海から始まる!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ステルス』のチームの中に何故アジア人はいないのか?

<<   作成日時 : 2005/10/10 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
 映画で、主な登場人物にどんな背景を持った人物をキャスティングするかで、その映画の装いは変わってきます。背景というのは、属性と言い換えてもいいと思いますが、要するに、主な登場人物の、人種、民族、出身、性別等がどう設定されているか(どういう人々の代表としてキャスティングされているか)、ということです。逆に言えば、どういう人物がキャスティングされているかを見ることで、その映画がどんな世界観を持った映画かが見えてきたりもします。

 例えば、アクションやヒーローものの主役陣はどういったメンバーで、敵役は誰(どこ)かをチェックすると、その映画が誰に観てほしい映画で、誰を「us」と考えて、誰をそうじゃないと考えているか、が見えてきます(最近では『ステルス』がいい例だと思います)。
 昔は、アメリカ映画でも、インディアン(ネイティブ・アメリカン)や黒人(アフロ・アメリカン)は「us」ではなかったわけですが、今はそうはいかないわけですよね。
 アクションものに限らず、マノエル・デ・オリヴェイラ監督の『永遠の語らい』といった映画作家の作品を観ても、そういう世界観は見えてきます。

 人種や民族などについては生半可な知識で語る(書く)と火傷してしまうので、専門家に任せた方がいいのかもしれません。そういうことが重要なキーワードとなる映画では、映画評論家が書いたものと、専門家が書いたものではやはり違ってきますから。
 ある程度まとまったものとしては、『別冊宝島 異人たちのハリウッド 「民族」というキーワードで映画の見方が変わる!』(91年、JICC出版局刊)が参考になります。
 民族史的にはこの15年で大きく変わったところはないかもしれませんが、映画の世界では、第一線で活躍している顔ぶれは大分変わったので、この本の新版が出るといいなあと思いますね。

 まあそれはそれとして、いろんな俳優のルーツを調べてみようと思って、あちこちネット上をさまよってみました。
俳優の民族や出身について1箇所にまとめて整理したものはないようでしたが、かろうじて、みつかったのが、
 Ansers.comRefernce.comのList of multiracial peopleというもの。
  ‘multiracial’は、辞書では「多民族の」とありますが、一個人で「多民族」はおかしいので、両親が異なる民族出身ということなのでしょう(「混血」という言い方は、差別用語?)。

 このリスト、1つ1つの項目を見るだけでも、非常に面白いですね。
 英語のサイトなんですが、安室奈美恵がイタリア人(1/4)と沖縄人(日本人)の血を引いていると書いてあったり、映画『シン・シティ』で話題のデヴォン青木が日本人とカフカス人の血を引いているとか、今最もイケてる女優ジェシカ・アルバがデンマークとフランスとメキシコ・インディアンの血を引いている、なんてことがわかったりします。
 ハル・ベリーも100%ブラックではなくて、母親がカフカス系白人なんですね。

 これだけだと「へえ〜そうなんだ」止まりですが、彼らの、これから出演する作品も含めて、個々の作品をこういう視点で見ていくといろいろ面白い発見があるかもしれません。

 [INDEX]

 *この記事が面白いと思ったら人気ブログランキングに投票してください

異人たちのハリウッド―「民族」というキーワードで映画の見方が変わる!
異人たちのハリウッド―「民族」というキーワードで映画の見方が変わる! (別冊宝島―映画宝島)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ステルス』のチームの中に何故アジア人はいないのか? 海から始まる!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる