海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS アル・パチーノの身長は1m68cm

<<   作成日時 : 2005/10/06 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
 映画『インソムニア』(02)では、物語の展開とは別に、もう1つ興味を持って観ていたことがありました。それは、アル・パチーノをフレームにどうとらえているかということです。
 よく知られているように、アル・パチーノはハリウッドでもあまり身長が高くない方の俳優ですが、これが相手役であるヒラリー・スワンク(わりと背が高めの女優)と並んだ時にどのように写されているか?
 といっても私も最初からそれに注目して観ていたのではなくて、普通に『インソムニア』を観ていて、2人の身長差が全く気にならない(ような撮影のされ方をされている)ことに途中から気がついて、それ以降フレーミングを注意しつつ見ていたということです。

 身長差がある2人が並んだ時にフレームに収まらない、というような場合は問題外だとしても、背の高い俳優は高く、低い俳優は低く、それを自然にそのまま写せばいい。それが自然だと思われるかもしれませんが、映画によっては、そして役柄によっては、違和感を与えることもあります。だから、身長差を感じさせないために踏み台(セッシュー)などというものが、使われたりするわけです。
 役柄として、背が低くてもいい役柄だったり、背が低いと見られてもいい俳優(むしろそれがトレードマークであるような俳優、例えばダニー・デビート)であれば、全く問題ないのですが、アル・パチーノは違うわけです。

 身長というのは、その人が持っている属性の中でも視覚的にかなり重要なもので、役柄に鑑みてギャップやチグハグ感が大きいと、映画的におかしなことにもなります。
 男女カップルを、最初から設定されているキャラクターやストーリーとは無関係に、例えば、背の低い男性と背の高い女性の組み合わせでキャスティングしたり、極端に背の低い女性と背の高い男性の組み合わせでキャスティングしたりすることは、作品に余計な要素を加えてしまうことになります。前者なら『THEかぼちゃワイン』(例が古い?)、後者なら『小さな恋のものがたり』のようになって、キャラクター設定だけで1つの物語が成立してしまいます。

 それで、『インソムニア』に関してなんですが、カメラ・ワークやフレーム・ワークが実に巧妙に計算されていると思いました(『インソムニア』の撮影は、『メメント』でクリストファー・ノーランと組み、『しあわせの法則』『ミニミニ大作戦』『バットマン・ビギンズ』など、このところ大作を手がけることも多くなったウォーリー・フィスター)。

 例えば、
 @前がアル・パチーノ、後ろがヒラリー・スワンクという位置関係の場合、カメラは低い位置から、前にいるアル・パチーノをあおり気味にとらえる。そうすると後ろにいるヒラリー・スワンクが相対的に低く見える。
 Aアル・パチーノとヒラリー・スワンクをそれぞれ別個に切り返しでとらえる。
 Bアル・パチーノを座らせることで、身長差を感じさせない。
 などなど。

 これがいかに巧妙であるかは、あまり巧妙ではない例を見てみるといいと思います。
 例えば、『ディアボロス 悪魔の扉』(97)。アル・パチーノは悪魔の役でしたが、相手役のキアヌ・リーブスとの身長差が歴然で、20cm近い身長差をどうしようもなく、悪魔のわりには迫力がないように見えて仕方がありませんでした。
 それから『スリーパーズ』(96)。ブラッド・ピットやジェイソン・パトリックと共演した女優はミニー・ドライヴァー。この3人だとブラッド・ピットがちょっと背が高いくらいのはずですが、実際はミニー・ドライヴァーがかなり大柄に見え、どうしてこんなバランスの悪いキャスティングを起用するのだろうと気になったものです(ミニー・ドライヴァーの出世作である『サークル・オブ・フレンズ』(95)では、彼女は、大柄である自分のことを自嘲気味に「しっかりしてる? よく言われるわ、雄牛みたいにしっかりしてるって」とか「犀みたいな体をしてるけど、肌は薄いのよ」という台詞がありました)。どういう理由でミニー・ドライヴァー起用となったかはわかりませんが、確かミニー・ドライヴァーは特別出演扱いだったと思います。

 ところで、アル・パチーノの最新出演作に『ヴェニスの商人』(04)があります。
 共演者の1人は、ジェレミー・アイアンズで、彼もまたアル・パチーノよりもかなり背が高い。2人が同じフレームに収まるようなシーンは少ないのですが、身長差がそんなにあるようには感じさせない工夫がされていたように思います。

 上に挙げた俳優たちの現在の身長は以下の通りです。標準的な情報をピックアップしてみましたが、異なる値が記されているプロフィールもあるようです。

 アル・パチーノ     5’6”(1m68)
 ヒラリー・スワンク   5’7”(1m70)
 ジェイソン・パトリック 5’10”(1m78)
 ミニー・ドライヴァー  5’10”(1m78)
 ブラッド・ピット      6’0”(1m83)
 キアヌ・リーブス     6’1”(1m85)
 ジェレミー・アイアンズ 6’2”(1m88)

 ちなみに、ネットで調べたら、俳優の身長をリストにしているサイトがいくつかありました。
 スクリーンを通して見る役者イメージと実際の身長のギャップがみつかったりして、ちょっと面白いですね。
 俳優の身長 男優編
 俳優の身長2 女優編
 身長別映画俳優

 [INDEX]

 *この記事が面白いと思ったら、人気ブログランキングに投票してください

サークル・オブ・フレンズ【字幕版】
サークル・オブ・フレンズ【字幕版】 [VHS]

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。おことわりもせずblogにリンクをはってしまいまして失礼いたしました。アル・パチーノの存在感が強烈で、しかしやはり凹んでいるなあと画面で感じたので、アル・パチーノと身長でかけあわせたらこちらに辿りつきました。コメント一覧などがなかったので受け付けてないのかなあなどと思ってしまいましたがきちんとtopページをみればよかったです。
鋭い考察、詳しい映画への紹介があってすごいページですね。

映画とか俳優とかそれほど詳しくないので、はずかしながらアル・パチーノって今回の映画で初めて顔と名前が一致した次第です。検索でわりと最近の姿など出てきますが、やはりゴッドファーザーでの顔がいいですね。その美男さゆえumikarahajimaruさんもおっしゃっているように、彼は小さく見えてはいけないんですよね。マイケル・J・フォックスなんかはご愛嬌って感じなんでしょうが。
ろ〜ず
2007/03/13 00:42
ろ〜ずさま
コメントありがとうございました。
この記事は、1年以上前に書いた記事で、今でもわりとアクセスがある記事なんですが、これまでコメントもTBも全くなかったので、ちょっと寂しく思っておりました。
このブログは、個人で細々とやっているものなので、やっぱりリアクションがいただけると励みになりますね。
umikarahajimaru
2007/03/13 19:57
リストみるとアル パチ−ノの163ってなってますよ
たか
2009/02/21 20:36
たかさま
俳優の身長は、資料によって異なる場合があります。リンク先のリストにも但し書きがありますね。
アル・パチーノの身長に関しては「発表されているもの」に比べて実はもっと背は低いんじゃないかとかいろいろネット上で話題にしているところがあります。
umikarahajimaru
2009/02/21 21:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アル・パチーノの身長は1m68cm 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる