海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 監督デビューする俳優たち 海外篇 前編

<<   作成日時 : 2006/04/24 21:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 トミー・リー・ジョーンズ、ケヴィン・ベーコン、ジョージ・クルーニーら、俳優による監督作品が相次いで劇場公開されるのに合わせて、俳優による監督作品についてまとめてみました。
 リストアップしたのは、1991年以降の日本公開作品です。
 作品の完成度や一般的な評価は別にして、個人的に特に気に入っている作品には★印をつけてみました。
 
画像
 ケヴィン・ベーコン監督作品『バイバイ、ママ』 ↑ オリジナル・ポスター

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 【1991年

 ・デニス・ホッパー『ハートに火をつけて』[Mack-Taylor Productions、Precision Films、Vestron Pictures Ltd.]

 ・ケヴィン・コスナー『ダンス・ウィズ・ウルブズ』[Tig Productions、Majestic Films International]

 ・ジャック・ニコルソン『黄昏のチャイナタウン』[88 Productions、Paramount Pictures]

 ・デニス・ホッパー『ホット・スポット』[Orion Pictures Corporation]

 ・ショーン・ペン『インディアン・ランナー』[Columbia Pictures Corporation、Mico、NHK、The Mount Film Group、Westmount]

 【1992年

 ・バーブラ・ストライサンド『サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方』[Barwood Films、Columbia Pictures Corporation、Longfellow Pictures]

 ・サイモン・カロウ『悲しき酒場のバラード』[Channel Four Films、Merchant Ivory Productions]

 ・ジョディ・フォスター『リトルマン・テイト』[Orion Pictures Corporation]★

 ・ゲイリー・シニーズ『二十日鼠と人間』[Metro-Goldwyn-Mayer]

 【1993年

 ・ティム・ロビンス『ボブ・ロバーツ』[Live Entertainment、Miramax Films、PolyGram Filmed Entertainment、The Rank Organisation Film Productions Ltd.、Working Title Films]★

 ・アーノルド・シュワルツェネッガー『キッチン・ウォーズ 彼女の恋は五ツ星』[Turner Pictures]

 ・ビリー・クリスタル『ミスター・サタデー・ナイト』[Castle Rock Entertainment、Face Productions、New Line Cinema]

 ・ダニー・デビート『ホッファ』[20th Century Fox、Canal+、Jersey Films]

 ・メル・ギブソン『顔のない天使』[Icon Entertainment International]

 【1994年

 ・デニス・ホッパー『逃げる天使』[Morgan Creek Productions]

 ・ロバート・デ・ニーロ『ブロンクス物語 愛につつまれた街』[B.T. Films Inc.、Penta Entertainment Limited、Price Entertainment、Tribeca Productions]

 ・ベン・スティラー『リアリティ・バイツ』[Jersey Films、Universal Pictures]

 ・ジェラール・ジュニョー『ブルーヘルメット』<映画祭>[CiBy 2000、Novo Arturo Films、TF1 Films Productions]

 【1995年

 ・ケヴィン・コスナー『ウォーターワールド』[Davis Entertainment、Gordon Company、Licht/Mueller Film Corporation、Universal Pictures]

 ・ジェラール・ジュニョー『パリの天使たち』[CiBy 2000、G.P.F.I.、Novo Arturo Films、TF1 Films Productions]

 ・ビリー・クリスタル『彼と彼女の第2章』[Face Productions、Castle Rock Entertainment]

 ・デニス・ホッパー『BACKTRACK』[Mack-Taylor Productions、Precision Films、Vestron Pictures Ltd.]★

 ・メル・ギブソン『ブレイブハート』[20th Century Fox、B.H. Finance C.V.、Icon Entertainment International、Paramount Pictures、The Ladd Company]

 【1996年

 ・フォレスト・ウィテカー『ため息つかせて』[20th Century Fox]

 ・ジョジアーヌ・バラスコ『彼女の彼は、彼女』[Canal+、Les Films Flam、Renn Productions、TF1 Films Productions]

 ・ティム・ロビンス『デッドマン・ウォーキング』[Havoc、PolyGram Filmed Entertainment 、Working Title Films]

 ・ベン・スティラー『ケーブル・ガイ』[Columbia Pictures Corporation、Licht/Mueller Film Corporation]

 ・ショーン・ペン『クロッシング・ガード』[Miramax Films]

 ・ジョディ・フォスター『ホーム・フォー・ザ・ホリディ』[Egg Pictures、Paramount Pictures、PolyGram Filmed Entertainment]★

 ・ダニー・デビート『マチルダ』[Jersey Films、TriStar Pictures]

 ・アル・パチーノ『アル・パチーノのリチャードを探して』[20th Century Fox、Chal Productions、Jam Productions]

 【1997年

 ・トム・ハンクス『すべてをあなたに』[20th Century Fox、Clavius Base、Clinica Estetico Ltd.]

 ・チアン・ウェン『太陽の少年』[港龍電影有限公司、中国電影]★

 ・スタンリー・トゥッチ、キャンベル・スコット『シェフとギャルソン、リストランテの夜』[Rysher Entertainment、Timpano Production]★

 ・スティーヴ・ブシェーミ『トゥリーズ・ラウンジ』[Addis Wechsler Pictures、Live Entertainment、Muse Productions]★

 ・バーブラ・ストライサンド『マンハッタン・ラプソディ』[Barwood Films、Columbia Pictures Corporation、Phoenix Pictures]

 【1998年

 ・ゲイリー・オールドマン『ニル・バイ・マウス』[SE8 Group、Europa Corp.]★

 ・ベルナール・ジロドー『川のうつろい』[Canal+、Flach Film、Les Films de la Saga]

 ・ケヴィン・スペイシー『アルビノ・アリゲーター』[Miramax Films、Motion Picture Corporation of America、UGC]

 ・ケヴィン・コスナー『ポストマン』[Tig Productions、Warner Bros.]

 ・ジョニー・デップ『ブレイブ』[Jeremy Thomas Productions、Acappella Pictures、Brave Pictures Inc.、Majestic Films International]

 ・アラン・シャバ『ディディエ』[Chez Wam、Katharina、Renn Productions、TF1 Films Productions]

 ・アラン・リックマン『ウィンター・ゲスト』[Capitol Films、Channel Four Films、Fine Line Features、Pressman-Lipper Productions、Scottish Arts Council Lottery Fund]★

 ・アルベール・デュポンテル『ベルニー』[Canal+、Contre Prod、Kasso Inc. Productions、Rézo Films、Ulysse Films]

 ・ジャン=ユーグ・アングラード『裸足のトンカ』[Flach Film]

 ・キーファー・サザーランド『気まぐれな狂気』[Higgins-Messick-Wayne、Ink Slinger Productions、Triumph Films]

 ・ソルヴェイグ・ドマルタン『サンマルタン運河』<映画祭>[Solofilm]

 【1999年

 ・フォレスト・ウィテカー『微笑みをもう一度』[20th Century Fox、Fortis Films]

 ・ティモシー・ハットン『ウィズ・ユー』[Davis Entertainment Classics、Digging to China LLC、Moonstone Entertainment、Mosquito Productions、The Ministry of Film Inc.]

 ・ジョン・タトゥーロ『天井桟敷のみだらな人々』[CDI、GreeneStreet Films、JVC Entertainment、Overseas FilmGroup、Sogepaq]

 ・ヴィンセント・ギャロ『バッファロー'66』[Cinépix Film Properties Inc. 、Lions Gate Films、Muse Productions]★

 ・ジョアン・チェン『シュウシュウの季節』[Good Machine、Whispering Steppes L.P.]★

 ・シルヴィア・チャン『君のいた永遠<とき>』[Media Asia]

 ・パトリック・ティムシット『カジモド』<映画祭>[Cofimage 10、France 3 Cinéma、Hachette Première、M6 Films、TPS Cinéma、Tentative d'Evasion]

 【2000年

 ・ボブ・ホスキンス「パパは嘘つき」
 ・ユアン・マクレガー「ボーン」
 ・ジュード・ロウ「手の中の小鳥」(以上『チュ−ブ・テイルズ』)[Horsepower Films、Sky Pictures]

 ・ダイアン・キートン『電話で抱きしめて』[Columbia Pictures Corporation、Global Entertainment Productions GmbH & Company Medien KG、Laurence Mark Productions、Nora Ephron Productions]

 ・ティム・ロス『素肌の涙』[Channel Four Films、Fandango、Mikado Films、Portobello Pictures]★

 ・ジョアン・チェン『オータム・イン・ニューヨーク』[Lakeshore Entertainment、United Artists]

 ・ティム・ロビンス『クレイドル・ウィル・ロック』[Cradle Productions Inc.、Havoc、Touchstone Pictures]★

 ・ジェラール・ジュニョー『女がいちばん憧れる職業』<映画祭>[Les Films Ariane、Novo Arturo Films、RF2K Productions、Rigolo Films 2000、TF1 Films Productions]

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 「監督デビューする俳優たち 海外篇 後編」に続く……。

 「監督デビューする俳優たち 日本篇」はこちら

  ←よかったらワン・クリックお願いします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
監督デビューする俳優たち 海外篇 前編 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる