたし、ナミダ描写などはちょっとアニメ的表現が強めでちょっと引っかかたりもするのですが、それ以前にストーリー展開と雰囲気.. ...続きを見る
GLK.top
2006/07/30 02:45
劇場アニメ「時をかける少女」感想
素晴らしい作品に巡り会えたことにただひたすら感謝・・・。 ...続きを見る
おもちやさん
2006/07/30 02:49
「時をかける少女(2006/アニメ映画)」レビュー
「時をかける少女」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2006年/アニメ映画 *主なキャラクター(声優):紺野真琴(仲里依紗)、間宮千昭(石田卓也)、津田功介(板倉光隆)、芳山和子(原沙知絵)、藤谷果穂(谷村美月)、早川友梨(垣内彩未)、紺野美.. ...続きを見る
映画レビュー トラックバックセンター
2006/07/30 05:27
☆★☆ 時をかける少女 ☆★☆
『時をかける少女』ブロガー試写に参加してきました。 「他人の恋には前向きで−自分の恋には後ろ向き」 ホント、その言葉どおりのヒロインが登場した作品。 クライマックスは感動してちょっとないてしまったアニメ映画でした。 ...続きを見る
anges's gao!!
2006/07/30 08:52
未来で待ってる。~「時をかける少女」~
まずは公式サイトへ。 http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/ ・・・ピョ~~ンって飛んでゴロゴロゴロゴロ。 大概はどっかにぶつかり、さらにはモノがふってくるが、 それでもたったそれだけのリスクで 自分の願った過去の時間へ自由に戻れるなんて んなアホな。 ホントは.. ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2006/07/30 09:28
秀作リメイク映画。『時をかける少女』
これまでにも何度か映画化・ドラマ化された筒井康隆原作小説を現代版アニメ映画としてリメイクした作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2006/07/30 09:52
時をかける少女(アニメ)
 ラストシーンで、オールキャストで歌いだしたらどうしようかと思いましたが さすがにそういった馬鹿げた無意味の演出は一切なく、清清しいアニメ作品に 仕上がっています。タイムスリップによる過去・未来の変更というのは、 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「バタフライエフェクト」などでも 取り上げられているテーマではありますけど、本作ではちょっと新たな趣向が 取り入れられています。この設定が明かされたときはちょっと驚きますね。 ...続きを見る
Master's Lounge
2006/07/30 13:22
時をかける少女
時をかける少女 上映時間 1時間40分 監督 細田守 出演(声) 仲里依紗 石田卓也 板倉光隆 原沙知絵 谷村美月 評価 9点(10点満点) ...続きを見る
メルブロ
2006/07/30 14:38
「時をかける少女」
やっぱり私が書くからには、量子論のこと書かないといけないのかな(笑)うんまあ確かに、見ている間はずっと、量子論との整合性を考え続けていましたけどね。 ...続きを見る
蜂列車待機所日記
2006/07/30 15:54
自然体の姿を見た『時をかける少女』
『時をかける少女』 2006年製作・日本 筒井康隆のジュブナイル小説で、原田知世主演、大林宣彦監督による映画版も人気を集めた名作のアニメ映画化である。監督は『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』で、その巧みな演出で多くのアニメファンを驚かせた細田守氏.. ...続きを見る
アマ・ジャナ
2006/07/30 20:29
『時をかける少女』 (2006年 制作:マッドハウス)
(ややネタバレ有りです。未見の方はご注意ください) 昨日観に行ってきました。『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』「どれみと魔女をやめた魔女」などなど。数多くの傑作を世に送り出している、細田守さんの新作です。 平日の午後ということもあって、館.. ...続きを見る
新米小僧の見習日記
2006/07/30 21:00
時をかける少女
彼女は時の道を戻っていった。 繰り返し戻っていった。 自分自身のために友達のために、 そして彼のために。 ...続きを見る
LUNE BLOG
2006/07/30 21:02
時をかける少女
映画「時をかける少女」の感想です ...続きを見る
ジャスの部屋 -映画とゲーム-
2006/07/31 10:06
『時をかける少女』初日舞台挨拶
あの名画の続編が、アニメーション作品として登場! 『時をかける少女』 初日舞台挨... ...続きを見る
CINEMA COMIN'SOON シネ...
2006/07/31 11:02
『時をかける少女』
劇場版アニメーション『時をかける少女』 ...続きを見る
Snowmint
2006/07/31 11:27
時をかける少女 2006-41
時をかける少女」を観てきました〜♪ ...続きを見る
観たよ〜ん〜
2006/08/01 06:59
「時をかける少女」を見て
昨日「時をかける少女」を見てきました。 映画を見た感想というか、面白さを先に言うと点数を0〜5で表すなら「3.7点」を上げます。 ...続きを見る
アニメっと!
2006/08/01 20:48
時をかける少女(2006)
時をかける少女(2006)公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価   ...続きを見る
シネマ de ぽん!
2006/08/04 13:21
【劇場映画】 時をかける少女
≪ストーリー≫ 高校2年生の紺野真琴は、踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子に相談すると、それは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだという。過去に飛べる能力。世界は私のもの!と思われたが、クラスメートの男子生徒、間宮千昭や津田功介との関係に変化が。千昭から思わぬ告白を受けた真琴は狼狽のあまり、その告白をタイムリープで、強引に無かったことにしてしまう。3人の友達関係が続けばいいと考えていた真琴の望みは、厄介な状況に。叔母の和子は「つきあっちゃえばいいの... ...続きを見る
ナマケモノの穴
2006/08/04 22:43
「時をかける少女」躍動感あるストーリーで見ていて楽しい
「時をかける少女」★★★☆オススメ 細田守 監督、2006年 ...続きを見る
soramove
2006/08/05 00:31
時をかける少女
やたら評判がいいのと、タイムパラドックスものは大好きなんで どうなの?って観てみましたが、これがほんとになかなかの作品! 正直言って絵はイマイチに感じましたけど、物語にすぐに引き込まれて、 主人公を始めとする登場人物にとても好感の持てる映画だと思い... ...続きを見る
It's a Wonderful Lif...
2006/08/05 07:00
時をかける少女
選択すること、それは時に残酷な行為にもなりうる。それは何かを切り捨てることを意味するときもあれば、何かを独占したり他人から奪うことを意味することもある。そんな行為を毎日積み重ねながら僕らは生きていて、一度し& ...続きを見る
Kinetic Vision
2006/08/05 07:38
★時をかける少女(アニメーション)@テアトル新宿:8/4(金)
よかった!甘酸っぱくて、可愛くて、フレッシュで切なくて。真夏に飲む爽やかな炭酸飲 ...続きを見る
映画とアートで☆ひとやすみひと休み
2006/08/05 17:00
「時をかける少女」(試写会:角川ヘラルド映画 試写室)
告げられなかった言葉 届けられなかった想い ...続きを見る
なつきの日記風(ぽいもの)
2006/08/06 15:50
「時をかける少女」好評・好調
7月15日から公開されています「時をかける少女」、メイン館のテアトル新宿の2週 ...続きを見る
映画コンサルタント日記
2006/08/07 08:28
『時をかける少女』
感動度[:ハート:][:ハート:]        2006/07/15公開 (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:] ...続きを見る
アンディの日記 シネマ版
2006/08/07 11:09
『時をかける少女』はrich harvestな逸品なのだ。
すこし前の話になるけど、新宿テアトルにて『時をかける少女』を観た。 もちろん原田知世の'アレ'ではなく、細田守監督の新作。 ...続きを見る
浦嶋嶺至のAREA41(『浦嶋礼仁』より...
2006/08/08 20:34
時をかける少女
紺野真琴は、青春真っ只中の高校2年生。ふとしたことから、過去に飛べる能力を手に入れます。起こってしまったことをリセットしてやり直すことができる。世界を思うようにできるはずだったのですが...。仲の良い「野球仲間」の間宮千昭や津田功介の間に変化が起きます。友情と ...続きを見る
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て......
2006/08/11 07:06
時をかける少女 劇場版アニメ
道をかけ 時をもかける ランナー少女  ...続きを見る
空想俳人日記
2006/08/13 07:51
時をかける少女 アニメ2006年
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/シネプレックス幸手で鑑賞結論から書けばすばらしいの一言!主人公が時間を戻ることで出来事が変わっていく様子がおもしろく最後にはちゃんとストーリーがまとまってきれいに終了しまし& ...続きを見る
勝弘ブログ
2006/08/16 01:26
アニメ映画『時をかける少女』と『ゲド戦記』をめぐる言説(その1)
40年前に発表以来、各時代に、ドラマ、映画の映像化作品で、新たにファンを開拓し続 ...続きを見る
余は如何にして道楽達人になりしか
2006/08/16 23:31
「トキカケ」見ました
というわけで、「時をかける少女」の劇場アニメを見てきました。 とりあえず、関連している本を並べてみます。 本来なら、映画のパンフレットも一緒にしたかったんですが、完売していたため手に入れられませんでした。 ...続きを見る
ないとうの気ままな(?)日常
2006/08/17 00:35
時をかける少女
時をかける少女 オリジナル・サウンドトラックposted with amazle... ...続きを見る
電気ウサギ
2006/08/17 22:58
【Amazon】時をかける少女 NOTEBOOK【アマゾン】
時をかける少女 NOTEBOOK ...続きを見る
オススメ。新作・予約・話題本の通販販売
2006/08/21 11:49
時をかける(元)少年少女
昨日”い”氏と一緒に、朝一番でテアトル新宿に「時をかける少女」見てきました。 帰 ...続きを見る
制作ノート
2006/08/26 15:53
時かけ見てきたよ!感想です。
「時をかける少女」を見てきました! いっやー これは名作といわれるわけです。 普... ...続きを見る
転んじゃだめです。
2006/08/29 03:07
映画 『時をかける少女』
すごいんだよ、このアニメ。 ...続きを見る
Death & Live
2006/09/02 15:53
「時をかける少女」
(2006年・角川ヘラルド/監督:細田 守) かつて大林宣彦監督、角川春樹監督によって2度も映画化された、筒井康隆原作のジュブナイルSFフ ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2006/09/03 00:27
【劇場鑑賞93】時をかける少女
17才、戻ることのできない夏。 ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2006/09/07 21:14
「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる
今までも何度も映像化されている「時をかける少女」です。 この夏は大作のアニメーシ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2006/09/08 17:19
時をかける少女
あ、タイム・リープできる回数が減ってる・・・6回、5回、4回、今何時だ?9回、8回・・・と増えたりしない。 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2006/09/26 00:12
時をかける少女
土曜、八戸フォーラムでの3本ハシゴ鑑賞ですが、1本目の「フラガール」で泣きまくってしまったために、顔を洗って出直し、2本目に観たのが、この「時をかける少女」。 ...続きを見る
欧風
2006/09/28 21:21
「時をかける少女」
何だかやたら評判が良いのでだんだん気になってきてしまい、観に行きました。恋にオクテな普通の高校生の恋愛モノといった要素と、タイムリープ(時間跳躍)能力というSFっぽい要素が盛り込まれており、最後までなかなか楽しむコトができました。どこにでもありそうな自然なセリフは、ところどころ笑えるくらい日常的で軽くて良い。だけど教訓はしっかりしていて分かりやすく、観た後は結構スッキリする映画です。 [:URL:] 『時をかける少女』 ...続きを見る
Tokyo Sea Side
2006/09/28 22:04
時をかけるせいしゅん恋愛喜劇
時をかける少女 細田守 ★★★☆☆ 「泣く」準備が空振りに終わった。決して期待外れではなかったのだけど、意外にあっさりした「時をかける恋愛」模様だもんで少し拍子抜け。喜劇混じりのライトな学園モノ。満足感そこそこ。大評判のワリには普通かな 大林の映画版では.. ...続きを見る
微動電信
2006/10/02 09:39
『時をかける少女』
◆TBさせて頂きます◆ん〜… 不思議なモンです。 基本的に、ボクは衝動的に映画を観るということは無くて。 観る映画は数ヶ月前から決めて、チラシ集めて、前売り券買って、満を持して観に行くんです。 当日券で観た映画って、凄く少ないんですよね。値段、高いし。 そんな中、まんまと当日券で観てしまいました「時を .... ...続きを見る
『真・南海大決戦』
2006/10/05 18:38
『時をかける少女』
むかしむかし、ずーっと昔。 すっかり子供の頃に、NHKでやっていたドラマがコレでした。 (深まった年がバレますが…) 毎日だったのか週一だったのかは忘れたけれど 確か夕方の6時頃、すごく真剣に、要するにハマッ ...続きを見る
映画館で観ましょ♪
2006/10/08 14:59
映画「時をかける少女」
「時をかける少女」観てきました!文句なしの星★★★★★5つ映画でした。DVD出たら買っちゃおうかな。 最初から最後までドキドキしっぱなし、飽きるヒマありません。 主人公マコトが、カラオケボックスや河原の告白などで時間を何度も戻るところは笑えました(^_^) ストーリー構成もテクニックもすごい。時間を行き来する話って作るほうがパニくりそうだけどどうやって作っているんだろう?テクニックは、一度同じようなシチュエーションを出しておいて、「あっ、今度はどうなる?!」って観る人に思わせるところ... ...続きを見る
描いた漫画を毎週公開します!(日記&犬)
2006/10/12 12:50
時をかける少女 〜 観客の心が青春時代にタイムリープする 〜
〜 観客の心が青春時代にタイムリープする 〜 ...続きを見る
Prototypeシネマレビュー
2006/10/15 11:18
時をかける少女(映画館)
17才、タイムリープ覚えたて。 待ってられない未来がある。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:細田守 出演者:仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/原沙知絵/谷村美月 時 間:100分 ...続きを見る
ひるめし。
2006/10/15 14:30
劇場版アニメ「時をかける少女」
●いい意味で敷居が低い、物語づくりにおけるビックキーワードをしっかり練り込んだ「走れ真琴」の良質アニメーション作品●これなら評判がいいのもごもっともだ。 ...続きを見る
わかりやすさとストーリー
2006/10/17 16:11
やっと「時をかける少女」見てきました
 最近昔の映画やドラマのリメイクや新シリーズが多いですよね。スケバン刑事、セーラー服と機関銃など。そう言えば時をかける少女も曲はよく聴くけど、ストーリー知らないと思い、見に行く事にしました。と言うわけで今回は時をかける少女です。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/10/22 01:34
「時をかける少女」を観る
筒井康隆の名作「時をかける少女」を、映画、TVドラマ、リメイクを経て、新たな構想で製作した劇場用アニメーション。監督は『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』の細田守。声の出演は約200名超のオーディションで選ばれたヒロイン・紺野真琴役の仲里依紗をはじめ、『蝉しぐれ』の石田卓也が声優に挑戦するなどフレッシュな面々が集結した。恋に臆病な17歳の少女がタイムリープ(=時間跳躍)をする設定はそのままに、新たに用意された結末など見どころが満載。 高校2年... ...続きを見る
酒焼け☆わんわん
2006/10/29 13:33
映画:時をかける少女
時をかける少女@渋谷Q-AXシネマ(2006/11/01) ...続きを見る
駒吉の日記
2006/11/13 18:50
SFの古典を上手く現代風(?)にアレンジしてた「時をかける少女」
時をかける少女  これ前々から観に行きたかったんだよね。  で、何だかんだと行けずじまいで気づいたら、もう終映間近の滑り込み状態!  なんとか間に合ったけど・・・ふぅ。  とりあえず佳作だね。  この映画。  多分「時かけ」を初めて観る高校生なんかは「感動!かんどー!チョーカンドー!」なんだと思うけど、悲しいかな「かつての原田知世ファン、今はただの37のオッサン」にしてみると「ああ、懐かしい。こういう青春時代もあったんだね」って感想で終わってしまう部分がある(^^;)。  まあでもそういうのを差... ...続きを見る
jizo.net
2006/11/16 02:48
「時をかける少女」
”Time waits for no one.”(時間は誰も待ってくれない。) ...続きを見る
ば○こう○ちの納得いかないコーナー
2006/11/29 04:39
時をかける少女(2006/日本/細田守)
【恵比寿ガーデンシネマ】 明るく元気な高校2年生、紺野真琴(声:仲里依紗)は、優等生の功介(声:板倉光隆)とちょっと不良な千昭(声:石田卓也)と3人でいつもつるんで野球ばかりして楽しい毎日を送っていた。そんなある日の放課後、真琴は理科準備室で、突然現れた人影に驚いて転倒してしまう。その後、修復士をしている叔母・芳山和子(声:原沙知絵)のもとへ自転車で向かった真琴は、ブレーキの故障で踏切事故に遭ってしまう。死んだと思った瞬間、真琴はその数秒手前で意識を取り戻す。その話を和子にすると、和子は意... ...続きを見る
CINEMANIAX!
2007/01/04 20:50
映画レビュー#45「時をかける少女」
基本情報 「時をかける少女」(2006、日本) 監督:細田守(デジモンアドベンチャー、ワンピース劇場版) 脚本:奥寺佐渡子(お引越し、学校の怪談) 製作:渡邊隆史 原作:筒井康隆 キャラクター・デザイン:貞本義行(新世紀エヴァンゲリオン) 出演:仲里依紗、石田卓也.. ...続きを見る
Production Rif-Raf
2007/03/15 06:34
時をかける少女
軽やかにジャンプしたくなる青春映画。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2007/03/22 17:32
■細田守監督 『時をかける少女』<br>  国立博物館「アノニマス 逸名の名画」展 『白梅ニ椿菊図』...
 今日は、初夏のような青空の日だった。で、昨年夏公開の青空が印象的なこの映画をD ...続きを見る
★究極映像研究所★
2007/04/30 00:05
土曜日の実験室ー!には行かないよ「時をかける少女」アニメ版
時の亡者にもならないよ「時をかける少女」アニメ版をレンタル。 ...続きを見る
花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」
2007/05/02 16:53
時をかける少女(細田守監督)
「日本以外全部沈没 」のレビューでも書きましたが 私は筒井康隆氏の作品のファンです。 でも実は大林宣彦監督の「時をかける少女」はあまり好きではありません。 このアニメ版「時をかける少女」は評判いいですね。 映画館に観に行こうと何度かトライしたのですが 満員でいつ ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2007/05/13 14:39
時をかける少女−(映画:2007年57本目)−
監督:細田守 声の出演:仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、原沙知絵 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2007/05/17 23:03
『時をかける少女』アニメ版★その1
ネットの評判というのはすごいものだ。評判どおりすごくよかった。今夏のアニメ映画作品としてダントツの好評価。確かにさもあり何という感じである。絵がものすごくうまくて、美しかった。なにしろあの崩壊した『ゲド戦記』を見た後なのでなおさらです。またまだ、アニメ... ...続きを見る
ふつうの生活 ふつうのパラダイス
2007/06/21 07:36
『時をかける少女』’06・日
あらすじ高校2年生の紺野真琴は、故障した自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子にその能力のことを相談するとそれは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだというが・・・。感想『ゲド戦記』、『ブレイブ ... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2007/07/02 21:04
時をかける少女
ネットの映画レビューで評価の高いアニメ映画「時をかける少女」をDVDレンタルで観ました。 ...続きを見る
BEACHの、人にやさしく自分「にも」や...
2007/07/06 18:20
「時をかける少女」(ときをかけるしょうじょ)
『時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)は、2006年7月15日に角川ヘラルド映画から公開された日本のアニメ映画と『時をかける少女』(ときをかけるしょうじょ)1983年の大林宣彦監督、原田知世初主演の日本映画。筒井康隆のジュブナイルSF小説『時をかける少女』の最... ...続きを見る
映画村
2007/07/19 23:35
奥華子と時をかける少女アニメおもしろかった!!
時をかける少女みなさん見ましたか。当然見ましたよね!おもしろかったです。このアニメ映画は、口コミで広がった映画です。主題歌を歌っていた奥華子もよかったです。ちょっと奥華子のプロフィールものせておきます。キーボード弾き語りシンガーソングラ... ...続きを見る
芸能娯楽@おもしろ情報局
2007/07/23 22:42
時をかける少女(アニメ映画版)
先日TV放送された、時をかける少女(アニメ映画版)を見ました。原作小説、実写映画版は未見ですが、今回放送された、アニメ映画版は時代設定から、キャスティングに至るまで大幅リメイクが施されているということで見てみました。まず、最初に期待していたのは、ハイビジョ... ...続きを見る
色即是空
2007/07/27 21:35
時をかける少女
 土曜の夜は、フジテレビ系列の土曜プレミアムで「時をかける少女」を観ていた。私くらいの年代のものには、非常に懐かしい作品である。 筒井康孝の小説が原作なのだが、1972年にNHKで「タイムトラベラー」という題名で放映され、1983年には大林宣彦監督の尾道三部作の... ...続きを見る
読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)
2007/07/29 09:56
時をかける少女
遅ればせながら『時をかける少女』です。 私は、去年の夏、映画館で観たのですが、とても印象的なアニメでした。 この間、TVでもやっていましたね〜。つい、千昭を描いてしまいました。 似せてるつもりですが、実際の千& ...続きを見る
描きたいアレコレ・やや甘口
2007/07/29 12:05
アニメ:時をかける少女(★★★★★)
「時をかける少女」06年(★★★★★) ...続きを見る
新・ぴゅあの部屋
2007/07/31 00:34
− タイトルなし −
時かけ問答集の参考文献に以下のブログを追加しました。 ...続きを見る
雑多なブログ
2007/12/20 08:16
「時をかける少女(2006)」
今月は地味ーーーーに、ファンタジー特集してるので、この作品も選んでみました。 タイトルで思い出すのは、大林宣彦監督の尾道三部作で原田知世が主演した実写映画。 しかし、筒井康隆の原作も読んではいないので、内容はほとんど覚えてないよ。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2008/02/21 01:29
土曜プレミアム 日本アカデミー最優秀アニメーション賞受賞映画「時をかける少女」
時をかける少女。「去年もT ...続きを見る
kasumidokiの日記
2008/07/21 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。TBありがとうございます。
じぶんも”夏映画のベスト!”と言っていいくらい、気に入っています、この作品。
この出来映えですもん、映画館混雑するのは当然...と言いたい所ですが、やっぱり公開規模小さいからですかね。
もじゃ
URL
2006/07/30 00:41
初めまして。TBありがとうございます。
僕なんかと比べ物にならないぐらいの詳しい記事ですね。
そんなに観に行く訳ではないですが、今年初めて行って良かったと思える映画です。
0024
URL
2006/07/30 01:27
TBありがとうございます。
とても詳しいレビューでおそれいりました。

原作を知ってるひとが、映画の内容を知らずに
ポスターだけみたら、
おそらく”実写版がアニメになっただけ”
・・と、とられても仕方ないですかね?
と言う自分も
ホントに劇場公開がはじまってから
この映画の存在を知ったくらいですから
ホント一部のひとにしかこんな映画だよって
伝わってないのがもったいないですね。

現代風にアレンジしたことでむしろ
子どもが見ても楽しめるものですし、
逆に40代以上でも
元ネタや原田知世バージョンと見比べて
別の楽しみ方が出来るので
年代性別を問わない映画として
もっとたくさんのひとに見てもらいたいです。
・・にしても、ミニシアターで2週間程度では
なかなか難しいですね。(ノ△・。)
Ageha
URL
2006/07/30 09:26
初めまして!

いけふくろう通信社「いけふくろう通信」
編集長のムッシュ・いけふくろうです。

この度は、TB、ありがとうございます。

非常に詳細なレポートに感服しています。
「2006年の夏映画のベスト!」とのことですが、
私も劇場で強くそう感じました。

ぜひ、もう一度、いや二度・三度と
観に行きたい作品です。

ちなみに「富士見坂」は、我が家から近くなので、
行ってみて、簡単にレポートをしたいと思います。

なお、「富士見坂」と入力したところ、
「不死身坂」と誤変換されました。
しかし、本作では、ある意味、「不死身坂」の方が
正しいのかもしれませんね!
もし、そういう意味も含んでいたとすれば、
それは凄い作品に対する情熱を感じますね。
(リンクネタを探す『踊る大捜査線』ファンの
くせです…。)

ぜひ、これからも素晴らしい記事を書いて下さい!
楽しみにしています!
ムッシュ・いけふくろう
URL
2006/07/30 11:12
もじゃさま
コメント&TBありがとうございました。
この映画に関して1つだけ残念なこととして、上映している映画館が少ないこと、と書かれている方が多いんですが、混んでいるのは、テアトル新宿だけみたいですね。それって、東京にはヲタがたくさんいて、彼らが大挙してテアトル新宿に駆けつけているっていうことの証拠らしいのですが、ヲタ以上の広がりがないっていうのは、やっぱりちょっと寂しいですね。ヲタのみを相手にした映画じゃないのに。
umikarahajimaru
2006/07/30 13:52
0024さま
コメント&TBありがとうございました。
“オタク”を自認されてる方からも褒めていただいて光栄です。主人公の名前が、モー娘。メンバーの名前を掛け合わせたもので、モー娘。ファンも当て込んでいるっていう噂もありますね。
umikarahajimaru
2006/07/30 13:59
Agehaさま
コメント&TB、そして当記事もご紹介いただいたようで、どうもありがとうございました。
「ジブリVS元ジブリ対決」でも何でもいいから、話題になって、この映画に興味を持つ人が増えるといいのですが……。
umikarahajimaru
2006/07/30 14:05
ムッシュ・いけふくろうさま
コメントありがとうございました。
富士見坂は、やっぱり昔そこから富士山が見えたというだけだと思いますが(笑)……、レポート楽しみにしております。
umikarahajimaru
2006/07/30 14:13
長文楽しませていただきました。
関係者のHPのリンクで、この映画のことがどれくらい書いてあるかの情報はとても参考になりました。ありがとうございます。あまり正確ではありませんが
「○○○○○にいるのがあんまり楽しすぎて」
というのが私のこの映画の名言です。
もっきぃ
URL
2006/08/07 23:44
もっきぃさま
コメントありがとうございました。
こんな世界ですが……。
今、自分が生きているこの世界を全面的に肯定できるって素晴らしいことですよね。
umikarahajimaru
2006/08/08 08:08
坂のモデルとなった場所へ行ってきました!
ぜひ、ご覧ください!
ムッシュ・いけふくろう
URL
2006/08/28 00:44
TBが入らないみたいですみません。
この記事は、パンフより詳しくって、内容もよろしいんではないでしょうか!!(買ってないけど)
声優起用の理由がふるってましたね。
自分が高校生で見てたら、きっと喜んでたわ!
aq99
URL
2006/09/21 22:39
aq99さま
コメントありがとうございました。コメントをいただくのは、はじめてでしたっけ?
2児のパパらしからぬ、少年心の感じられるレビューを楽しく読ませてもらっています。
umikarahajimaru
2006/09/22 20:11
申し訳ないです。ブログを書きっぱなしにしていて、トラックバックいただいていたことに気が付きませんでした。すいません。
私の備忘録
URL
2006/10/10 22:15
こんにちは、ロケハンが行われた都立国分寺高校を卒業したものです。私が(2回)見た限りでは、次のシーンで母校が使われていました。
@真琴が化学のノートを持って上がる階段
A化学実験室の外の廊下
B職員室の外の廊下
C真琴が下級生に問い詰められた階段
D教室後方の黒板の板書(合唱祭のパート練習の日程や、野球部の試合のお知らせ)
E生徒が居残って勉強している部屋
何だか、とても懐かしさを感じました。
はらしょ
2006/10/11 20:53
私の備忘録さま
ははは、3ヶ月近くもほったらかしでしたね〜。力を入れて、『時をかける少女』に関する記事を3つも書かれたわりには、読んでくれる人の反応には特に興味がなかったのでしょうか(笑)。
まあ、でも、おかげさまで、単館上映で始まった『時をかける少女』もあちこちで観られるようになりましたね。
umikarahajimaru
2006/10/11 22:12
はらしょさま
貴重なコメントどうもありがとうございました。
私が観た頃はアニメ・オタクみたいなお客さんが多かったんですが、そんなに国分寺高校の内部が映画の中に採用されているとなると、映画館で国分寺高校の同窓会ができますね〜。
umikarahajimaru
2006/10/11 22:16
去年、この映画を観た時はまだブログをやってなくて、この間TVでやっていたのでやっとエントリーにあげました。
とても、好きな作品です。
こちらの記事は、あまりにも詳しくて感心してしまいました。
ぜひ、TBをいただけないでしょうか?
突然ですみません。
あん
URL
2007/07/29 12:02
あんさま
コメント&TBありがとうございました。
イラストつきブログなんですね。
ときどきこちらからもおじゃまさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。
umikarahajimaru
2007/07/29 17:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2006年の夏映画のベスト!『時をかける少女』 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる