海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ステップ・アクロス・ボーダーな音楽家 映画『Touch the Sound』

<<   作成日時 : 2006/04/02 14:00   >>

トラックバック 8 / コメント 8

 エヴリン・グレニーは、幼少時に聴覚を失いつつも、パーカッショニストとして成功を収めたミュージシャンで、本作は、そんな彼女を追って、ニューヨーク、スコットランド(故郷)、ケルン、日本、カリフォルニア等、世界を巡った音楽ドキュメンタリーです。

画像

 この映画の面白さは、すなわち、エヴリン・グレニーの凄さでもあるんですが、「聴覚を失ったのに凄い演奏ができるから彼女はエライ」のではなく(エライんだけど)、「聴覚を失っているいないに拘わらず彼女の演奏は素晴らしい」でもなく(素晴らしいんだけど)、聴覚を失ったことで、逆に、彼女に見えてきた「音の世界」があって、それを追求することで「音」に関する感覚がより研ぎ澄まされてきたっていう部分があるらしいことで、この映画でも彼女に寄り添いつつ、できるだけその感覚を掬い上げようと試みられていて、スクリーンを通じて、我々もその一端を感じることができるから、それが感動的だということですね。

 この映画の中で描かれていることが、すべて彼女の日常であり、有名なアーティストとなった今も自由きままにストリートで即興的に演奏を行なっているとは正直言って思えないのですが(多分にこの映画のためのパフォーマンス的な部分はあると思う)、そういう部分を差し引いても、十分刺激的です。

 一般的に騒音とか雑音とかと思われているのもの彼女にとっては必ずしも騒音や雑音ではない、というのも面白いし、1つの楽器に拘らず、「楽器」であることにも拘らない自由さ、すなわち、どんなものからでも音は出るし、それを使って音楽を奏でるという、子どものような自由な発想もとても魅力的ですね。だから、音楽へのアプローチや演奏法にも全く自由なフレッド・フリスと本作で共演しているというのも当然といえば当然の帰結でしょう。

 ちなみに、1991年の2月にはフレッド・フリスに関する音楽ドキュメンタリー『ステップ・アクロス・ザ・ボーダー』が、今はなきシネ・ヴィヴァン・六本木で公開された時、その公開初日(たぶん)にはフレッド・フリス本人によるミニ・ライブもあったのですが、私はその時以来のフレッド・フリス・ファンでもあります。『ステップ・アクロス・ザ・ボーダー』(今回『Touch the Sound』の関連作品として上映されます)も非常に魅力的な映画で、私はこの映画に出演しているチェコの歌姫イヴァ・ヴィトヴァのライブも観に行ってしまいました!
 フレッド・フリスもイヴァ・ヴィトヴァもエヴリン・グレニーも、ステップ・アクロス・ザ・ボーダーなミュージシャン(国境や言語から自由であるだけでなく、音楽や楽器という既成概念からも自由なミュージシャン)ということですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ◆映画『Touch the Sound』より
 ドラをたたくエヴリン・グレニー。

画像

 「出会うものすべてに心を開いていたいわ」
 I want to be open to absolutely everything that comes my way.

 路上でタップダンサーと競演。

画像

 ニューヨークのグランドセントラル・ステーション。

 街の音。

 工事の音。

 カートを引きずる音。

 トランク 2本の筒を使って。

画像

 「物のずっと奥に潜んでいる音を探し出すこと。表面をたたくだけじゃない」
 We want to get under the surface in order to find the sound, rather than just simply striking that surface.

 ケルン。空港。

画像

 廃墟となった工場跡で。ギターをたたくフレッド・フリスと。タイ音楽で使われる楽器コンウォンヤイの大きなものをスティックでたたく。

 余韻。

 ハトのはばたき。

 「聴くということは触れるということ。自分の心に届く。手を伸ばすと触れられるような、顔を打たれるような感じがする。音は体で感じる」
 Hearing is a form of touch, something that's so hard to describe because in a way...you know, something that comes, sound that comes to you, you know, you, you can feel as though you can literally, sort of, almost reach out to that sound and feel that sound.

 故郷、アバディーンシャー。

 父の農場。

 トランシーバーのアンテナに触れて、ハウリングを起こす。

 「私は8歳からピアノを弾いていた。ピアノは大好きだった。11歳までに補聴器に頼らなければならなくなった。中学に行こうとしていた頃、耳鼻科の医者から、『あなたは耳が不自由なのだから補聴器が必要で、音楽をすることはできない。あれもしてはいけないし、これもしてはいけない。聾唖学校に行かなければならない』と言われた。30分前までは何でもしていたのに。父はやりたいことをやらせると言ってくれて、音楽に力を入れている学校に行かせてくれた」
 I had been playing the piano; I started piano from the age of eight, and absolutely loved that, but as the years rolled by, by the time I reached the age of eleven, you know, I was dependent on hearing aids, and when I was about to go to secondary school, the audiologist said: "Right, you know, she is deaf, she's, you know, she needs these hearing aids and she's not going to be able to play music, she's not going to be able to do this, or to do that, and she's going to have to go to a school for the deaf." So, it was just so strange that, you know, thirty minutes before walking through the door, I could do whatever I wanted to do, but then thirty minutes later, apparently, the medical profession tells you that you can't do something...and of course, my parents were extremely concerned..., and my father just said, “Look, you know, there is absolutely no difference, in, in, how, you know, in what she does, what she wants to do...hearing or not, she will do what she wants to do.” I did...carry on at a mainstream school


 「補聴器をはずすと、体で感じる音は増えた」 Eventually I discovered that by taking the hearing aids off, that in fact I'd actually hear less through the ear, but hear more through the body.

 学校で耳が不自由な子どもたちと触れ合う(ワークショップ)。

 壁に手を置いて。

 ケトルドラム2つ。

 微妙な音の違いを感じる。

 体を共振器として使う。

 「ドラムに触れることで観客よりもっと聴いている。聴いて終わりじゃない」
 We can feel this; for an audience member, for a listener, I strike it - they may hear it; and then they may no longer hear it. For us, however, we've got our hand on the drum, we strike it, we can see, we can feel, we've had the process of striking it. Meanwhile, we're hearing this sound, because we're feeling this sound far longer than an audience member. Do you see what I mean? So, in fact, we're hearing more!

 ケンブリッジシャーの自宅兼事務所。

 すもう人形。

 ゼンマイ仕掛けのおもちゃ

 「スネアドラムが好き」
 The snare drum is my favourite, you know, we're dealing with so many percussion instruments, but that one is a challenge, both physically and musically, and of course there are so many different styles of playing the snare drum, such as the Swiss style, and the Irish-American...of course, the Scottish style.

 「裸足の方が音に近づける。自分をオープンにして体で聴く」

 「どういう風に聴こえているのかということを、健常者に訊いても答えられないことが多い」
 If someone asks me: "Oh well, how do you hear that?" Then I simply say: "I really don't know, but I just basically hear that through my body, through opening myself up. How do you hear that?" "Oh well, I hear it through the ears..." ...you know..." Well, what do you mean, 'through the ears', what are you actually hearing?" So, when you try to bounce the question back to a socalled hearing person, then, they simply do not know how to answer these questions....so therefore, why should I be put in that position? That is just...slightly...upsetting.

 フレッド・フリス 「呼吸は音楽の基本」
 I think that the way that you breathe is just a really fundamental part of who
we are.

 Fuji City。

 トランクの中に様々の“たたくもの”

 鬼太鼓座。

 日本語の“生きる”は“息をする”から来ている。

 農耕民族。

 足を鍛える。走る。

 新幹線。

 名古屋。

 鉄橋。

 「演奏している時に不安はない。日常生活ではバランスをくずす時がある。不協和音がいけないと思う」
 I feel absolutely secure when I’m performing; but in everyday life, sometimes just a little imbalance happens.

 パチンコ屋。

 回転寿司。

 デパート。

 新宿。

 居酒屋。

 グラスや灰皿を箸でたたく。

 木琴。

画像

 龍安寺の石庭。

画像

 「サイレンスは最も重要な音。目に見えるすべてのものに音が宿っている。ただ聴き分ける能力がないだけ」
 Silence is probably one of the loudest sounds… and heaviest sounds that you’re every likely to experience… and heaviest sounds that you’re every likely to experience. At the end of the day, we still know that within everything that we see, there’s sound, I mean, we know that. We just don’t have that sensitivity, to hear what is going on around us.

 石庭の砂利を熊手(?)でかく音。

 「音の対極にあるものは静ではない」
 The opposite of sound … definitely isn’t silence.

 フレッド・フリス 「リチャード・ロングは言っている『アーティストとは子どもの時に持っていた力(エネルギー)を失わない者』と」
 I believe that Richard Long said, “Artists are people who … are in touch with the energy that they had when they were children.”

 フレッド・フリス「子どもの時は音があふれている。その音は忘れない限り自分の中に残っている。人生は音そのもの」
 Your early life is full of sound, and that sound is always … redolent of a certain … part of your self that you don’t lose if you hang onto the sound … In a way, improvisation, the narrative involved in improvisation is your whole life up to that point.

 兄の農場。

 「父は今もひらめきの種。私を前進させてくれるもの。自分の殻を突き破っていけと言ってくれた。心の中に父がいることが大事」
 You know, even although, you know… it’s been several years since Dad died … that feeling is definitely still there and he’s definitely a source of inspiration … for me… Once he died … it was a terrible loss but at the same time I felt as though I was given something really quite extraordinary just to drive me forward, just some kind

 2日後、火事で兄の農場が焼けた。キッチンからの失火だった。

 「何によって自分が自分らしくあるか。音のパワーをもたらすこと」
 My role in this play is to bring the power of the sound.

 サンタクロース。

 打ち寄せる波。

画像

 風。

画像

 サーフィン。

 「すべては消えてなくなる。でも音は失われない。どんな形でかはわからないけれど、音は生き続ける」
 Everything will be let go .. in the same way that all your music will …disappear … but yet, no sound is lost … they live on, but what happens to them, I actually don’t know; it’s the equivalent of a life.

 「音もダンスも触れるということ。文字通りではなく、とても深いもの。五感を使い、第六感を使って……。機能を失っても、言葉は体の中に鳴り続ける」
 Being a musician, being a dancer, being an artist, you know, is all about the sense of touch, really … the form of communication is about touch, and I don’t literally mean … that kind of thing, I , I mean, touch is just something that … a little bit like hearing, it’s just so vast, you know, we need all our senses for the others to function, we just do, and, you know, to take away the eye, it’s, it’s not a big deal; to take away the ear, it’s not a big deal; all the other senses will become that particular sense that you’ve lost, you know, this is what the mysterious sixth sense is about, you know, it creates a, a type of sense that, you know, we, we never knew existed until one or the other disappears … you know, in the same way that if suddenly I couldn’t function as … an actual percussion player, I’d never ever stop being a musician because I couldn’t communicate through the percussion instruments, you know, I’d always be a musician because that’s something that is so internal and no-one can take that away, you know, no-one.

 けん玉で「もしもし亀よ」。

 巻いた紙を投げる。フレッド・フリスと。

 「人にはそれぞれ音がある。受け取り方が違う。私たちこそ音なの」
I believe that we all have our own individual sound, we’re configured …uniquely, we have different weight, we have a different stance, physical stance, we have a different means of attack, we approach the instruments differently, but more importantly, we … hear the sound within ourselves differently.(中略) wow, we are the sound!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆エヴリン・グレニーについて

 ・『Touch the Sound』のオリジナルHP(ドイツ語)(http://www.touch-the-sound.de/)。
 オリジナル予告編あり。

 ・『Touch the Sound』の英語版HP(http://www.touch-the-sound.com/)。
 ダイアログの採録あり。

 ・エヴリン・グレニーの公式サイト(http://www.evelyn.co.uk/homepage.htm)。
 プロモ・ビデオが見られるほか、お気に入りのジュエリー(お手製?)なんていうコンテンツもあります。

 ・エヴリン・グレニーに関しては、例えば「mask man Marvel」さんのホームページ(http://homepage2.nifty.com/m-marvel/contents/title103.html)が参考になります。

 ・「Drummers Unlimited」(http://www.angelfire.com/mac/keepitlive/drummers/hompage/drummers.htm)というサイトを見ると、エヴリン・グレニーは、世界有数のドラマーの1人とも見なされているようです。尤もこのリストで挙げられている120人余りのドラマーを私は他に1人も知らないのですが。

 ・長崎県立長崎南商業高校では授業の中でエヴリンにメールを出してみたりしたそうです。(http://www.nansho.nagasaki.nagasaki.jp/kenkyu/1/k_eng.html)

 ・エヴリン・グレニーの音楽は、2001年に日本でも公開された『ザ・トレンチ 塹壕』にも使われています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆『Touch the Sound』の日本での撮影について

 ・音楽ユニットTHISのサイト(http://www8.ocn.ne.jp/~thisis/evelynglennie.htm) この映画(仮タイトルは“Heart Beat”だったようです)の撮影で日本に来た時に協力したようです。

 ・この映画で共演した鬼太鼓座のサイト(http://www.threeweb.ad.jp/~sinaba/ondekoza2/jp/heartbeat.shtml)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆2006年1月にエヴリン・グレニーがこの映画のプロモーションのために来日した時の記事

 ・日本版公式サイト(http://www.touchthesound.jp/news/index.html)
1月27日〜31日のところ。
 そのほか、この映画の公開を記念して、何故かパンやケーキが販売されていることなども伝えられています。この映画の宣伝スタッフがそういう宣伝展開が得意なチェブラーシカジャパンというところなので。

 ・「CINEMA JOURNAL」記者会見の取材記事(http://www.cinemajournal.net/special/2006/touchthesound.html)

 ・CINEMA TOPICS ONLINE(http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=1804)

 ・MSN Mainichi INTERACTIVEリーダーな女たち(http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/leader/)

 ・RBB NAVi(http://www.rbbtoday.com/news/20060130/28526.html)

 ・「ほぼ日刊イトイ新聞」にもインタビュー記事があります。(http://www.1101.com/OL/)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ◆その他

 ・監督トーマス・リーデルシェイマーについて
 1963年ドイツ生まれのドキュメンタリー映画の監督、撮影監督。
 1992年 “Bildschirmherrschaft”[監督、撮影監督]
 1997年 “Lhasa” [監督、撮影監督]
 2001年 “Rivers and Tides” [監督、撮影監督、編集]
 2001年 “Am Rande der Zeit: Männerwelten im Kaukasus”(TV)[撮影監督、編集]
 2004年 “Touch the Sound” [監督、撮影監督、編集]
 2004年 “Franky, der Straßenfeger”(TV)[撮影監督]
 2005年 “Oktoberfest”[撮影監督]
 イングランド出身のアーティスト、アンディ・ゴールズワージーに関するドキュメンタリー“Rivers and Tides”が高い評価を受け、ドイツ映画賞最優秀ドキュメンタリー映画賞、ドイツ批評家協会賞、サンフランシスコ国際映画祭ゴールデンゲート・アワード等を受賞。
 本作でも、ロカルノ国際映画祭批評家週間賞、ライプチヒ国際ドキュメンタリー映画祭で金鳩賞、ドイツ映画賞最優秀音楽賞等を受賞。

 ・本作でフレッド・フリスが引用している美術家、リチャード・ロングに関するサイト。
 「霧島アートの森」(http://www.open-air-museum.org/ja/art/collection/arthall/richard_long.htm)
 「ピースフル・アートランド びそう」(http://www.b-sou.com/palw-Long.htm)
 *この人もなかなか面白そうです。

 ・エヴリン・グレニーが師事したマリンバ奏者、安倍圭子さんに関するサイト。
 「ヤマハ パーカッションホームページ」(http://www.yamaha.co.jp/product/percussion/artist/abe-keiko/index.html)。動画あり。
 「日本ショット株式会社」(http://www.schottjapan.com/composer/abe/works.html)
 2006年4月6日、7日にはヤマハ浜松店オープニングに合わせて開催されるイベントに参加(http://www.yamaha-tokai.jp/hamamatsu/event/index_open13.html)。

 ・フレンド・フリスに関する音楽ドキュメンタリー『ステップ・アクロス・ザ・ボーダー』はユーロスペースにて、2006年4月8日〜14日まで1週間限定レイトショー(http://www.p3.org/stepacrosstheborder/index.html)。

 [キャッチ・コピーで選ぶヨーロッパ・その他の国の映画 2006年1月〜3月]

  ←この記事が参考になったと思ったら、ワン・クリックどうぞ

 <ASIN:B0001FXA38>ステップ・アクロス・ザ・ボーダー</ASIN>
ステップ・アクロス・ザ・ボーダー [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Touch the Sound そこにある音。(2004/ドイツ/監督:トーマス・リーデルシェイマー...
【ユーロスペース@渋谷】聴覚障害を持ちながらも世界的パーカッショニストとして活躍するエヴリン・グレニーの姿を追ったドキュメンタリー。精力的に活動を続ける彼女の日々の生活に密着、彼女が身体全体で感じとるという音の世界を、映画を通して同じように体感することを目指して制作された画期的な ...続きを見る
のら猫の日記
2006/04/02 15:51
Touch the Sound そこにある音
1988年と2001年にグラミー賞を受賞している打楽器奏者エヴリン・グレニーが、ギタリスのフレッド・フリスとのレコーディングを中心に、世界で音に触れる場面を追ったドキュメント。8歳の頃から聴覚障害を患い12歳の頃にはほとんど耳が聴こえなくなったものの、王立音楽院で学んで世界のトップに立つパーカッション・プレイヤーになったエヴリン・グレニーの演奏とインタビュー、そしてその体験を映したこのドキュメントは打楽器が好きな人のみならず、音と音楽好きな人すべてに見てもらいたい傑作です。映画ではエヴリン・... ...続きを見る
かたすみの映画小屋
2006/04/02 17:36
「Touch the sound そこにある音」(2004)
 難聴のパーカッショニスト、エヴリン・グレニーが、スコットランド、日本、アメリカ、ドイツと「音の旅」をする(ホームページ)。 ...続きを見る
Takuya in Tokyo
2006/04/02 20:52
Jumble Cinema そこにある音『Touch the Sound』
今週のJumble Cinemaでは、3月11日から公開になっている映画「Touch the Sound」をご紹介します。 ...続きを見る
M’s Jumble-Grumble~G...
2006/04/05 15:42
『Touch the Sound そこにある音』
東京では4/11(土)に公開になった、世界的なパーカッション・プレイヤーであるエ ...続きを見る
「だがっき」と「おと」の庵
2006/04/09 10:51
エヴリン・グレニー、音楽旅
タッチ・ザ・サウンド トーマス・リーデルシェイマー ★★★☆☆ 音に触れる音楽の旅。 聴覚障害のハンデを乗り越え世界的奏者として世界を股にかける打楽器奏者、エヴリン・グレニーをフィーチャー。ギタリスト、フレッド・フリスとの廃工場でのセッションレコーディング.. ...続きを見る
微動電信
2006/04/28 09:53
難聴パーカッショニストの感性
難聴のパーカッショニストのエヴリン・グレニーさんの演奏は聞こえる、聞こえないに関わらず、いろいろなことを考えさせられる。 タッチ・ザ・サウンドは見逃したが再上映を期待したい。 http://umikarahajimaru.at.webry.info/200604/article_1.html ...続きを見る
難聴者の生活
2007/01/27 10:57
Touch the Sound
人生何度目かのFred Frithブームが僕の中で起き 散々聴き直してた折 NETで見つけたDVD とサントラ。 ...続きを見る
sixth-sense on six-s...
2009/03/15 06:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックありがとうございました。れおだびです。
こちらのHPですね。この映画についての内容もとっても充実してますね。

ちなみに、私素人パーカッショニストです。
彼女のコメントの中に、スネアドラムが好きとありますが、映画の中でも、ほんとスネアドラムすごかったです。それを観るだけでも十分。

また、ちょくちょくお邪魔します。失礼しました。
れおだび
URL
2006/04/02 19:45
見終わって渋谷の雑踏に出た時、はめられたなと思いました。こういう仕掛けだったとは.... トラバありがとうございました。今日やっとマンダレイを観ました。映画、音楽は私の生き甲斐なので、またお互いに行き来いたしましょう。
onscreen
URL
2006/04/02 21:01
TBありがとうございました。
私の方からもTBいたしましたが、はじかれて張り付きません。
資料が豊富で、エヴリンのことをもっと知りました。

>聴覚を失ったことで、逆に、彼女に見えてきた「音の世界」があって、それを追求することで「音」に関する感覚がより研ぎ澄まされてきた

この感覚は、発想の逆転でしたね。
また、訪問させてください。
樹衣子
URL
2006/04/02 22:06

こんにちは!
トラックバックありがとうございました。

「海から始まる!?」さん・・・で、いいのでしょうか?
ブログ紹介に「1本1本の作品をじっくり味わいつつ」
とあるように、本当に詳細なレビューに驚きました。
「記録&記憶にとどめていきたい」の考えも好きです。

見たかったけれど見落とした映画もあるので、見たら
また、詳細を確認に、お邪魔させていただきますね。
じっくり読んだので、コメントが遅くなり、ゴメンナサイ。
ちい坊
2006/04/05 07:51
TBありがとうございました。

公式HPかと思うくらいの充実振りでビックリしました。

Step Across Border、という既成概念から自由になる、なれるってステキなことですね。
自分もそうなりたいなぁ・・・と思います。
kanyukumari
URL
2006/04/05 15:53
トラックバックありがとうございます。
細かいことですが、「ケルン。空港。」のすぐ下の写真は、NYのグッゲンハイム美術館じゃないでしょうか?
tokunaga
URL
2006/04/11 03:20
tokunageさま
貴重なコメント、どうもありがとうございました。
映画は結局まだ1回しか観ていないし、記憶が曖昧な部分もあって、それは私も自覚していたんですが、まあ、映画中のシーンをとりあえず、記事のあちこちに配したというくらいの気持ちでもいいか、と考えていました(笑)。
ご指摘に従いまして、少々写真を入れ替えてみました。今度はいかがでしょうか。
umikarahajimaru
2006/04/11 22:28
はじめまして。
「Touch the Sound」と「風にきく」を観て面白かったので調べていたらたどりつきました。
実に詳しくメモられていてとても感心しました。
観た映画の記憶を留める主旨、良いですね。
参考になるのでまた覗きにきます。
「風にきく」を観たせいか、日本のライブハウスでのThisとの共演が印象に残りました。
「Step Across The Border」が観れなかったのは残念。

imapon
URL
2006/04/15 08:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ステップ・アクロス・ボーダーな音楽家 映画『Touch the Sound』 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる