海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS こういうことなのかなあ〜 映画『インサイド・マン』

<<   作成日時 : 2006/06/29 18:40   >>

トラックバック 68 / コメント 26

画像 スパイク・リーの新作『インサイド・マン』が好動員を見せているようです。
 まだ封切りから2週間だとはいえ、平日の昼の回でもかなりの入りで、最終回は早い時間に満席になってしまう。『マルコムX』(92)ほどではないにせよ、10年以上ぶりのヒットですね。
 ヒットの要因は、デンゼル・ワシントン、ジョディー・フォスターらの豪華出演陣と、内容が銀行強盗を扱った痛快な娯楽作(スパイク・リーによる初めての本格的なサスペンス)であるという触れ込みのせいですね、たぶん。スパイク・リーの名前でお客さんが来るとも思えないので、おそらくは『交渉人』(F・ゲイリー・グレイ監督の方)のような作品を期待して観に来たのではないかと考えられます。

 まあ、それはそれなんですが、観終わって、なんだかしっくりしない部分が残ることも確かで (あれはどういうことだったの?とか) 、どうも落ち着きません。劇場パンフもちょっと立ち読みしてみたのですが、エッセイみたいなのばかりで、内容も薄そうだったので買い求めはしませんでした(シナリオが採録されていたらよかったんですが)。
 仕方がないので、ここで、ちょっと自力でわかる範囲のことを書いてみたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆ダルトン・ラッセルの自己紹介の台詞

 My name is Dalton Russell, pay strict attention to what I say because I choose my words carefully and never repeat myself. I told you my name, that's the Who. The Where can most readily be described as a prison cell. But there is a vast difference from being stuck in a tiny cell and being in prison. The What is easy, recently I planned and set in motion events to execute the perfect bank robbery, that's also the When. As for the Why, beyond the obvious financial motivation, it's exceedingly simple... because I can. Which leaves us only with the How, and therein, as the bard tells us, lies the rub.

 【拙訳】私の名前は、ダルトン・ラッセルだ。私が言うことを注意して聞いてくれ。言葉を選んで言うし、二度と繰り返すつもりはない。名前は言ったな。それがWhoだ。Whereは、ほとんど刑務所の独房のように見えるかもしれない。だが、独房に押し込められてるのではなく、刑務所でもない。Whatは簡単だ。最近私は完璧な銀行強盗を計画して実行に移した。これはWhenでもある。Whyについて。金銭的な動機以上に……これが簡単にできてしまうからだな。残るはHowか。詩人が言うように、“それがやっかいなんだ”。

 *字幕(戸田奈津子)では、確か、「ハムレットいわく それが問題だ」というようなものになっていましたが、“therein lies the rub”は確かに『ハムレット』にある有名な台詞のようです。5W1Hを使って状況を説明するっていうやり方っていうのも、何か“上手な説明の仕方”に関するHow to本に書いてあるようなやり方をまねて言ってみた、というようなニュアンスが感じられますが、何気なくシェイクスピアを引用してみせて、学のある銀行強盗であることも示しているようです。
 Why部分でだけ一度言いよどんだあと、「簡単にできてしまうからなんだ」というような台詞で逃げているいるわけですが、ここでは「理由は別にあるけど、それは今は言えない」と言っているようにも感じられます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆最初にして最大の疑問は……
 ダルトンはただの銀行強盗なのか? 銀行強盗の4人はどういうチームなのか? スパイク・リーはただ“銀行強盗と警察との頭脳戦”を撮りたかったのか?
 この疑問にしっくりくる答えは、「ダルトンらは全員ユダヤ人で、この銀行強盗はユダヤ人を犠牲にして金儲けをした銀行家の罪を暴くという大儀を行なうのために実行さわれたもので、スパイク・リーはそうしたユダヤ人の運命を自分たち黒人(もしくは搾取される立場にあるすべての人々)に重ね合わせた」というものです。

 『SAYURI』で日本人の役に中国人を使うと言って憤慨した日本人ですが、他の人種や民族に対しては全く無頓着なのもまた日本人なので、ひょっとしたらアメリカの普通の観客はひと目見て、ダルトンたちがユダヤ人であるとわかるのかもしれません。そうすると、以下に私が挙げるようなこともすべて意図通りというか、収まるべきところに収まるように見えるのですが……。

 結果から言うと、ダルトンを演じたクライヴ・オーウェンがユダヤ系なのかどうかも調べがつかず、他の強盗仲間役の俳優も名前から言って違うんじゃないかっていう感じですね。
 スティーヴ役のカルロス・アンドレアス・ゴメスはどうみてもスペイン系の名前ですし、スティーヴィー役のキム・ディレクターは、単にスパイク・リー作品の常連女優(『ラストゲーム』(98)、『サマー・オブ・サム』(99)、“Bamboozled”(00)、“She Hate Me”(04))だったりします。
 “仕事”を依頼したのが、マンハッタン信託銀行会長アーサー・ライスの過去を知る人物で、ダルトンは彼の依頼を受けただけということになるでしょうか。ここらへん、ダルトン(と仲間)の過去が一切明かされていないので、これ以上のことはわかりません。ただ、スパイク・リーが自分なりの理解の仕方で、映画を自分の好きな方に味付けしたということはできるかと思います(元々この映画を監督する予定だったのは、ロン・ハワードだったが、『シンデレラマン』のために降板した)。

 ・アメリカのユダヤ人エンターティナーのリスト:http://www.answers.com/topic/list-of-jewish-american-entertainers-1

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆キャスト
 ダルトン・ラッセル(銀行強盗の主犯):クライヴ・オーウェン
 キース・フレイジャー捜査官:デンゼル・ワシントン
 ビル・ミッチェル捜査官(フレイザーの相棒):キウェテル・イジョフォー
 スティーヴ(デイヴィッド・ペルツ):カルロス・アンドレアス・ゴメス
  *ペルツとして、人質の中にまじり、「こんなことやってられない」と言って、勝手にマスクを取って、強盗たちにわざと痛めつけられる、というパフォーマンスも見せている。
 スティーヴィー(メアリー):キム・ディレクター
 スティーヴO(オー)(ケネス):ジェームス・ランソン
 カイム(ラビ):ベルニー・レイチェル
 コリン警部(フレイジャーたちのボス):ピーター・ゲレティ
 ジョン・ダリウス警部:ウィレム・デフォー
 マンハッタン信託銀行会長アーサー・ケイス:クリストファー・プラマー
 マデリーン・ホワイト:ジョディー・フォスター
 NY市長:ピーター・キベット
 コリンズ巡査部長(最初に銀行強盗に気づいた警官):ヴィクター・コリッチオ
 グロスマン(休暇をとっていた刑事)
 シルヴィア(フレイジャーの恋人):カサンドラ・フリーマン
 ピーター・ハモンド支店長:ピーター・フェッチェット
 チャーリー・キム:
 グラディス・ペレズ(巨乳の女):ライマリー・アゴスト
 ハーマン・グルック(心臓病をかかえる男):ゲイリー・ヴィッキ
 ヴィクラム・ウォリア(シーク教徒):ウォリス・オールウォリア
 ミリアム・ダグラス(服を脱ぐのに抵抗した女性):マルシア・ジーン・クルツ
 ブライアン・ロビンソン(ゲーム機で遊んでいた少年):アミール・アリ・サイード
 ケヴィン(元妻がアルバニア人):アル・パラゴニア
 イリーナ・マリチア(アルバニア人女性):フロリーナ・ペチュー
 ポール・グティエレス(人質の1人、前科者):レイモン・アンダーソン

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆この映画の隠されたテーマ?

 ◇この映画では外見や見た目で判断されること、そのことで不利益を強いらされる人があることを繰り返し描いています(黒人もそういう立場にあるといいたいのでしょうが)。

 @ターバンを巻いた男性が、すぐアラブ人=テロリストとみなされてしまう。
 このシーンで思い出すのは、ジョディー・フォスターが主演した『フライトプラン』にも、アラブ人=テロリストとみなされるシーンがあったことで、ジョディー・フォスターもそうした短絡的な考えや思い込みに危機感を感じているのだと思われます。だから、この映画におけるそういう主張に共感して、出演を決めたのだと思います。
 ちなみに、『フライトプラン』と本作のプロデューサーは同じです。
 ジョディー・フォスターの役名(苗字)の「ホワイト」にスパイク・リーが無関心のはずもなく、なんらかの象徴的な意味合いが込められていると考えてよさそうです。

 A銀行強盗一味は、全員を集めて、まず銀行のスタッフと客に分け、続いて男性と女性に分け、その後、全員を下着姿にして、同じユニフォームを着せ、マスクをつけさせます。
 これは、のちの展開のために必要だったりもするのでしょうが、銀行のスタッフと客、男性と女性という区別以外は意味のないものであり、外見を同じにしてしまえば、みんな何ら変わるところがない、と言っているようにも思えます。

 Bダリウス警部は、最初フレイジャーたちを軽んじるような態度を取りますが、これはやってきたのがいつもこの種の事件を担当している捜査官と違うから(ダリウスよりもフレイジャーの方が階級が下?)ということもあるのでしょうが、ひょっとすると、いつもの捜査官は白人だったからなのかもしれません。
 映画の終りの方で、人質から解放された黒人警備員が手荒な扱いをされて「オレはここの警備員だぞ」と憤るシーンがありますが、地位や身分が示されないと一般的に黒人は疑われるような手荒な扱いを受けるということを象徴的に示しているのかもしれません。

 ◇この映画では、世界が暴力や争いに満ちていて、人種や民族、考え方の違いで、人が人を殺すことについて考えさせようともしているようです。

 @アルバニア大統領エンヴェル・ホッジャの演説
 スターリンの信奉者でアルバニアでスターリンのような粛清を実施した人物。指導者間闘争の中で自殺したとされますが、自らも粛清されたという説もあります。ホッジャは独裁者である一方、ナチスから祖国を解放した人物でもあるようです。
 エンヴェル・ホッジャに関するWikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%A3

 A銀行強盗がジェット機とパイロットを要求する
 これは、ミュンヘン・オリンピックで犯人たちが要求したのと同じ要求で、こんなことがうまくいくはずがないといった趣旨の発言がありますが、この要求こそ、銀行強盗の一味が捜査当局ならびに世間にこの強盗を通じて思い出させようとしたことだと思われます。すなわち、この銀行強盗は、単にお金のためではなく、大儀のために実行したものであるということで、だからこそ、ミュンヘンでの虐殺が引き起こした暗殺劇のようにではなく、一滴の血も流さずに済まさなければならなかったのだと考えられます。

 Bオープニングとエンディングにかかる音楽
 これは、マニ・ラトナムの映画『ディル・セ 心から』で使われた有名な楽曲「チャイヤ・チャイヤ」ですが、これを使うことで、“本作が、生まれと育ちが人をテロリストに変えるという悲劇を描いた『ディル・セ 心から』”へのオマージュを示しているのは明らかです。音楽的には明るく楽しいもので、『インサイド・マン』の作風とはちょっと合わない気もするのですが。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆そのほかのちょっとした思いつきなど

 ・本作には、たくさんの「取引き」が描かれますが、その中でも特に気になったのは、アルバニア人女性が駐車違反の切符をもみ消してくれと取引きを申し出たところで、社会的にも大きな意味を持つ取引きを散々しているわりにはこうした誰も被害を被らないもみ消しには警察官たちも不平を言ったりするわけです。
 このシーン自体は、単に笑いを取るシーンなのかもしれませんが、ひょっとすると、アルバニア人(=移民)であるがゆえに不当な扱いを受けて違反キップを切られやすいといった事情も秘められているのかもしれません。

 ・戦時中にナチスに協力してユダヤ人の資産を吸い上げることで成功を成し遂げたアーサー・ライスのような人物には、きっとモデルがあるはずですが、例えば、こちら(http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hb/a6fhb500.html)を読むとそれらしい人物のことが何人か書かれてあります。

 ・行方不明になっていた14万ドル小切手。
 事件の決着とともにひょっこり出てきた小切手を、フレイジャーを捜査に引っ張り出すためにダルトンが仕組んだことではないかと書いている方もありましたが、さすがにダルトンもそこまでは考えていないと思います(偶然の要素が多すぎますし)。フレイザーの恋人の弟(軽犯罪の常習犯)がくすねようとしたけど、結局返してきたというのが真相なのではないのでしょうか。
 「14万ドルの小切手が紛失したことで左遷された捜査官」を主人公に据えるというのは、最初からエリート捜査官と分かっている捜査官ではなく、そういう微妙な立場にある人物を主人公にすることによって生まれるドキドキ感で、映画をより面白くしようとしたという、ちょっとした仕掛けというところでしょうか。

 ・犯人グループが要求に猶予を与えるために出したクイズ
 「1年間にグランド・セントラル・ステーションを通過する電車の総重量と、現在米国内で流通する紙幣に使われる木材の重量では、どちらが重いか?」
 答え:どちらも同じで0グラム。グランド・セントラル・ステーションは駅ではなく郵便局で、駅の方はグランド・セントラル・ターミナルであり、米国紙幣は木材ではなく、綿花で作られているから。
 このクイズには特にメッセージ性はなく、ただのクイズのようです。
 参考:グランド・セントラル・ターミナル http://www.grandcentralterminal.com/pages/default.aspx

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆スパイク・リーのフィルモグラフィー

 ・Last Hustle in Brooklyn (1977)
 ・The Answer (1980)
 ・Sarah (1981)
 ・ジョーズ・バーバー・ショップ Joe's Bed-Stuy Barbershop: We Cut Heads (1983)  日本配給=ユーロスペース
 ・シーズ・ガッタ・ハブ・イット She's Gotta Have It (1986)  日本配給=KUZUI+シネセゾン
 ・スクール・デイズ School Daze (1988) ビデオのみ
 ・ドゥ・ザ・ライト・シング Do the Right Thing (1989)  日本配給=UIP
 ・モ’・ベター・ブルース Mo' Better Blues (1990)  日本配給=UIP
 ・ジャングル・フィーバー Jungle Fever (1991)  日本配給=UIP
 ・マルコムX Malcolm X (1992)  日本配給=UIP
 ・クルックリン Crooklyn (1994)  日本配給=UIP
 ・クロッカーズ Clockers (1995)  日本配給=UIP
 ・キング・オブ・フィルム 巨匠たちの60秒Lumière et compagnie (1996) ビデオのみ
 ・ガール6 Girl 6 (1996)  日本配給=20世紀フォックス映画
 ・ゲット・オン・ザ・バス Get on the Bus (1996) 日本配給=アップリンク
 ・4 Little Girls (1997) ドキュメンタリー
 ・ラストゲーム He Got Game (1998)  日本配給=クロックワークス
 ・Freak (1998) (TV)
 ・Pavarotti & Friends for the Children of Liberia (1998) (TV)
 ・Pavarotti & Friends 99 for Guatemala and Kosovo (1999) (TV)
 ・サマー・オブ・サム Summer of Sam (1999)  日本配給=ブエナ・ビスタ
 ・And Ya Don't Stop: Hip Hop's Greatest Videos, Vol. 1 (2000) (V) (video "Fight the Power")
 ・キング・オブ・コメディ The Original Kings of Comedy (2000) WOWOWにて放映
 ・Bamboozled (2000)  デイモン・ワイアンズ、ジェイダ・ピンケット・スミスら出演
 ・The Making of 'Bamboozled' (2001) (V)
 ・A Huey P. Newton Story (2001) (TV)
 ・The Concert for New York City (2001) (TV) (segment "Come Rain or Come Shine")
 ・Come Rain or Come Shine (2001)  ドキュメンタリー短編
 ・Jim Brown: All American (2002) (TV)
 ・「ゴアVSブッシュ」(10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス)Ten Minutes Older: The Trump et (2002) (segment "We Wuz Robbed")  日本配給=日活
 ・25時 25th Hour (2002)  日本配給=アスミック・エース
 ・セレブの種 She Hate Me (2004)  アンソニー・マッキー、ケリー・ワシントン、エレン・バーキン、モニカ・ベルッチら出演 *2006年9月日本公開予定
 ・Sucker Free City (2004) (TV)
 ・"Miracle's Boys" (2005) (mini) TV Series (episodes 1 and 6)
 ・Jesus Children of America (2005) 短編
 ・All the Invisible Children (2005)  リドリー・スコット、エミール・クストリッツァ、ジョン・ウーら8人の監督によるオムニバス映画
 ・"Shark" Pilot (?) TV Episode
 ・インサイド・マンInside Man (2006) 日本配給=UIP

 スパイク・リー作品は、日本ではこれまでいろんな配給会社によって配給されてきていますが、このごろでは、テレビ作品や短編、ドキュメンタリーはともかく、普通のフィクションでも日本未公開に終わる作品が多くなってきています。比較的買いやすいけれど、(黒人による黒人のための映画という趣が強かったり、アジテーションのための映画だったりもするので、)なかなか結果も出ず、続けて買う気にはなれないということでしょうか。
 本作には、自作“Bamboozled”からの引用があるらしいのですが、残念ながら未公開なのでわかりはしません。

 追記:改めて

 「解答編!」

 を書いてみました。よかったらこちらをご覧ください。http://umikarahajimaru.at.webry.info/200607/article_5.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 *なるほどねえ〜と思うことがあったら、人気ブログランキングにクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(68件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『インサイド・マン』
監督:スパイク・リー CAST:デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター 他 ...続きを見る
*Sweet Days*  ~mo...
2006/06/29 19:39
インサイド・マン/感想
2006年06月10日公開のデンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター出演の映画「インサイド・マン」を見ました。 ...続きを見る
映画★特典付き前売り券情報局
2006/06/29 19:42
「インサイド・マン」
 色合いやアクションが地味だけれど、気付けば緊張を強いられている…。事件現場の、悲鳴が解き放たれたら今にも痙攣を起こしそうな独特の緊張感が終始スクリーンから漂ってきました。“多くの監督が使いたがらない”と言う特殊な撮影方法にトライした甲斐があったのではないでしょうか。ダルトンが捜査側と電話をしているシーンでは、撮影された映像と言うか、自然にありそうな視点もあったように思うし、一方で撮影機材ならではの迫り方(あらゆる方向から一斉にパトカーが現場に入る様子の捉え方)もあって、もう警察が来たよ、急がな... ...続きを見る
首都クロム
2006/06/29 19:54
インサイド・マン
今日はぁ~オーメンを見るはずだったのにぃ! 張り切ってキャナルに行ったのにオーメンがないぃぃぃ&amp;#63914; なぜ&amp;#90030; ま、いいか。。。今週のレディスディに見に行こう&amp;#63896; でも、ホラーは一人で見に行きたくないのよねぇ。。。 てことでインサイド.. ...続きを見る
ちわわぱらだいす
2006/06/29 20:04
インサイド・マン(映画館)
それは、一見誰が見ても完璧な銀行強盗に思われた・・・。 CAST:デンゼル・ワシントン/クライヴ・オーウェン/ジョディ・フォスター 他 ■アメリカ産 128分 ...続きを見る
ひるめし。
2006/06/29 20:08
インサイド・マン
「インサイド・マン」 ...続きを見る
何を書くんだろー
2006/06/29 20:10
インサイドマン
携帯は没収、PSPはもってて良し! スパイク・リー監督とマルコムXでタッグを組んだデンゼル・ワシントンのクライム・サスペンス。 銀行に人質を取って立てこもった犯人と捜査官たちの息詰まる攻防がスリリングに展開する。 ...続きを見る
ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
2006/06/29 20:26
インサイド・マン
「インサイド・マン」 INSIDE MAN / 製作:2006年、アメリカ 12 ...続きを見る
映画通の部屋
2006/06/29 20:30
インサイド・マン(2006)観ましたが…
批評No.28 てなわけで、インサイド・マン(Theater) なんか面白そうですね、インサイド・マン。 先の拙blogでこう書きました。 んでもって、観てきましたが… ...続きを見る
berabo's blog
2006/06/29 20:53
インサイド・マン
 売人にヤクを売るゲーム!殺されたら減点だ。 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2006/06/29 21:53
映画「インサイド・マン」
映画館にて「インサイド・マン」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2006/06/29 22:45
シネマ日記 インサイド・マン
スパイク・リー監督、しかも、豪華キャスト。期待せずには、いられないのですが・・・ ...続きを見る
skywave blog
2006/06/29 22:50
【映画】インサイド・マン
先週見ることができなかった『インサイド・マン』をついに観賞!! しかも週末に見たのに火曜日に会社の同僚と2回目を観てしまいました。久々のオススメ映画です(*´Д`*) ...続きを見る
Glows in the Dark
2006/06/29 22:52
インサイド・マン 特別試写会
その時、犯人は人質全員を共犯者にした 2006年 アメリカ 監督 スパイク・リー 出演 デンゼル・ワシントン/クライヴ・オーウェン/ジョディ・フォスター/ウィレム・デフォー/キウェテル・イジョフォー ...続きを見る
レンタルだけど映画好き 
2006/06/29 22:52
『インサイド・マン』
ピカレスク・ロマン。 ...続きを見る
なんでもreview
2006/06/29 23:22
『インサイド・マン』を見てきた。
う~ん...&amp;#63897; 今日はUHB主催の試写会『インサイド・マン』を見てきました。 はじめのうなり声は見終わった感想。 私は誰に雇われているわけでもないので 自分の感想を正直に書きます。 一言で言うと『微妙...』です。 (またはイマイチとも...。) 見終.. ...続きを見る
この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!
2006/06/29 23:30
『インサイドマン』
試写にて『インサイドマン』鑑賞。 デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター共演ですよ!? しかも監督がスパイク・リー! これは期待しますよね~。感想はというと、もう一回観たい&amp;#63911; 二度観て更に面白くなる映画だと思います。 Inside .. ...続きを見る
試写会帰りに
2006/06/29 23:39
「インサイド・マン」
貴重な体験。 OS劇場の16:00の回から観ていたのですが、物語も佳境の残り30分頃、音声が小さくなって、画面が明るくなった?!説明によると「音声が小さくなったので原因を究明して再上映します。」とのこと。このまま上映中止ならどうしようかと考えてたんですが、周りに人たち(初日なのでさすがに人が多かった。)は、冷静でしたね。 ...続きを見る
the borderland 
2006/06/30 00:02
インサイド・マン
さて、まずは1本目に見た映画「インサイド・マン」の感想を。 ...続きを見る
Not Diary But Blog !...
2006/06/30 00:02
★「インサイド・マン」
デンゼル・ワシントンとジョディー・フォスター、そしてクライヴ・オーウェン。 ひらりんでも知ってる有名どころが出演してる泥棒ものか。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2006/06/30 00:17
「インサイド・マン」
こういう駆け引きものサスペンスは私好きな部類なのですが、 いかんせん大変難しい内容でした。(>_<;) 正直その一言に尽きる私の感想であります。 ...続きを見る
しんのすけの イッツマイライフ
2006/06/30 00:19
インサイド・マン
★本日の金言豆★ 本作で脚本家デビューのラッセル・ジェウィルスは、大学でコンピュータ科学を学び、弁護士となり、不動産仲介業で稼いだ資金でヨーロッパや南アフリカの旅に出て、その道中に本作のアイデアを思いついたと& ...続きを見る
金言豆のブログ ・・・映画、本について
2006/06/30 00:20
「インサイド・マン」は誰だ
(2006年・米/監督:スパイク・リー) 白昼、マンハッタンの信託銀行が銀行強盗に襲われる。しかしすぐに警官隊が駆けつけた。強盗グループは ...続きを見る
お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽し...
2006/06/30 00:37
インサイド・マン
犯罪計画自体はそれなりに面白くできていて、予告編を見て予想していたとおり面白い完全犯罪のトリックも出てくる。インサイドという言葉の意味が、映画が進むにすれて変わっていくところもいい。人質の「中」に紛れること、銀行 ...続きを見る
Kinetic Vision
2006/06/30 00:51
インサイド・マン・・・・・評価額1500円
スパイク・リーはこんなのも撮れるのか・・・ 長年彼の作品を観続けてきた印象からすると、正直言ってちょっと意外。 「インサイド・マン」は、緻密なプロットに基づく、よく出来たクライムムービーである。 ...続きを見る
ノラネコの呑んで観るシネマ
2006/06/30 01:01
感想/インサイド・マン(試写)
スパイク・リー×デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター! オスカー常連な連中の最新作『インサイド・マン』を鑑賞したので感想をば。 『インサイド・マン』 めちゃめちゃおもしれーぞコレ! ...続きを見る
APRIL FOOLS
2006/06/30 01:29
映画「インサイド・マン」
原題:Inside Man ウォールストリートとブロードウェイの交わるところ、マンハッタン信託銀行のインサイド、内部情報は不明だが、フェイント&完全犯罪の実行・・。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/06/30 01:36
「インサイド・マン」
最初から最後まで極めて優等生な作品な気がする。 いい意味でも悪い意味でも。 ...続きを見る
雑板屋
2006/06/30 04:00
インサイド・マン(2006年)
タイトル インサイド・マン ...続きを見る
勝手に映画評
2006/06/30 06:59
「インサイド・マン」完全犯罪なのに不完全燃焼気味の奇妙な感覚...
「インサイド・マン」★★★ デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョデイ・フォスター主演 スパイク・リー監督 ...続きを見る
soramove
2006/06/30 07:40
知恵比べ負けました『インサイドマン』
監督:スパイク・リー 製作:ブライアン・グレイザー 出演:デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスタージョディはこれで『フライトプラン』の汚名を晴らしました。最後までクール・ビューティ。しかも一癖ありそうな弁護士を演じていました。こ... ...続きを見る
再出発日記
2006/06/30 08:48
インサイドマン
『INSIDE MAN』公開:2006/06/10(06/13)監督:スパイク・リー出演:デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー、ウィレム・デフォー、キウェテル・イジョフォー ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2006/06/30 09:10
インサイド・マン
スパイク・リーによる社会派娯楽映画。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2006/06/30 09:59
インサイドマン ぐるぐる。。
ぷち情報 2006年6月10日劇場公開 監督 スパイク・リー 出演 デンゼル・ワシントン 、クライヴ・オーウェン 、ジョディ・フォスター 、クリストファー・プラマー 、ウィレム・デフォー ...続きを見る
★☆★梅の役者生活★☆★
2006/06/30 10:19
インサイド・マン
これを観て思い出したわ〜 “ウォーリーを探せ!” ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2006/06/30 10:29
『インサイド・マン』
★★★☆原題:『 Inside Man 』50人を人質にマンハッタン銀行を襲っ ...続きを見る
mimiaエーガ日記
2006/06/30 11:50
インサイド・マン
監督:スパイク・リー 出演:デンゼル・ワシントン    クライヴ・オーウェン    ジョディ・フォスター 「インサイド・マン」 ...続きを見る
えいがの感想文
2006/06/30 13:29
インサイド・マン INSIDE MAN 観賞
それは、一見誰が見ても完璧な銀行強盗に思われた・・・。 ...続きを見る
みるよむ・・・Mrs.のAZ Stori...
2006/06/30 15:07
篭 〜「インサイド・マン」〜
スパイク・リー監督作品、デンゼル・ワシントン主演の、 ...続きを見る
サナダ虫 〜解体中〜
2006/06/30 16:45
43.インサイド・マン
ぃやあもぉ、楽しいの、なんの・・・ ...続きを見る
レザボアCATs
2006/06/30 19:23
インサイド・マン
予想してたよりも面白い映画でした。 スパイク・リーの映画を観るのは結構久しぶりになってしまいました。 彼の映画としては珍しい?サスペンスもの。 犯人が最初から登場するので謎解き映画では無いんですけど、 状況を観客に親切に説明しないので、やや難解にな... ...続きを見る
It's a Wonderful Lif...
2006/06/30 20:31
「インサイド・マン」見てきました
 これを見たら銀行強盗の完全犯罪ができるようになるかもしれない、インサイド・マンを見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/06/30 22:03
インサイド・マン
《インサイド・マン》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - INSIDE M ...続きを見る
Diarydiary!
2006/06/30 22:29
『インサイド・マン』
私、好きですよこれ。 いまどき銀行強盗の映画? と思ったけれど・・皆さんの感想が賛否両論なので かえって興味が沸いて観てきました! 全員を同じ服装にして人質と犯人を区別しずらくする というアイデアも面白いですし・・ でもそういうテクニックを楽しむ映画じゃなかっ.. ...続きを見る
Brilliant Days
2006/07/01 06:28
もう一度観てみたい。 映画「インサイド・マン」
デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン主演「インサイド・マン」、観てきました。 ...続きを見る
固ゆで卵で行こう!
2006/07/01 14:04
映画館「インサイド・マン」
出演陣がかなり良かったので、期待しちゃいました。。。 ストーリーもまぁまぁ、俳優達の緊張感あるやり取りもなかなか良かったのですが、イマイチ面白さに欠けたかなぁ。 ...続きを見る
☆ 163の映画の感想 ☆
2006/07/02 06:43
インサイド・マン
【映画的カリスマ映画論】★★★☆☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2006/07/02 13:41
インサイド・マン
  ...続きを見る
とにかく、映画好きなもので。
2006/07/02 14:35
「インサイド・マン」
? ? ? 久々の残業で疲れていたのですが、今日まで上映の「インサイド・マン」 ? レイトショーになんとか駆けつけました。 ? 銀行強盗が完全犯罪するサスペンスものです。 ? 誰も殺さず、何も盗まれず(事実は公表出来ない為、盗まれていないこ ? とになっている)、 ...続きを見る
あきすとぜねこ
2006/07/02 21:55
インサイド・マン
我らがウイリアム・デフォーが出てるのでどんなブチギレキャラをやってくれるのかと思ったら普通の人でした。がっかり。 ...続きを見る
映画をささえに生きる
2006/07/03 09:48
『インサイド・マン』
俺の名は村上世彰。今から完全犯罪を実行する──── ...続きを見る
ねこのひたい〜絵日記室
2006/07/03 11:58
インサイド・マン
信託銀行というものすごい額の金が眠っているところを狙った銀行強盗。でも狙いはお金ではないという所が新味かな。 ...続きを見る
迷宮映画館
2006/07/06 08:26
インサイド・マン
第483回 ...続きを見る
まつさんの映画伝道師
2006/07/08 23:03
「インサイド・マン」レビュー
「インサイド・マン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー、ウィレム・デフォー、キウェテル・イジョフォー、他 *監督:スパイク・リー 感想・評価・.. ...続きを見る
映画レビュー トラックバックセンター
2006/07/09 06:59
インサイド・マン
 自分としては『ジョンQ 最後の決断』以来の銀行襲撃ものですが、完全犯罪ものとしてもかなり秀作の部類にはいるのではないでしょうか。  トリッ ...続きを見る
シネクリシェ
2006/07/10 07:38
インサイド・マン
☆☆スパイク・リーの雇われ仕事はどんなものかとあまり期待しなかったけど、スピーデ ...続きを見る
CINEMA草紙
2006/07/21 14:32
インサイド・マン (Inside Man)
監督 スパイク・リー 主演 デンゼル・ワシントン 2006年 アメリカ映画 128分 サスペンス 採点★★★ “完全犯罪”を考えようとすると、ツララで刺し殺すとか、氷の銃弾とか、どれもこれも水を凍らせたものばかりしか浮かばないたおです。知的レベルが容易に計り知れますねぇ.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2006/10/26 20:43
【洋画】インサイド・マン
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない ...続きを見る
ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
2006/11/01 15:57
豪華スター夢の共演!…でも。「インサイドマン」
デンゼル・ワシントン、ウイリアム・デフォー、ジョディ・フォスター出演。スパイク・リー監督作品「インサイドマン」をレンタル。 ...続きを見る
絵描人デイズ
2006/11/06 21:16
インサイド・マン
監督はスパイク・リー デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスターと豪華な顔ぶれ。 そして私の大好きなウィレム・デフォー様が出ているとあらば 観なくてはね。 とDVDで鑑賞。      白昼のマンハッタン信託銀行で強盗事件が発生。 頭脳明晰な犯人グループのリーダー ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2007/03/01 02:28
『インサイド・マン』
木を隠すなら森の中に。この話の一番面白いところは銀行強盗の犯人が事件後に逃亡せずに自分たちと同じ服を着せた50人の人質の中にもぐりこんでしまったところでしょう。そのために、警察側が犯人を特定できずに、結局犯人を捕まえることが出来ずに捕まえた人質全員(犯... ...続きを見る
ふつうの生活 ふつうのパラダイス
2007/03/24 13:55
『インサイド・マン』 中にいるのは誰?
「顔ナシ作戦」とでもいいましょうか。 だからオープニングやいたるところで、 顔がクローズアップされてるのか。 生きてる人間以外の。 ...続きを見る
*モナミ*
2007/08/04 23:07
≪インサイド・マン≫(WOWOW@2008/01/20@039)
インサイド・マン    詳細@yahoo映画 ...続きを見る
ミーガと映画と… -Have a goo...
2008/03/07 19:11
『インサイド・マン』’06・米
あらすじマンハッタンの銀行で強盗事件が発生し犯人グループのリーダー、ダルトン(クライブ・オーウェン)は人質を取って銀行に立てこもってしまう。現場に急行した捜査官フレイジャー(デンゼル・ワシントン)は事件発生から7時間経っても行動を起こさない犯人たちに対... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2008/06/04 23:34
インサイド・マン
その時、犯人は人質全員を共犯者にした。 ...続きを見る
Addict allcinema 映画レ...
2009/07/23 22:19
Inside Man
負けました。オタクサイトを自負していたのですが。ジャンルこそ違えどなかなか面白い... ...続きを見る
投資一族のブログ
2009/09/04 21:10
インサイドマン
BSでの放映を観賞。観終わった後、面白かったような消化不良のような「ん?」って感じになってしまって、ネットでこの映画の感想や評価はどうだろうとしばらく見てた。すると、概ね〈すごい面白かった〉と、《難しくてつまらなかった》という意見に分かれていた。独断で解説.... ...続きを見る
映画 大好きだった^^
2010/05/15 06:26
インサイド・マン
作品情報 タイトル:インサイド・マン 制作:2006年・アメリカ 監督:スパイク・リー 出演:デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・プラマー、ウィレム・デフォー あらすじ:マンハッタンの銀行で強盗事件が発生し、犯人グループのリーダー、ダルトン(クライブ・オーウェン)は人質を取って銀行に立てこもってしまう。現場に急行した捜査官フレイジャー(デンゼル・ワシントン)は事件発生から7時間経っても行動を起こさない犯人たちに対し、時間稼ぎをしているのではないかとの... ...続きを見る
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2010/08/02 02:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックありがとうございました。
私はいつも表面しか観ていなくって、とても参考になりました。

この映画、あまり評価は高くないようですが、私としては「クラッシュ」よりも気に入りました。
starblogger
URL
2006/06/29 21:49
はじめまして。TBありがとうございます

いろいろ調べてますね〜
>最初にして最大の疑問は……

ここの部分ですが犯行に関係している人間がもう一人・・・その人が分かればもうちょっと違った解釈が生まれてくるかもしれませんよ!!

自分は1回目じゃ気づきませんでした(´・ω・`)
Sushibar
URL
2006/06/29 22:39
こんにちは♪
見ている間はとても楽しめたのですが、数々の疑問を残す作品でもありましたね。
最大の疑問である犯人の正体について少し分かったような気がします。
さすがにスパイク・リーはいろんなことを盛り込んでいますね。
ミチ
URL
2006/06/29 22:47
こんばんは。
TBありがとうございました。

詳しく調べていらっしゃるのですね。
興味深く読みました。
久しぶりにスパイク・リー監督のスマッシュヒットを観ることができました。
たくさんの隠れたメッセージや隠喩を含んだ大人向けの映画だと思いました。
あむろ
URL
2006/06/29 23:26
TBありがとうございました。
凄い情報量ですね。参考になります。
「取引」もこの映画のポイントですね。犯人は誰かと取引をしてる…という事を暗示してるのかも知れません。考えるほど、奥の深い映画だと思います。
Kei
URL
2006/06/30 01:20
こんにちは!TBさせていただきました。

私は、あの小切手14万ドルは、マデリーン・ホワイトが警察のトップに手を回したものと解釈しておりました。
要するにフレイジャーの、憂いの種は消えてなくなった、これでこの件はW解決”とみなし、黙っているように、と・・・。
マデリーンの後ろ盾の大きさ、もしくはケイスの手も借りてしたものだと・・・。
ここで手を引いていれば刑事として安泰ですからね。

だがフレイジャーは、それを選ばず、戦うことを選んだのだ、と・・・。
とらねこ
URL
2006/06/30 19:31
TBありがとうございました。
興味深く読ませていただきました!
私の頭はこの映画についていっていなくて、
表面的な部分しか見えていませんでしたが、
こちらの記事を拝見して、もう一度観てみたくなりました・・・。
kino
URL
2006/07/01 02:42
TB有難うございます♪
いつもながら明快なる分析に胸がすく思いで読ませて頂きました。
今回は私の悪い頭でもだいたいは読み解けていたようですが、チャイヤチャイヤの歌まで意味があったとは知りませんでした〜。情報感謝致します!!!!
マダムS
URL
2006/07/01 06:31
starbloggerさま
コメントありがとうございました。
『交渉人』あたりを期待すると、確かに期待とは違ったという人もいるのでしょうが、けっこう読みどころ満載の映画だと思いました。上にも書きましたが、このところスパイク・リーの映画は日本未公開のまま終わってしまうことも多いですし。
umikarahajimaru
2006/07/01 11:02
Sushibarさま
コメント&TBありがとうございました。
ラビ役のカリムのことじゃなくてですか?
イヤホンで警察のやりとりを盗聴していたのは彼らしいのですが。
umikarahajimaru
2006/07/01 11:06
ミチさま
コメント&TBありがとうございました。
この映画が、ダルトンが観客に語りかけるスタイルになっているというのは、観客に対しての挑発(頭脳戦)であり、伝えたいメッセージがあるのだと示していると受け取れますね。
umikarahajimaru
2006/07/01 11:11
あむろさま
コメント&TBありがとうございました。
私としては「真面目な映画ではなくて、娯楽映画」ではなくて、「娯楽映画だけれど、メッセージ性がある映画」だという風に受け取りました。
umikarahajimaru
2006/07/01 11:14
Keiさま
コメント&TBありがとうございました。
そうか、そうですね。そう考えると「血を一滴も流さない」原則に合いますね。
umikarahajimaru
2006/07/01 11:18
とらねこさま
コメント&TBありがとうございます。
ノベライズをパラパラ立ち読みしてみたのですが、ノベライズでは小切手ではなくて、「取引き現場にあったお金」ということになっていて、それをつかまった麻薬ディーラーが、フレイジャーを貶めるために「現場に14万ドルあった」と言っているだけのようです。
umikarahajimaru
2006/07/01 11:23
kinoさま
コメントありがとうございました。
いや〜、私もいろんなコメントをいただいて随分勉強させていただいております。
umikarahajimaru
2006/07/01 11:27
マダムSさま
コメント&TBありがとうございます。
2度以上観た方のブログを読むと、一度観ただけではわからない仕掛けがあるみたいですね。
umikarahajimaru
2006/07/01 11:32
こんばんわ。TBありがとうございました。
こちらからのTBが反映されないようですで、コメントだけ失礼しますね。
ダルトンたちがユダヤ人だったというのはありえますよね。監督はそういう人種問題を扱う人だし。ターバンを巻いた人がアラブ人と間違えられて罵倒されるシーンは印象的でした。
さばきち
URL
2006/07/01 22:35
さばきちさま
コメントありがとうございます。
この強盗を起こしたのがなぜ今なのかということもあって、問題の“ブツ”のありかがみつかるまでに60年かかっちゃったということも考えられると思います。ということにしても、探し当てた人と手引きした人が必要なんですが。
umikarahajimaru
2006/07/01 23:36
本当の黒幕は、指輪の存在を知られて一番困る人物。
ダルトンは彼から依頼を受け犯行に及んだ。
簡単なヤマだから。
最終的に黒幕の思い通りにはことは運ばなかった。
なぜ黒幕が交渉人に指輪の回収を頼まなかったか?ハーケンクロイツの刻印されて書類の存在が劇中希薄になっていくハーケンクロイツの刻印されている書類。語られることのない書類に関する逸話。あの書類は本物だったのか?
貸し金庫392の中身は黒幕しか知りえないもの。歳を重ね、自身の人生を誇れるものにしたい、人類の発展に貢献したと自分の人生を評価する黒幕。
消したい過去。自分の手を汚さず、人目にふれずにあれを始末するには?
ダルトンらが得た報酬は392のダイヤ。それだけは被害額としてカウントされないことを知っていた。
被害額ゼロとして早々に打ち切られる捜査。
被害額を調べる中で、392の中身にたどり着く警察。餌をちらつかせ丸め込もうとする交渉人。
などなどいろいろ考えるとおくが深い。
すべてが計画どおり。
ダルトンが貸し金庫に指輪を残すのを除いて・・・
黒幕
2006/07/03 12:33
黒幕さま
長いコメントありがとうございました。
でも、ほのめかしが多くて、よくのみ込めないんですが(苦笑)。
貸金庫No.392の持ち主は、一般的にはケイスであったと思われていると思うのですが、ケイスのものではなかったということでしょうか。ケイスの過去を知る人物がそれを使ってケイスを強請っていたということ?
自分にとってまずい書類であれば処分してしまえばいいわけで、わざわざ貸金庫に取っておく必要はありませんものね。
ケイス自身もその書類の行方を探っていたということになるでしょうか?
umikarahajimaru
2006/07/04 04:27
本当の黒幕はケイスじゃないかと。人目につかず、かつ自分の手も汚さずに指輪の存在を消したかったんじゃないかなぁ。会長とはいえ、すでに一人の株主にしか過ぎないと本人もいってました、中身を内密に処分とはいかなかったのでは。ずっと金庫にしまうぐらいだから、良心の呵責がすさまじく今まで捨てるに捨てれず。ダルトンが貸し金庫の中身を知った理由や、マデリーンの役の意味を考えるとそういう考えに行き着きました。392の中身の追求を警察に止めさせる必要があると思います。その役がマデリーンで、彼女はフレイジャーと交渉しますよね。マデリーンは指輪の存在を知らなくて、重要なものとしか。ダルトンがマデリーンと交渉しますが、ダルトンは秘密文書しか出しませんでした。最初に貸し金庫を開けるとき、もし指輪や他のダイヤも手に入れるなら、その時に回収していてもおかしくないわけで、文書だけ取り出してマデリーンと交渉したのは、重要なもの=文書であることをマデリーンに示すため?かと(計画のうち)さらに文章はあくまでフェイクで、マデリーンには、指輪の存在は隠したのかと。。(つづく)納得いかない点が多い分、妄想が膨らみます。
黒幕
2006/07/05 11:13
「明日の記憶」に来たのですが、こちらの方にも興味がありまして、こちらにもTBさせてもらいます。
今、ユダヤ人と映画のことをちょいと調べて、書き物を考えていたので、とても勉強になりました。
我々日本人は、本当に他の国の人種には無関心なのですが、あちらの人はユダヤ人というのは名前かなんかですぐに分かるのでしょうかね、そこが知りたい。だとすると、どんなイメージを抱くのか、どういう存在なのか。
sakurai
URL
2006/07/06 08:30
黒幕さま
またまたコメントをくださり、どうもありがとうございました。
それで、これまでにいただいたTBやコメントを参考にいろいろ考えた結果、『インサイド・マン』に関してはもう一度記事を書くことにしました。コメントに対するレスはそちらに代えさせていただきたいと思います。どうぞよろしく!
umikarahajimaru
2006/07/07 19:54
sakuraiさま
コメントありがとうございます。
ユダヤ人かどうかの判別は、まず「顔」だと思いますよ。欧米人の間では感覚的にユダヤ人っぽいルックスのイメージっていうのがあるようですから。映画『ミュンヘン』を観るとこれがそうなのかなあというのが多少わかったりします。でも、そういうのは差別的とも受け取られてしまうので気をつけなければなりませんが。
名前に関しては、ユダヤ人っぽいものもあるようですが、基本的には名前だけで判断することは難しいようです。私が聞いた話では、名前(苗字)の中に金属(ゴールドとかシルバーとか)が入っているものはユダヤ人である可能性が高いそうです。
umikarahajimaru
2006/07/07 20:12
TBありがとうございました。
他人の考察って、自分の気づかない事が沢山
述べられていて、違った角度から作品の事を
考える事ができます。
私は洞察力が足りなくて人から教えられる事
ばかりです。
ノボル
URL
2006/07/10 08:26
ノボルさま
コメントありがとうございました。
数記事後に書いた「解答編」の方もよかったら覗いてみてきださい。
umikarahajimaru
2006/07/11 00:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
こういうことなのかなあ〜 映画『インサイド・マン』 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる